ぼやかせていただいております。

といった1231

2010年12月31日 14時54分08秒 | Weblog

空・海から奇襲…中国軍が離島上陸計画 領土交渉に圧力(1/2ページ)朝日

2010年12月30日


【北京=峯村健司】中国軍が、東南アジア諸国連合(ASEAN)の国々と領有権をめぐって対立する南シナ海で、他国が実効支配する離島に上陸し、奪取する作戦計画を内部で立てていることがわかった。管轄する広州軍区関係者が明らかにした。現時点で実行に移す可能性は低いが、策定には、圧倒的な軍事力を誇示することで外交交渉を優位に運ぶ狙いがあるとみられる。



中国原潜、第1列島線突破 日米警戒網の穴を突く 宮古-与那国間を通過か (1/2ページ)
2010.12.31 産経 


【主張】中国漁業監視船 強力な対抗策が急がれる
2010.12.31 産経



中国の漁業監視船は、ただの監視船ではない。11月下旬に確認された2隻のうちの1隻はヘリ搭載型の最新鋭監視船で、シートの下に機銃を隠している。東シナ海ガス田付近に姿を見せる海洋調査・監視船とともに、中国海軍と密接に連携している。
 中国は、東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国と領有権を争う南シナ海の西沙(パラセル)諸島や南沙(スプラトリー)諸島付近にも、しばしば漁業監視船を出動させている。



朝日が警戒し始めているのは大きい。



リアリズムと防衛を学ぶ
2010-12-30
自衛隊の対中国シフトと、その裏側の事情


2010-12-20
経済で戦争は防げるか――『The Costs of Conflict』

生き残り以外にも、時として経済より大事なものは主権、何らかの原則や理念、権力、プライドなど色々あります。また、不合理な判断が行われることもあります。とはいえ、ここでは最も分かりやすいであろう例として、生き残りのために経済的に損をしても開戦するケースをあげました。


ということで、経済的相互深化だかでは十分ではない。



障害児教育 「共に学ぶ」環境作りは可能か(12月31日付・読売社説)

中央教育審議会の特別委員会は今月、現行の枠組みを維持する方向で意見を集約した。

 教育条件が大きく改善されない中で、個々の子どもの障害の状態などを考慮せずに同じ場で学ばせることは、「適切に教育を受ける機会を平等に与えることにはならない」との理由からだ。

 現行の専門的教育に対するニーズは高い。特別支援学校などの在籍者数は増え続け、教室が不足するところも出ている。

 一方、インクルーシブ教育導入による教室の学習環境の変化を懸念する教育関係者の声もある。

 その導入の適否については、現行の障害児教育を着実に充実させる中で、慎重に議論したい。

(2010年12月31日01時16分 読売新聞

ということで、ここは慎重な議論、及び個々のケースに応じた柔軟な対応を、といったところ。



Tuesday night at Hudson Lounge turns sour: Patrons claim racism


BY CAROLINE GALLAY
12.29.10 | 06:12 pm

Once again there's conflict on Robinhood, but this time it's not between condo neighbors and Hans Bier Haus. Instead, Hudson Lounge found itself in the center of a storm of controversy.

After accusations first popped up on Twitter that the trendy Rice Village bar closed early Tuesday night on account of an unwelcome, primarily black, clientele, the war of words spun onto Facebook and the bar's Yelp entry.

Patrons claim that a primarily African-American crowd of young professionals gathered for a holiday party that was supposed to last until 2 a.m. when the bar unexpectedly shut down at 11 p.m. and HPD officers were called to disperse the remaining crowd.

Sharon McLaughlin, who attended the party, said in an e-mail that "It was not a rowdy crowd, nor was there any unusual behavior or activity that would give us or management cause for concern. Everyone was mingling and having cocktails. The bar was quite busy and full. We purchased drinks at approximately 10:55 p.m. and were told by the bartender that it was last call and that they were closing at 11 p.m. The lights came on at 11 p.m. and they stopped serving and asked everyone to leave."

The lounge maintains that although the website lists a Tuesday 2 a.m. closing, normal protocol is to close the bar at midnight. Hudson spokesperson Caroline LeBlanc says the website is being redone, and it's unfortunate the correct hours weren't listed.

Hudson also maintains the party wasn't a private event, but rather a patron called early to ask if the bar could handle 25 to 30 friends. When around 150 came, Hudson found itself understaffed and began last call at 11 p.m. in an effort to have everyone out by their midnight closing time.

"We feel awful, but we feel justified in following normal protocol," LeBlanc tells CultureMap. "Maybe that wasn't the right thing to do, but there was no discriminatory intent."

"I am not a racist," Hudson Lounge owner Adam Kliebert says


BY CAROLINE GALLAY
12.30.10 |


As for complaints that the bar, like many in town, screens patrons, Kliebert said "My bar has a dress code. I have my own friends who are white and they don't get in ― they call me the next day and are upset and they're my friends in the bar. I don't care what color you are, we have a strict dress code. I don't want just anyone coming in off the street. If I wanted that, I'd have opened a beer joint."


”黒人”客が大勢来たので店を閉めてしまった、と。オウナーの側は人種差別が理由ではない、と。
(外国人お断り)


 あからさまなwhites only の看板は減少したものの、”洗練”された手法での、”黒人”お断り事件など20年以上前から報道されているのである。
 母国でも新聞を読まない、日本でも新聞を読まない、それでいて、欧米至上主義の偏見をもつ、一部の欧米人や特派員が有道チックなセンセーショナリズムに感動して、扇動されるのであろう。


ロシアトゥデイ


LA rebel artists defy attempts at censorship

Published: 31 December, 2010


 かつて米国に追放された画家David Siqueiros が再評価されている、と。


Nowadays, the youth of Los Angeles are getting great inspiration from the strong images painted by David Siqueiros. Artists like Ernesto Yerena who is making a name for himself in L.A. With his images and his activism, he hopes to open the eyes of Americans to what he sees as an attack on Latino communities and the working class. “The working class white people are being fed that all these Mexicans are taking your stuff… no no. The people taking your stuff are the same people taking everyone else’s stuff,” said Yerena. But Yerena’s original artwork has a much bolder political message.

“I’m talking about white capitalist imperialism. If you’re not part of the 5 percent that kind of run the country or that own the banks that own all the corporations that just pay the politicians then I’m not talking about you. If you’re working class white folk then you’re on my team,” said Yerena. Friends like Rage Against the Machine front man Zach de la Rocha opened Yerena’s eyes to injustices.

“The people that had to go in (military) for economic purposes or because they were lied to, they’re victims of imperialism… It’s not the rich people that are part of the Army it’s the poor kids,” said Yerena. While Yerena tries to provoke action with his art, Siqueiro’s family still thinks artists and activists need to do more. “They’re not radical enough,” said Anna Siqueiros. “Now we have to be radical. We have to be radical in our thinking,” she added.


貧困”白人”とマイノリティーが共闘して”白人”帝国主義者と戦おう、と。
日本でも似たようなことやっている少数派学生はいまだにいるようですね。




US shopaholics – The devil really does wear Prada
permalink email story to a friend print version
Published: 30 December


Hot styles and new “must-have” items of the fashion world change as fast as the seasons but one thing that never goes out of style in the U.S. is shopping. “America is the birthplace of modern consumerism,” said the author of “The Looting of America” Les Leopold. Nowhere else in the world do people buy more than in America. There are officially more shopping malls in the U.S. than high schools. “If I didn’t spend all that money on sunglasses, I could probably save for college”, said one young shopper in New York to RT.


Reverend Billy says a credit card exorcism on the entire nation is what can cure America. “15 million Americans are addicted to shopping, but many more than the 15 million shop too much”, said the anti-consumerist activist who set up The Church of Life after Shopping. Reverend Billy’s main life mission is to chase away the shopping devil – by putting on acts in churches and shopping malls around the country. The purpose of the exaggerations is to make Americans see their flaws. “Consumerism – it’s a church. It’s a fundamentalist church. It’s like the roman-catholic church in the fourteen hundreds”, the man explains.


米国は消費主義は行きすぎである、と。
 


Fuck The Police - NWA

JPのコメント欄のリンクのリンクにあった。
 Police brutality.
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日本関連ベスト10ブログ???

2010年12月30日 23時25分35秒 | Weblog
 六本木のスカイプラネタに行ってきたが、期待外れだった。帰り道ちょっと寒かった。疲れた。

Unknown (秋)
2010-12-30 17:41:35


http://www.cnngo.com/tokyo/life/best-english-language-blog-2010-530780
CNNが英語の日本関連サイトベストテンなるものを紹介してましたが、痛すぎるサイトばかりで頭が痛くなりました。


ということでちょっとのぞいてみる。
Japan's best English language blogs of 2010
Gaijin blog perspectives on Dai Nippon range from humorous to raunchy to all business
By Tomohiro Osaki and Robert Michael Poole 30 December, 2010



1. Green-Eyed Geisha

さらさらとみると、まあ、普通のブログではないだろうか?

2. Lost in Translation
これも普通。ただ、

“December and the holidays in Japan DO NOT feel like Christmas at all, no matter how many tacky Christmas decorations I see and Christmas songs I hear everywhere I go. Sorry Japan, but you just cannot do Christmas...”

引用をここで止めたのは、次の文章をみると疑問が残る。


and to be fair, why would they have to, since it's a Christian holiday. I've had a very hard time getting into the whole holiday spirit this time around, as it's so warm and sunny, and to me, Christmas requires snow.


3. The Salaryman The Yakuza The Host Boy

Sample entry: “Sorry”

“We had sex last weekend. At first I said it was too soon, trying to explain why but he didn’t fully understand me. He just said 'Okay' and parted my legs ...”


日本で性を堪能する西洋の女性といったところか?


4. Tokyo Moe


So ladies, after you’ve visited the blog, ask yourselves -- do you still find the Japanese boys’ flamboyant coiffures yucky? Maybe it’s finally time to let the nonsense fade into a myth.


ところが、Listed as one of CNNgo’s top 10 Japan blogs in English
Posted on December 30, 2010 by tokyo moe

“So ladies” is how CNNgo addresses my readers. I welcome female readers but don’t think that’s the total of my readers. Hello?! Isn’t it 100% clear that I am a queer guy?! Haha on CNNgo for reflecting Japan’s inability to see gayness no matter how flagrant!

ということで、記者の読解力不足といったところか?


5. The adventures of a Foreign Salaryman in Tokyo

Popular Posts

This is Japanese boobs, for real this time
Recently, I have seen more and more people finding their way here after a google om "Japanese boobs" or "Big Bosoms" and I actually feel a l...

Sumo wrestlers have a really gay girly purse!
You know that you've lived a long time in Japan when a fully pimped sumo wrestler passes you by on the platform to the subway as you are wai...

Subway Groping - A Beginner's Guide
Perhaps the title of this post is a little misleading since my experience in actual groping unfortunately is extremely limited to only the o...

AKB48, Teddybears, Tiamat, Pizzicatto Five and Arashi
There are many things I like about Japan, however Japanese pop music is not one of them. My ignorant impression of Japanese pop music is tha...

The secret of the high life expectancy in Japan revealed!
When it comes to ranking the average age of death globally, Japan usually shows up in the top positions, boasting one of the longest life ex...

Country life
As readers of my blog probably are well aware, since about a year earlier the Salaryman family relocated from central Tokyo to the suburbian...

Looking deeply into condoms in Japan
As we are now reaching those slightly stale and awkward days between Christmas and New Year's when you don't really know what to do with all...


欧米人がどんな日本に関心がありどの程度の調査能力ががあるか、わかる。

6. Japan Subculture Research Center

An invitation to the dark sides of Japan.

Sample entry: “Tale of the celebrity cannibal”

“The Korean custom of eating dogs is something that on occasion mistakenly gets loaded on to the Japanese. To the French and Dutch in the summer of 1981, mention of the Japanese likely brought to mind one individual who ate a completely different type of meat–human.”


先日人肉食い犯罪について取り上げた


December 22, 2010 10:21 AM
UK "Crossbow Cannibal" Sentenced to Life

BRADFORD, England (CBS/AP) Stephen Griffiths, the British man who admitted to shooting his prostitute victims in the head with a crossbow before dismembering and eating them was sentenced to life in prison Tuesday, according to several British news reports.

Griffiths, 40, who called himself "The Crossbow Cannibal," pleaded guilty to murdering Susan Rushworth, 43, Shelley Armitage 31, and Suzanne Blamires, 36, the U.K. Daily Guardian reports.

Griffiths was caught when a building supervisor spotted him in the act on closed circuit television in Bradford, near the city of Leeds, in northern England, the Guardian reports.

