「Jerry's Mash」のアナログ人で悪いか! ~夕刊 ハード・パンチBLUES~

コダワリの専門店「Jerry's」代表&編集長「MASH」と「ハードパンチ編集部」による「痛快!WEBマガジン」

笑っちゃうよな!「ストーンズの花火大会」だってよ!

2022-05-13 14:23:34 | 編集長「MASH」の新コラム「Mashからの遺言」

まず
「随分更新しなかったじゃない!」
と読者様は言われることでしょう・・・。

実は腕を故障していてね・・・
右肩から肘前まで、今も痛めているのさ。
そのセイで
スマートフォンもPCも扱うことが難しくて・・・。
ただ、最近はサポーターのお陰で
徐々に生活は出来る様になってきたんだよ。

とは言え、前にも述べたとおり
それほど書く必要性を感じているワケではなく
今後もマイペースになるとは思うんだ。
実際「日々ヤルコト」は山ほどあるし
車で移動している時間も多いから、
書く時間も取り難いんだよね。

でも、今日は書くよ!だって
「ストーンズの花火大会が開催される!」
って、信じられない「新聞のCM記事」
を見たからなのさ!

おいおい(笑)!
なんでも
「ストーンズ60周年を花火で祝う」
って、もうワケ分からない企画・・・。

ストーンズの曲に合わせ
「1時間ほど1万4千発の花火が上がる」
んだってさ。ちなみに
S席7700円
A席6600円
何なんだろうね?

俺は皆さんご存知のとおり
「相当なストーンズ好き」
だと思うけれど、
こーいう便乗企画は好きじゃぁ無いな。
「花火を見ながら酒飲んでストーンズソングス!」
そんなアホばかり集めてどーすんのよ!
全く見当違いもイイトコロさ。

そもそもストーンズの音楽って
この国じゃぁ誰も聴いてないでしょ?
聴いているヤツよりも、
Tシャツを着ているヤツの方が多い!
わけでさぁ。
まあ、その辺りを狙って考えたコトだろうけれど。

俺は何度も言うけれど
本当のストーンズ好きと遭ったことって
数度(数人)しか無い・・・
やっぱり楽器ヤル奴だよね。
じゃぁなきゃ、よく分からないでしょ?
彼らの音って。

なんでもメンバーも公認企画らしく
コメントも出しているあたりが
いよいよ「本格的にブルースを感じる」のよ(苦笑)。
チャーリー亡き後、まさか、こーなるとはね・・・。

まあ、行きたい人は行けばいいけれどさ(笑)。
俺は絶対に行きゃしないよ!

《 編集長「MASH」筆 》
ご意見・ご感想・記事投稿は編集部まで!
https://hardp.crayonsite.com/


今すぐ君も、タバコと酒を、辞めちゃえ!

2022-04-23 14:13:03 | 編集長「MASH」の新コラム「Mashからの遺言」

アルコールを絶ってから
少なくとも10年くらいになる。

そもそもこの断酒って
テニスでの第一歩が
「飲んだ翌日には出ない」
ってのを体験してから…
なんだよね。

コレは飲んだ量に関係無く
少しでもアルコールが入ると
人間の身体は鈍くなる…
テニスでは
「半歩の遅れが致命傷になる」
から、分かり易いんだ。

一方、サッカーやフットサル
もちろん野球などだと
なかなか気づかないもんだろうね。

とにかくフレッシュに保つ基本は
タバコも酒も辞めるコトさ!
だって老化は日々毎時間…
凄いスピードで進むわけだからね!

《 編集長「MASH」筆 》


土曜、日曜は『ビートルズ研究』!と、なると平日は?勿論、『他のミュージシャン研究』ですよ!

2022-04-15 11:25:02 | 編集長「MASH」の新コラム「Mashからの遺言」

最近全く記事が書けないでいる…。
と言うか、今の俺では
「金土日曜日にのみupする!」
という事でも、相当「手いっぱい」
なのよね(苦笑)。

タイトル通り
土曜日と日曜日は
べったりと「ビートルズ研究」
に時間を当てているので、
もう気付いたら夜…
って感じでね。

とにかく
「食事させをも忘れるくらい没頭しちゃう」
そんなコトってビートルズだけだから、
まあ良い時間には違い無いんだよ(笑)。

では
「何を研究しているのか?」
と言えば
大量にコレクトしている
「ビートルズ・レコード」
が有る!

