阿智胡地亭のShot日乗

日乗は日記。あちこちでShootする写真日記。お遊びもあり。

ラジコンカーで遊ぶ兄と妹

2018年12月12日 | 身辺あれこれ
小4の兄が友達と遊んでいたラジコンカー。兄が遊び飽きた頃に弟が借りて楽しみました。









コメント

革新機構騒動で経産省と経団連メンバーが対立。受勲を餌にされても屁とも思わない経済人が日本にも出てきた?

2018年12月12日 | メディアからの引用記事

むしろ、今回辞任した取締役たちに称賛されるべき点があるとしたら、本来であれば使命を終えて消える運命だったはずの「産業革新機構」を、

こういう形で姿を変えて蘇らせようとした経産省の思惑を完全に頓挫させたことにある。


画像クリックで本文が開きます。

コメント

米中間選挙の投票率、50%超と過去100年で最高水準

2018年12月12日 | メディアからの引用記事


画像クリックで本文が開きます。

コメント

ある冬の日のスカツリーの昼と夜

2018年12月11日 | 身辺あれこれ

コメント

三か月ぶりの新宿 三洋会に参加

2018年12月11日 | 東京ぶらぶら
少し早めに出てJR新宿駅中央西口から雀荘までの最短コースを探りました。見つけました。中央快速電車を降りて6分ほどで行けるコースがわかりました(笑)。
12時スタートで半荘4回という決まりです。ちょうどいい手と頭の体操になります。20年以上前の先輩OBから毎月続いている集まりのようです。







コメント

トランプが嬉々として吹聴「日本がすごい量の防衛装備品を買ってくれる」  実際に5年前の約6倍に。

2018年12月11日 | メディアからの引用記事


画像クリックで本文が開きます。

コメント

国家公務員のボーナス増額を意図的に操作して過少発表した安倍政権

2018年12月11日 | メディアからの引用記事


画像クリックで本文が開きます。

コメント

銀杏の並木や大木が濃く色づいています。  弥生美術館の「一条ゆかり展」。

2018年12月10日 | 東京ぶらぶら

縁者が用事があって東大の近くに行ったそうです。時間があったので東大構内をぶらぶらしたら見事な銀杏の木があったと送信してきました。

近くの弥生美術館で「一条ゆかり展」をやっていたので見てきたそうです。
「ちょうど、一条ゆかりさん(なんと岡山出身でした)の展示をしていたこともあり、行ってみたところ
どの原画も、緻密に書き込まれていて、素晴らしい作品ばかりで、見ごたえがありました。」


撮影者YN

一条ゆかり展  サイトより引用。
マンガ家のイメージを一転させたアクションコメディ『有閑倶楽部』は、世代も性別も超え大ヒットし、第10回講談社漫画賞を受賞。
2003年より2人の女性がオペラを通じて成長する姿を描いた『プライド』の連載の間は、緑内障と闘いながら迫力のあるストーリーをつくり上げ、
第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞を果たした。恋愛エッセイなども数多く出版し、ライフスタイルも注目されている。

 本展では、貴重な初期作品から代表作『デザイナー』『砂の城』『有閑倶楽部』『正しい恋愛のススメ』『プライド』などの原画を中心に展示。
第一線を走り続けた一条の約50年にわたる画業を紹介する。
Information
集英社デビュー50周年記念
~ドラマチック!ゴージャス!ハードボイルド!~
会期  2018年9月29日~12月24日
会場  弥生美術館
住所  東京都文京区弥生2-4-3

少女漫画界のトップを走り続けた女王・一条ゆかりの展覧会にて、初期作品から2000年代までの原画を中心に展示。一条ゆかり先生のトークショーも開催決定!

