ぼやかせていただいております。

常識的十戒

2008年11月25日 03時37分38秒 | Weblog
The Definition of Morality
When “morality” refers to the codes of conduct of different societies, the features that are essential are that morality is a code of conduct that is put forward by a society and that it is used as a guide to behavior by the members of that society.

中立的・記述的な意味では、

倫理的規範とは、社会によって受け入れられ、行動の指導原理になっている行為規律

である。
もっとも、
People who are members of that society and also members of the religious group, might differ with regard to the guide that they accept. They are likely to regard the guide they accept as the true morality.

 例えば、宗教組織に属する人は、社会の倫理的規範とは異なる規範をもっており、その意味では、
 
“morality” refers to a guide to behavior put forward by some group other than a society, for example, a religious group.

 倫理的規範とは、グループによって受け入れられている行動規律である、

ただ、
A natural outcome of these problems is to switch attention from groups to individuals. If what is important is what code of conduct people accept, and members of a group do not always accept the same code of conduct, then why be concerned with groups at all?

当該グループ内でも、個人によって規範が異なる場合もあるから、それならば、むしろ、個人に焦点をあてて、

 倫理的規範とは、特定の個人によって受け入れられている行動規律である、

と考えた方がいい場合もある。
 以上の用法はしかし、必ずしも、当該個人が採用・是認している倫理的規範とは限らない。その意味で、価値中立的であるが、こうしなさい、こうすべきですよ、という、自分も是認し、かつ、みんなにも是認してもらいたい、規範的な意味で、用法になると、

“morality” is taken to mean that guide to behavior that is regarded by an individual as overriding and that he wants to be universally adopted.

 倫理的規範とは、特定の個人が、もっとも重要と思い、理性的な人なら誰でも採用してもらいたい、と願っている行動規律

ということになる。

 
Some contemporary consequentialists claim that morality requires doing that act that would result in the best overall consequences. Others claim that morality requires following that rule that would result in the best overall consequences if everyone followed or accepted it. Since different consequentialists differ in their views about what consequences count as best, consequentialism does not provide a guide to conduct such that everyone knows what kinds of actions morality prohibits, requires, discourages, encourages, and allows.

功利主義者などは、倫理規範がある行為や規則が最良の帰結をもたらすことを唱道するが、しかし、なにが、最良の帰結なのか、一致をみていない。

Morality versus Slogans魚拓

また、
Philosophers tend to distinguish facts from values and claim that we all agree on the facts and disagree on the values. In my experience, the exact opposite is true. We all agree on our values and disagree about the facts. If you look carefully and precisely at what are presented as examples of moral disagreements, I think your own experience will confirm this claim. Take the example of Star Wars vs. Disarmament. Is there any disagreement in values? Does one side want to blow-up the world and the other side save it? Of course not. Everyone wants to save the world. One side thinks that Star Wars will save it, the other side thinks that disarmament will save it. They disagree about the probable consequences of different courses of action, or what the facts of the case are. They all have the same values--namely avoiding the death and destruction that will accompany any nuclear exchange.

事実認定や事実があったとして、そこからいかなる帰結が生じるかに関して、一致しないことから、倫理的問題に関する紛争が生じる場合がある。

 しかし、理性的な人なら誰でも是認する倫理規範というものがある、と著者は考える。それは、
Do not Kill
Do not Cause Pain
Do not Disable
Do not Deprive of Freedom
Do not Deprive of Pleasure.
Don't Deceive
Keep Your Promise
Don't Cheat
Obey the Law
Do Your Duty

殺すな・苦しめるな・能力を奪うな・自由を奪うな・喜びを奪うな・約束は守れ
騙すな・法に従え・義務を守れ、だという。

 この逆が善であるが、

 
All disagreement about goods and evils is disagreement on the way we rank the evils and goods, it is never disagreement on whether something counts as a good or as an evil. When we do cost-benefit analysis there is not disagreement on whether something counts as a cost or as a benefit.

 これらの善悪の優劣の付け方や、利益衡量で不一致することはあるものの、こうしたことが善(利益)であり、悪(害)であることは誰もが同意する、だろう、という。

 これらは、理性的な人なら、採用して理不尽ではない、倫理的指導原理であるーーと。


 これらはもちろん絶対的なものではない。原則を破る正当な理由があれば、例外は許される。そして、例外は、
when one would be willing to publicly allow everyone in the same circumstances, to break that rule.