そのサウンドチェックから
データベースの作成まで…
ホント、多岐に渡るライフワークを
エンジョイしながらヤっているのさ!

ビートルズってまあ長く見ても
10年という活動期間なワケで、
その全てがレジェンドストーリーであり
もう「歴史的研究対象」だと思っていてさ、
ソレを盤で解き明かして行く!

コレこそ、もう俺にとっては
「至福の時間」なんですよ!
まあ同じ「ビートルマニア」の方々なら
分かって頂けると思いますがね!

という事で最近では
「別宅のビートルズ部屋」
で過ごす時間も増え
オンオフの切り替えを
「この別宅に行く」という事で
上手く出来ている感覚ですね。

一方、平日は
「他のミュージシャン」に切り替えて
やっぱりレコード盤を聴いているのよね。

とは言え、60年代以降の盤って
ほぼ全てが
「ビートルズの影響下で生まれている」
ワケだから、継続作業の様に
1週間が過ぎて行く…。

で、気付いたら
「もう1週間経っちまった…」
というのが昨今の俺さ(笑)。
まあレコード盤に埋もれているって話!
だよなぁ(笑)。

という感じなので、
しばらく本紙記事のupは
金曜日
土曜日
日曜日
の3日間と致します!

「ビートルズ研究」の合間に取る…
そんな休憩時に書く予定でおりますが、
勿論「土曜日版」には
「編集部員の人気連載」
が有るので、
俺の記事は当分のところ
「金曜日」と「社説」のみ…
となります。

まあ豊富なバックナンバーは日々読まれ
俺の書いている内容ってのも
「ずっと同じ」
だから、これくらいで丁度良いかもね。

じゃあ、ソーいうことで
今後とも、よろしく!

《編集長「MASH」筆》

 

 


いよいよ「ポルシェ・ボクスター」を手放しました!次のオーナーは誰だ?

2022-04-08 13:15:31 | 編集長「MASH」の新コラム「Mashからの遺言」

いよいよ「ポルシェ・ボクスター」を手放しました!次のオーナーは誰だ?

先日
「BMWを手放した」
という記事を書いた。

コロナで自動車に乗る機会が減って
特に遠出もドライブも激減でしょ?
だったら
「宝の持ち腐れ!」
もイイトコロだからね。

と言うことで
「ポルシェボクスター」
を手放す事にしたんだ!
そして新しいオーナーは
そう!スターマン☆アルチ!

「スポーツカーに乗りたい!」
と言う彼に
「じゃあ、ポルシェだろ!」
って具合で話が進んでね(笑)。

年明けすぐに譲っているので
今は「春のドライブ」を楽しんでいる頃!
イイものはイイのさ!

さあ君も
「男ならモノホンで楽しめ!」
いつまでも本気だから人生面白いのさ!

《 編集長「MASH」筆 》


今、MASHは「書けない」のか?それとも「書かない」のか?どっちなんだ?

2022-03-30 13:57:02 | 編集長「MASH」の新コラム「Mashからの遺言」

さて、久しく筆を取らずにいた。
そんな俺、MASHだが
その理由は勿論いくつかあるんだ。
ただ、少しイライラしている…
ってのも理由なのよね(苦笑)。

長引く
「プーチンの戦争」
もそうだが
「オミクロンのリバウンド確実」
ってのも先日書いたでしょ?
もう書くことが無いのよ(苦笑)。

特に後者の方は
いつも繰り返す国内のお話で、
もうアホ臭いでしょ?

だって
「老人は死ね!」
って話だぜ!
だから自民党は嫌なのさ。

それに奴らは
「過去の日本の過ち」

「無かった事にしよう」
としているだろ?

