遊木民のアトリエ

物作り、創り、造りの好きな生き物です。

くさの根でランチ

2016-06-25 | 外飯



   この日は買い物が長引き、外食することに。


   四倉のくさの根へ。


   相方は刺身定食1,080円







   私は海老天丼850円。


   コストパフォーマンスの高さは出色です。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の酒肴(絹の厚揚げで一品)

2016-06-23 | 食品加工の部屋



  スーパーの特売で購入した絹豆腐の厚揚げ。


  グリルで表面を軽く炙り、大根おろし、ショウガ、鰹節をトッピング


  これは美味い、定番になりそうな予感です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

遊木民のアトリエが11歳・野菜ワゴンを作る

2016-06-22 | 木工の部屋



当地方も梅雨に入り雨の日が多くなりました。


  晴耕雨木工ですので木工の出番です。


  作ったのは野菜の販売用ワゴンです。





  遊木民のアトリエが11歳になりました。


  近頃ろくな木工もやってないので「遊木民」がおこがましいです。


  そこに当菜園の野菜を販売してもらっている直売所から野菜を置くワゴンが


  欲しいとの話があり、制作を引き受けました。


  まず、完成イメージ図を描いて三面の展開図を作成します。


  野菜コンテナが2段に入る構造です。





  材料を寸法に木取りします。





  自動鉋盤で表面を削ります。






  手鉋で面取りをします。





  組み上げました。





  塗装は TOY&wood オイル 子供のおもちゃや食器に使うオイルです。


  子供がなめても大丈夫なオイルです。





  キャスターを取り付けて完成です。





  販売用の野菜を載せて出来映えの確認です。


  下の段にはタマネギやジャガイモといった常備菜のコンテナが入ります。


  これで当菜園の野菜がバンバン売れると良いのですが・・・・!!!


  今後とも「遊木民のアトリエ」をよろしくお願いいたします。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

タマネギの乾燥

2016-06-21 | 田舎の風景など



  菜園で乾燥していたタマネギを収穫しました。


   完全には乾燥していませんので、晴天の日にはコンテナごと乾燥させます。


   夜はビニールハウスへの収納ですので、腰に負担がかかります。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ナムルを作る

2016-06-20 | 食品加工の部屋



  先日、時間があったのでナムルを作りました。


  ほうれん草とワラビはしょうゆ味で、もやしとブナシメジは塩味にしました。






  この日も昼食はナムルをたっぷり載せた、カルビビビンバにしました。


  午後の農作業のエネルギーになります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日の酒肴(ホタルイカなど3品)

2016-06-18 | 食品加工(魚介)分室



  少し前に作ったホタルイカの塩から


  菜園のエシャロット


  ホタルイカの干物のあぶり


  今日は冷酒にしました!!!




