作って遊ぼう&社会に開かれた学校の応援

作って遊ぼう教室のブログです。小学校でオモチャを身近な材料で作っています。学校支援の仕組みづくりの記述もあります。

「ブンブンごま」づくり教室を楽しみました!

2022-05-17 14:48:47 | 作って遊ぼう教室
 5月16日(月)の午後、「ブンブンごま」づくり教室を実施してきました。

 午後3時に子どもたちが教室に来てくれました。1年生4人、2年生6人の10人の児童です。

児童1「今日は何するのかな!」

指導員「今日はね、特別に先生に来てもらって楽しいものつくるんだよ!」

 私の名札を見て
児童2「◇〇の△▽と つくってあそぼう?」

私「読んでくれてありがと。よろしく。」

 このような会話が教室を始める前にありました。

 こんなこともありました。

 私の頭を指さして、

 ・・・私の頭はこんな感じ・・・

児童3「どうしてここだけ毛が生えてないの?」
私「抜けてなくなったんだよ。」
児童3「育毛剤(いくもうざい)買ってつければいいのに!」
私「お金で買うんでしょう!」「育毛剤は買わないんだよ。」「心配してくれてありがとう。」


 という会話がありました。こんな会話はよくあることです。思ったことは口に出してしまう児童もいっぱいいます。このように何の躊躇(ちゅうちょ)もなくです。むしろ私のことを思っての言葉ではないでしょうか。

 家に帰ってから、こんなとき何と返してやったらいいか考えました。

 「大人になって、おじいちゃんになっていくと、毛が抜けていく人がいるんだよ。私だけでなくいっぱいいるでしょう。残念だけど、育毛剤を付けても毛は生えてこないんだ! でも平気だよ。これでいいよ。」

 と言ったらどうでしょう。こんな返しもあるよというのがあったら教えてください。

 気をつけたのが

「君だって大きくなったら抜けてしまうかもしれないよ。」

 とは言わないことです。こういう子ですから、自分もそうなるかもしれないとなったら〔心配〕をひとつ抱(かか)えることになってしまいますから。

午後3時10分になって教室を始めました。

「今から作るのはこれです。みんな知っているかな?」
  「????」「????」「?ブンブンごま?」
「今から遊んでみましょう。ひとつずつ配ります。」
「さあ~遊んでみましょう。・・・ どうやって遊ぶかやってみてください。 ・・・」
  ・・・
  ・・・
 (だれも遊べない状況)
「こうやって遊びます。  聞こえる⤴・・ブンブン・ブンブン・・・が聞こえる。」
「だから〔ブンブンごま〕て言うんだよ。」
「たこ糸の両方の端を一つの指に引っかけます。」
「底板が一番下になるように引っ張ります。」
「たこ糸の両端を左右の指にかけて広げると、底板が真ん中にあります。」 
「グルングルングルングルン・・・と回します。するとたこ糸に撚(よ)りがかかっています。」
「これを両側から強く引っ張ると、撚りが解(ほど)けるように底板が回ります。」
「ほどけ終わるタイミングで張りを弱めると、底板は回り続けて、さっきとは逆に撚りがかかります。」
「底板の回転が止まるタイミングで、たこ糸を左右に強く引っ張ると、逆方向に底板が回転を始めます。」

  (くり返す)

「いいタイミングで引く力を強めたり弱めたりすると、このように『ブンブンブンブン・・・』となり始めます。」

「みんなもやってみてください。」

 みんなの挑戦がはじまりました。

 なかなかうまくいきません。

 1分ほどで2年生の女の子が「ブンブンできました。 ・・ブンブンブンブン・・」

 2分ほどで2年生の男の子が「できた!できた!」



 どうしてもできないと諦(あきら)めて顔をふせてやめた児童がいました。

 指導員三人と私で個別指導を始めました。

 「こうやってぐるぐるぐるぐる回します。」
 「撚(よ)りがかかっているでしょう。」
 「たこ糸を引っ張ると底板が回るよね。」
 「撚りが解けてしまうタイミングでたこ糸の引っ張りを弱めると、」
 「底板が回り続けて、たこ糸は逆に撚りがかかっていきます。」
 「底板の回転が止まりそうになったら、またたこ糸を引っ張ります。」
 「これを繰り返して、力を強くしていくと」
 「・・・ブンブンブンブン・・・ほら、遊べるよ。」
 という具合に指導しました。

