ごーさんの中国放浪記in威海

ガイドブックに載っていない中国を写真で紹介します。

PCR検査

2022年05月27日 | 威海の風景
PCR検査

今日もPCR検査を受けに行ってきた。
政府より1週間に一度の検査を義務つけられている。

検査を受けなかった場合の罰則は厳しい
スマホアプリですべて管理されていて健康カードが赤になり
病気になっても診察を受けることはできない。
スーパーなどには入れない、
バス、電車に乗れない。
会社の中に入ることができない。

市民権はく奪と同じ扱いです。




       向こう側も長い列

このPCR検査は無料で好きな時に行くことができる。
スマホをスキャンするだけで誰でも受けることができます。

私の住んでいる山東省は1億越えの人口ですが、
最近までロックダウンがあり街の機能がすべて止まってしまった。

経済損失は犠牲になったが、
ゼロコロナ政策の効果は絶大です。

1億の人口が感染者ゼロになった。


コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

威海に帰ります

2022年05月26日 | ジーニン
高速道路

コロナのせいで“”济宁(ジニーン)“”で2ケ月半過ごしました。
本拠地の“”威海“”にやっと戻ることができます。

“”济宁(ジニーン)ー威海間は674キロ、車で高速道路を使って7時間。
道路は車があまり走っていなく空いている。


高速道路に乗る途中、

道端で車に積んだ瓜を見つけたので買って帰りことにした。
甘いかどうか確認のためにナイフで切って食べて確認できます。



高速道路に入るとトランクに荷物を満載したまま走っている
120キロで走っているのでトランクの荷物落ちないか心配です。
もちろん交通違反です



サービスアリア

トイレに行くには入口でPCR検査を行い体温チェックをして
異常が無いかを確認して入ることができる。



立ち食い

サービスエリア内の食事は禁止されていました。
熱湯は用意されていたので持参のカップラーメンを食べることにします。

7時間かけて威海に着いたのが午後6時、やっとたどり着いたのですが、
高速出口でPCR検査のために別な場所に連れていかれた。
高速道路に乗る前にPCR検査を受けてきたのですが、
再度PCR検査です。


検査員が喉の奥に綿棒をいれて検査。
この検査は無料、
検査結果は次の日にスマホに入ります。

威海に戻って4日間の内にPCR検査を3回受けないと
スーパーや公共施設、食堂などどこにも入ることができない。

一人暮らしの部屋には何も食料が無い。
4日間ラーメンで過ごすことにします

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

通勤途中のバラ

2022年05月20日 | ジーニン

朝のバラ

 

通勤途中に道端にバラの花が咲いていた

しばらく使っていなかった一眼カメラを車のトランクから出して、

撮った一枚の写真です。

コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

PCR検査済の証

2022年05月16日 | ジーニン

携帯電話に張ったシール

(剥がす時が跡が残り大変です)

 

PCR検査は1週間に一度受けることを義務強制されています。

このシールは検査を受けたという証明です。

このシールだけではスーパーや公共機関、街を離れるときなどは役に立たない

 

スマートフォンの中

スマートフォンには“山東健康カード”があり、本人のすべての記録が記入されている

(私の基本データーは全部把握されている)

 

左上の“赤丸健康吗出示”をクリックします。

 

 

そうすると、7日間に検査を受けて検査結果が陰性などが分かるようになっている。

その他には予防接種何回行っているかなど・・・。

7日間以上検査を受けていないと赤丸の青が黄色に変わる。

 

青色の場合は、スーパー、レストラン、買い物などで提示して入ることができる

もちろん高速道路でも提示して通行が可能です。

 

お分かりと思うのですが、

私はいつ何時何処に行ったかはすべて分かるようになっています。

マンションの入口も提示が必要なので万一女性宅にお邪魔したとき

そのマンションで感染者が出ると追跡されて隔離されることになります。

何の用事で行ったのか追及されるかもしれないので、

皆さん注意をしてください

(私の事ですね)

 

黄色だと急病になった時が大変です。

病院には入れないので、手当より先にPCR検査です。

陰性が確認されてから先生に診てもらうことができるのですが、

手遅れになる事もあるので注意です。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

街角スナップ

2022年05月16日 | ジーニン

トランプの集い

 

団地の敷地内、朝早くから台を囲んでトランプに熱中しています。

中国での定年退職は60歳です。

 

定年後は引退をして孫の面倒を見るが定番でした。

朝、孫を学校に送り届けると、学校のお迎えまでの時間を

トランプ、マージャン、ダンスなどをして時間を過ごします。

 

 

トランプをやったりダンスを楽しんだりし、

孫やペットと散歩をしたりとている人達はまだ幸せです。

 

65歳を超える中国の高齢者人口は2020年には1.7億人、

2030年には2.3億人と算定されています。

 

人口が減ると子供夫婦で親4人の面倒をみることになるのですが、

子供たちは自分たちの生活を守るのが精いっぱいで親の面倒を見る余裕がありません。

頼みの綱の子供が面倒を見てくれないので祖父母は働きに出ないと生活ができない

 

中国と言えば野外でのマージャン、トランプ、中国将棋が定番ですが、

あと何年かするとこのような光景が見れなくなるかもしれない。

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする