阿智胡地亭のShot日乗

日乗は日記。あちこちでShootする写真日記。お遊びもあり。

夕飯の親子丼が旨かった

2019年01月24日 | ある日の肴/夕食
時々体重計に乗ってウェイトコントロールするとこういう夕飯になることも
コメント

明石市江井ヶ島の太陽酒造の試飲会に参加しました。 その3/全3回 【 7年前の今月のブログに掲載しました】

2019年01月24日 | あちこちうろうろ

新酒は当然よし、居酒屋風の料理あれこれも良し。試飲会の会場は元の精米場で飲む雰囲気にぴったり。
至福のひと時でありました。今回の集まりに入れて頂いたM社35年同期社中の皆様ありがとうございました。
また、声掛けをして頂いたU先輩ありがとうございました。













現在の日本酒の87%はアルコールが添加されているので海外では日本酒と認められていないそうです。
なぜ日本酒の価格にピンキリの幅があるかと言えば、アルコール添加の量次第で原価が変わるから。

太陽酒造は残りの13%の日本酒を造る純米酒メーカーであり、原料米の品質からすると全体の3.7%に入ると
社長自ら誇らしげにガイドしてくれました。

コメント

Tカード情報令状なく捜査に提供 規約明記せず、当局は保秘(共同通信

2019年01月24日 | メディアからの引用記事

一部引用・・・コンビニやレンタルショップなど、さまざまな店で買い物をするとポイントがたまるポイントカード最大手の一つ「Tカード」を展開する会社が、

氏名や電話番号といった会員情報のほか、購入履歴やレンタルビデオのタイトルなどを、裁判所の令状なしに捜査当局へ提供していることが20日、内部資料や捜査関係者への取材で分かった。

 


画像クリックで本文が開きます。

コメント

延長期間も一杯になった本を返して新たに予約本を受け取った

2019年01月23日 | 身辺あれこれ
最初の期間は2週間、延長は最大一カ月可能だがその間にほかの人から予約が入ると延長が効かない。往復で約2.5キロほどなので散歩にちょうどいいからいつもぶらぶら歩いていく。
 開架式の図書館は思わぬ本の発見があってありがたい。



コメント

明石市江井ヶ島の太陽酒造の試飲会に参加しました。 その2/全3回 【 7年前の今月のブログに掲載しました】

2019年01月23日 | あちこちうろうろ



ネットから借用














コメント

「自分が冤罪被害とは」事故1年後に逮捕の母 乳幼児揺さぶられ症候群(毎日新聞)

2019年01月23日 | メディアからの引用記事

一部引用・・・乳幼児を激しく揺さぶり頭部にけがをさせる「乳幼児揺さぶられ症候群(SBS)」を疑われ、逮捕直後に釈放されて不起訴になった女性がいる。

大阪府守口市の主婦、菅家良弥(かんけ・かずみ)さん(38)。生後7カ月の長男への傷害容疑での取り調べで、自白の強要や暴言も受けたという。

「自分が冤罪(えんざい)に巻き込まれるとは思ってもみなかった。虐待と決めつける捜査はやめてほしい」と訴えている。


画像クリックで本文が開きます

コメント

ジャズコンサートの後は錦糸町でタイ料理を

2019年01月22日 | 食べる飲む
荻窪で乗った電車を錦糸町でおりて信州蕎麦の「小松」へ向かった。店は予約客で塞がっていた。
止む無くもう一つ寄ってみようと前から調べていたタイ料理の「タイランド」へ向かった。
 幸い二人席が空いていた。昼はタイ料理の食材を販売するのがメインのようだが夜はタイ料理のレストランになる。
もちろん食材や調味料はタイから輸入したものでシェフもタイ人だ。
場所は北口から6,7分というところにあった。家族ずれや女性らのグループに男の単独客ですぐ満席になった。















 今はタイに仕事や旅行で行く人も多いので現地の味を求める日本人の常連客がついているようだった。


コメント

明石市江井ヶ島の太陽酒造の試飲会に参加しました。 その1/全3回 【 7年前の今月のブログに掲載しました】

2019年01月22日 | あちこちうろうろ

明石市江井ヶ島に「太陽酒造」という小さな小さな酒造会社があります。従業員は社長夫婦と勤務6年目の若衆一人。
千石蔵で一升瓶を年に10万本作る能力はありますが、純米酒の最高級品だけをつくるため、材料米の山田錦の質量からのしばりもあって
生産量を押さえているとのことでした。試飲したのは澄んだ上澄みと白く濁ったふなくちの2種類。あっさりしているのにコクがあって
確かに別物の日本酒でした。










コメント

縄文人の意外な真実、「1日4時間労働」で現代人より豊かな生活

2019年01月22日 | メディアからの引用記事


画像クリックで本文が開きます。

コメント

アーティスト ムムリクさんが 4年前の今朝亡くなった。

2019年01月21日 | 船橋社中
すてきなアーティストでした。大切な人でした。
       ムムリクさんのHPの最新掲載ページ(2015年1月2日)から引用。




 
コメント (2)