全くどうかしているぜ…。

というわけで
「書けない」
よりも
「書かない」
という感じだよね。
「書きたくない!」
って気持ちだな。

こうも適当な社会だと
「日々書く意味も感じなくなる」
ってもんさ…。

「アキラメたらアカン!」
って?
分かってるぜ!(笑)
でも
「この国に対するアキラメ」
って今に始まったワケじゃあないだろ?

この国に生まれ
この国で育った…
だけれど
日々、心は離れていく…

仕方ないコトさ!
そーいう国なんだからさ。

《 編集長「MASH」筆 》

 


君が言いたいコトって「ギターに囲まれて生きる!」って話しだろ?

2022-03-18 13:17:01 | 編集長「MASH」の新コラム「Mashからの遺言」

徐々に明らかにするけれど、
写真でお分かりの様に
この様なスペースになって来た。

結局のところ
「俺は俺のヤレるコトを死ぬまでヤル!」
って所に落ち着いたんだね!

この様なスペースを作り上げる為
今は日々ギターをチェックして、
「とある場所へと移動」
させている。

この写真は移動先であり、
これこそが新拠点
「ジェリーズ seaside」
に他ならない!

まだまだコレら
(写真のギターたち)

「Myコレクションの1/3にも満たない数」
だから、今後もしばらく運び込みが続き
本紙の記事は滞るコトでしょう…

申し訳ないが、
「身体はひとつしかない」
のでね…(苦笑)

俺が人生のメインとしているコトって
「結局は音楽」だから、
まあ本紙も俺の記事に関しては
元の「ハードパンチブルース」
に戻ったってワケだね。

コロナを書き
戦争を書き
生き方や考え方を書き…
それでも世の中は
急に良くなるワケじゃあ無い。

俺は今まで
「ライブにコダワッテ生きて来た」
そこでの経験から
「ダイレクトに伝えてこそ変わる可能性がある」
コトも知っているからね。
まあ元に戻るだけだよ!

Get back!
ってトコさ。

《 ジェリーズ・シーサイド MASH筆 》


見れば分かるだろ?そう!ココは「ジェリーズ」なのさ!

2022-03-14 14:05:40 | 編集長「MASH」の新コラム「Mashからの遺言」

先日触りだけお伝えした
「I’m back!」
はもう読んでくれたかな?

しばらく活動を休止してた俺だけれど
もう黙っちゃいられないんだ!
この
「長引くコロナ」
を尻目に
「MASHROOM」
を改造中というコトさ!

見てくれよ!
「このカウンター」
に無造作に置かれた
「溢れんばかりの45回転盤」
を!

コレぞ場所は違えど
「ジェリーズが戻って来た」
って感じだろ?

YES!
そうさ!
戻って来るんだよ!
「ジェリーズを復活させる」
んだ!

その為に
「俺は戻って来た!」
ってワケ!

おっと、
これ以上はまだ言えないけれど
「まだまだ続くコロナ禍」
を十分に意識し、考えた末の復活…

徐々に明らかにするけれど
ココから新しいジェリーズが始まる…
というコトだけはお伝えしておくぜ!

《ジェリーズ代表 MASH》

* レア・レコード
* セレクト・ヴィンテージ・ギター
Vintage Shop
「Jerry's Seaside 」
http://jwc.crayonsite.com


3・11に聴く「イマジン」… ウクライナを想いながら

2022-03-11 12:39:12 | 編集長「MASH」の新コラム「Mashからの遺言」

震災が起きた
「3・11」
この日で全てが変わった人は多い…
勿論、俺もその一人だ。

今一度
『愛と平和が大切』
と悟った日であり
これで
「この国も変わるしか無い!」
と思わされたものだ。

しかしアレから11年…
「政治の腐敗」はより加速し
この国に住む人々に明るさは無い…。
「原発政策も自民党は維持し続ける」
始末だからね。

俺もこの11年間
「様々な思い」
で生きて来た。
「生活や状況の変化」
は誰もが当たり前だ。

しかし何度も書いて来たが
「過去は変わらない」
起こってしまった「震災」から
「今ウクライナで起きている事」
まで『愛と平和が大切』だと知り
行動することが重要だ。

今日は『イマジン』を聴く…
ウクライナを想い
震災による犠牲者達を想い
聴く。

love & peace!