"[The supervisor] saw an image of someone on the third floor dragging a person into flat 33," prosecutor Robert Smith said.


彼が、UKのこの事件を同じような文章で紹介するかというとしないだろう。異国を特異なものとして取り上げ、オーマイゴッド と恐怖と驚愕な眼でみる趣味というのはどこにでもあるのだろうが、そうした心理に安易に訴えて売り出したいのだろう。

7. Gakuranman

普通のブログではないだろうか?

8. Kyoto Foodie: Where and what to eat in Kyoto

これも

9. Snow mag

これも、

10. The Tokyo Reporter

これは、週刊実話や週刊大衆などのエロ記事・ガサネタなどを翻訳するブログ。

CNNの記者をみると、

Author: Robert Michael Poole

ホストとデート
CNNGo 読者の Tomohiro Osaki が、ホストの魅力を知るべく東京のホスト業界に潜入
By Tomohiro Osaki 9 November, 2010


筆者について: 上智大学 3 回生の Tomohiro Osaki は英語文学を専攻する傍ら、翻訳・通訳の勉強に勤しんでいる。 多くの諸外国の人々と交流を持つことで、日本について理解を深めてもらいたいと考えている。 将来の夢は作家になること。



 普通のブログも含まれていると思うがたしかに、非常に癖のあるブログ、あるいは、とくに正しい知識を供給しているわけでないブログなども含まれている。

CNNの記者はとくに、淫らな性、あるいは暴力といったものに特に関心があるのだろう。
若いということを考慮しても、それにしても、この選別をみると、やはり、スケベな変態ものに普通以上に、興味があるのだろう。

記者およびメディアの性向が現れるのはしょうがない。


上智のオオサキ君の”作家”として方向性もすでに表れているのかもしれない。そういえば、waiwaiもどっかの大学院をでた日本人記者が担当していたような・・・


 いずれにせよ、ブログの選別でも、この程度であるから、CNNにまともで、裏のある記事を期待するのはやはり過大な期待であろう。韓国でオーマイなんとかとかいう素人記者で成り立っているメディアがあったと思うが、そんな感じか?

 ところで、異常なものに関心をしめしてそればかりに記す外国人が多いことは、そうでない普通の暮らしをしている日本人にとって多少迷惑なところもあるし、同時に、反面、外人って変態趣味、あるいは変な外人というイメージが定着してしまって他の外人にも多少迷惑であろう、とも思う。












コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

繰り返し、繰り返し 他

2010年12月30日 01時20分01秒 | Weblog
 師走でさすがに気ぜわしいのでさらっと。


んー、変な記事。ええじゃないか=攘夷運動?外人居留地には治外法権というものがありましてですね・・・(面倒なので止め)、それよりも帝国民族誌と日本人論の相互作用に気付かない限り、JT的言説は溝を強化するだけだと思うな。[JapanTimes]http://bit.ly/fY1qVs


mozumozumozu
mozu


JTは学級新聞。しかし、日本人スタッフが記事チェックしていないのかいな?



Yet even today, in the playground and on the train, foreign residents can still find themselves addressed in the traditional way ― as eigojin (the English-speaking person), segatakaihito (the tall person) or just plain gaijin (foreigner).
It is still also a fact that no matter how long a foreigner lives in this country they will never shed their outsider status in the eyes of most native-born Japanese. On his blog and in these pages, the activist Debito Arudou has documented many instances of discrimination and outright racism towards foreigners ― even long-term residents like himself who have acquired Japanese citizenship and speak the language fluently.

And after dozens of years in Japan, being told you can use chopsticks well and that you speak "jozu" Japanese can make an expat wonder whether we've come that far since Ee Ja Nai Ka after all.



英語人ってなに?
ググると、そうした用法は皆無ではないが、普通の生活をしている人が使うことはなかろう。外国人みて「英語人だあああ」聞いたことない。この方、実際の日本語を聞き取っていないのだろう。

 なんちゅうか、戦前だが戦後の日本の田舎で英語を教わって、「よし、今日は英語で数を教えてやる」と。「ワンツースリー・・・テン」「センセ、11はなんて言うんですか?「11は明日教える」「今日教えて下さい」センセ困った顔して、「11は・・・・んん・・・・ テンワン や」「ああ、なるほど」と生徒は感心しだ、と、いう落語だがなんだかあったが、まあ似たようなもんですな。

 しかし、有道センセの日本語が流暢なら、おいらの英語も流暢ということになるわな・・・・ちょっと嬉しかったりして。

 まあ、いずれにせよ、こうした記事が、かえって在日外国人ニューカマーの日本社会への壁を作ってしまっている・・・・そりゃああ、そうだわなあ、日本語の新聞で「米国は”白人”社会である。多少進歩はあるものの、”白人”以外受け容れられる素地はない。」と繰り返し、繰り返し、繰り返し、繰り返し、繰り返し・・・・言われていたらそうした眼鏡で米国やアメリカ人をみて、あるいは、そうした事件ばかり眼がいって、参加する気もなくなるし、自分の経験をその観点からしか解釈しなくなる人が増えるわな。
 
そのあげくが一部在日外国人の病的な妄想のようになるのだろうな。

・・・・「おれさまのごとく流暢な英語をしゃべっても”白人”社会に受け容れられた気がせんわ、これはやはり、”白人”同士の連帯意識が猛烈に強く、黄色人に対する蔑視意識が強いせいである」、といったら妄想じゃないのかね?

 パラドクシカルだが、こうして、結果的にではあるが、外国人による極端なグループと日本人による極端のグループは「外人は日本にくるな、日本からでていけ」という主張は一致する。ま、お互いに憎しみをベースにしているから、結論は似たようなものになるのかもしれない。

29 December 2010 Last updated at 11:40 GMT Share this pageFacebookTwitterShareEmailPrint
China corruption problem 'still very serious' - report


 中国の官僚の腐敗が凄まじい、と。もっとも、これ政府による摘発なのでかなりの進歩である。

ロシアトゥデイ

America faces double dip recession
permalink email story to a friend print version
Published: 29 December, 2010


Many Americans fear a double dip recession due to the amount of unemployment coupled with falling housing prices that make for a weak economy. On the flip side, there are many Americans who are doing very well for themselves and in the process are earning record profits and will live in luxury this holiday season.
Wall Street tycoons, who received billions in a taxpayer bailout that pulled them out of bankruptcy, are experiencing historic profits and shelling out ridiculous bonuses. Many in the media were playing up the fear of allowing the banks to fail and creating a mindset that what is good for Wall Street will be good for the rest of America.
But Professor and Economist Michael Hudson disagrees. He says, “This poverty and this crisis is not built into the universe, it doesn’t have to be this way but it’s that way because the press and the media are not telling people that there is another alternative, put main street before Wall Street, it seems simple enough”.
America has continued to bail out banks and invest in the military instead of its own people. In fact, the US government invests more money in the armed forces than all of the countries in the world combined. The country is being dominated by a war machine that is spending at all time highs and continues to go unquestioned.
Michael Hudson adds “All of the public opinion polls say that people would rather spend on social security, pensions and infrastructure than on more defense spending.


ほとんど、RTはこういった記事ばかりだが、軍事費にも銀行の救済にも莫大な金をつぎ込んで、救済された人々はまた金儲けしているが他方は庶民は失業や貧困に苦しんでいる、と。
いわゆる共産主義系の典型的な語り口・・・・悪いとは言わないがもう少し深みがほしい。


Specter of Communism in New York
permalink email story to a friend print version
Published: 28 December, 2010,

米国というのは共産主義社会主義というだけで、嫌悪感があるのだが、こうした経済になってきてマルクスエンゲルスなどに興味を持つ人がいる、と。
米国は一部ではマルクス主義に興味を持つ人もずっといるわけだが、ごくごく一部だし、主流のメディアでは話にもならない。マルクスとか共産主義というと、それだけで、なにか汚らわしい、言葉のような扱いを受ける印象があるが、しかし、こうした傾向はむしろ世界的な視点からは、むしろ米国に特徴的ということを案外米国人は知らないのかもしれない。


No intermarriage, warn Rabbi wives
2010-12-29 12:36




Jerusalem - At least 27 Israeli rabbis' wives have signed a letter calling on Jewish women to avoid intermarriage with Arabs and even avoid working alongside Arab men, Israeli media reported on Wednesday.

The letter also warns Jewish women they risk falling under the sway of Arab men if they serve alongside them in Israel's national service.

"For your sake, for the sake of future generations, and so you don't undergo horrible suffering, we turn to you with a request, a plea, a prayer," said the text of the letter as quoted in media reports.

"Don't date non-Jews, don't work at places that non-Jews frequent, and don't do national service with non-Jews."


イスラエルのラビの奥さんの一部がが、非ユダヤ人とはつきあうな、と。



Erdogan: racism on the rise among Greek Cypriots
Published on December 29, 2010



TURKISH Prime Minister Recep Tayyip Erdogan used his weekly speech to parliament yesterday to highlight the “violent incidents” that took place in Nicosia last week, arguing that racism was on the rise among Greek Cypriots.
“It is worrying to see that racism and violence against Turks is on the rise in the Greek Cypriot side, while we work towards dialogue and reconciliation” of the two communities in Cyprus, he said.
“Even an isolated incident like this shows who wants peace and who doesn’t want to give peace a chance on the island,” he added.
Erdogan called on the EU to come out with “more satisfactory” statements on the issue, and on “the racism and hatred that is growing on the island”.
The Turkish PM argued that APOEL’s punishment was “insufficient”, saying if this was FIBA’s sense of justice “they would do better not to talk about fair play”.
No similar criticisms or suggestions to the EU were made regarding the sports violence that took place in Turkey on Sunday where, according to Associated Press (AP), Galatasaray fans beat up Fenerbahce players during a men’s under-17 match in Istanbul. One Fenerbahce player had his nose broken while 13 players in total were hospitalised.


キプロスで、トルコ人に対する暴行をトルコの首相が非難した、と。トルコでギリシャバスケチームに対する暴行があったが、それについて非難はなかった、と。
 どうも地理にも歴史にも弱いのでなんだか、いろんなところで民族紛争しているんですね。


これもRT


No justice for Muslim Americans
permalink email story to a friend print version
Published: 29 December, 2010


アメリカ人イスラム教徒には正義は見方してくれていない、と。



“They got arrested mostly because they’re Muslim and they have beards and the FBI started twisting up all the words they were saying,” said Lejla Duka, who’s father and uncles were convicted in Fort Dix Five Case. Lejla’s words are all too familiar to the some one hundred people who gathered inside a New York University classroom. Families, friends and supporters of the countless Muslims arrested and convicted through the use of FBI paid informants. A practice many criticize as entrapment.

“No more, enough of this. You’re using our loved ones. You’re turning on American citizens,” said Alicia McWilliams-McCollum, the Aunt of David McWilliams a Muslim American convicted on attempted acts of terrorism which were planned by an FBI paid informant.



Noor Elashi was born and raised in America; the same America that has imprisoned her father for life. Ghassen Elashi’s case was dubbed “The Holy Land five”. Since 1989, his Islamic charity, the largest Muslim US charity, sent humanitarian aid to Israeli occupied Gaza. In 2004, Elashi, a Palestinian refugee was arrested and subsequently convicted of providing financial support to Hamas. She draws comparisons to an ugly American past decades of questioning the loyalty of immigrants. “It’s definitely a repetition of history. It has happened to the Japanese. It has happened to the Germans and the Irish. Post nine-eleven hysteria has caused this negative sentiment and all of these cases,” said Noor Elashi, daughter of Ghassen Elashi.



