作って遊ぼう&社会に開かれた学校の応援

作って遊ぼう教室のブログです。オモチャを身近な材料で作っています。学校支援の仕組みづくりの記述もあります。

鷹(たか)紙飛行機の作り方

2021-03-08 13:36:56 | 放課後子ども教室
 〔紙飛行機の自由研究〕の先端の折り方Bの研究中に、これまでにない紙飛行機が見つかりました。いかがですか。鷹(たか)に似ていませんか。他に鷲(わし)とかトンビの名前も考えてみましたが、どれもタカ目タカ科で、大きいものをワシ・小さいものをタカ・人の身近にいるものをトンビということだそうなので、鷹(たか)紙飛行機と命名しました。
 ツバメ紙飛行機は、翼の先端の風切り羽が長く速く飛ぶのに適していますが、このタカ紙飛行機は、風切り羽は短く、人の肩にあたる部分が長く一直線になっていますので、速さはそんなに速くなくゆっくり飛んでいく感じです。「トンビがくるりと輪を描いた」という歌詞が思い出される飛び方です。投げ上げてもあまり上がりません。肩の抵抗が大きいようです。しかし、速さを押さえて斜め上に投げると、す~と飛んで行ったり、クルリと輪を描いたりします。小さなものを作って室内で飛ばしてみるのがいいと思います。

 では、作り方を紹介します。今回は新聞のチラシを使って作りました。A3の大きさのチラシです。

 チラシは何度も折り曲げると、折り目を割(さ)くことができます。5回以上は折って折ったら爪を立てて折り目をシゴイています。

 割いて、A5の大きさが4枚できました。これから4機が作れます。
 その中から1枚を使います。

 まず、矢印のように、長辺の真ん中を探すために、角と角を合せて折ります。

 折り目の部分が中央の点(線)です。

 開いて、下の角(短辺)を中央(折り目)に重ねて折ります。

 折ったところです。

 次は、縦の中央線を決めるために、角と角を合せて横に折ります。折り目が中央線です。
 
 開いて山折り状に机の上に置きます。

 置いたところです。折ったところが見える面を上にします。こういう表か裏かは飛び方に大きく影響しますので、注意してください。

 下の短辺の左側を中央線(折り目)に合せるように折ります。


 右側も同じです。


 下の先端を、角の集まったところまで折って、折り目をしっかり付けます。


 この折り目を次に使いますので開きます。

 折り目は赤線()で現しています。

 赤線の折り目を青線()を引いたところに重ねて折り曲げます。

 折り曲げたところです。

 上の角と角を重ねて折り曲げます。このとき、折り曲げた部分が見えるように折ります。


 折り曲げたところです。


 これから翼を作っていきます。

 鷹の翼を真似て写真のようにハサミで切っていきます。

 子どものときのツバメ紙飛行機の場合と同じように、指でチギッてもかまいません。写真が標準の切り方と思ってください。切り方を工夫してみてください。例えば、大鷲は“ひし形(◇)”トンビは“扇形”というぐわいです。

 切ったところです。これを広げると

 このようになります。タカの形になりました。

 このように、折り曲げる角度を調整してタカ紙飛行機となります。

 角度の調節は、小さいとクルクルと回るだけになってしまいます。大きすぎると木の葉のように落ちてしまいます。これを参考に、角度を変えて飛ばしながら探してください。

 次のように翼を湾曲させると、大変安定的に飛行します。調整角度も格段に広い範囲になります。
 湾曲させる方法です。前の方は紙が重なっているので厚く硬くできていますので、指でつまんで形を整えることができます。また、その場合、後部の方も自然と整ってきます。


 投げ方ですが、一般の紙飛行機のようにつまむところがありませんね。そこで、折り目の見える部分を上にして、前の方をつまみます。それをそのまま投げると、スムーズに折り目の部分を下にして飛んでいきます。何度も繰り返して上手になってください。


 投げ方が難しい場合は、写真のようにつまめる部分を作ってやってもかまいません。翼が小さくなって揚力は落ちますが、その変化はわずかです。


 このときの投げ方です。


 いかがでしたか。一つ一つの写真を追って作っていけば難しいことはありません。ぜひ作ってみてください。ネットで探しても“タカ紙飛行機”は見つかりませんので、これが新作だと思います。ぜひ、皆さんに親しんでもらったら嬉しいです。

 最後まで読んでいただきありがとうございました。
























 









コメント

人口問題と学校教育

2021-03-05 10:54:54 | 開かれた学校
 人口問題というとピンとこないかと思いますが、私が住む熊本県八代市の世代別人口の推移ブラフをご覧ください。