  • 集英社デビュー50周年記念 一条ゆかり 展~ドラマチック!ゴージャス!ハードボイルド!の画像1

    ▲「有閑倶楽部」レコードジャケット 原画 1984年
    (C)一条ゆかり/集英社

  • 集英社デビュー50周年記念 一条ゆかり 展~ドラマチック!ゴージャス!ハードボイルド!の画像2

    ▲「恋のめまい 愛の傷」『コーラス』1995年4月増刊 表紙 原画 (C)一条ゆかり/集英社

  • 集英社デビュー50周年記念 一条ゆかり 展~ドラマチック!ゴージャス!ハードボイルド!の画像3

    ▲「有閑倶楽部 PART14」『りぼん』1984年2月号 扉 (C)一条ゆかり/集英社

  • 集英社デビュー50周年記念 一条ゆかり 展~ドラマチック!ゴージャス!ハードボイルド!の画像4

    ▲「デザイナー」『りぼん』1974年12月号 扉
    (C)一条ゆかり/集英社

  • 集英社デビュー50周年記念 一条ゆかり 展~ドラマチック!ゴージャス!ハードボイルド!の画像5

    ▲「プライド」『コーラス』2007年4月号 扉
    (C)一条ゆかり/集英社

  • 集英社デビュー50周年記念 一条ゆかり 展~ドラマチック!ゴージャス!ハードボイルド!の画像6

    ▲「砂の城」『りぼん』1977年7月号 扉(部分)
    (C)一条ゆかり/集英社

 

コメント

町の蕎麦屋「満留賀ーまるかー」で天ざると蕎麦焼酎などを楽しんだ。

2018年12月10日 | 食べる飲む
12月某夜、しばらくザルそばを食べていないなあと4人で蕎麦屋に行きました。小4と5歳児は天ザルをおいしそうにたぐり、
あいかたは鴨せいろ、阿智胡地亭はそば焼酎のそば湯割りを天婦羅10種をアテに楽しみました。







相変わらず天婦羅のボリュームはたっぷりで、かき揚げ2個とエビ、イカの天婦羅を持ち帰りにして留守番役を喜ばせました。
店から歩いて帰る途中町のやはり小さなスーパーで野菜や牛乳を買って帰りました。
コメント