 FBIに金をもらった情報提供者の密告でイスラム教徒が不当に逮捕されている、こうして、かつては日本人やドイツ人あるいはアイルランド人などの移民に対してなされてヒステリックな敵意がいまはイスラム教徒に向けられている、と。



警部補、略式命令は不相当=取り調べで脅迫-公判で審理へ・大阪簡裁
[PR]


 取
取り調べで男性を怒鳴ったとして脅迫罪で略式起訴された大阪府警東署の警部補高橋和也被告(34)について、大阪簡裁(西倉亮治裁判官)は28日、略式命令は不相当と判断した。略式不相当の判断は異例。同簡裁の別の裁判官が通常の公判を開いて審理する。
 簡裁は略式不相当の理由を明らかにしていないが、新たな証拠調べや起訴内容の追加、変更が必要と判断したことが考えられるという。
 大阪地検によると、高橋被告は9月3日、大阪市内に駐車中の車内や東署の取調室で、遺失物横領容疑で任意で男性を取り調べた際、「殴るぞお前。手出さへんと思ったら大間違いやぞ」などと怒鳴り、脅迫したとされる。
 略式不相当の判断は、刑事訴訟法463条1項の規定に基づく。略式起訴は検察官が請求し、罰金100万円以下の事件が対象。
 男性は取り調べの内容を隠し持ったICレコーダーで録音し、高橋被告と巡査部長を特別公務員暴行陵虐容疑などで大阪地検特捜部に告訴。府警は同被告を減給、巡査部長を戒告の懲戒処分にした。
 大阪地検の大島忠郁次席検事の話 公判には適切に対応したい。(2010/12/28-12:59)


最高検、村木氏に直接謝罪へ「いつでも、どこへでも」

2010年12月29日
5時0分


 大阪地検特捜部が手がけた郵便不正事件で無罪判決が確定した村木厚子・厚生労働省元局長に対して、最高検が28日、直接謝罪に出向く意向を伝えたことがわかった。

 最高検の池上政幸刑事部長が、村木氏の代理人の弁護士に「いつでもどこへでも、直接おわびに伺いたい」と連絡したという。具体的な日程は年明けに調整する。






 検察しても裁判所にしても、信頼回復のために必死なのでしょう。

因みに、Tepido org で、日本の警察・司法などについて議論している。

Level3 December 24, 2010 at 11:52 pm

興味のある人はどうぞ。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

といった

2010年12月29日 00時09分49秒 | Weblog

朝から5分も…レッサーパンダ、キスに夢チュー 横浜

2010年12月28日


 野毛山動物園(横浜市西区)のレッサーパンダ、キンタ(雌10歳)とウミ(雄8歳)が毎日キスを交わして、人気を集めている。

 午前9時半に別々の寝室から外に出されると、すぐにじゃれつきだし、長い時は5分近くもキスをするという。

 キンタの「お相手」はウミが3匹目だが、こうした行動は初めて。動物園は2世の誕生を期待している。

ウミは別の動物園でも繁殖を成功させており、飼育係の藤岡隆二さん(49)は「目がキリッとしていて、精悍(せいかん)な顔つき。雌にもてる何かを持っている」と話している。


山路だか、キンタだか知らないが世の中モテる男というのはいるもんですな。

神は不条理なり。



 群馬県中央児童相談所の玄関に置かれていたランドセル

 クリスマスの25日、前橋市にある群馬県中央児童相談所の正面玄関に、ラッピングした箱入りのランドセル10個が「子どもたちのために使ってください」と記したカードとともに置かれていたことが分かった。県が27日発表した。

 児相の職員は「クリスマスプレゼントでは。こういう気持ちを持ってくれる方がいるのは本当にうれしい」。来春に小学校に入る児童養護施設の子どもたちに使ってもらうことを決めた。

 県によると、休日出勤した職員が25日正午ごろに見つけた。カードが入った封筒には手書きで漫画「タイガーマスク」の主人公と同じ「伊達直人」と署名してあり、県は「施設の子のために戦っていたタイガーを意識したのではないか」と推測している。

2010/12/27

いい話だね。
伊達直人・・・・直人兄ちゃんがタイガーマスクだッたんだ・・・・あれは感動的だった。

しかし、いま、エロアニメ云々といっているが、タイガーマスクもかなり残酷なシーンが多かった。なんせ、相手の眼の玉をロープにこすりつけるくらいだからーーーしかし、真似したひとは聞いたことがない。




目撃証言あいまい、傷害で逮捕の男性に補償金

 30歳代の男性に暴行したとして、今年4月に傷害容疑で逮捕された新潟市の男性2人について、新潟地検は28日、それぞれ「嫌疑なし」と「嫌疑不十分」で不起訴処分にした、と発表した。


 地検はこのうち、嫌疑なしとした男性(26)に補償金13万7500円を支払ったことも明らかにした。
発表によると、不起訴になった2人を含む4人は、昨年7月、音楽イベント会場に来ていた男性客を殴るなどして2週間のけがを負わせた疑いがあるとして、新潟西署などに逮捕された。

 2人は一貫して容疑を否認し、翌月、処分保留で釈放された。逮捕の決め手となった被害者の証言があいまいになったためで、地検は9月24日付で2人を不起訴とした。残りの2人は傷害罪で起訴された。

 国が定める被疑者補償規程では、容疑者として勾留された後に起訴されず、罪を犯していないと認められた場合、勾留1日につき1000円以上1万2500円以下の補償金を支払うと定めている。

(2010年12月28日20時58分 読売新聞)

ということ。
送還のガーナ人死亡、入管職員10人書類送検


 成田空港で今年3月、不法滞在で強制送還されることになったガーナ国籍の男性(当時45歳)が出発直前の航空機内で動かなくなり、搬送先の病院で死亡した問題で、千葉県警が、送還にかかわった東京入国管理局の職員10人を特別公務員暴行陵虐致死容疑で千葉地検に書類送検したことが28日、分かった。


 県警によると、書類送検されたのは、24~48歳の男性職員。3月22日、男性を収容先の東京入管横浜支局から成田空港へ護送し、カイロ行きの航空機に乗せる際、暴れた男性を取り押さえるなどしたことで死亡させた疑いが持たれている。司法解剖の結果、死因は不明だった。

 男性の妻が6月、男性が死亡したのは、職員がタオルでさるぐつわをするなどしたため窒息死した可能性が高く、特別公務員職権乱用等致死の疑いがあるとして千葉地検に告訴していた。

 県警は書類送検について「告訴案件で、刑事手続きの一環」としている。東京入国管理局成田空港支局は「引き続き捜査には協力する」とコメントしている。

(2010年12月28日11時35分 読売新聞)

ということ。


Tuesday, Dec. 21, 2010

MIXED MATCHES
Javan culture brings couple together

By MAMI MARUKO

Japan Timesでもこういう記事はいいね。
要するに事実をチェックする取材能力というか、編集能力がないのだから、せいぜい、体験談新聞くらいにして、それでも役に立つことはあるだろう。

How did your parents react to your marriage?

Ayako: My parents, especially my father, was against the marriage at first, as Sumi didn't have a job in Japan. My father advised Sumi to learn Japanese first, as he believed that Sumi would not be able to get a job in Japan unless he spoke Japanese.

Sumiyanto: Most people don't plan in advance in Java. Planning ahead is not my thing, and I didn't think much about the future then. But following my father-in-law's advice, I learned Japanese intensively for about half a year.

Apart from going to language school, I went to the library almost every day from 8 a.m. to 8 p.m. and learned about 20 kanji a day. My father-in-law would test me on them daily. (The couple lived together with Nezu's parents at the beginning.)

As for my parents, they thought that I went to Japan to work, so they didn't even dream that I would get married here. In the end, they agreed to the marriage, and my mother told me that when I get a job in Japan, I should take it seriously and put my best efforts into it.


日本で生き抜くのに日本語は必須。


Japan budgets the vig

Posted by ampontan on Friday, December 24, 2010

アンポンタンさんの日米同盟に関する記事。もう少しコメントが伸びると思ったがそれほどでもなかった。


琉球新報
前原外相来県 何のかんばせあって沖縄に
2010年12月22日

沖縄タイムス

[沖縄詣で]表面の誠意その本意は
2010年12月23日


[コザ騒動40年]今も続く理不尽な状況
社会
2010年12月20日

コザ暴動


[新防衛計画大綱]軍拡競争を煽らないで
政治
2010年12月18日



尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件が念頭にあるのなら、海上保安庁の警備を強化すればいいのではないか。軍事的な緊張感を煽(あお)るだけではないのか。


自国の安全を高めるためといって軍備増強を図る。同じように相手も軍備増強で応じる。互いの不信感の中で、終わりのない軍拡競争の連鎖に巻き込まれる。安全のためだったはずが、逆に軍事的緊張感を高める結果となる。安全保障のジレンマである。

 ほんの1年ちょっと前まで「この地域の安全保障上のリスクを減らし、経済的なダイナミズムを共有しあう」(鳩山由紀夫前首相の国連総会演説)といっていた民主党の東アジア共同体構想とも矛盾するのではないか。

 中国にもくぎを刺しておきたい。「ポスト胡錦濤」の最高指導者に内定している習近平国家副主席は「中国は決して覇権を求めない」と表明している。

 だが、領土や海洋権益の拡大を狙っていると疑わせる動きが活発で、近隣諸国の「中国脅威論」を生んでいるのも事実である。空母建造を進めているとも報道されており、この地域の不安定を高める大きな要因になっていることを忘れないでもらいたい。


わからなくもないが・・・・・
やはり、本土の見方とかなりギャップがある。このギャップを埋めていく必要がある。
沖縄の人々が国民的議論を望んでいるのだからマスコミもその点頑張ってあげて欲しい。
ただ、言っておきたいのは、軍拡競争の連鎖は、中国に駄目よ、と社説で叫んでも止まるものではない、ということ。
この脅威を誇張しすぎるのもまずいが軽視しすぎるのも現実をみていない。
台湾についてはともかく、日本の離島防衛について、沖縄の人と折り合いがつくように、沖縄の人も本土の人も現実を見つめながら、国民的議論が必要である。


米八つ子一家 ホームレスの危機
2010.12.28

ということで、関連英語記事はこれ。
'Octomom' Nadya Suleman may be homeless for the holidays if she doesn't pay loans by end of year
BY JOANNA SLOAME
DAILY NEWS STAFF WRITER

Saturday, December 25th 2010,


アルジャ
Americans turn to smaller homes
Growing number of Americans are downsizing their costs and lives because of hard economic times.
Last Modified: 27 Dec 2010


米国では不況で小さな家が流行し始めている、と。
といっても、そういう人達がいる、というだけで、全土で流行っているかどうかはわからない。
日本でも日本人の少数の人がやっていることを日本のトレンドにされる記事というのはあるからね。

ついでにアルジャ


Denmark's gang war
Many fear that gang violence is fuelling anti-immigrant sentiment.
Special programme Last Modified: 12 Apr 2010

Following the 9/11 attacks and the Madrid and London bombings, many immigrants feel that Islamophobia and racism is on the rise across Europe.

The mood in Denmark seems to have taken a turn to the right. Neo-Nazi groups have emerged with new slogans, such as "Denmark for Danes" and "close the borders", and many immigrants say they no longer feel welcome in Denmark.

デンマークの暴力団の抗争
その背景に民族対立があるのは?と言われている。

駅で彼女をまっていると、警官に呼び止められ殴られ、収監された移民の話がでてくる。
(職務質問)


ザ・サン
Mind the Phwoars please
Published: 09 Dec 2010


電車のなかでセクスしている。オーストリア


Fahrgäste machen Liebe in Wiener U-Bahn

TEAMY mobile phone footage of a randy couple having sex on a Tube train in front of cheering passengers has become an internet sensation.
The sizzling movie  shot on the U-Bahn underground railway in Vienna, Austria  shows the pair romping on the seats while commuters queue up to watch and film them.

One shocked onlooker said: "The only time the boy seems aware that people are watching him is when he lifts the hood of his sweatshirt up over his head.

"The rest of the time they didn't care and didn't take any notice of anyone else."


苦情はでなかった、と。


ガーディアン
Iranian government stirs up antisemitism with invented massacre
The threatened desecration of the graves of two Jewish saints is just one result of the spreading of fabricated stories


Meir Javedanfar
guardian.co.uk, Monday 27 December 2010

ユダヤ人について一部のイスラム教徒がイスラム教徒を被害者にする虐殺を捏造してユダヤ人に対する憎しみを煽り、それに基づいて破壊活動などして困る、と。


歴史上の出来事、あるいは、現在について被害を捏造・誇張する
→被害者が属するグループに団結を促す
→加害者が属するグループに対する憎しみを煽る


こうしたことはわりに世界的に見られるわけですね。

その歴史からユダヤ人の人々はユダヤに関する捏造・陰謀論などには警戒し、また、ヘイトクライムについてもかなり警戒していて、


ADL

なる団体はそうしたことを専門にしている。
2009 Audit of anti-Semitic incidents: Patterns of prejudice in Canada ( Brith Canada)
Report on Anti-Semitic Incidents in UK in 2009

2009年のものだが、イギリスやカナダでの反ユダヤ活動の報告である。

平均的な日本人だとユダヤ人といってもピンとこないのが正直なところではないか、と思う。
さらっとみても、どうしてこうした観念があるのか、と思うような罵詈雑言がある。

ここで一つ思うのは、ある人種や宗教について無知だからいいという面もあるのだ。
これを当地で言われている偏見を教えてから否定するのはいいことではない、と思う。
例えば、

○○人はフライドチキンばかり食べているぐうたら、とX国では根拠なく言われ、
△△人は戦争をしてもうけようとしている、とY国では根拠なく言われている

がそうしたことは日本のよい子の皆さん言われないでね、ということで、ピンクの象を思い浮かべないで下さい、と言って思い浮かべせてしまうように、逆に偏見を輸入してしまうという側面もある。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニューカマーのための日本文化論???

