阿智胡地亭のShot日乗

日乗は日記。あちこちでShootする写真日記。お遊びもあり。

学校法人 加計学園 「御影インターナショナルこども園」の場所にはその昔 予備校の「大道学園」があった。(Just1年前エントリーの再掲載シリーズ・・一年前にこんな記事を載せた)

2018年08月27日 | あちこちうろうろ
もう20年ほど通っている歯医者さんも今回の奥歯の処置は来週までかかる。

その歯医者さんから歩いて30秒のところに昔、大道学園という予備校があった。


(Wikipedia:大道学園(おおみちがくえん)
かつて神戸市東灘区に存在した学校法人。大学受験予備校を経営していた。地元の有力進学校である神戸高校、灘高校、六甲高校、甲陽高校などの優秀な浪人生が学び、全国区の大手予備校が進出する以前の1950-1980年代には、西日本でトップクラスの大学進学成績を残した。予備校は2005年に閉鎖し、跡地は加計学園グループの所有となった。当初は予備校時代の校舎をそのまま「カルチャーサロン御影」として使用していたが、後に取り壊され、2014年4月に認可外保育所「御影インターナショナルこども園」が開園している。)





 やましいところがなければ記者会見でも開き、おのれの信念を披瀝し、私は正しいことをしているのにメディアで不当な扱いを受けているなどと抗議をすればいいのに雲隠れして一切取材も受けない男がこの学園のオーナーらしい。こども園のあるイベントにはにぎにぎしく国家公務員の秘書官を引き連れた“私人”の安倍昭恵首相夫人が出席された、と言う。
(学園によると、昭恵氏は15年6月から、学園が神戸市で運営する認可外保育施設「御影インターナショナルこども園」の名誉園長を務めている。これまでの国会の質疑で、15年9月には政府職員2人を連れて施設のイベントに参加していたことも明らかになっている。国有地売却の経緯が問題視されている学校法人「森友学園」でも、昭恵氏は開設予定だった小学校の名誉校長に就任していた。財務省や国交省が、そうした事情を踏まえて、売却交渉などを学園側に有利になるように運んだのではないかと野党が追及している。)引用元。 



阿智胡地亭は昭和30年代の中頃に当時住吉の有馬道にあった社宅から一年間自転車で予備校「大道学園」に通ったのでこのあたりの風景は懐かしい。
『散歩』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 有楽町の東京交通会館に友人... | トップ | 中国の月餅をお土産にもらった。 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (misuzu)
2017-08-29 09:39:11
いつも楽しく拝見してます。
私の夫も大道学園に行ってました。
昨年リフォームの時に片付けていたら、ここの合格者名簿が出てきました。国公立大学の合格者がすごかったんですが、私立は早稲田・慶応と関学・同志社ぐらいしか掲載してなかったので、驚きました。
この予備校は入学するのが大変難しかったそうですね。
大道学園への入学は難しかったと言われてます。 (阿智胡地亭 )
2017-08-29 11:01:47
misuzuさん
コメントありがとうございます。
ご主人とは同窓生ですね(笑)

座る椅子はベンチ方式で幅が15cmくらいしかなかったの
が記憶に残ります。うっかり私語でもすると大道先生から
チョークが飛んできました。先生も生徒も真剣に学ぶ道場
のような学校でした。私は一生の中であれだけ勉強したのは大道が初めで終わりです(笑)。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あちこちうろうろ」カテゴリの最新記事