 10分ほどで全員が遊べるようになりました。

 さあ、制作です。

 「これからは、このブンブンごまを自分で作ります。」
   「へえ~、できるかな!」「できるよ!」
 「家に帰ってからもできるように、牛乳パックのところから私がやってみます。」



 「牛乳パックの注ぎ口からハサミを入れて、つなぎ目を切っていきます。底まで行ったら、横にぐるっと回して切ります。そこが切り取れました。側面は他に使いますから取っておきます。」
 「底板の真ん中に2つの穴を空けます。画鋲で刺して空けます。」
 「画鋲の穴は小さいので、その穴に爪楊枝を刺して大きくします。刺したり抜いたり、グルグルしたりして少しずつ穴を大きくして、向こうまで通してください。」
 「みんなには画鋲で穴を空けた底板を配(くば)ります。爪楊枝も配りますが、用が済んだらすぐ返してください。」

(残念ながら、写真は撮れませんでしたが、児童の空けた穴が取れました。)


 「たこ糸を配ります。こうやって穴に通します。」
 「通ったら、たこ糸を結ぶと 完成 です。」
 「うまく通らないときは、水を付けて尖らすといいですよ。」



 一生懸命にたこ糸通しをしています。



    「なめてはだめですか?」「コロナのときですから水でお願いします。」
    「爪楊枝で押し込んでもいいですか?」「いいですよ、用が済んだらすぐ返してね。」
 1年生「結べないんです。」「(結んでやって)できたよ。」「ありがとうございます。」

 指導員が結んでやっています。 


 出来上がって遊んでいるところです。



 持ち帰るために名前を書いています。



 「これで終わります。」

 「あ~、楽しかった!」
4時ちょうどでした。

 こんな感じで作って遊ぼう教室を終了しました。牛乳パックの底以外で作る方法は時間の都合で割愛しました。

 ついつい長いブログになってしまいました。最後まで読んでいただきありがとうございました。コロナ禍でいつ中止になるかわからないので、児童のリクエストの多いものから今年はやっていこうと考えています。次は風車づくりです。ご期待ください。 

「ブンブンごま」づくり教室の準備

2022-05-15 23:08:35 | 作って遊ぼう教室
 5月16日(月)は本年度初めての活動日です。近くの小学校の1・2年生12名が参加してくれます。どんな子供たちかも楽しみです。コロナ禍で昨年度は活動がなかった小学校でしたから全員が初めての出会いです。

 最小限に必要なものは、この小さな箱に納まってしまいました。



 左側の列の牛乳パックの底が回転盤となる材料です。中心部分に画鋲で空けた小さな穴2つがあります。そこまでは加工済みです。1・2年生ですから画鋲は危険と判断して私がすることにしました。

 中央の後ろ側にたこ糸を1mに切ったより紐が入っています。たこ糸はダイソー(100円ショップ)ではキッチンの売場にありました。
 その手前が道具の画鋲(がびょう)と竹爪楊枝(つまようじ)です。竹爪楊枝だけを配布します。画鋲はもしものとき用です。

 右側の列の牛乳パックの底が完成品です。ただし、向こう側が「ブンブン・ブンブン・・」と良く鳴るものです。これも配布します。手前は欠陥品です。私が演示して「旨くいかないところ」を紹介するためのものです。