2010年12月28日 22時37分15秒 | Weblog


Jonholmes Says: http://www.debito.org/?p=8100#comment-231669
December 28th, 2010 at 4:32 pm
Sorry, here is the full URL, though have to scroll down to find the quote

趣味の有道ブログのコメント欄

Japanese Culture -- A Primer For Newcomers

Culture Shock 101


しかし、まああああ・・
日本をみる外国人がこんな眼で日本人を見ているのだ、という意味では参考になる。

1. Uchi-Soto ("Us and Them")

ウチとソトで論じた。

2. The Gaijin Complex
これは
There is no logical or rational explanation for this conflict -- since Japanese do not think in a logical, rational fashion, at least in western terms.

日本人は西洋的な意味ではまったく論理的ではない、と。
・・・・やはり、同じ人間とは見ていない証左ですな。

the Japanese see things through race-colored glasses.

これについてはある意味普遍的なことかもしれない。

It must be emphasized though that Japanese racism is in almost all cases NEVER HOSTILE towards others -- so the idea of people screaming epithets at you like in the U.S. is inaccurate.

ということですな。

外国人に対する態度といってもいろいろあるがただ未知なものに対する態度というのはどこの国でも両義的で不整合なイメージがあるものだろう。

Nihongo Wa Jouzu Desu Neh!


これ、日本語が間違っている。
「日本語、お上手ですね」
「日本語がお上手ですね」
「フランス語は下手なようですが、日本はお上手ですね」
参考のため。


the westerner coming to Japan will right from the airport be drowned in the "compliment" Nihongo wa jouzu desu neh, or "Your Japanese is good". It's usually spoken in a "Look Mom, the horse can do math problems" kind of way -- slightly condecending.

被害妄想
日本語が上手な欧米人が少ない。


Even more demeaning is hearing "O-hashi wa jouzu desu neh" which means you can use chopsticks well. The fact that a 4 or 5 year old Japanese child is supposed to use them easily but you're never expected to know how is an insult few Japanese are "international" enough to realize.


これも文脈によっては、間違っているとはいわないが、日本語がすこしおかしい。
・・・・日本が上手な外国人を褒めたくなる所以である。

「お箸の使い方(が)お上手ですね」

想定も間違っている。これを発言する人はこの人の出身国では箸を使っているとはおもわない、また、日本人でも箸の使い方が下手な人もいる、にもかかわらず、上手く使っている外国人をみてこうした発言をするのだろう。


The term "gaijin" according to the dictionary means foreigner or alien. In practice however, it always means "white person".

日本語の用例をちゃんと吟味していない。
「あそこでしゃべっている外人ってインド人?それともアラブ人?」
まったく問題ない。


they still refer to whites as gaijin, and despite using their passports, US dollars, and going through US Customs, they are still not consciously aware of Hawaii as being a US state

かなり頭がおかしい。
日本人が外国で、現地人を外国人・外人と指称するのは、これらの用語がforeigner とはたぶん違って、話し手にとって、という場合とその土地では、という両方あるからだ。米国でも、日本人にとってはアメリカ人は外国人・外人であり、米国では、日本人は(アメリカ人にとって)外国人・外人である。ここでも日本語の用例理解ができていない。

ハワイは米国であるのはあたりまえ。レメンバーパールハーバー?

they still refer to whites as gaijin, and despite using their passports, US dollars, and going through US Customs, they are still not consciously aware of Hawaii as being a US state

ここらへんはどうかな?
米国にいる”白人”がそう思っていたりして?


Many Japanese ex-pats who've lived abroad are viewed supiciously. If one's English is "too good", he might be ostracized


というよりも、無批判で、植民地主義的態度を身につけてしまったかぶれた野郎が嫌われるじゃないかな?


3. Honne and Tatemae

これについて Honne and tatemaeで論じた。


"Let's have dinner together sometime." -- A Culture Clash

In the west when someone says to another "let's have dinner together sometime", it usually means "let's have dinner together sometime".


西洋を一括りにしているところがお粗末。


Unless specifics like a date and time are mentioned, don't hold your breath.

そりゃそうだろう。「”白人”の女性がおれをみていた。気があるにちがいない」なんて考えたらちょっと変。


5. "Goatism"-- Giseisha and Urami

The term goatism comes from scapegoat, and for a time was a frequently used buzzword by the Japanese. Japanese also have very positive traits, but this is not one of them. In many instances, Japanese love to think of themselves as the victim -- when trade frictions grow, when international criticism of Japanese stances mounts, or especially when it comes to responsibility for WWII, Japanese often retreat into a scapegoat or persecution complex.


これも日本の特徴とはいえない。
日本人の読者も参考になると思うが、有道ブログのメンバーの日本に対する被害妄想・恨みというのはすさまじい。
被害を誇張するというのは米国でも”白人”が、あるいは、米国の理念・価値が侵害された、などとよくいわれること。



Ok, boys and girls, it's test time! Ever see the Borg on Star Trek? Ever wonder if the Japanese are really the Borg in disguise?・・・・・
A little tough?

やはり、日本人を宇宙人とみているのはこの人。魚拓とる価値あり。

6. Amae - Dependency
甘えの構造にういてはウィキを参照

7. Tate-Shakai -- The Vertical Society
中根氏の縦社会論については出版当時から批判が多い。タテ社会の人間関係

9. Nihonjinron and Kokusaika - "We Japanese" and Internationalization

The term Nihonjinron (or "Ware Ware Nihonjin") is a "We Japanese" mentality. It is part of the Uchi-Soto mindset except it is almost always applied in a "Japanese and everyone else" kind of way. Japan is the center of the world -- and if you buy a map of the world don't be surprised to find Japan in the middle of it. This can be very bewildering to westerners in Japan. If there's a Japanese news report of a plane crash somewhere in the world with 398 non-Japanese and 2 Japanese people, the news report will focus on the crash and then the lives, family, and friends of the 2 Japanese. The rest of the people? They don't exist. They're never even mentioned. Another example is when 2 Japanese baseball players, Hideo Nomo and Irabu, made it on US teams. Suddenly, you start seeing lots of major league baseball games on Japanese TV, with the promos blaring "Major League Baseball--Nomo!!" as if he were the captain, manager, and God's greatest gift to the team. Other MLB games without Japanese players are never shown


米国でオリンピック見てご覧。米国選手ばかりに注目して日本選手に注目しないのに驚くよ。


If a foreigner criticizes some act of corruption in the Japanese government, many Japanese will feel offended that this foreigner is attacking "us"

どうかね。
当たり前のことだが、日本人によるものでも外国人によるものでも正当な批判と不当な批判がある。不当な批判に反論するのは、我々が攻撃されていると感じるからではなく、批判が不当だからである。

ちなみにこの団体思考的というのは有道ブログの結束を見ているとまさにgroup thinking のように思えてくるが・・・


The term "Kokusaika" or "Internationalization" is another trendy buzzword being bounced around the country. Everyone is supposed to become more international these days.

マルチカルチャーもかなりあいまいだと思うが・・・

10.The Iron Triangle and the Empty Center
OR: The Buck Never Stops


These terms are the lowest common denominators of how things run in Japan. The Iron Triangle is the Japanese System -- the politicians, Big Business/Special Interests, and the bloated bureaucracy.

たしか、ロシアトゥデイなんかが米国をそのように見ている。


The Empty Center is another term for the Japanese System. In short, the person at the top is not the person in charge. The Prime Minister is not the most powerful man in the country, but the puppet-masters who put him there are.


中心が空虚というのは案外あたっているかも知れない、とも思う。
ただ、あんさん、日本=たて社会理論とどう折り合いつけるわけでっか?


・・・・・まあ、随分ふるい日本人論を英語で読んで頑張ったのだろう。ご苦労様。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いじめ じし 

2010年12月27日 14時06分22秒 | Weblog
 インド人学生の自死がまた報道された
 こうした事件があると、いじめ問題そのものよりもなぜか、日本文化論やあるいは、日本に関して突拍子もない想定をされることがあるので困るのだが、ごく最近のいじめと自殺の報道を英語圏と日本語圏からひろっておくことにする。(なお、いじめ、でブログ内検索 いじめ → Cnt+F いじめ 検索するとかなりヒットする筈である)




U.S. reaches agreement in Philadelphia bullying case

By Krissah Thompson
Washington Post Staff Writer
Thursday, December 16, 2010

A year after more than two dozen Asian American students were attacked at a high school in South Philadelphia, the Justice Department has reached an agreement with school officials there, resolving a high-profile investigation into school bullying.

The Philadelphia incident, which involved a day-long assault on the students and sent 13 to the hospital, was one of several glaring cases of school harassment across the country last year. The attack made international news when it triggered an eight-day boycott by Asian American students, many of them recent immigrants, who said they would not return to school until they felt safe.

Justice Department officials signaled that the agreement with the School District of Philadelphia, which requires the district to hire a consultant focused on preventing harassment and discrimination, will serve as a nationwide standard for school systems trying to prevent bullying. Student-on-student harassment is an increasing problem and makes up a growing portion of the cases under investigation by Justice.


アジア人学生に対するいじめ 
その対処法としていじめや差別に対するコンサルタントを置く、と。

East Bay schools learn tools to reduce bullying

By Theresa Harrington
Contra Costa Times
Posted: 12/17/2010 12:00:00 AM PST
Updated: 12/18/2010 09:20:39 AM PST





Fights spurred by racial tensions have diminished at Pinole Valley High since 2008, when a noose was found hanging from a tree, teachers say.
Students, teachers and others have worked hard to foster tolerance.
The campus has partnered with the Anti-Defamation League to strengthen awareness of student differences through community workshops and diversity training for staff and students.
"Year after year, our campus gets more diverse, yet has become more tolerant," said Dayna Dibble, a Pinole Valley High leadership teacher. "We have a lot less physical violence -- especially based on race -- than three or four years ago. We went through a fairly bad period with gang fights."
The West Contra Costa school district is encouraging schools such as Pinole Valley to continue working to ensure that students feel safe expressing themselves on campus, Dibble said.
Recent news stories of gay students committing suicide after being bullied or cyberbullied have heightened awareness of the need to address prejudice among teens to prevent such tragedies.
Roughly one-third of students ages 12 to 18 reported they were bullied at school, according to a national report. And about 20 percent of teens engage in cyberbulling or are cyberbullied, but only a fraction of them tell adults, said Nina Grotch, education director for the Anti-Defamation League.


 学校での人種間の緊張が反差別団体などの教育をうけて減少した、と。


Mom of Tehachapi boy who committed suicide speaks out against bullying
BY STEVEN MAYER, Californian staff writer
smayer@bakersfield.com | Thursday, Dec 16 2010


Seth Walsh 1997-2010

いじめによって自殺した子どもをもつ親によるうったえ。



A Year of Bullying -- and What Families Can Do About It

Marilisa Kinney Sachteleben – Wed Dec 22
Children are bullied for being gay (or accused of being gay) wearing glasses, being poor, being from the "wrong side of the tracks," being born in another country, holding religious views, being atheist, wearing clothes that are not in style, wearing the wrong shoes.
I was bullied in school because I was fat; my husband was picked on because he was skinny. There is no winning with bullies. Bullies bully because they can; whether on the playground, being the school, in the home, at the bus stop, at church, on Facebook, Twitter, Youtube. Bullying of any child or adult for any reason is an intolerable act.


いじめる側は様々なことに難癖つけていじめる。


Phoebe Prince's Family Speaks Out as One Year Anniversary of Suicide Nears
Phoebe, Alleged Victim of Bullying, Hanged Herself

7 comments By ANDREA CANNING, JESSICA HOPPER and ANNE-MARIE DORNING
Dec. 23, 2010


Suicide of Phoebe Prince
From Wikipedia


いじめで自殺した少女の家族のうったえ。



Accused Bully Commits Suicide
Do bullies need more help than their victims?
06:12 | 11/06/2010


いじめた側が非難されて、今度はその子が自殺

Police say suicide not caused by bullying
Published: Thursday, December 16, 2010


By Phil Ellingsworth Jr., pellingsworth@pottsmerc.com

DOUGLASS (Mont.) ― After more than a month-long investigation, police have determined the suicide death of Boyertown Area High School junior Jesse Buchsbaum was not caused by bullying.