 総人口がずっと減少していきます。この下降は、何もしなければ、グラフの先の2060年にも続いていくことがわかっています。つまり「持続可能な社会」ではないということです。その厳しさは人口構成からも言えます。働いて社会を支える生産年齢人口の割合が小さくなっていきます。働けない老年人口が増加して、更に割合が大きくなっていきます。未来社会を担う年少人口の減少は驚くほどです。まさに「消滅」も心配です。


 これは〇〇町(村)の人口推移のグラフです。総人口の急速な減少・年少人口の減少・老年人口が生産年齢人口を上回ります。ここは「消滅」を現実問題として受け止めておられます。厳しい状況ですね。「子は宝」として、後で紹介する学校教育に力を入れて取り組み始めています。

 この人口問題は、消滅が心配される全国の市区町村の問題です。

 それでは、全国の状況を見てみましょう。

 これは2014年に日本創成会議 座長増田 寛也氏(民間団体)が「消滅可能性都市(若年女性人口(20~39歳)が2010年から2040年の30年間に5割以下に減少する市区町村)」として発表したものです。なぜ、若年女性人口かというと、誕生する赤ちゃんの約9割がこの年齢で出産されます。発表はエクセルデータでしたが、日本経済新聞社が赤っぽい色や紫で日本地図に示してくれました。もっとハッキリしたものをと思いましたが、資料として見つかりませんでした。
 資料の中にはこんなものも見つけました。

 白黒の日本地図ですが、消滅可能性都市を黒の濃淡で現してあります。淡い黒は消滅可能性都市のうち人口が1万人以上の市区町村、濃い黒が消滅可能性都市のうち人口が1万人未満の市区町村です。濃い黒の方がより厳しい状況にあるということです。

 ここまでくると、自分の市区町村はどうかな?と気になってきますね。熊本県の場合をご覧ください。

 一見して、県南部が厳しいですね。令和2年7月4日の豪雨による被災は人口減少に拍車をかけるものになってしまいました。県北東部は阿蘇です。有名な観光地です。産山村は平成の始めから高齢化問題や人口問題に積極的に取り組んだ教育が行われて消滅可能性都市ではありません。県央の東部は九州山地の人口の少ない地域です。
 県南の市町村を訪問して話を聞いていますが、存続のために住民がひとつになって取り組んでおられる様子がわかります。
 
 皆さんの市区町村のデータを知る方法を紹介します。先ほど述べた日本経済新聞社のホームページです。ここをタップすると表示されるようにしてあります。

 画面には、日本地図の上に基本的な事項が表示されていますので、読んだ後《閉じる》を押してください。表示されている日本地図の知りたい市区町村付近をタップすると上の熊本県の地図と同じようなものが表示されます。
 基本的な使い方は、1本の指で地図を動かすことができます。2本の指で拡大縮小できます。さらに、市区町村をタップすると、そのデータが表示されます。

 日本の人口問題を述べてきましたが、これはそれぞれの地域の問題です。そうです、皆さんの住んでいる町の問題です。何とかしなければ、本当にそこが消滅してしまうかもしれません。

 国は2014年の9月に“地方創生”の旗を掲げました。(まち・ひと・しごと創生本部)
 それを受けて、都道府県・市区町村は、人口ビジョンを作成して、2060年までに持続可能な社会(人口減少0)を実現させようと取り組んでいます。しかし現実は厳しく、熊本県下市町村の人口ビジョンを見てみると、2060年になっても、対策実施後の推定人口が降下しているところも多くあります。
 ここをタップすると熊本県市区町村の人口ビジョンを見ることができます。すべての人口ビジョンは公表されていますので、 検索:〇〇県〇〇町人口ビジョン で出てくるはずです。

 どのように取り組めばいいかです。

 内容をご覧になって、皆さんの市区町村が取り組んでいることが書かれていると思います。
 地域の魅力を再発見していかなければなりません。仕事も必要です。ここで子どもを育てたいと若い皆さんが思うような町ですね。自分の町だけよくなってもいけません。地域全体で盛り上げていく必要があります。それは人を取り合うだけになってしまうからです。全国でこのような取り組みが始まりますので、キーワードは、“特色”です。オンリーワンの町を目指すことです。
 このことは、人を地域に縛り付けるということではありません。夢を持って飛び立っていっても、心に故郷があれば、大きな力を持って地域に貢献してくれるかもしれません。地域の皆さんの“誇り”としていつも励ましてくれるかもしれません。夢を失ったときには、温かく包んでくれる故郷があります。すると益々故郷を愛する人になってくれるのではないかと思います。

 国や県、市役所、役場の取り組みを紹介してきましたが、私たち住民の一人一人が力を合わせて取り組まなければことは成りません。核家族化や人の孤立化など住民同士のつながりが薄れつつある今の現状からして難しいところです。

