阿智胡地亭のShot日乗

日乗は日記。あちこちでShootする写真日記。お遊びもあり。

原宿の画廊で「富田まり水彩画展」を楽しんだ。

2018年04月21日 | 東京ぶらぶら
原宿の画廊「Gallary Concept 21」の富田まりさんの個展に先輩のⅯさんから先日飲んでいるとき誘われました。もう一人Tさんにも声をかけて3人で原宿駅で落ち合って個展に行きました。暖かい絵でした。そして何となく英国風のひそやかなユーモアも感じて楽しかった。お出かけをお勧めします。

この絵はwebから引用しました。





原宿駅の表参道口で待ち合わせした。表参道の大群衆には面喰らった。日本中からと世界各地から若い人が集まっているのを実感した。
 
富田まりさんとはご主人が阿智胡地亭が元勤務していた会社時代からの知人というご縁がある。
 ギャラリーを出た後3人は渋谷まで歩いて阿吽の呼吸で飲み会に消えていった(笑)。行動を共にしたお二人は九州の出身だが、阿智胡地亭も小学校入学が当時の若松市二島(現北九州市若松区二島)で5年ほど九州にいた。阿智胡地亭が勝手に名付けた今回の「九州倶楽部」もこれから時々開催されるかも知れない。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

MILONGA  アルゼンチンタンゴ 

2018年04月21日 | ゲストルーム
MILONGA is a kind of Tango,and means a place to play Tango.哀愁の香りが演奏の中から立ち上ってきます。

ミロンガはアルゼンチン、ウルグアイ、およびブラジル南部の音楽のジャンル、およびその音楽によって踊られるダンスの形式で、
またタンゴが踊られる場所を示す単語でもあります。
 この演奏の背景の風景はクロアチアのドゥブロヴニクです。
演奏者の本庄さんの言葉:
ドブロブニクは私が見たどの世界遺産よりも美しさがギュッと詰まった感じの都市でした。
第二次世界対戦とそれに次ぐ独立戦争では、80パーセントが壊滅的に破壊され、一度は世界遺産の指定から外されたのです。
私の動画を見ると建物の屋根瓦が、赤色の濃いい部分と白っぽい部分があるのに気付くでしょう。濃い部分は屋根瓦が壊滅的被害を受けたので立て直した部分です。
勿論沢山の人的被害がありました。旧ソ連の爪痕です。
いかに沢山の被害を受け、またそれを立て直した人々の芸術に対する情熱がいかなるものかを感じることができます。
日本の阪神大震災からの復興と比べると、国土が壊滅されることを分かっていて戦った人々の国というものに対する考え方と、芸術に対する情熱のあり方の違いが明確に分かります。
戦争とは、そういう一面をもつものです。
私たちが世界に旅行するのは単なる楽しみだけではなく、こうした世界の人間の有りようを感じるためかと思っています。そのため、私たちは、自然遺産には、あまり行きません。文化遺産を集中的に見て回っています。ドブロブニクは、その典型です。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

両国で神戸の同じ町内にも住んだことのある友人と飲んだ。

2018年04月20日 | 食べる飲む
同じ会社に勤務していたM山さんが国分寺から勝どきに引越したと前に連絡を貰っていた。会って飲むことになった。彼は地下鉄の大江戸線で両国まで一本で来れる。阿智胡地亭は最寄り駅から8分乗車すると両国駅だ。二人は両国駅の東口で会うことにした。👆
まずは西口を出たところにある「えどNOREN」の立飲みの「東京商店」からスタート。テーブル席でゆっくり飲めた



最後までお互い全く違う営業部門で来た彼は東京から大阪に転勤になった時に大阪支社で阿智胡地亭と知り合った。後で知ったのだが彼はその当時の神戸の借り上げ社宅が阿智胡地亭の家の町内にあった。次は両国の蕎麦屋として有名な「ほそ川」へ。ランチタイムは外に人が並ぶがこの夜は誰もいなかった。

お互いに近況を話し合っているうちに、ある建築家にお互いに縁があることがわかって二人とものけぞるほどに驚いた。こんな体験は二度とないだろうと思う。
 元の勤務先の知り合いでおそらく一番近いところに住むことになったM山さんとは今後月に一回飲むことになりそうだ。

ミシュランでも星が付いた店らしく蕎麦は普通においしかった。一回くらいそういう店を経験しておいてもいいかと二人で入ってみることにした店だ(笑)。

 蕎麦屋の一合の酒では飲み足らず、もう一合は高過ぎるのでもう一軒ぶらぶら両国の街を歩いて探すことになった。
ホルモン焼の赤提灯が見えたので入ってみた。



大根の漬物が珍しかった。

煮込みも旨かった。

結果的においしくてコスパのいい店で芋焼酎のお湯割りも2杯楽しんで店を出た。

二人にはいろんな縁や共通点があることも今回初めて分かった。そんな人ともすぐ近くで飲み会の例会が持てるようでありがたいことだ。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花水木と藤が美しい

2018年04月20日 | 花・草・木・生き物
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京駅北口の都営バスの停留所から錦糸町駅前行に乗ってみた。