Buchsbaum, 17, took his life Oct. 25, and his parents believed the death was attributed to bullying because their son suffered from a disability.

Detective Dirk R. Boughter, of the Douglass (Mont.) Police Department, said Wednesday the purpose of the investigation was to gather evidence as to why Buchsbaum committed suicide.

In the department's investigation, police collected physical evidence, computer forensics and interviewed people who knew Buchsbaum.

After that investigation, police were unable find a reason as to why Buchsbaum took his life.


青少年の自殺があったが、いじめが原因か不明と警察の発表。

Teens raise awareness about teen suicide and bullying

Dec 21, 2010


(NECN) - Suicide is reportedly the third leading cause of death for young people between 15 and 24. It's a disturbing trend that's made a lot of headlines this year.

This Thursday, December 23, more than a thousand local high school and college students will rally to raise awareness about teen suicide and the bullying that has often led to it.

Development coordinator of Samaritans, Karina Carley and UMass -Amherst freshman and Samariteens volunteer Nick Galatis joined us to talk about the link between bullying and suicide.

Carley says teens deal with a lot of stress on a regular basis that makes growing up a difficult time.



Bullying deserves more of the public’s attention
December 20, 2010 - By Elizabeth M. Sullivan, Paw Paw:


Save |
Where was the outcry for the kids who were bullied because of their handicap, mental capacity, looks and even their income? Where was the media attention when they became the target? Many kids committed suicide or tried to due to the hardship of being bullied. The media, to me, is linking being gay to bullying. Bullying does not hit just one specific group. Bullying is across the board and it is getting worse due to phone cameras and the Internet. Where is the privacy issue?

The impact of being bullied has a far reaching effect on the person's life and, sad to say, many of the school administrators don't want to get involved, are too inept, or friends with the parents of the bully.

Why can I write this letter? Because I dealt with the West Virginia school system, a principal and a staff. Their response: "They are just being kids." It was an annual school party to welcome all newcomers. Thank you for the support you gave when the bullying left my child in the darkest area, all alone, in tears. It was his friends that tried to stop the bullying. Not one teacher, not one school administrator came to his aid or tried to stop it. Their lack of a decent response to resolve the issue sent a very clear message not only to me but to those who do harm on another.

What of our West Virginia legislators and Capito? Their response were the same as the teachers. So sad our tax dollars paid and still pay these people. Pathetic.

Teachers cry for pay raises; what about those kids who cry for help?


ゲイであることがいじめにつながることをメディアは注目しているようだが、いじめの要因はそれだけではない。学校もメディアももっといじめ問題に注目すべき


いじめや自殺への対応 研修会
12月25日 15時23分

いじめを受けた子どもが自殺する問題が相次いだことを受けて、文部科学省は、いじめや子どもの自殺への対応をテーマに、教師や教育委員会の関係者を対象にした初めての研修会を開きました。
文部科学省で開かれた研修会には、関東地方の各地から教師や教育委員会の関係者などおよそ200人が出席しました。ことし10月、群馬県桐生市でいじめを受けていた小学6年生の女の子が自殺した問題では、学校側が十分な対策を取っていなかったことが明らかになりました。研修会ではこうした事例を参考に、いじめの問題には担任の教師だけでなく校長を中心に学校全体で対応することや、日頃から子どもに話を聞いたりアンケート調査をしたりして、いじめの兆候をいち早くつかむことの重要性を確認しました。また文部科学省の担当者は、子どもからいじめの訴えがあった場合は、事実関係の確認を行って保護者に十分説明することが必要だと説明しました。文部科学省児童生徒課の磯谷桂介課長は「いじめはどの学校にも起こりうるという認識を持ち、問題が起きた場合に、隠そうとせずに、保護者や、スクールカウンセラーなどの専門家と連携しながら、対応に当たってもらいたい」と話していました。



中2女子:飛び降り自殺 いじめほのめかす遺書 札幌


死亡した女子生徒が飛び降りた自宅マンション=札幌市中央区で2010年11月22日午後7時40分、小出洋平撮影
 22日午前9時ごろ、札幌市中央区南18西16の自宅があるマンション駐車場で、北海道警札幌南署員らが市立伏見中2年の女子生徒(13)が倒れているのを見つけた。生徒は病院で死亡が確認された。同署によると、女子生徒はいじめをほのめかす遺書を自宅居間に残しており、自宅があるマンション6階から飛び降り自殺したとみられる。

 伏見中によると、女子生徒の遺書には「1年生のとき無視されたり『キモイ』と言われた」「学校のスピーチが嫌だ」といった趣旨の言葉が書かれていたという。同日夜に記者会見した鈴木文夫校長は「大変痛ましく重く考えている」と謝罪したうえで、いじめの有無については「いじめが原因だとも考えられるので、調査したい」と話した。
毎日新聞 2010年11月22日 




多摩区のいじめ自殺 加害生徒を別室指導へ
2010年12月12日

 
川崎市多摩区の市立中学三年の男子生徒=当時(14)=が「いじめられた友人を守れなかった」という遺書を残して六月に自宅で自殺した問題で、学校側は十一日、加害生徒四人を個別に指導する時間を設けるなどの対応策を遺族らに伝えた。遺族などが四日に学校に提出した要望書への回答で明らかにした。 (北条香子)
 要望書は▽被害生徒が安心して学べる環境づくり▽加害生徒に反省を促す教育▽周囲の生徒の心のケア-を求めていた。



いじめ自殺の連鎖はどうすれば断ち切れるのか
2010年12月7日


自殺を誘発しない自殺報道とは
高橋真理子
 自殺が報じられるとその後に自殺が増える現象を「ウェルテル効果」と呼ぶ。ゲーテの「若きウェルテルの悩み」(1774年)は、失恋した主人公が最後に銃で自殺するお話だが、出版後に同じ手法の自殺が相次ぎ、発禁にした地域があった。それにちなんで米国の社会学者が名付けた。 いまどき小説やドラマの中の自殺が現実の自殺を増やす傾向は見られないらしい。だが、自殺のニュースが自殺を誘発する現象は世界各地にある。とくに青少年に対する影響は大きいという




○いじめというのはどこにもあり、その要因はさまざま。
○いじめが自殺につながるケースもあるが、自殺でもいじめが原因とも限らない
○いじめによる自殺の報道があると、
  いじめた、と言われる側がこんどは世間からいじめられることもあり、
 また、
  自殺志願予備軍の他の自発を誘導してしまうことがある。
○学校はいじめを軽視あるいは隠蔽しがちである。
○積極的に対処するといじめは減少する。
○メディアはいじめ報道を特に、隠蔽していない。
 もっとも、
○もっと、学校・社会・メディアが関心をもつべきである。


こうしたことはほぼ共通するのであって、文化論にはしることなくそれを前提に論じればもっと建設的なものになる、と思う。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

といった

2010年12月27日 02時29分24秒 | Weblog

おにぎり親子、寒空の贈り物(1/2ページ)

2010年12月25日
22時39分


松本照玲紗ちゃん(右)は父親の隆さん(中央)と一緒におにぎりを差し出した。サンタの帽子はレストランでもらった「おまけ」だ=25日夜
 クリスマスの電飾がまばたく名古屋市・金山駅前に25日夕、おにぎりを抱えた幼い女の子が立っていた。近くに住む会社員松本隆さん(38)の長女、照玲紗(てれさ)ちゃん(3)。隆さんと一緒に、駅周辺にいる路上生活者たちにおにぎりを届け続けている。ある路上生活者とのふれあいをきっかけに始めて2年近く。もう2千個以上を配った。


 ホームレス。心温まる話だが、もう少し制度的な援助が欲しい。

民族対立、ロシア揺らす サッカー乱闘が市民の不満に火(1/2ページ)

2010年12月26日2時16分




モスクワで21日、乱闘で殺されたロシア青年の墓に献花するプーチン首相=ロイター
 【モスクワ=副島英樹】サッカーファンの乱闘による一つの殺人事件が、ロシア全土を揺るがしている。多民族国家に潜在する民族間対立感情を呼び覚ましたからだ。「ロシアはロシア人のために」。そんなスラブ民族主義のスローガンを掲げた若年層のデモまで頻発し、一触即発の緊張を政権側が力で封じ込めている。そこには、汚職体質から抜けきれない官僚国家への市民の不満も影を落とす。


ロシアだけではない。



Panic as anti-Polish hate crime sweeps Scotland

Vicky Allan


26 Dec 2010
In early December Rafal Gorski returned to his home country, Poland, planning never to return to Scotland.

The racist insults and harassments, the taunts of “F***ing Polish – go back to Poland”, threats of violence and attacks on his family home were so bad he couldn’t deal with the stress of life here anymore. He feared that he’d suffer the same fate as a friend – killed in a stabbing in Glasgow by a man who afterwards boasted that he’d taken the life of a “daft Pole”.

The real name and identity of the Gorskis has been changed as a neighbour, who allegedly took part in the abuse of the Polish family, has just been charged with racially aggravated offences and is now on bail, forbidden from contacting the Gorskis or entering the street where they live. Gorski’s wife, Ilona, remains in Scotland, scared to go out on her own, but committed to staying as she wants her teenage son, Jakub, to complete his education in Scotland.

The neighbours who abused her called her a “Polish dog” and told her they would “send her family back to Poland in a box”. Jakub always checks to see if there is anyone in the street before he leaves the house.

The Gorskis are not alone. Poles and other Eastern Europeans are experiencing a rising tide of racist abuse and violence. The Federation of Poles in Great Britain says there has been an annual 20% rise in racist incidents.

The couple who attacked us said we were stealing local people’s jobs.
Anna Brudnowska
Two months ago, in Inverness, graffiti was found scrawled on a bridge: “Polish c**ts, get out of Scotland!” Police statistics show reports of hate crimes against “other white” people – the category Eastern Europeans fall into – have risen fivefold in Scotland in recent years. A 2008 study by Northern Constabulary found there was increased racial tensions in the Highlands and Eastern Europeans were among the most frequent targets. All in all, for families like the Gorskis, who live in a housing scheme in a tough area of Glasgow, Scotland has started to seem less like the welcoming place it first appeare


 スコットランドでは、ポーランド人に対するヘイトクライム急増。

Europe's Anti-Islamization Movement Unites in Paris

こちらは、パリで反イスラム化運動の集会。


Christmas is evil?
Xmas is Evil

こちらは、クリスマスイブではなく、クリスマスはイービル(悪)である、とイスラム過激派。

こうした民族間、宗教間の対峙・緊張・紛争を他人事のように見ていてはいけない。日本でもあるわけで、社会全体、とくにメディアももっと問題意識をもつべきだ。


Sat Dec 25 2010 6 0 Recommend
Students rally for classmate facing deportation to Mexico

TORONTO Daniel Garcia was supposed to spend Christmas with his girlfriend and her family, even staying overnight at their home so he wouldn’t be alone on the holidays.

Instead, the 18-year-old Toronto student has spent the past few days in an immigration detention centre after police arrested him Thursday night, according to his friends.


Many said they worry Garcia will be quietly deported during the holidays, before he has a chance to appeal the decision.

The government “has a nasty habit of enforcing deportation orders around Christmas time when they know people can’t access the courts,” said Karin Baqi, a lawyer who has spoken to Garcia since his arrest.



Garcia, a student at Parkdale Collegiate Institute, arrived from Mexico with his sister in 2007. Both filed for refugee status, saying they faced persecution and death in their homeland.

The refugee claim was rejected and Garcia submitted an application for a pre-removal risk assessment, which evaluates the danger the person will face if deported.

Garcia said in a statement he hadn’t received a decision on the application when he was stopped by police and turned over to immigration officers Thursday.


 こちらはカナダ。難民認定を拒絶されて強制退去される学生に対して、退去反対活動。
 警官に停止されて、移民官に引き渡されたようである。
(職務質問)


Boo! Real-Life Ghost Stories


Concerns of racism in the Green Mountain State

By JOHN WILMERDING

Thursday December 23, 2010



My eyes burn with shame as I read of the U.S. Civil Rights Commission firing and excoriation of Curtiss Reed, Jr., as a member of their Vermont State Advisory Commission.
I have known and worked with Curtiss Reed off and on for nearly two decades. He has the highest personal integrity. He is in every way qualified to represent our state in the crucial federally focused work of civil rights and anti-racism. He brings to the job the very highest standards and sensibilities for professionalism and knowledge of the subject. He has been carrying high the banner of civil and human rights against racism for as long as I have known him.
In his Oct. 18 op-ed in the Brattleboro Reformer, Curtiss was merely taking the care to present logically and accurately the case for anti-racism in our state, portraying it as the issue of life and death importance that it is.
Curtiss was accurate, in my opinion, when he said the Republican slogan "Pure Vermont" was racist. Moreover, as a member of a persecuted minority in our state, he has the perfect right to relate his own narrative interpretation of current events to the public. As a campaign slogan, it is most inappropriate. It is a tacit and hidden appeal to racism, even if it is not consciously meant as such.
Curtiss was right to refer to the State's early 20th century "eugenics" campaigns, codified under law as "voluntary sterilization," to wipe out Abenaki bloodlines. Because of the systematic and structural crimes committed in our state against people of color and other religions and ethnic backgrounds, Curtiss was correct in making the references he did. He did not compare the scope of these crimes to the Holocaust or to the Khmer Rouge "killing fields," but averred that the notion of "purity" raises the specter behind such occurrences.