 そこで、学校教育の力を活用することになりました。学校教育はすべての国民を対象に実施されます。つまり、次代を担う国民の育成です。

 先ほどの“地方創生のために”を、考えて力を合わせて取り組んでくれる人材の育成が学校教育の役割となりました。
 このことは、学校関係者を中心に『よりよい学校教育を通して、よりよい社会を創る』という言葉で語られています。この言葉を広く地域の皆さんとも共有されることが求められています。

 
 では具体的には、学校でどのような教育が行われているかです。学校教育の基本である幼稚園教育要領や小(中高支援)学校指導要領の前文に『これからの時代に求められる教育』として記述されています。それには文字だけで記述されていますが、ここではわかりやすく絵を添えて現してみました。

 
 子どもが主体的に学習に取り組むのが基本です。
 あらゆる他者とか多様な人々とありますが、これまでの子どもたちや先生だけでなく、多種多様な地域の皆さんも学校教育に参加して協働することによって、これまでにない何かを子どもたちは学び取っていきます。何かとは、人と人との触れ合いの中から学ぶことです。このつながりは社会資本ともいうものです。社会を構成するための根本を学んでいることになります。さらにみんなで力を合わせて“様々な社会的変化を乗り越える”という体験をします。
 このような教育によって、自身の豊かな人生を切り拓くだけではなくて、持続可能な社会の創り手となる力を得ることができます。

 いかがでしたか。わかりやすく説明できたかわかりませんが、現在の学校教育は、このような教育目標を掲げて取り組んでいます。
 今の子どもたちが大人になって社会の中堅として活躍する時代、30年ぐらい先を見て取り組まれています。その時代は、人のつながりの豊富な大人が社会を構成していますので、子どもたちの社会性の教育は“地域”で行われることになると思います。


 私案ですが、子どもたちは午前中は学校で勉強、午後は地域活動の各種サークル・文化活動・スポーツクラブ・・・etcに参加して、大人と一緒に活動する中で、社会性や専門性などを身に付けて、個性を伸ばしていきます。

 こんな社会が実現することを願って、学校支援の活動に取り組んでいます。


〔人口問題と学校教育サイト〕



〔人口問題サイト〕




 最後まで読んでいただいてありがとうございました。

資料の追加です。
 日本国の人口推移グラフです。


 人口問題をマクロに現したデータです。

 老齢人口は約20年後にピークとなりますが、それでも総人口が減少していきますので、その割合は上昇し続けるんですね。資料によると約90年後は41%にもなります。
 しかし、各市区町村の対策がうまく成就すると、違った結果になるわけです。
 







 



 



 
 



コメント (7)

再掲 キッチンペーパーでひな人形を作りましょう

2021-03-03 06:32:26 | 放課後子ども教室
皆さんに、ぜひ見てほしくて、今日3月3日ひな祭りの日に再掲しました。元サイト《KPAひな人形の作り方》

 これが、子どもたちが作ったKPA(キッチンペーパーアニマル)です。

 これに、男雛には、束帯・烏帽子・笏を、女雛には、十二単・冠・檜扇を身に付けさせると“ひな人形”になります。

 そうやって作ったひな人形です。


 では作っていきましょう。









 次は、束帯などの衣装を作ります。










 真っすぐに立たないときには、このように十二単の後ろを折ったりハサミで切ったりして調整してください。




 ご覧いただきありがとうございました。


元サイト《KPAひな人形の作り方》


 




コメント (4)

新・簡単 ツバメ紙飛行機の作り方

2021-03-01 17:37:00 | 放課後子ども教室
 新・簡単なツバメ紙飛行機を考案しました。
 これまでのものは、先端部の折り曲げが複雑で、低学年児童には難しいものでしたが、これは低学年児童でも容易に作ることができる新しい折り方です。簡単な折り方の研究の中で考案しました。作り方の手順を示しますので、自身で作るのは勿論、小さい子どもさんに、その作り方を教えて一緒に作ってください。そして、飛ばして遊んでください。

 用紙は、厚めのチラシであればA4とA5(A4の半分)ぐらいがいいと思います。薄いチラシであればA5サイズがベストな大きさです。
 外で飛ばすのであれば、厚めのチラシA4か特厚めのチラシA3(A4の2倍)がいいと思います。

 最初に、用紙の5/8のところまで折り曲げます。しかし、どこが5/8のところかわかりません。そこで、5/8のところを探すためにこれから折っていきます。
 二つにおると、2/4のところがわかります。