2018年04月19日 | 関東ぶらぶら
こんな路線があるのは知らなかった。どんなルートを走るのか好奇心に駆られて乗ってみた。





ずっと窓の外を観ていた。新来者にはどこと言ってそれぞれの特徴があるように見えない街並みをバスは走る。まさにこの路線のどこかに73年前、5歳だった友人は家族とすんでいた。一晩で10万人の一般町民の虐殺を焼夷弾絨毯爆撃(クリック)という戦法を編み出したアメリカ軍が実行した場所だ。彼らはアメリカの砂漠で日本の下町の家屋のモデルタウンを作り効率の良い焼夷弾の落とし方を何度も実験してから日本各地で実行に及んだという。友人は縁故疎開していて命は助かったが、大きな履物屋をやっていた両親はついに焼死体も見つからなかった。彼は戦後、妹さんと二人、戦災孤児として生きるしかなかった。

こういうルートを走る。時間表を見ると43分乗ることになる、

錦糸町についてバス停から駅前まで歩くと「野菊の墓」を書いた伊藤左千夫が経営していた牧舎の記念碑があった。



墨東病院は駅の南口から歩くのでこれまで北口には随分前にきたことがあるだけだった。北口と南口では別の駅かとみまがう街並みだ。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「きこんしゃ トーマス」がいた!

2018年04月19日 | びっくり画像・映像


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グッピーはますます元気!メダカとシャンツアイも!

2018年04月19日 | 花・草・木・生き物

17日のシャンツアイ

18日のシャンツアイ

一匹で暮らすメダカ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫という生き物は何事にも必ず解決策を考え出す!

2018年04月19日 | びっくり画像・映像
Cats always find a way \ Разошлись
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東京駅は長かった工事が終わって『煉瓦造り』の落ち着いたたたずまいを見せていた。

2018年04月18日 | 関東ぶらぶら
同窓の集まりがお開きになってぶらぶら東京駅まで歩いた。途中にも沢山の外国人がいて写真を撮っていた。東京駅は首都の駅としての静かな威厳を醸し出していた。明治安田ビルから東京駅まで歩いた道なりの撮影順に掲載。
















コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

春の野生タレント・札幌のフキノトウは我が家の食卓に何役も出演!

2018年04月18日 | ある日の肴/夕食

スパゲッティのトッピングに。👆
 みそ汁にフキノトウを刻んで散らした。

 サバの味噌煮にも

 カレーのトッピングにも春の香りが漂う。CKKさんおいしく頂いています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春の土用がやってきました。食事の内容も変えたほうが良いです。ブログ「薬屋のおやじのボヤキ」から

2018年04月18日 | ゲストルーム


 

青文字をクリックすると本文にリンクします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

17日の水耕栽培キットのシャンツアイ

2018年04月18日 | 花・草・木・生き物
水を替えて肥料を入れました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

丸の内のビル地下街で同窓会

2018年04月17日 | 食べる飲む
丸の内の三菱村のビル街の街路樹は若葉が芽生えていて綺麗だった。





お堀端の明治安田ビルの地下にある店に11:30、6人の仲間が集まった。企画してくれた幹事役が元NYK勤務でこのあたりは
彼が現役時代に通勤した場所だ。店はみんなも迷うことなく行ける場所という事でこの店を選んでくれた。確かに迷わず行けた。





個室で十分喋って食べて飲んだ。

往時稲葉襄先生の下で工業経営を学んだ11人の学生がいた。社会人となって11人は各地に散ったが定年後5人が関東に落ち着いた。今回阿智胡地亭が関東に引越したので歓迎会を企画してくれた。ありがたいことだ。これで関西圏より関東圏の方が人数が多くなった。関東圏にいる6人は一人が富山県、もう一人は香川県、4人は神戸出身だ。それぞれが身体の不具合を抱えながらもこうして集まって2時間半ほど近況を語り合えるのはありがたい。これからも時々会おうと言いあって散会した。次は下関から7月に姪御さんの結婚式のために上京する友人を迎えて7月にまた集まることになるだろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

4月15日の水耕栽培キットのシャンツアイ

2018年04月17日 | 花・草・木・生き物
成育は順調です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶりにネパール・インド料理を楽しんだ。

2018年04月16日 | 食べる飲む
前からこの街に住んでいる家族から美味しかったよと聞いていたネパールインド料理の店でランチにした。

あいかたはレデイーズセット、私はお勧めセットをオーダー。カレーの辛さは5段階から選べる。



カレーは2種類選べる。サラダと飲み物(我々はチャイを所望)がついてそれぞれ850円と900円。
インド料理の時はいつも頼むジントニックは350円だった。ありがたい。きっちりと手抜きなく料理しているので出てくるまで少し時間がかかったが文句のない旨さだった。

家から歩いて10分ほどで来れるし、メニューを見ると酒のつまみになる料理も多数あるので今度は夜来ようと思う。
神戸で食べてからネパール人が作る本場のカレーは一年ぶりくらい?かもしれない。久しぶりに願いが実現して満足だった。聞くと店名は「親友」という意味だそうだ。コックもホール係もネパールの人だった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加