 次の写真は道具(工具)です。配布するのは竹爪楊枝(つまようじ)だけです。それ以外は、何かあったときに必要なものです。どうして竹爪楊枝かというと、小さな穴を広げるのに使いますから、硬くて強いものがいいからです。木爪楊枝は折れやすいです。



 次、これが持参する全てを並べたものです。



 これらを、どう使って教室を進めていくかお話しします。

① 「今日はブンブンごまを作ります。」と遊んでいるところを見てもらいます。

② 〔ブンブンごま〕を一人一人に配布して遊んでもらいます。

③ 牛乳パックの底以外でも作れることを紹介します。
  厚紙各種です。



 これらで作ったブンブンごまです。



 正方形や上下左右対称図形ですから、線を引いたり長さを測ったりして、中心が正確に求められて〔完成度〕の高いブンブンごまができます。



 でも、これらには欠点があります。



 たこ糸の通る穴が遊んでるうちに、互いの穴のある方向に広がっていくんです。十数回、数十回ほど遊んだところでつながってしまいます。(壊れました)

 牛乳パックの底板は簡単には壊れません。
  このことを紹介します。

④ 牛乳パックをハサミで切って底板を取り出すところから、底板に画鋲で2つの穴を空けるところまでを演示します。



⑤ 〔底板〕〔たこ糸1m〕〔竹つまようじ〕を配布します。

⑥ 子どもたちと一緒に作ります。

⑦ 遊びます。 うまく回らないときには、個別に修正をします。


 こんな計画で活動をしてきます。「楽しみだな~!」

 活動の報告は、なかなか写真を撮るのが難しいので遅くなるかもしれません。
 事前に「すみません」です。


(再掲)五月人形〔端午の節句〕キッチンペーパーで作ります。

2022-04-27 10:32:18 | 作って遊ぼう教室
 もうすぐ子どもの日ですね。一年前に紹介した5月人形を再掲します。よかったら作ってみませんか。必要なものはキッチンペーパーと折紙、爪楊枝、輪ゴムです。

 雛人形に続いて、端午の節句の5月人形をキッチンペーパーアニマル(KPA)で作ってみました。折紙の兜を載せただけですが、となりに“鯉のぼり”を添えて雰囲気を作ったつもりです。



 後の方で、鯉のぼりの作り方・兜の作り方を紹介します。

 まずは、3つの兜をご覧ください。





 とんがり兜はチョッと小さいサイズになってしまいます。3つとも同じ大きさの色紙で作っていますから、“とんがり”だけはひとまわり大きい色紙で作ったらいいですね。
【鯉のぼりの作り方】