《編集長「MASH」筆》


何度目かの「I´m back!」 さあ、用意はイイかい?

2022-03-07 14:49:26 | 編集長「MASH」の新コラム「Mashからの遺言」

「いっちょやったろか!」
昨夜急にそんな気になってね!
珍しく
「興奮して眠れなかった」
くらいさ!
そう!見ての通り(笑)。

思えば「ジェリーズ」名義
そしてあの様な実店舗での
対面営業(物販)を開始して19年…
まあ見た目がBarってのは
「知ってる人は知ってるお話」
だからね(笑)。

今俺がメインでヤってる事は
「副編集長ハウリンメガネ」

新しく連載を始める
「スターマン」
との熱いレコード談義!

そして、それに伴う
「レコード整理とレコードトレード!」
しかも昨夜は
「スターマンとの談義」

「副編集長との編集会議」
なんかが重なってね。

するとなんだが、急に
「ヤルしかないか!」となって
アイデアを寝床でも練り出す始末…
そして今朝から
「熱海の別宅へ向かい、大改造に着手した」
という次第!

どうだい?
勿論、見たことあるだろ?
「このカウンタースタイル」
をさ!

そう!
「俺は戻って来たぜ!」
この
「ウクライナ情勢」

「まだまだ長く続くコロナ禍」
を切り抜け、
「皆んなで前へ進む」
為にね!

見てくれよ!


「リビングにはミニ・ドラムセット」
まで置いちまったぜ!

結構のところ
「俺は何も変わらないし、変われない」
んだよ(笑)。

まずは
「ハードパンチ編集部の編集会議」だ!
そしてその後は…
ok!野郎ども!用意はイイかい?

《 編集長「MASH」筆 》


今こそ「The Who」というロックバンドの盤を回す!「My Generation」などなど…

2022-03-02 15:50:01 | 編集長「MASH」の新コラム「Mashからの遺言」

「ビートルズ以外で好きなレコードは?」
と聞かれると
実際、困ってしまうんだよね。

もう何十年も
「ロック盤を繰り返し聴く」
というサイクルを
「仕事でコナシテ来た」
でしょ?

だから
「今の俺にはそう多くはないんだよ…」
な〜んて答えるんだけど
コレは好きなんだよね!
そう!
The Who「My Generation」
(1965年発売のデビューアルバム)

メイン写真では
「UKリシュー盤」
を持つ俺だけれど
もちろんオリジナルがイイに決まっていて、
この辺は新企画↓

https://blog.goo.ne.jp/12mash/e/9dbbca3f3a60c65d99365d62d0c0901c

で語るとして、とにかく
「衝動に駆られた様に聴く」
時が多々あるんだ。

特に今の
「ウクライナ情勢が悪化」
してからは、よく回しているね。

この
「ロシアへのモヤモヤとした怒り」
を体現した様な若さ溢れる
「強力フー・サウンド」
で俺の怒りも爆発だ!

ふと考えると、
何枚かのザ・フー盤は
この様な有事に向いているのかもしれない…

例えば「Who’s next 」もそうだね。
純粋にイイ盤だし、バンドのアレンジも
とても良く練られていて素晴らしい!
今でも好きなレコードだよ!

言うまでもないがこの盤も
オックスとキース・ムーンによる
「抜群に息の合ったリズム隊のカラミ」
を軸に、ピートのギター、ロジャーの歌、
そして隠し味のピアノ…
「随分と成長したロックサウンド」
を聴かせてくれる。

フーの楽曲はシンプルながら
個々の良さが混ざった結果
ビートルズにもストーンズにも、
そして、もちろんキンクスにも無い…
そんな
「魅力溢れるサウンドによる良い盤」
を何枚か出していて有り難い限り。

しかし
「コンポーザーとしてのピート」
って実際は
「もっと評価されるべき人」
だと思うのだけれどね…

盤で言えば
「トミー」「四重人格」
という大作2枚は
「作家ピート」の絶頂期で
その信じられない仕事も
過小評価されていると感じるよ(苦笑)。

まあ、いずれにせよ
「この4枚を聴いてなきゃ人生損している!」
と言える盤には違いねえゼ!