同じ状況で他の人みんなが、そうしてもよい、ときに正当化される。例えば、正当防衛などの場合が該当する。

 
 
A reason is a conscious belief that you or someone else will avoid suffering an evil, or will gain a good. So, if you are acting rationally you wouldn't want to suffer any of the items on the list of evils unless you or someone else is going to avoid one of these evils or gain some good.

倫理的理由とは、人が、こうした害悪を避ける、という意識的な思考過程である。また、
However, the English concept of morality is more completely secular and almost all who distinguish morality from religion regard morality as governing only that behavior that directly or indirectly affects others.the definition of morality

「倫理」をマスターベーションを禁じたり、同性愛を禁じるような個人の内心や個人(のみ)の規律の問題にするドイツ語的用法もあるが、それは宗教的用法に起源をもっており、英語圏では、他人に影響のある行為についての規律のみが倫理として括られる。


According to Gert, rationality does not require morality, however, it does require that we avoid harming ourselves without a reason. Therefore, a rational person would not cause his own pain unless it were for a reason, for example, to cure a disease. Even a masochist causes pain for a reason, presumably for pleasure. Thus, no rational being seeks to harm himself for its own sake.

Certain things represent objects of irrational desire, for example, death, pain, and disability. We arrive at moral rules by extending these objects of irrational desire to others. Rationality, alone, does not require this. However, if we adopt the principle of impartiality, whereby we apply the rules without regard to who gains or loses, we extend these prohibitions to others. This results in rules such as do not kill, do not cause pain, do not disable, and so forth.Bernard Gert(wiki)

 しがって、自分を痛めつけるということは一見、理不尽に見えるが、しかし、他の成果のためにやる、というのなら、理不尽ではない。また、仮に、何の理由もなくそうしたら、理不尽ではあるが、
For Gert to harm oneself for no good reason is irrational, but not immoral. review

反倫理的ではない。


 もっとも、理性的であるからといって、倫理規範が論理的帰結されるわけでもない。
in a conflict between morality and self-interest it cannot be rationally required to act morallyBernard Gert, Common Morality:Reviewed by Philip Stratton-Lake,魚拓


 自分の利益を優先しても理不尽ではないが、公平であるべきという原理を採用したとき、倫理的規範を是認することが論理的要求される。

 著者によれば、
We saw above that for Gert one acts irrationally (in the objective sense) if one knowingly harms oneself for no good reason. On this I think he is right, but I think that one can act irrationally in other ways also. It seems to me that people act irrationally whenever they act contrary to how they think they ought to act, irrespective of whether they harm themselves, or believe they will harm themselves, in doing so. Their actions are irrational because they fail to act as they believe they should.

If this is right, then sometimes it will be irrational to fail to act morally, and at other times it will be irrational to act morally. Immoral actions will be irrational when one does them believing that one ought to act as morality requires. Similarly, moral actions will be irrational when the agent believes that she ought to act immorally. If this is right, morality is not justified in Gert's sense. It is not justified because moral action is sometimes irrational.review

何の理由もなく自害行為に及ぶのは理不尽であるが、しかし、それ以外に、すべきでないと思いながらするといった、理不尽な行為もある。したがって、

道義が命ずることをすべきだと思って反道徳的な行為をするのは、理不尽であり、
反道徳的な行為をすべきだと思って道徳的な行為をするのも理不尽である。

とすれば、

道義に適った行為をしないのは理不尽であり、

道義に適った行為をするのが理不尽なこともある、

というのが、書評を書いた論者の主張である。

 他にも面白い論点があるが、著者の文体は非常に明晰であり、面白い。倫理的相対主義との違いをもう少しつめて考えてもみたいが、時間がない。

 因みに、sisakuさんは、「殺すな」のキリスト教における十戒の一つが日本では意味をなさない、というが、かなり過激な見解ではないだろうか?キリスト教国では多くの殺戮があり、しかも、忘却され、あるいは、神や道義の名の下に「正当化」されてきたが、その一方、日本の場合はそうではなく、「殺すな」という規律そのものが意味をなさない("Thou Shalt Not Kill" has no meaning.)というのだから、キリスト教文化圏の異教に対する「他者」視というは、インテリの間でさえも、いかにも強いものなんだなあ、と改めて驚嘆した次第である。。

 
関連投稿
道義的観点と美的観点
義務の根拠
国家












 。
 




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 外国人旅行客、不安なのか、... | トップ | 気のせいか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む