 バーモンド州の共和党が純粋なバーモントを!と主張したことは先住インディアンの血を絶とうとした歴史などからして差別的であり、そうしたこと問題に言及した人権委員から解雇するのはいかがなものか、と。


03.12.2010
Integrating students with disabilities in German schools still a battle




Marcel's mother fought for him to attend an integrated school
For German children with disabilities it's always been difficult to get regular schools to allow them to attend. Now, however, things must change because of a UN convention requiring schools to accept all children.




When Marcel was old enough to start school, his mother picked out one of the public elementary schools in their neighborhood for him. The school, however, said he couldn't attend. Why? They said they weren't set up to deal with a kid in a wheelchair.

For decades that's the way it was in Germany. Children with disabilities were sent to separate schools, each one specialized for a different disability. That is all set to change now that Germany has ratified a United Nations resolution that says that all children with disabilities have a right to be educated at a regular school.


Marcel's teacher says he's totally integrated in his class
It's set to be a long process. Currently the majority of German children with disabilities don't go to regular schools. So far the city-state of Bremen is the only German state to open all its schools to everyone. In North Rhine-Westphalia, where Marcel lives, that could be a long way off, although he did eventually find a spot in what is called an integrated or inclusive school.


 ドイツ 身障者が普通学校にいくのは施設などの関係でいまだに難しい、と。これは日本でも似た事情がある。

アルジャ
Military sexual abuse 'staggering'
In part two of our series, Al Jazeera examines the often hidden world of rape and abuse in the US military.
Dahr Jamail Last Modified: 23 Dec 2010



Compared with a 40 per cent arrest rate for sex crimes among civilians, only eight per cent of investigated cases in the military lead to prosecution.

After Congress mandated it do so in 2006, the Pentagon started a comprehensive programme to track incidents. That year, there were 2,974 reported cases of rape and sexual assault in the military. Of these, only 292 cases resulted in trials, and those netted only 181 prosecutions of perpetrators.


Faced with the threat of possible persecution and losing their jobs and professional credibility, most soldiers prefer to remain silent about their traumas. Not that silence helps, because records reveal that less than one-third of the women have been able to maintain their careers in the military after having been assaulted.


"The people I work with go all the way back to WWII. The stories are almost exactly the same. It has always been covered up. Still the drill sergeants, chaplains, and doctors appear to be the worst perpetrators. So when these guys are convicted, rather than punishing to the fullest extent, they can give them a letter of reprimand which means Tommy was bad, signed The Commander. That letter comes out of his personnel file before he moves on to the next unit, so it’s like nothing happened."


 軍隊による性暴行などの続報。女性兵士に対する性的嫌がらせ、暴行は、第2次大戦までさかのぼると。

(レイプ)



米麻薬取締局が情報機関化 各国で盗聴要請もと米紙
2010.12.26 1


ということで関連英語記事はこれ。
26 December 2010 Last updated at 04:57 GMT Share this pageFacebookTwitterShareEmailPrint
Wikileaks reveals pressure on US drug wiretappin


で、久しぶりにCBSをのぞいたらちょっと古い(10月)が冤罪事件


48 Hours Mystery: The Whole Truth
October 16, 2010 7:45 PM



October 14, 2010 3:50 PM
Will Bruce Lisker Return to Prison Because of a Technicality? The Calif. AG is Betting On It


LOS ANGELES (CBS) We are outraged when a legal "technicality" frees a guilty person from prosecution and prison, but what about when a "technicality" is used as an excuse to put a person IN prison? As crazy as that sounds, the California Attorney General hopes to do just that to a 45-year-old man by the name of Bruce Lisker.
Last year, Lisker was released after spending 26 years in prison for the murder of his mother. Lisker's release came after a federal judge ruled that the evidence used to convict him was either questionable or utterly false.


 警官が証拠偽造。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

インド人学生自殺 

2010年12月27日 02時22分02秒 | Weblog
インド人学生自殺 ズボン脱がされ、あだ名は「ビンラディン」 親友が“いじめ”証言  (1/2ページ)
2010.12.27
01:30
 
追手門学院大学(大阪府茨木市)に通っていた在日インド人の男子学生=当時(20)=が大学でいじめを受け続けたとする遺書を残して自殺した問題で、男子学生が複数の学生から人前でズボンを脱がされたり、イスラム過激派テロリスト「ビンラディン」とのあだ名で呼ばれるなどの嫌がらせを受けていたことが26日、分かった。男子学生の親友が証言した。大学側はこれまでいじめの事実を強く否定してきたが、男子学生が、こうした嫌がらせをいじめと受け止め、自殺を図った疑いが強まった。

いじめとみられる嫌がらせの具体的内容が判明するのは初めて。男子学生の友人らが結成した「自殺事件原因追及の会」に対し、男子学生と特に親しかった友人の1人が証言した。

いじめとみられる嫌がらせの具体的内容が判明するのは初めて。男子学生の友人らが結成した「自殺事件原因追及の会」に対し、男子学生と特に親しかった友人の1人が証言した。
 それによると、男子学生がたびたび嫌がらせを受けていたのは、遊び仲間だった複数の学生。人前でズボンを脱がされたり、花火を直接向けられたりしたほか、本名ではなく、「ビンラディン」と呼ばれるなどしていたという。
 また「お前をいじることが最近一番楽しい」「お前を見ているとなんかイライラする」などの暴言を吐かれることもあったという。
男子学生は親友に対し、「最近、パシらされる(使い走りをさせられる)ことが多い」などと打ち明けることもあったという。
 親友は男子学生が自殺を図った後、「もっと彼を守ってあげることができればよかったと悩み苦しんだ」と話している。
 当時3年だった男子学生は平成19年6月、神戸市の自宅マンションから飛び降り自殺。遺書やメールには大学でのいじめを強く示唆する文面が記されており、遺族は調査を要望したが、大学側は3年以上放置。このため、遺族は今年8月、大阪弁護士会に人権救済を申し立てていた。
 大学側は産経新聞の報道を受けた8月の記者会見で、いじめの事実を強く否定したが、10月に弁護士らでつくる第三者委員会を設置し、自殺の原因などを調査しており、27日に記者会見を開き、調査結果を公表する予定。
 この問題をめぐっては、男子学生のゼミ担当教授が産経新聞の取材に対し、「大学はいじめ自殺の可能性が高いことを把握しながら調査せず隠蔽(いんぺい)した」と証言している


 まだ、報道は産経だけのようだが、また、いじめによる自殺であり、外国人が被害者である。

 ご冥福をお祈りする。

 教育機関の怠慢、あるいは、責任逃れについてもっと追求されて然るべきであろう。

更新

インド人学生自殺「いじめ否定できない」 追手門学院大

2010年12月27日12時31分


 追手門学院大学(大阪府茨木市)に通っていた在日インド人の男子学生(当時20)が2007年、いじめを受けたなどとする遺書を残して自殺した問題で、大学が設けた第三者委員会(委員長・宮崎裕二弁護士)は27日、「自殺の原因としていじめの存在を否定できない」とする報告書を公表した。

 同委員会は今年10月以降、男子学生が所属していた経営学部マーケティング科の担当教員や学生ら約20人から事情を聴き、男子学生が他の学生にズボンを脱がされたり、花火を向けられたりしていたという間接的証言を得た。また、遺書に「学校で受け続けたイジメ」とあることを重く見て、「いじめの具体的事実を特定することはできないが、いじめが存在したことは推定される」と結論づけたという。

 同大学の落合正行学長は「前途ある学生の自死を未然に防げなかったこと、誠に申し訳ありませんでした」と陳謝。大学は再発防止策として、人権啓発講座の充実やいじめの相談窓口の一本化などに取り組み、理事長ら幹部8人を処分する方針という。

 学生の父親は08年、「息子に会いに行く」と言って、同じマンションから飛び降り、自殺した。母親は「大学はいじめを隠してきたと思う。いじめがなかったら息子が亡くなることはなかったし、大学が素早く調査してきちんと対応してくれたら、お父さんも後を追うことはなかった」とのコメントを出した。

 学生の遺族は、大学から見舞金を受け取り、相互に何らの債権債務がないことを確認したという合意書を交わしている。しかし、遺族は、合意書を交わしたために自殺の原因調査を大学に請求する権利を侵害されたとして、大阪弁護士会に人権救済を申し立てている。



更新

いじめ自殺の可能性示唆 追手門学院、第三者委員会
47NEWS - ‎2010年12月26日‎
追手門学院大学(大阪府茨木市)に通っていたインド人の男子学生=当時(20)=が学内でいじめを受けたとのメモを残して3年前に自殺していた問題で、大学は27日、いじめが自殺の一因になったことが否定できないとする第三者委員会の調査結果を発表した。 ...
インド人学生自殺「いじめ否定できない」 追手門学院大
朝日新聞 - ‎2010年12月26日‎
追手門学院大学(大阪府茨木市)に通っていた在日インド人の男子学生(当時20)が2007年、いじめを受けたなどとする遺書を残して自殺した問題で、大学が設けた第三者委員会(委員長・宮崎裕二弁護士)は27日、「自殺の原因としていじめの存在を否定できない」と ...
インド人大学生が自殺=遺書に「いじめ受けた」-大阪
時事通信 - ‎2010年12月26日‎
追手門学院大学(大阪府茨木市)は27日、インド人の男子学生=当時(20)=がズボンを脱がされるなどのいじめを受け、2007年に自殺したと発表した。学生は「いじめを受けた」と遺書を残していたが、大学側は事実を否定。このため、10月に弁護士らから成る第三者 ...
【インド人学生自殺】追手門大が「いじめ否定できない」と謝罪 理事長ら幹部8人処分へ (1/2ページ)
MSN産経ニュース - ‎2010年12月26日‎
追手門学院大学(大阪府茨木市)に通っていた在日インド人の男子学生=当時(20)=が平成19年、学内でいじめを受けたという遺書を残して自殺した問題で、同大学は27日午前、「自殺の原因として、いじめの存在を否定できない」とする調査報告書を発表。 ...
インド人学生自殺「ズボン脱がされた」との証言
読売新聞 - ‎2010年12月26日‎
追手門学院大学(大阪府茨木市)に通っていた在日インド人の男子学生(当時20歳)が2007年6月、大学でいじめを受けたとする遺書を残して自殺した問題で、同大学の第三者委員会(委員長=宮崎裕二弁護士)は27日、「自殺の原因として、いじめの存在を否定 ...
インド人学生自殺 ズボン脱がされ、あだ名は「ビンラディン」 親友が“いじめ”証言 (1/2ページ)
MSN産経ニュース - ‎2010年12月26日‎
追手門学院大学(大阪府茨木市)に通っていた在日インド人の男子学生=当時(20)=が大学でいじめを受け続けたとする遺書を残して自殺した問題で、男子学生が複数の学生から人前でズボンを脱がされたり、イスラム過激派テロリスト「ビンラディン」とのあだ名で呼ばれる ...
インド人大学生自殺、いじめの存在否定できない
スポットライト - ‎2010年12月27日‎

追手門学院大学(大阪府茨木市)の在日インド人の男子学生(当時20)が2007年、学内でいじめを受けたとする遺書を残し自殺した問題で、同大学の第三者委員会(委員長・宮崎裕二弁護士)は27日、自殺の原因がいじめであったことを否定できないという趣旨の報告書を ...
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Honne and tatemae

2010年12月26日 18時54分54秒 | Weblog
コメント欄で本音と建て前は日本独自ではなくかなり普遍的なものではないか、という意見をいただいた。ウチとソトと同様日本人論でよく使われる概念である。

ウィキなんかでもあるが、しかし、これ、日本人が流通させている側面もあるので気をつけたい。

英語版の方がバランスが取れている。
Honne and tatemae
From Wikipedia,


ググると



2006/09/04

本音と建前の使い方
tak shonai's "Today's Crack"

などがうまく説明していると思う。
・・・・・米国人が非常に率直だなんていうのは、嘘っぱちである。初対面の人間に率直なことを言ってくれる人はごく少ない。大抵は、歯の浮くようなお世辞でごまかされてしまうだけだ。初対面の米国人に褒められても、あまり真に受けない方がいい。・・・・・

確かに、英語には 「本音」 という名詞はないかもしれないが、"frankly speaking, ......" という言い方がある。・・・・・それでは、「建前」 に当たる言い方は何になるのかというと、多分、複数あるのではないかという気がする。

一つは、"polite" ということだ。「丁寧な、上品な、礼儀正しい」 というような意味である。米国では、本音を隠れ家に隠しておいて、当たり障りのないことを言ってその場を繕うのが、「丁寧で、上品で、礼儀正しい」 ということなのである。

また、"compliment" とか "flattery" とかいうものがある。これらは、英和辞書的には 「お世辞」 と訳される。しかし、"compliment" は 「社交辞令」 的なニュアンスが強いが、"flattery" は、「おべっか」 である。お世辞も一筋縄ではない。


その他いろんな側面があるのだろうが、典型的にいえば、

建前 演壇、公の場で使う言葉使い
本音 隠しマイク、私的な場で使う言葉使い

といったところか?
イギリス前首相のブラウン氏の失言などが建前と本音をよくあらわしているのではないか?
Brown sorry for 'bigot' gaffe

もっとも英国の場合は、英国に学べで取り上げたような、guile や、あるいは、
the English speaking peoples became known on the European continent as "master in the art of concealing their selfish national interest in the guise of the general good.