 イカ紙飛行機を作るときに「これは鯉のようだ」と思っていました。それとちょっとしか違いませんので、わからないときには、イカ紙飛行機の記事を参考にしてください。

 1枚の色紙を8枚に切り分けます。


 その一枚で一匹の鯉を折ります。半分に折って中央に折り目を作ります。


 下の左右の角を、中央の折り目に沿うように、三角に折ります。最後に裏返します。


 下の左右の折り目を、中央の折り目に沿って折り曲げます。その後、写真に示した線のところを折り曲げます。


 折り目の内側にノリを付けてしっかり押さえてください。

 鯉の形ができました。

 次は、ポールに鯉を上げて鯉のぼりを作ります。

 必要な材料です。

 色紙の目をノリで付けます。

 鯉ができました。

 鯉をポール代わりの爪楊枝に付けるために、爪楊枝の一面にのりを付けます。


 ノリの付いた側に鯉を置いて、10分以上(乾いてくっ付くまで)待ちます。


 待っている間に、爪楊枝(ポール)を立てるために、名刺を4分の1に切ったものに尖ったもので穴を空けます。


 爪楊枝に鯉がしっかり付いたら、名刺片の穴に爪楊枝を立てて完成です。そこにノリを付けると完璧です。


 ちょっと小さいな~と思われたら、色紙を半分にしたもので鯉を作ってください。大きさは縦横2倍になります。


次は
 【兜(かぶと)の作り方】

※ 再掲です。



3種の兜の作り方を説明します。“一般的な兜”“とんがり兜”“角(つの)兜”です。

それでは“一般的な兜”です。


折紙を色のない方を上にして置きます。


まず、三角形に折ります。山の形になります。頂上が下になるように置きます。


左の端が山の頂上に重なるように折ります。


右側も同じようにします。


左右下の先端が上の先端と重なるように折ります。


図のように折り曲げて“角(つの)を作ります。


下の三角の部分が二枚重なっていますが、その上の方を折り線のところから折ります。


更に折り線のところから折ります。


下のもう一枚を、兜の内側に折り込みます。


一般的な兜の完成です。



次はとんがり兜です。


折紙を色のない方を上にして置きます。


図のように三角形に折ります。三角の山の部分が下になるように置きます。


右の先端が下の頂上と重なるように折ります。


右側も同じようにします。


図のように左の辺が中央と重なるように折ります。


右側も同じようにします。


下の先端を左右とも折れ線から折り曲げます。ここが角の原形です。


角の原形を折れ線から折ります。立派な角になりました。


下の三角の部分が二枚重なっていますが、その上の方を折り線から折り曲げます。


また折れ線から折り曲げます。


下のもう一枚を兜の内側に折り込みます。


高い兜の完成です。


三つ目は角(つの)兜です。


ここでは一カ所ハサミを使います。
これまでと同様に折り紙の色のない部分を上にして置きます。


三角形に折ります。三角の山の部分が下になるように置きます。


左の端が山の頂上と重なるように折ります。


右側も同じようにします。


一般的な兜とここから違ってきます。
折れ線から折ります。一般的なものより大きな角の原形となります。


切り線のところをハサミで切ります。


切ったところの下の部分を折り線から折ります。


下の部分をこれまでと同じようにします。




角(つの)兜の完成です。


【キッチンペーパーアニマル(KPA)の作り方】











【子どもがかぶれる新聞紙兜の作り方】

 実際にかぶれる兜を新聞紙で作ります。
一般的な兜は、両開きした新聞紙の縦辺、つまり短い方の辺の長さを一辺とした正方形にしますので、一枚の新聞紙で作ります。


図のように折って折った部分が直角二等辺三角形になるようにします。しっかり折り目を付けます。


開くと折り目が付いています。


下の(ここ)のところから新聞紙が正方形になるように折ります。重なった部分は少量のノリでくっつけると後の作業がやりやすくなります。


この正方形で一般的な兜を折ってください。

かぶれる一般的な兜の完成です。大人の頭も入る大きさです。

次に高い兜を作ります。
新聞紙の長い辺を一辺とした正方形を作ります。したがって新聞紙が二枚必要です。
長さの物差しとして補助の新聞紙がもう一枚、合計三枚を使います。
まず、補助の新聞紙を横向きに置きます。


その左側の端に合わせて新聞紙を縦に置きます。


補助の新聞紙の右側の辺に合わせて新聞紙を縦に置きます。
新聞紙の長辺を辺とした正方形ができます。重ねた新聞紙の上の二枚を少量のノリでくっつけると後の作業がやりやすくなります。


この新聞紙で高い兜を折るとかぶれる兜ができます。大人もかぶれます。

高い兜の完成です。


皆さんで楽しく作ってください。

〔パソコンページ〕


 





再掲 新聞でかぶれる兜(かぶと)づくり

2022-04-18 11:33:17 | 作って遊ぼう教室
 多くの皆さんが〈兜(かぶと)づくり〉のブログを見ていただいているので、ここに再掲載することにしました。子どもたちと一緒に作ってみませんか。

