阿智胡地亭のShot日乗

日乗は日記。あちこちでShootする写真日記。お遊びもあり。

レイクルイーズ   カナダあちこち・その12

2007年01月31日 | イタリア/カナダ旅行
2003年10月11日、大氷原を見たあとレイクルイーズへ移動して宿泊しました。部屋から目の前に湖が見えましたが、朝起きると一面、雪景色になっているのには驚きました。(画面中央左に黄色く写っているのは部屋のスタンドの光です。)
ホテルに着いた夕方、湖畔を散歩しました。

翌朝は部屋から雪景色を楽しみました。
コメント (3)

昨日の夕焼け

2007年01月31日 | 身辺あれこれ
今年の神戸市の一月月間平均気温は観測史上で一番高かったそうです。気のせいか夕焼けの空も暖かそうです。
コメント

ひさしぶりに中之島を歩きました。

2007年01月29日 | 大阪ぶらぶら
神戸の造船所を出たあと、夜、友人たちとの飲み会があるので大阪へ出ました。神戸から大阪まで新快速に乗れば25分ほどですから、電車に乗っている時間は、東京で言えば神田から新宿へ移動するくらいのものです。飲み会までに時間があったので、通算16年間勤務地だった淀屋橋で散髪をして、久しぶりに中之島(クリック)の「大阪市立東洋陶器美術館」(クリック)に入りました。
企画展は朝鮮の「梅瓶」をやっていました。その展示室に入ると、韓国のご婦人が3人熱心に一つ一つを鑑賞していました。韓国の工芸品を韓国語のBGMを聞きながら見るなんて偶然ながら楽しいなと思いました。

この美術館はもとの「安宅コレクション」を収蔵品の核としている日本でも有数の東洋陶器専門美術館ですが、市立のお陰でワンコイン500円で入場出来るのもありがたいことです。4,5百年前の制作者たちの作品から放射されるエネルギーを受けて、館を出るときは、美術館を出るときはいつものことながら今回もぐったり疲れました。
外に出ると水上バスが橋の下を通りました。



美術館の前は中央公会堂で、

その隣は府立中之島図書館ですがこの図書館の画像は、行きに淀屋橋の上から撮ったショットです。
コメント (3)

ばら積運搬船(Bulk Carrier)“NORD LEADER”の進水式

2007年01月28日 | 神戸ぶらぶら
上は割れた瞬間のシャンパン。下は船首に取り付けられた支綱がカットされる寸前のシャンパンボトル。

割れた後の状態。

1月26日。神戸の川崎造船で、総トン数:約31,000トン、載貨重量:約55,000トン、全長:約189.9m、船級:日本海事協会の「ばら積み運搬船」が進水しました。船主は日本の船会社ですが、デンマークの会社が傭船社らしく、駐日デンマーク大使夫人が支綱をカットしました。

進水式の見学はこれで4回目になりますがいつも心が躍ります。この日は晴天で穏やかな日和のなか、人間が作った大きな鉄鋼構造物が静かに滑り出し、海に浮かぶのを見てあらためて感激しました。

特に今回はその昔、ドックサイトの造船用クレーンを納入した会社の営業担当だったH・Tさんも同行し、二人で長く苦しかった造船不況の時代を話したりして、お互い感無量でした。
今回は4度目の正直で、ナイフで支綱がカットされシャンパンが割れる瞬間を、撮影することが出来たのも嬉しいことでした。
見学にあたってまたまたお世話になったHalimaoさん、有り難うございました。

注)ばら積運搬船とは穀物や石炭、鉄鉱石など、荷姿がばらばらで一定していない貨物を積む船のことを言います。

2月3日追記
トラックバックの欄の「進水式に行ってきました」をクリックしてください。
式台からこの進水式を見学した方の多数の画像と船が進水していく
動画を見る事が出来ます。
コメント (8)   トラックバック (1)

東海道線の終点神戸駅とモザイク

2007年01月27日 | 神戸ぶらぶら
26日JR神戸駅から歩いて15分の川崎造船で「ばら積運搬船」の命名式を見学しました。
命名式を撮るためにカメラを持っていたので、神戸駅で前から気になっていた東海道線の終点と山陽本線の起点を表す駅標を撮影しました。

横浜駅の周辺が一新されたように、倉庫と造船所しかなかった神戸駅の浜側周辺はハーバーランドやモザイクと言う名前がつけられ、20年前とは別の街に変わりました。
こちらは山側から見た神戸駅の正面です。新橋駅や京都駅前でも見かけたペルー人?の街頭楽団が哀愁を帯びた南米の音楽を奏でていました。