といった狡猾さにまで洗練されているようだ。

 国際的な大義を掲げて国益を守る、くらいのことは日本の政治家にもやってもらいたい、ところである。

 米大統領の核兵器廃絶論における建前と本音を読み取れない日本人がいるのが不思議なくらいだ。

 ついでに、先日の有道氏の発言の食い違いなども建前をいっていたが、本音がでてしまったケースだろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入れ墨客お断りは合憲か?

2010年12月26日 14時13分32秒 | Weblog
須磨海水浴場、入れ墨客お断り 全国初の条例化へ 神戸

2010年12月26日



神戸市は24日、入れ墨をした客が須磨海水浴場(神戸市須磨区)に入場できないように条例で規制する方針を明らかにした。来年2月に市議会に提案する。市によると、入れ墨客の入場規制を条例化するのは全国初。

 2008年施行の「須磨海岸を守り育てる条例」が定める禁止行為に、入れ墨を公然と露出して他の利用者に不安や恐怖心を覚えさせる行為を追加する。一部の若者らの間でファッションとして流行するタトゥーも規制の対象となる。指導に従わない場合は市長が「退去命令」を出せる。罰則は設けない。Tシャツなどで見えないようにしていれば対象外になる。

 神戸市によると、須磨海水浴場では以前から入れ墨客が多く見られ、「家族連れで行きにくい」「威嚇されているように感じる」という苦情が寄せられていた。8月には海水浴場の利用客が麻薬取締法違反で逮捕される事件があり、「子どもを連れて家族で行きたくなるような海水浴場」を目指して対応策の検討を進めていた。(日比野容子)


 サウナなどの看板で見かけることはあるが、しかし、これって合憲なのだろうか?
「他の利用者に不安や恐怖心を覚えさせる行為」というだけで、入場禁止というのは漠然としすぎている。
 ブルカやヒジャブ、あるいは、イスラム女性用の海水着など欧州で問題になっていることと重なるのではないか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ネガティプキャンペーン 他

2010年12月26日 10時12分57秒 | Weblog
…why it was that obviously borderline people like Hitler or Stalin or Senator McCarthy or some of the Birchers or people of this sort can gather so many followers. Because they were so decisive, so sure of themselves, so unwavering. So definite about what they wanted and didn’t want, so clear about right and wrong, etc. In a nature in which most people do not have an identity, or real self, in which they are all confused about right and wrong, about good and evil, in which they are basically uncertain about what they want and what they don’t want, then they are apt to admire and succumb to and look for leadership to any person who seems to know definitely what he wants.

...

The person who is able to be decisive, who is able to make a decision and stick to it, who is able to know definitely what he wants, to know he likes this and dislikes that and no uncertainty about it, who is less apt to be changeable, who is more likely to be predictable, to be counted on, who is less suggestible, less influenced by contradiction―such a person is in general more apt to be chosen as the administrative type or the leadership type. They are simply more predictable, more definite about what they like and dislike, less changeable, etc. The fact that this may be for pathological reasons need not be visible to the psychologically unsophisticated person.


Been reading a management book recently

となりの芝生というブログから

ヒットラーやスターリンなどがなぜ大衆に支持されたか?目的、善悪について揺るぎないものがあったから、指導者にはむいていたのだ、と。そうかもしれませんね。特に不安な時代にはむいていたタイプなのかもしれない。

アルジャ
Hollywood and the war machine
Empire examines the symbiotic relationship between the movie industry and the military-industrial complex.
Empire Last Modified: 16 Dec 2010

これはわりに面白くて、ハリウッドが戦争宣伝に大きな役割を演じている、と。
だいたい戦争しかけるときというのは、

1)敵国の設定
2)敵国を悪魔視して、それに関するあることないことのネガティブキャンペーン
3)自国の兵士たちの英雄化

というのが行われるのが常ですけど、
さらに、

4)敵国を文明化してあげる

というメッセージが伴うことも多い。

ハリウッドの場合、戦争映画を作るとき、戦闘機やら軍艦やら軍隊から借りる。その替わりに軍隊は映画のスクリプトに口を出す、という関係があるそうです。トップガンやブラックホーク・ダウンなどはペンタゴンお墨付きの映画のようです。それとは逆に、
Thirteen Days (film)
From Wikipedia,
などは言うことを聞かなかったので軍隊から援助は得られず金がかかった、と。

論者の1人が面白いことを言っていた、CNNやNYTは他国悪魔視自国自賛する宣伝マシーンであり、戦争は聖なるものであり、ペンタゴンは教会であり、兵士は宣教師で、神の使いだから、批判することは許されないのだ、と。クリスヘッジという人だと思いますけど、どこの国でもナショナリズムはある、しかし、米国はそれに基づき暴力・武力を使って行動してしまう、と。
なかなか辛らつな批判であります。彼の著書を紹介しているサイトがありましてそれを抜き書きすると、

War Is A Force That Gives Us Meaning

by Chris Hedges

Anchor Books, 2003, paper


But in mythic war we imbue events with meanings they do not have. We see defeats as signposts on the road to ultimate victory. We demonize the enemy so that our opponent is no longer human. We view ourselves, our people, as the embodiment of absolute goodness.


By turning history into myth we transform random events into a chain of events directed by a will greater than our own, one that is determined and preordained. We are elevated above the multitude. We march toward nobility. And no society is immune.

Most national myths, at their core, are racist. They are fed by ignorance. Those individuals who understand other cultures, speak other languages, and find richness in diversity are shunted aside. Science, history, and psychology are often twisted to serve myth. And many intellectuals are willing to champion and defend absurd theories for nationalist ends.

p24
We often become as deaf and dumb as those we condemn. We too have our terrorists. The Contras in Nicaragua carried out, with funding from Washington, some of the most egregious human rights violations in Central America, yet were lauded as "freedom fighters." Jonas Savimbi, the rebel leader the United States backed in Angola's civil war, murdered and tortured with a barbarity that far outstripped the Taliban. The rebellion Savimbi began in I975 resulted in more than 500,000 dead. President Ronald Reagan called Savimbi the Abraham Lincoln of Angola ...

"The nationalist is by definition an ignoramus," wrote Danilo Kis, the Yugoslav writer. "Nationalism is the line of least resistance, the easy way. The nationalist is untroubled, he knows or thinks he knows what his values are, his, that's to say national, that's to say the values of the nations he belongs to, ethical and political; he is not interested in others, they are of no concern of his, hell-it's other people (other nations, another tribe). They don't even need investigating. The nationalist sees other people in his ,, own image-as nationalists."



In the former Yugoslavia, it was the nationalist propaganda pumped out over television, far more than ancient hatreds, that did the most to provoke rivalry and finally war between ethnic groups.


To those who swallow the nationalist myth, life is transformed. The collective glorification permits people to abandon their usual preoccupation with the petty concerns of daily life. They can abandon even self-preservation in the desire to see themselves as players in a momentous historical drama. This vision is accepted even at the expense of self-annihilation.


 ナショナリストは無知だ、と。安易な道行きで、他者に興味などなく、調べようともしない。他者の中に自分のイメージ、つまりナショナリストのイメージを重ねてみることしかしない。
こうした物語のなかに組み込まれることによって自分が英雄になり、人生が意義のあるものになっていく、そして、一時の敗北さえも究極の勝利のために有意義性を帯びてくる、わけで、神話・物語はよくも悪くも人間に強烈に作用するわけですね。
それと、これ、ナショナリストと言っていますけど、自国の賛美だけとは言えない。自己の属すると思っている文明の賛美、それと敵対する文明の悪魔視という対峙関係でも言えるわけで、それがオリエンタリズムなわけですね。
 こうみてくると、一部の欧米のジャーナリスト、あるいは、活動家と言われる人達の活動と重なるところが多いのではないでしょうか?

 また、日本に来て、日本語もままならず、負け犬となった欧米人の一部が飛びつきたくなるイデオロギーでもあることも明らかでしょう。

 ところで、 これ、内部からの批判としてはもっともなところがあるのですけど、しかし、問題は、英雄と思いこんでいる宣教師たちとどう対抗するか、ということで、攻め込まれる方としては、「いや、きみら政府や主流メディアのプロパガンダによる物語にだまされているだけですよ、きみらは英雄じゃないんだ」と言っているうちに武器をもった宣教師にマシンガンであるいは、無人飛行機で殺されてしまう。そこまでいかなくても、他国民を悪魔視し文明をもたらそうとする欧米の一般市民宣教師に対してはどうするのか?武力と富と強靱な神話を背景にしているだけに質が悪い。 

 この一部の宗教的とも言える人々が、自分の国でも異教徒・移民・異民についてネガティブキャンペーンをして攻撃し、他国にきてまで、現地民=異民についてネガティブキャンペーンをして、攻撃する。やれリベラルだ、やれ自由だ平等だという大義を掲げて文明をもたらそうとするから、騙されやすいが、交流意志もなく、相互理解しようという意志もなく、対話意志もない。

 米国やカナダや豪州の先住民は随分困っただろうなとも思いますけど、一体どうしたらいいか。

 少なくとも、そういう人達の建前の本音についても学ぶべきで、自由や平等といいながら、本音は支配と影響力の強化、力への意志だったりするわけですが、日本人は建前と本音の文化とかいわれるわりにその使い分けが下手だと思う。建前は建前として押し出す。そして、彼等が前面に出す原理をやはり前面に出していくとういことは必須であろう、と思います。


 それと、こうしたことを書いていくと、こうした面だけが米国や西欧の特徴のように思われてしまうかも知れませんが、そうではない。事実、こうしたことを内部から批判している勢力があるわけで、それが米国などの奥行きの深さであります。
 もっとも、我々が思うほど強い勢力ではない、あるいはなくなってきているのではないか、という疑問に対してどう答えいいかわからないところもあります。

 さらに、日本でも似たようなことはある。中国・中国人に対して不必要な脅威を煽るーーーそうした傾向に対して内部からの批判は必要になってくる。もっとも、中国の内部でもナショナリズムに基づいて行動してしまう傾向が増強されているのは確かであって、それに目をつむっているのもいかがなものか?
ここらへん非常にパラドクシカルというか、なんていうか、バランスの取れた行動が必要なわけで、武力による脅威がないのにある、というのも極端だが、あるのにないというのも極端で、やはり、常識的に正確な情報分析をして冷静な対応をしていくことが必要なのだと思います。


ついでに、
http://www.debito.org/?p=8087#comment-231226
Edward J. Cunningham Says:
December 26th, 2010 at 12:10 am


There are already racists in my country like “Virginia Dare” who will go to Japan, experience all the racism NJ receive and yet not get the message. Guys like VD honestly believe Japan is doing things the right way and that America should emulate her, becoming a country only for white people or “European Yamato.”
I can understand your point of view, but I can’t agree with you about barring the door to Japanese. I want my country to become LESS like Japan, not more.