 5月5日は子どもの日です。連休の最終日で子どもたちが元気に遊ぶ様子が目に浮かびますね。兜(かぶと)は子どもの日には欠かせないアイテムです。私の小学校3年生の孫が、昨年のひな祭りが過ぎるとすぐFaceTimeで「おじいちゃん、かぶとの作り方を教えて~!」と連絡してきました。早速、その場で作ってみたところです。目を描いて「金魚になっちゃった!」と喜んで見せてくれました。兜を横から見ると”つの”が”ひれ”になって、金魚のように見えました。

 妹の保育園児はチューリップ組(4才)ですが、一人ひとり兜を教わりながら作れたそうです。誰にも作れそうですね。
 これが新聞で作った3種の兜です。(一般的な)兜、角(つの)兜、とんがり兜です。

 かぶるとこんな感じです。

 私の孫のように、作り方を教えてあげるのもいいですよ。

 では、作ってみましょう。

 新聞紙は2面で1枚になっているものを用意してください。その新聞の長い方の辺を“長辺”、短い方の辺を“短辺”と表現します。



 3種の兜は正方形の形から作ります。
 短辺を一辺とする正方形からは(一般的な)兜と角(つの)兜ができます。ということはこの2つはそれぞれ新聞1枚で作れるということですね。
 長辺を一辺とする正方形からはとんがり兜ができます。つまり新聞紙2枚で作れます。


 短辺を一辺とする正方形の作り方です。

 角(かど)の両端の短辺と長辺を合せると、写真のように短辺の長さを長辺に移すことができます。

 重なっていない長方形のところを三角の方に折り曲げて三角の部分を開くと、短辺を一辺とする正方形になります。

 長辺を一辺とする正方形の作り方

 2面で1枚になっている新聞紙を3枚用意してください。そのうち2枚で長辺を一辺とする正方形を作ります。もう1枚は長辺の長さの比較に並べます。

 右側上の新聞を下にずらして長辺を一辺とした正方形を作ります。重なったところにノリを付けて接着します。


 これで正方形の新聞ができました。これから兜を作ります。

作り方

【(一般的な)兜】

 新聞の短辺を一辺とする正方形を用意します。

 三角に折ります。しっかり角を合せます。

 両角を直角の角に合せるように折ります。

 両方の折り下げた三角形の半分を折り上げます。

 次の写真のように折り曲げて、角(つの)を作ります。

 下の三角は2枚からできています。その上の一枚を写真のように折り上げます。

 さらに、両角を結ぶ線を折り目として折り上げます。

 下の三角を兜部分の隙間(すきま)に差し入れます。

 奥まで入れてください。
 (一般的な)兜の完成です。

【角(つの)兜】

 写真番号⑦までは【(一般的な)兜】と一緒です。その続きからです。

 次の写真の“線”は折り目です。

 折り目のように、少し斜め上に折り上げてください。

 
 左右の尖(とが)った角(かど)が角(つの)になるように、ちょっと下をハサミで切って、その下部分を折り曲げます。切れ目にノリを付けて、切れ目がきれいになるよう接着します。


 その後は、【(一般的な)兜】の作り方の写真番号⑩からと同じです。






 角(つの)兜の完成です。

 いかがですか。
 ちょっと角の部分が折れ曲がっていませんか?私の作ったものも新聞では柔らかすぎてフニャっとまがってしまいました。そこで次のように割り箸を角に入れてやるとピシッとカッコよくなります。