《 編集長「MASH」筆 》


ロシア国民は悪くない!悪いのは「核をチラつかせる」チンピラ男「プーチン」ただ1人!今日も「ウクライナの無事」を祈る…

2022-02-26 19:48:26 | 編集長「MASH」の新コラム「Mashからの遺言」

本来なら本日は
ハウリンメガネとの対談
「マシュメガネの日」
だったんだけれど、
「戦争でそんな気分じゃあない…」
って意見で一致してね。

だってそうだろ?
「ロシア軍がウクライナの首都キエフに迫って来ている…」
って報道だぜ!

しかし国際社会がこうも
「ウクライナを助けられない」
とはね…。
皆んなガッカリだし、
当然、俺だって相当失望しているよ。

ここで大切にしたいコトは
「ロシア国民に罪は無い!」
ってコト!

皆んなもニュースで聞いただろ?
ロシア国内の各地で
「ロシア国民による戦争反対デモ
が起こって当局に拘束されている…」
って。

もう昔のロシアじゃないんだよ!
世界的なロシアのアスリートなんかは
「戦争反対への声明」
を発表しているくらいさ。

そう!悪いのは
「本当にプーチンと側近だけ」
なんだよ…。
ロシア軍だってヤリたくないはずさ。
「誰も戦争なんて望んじゃいない」よ!

当のプーチンは
「核まで公言して西側を脅して来た」
でしょ?
力で圧力を掛けるなんて
ホント、許せないワルだぜ!

日本の自民党や維新にも複数人居るけれど
「古いイデオロギーで侵略を正当化するヤリクチ」
って許せないんだよ!
都合よく歴史を改ざんしたりさ!

しかし、そんな
「気狂いじみた芸風」
を、こうも止められないとは…
全く危険な世の中になったもんだよ。

実際ロシアは日本とも近いし
「日本だって安全ではない」
んだって、思い知らされたよね…

ただ、こーいう国が居ると
「日本にはアメリカの核の傘が必要」
だって思わされてしまう…
コレも残念なことさ。

「核廃絶」
と言っていた矢先に
「核で脅す国が有る」
コトに衝撃を受け、
同時に恐怖をも感じるんだ…。

でも決して、屈してはいけない!
何も出来ないけれど、とにかく
「世界中でウクライナの無事を祈ろう!」
「思いをひとつにして、祈ろう!」

《 編集長「MASH」筆》


何も出来ない俺たち… 今は「ウクライナの為に祈る」ことだ…

2022-02-25 15:31:03 | 編集長「MASH」の新コラム「Mashからの遺言」

マッタク… 世の中が嫌になって来るゼ!
「平和が脅かされている日々」
を俺たちの世代が生きる事になるなんて…。

何も手につかず
毎時間「ウクライナ」を想う…
俺たちに出来るコトは
「ウクライナを想い祈る」
コトくらい…
コレって苦しいよな。

今回、俺の
「見立てが甘かった…」
とは思う。この2週間ウクライナ情勢を書いたけれど
まさか
「プーチンが攻め込むとは思ってもみなかった…」
から、ショックと失望は大きく
日々失望感が増すばかりなんだ…。

編集部でも
副編集長の「ハウリンメガネ」
実に懐疑的だったんだよ。
「プーチンが無能な悪党じゃなきゃイイが…」
って言っていたくらいだから…。

それでも俺は希望的観測も有ったが
「奴はそんな馬鹿じゃあないだろう?」
と思っていたんだ。

今や
「民間人の死者も出始めている」
とニュースで流れている…
悔しいし、残念でならない。
何とかしなきゃならん!
でも何を?

戦いは何も生まない…
でも西側の制裁だけでプーチンが止まるか?
答えはノーだ!

「世界情勢は歴史上最悪の危機」
に向かっている…。
「ひとりの無能な悪党」
のセイで。

《 編集長「MASH」筆》


ロシアが「ウクライナへの攻撃を開始」した…コレで「ウクライナ情勢」は窮地に立たされた!俺たちは、どうすればいい?