 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

新ニンニク

2016-06-16 | 田舎の風景など



  先日、ニンニクを収穫しました。


  例年、春腐病におかされ、さんざんでしたが、今年はパオパオのトンネルで越冬


  冬の強風による葉の傷みを極力少なくし、さらに消毒をこまめに行いました。


  250個ほどの収穫がありましたが、画像は Lサイズ以上の150個です。


  すでに新ニンニクとして50個は出荷済み、自家用は規格外のすそ物。


  味に変わりはありません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東のランチ

2016-06-14 | 外飯



   しばらく中華を食べていないネ、とのことで小名浜の東へ。


   いつも通りランチメニュー二種類をオーダーしてシェアしました。






   定番のエビチリ。






   鶏肉のピリ辛炒め。


   やっぱり中華はオーナーシェフのお店です。




   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イチゴジャムを大量に作る

2016-06-12 | 食品加工の部屋




  イチゴも終盤です。


  直売所等で、規格外の物が格安で手に入るようになりました。


  右の一箱2kg入りが1,000円です。


  今回は2箱4kg購入してジャムを作りました。


  保存瓶は洗浄消毒しておきます。





  一度に4kgは作れませんので半量の2kgを二回作ることに。


  イチゴ1kgにグラニュー糖600gを入れしばらく置くと浸透圧で脱水されます。





  水分が十分に出たところで火にかけ、イチゴを潰します。






  十分柔らかくなったところで、残りのイチゴ1kgを加えます。


  これで投入糖度30%、製品糖度45%程度になります。


  イチゴの形か残ったプレザーブスタイルにします。






  保存瓶に詰め蒸気で10分脱気・封入そしてそのまま20分蒸気殺菌します。





  粗熱が取れたら水道水で冷却して完成です。





  半分はイチゴの形が残ったジャムの完成です。


  市販のジャムと比較して糖度が低いので、開封後は冷蔵庫保存で


  早めに消費します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ジャジャ麺

2016-06-11 | ある日の昼食



  盛岡名物のジャジャ麺です。


  退職して毎日が休日なのに「休日の昼食はおかしくない?」との声が。


  農作業が出来ない自営業者の休日に作るからいいのだと言っておりましたが、


  カテゴリに「ある日の昼食」を新設し、タイトルは料理名にすることに。  


  挽肉を甜麺醤をベースに甘味噌を作り、冷蔵庫の残り物をトッピング


  してできあがりです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タマネギの収穫

2016-06-09 | 田舎の風景など



  数日前タマネギを収穫しました。


  秋に約2,000本の苗を植えました。


  早生の400個はすでに収穫済みで、今回は中晩生のネオアースと


  赤玉の猩々赤で1,500個ほどです。


  重量で約300kg以上。





  防草シートの上で一週間程度乾燥させてから収穫です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初カツオを捌く

2016-06-07 | 食品加工(魚介)分室



  今日は初カツオの刺身です。






  新聞で昨日小名浜に水揚げされたのを知りました。





  頭と内臓を取り除いた状態です。





  背の上部に堅いウロコがありますのでそぎ取ります。





  背びれを取ります。





  腹・背で二枚におろします。




  三枚におろした状態。





  さらにサク取りした状態。

  アラはアラ汁です。





  背は金串を打ち、火山をかけます。





  氷水で急冷します。


  これはたたき用です。






  今日は腹身を刺身で頂きました。


  菜園の新ニンニクで頂くと最高のでした。


  ただ、新聞の記事にもあったように。


  同じ海域で捕れた魚でも、小名浜に水揚げされると価格が安くなるとか。


  それで小名浜の水揚げ量が震災以来激減しています。


  今だ福島県の農林水産物は大きな風評被害を受けています。


  測定数値を正しく理解して頂いて、風評の払拭にご協力をお願いします。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

今日の酒肴(ヒジキ煮)

2016-06-06 | 食品加工の部屋




  新ひじきが美味しい季節です。


  酒肴を意識して具だくさんで作って見ました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

急遽ベーコンを作る

2016-06-05 | 燻製の部屋




  家人からベーコンが切れたんだけど・・・・・・!


  3月に作って以来作っていませんでした。


  そして退職に係るお使い物でだいぶ消費したようです。


  そんなわけで急遽ベーコンと酒肴の燻製を作ることにしました。


  酒肴はボイルしたホタルイカ、ボイルスルメイカのカット、かまぼこ







  ベーコンは通常1ブロック1kg以上で作るのですが、今回は一般の


  500g程度の物を使いました。そして通常は3~4kgが一単位ですが、


  間に合わせとあって1.5kgでした。


  手間は一緒ですので大量に作った方が効率的です。


  ホタルイカは初めてでしたが、なかなかいけます。


  目を取っておけば食感も良くなるはず・・・次回からの課題です。


  かまぼこは安物でも驚くほど美味しくなります。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蕎麦を食べに「なごみや」へ

2016-06-04 | 外飯



   無性に蕎麦が食べたくなり、三和の「なごみや」へ。


   私は天ざる蕎麦850円に追加ざる400円。





   相方は天ぷら蕎麦750円


   お江戸では考えられない価格です。


   日によって蕎麦の太さにばらつきがあるのはご愛敬?


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加