 最後の仕上げに、割り箸やストローのようなものを差し入れてください。


【とんがり兜】

 新聞紙の2面1枚の長辺を一辺とする正方形を用意してください。

 
 まず、三角に折ります。


 左右の角(かど)を、下の直角の角(かど)に合せるように折ります。


 左右の上側の辺を、中央線に合せるように、左右から折ります。


 写真のように、左右の下側の三角形を折り上げます。


 写真のように、折って小さな角を作ります。


 写真のように、下の2枚ある三角の上側1枚を折り上げます。


 両角を結んだ線を折り目として折り上げます。


 下の残った三角を兜部分の隙間(すきま)に入れていきます。

 奥まで入れて完成です。

再掲


 
 兜の完成です。

 作り方をまとめました。







この縮小の〔つくり方〕の写真をタップするとpdfファイルがダウンロードできます。





 読んでいただいた皆さんから、子どもたちに作ってやったり、一緒に作ったりと楽しむことができますね。
 わからないところは折紙で兜づくりの記事を参考にしてください。

兜(かぶと)づくり - 作って遊ぼう&社会に開かれた学校の応援

そこに新聞紙かチラシありませんか!ここに次のような三種の兜(かぶと)の作り方を紹介します。時間があれば作ってみませんか。〔パソコンページ〕5...

兜(かぶと)づくり - 作って遊ぼう&社会に開かれた学校の応援









 最後まで、読んでいただきありがとうございました。



 

作って遊ぼうのメニュー

2022-04-17 19:32:00 | 作って遊ぼう教室
作って遊ぼうメニュー

 記事名をタップするとそのページが開きます。

 記事名後の〔20210101〕は投稿年月日〔2021年01月01日〕です。
 新しいものが上になっています。新しいものほど作り方が改善されています。

 このブログより充実したホームページがあります。作り方のpdfファイルや画像がダウンロードできます。ぜひ覗いてみてください。
放課後子ども教室の応援〔作って遊ぼう〕