アーチスト「ムムリク」さんを偲ぶ

2019年01月21日 | 船橋社中

今日はムムリクさんの祥月命日です。

2017年01月21日 | ゲストルーム
2015年2月2日掲載。ムムリクさんは2015年1月21日に旅立たれました。
 
ムムリクさんへの最後のメール。でも今も日々メールが来るのを待っている自分。
         2014/12/21 18:06、
人間万歳のムムリクさん こんばんわ。
 船橋の姐さんが撮影したガーコの写真をブログに掲載したことで
姐さんとやりとりするなかで、ムムリクさんのことに触れたら
姐さんから、これはムムリクさんに転送すべしというお言葉が・・。
 姐さんに従順な辛好ですので転送します。
(転送したメール)→ 「On 2014/12/21, at 13:39,
サンタ姐さま
ムムリクさんの去年今年は身近な方々とのお別れが続きました。
目の前のことにまっすぐ向かっていく生き方のムムリクさんだから
受け止めて対応出来たのだと思います。
 それでも心中は本当にしんどいと思います。とても真似はできません。
 ムムさんの笑顔を見ると、なんだかあの世もこの世も超越した人のような・・・、
しかも現生を精一杯楽しんで・・・
 今度お会いしたら手を合わせてナマステと言ってしまうかもしれません。
「電話でお話ししましたが ムムさんはとても、元気で明るかったです」と伺い本当に嬉しいです。辛好」引用終わり。
   ☆ このメールに対してムムリクさんから折り返しすぐに返信を頂きました。大切なメールになってしまいました。
そしてムムリクさんには1月27日のお別れの場でナマステと言うしかありませんでした。でもムムリクさんは間違いなく
彼岸と此岸を超越して「今も在る」ことを感じます。

 2013年12月1日京都法然院にて。
 
2017年07月17日 | 音楽・絵画・映画・文芸
fujifotosの特別掲載サイトはこちらです。これらの作品はサイトから一部引用しました。


ムムリク絵画館が宮城県大崎市に開館しました! 伊藤館長からのお知らせ

2016年03月01日 | 音楽・絵画・映画・文芸


<ムムリク絵画館のご案内!>
場所:宮城県大崎市田尻町
古民家と蔵に手を入れて、ムムリク作品をたくさん展示しています。
お越しいただく際の詳細につきましては下記のメールフォーム(伊藤宛て)にてご連絡ください。
ご来館、お待ちしております!










ボクたちも待ってるワン!
遊びにきてニャア!
観覧希望の連絡はこちらから。
コメント (1)

記者クラブと官僚のズブズブ関係 「情報がゆがめられている」のが基本

2019年01月21日 | メディアからの引用記事

一部引用・・・ 2018年11月、朝日新書より佐藤優さんが『官僚の掟 競争なき「特権階級」の実態』を、津田大介さんが『情報戦争を生き抜く 武器としてのメディアリテラシー』を上梓。それを記念した対談イベント「情報戦争の黒幕~その視線の先に迫る」が開催された(2018年12月9日)。同イベントでは、“情報”を専門的に分析する両者が、外交の力関係からマスコミと官僚の癒着、沖縄に関する問題まで、幅広い話題を闊達に論議。その一部を紹介する。


画像クリックで本文が開きます。

コメント

ビッグバンドジャズと鈴木直樹さんの演奏に感動しました。

2019年01月20日 | 東京ぶらぶら
荻窪の杉並公会堂へ初めて行きました。演奏しやすそうな、そして聞きやすい気持ちのいいホールでした。



バンドのメンバーは一人一人が燃えていました。今の日本では
このような大編成でのジャズの演奏の機会が少ないのだそうです。
 鈴木直樹さんの繊細だけど大胆、そして美しい音色にあいかたともども
うたれました。胸がいっぱいになりながら演奏を楽しみました。
途中であいかたに言いました。「鈴木さんとムムリクさんは
似ている。なにごとも手を抜かず、一生懸命うちこむところが」
 きっと天才同士で通じ合うところがあったのでしょうね。
ジャズのライブ演奏は西宮市にある兵庫県立芸術文化センターには時々
夫婦で行っていましたが今回の機会はジャズに触れる久しぶりのことでした。

やはり時に非日常の時空に身体を置くのは大きな刺激になります。
Kさんあらためて素晴らしい機会を与えて頂いたことに御礼を申し上げます。







コメント

鈴懸の径 / クラリネット 鈴木直樹_Naoki Suzuki

2019年01月20日 | 音楽・絵画・映画・文芸
鈴懸の径 / クラリネット 鈴木直樹_Naoki Suzuki
コメント

石鎚神社の初詣と一鶴の骨付き鶏   その3

2019年01月20日 | 新居浜便り
四国は新居浜市の住人Iさんのツアーエッセイその3完です。Iさん、今年も投稿まちよるけんよしなにね。⇒
【一鶴】に行きました。
ランチに立寄ったが待ち時間が約1時間と聞いたので、高松の墓参りの帰りに夕食で寄る
ことにした。駐車場は約100台、収容座席約382席、と大型店舗です。
この日は3連休でもあり約3000人が食事に訪れたと店の人から聞いた。

午後5時過ぎに再び「一鶴」に来た。 まだ40分~50分待ちだったが仕方なく
今度は待つことにした。


厨房はこの倍の広さがありスタッフの皆さんはフル稼働でした


人気があるのはスパイスの効いた焼き方にノウハウがあるのでしょうね。
小学生も美味そうにかぶりついてた。

小生はとり飯にした。 錦糸卵がのってとても上品で美味しい。




とり皮の澄まし汁も絶品

相方はおにぎりにした。 もちろんキャベツや旨いお新香もついている。

美味しい食べ方もイラストで教えてくれる。


この店は喫煙と禁煙の部屋が完全に分離させ配慮されているので家族連れの人気も高い。 
足が不自由なら椅子にしてれるし子供連れの場合は畳敷きを配慮してくれる。

午後7時過ぎに食事を終え帰るころにもまだ長い行列があり人気度がわかる。

24日を楽しみにして待っちょるけんね!!  浜の雀鬼より。
◎Iさん、今年も早々の初詣画像投稿ありがとうございました。後期高齢者の免許更新も怠りなく今年も
縦横のドライブエッセイを楽しみにしよりますで。

コメント