モザイク周辺のショットです。




コメント (2)

上野・11月中旬・不忍池

2007年01月25日 | 東京ぶらぶら
昨年11月の中旬に不忍池の横を通りました。上野公園から御徒町まで歩いた時のことです。一面の蓮の群生が枯れた葉をつけた茎を直立させていました。







コメント (2)   トラックバック (1)

小雪の金閣寺

2007年01月24日 | ゲストルーム
昔大阪の職場でご一緒した先輩がもう長年写真の腕を磨かれています。昨年の2月に京都を探訪された時の一枚を拝借しました。今年の関西は暖冬ですが、昨年は京都や神戸でも結構降雪がありました。吹田市にお住まいのH・Tさん有り難うございました。また是非作品を送信してください。
コメント (1)

コロンビア大氷原   カナダあちこち・その11

2007年01月22日 | イタリア/カナダ旅行
コロンビア大氷原の下は実際に氷がゆっくりと流れている「氷河」だそうです。
表現のしようがない深くて蒼い色はここだけのものだろうと思いました。







コメント (3)

イヌバウアー再び

2007年01月19日 | 身辺あれこれ
体のコリをほぐすのか?かなりの時間じっとこの格好のままでいます。前にいたタローは一度もこの格好をするのを見た事がないので不思議でしょうがありません。
コメント (2)

飛行船が飛んだ

2007年01月18日 | 身辺あれこれ
家の窓の外をふと見たら飛行船が移動していました。船体に何の記載も無く何のために飛んでいるのかわかりませんでした。もしかすると12年前の17日と比較のための航空写真を撮影していたのかもしれません。

ところで、あの震災後の数ヶ月間、取材のために低空を毎日毎日傍若無人に飛び回った新聞社や放送局の飛行機のことを思い出しました。早朝から夕方まで何機も何機も轟音をとどろかせ、その音と振動で壁が崩れるかと思うほどでした。病人や怪我人には耐えられないだろうと思いました。「こいつらは下で暮らしている災害地の人間のことなど何も考えていない」と思いました。新聞社の経営者がどんなにええかっこうを言っても、いざと言うときにマスコミ業界の本性というのは出るもんです。
コメント

「私の阪神大震災の個人的体験」

2007年01月16日 | メディアからの引用記事
記事はこちらにあります。
コメント

コロンビア大氷原へ   カナダあちこち・その10

2007年01月14日 | イタリア/カナダ旅行
2003年10月11日晴れ/雪
ホテルを出てクロウフット氷河やスノーバード氷河を車窓から見ながらアイスフィールドセンターで乗り合いバスに乗り換えました。中継地でバスをおりて雪上車に乗り換えてコロンビア大氷原に行きました。もうあと数日で今シーズンの観光はクローズと言うぎりぎりに間に合いました。

カラーフィルムの撮影でしたが、零度以下の温度でモノクロのようになっています。




バンフの町に開拓時代からの伝統のカナダ騎馬警官の像がありました。
コメント (3)

ムムリクさんのART日記ご紹介

2007年01月12日 | 音楽・絵画・映画・文芸
画家のムムリクさんが「ムムリクのART日記」を12月24日から書かれています。

ムムリクさんのHP(クリック)から入ってください。

こんな素晴らしい絵をぞくぞくWEB上で見てもいいのかなあと恐ろしくもあり、また嬉しくなります。
コメント

冬の陽を受けて

2007年01月12日 | 花・草・木・生き物
冬スミレの花はムラサキの色が濃くなり、蝋梅も黄色が、

そしてもう一つ咲いたアロエの紅い色も濃くなりました。
コメント

京浜急行の夕方のダイヤ

2007年01月10日 | 東京ぶらぶら
長らくお世話になった大切な先輩が急に亡くなられ、千葉県南柏の告別式に参列しました。式場で久しぶりにお会いした旧知の方々とも別れ、亡くなったOさんとのほぼ40年近い年月を思い返しながら品川駅経由羽田空港に向かいました。朝の東京への交通手段は多少遅れても欠航はない新幹線にし、夕方の帰神は羽田・神戸空港間の普通チケット1万円に惹かれてスカイマークを選択しました。京浜急行のホームに分単位で入構する電車を見て、おもわず掲示板を見上げ、ラッシュの緊密なダイヤ構成に驚きました。いったんことがあれば平常ダイヤに戻すのは神技でないと出来ないのでは?

JR側の品川駅コンコースでは商売上手のJR東海が物産展をやってました。JR各社が固定資産税を優遇してもらい、本来は国民共有の構内でいろんな商売するのを見るのは民業を圧迫していて愉快なものではありません。
 
コメント (3)