空気砲
紙コップでつくる空気砲〔20210729〕

キッチンペーパーの芯で作る空気砲〔20210121〕

紙鉄砲
紙鉄砲づくり〔20210507〕

ストロー
ストロー笛づくり〔20210501〕

浮かせ球の作り方〔20210111〕

コマ
コマの作り方(牛乳パック・段ボール・竹串)〔20210112〕

キッチンペーパーアニマル
寅年202220〔220101〕

KPAハロウィン人形の作り方〔20211023〕

KAP五月人形づくりー端午の節句ー〔20210401〕

KAPひな祭り〔20210303〕

KPAのひな人形つくり方〔20210218〕

2021干支丑(うし)のキッチンペーパーアニマル〔20210101〕

Xmas版キッチンペーパーアニマル〔20201214〕

キッチンペーパータオルで作る動物(キッチンペーパーアニマル)〔20201205〕

令和2年のネズミ年のキッチンペーパーアニマル〔20191224〕

新キッチンペーパーアニマルの作り方〔20180520〕

兜(かぶと)
家族で兜(かぶと)づくりしませんか!〔20210501〕

新聞でつくる兜(かぶと)〔20210405〕

兜(かぶと)づくり〔20210107〕

厚紙ブーメラン
十字ブーメランのつくり方〔20210213〕

左手投げ用厚紙ブーメランの作り方〔20210207〕

厚紙ブーメランの作り方(空き箱を使って)〔20210205〕

厚紙ブーメランの左手投げ用づくり〔20180520〕

新厚紙ブーメランづくり〔20180520〕

厚紙ブーメランづくり〔20150625〕

サイコロ〔各種正多面体+α〕
「サイコロを作ろう」新型紙〔20201202〕

サイコロを作ろう〔正二十面体〕〔20201202〕

サイコロを作ろう〔サッカーボール〕〔20201202〕

サイコロを作ろう〔正十二面体Ⅾ〕〔20200921〕

サイコロを作ろう〔正十二面体Ⅽ〕〔20200921〕

サイコロを作ろう〔正十二面体B〕〔20200921〕

サイコロを作ろう〔正十二面体A〕〔20200921〕

サイコロを作ろう〔正八面体〕〔20201221〕

サイコロを作ろう〔正六面体〕〔20201209〕

サイコロを作ろう〔正四面体〕〔20201209〕

各種サイコロを作ろう〔正多面体+α〕〔20201209〕

紙トンボ
紙トンボ2〔児童の制作で(瞬間)接着剤を使わない〕〔20211112〕

紙トンボの作り方〔20201226〕

折紙
立体「星☆」の作り方〔20211031〕

木or傘になる折紙〔20210718〕

鶴の折り方〔下準備なし・高い技能がある〕〔20210610〕

オシドリの折り方〔20210530〕

鶴の折り方〔20210528〕

だまし舟の折り方〔20210520〕

紙ふうせんづくり(色紙やチラシで)〔20210519〕

家族で兜(かぶと)づくりしませんか!〔20210501〕

色々な形の紙箱づくり〔20210326〕

兜(かぶと)づくり〔20210107〕

風車
二重風車づくり〔20210709〕

新12枚羽根の風車(かざぐるま)の作り方〔20201222〕

新八羽根の風車の作り方〔20201221〕

新二重風車づくり〔20201219〕

新4枚風車づくり〔20201216〕

色紙の二重風車の作り方〔20150127〕

色紙の風車(12枚羽根A)の作り方〔20141014〕

色紙の風車(8枚羽根B)の作り方〔20140928〕

色紙の風車(8枚羽根A)の作り方〔20140907〕

色紙の風車(4枚羽根)の作り方〔20140907〕

牛乳パックボール
しっかりとしたボールを作る方法〔牛乳パック〕〔20211009〕

大ボールづくり(牛乳パックで)〔20210516〕

牛乳パックでボールづくり〔20210424〕

牛乳パックホイッスル
長さを変えてホイッスル〔20210104〕

牛乳パックでホイッスルを作る〔20201214〕

牛乳パックの舟
牛乳パックで舟の工作〔20210614〕

牛乳パックのパッチンガエル
牛乳パックでパッチンカエル〔20210510〕

牛乳パックの底でブンブンごま
ブンブンごま〔牛乳パックの底で作る〕〔20220412〕

PPバンド籠(かご)
PPバンドのかごづくり〔20210109〕

PPバンドボール
大きなPPバンドボールの作り方〔20201208〕

新PPバンドボールの作り方〔20201208〕

PPバンドサッカーボールを作ってみました〔20201208〕

PPバンドボールの作り方〔20140908〕

毛糸のボンボン
毛糸のボンボンの作り方(指を使って)〔20201227〕

毛糸のボンボンの作り方〔20201227〕

紙飛行機
鷹(タカ)・トンビ紙飛行機の作り方〔20210208〕

新・簡単ツバメ紙飛行機の作り方〔20210301〕

発見!新紙飛行機(良く飛ぶ・簡単)〔20210225〕

紙飛行機自由研究の結果第一弾《折り方A》〔20210225〕

紙飛行機の自由研究No.2研究に参加しませんか!〔20210131〕

自由研究〔良く飛ぶ紙飛行機を作ろうNo.1先端の重さを変えて〕〔20210124〕

ツバメ紙飛行機の作り方〔20210118〕

へそ紙飛行機の作り方〔20210114〕

イカ紙飛行機の作り方〔20210113〕

よく飛ぶ紙飛行機B〔20190726〕

よく飛ぶ紙飛行機A〔20190726〕

投げ上げ紙飛行機三種〔20160719〕

イカ紙飛行機の作り方〔20160719〕


色々な形の紙箱づくり〔20210326〕

チラシで箱づくり〔20210320〕

輪ゴム
輪ゴムの指でっぽう〔20220201〕

活動
「サイコロづくり」のクラブ活動〔20220117〕

「紙トンボづくり」のクラブ活動〔20211211〕

セルフチェックシートを使ってみました〔20210701〕

セルフチェックシート(安全・安心に活動するために)〔20210619〕

クラブ活動①「作って遊ぼう教室」紙飛行機づくり〔20210622〕


 このブログより充実したホームページがあります。作り方のpdfファイルや画像がダウンロードできます。ぜひ覗いてみてください。
放課後子ども教室の応援〔作って遊ぼう〕