阿智胡地亭便り㊶ <#120 生意気と思われんようにせんとアカンよ>   こんな便りを2002年頃からメールで友人知人に発信した。

2018年12月10日 | 阿智胡地亭便り
 「#120 生意気と思われんようにせんとアカンよ」    2006.11.23作成、メルマガ発信。

日本では母親が小さい時から子供にこう言う。

「目上の人や先輩に可愛がられるようにしなさいよ、生意気と思われないように、目立たないようにしなさいよ」と。

最近はそんなことはないかも知れないが、私の子供の頃の世間の母親は、我が母親を含めてそう言って子供に

言い聞かせたのが普通のような気がする。

おそらく、この教えは徳川幕藩体制の江戸時代に生きた日本人から今に続く呪縛(ちょっと大げさ?)ではないだろうか。

 つまりは、上に対して従順でいささかも批判や、まして反逆、体制転覆を計るような心根の人間は作らないという強い
圧力だったのではないだろうか。

鎖国までして国民の行動の自由を制限し、我が一族の未来永劫の継続と安穏を図った徳川一族さんとその取り巻き連中は、
今の北朝鮮の金体制と全く変わらない。

 最近の民間企業で言えば、ダイエーや西武Gの晩年の中内さんや堤さんの支配体制下のやり方と同じだ。
 
☆アメリカの女子ゴルフの世界で長年頑張ってきた「小林浩美プロ」の次のような言葉を読んで上のようなことを思った。

日本選手と体つきが変わらない韓国勢がメジャーを制しているが、という質問に対して、彼女はこう答えている。

「国民性や社会環境の違いもある。韓国人はしっかり自己主張するなど米国人と似た面がある。

日本人は基本的に自己主張ができない。日本が、出る杭は打たれる社会だからだ。自分が目立つと引くところがある。

出るクイをどんどん伸ばす環境でないと世界での戦いは難しい」

うちの相方がワールドサッカーのテレビ中継を見ていて、「日本の選手のパス廻しは他の国より上手いね。

でも、ゴールに向かって蹴れば!と思うときにもどうして他の人にボールをまわしてしまうの?」と聞いたのも、

同じことを言ったのかも知れない。

「徳川家康の呪縛」はほぼ270年も続いたから、これを我々が脱するにはまだまだ時間がかかるかも。

しかし「シンジョウ」や「イチロー」や、「ヨーコ オノ」さん「山本容子」さんなどを筆頭とする女性軍の出現を見ると、

さすがの呪縛もほどけてきたのかも知れない。

コメント

逆さスカイツリーとユリカモメ

2018年12月09日 | 身辺あれこれ
幼稚園に送ってから亀戸中央公園に行く時には、ふれあい橋を渡ります。ふれあい橋から逆さスカイツリーが見えました。

欄干に沢山のユリカモメがいて近づいても逃げなかったそうです。








撮影者MM。
赤いくちばしと脚が目立つ
白色が鮮やかなカモメ

全長40cm。冬鳥として、全国の河、河口、湖沼、海岸に至る水辺に来ます。赤いくちばしと足がきれいな小型のカモメの仲間で、水上に群がる姿は白い花が一面に咲いたようです。在原業平や和泉式部の古歌に登場する都鳥(みやこどり)はこの鳥で、東京都の鳥に指定されています。江戸時代には考えられなかったウォーターフロントは、ユリカモメの目にどう映っているのでしょう。何でも食べるたくましさを持っていて、そういえば東京都のゴミ捨て場の新・夢の島にも、廃棄物をつつく姿が見られます。日本を去る4月中旬頃には、頭が黒い頭巾をかぶったようになります。カモメ類ではいちばん内陸にまで飛来する鳥で、海岸から数10キロも入った川岸の街や牧草地でエサをあさったりしています。「ギィー」とか「ギュゥーィ」と聞こえる声で鳴きます。日本には主にカムチャッカ半島から渡って来ることが、標識調査の結果からわかっています。引用元

Wikipediaから部分引用:
日本の古典文学に登場する「都鳥」は、現在の和名がミヤコドリ (Haematopus ostralegus) である鳥ではなく、ユリカモメを指すとする説が有力である。 その根拠として、『伊勢物語』の「九段 東下り」が示される。
なほゆきゆきて、武蔵の国と下つ総の国との中に、いと大きなる河あり。それをすみだ河といふ。(中略)さるをりしも、白き鳥の嘴と脚と赤き、しぎの大きさなる、水の上に遊びつつ魚を食ふ。京には見えぬ鳥なれば、みな人見知らず。渡しもりに問ひければ、「これなむ都鳥。」と言ふを聞きて、『名にし負はばいざこと問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと』とよめりければ、舟こぞりて泣きにけり。
このように、「都鳥」は「隅田川にいる鳥で、体が白く、嘴と脚が赤い、シギ程度の大きさ、魚を食べる水鳥」とされているが、この条件に当てはまる鳥としてはユリカモメが最も近い。そのため、「都鳥=ユリカモメ」と推定されている。なお、ミヤコドリは嘴と脚が赤いものの体色は黒(腹部を除く)であり、英語名(Oystercatcher)の通り、食性はカキなどの貝類を食べる。このように両者は異なる。
なお、現在の京都ではユリカモメは鴨川などで普通に見られるありふれた鳥であるが、鴨川に姿を見せるようになったのは、1974年のことである[5]。それ以前は「京には見えぬ鳥」であった
コメント

過去数百年に「例がない」速度で融解する グリーンランド氷床

2018年12月09日 | メディアからの引用記事

(CNN) グリーンランドの巨大な氷床には世界の海水面を約7メートル上昇させるだけの水が含まれているが、その氷は過去数百年に「例がない」速度で融解が進んでいる――。

そんな研究結果が6日の英科学誌ネイチャーに発表された。


画像クリックで本文が開きます。

コメント

John Coltrane - Blue Train

2018年12月09日 |  辛好のJukebox
John Coltrane - Blue Train
コメント

このところの昼食はやはり麺類とパン食が多い。

2018年12月08日 | ある日のランチ











コメント

来年のカレンダーに大喜び

2018年12月08日 | 身辺あれこれ
物心がついた時からずっと一年間一緒に過ごしてきたデイズニーのカレンダー。二人とも来年のカレンダーを大喜びで一枚一枚毎月の分を見ています。
ご配慮ありがとうございました。

コメント