 角をその2/4に合せて折ると、折り目は3/4のところです。


 2/4と3/4を合せて折ると、折り目は5/8のところです。これで、5/8が見つかりました。


 開くと、3つの折り目があります。真ん中が5/8のところです。


 5/8のところまで折り曲げます。


 折り曲げたところです。


 次は横方向に半分に折り曲げます。


 そして、開いたところです。中央に折り目があります。


 左右から折り曲げます。ここで正確に合せないと左右のバランスが悪くなってしまいます。飛んだ時、まっすぐ飛びません。



 先端のとがったところを左右の角が集まったところまで折り曲げます。


 ここから、最初に示した4つのツバメ紙飛行機を作るために分岐します。まずは2つに分岐、
 左右対称の状態を折って重ねますが、一方は折り目が見えるところを外側にして折ります。もう一方はその逆で折り目が内側となって外から折り目が見えないように折ります。前者からは3つを作ります。後者からは一つです。
 ツバメ紙飛行機の特徴は、後部をツバメの尾のように切る(ちぎる)ところです。まずは写真を参考に切ってください。勿論、手でちぎってもかまいません。


 できたツバメ紙飛行機です。


 図を参考にして、形を調整してください。
 ここからは飛ばして調整してください。
 最初のV型はなかなか最初から飛ばすのは難しいです。折り曲げる角度や投げる速さを変えながら、良く飛ぶポイントを探してください。
 最後のW型は折り曲げる角度を90度以上にしてください。
 U型やV+U型のように、湾曲させたものは安定的に飛行します。なぜ、ちょっとでも湾曲していれば安定性が高まるのかわかりませんが、いいことを見つけたことは確かです。

 飛び方の特徴をまとめてみました。


 これまでのことから、よりツバメらしいツバメ紙飛行機を2機種考案してみました。


 良く飛ぶものができましたので、作り方を示します。



 上に投げ上げると、上空をツバメが飛んでいるように見えます。どちらも湾曲させてありますので、横ぶれしながらスーと飛んでいきます。

 最後に“つかみ方”、“投げ方”です。どちらも折り目の見える側を下にして飛行します。その折り目の見える側が上になるように、先端をつかみ(つまみ)ます。耳の横や頭の上にその手を掲げて、前や斜め上に投げます。すると図のように飛んでいきます。


 いかがでしたか。小さな子どもに教えるには、絶好の紙飛行機です。普通のものと違うところに魅力が感じられるものですので、自分のものにしていただけたら嬉しいです。

 今後も研究を続けていきますので、新発見があればお知らせします。

 最後まで読んでいただいてありがとうございました。


 
これまでのツバメ紙飛行機の作り方

 





コメント

発見! 新紙飛行機(良く飛ぶ・簡単)

2021-02-25 17:24:15 | 放課後子ども教室
 紙飛行機の自由研究をする中で、良く飛ぶ・簡単・ちょっとうまく作れなくても大丈夫な紙飛行機を発見しました。
 これがそうです。


 皆さんの知っている紙飛行機とはだいぶん違いますが、まっすぐ飛ぶこと、簡単に作れる、幼稚園児や小学校低学年が作って折るところが少しズレていても、うまく飛んでくれる紙飛行機です。私は、園児や低学年児童、老人を対象に活動していますので、ピッタリの紙飛行機です。

使用する紙
 研究で多量の紙飛行機を作るので、次のようなメモ帳を使っています。一枚一枚切り取れてとても使い勝手が良かったです。


 作り方を紹介します。

 画面タップで拡大図
 拡大しない場合には、〔パソコンサイト〕でご覧ください。

 図を見ると複雑そうですが、他の紙飛行機に比べると、極めて作業数が少なく作ることができます。
 紙はA5用紙かそれより小さい紙を使ってください。もっと大きい紙であれば、相当硬い紙を使ってください。

 古い年賀状でも作ってみました。室内では“速すぎて”“硬すぎて”飛ばすことは無理ですが、外で強く投げると、りっぱに飛んでくれます。スペースシャトルエンデバーのようでした。他の型では飛ぶことは難しいのですが、さすがこの飛行機です。ぜひ皆様もどうぞ


飛ばし方です。


 ツバメ紙飛行機の投げ方です。人差し指を中央のv字の谷に置き、親指と中指を添えて、紙飛行機をつまみます。耳の横か頭の上に掲げて、手首と腕のスナップを使って投げます。いつ紙飛行機を放すかを練習を繰り返して体得してください。



 最後に、素晴らしい飛行性能を確かめる追研究をしました。〇と◎の範囲が広いことに驚きました。
 研究の結果です。



 ◎を作り方として紹介しています。

 同じ内容のパソコンサイトがあります。図など拡大して見ることができます。どうぞご覧ください。


〔パソコンサイト〕



 

コメント