2022-02-24 19:04:01 | 編集長「MASH」の新コラム「Mashからの遺言」

今から約1時間前に
「ロシアによるウクライナへの攻撃が開始された」
との一報が
「ロシア通信社」
「ウクライナ外相」
「ウクライナ大統領」
「ロイター通信」
などから次々と出された…。

どうやら
「首都キエフでも爆発音が聞こえた…」
との情報をCNNがもたらし
「キエフでも何らかの攻撃が有った」
模様だ。

ロシアからの声明では
「民間人を脅かすものではない…」
だと?
ふざけるな!

この2020年代にもなって
「暴力で他を抑圧する」
なんて
「本当に馬鹿げている行動」
で、俺たちはコレを許してはならない!
断固として止めなければならない!

ロシアによる
「この一方的な戦争へのシナリオ」

「世界は黙って見過ごすわけにはいかない!」
ただ、どうすればいいのか…?

「NATOなどによる力での対抗」
は多数の死者が出るだけでなく
「世界中で信じられないくらい甚大なダメージが出る」
のは明らかだ。

ちなみに我が国では
「国会(参議院予算委員会)の真最中」
に事が起こり、質問に立ったばかりの
立民「蓮舫議員」

「政府は国家安全保障会議をやらないでいいの?」
と岸田さんに促し、
ようやく動いた日本政府…。
危機管理は大丈夫なのか?(苦笑)

現地ウクライナは朝…
「とにかく無事であって欲しい…」
今は、それだけを願うしかない。
悔しいよ!

《 編集長「MASH」筆》


戦争間際の今だからこそ知ろう!現在の「ウクライナ情勢」と「今後の戦争回避」への望み…は有るのか?

2022-02-22 20:36:19 | 編集長「MASH」の新コラム「Mashからの遺言」

「音楽記事を望んでいる読者」
も居るだろうが、
今日も「ウクライナ」について書く。

さて、21日になって
「ロシアが新しい動きに出た」
のだが、ご存知どろうか?

おっと、
その前に「前回の記事」にて
「ウクライナ情勢の基本」
を知っておいて欲しい!
【5分で読めるウクライナ情勢の過去と今】↓

https://blog.goo.ne.jp/12mash/e/ca791366d3007b303d385ccc26d13e95

読んで頂いたものと考えて
話を先に進める。

昨日、上記記事で説明した
「2つの国際的未承認国」
(国際的にはウクライナ領土)
に対して、
ロシアのプーチン大統領が一方的に
「独立国家として承認する大統領令に署名した」
というものだ!

「国際的にはウクライナ領土」
としている、この
「ロシア派のドンバス地区」
を、強引に承認することにより
「この地域で以前から出入りする
ロシア軍の駐留を正当化しよう」
と動き出したと見える…。

コレは間違い無く
「ウクライナ侵攻への足掛かり」
と考えられるのだが、勿論
「国際法に対する違反」
でもある。

今まで
「様々な情報戦を繰り広げて来たロシア」
だが、ここ数日は中立に見ても
「アメリカから出る情報が正しく、
先回りをしてロシアの戦略を暴露して来た」
と言えるだろう。

専門家や本紙でも
「この米露の情報戦」
には惑わされ、
「ロシアからの情報」
にも耳を傾けて来たけれど
どうやら世界には
「ロシアを良く見せ、侵攻しないと思わせる」
戦略だった様だね。

数日前からロシアは急に
「不穏な言動に出だし、どうやら
アメリカの情報通りになりそう…」
なんだよ。つまり
「数日以内にロシアはウクライナ侵攻を始める…」
というヤツ。

そこで発表された
「最後の望み」

「米露の首脳会談開催へ原則合意」
というヤツだ!
しかし、ココで
アメリカのバイデン大統領は
ロシアが言ってきた事に対し、
先手を打ったのだ!

「ウクライナへの侵攻をしない!
とロシアが約束するのなら首脳会談に応じる」

(2/23現在バイデン大統領は応じられないと発言)

コレはもう知恵比べである。
世界からすれば
実に理にかなっており、
「ウクライナへ侵攻する意図は無い」
と再三言って来たプーチン大統領への
「先制パンチ」
となった形なのよね!

当面の関心は
「ロシアのプーチン大統領がどう出るか」
によるのだが、
「自国経済の低迷をナショナリズムで補う…」
なんて馬鹿げたコトを
2022年にもなってやってたらダメだよねぇ…。

例え、侵攻して
「一時的に国民から人気が出たとしても
そんなのは長続きしない」
ハズだし、結局は
「経済の回復が無ければ人気は出ない!」
ワケよ!
「岸田さんも覚えておくべき」
だと思うぜ(笑)!

「民が貧しい」

「政治が不安定となる」
そして、そのシワ寄せで
「変なリーダーが居ると
国際情勢まで乱れちまう…」
ってのが
「今起こっているコト」
なんだよねぇ。

小さなコトで言えば
「民が貧しい」

「街は荒れ、犯罪も増える」

コレ、どこの国も同じなのさ!
ねっ、岸田さん!

《 編集長「MASH」筆》


この「ウクライナ情勢」で、あなたは「アメリカ」と「ロシア」その「どちらを信じる」のかな?

2022-02-17 18:09:13 | 編集長「MASH」の新コラム「Mashからの遺言」

この「ウクライナ情勢」で、あなたは「アメリカ」と「ロシア」その「どちらを信じる」のかな?

いきなり怪しいタイトルだが、
今日はこの「ウクライナ情勢」を
フェアーに見てみようと思うんだ。

と言うのも、
日曜日にも書いたけれど
「アメリカの動きも怪しく見える…」
からなんだよねぇ。

そこで前々回の記事でお話した
「天然ガス供給」
の話もそうだが、
実は今回、危機感を煽っているのって
「アメリカ政府発の報道」
って気がしてならないんだよ!

冷静な「ロシア側の報道」よりも
世界を駆け巡るのって
「アメリカから発信されたものが大半」
なワケで、
「ロシアに情報戦を仕掛けている…」
まあ分かりやすく言えば
「ロシアを悪い国に見せる作戦」
なんじゃないか?
と専門家は見ているんだよね。

特にココ日本では
「アメリカを信用しがち…」
でしょ?でも
「天然ガスをヨーロッパに融通してくれ!」
と日本に言うアメリカ政府って
ハッキリ言ってセコイぜ!

またソイツを断れない日本も
「相当ショボイ」
んだけれど(苦笑)。
この辺りから
「ちょっと俺は中立で見よう」
と思ったワケなんだよ。

で、日々流れるニュースを聞くと
アメリカとロシアで真逆でしょ?
そして残念ながら現時点で
「戦争を駆り立てている様に聞こえるのはアメリカ」
なんだよね…。

「ロシアは撤退を口にし、アメリカはロシア軍の集結を口にする…」
一見
「ロシアが嘘をついている様に見える」
けれど、実際は誰もわからないんだよ。

唯一巻き込まれている当事国
「ウクライナ国民と政府」
だけが知っているんじゃないかね?
しかし彼らの発信力は
「大国が出す情報に消されている…」
そんな状態の様に思うよ。

このインターネットによる
高速情報時代を
「安易に信じる人も多い」
様だけれど、逆に俺は
「何を信じてイイのか分からない…だから疑おう!」
っていつも思うよ(苦笑)。

まあ俺はネットもテレビも見ないし
勿論ソーいうのを信用していないのさ!

本紙編集部では
「いくつもの新聞記事や専門書、専門家の意見を
様々な角度から読み解き、色々な解釈を加え
ソレらをマトメ上げ、記事にしている」
だからこそ
メジャーな大手情報紙とは切り口が違うワケよ!

兎にも角にも
「今回のウクライナ情勢が平和的に解決する」
コトを本紙では願うだけだ。

そうだろ?みんな!

追伸:この記事を書いた数日後の本日2/22現在では「この記事を書いた時点でのロシア報道」が「巧妙なウクライナ侵攻へのシナリオ」だという「アメリカ情報こそが正解」だと見られており、本紙でもそう考えております。

《 編集長「MASH」筆》