趣味の有道ブログのコメント

もう典型的といえるものでしょうね。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

日本 もうもたない、限界

2010年12月25日 03時58分42秒 | Weblog
産経
【23年度予算】異常事態「10年もたない」…現実味 (1/2ページ)
2010.12.24


毎日
社説:来年度予算 困難から逃げぬ政治を

朝日
菅政権の予算案―先が見える政治へ決断を
12月25日付 社説


 欧州財政危機が火種となって、各国財政の弱みを突く市場の動きが世界中で鋭く激しくなっている。日本国債も最近、価格下落の波に洗われた。

 国と地方の借金は国内総生産(GDP)の約2倍もあり、先進国で最悪。それでも日本国債の信用がかろうじてつなぎ留められてきたのは消費税率の引き上げ余地が大きかったからだ。

 とはいえ、増税できない政治状況が続けば、その信用はいつか崩れる。

 結局、消費増税を軸とする税制の抜本改革の道筋を早く示す、という基本に立ち返るしかない。それによって社会保障の未来を保証し、雇用を生むために政府がもっと力を発揮するのだということを国民に理解してもらう。それなしに問題は乗り越えられない。


読売
来年度予算案 辻褄合わせはもう限界だ(12月25日付・読売社説)


「何のための仕分け」廃止判定の事業相次ぎ復活

なにかジェットコースターで降下しているようで、スリル満点。

反面、政治不信が絶頂に達するかも・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

軽く

2010年12月25日 02時45分33秒 | Weblog
さて、あとまた軽く



広島・李、初の日本代表入り サッカー・アジア杯

2010年12月24日


李 忠成(り ただなり
ルーツ [編集]
大韓民国国籍の在日韓国人4世として生まれる[5]が、2007年に日本国籍を取得して帰化した[6]。通名は大山忠成[5]、韓国語名はイ・チュンソン(이충성、Lee Chung-Sung)[7][注釈 1]であった。


 韓国風名前はつけられない、といっていた人がいたが・・・・




流出のテロ情報、警視庁が内部文書と認めて謝罪

2010年12月24日


ちょっと遅すぎた。



ロシアトゥデイ
'Tis the season for despair

Published: 24 December,



In the US, 'tis the season for holiday cheer, charity, and this year for some of millions of jobless Americans, despair. “Now I think why did I work on all of those Christmases," asked Theresa Iacovo, who has been out of work more than two years. "Why did I give up that time with my family, if now I have nothing and all of the work I've done in my life was for no reason.”
Iacovo, this used to be her busy season at work. But she was laid off from her job in the gas and heating business more than two years ago and has been unable to find any steady work since. "I look for work every single day fill out applications and send resumes out to companies," she said.
Lawmakers reached a deal this month to extend unemployment benefits, but lost in that story are the jobless Americans like Theresa, who don't even qualify for this help anymore. Benefits expire at 99 weeks but job but a job doesn't magically appear. By their own accounts and activists vying on their behalf, in this economy these jobless Americans no longer count. They fall into the shadows and out of even statistical surveys when for many their phones are cut off.
"Once you stop claiming benefits you go into the ether and," lamented Kian Frederick, who is unemployed and the director of Flashmobs4jobs.org. People can guess and people a lot smarter than me put a lot of time in to it and with all respect to that work, [the long-term unemployed] are not counted and no one can say that they are"
But they are a struggling arguably the most to get by.They are people like 61-year-old Gavrielle Gemma, a laid off veterinary nurse who also has been unemployed for more than two years. Like a record one in seven Americans, to eat she now relies food stamps. "It's very hard the truth of the matter is there's really nothing out there," she said.
Despite the financial hardship so many are facing, these will be happy holidays for some. Wall Street banks for one. The lavish Christmas decor is just the tip of the iceberg. Big banks like this are on track to post their second largest profits this year ever recorded, second only to last year. And even still, the average banker bonus may come out higher.


この時期に失業、失業手当もなく、フードスタンプに頼る人々。RTのお得意ネタ。

もっとも、日本でもこの寒空の時期にはホームレスネタが多くなる。この前も民放でやっていたが、

これはNHK
若年ホームレスの支援考える
12月19日 
21時1分
20代や30代で仕事や住まいを失い、路上で生活する若者たちへの支援のあり方を考えるシンポジウムが、19日、東京で開かれました。


なぜか、アルジャか何かで日本ではこうしたことをひた隠しにしているのだ、と言っていた特派員がいた。

これもRT
Americans split over ‘War on Christmas’
permalink email story to a friend print version
Published: 24 December, 2010,


 クリスマスに対する戦争ということで、米国の保守層のなかには騒ぐ人がいるらしい。
Christmas controversy
From Wikipedia,


 クリスマスが宗教色がなくって単なるお祭りというか、休日になってしまうのが嫌なのだろう。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

境界 他

2010年12月25日 00時42分59秒 | Weblog
さてと、とりあえず・・・


レジス・ドブレ氏の「境界礼賛」の書評。地理的概念の再考。「国境なき」支配的思考への異議表明。境界とは限定ではなくアイデンティティー構築過程におけるひとつの契機である云々。日仏会館での講演の書籍化。[Nonfiction.fr]http://bit.ly/eqk8sr


mozu

 これ興味あるんだが、ネットで英訳しても議論の要がわからない。ただ、思考を刺激する。

 ほら、宇宙船からの地球をながめてみてみろよ、国境なんてないだろう、だから、くだらない争いはやめようよ、とか言われることがある。これは、わりに面白い視点であるし、なにか重要な直観を含んでいるようにも思える。
 国境にせよ、境界というのは、歴史的あるいは、社会的に構築されたものだ。
 境界を作り、他者を否定していくことで、他でもない我に目覚めていく、あるいは他でもない我を構築していく、という側面もある。そして、それはそれで重要であり、単純に否定することはいかがなものか?

 唐突のようであるが、先日取り上げたある少女の選択はかなり衝撃があった。そのなかで、彼女が「らしさ」を語る場面がある。

私は透析しないって気持はかわっていません。私らしくすごしたいです。・・・・・
わたしは自分で治療をしない選択をしてお家で自分らしく過ごしたいから在宅ターミナルに決めたんだよ。

 この私らしさ、ということも、例えば、父親の意見を否定し、あるいは、治療で錯乱するような自分を否定しながら、穏やかに暮らしていくという自分らしさを維持しようとしたわけであろう。

 こうした、らしさやアイデンティティは、時間的にずっとあるという意味での、永続的な、あるいは時間の外にあるという意味での永遠的な実体的・本質的なものではなく、時間のなかで醸成されるものであり、また、時間的来歴のなかで根拠や意味をもつ「らしさ」であるが、うつろいゆくものの、それをその時間の中で維持することは、そのまま個の尊厳でもあり、それを肯定することは、なにか運命愛にも通じる価値観を感じる。
 
 自我に目覚めその自我のエゴイズム、あるいは自我と自我との争いに苦悩する若いころは、かえって、無境界に憧れるものであるが、境界を観念的に否定してしまっても、現実に境界が消えるわけでもない。
 また、自他のない無秩序な混沌ーーーそれが悪いわけでもないがーーーや、凹凸のない白地の世界、あるいはエクスタシー、脱自の世界も、一つの世界の局面ではあるが、しかし、一つの局面に過ぎず、それだけではない。
 境界はつねに他者を否定し、閉ざされているとも限らず、固定しているとも限らず、自他が出会う場所でもあり、あるいは、そこは自他であり、かつ、自他でない場所でもある。
 さらに、らしさ、を保つことは境界を保つことでもあり、境界をもつことは らしさ、を保つことでもある。
 また、 一つの境界をなくしたところで、他の境界が現れるーーー境界はどこかで、また、生じ、収縮・拡張・移動・改変され、また、消滅していく時間的でかつ世界の根本的な存在態様の一つだからである。
 そして、時間的存在者の個として 生じ、うつろい 消滅する働き、その間に個としての らしさ を保つ働き、個々が転変しながら、、その個々の局面のすべてをそのままに抱擁し、それらに開かれているということが、まさに、非時間的で無分別・無境界の名付けようのないものの作用である、と言ってしまえば、ややーーーというより、かなり形而上学的すぎるか? 
 人はしかし、例えば、国境のない開かれた場所というものや観念に境界を止揚したその象徴をみるのではないか? 


Gregory Clark is a Japan-hating liberal
Posted by Ken Y-N (aka Tepido Naruhodo) on December 22, 2010

 これも以前mozuさんがとりあげていた記事。
 クラーク氏に関してはあまり知らない。すっとんきょうな記事を書くこともある、というのをどこかで読んだことがあるが、しかし、それはそれでいいのではないか、と思っている。
 例えばの話、古歩道氏という方も同様に英語と日本語の記事を書くが、彼の場合、日本人にせよ、英語圏の人々にせよ、それなりの評価をしている。信者もいない。そうした点が有道氏の活動との違いであろう、と考えている。すっとんきょうな記事を書けばそれなりの評価しか受けない。
 有道氏による記事などは一笑に付されるものと考えていたのだが、どうも違う。なぜか親衛隊までおり、特派員にも多少なりの影響力があるーーーそこが特異だと思うのである。
 テピドOrgでリンクされていたクラーク氏による有道氏の活動に関する記事


The Strange Story of Debito Ardou a.k.a. David Aldwinckle



The onsen owner was naturally unhappy about this and told Dave he wanted to ban Russians from his onsen. As I recall it, Dave went on to say how he had told the onsen owner that banning Russian sailors would be racial discrimination, and racial discrimination was a no-no.


 小樽温泉についてである。これについては、以前にも書いたが、温泉側の事情も理解するものの外国人全般に入店を拒絶した点は間違いである、というのが私見である。日本語で、飲酒者は禁止とか、他のお客様に迷惑行為をした方は入店をお断りします、などもう少し工夫が欲しかった。もっとも、外国人お断り、という提案にそれは人種差別だ、という回答だけでは、解決につながらない。このころから解決志向はなかったようである。



He had warned them about Japan's discriminatory ways. As an example he said how he had been forced to upbraid a waitress, who, thinking he did not speak Japanese, had spoken only to the Japanese person next to him. When the same thing happened in a sushi shop he managed to have the offending person fired. He concluded that Machiavellian (his word) skills were needed to counter the various tricks and subterfuges by which their Japanese colleagues would try to undermine their position.


 寿司屋で横暴な態度について


Anyone with maturity would match the two and realise that on balance Japan was one of the more tolerant of the non-Western culture societies. To focus on the negatives and ignore the positives was childish, racist even.

ということだろうと思う。


And the Japanese officialdom that had invited and paid him to deliver this racist spiel? They too were into Machiavellian tricks? Dave, I had to conclude, was a typically white, Anglosaxon racist to the core - totally contemptuous of the culture around him and demanding it confirm to his needs, not theirs. And there he was, out there, lecturing and badgering the Japanese on their alleged racial discrimination!


 いけね、つい、うなずいてしまったりして。


Thanks to fame gained from the Otaru escapades, Dave has been able to set up a small cottage industry peddling anti-Japan rumors, bias and half-truths to the large sub-class of foreigners here with problems getting adjusted to Japan


 敵を設定し、それについて悪い噂をながし、偏見と誤魔化しを流布させて、異文化に適応できない人々の人気を得るというのは、一部ナショナリストの常套手段。
 一部の英語圏リベラルと自称している人が、その実ナショナリストである場合もある。
 Tepido orgで有道氏の活動は極少数に支持されているだけだ、というのがあるが、しかし、どうもそうも思えない。
 日本にくるニューカマー英語圏の人々ーー特派員も含むーーーの多くが有道氏の活動に憧れ、あるいは、惹きつけられるというのは、なにか出身文化圏にそうした雰囲気でもあるのではないか、とさえ疑いたくなる。

And why the constant personal abuse against anyone who seems to disagree with him? And why the constant anti-Japan bias?

Sadly, even educated foreigners were buying the nonsense.


 というように教養ある外国人でもだまされてしまう。



In their personal attacks Dave and his friends operate on two fronts. One is the ultra- Rightist approach of attacking someone through his/her's place of employment


 個人攻撃は最近のMike Guest 氏やTony氏に対するものなど一貫しているようですな。


Only Whites Invited To Prince William's Wedding

Written by Hydrogen Balloon



Topics: Prince William, Prince Philip, Royal Wedding
Wednesday, 22 December 2010


London, England-- The wedding of Prince William and Kate Middleton on April 29 promises to be a White Wedding. Sadly, no one from any other race has been invited to attend. Even President Obama hasn't been invited, because he's black. The young prince's grandfather, Prince Phillip, is in charge of the guest list, and he doesn't want any blacks.

"No darkies allowed!" stated Prince Phillip proudly. "Why would we have them?? They can't comprehend our civilization. The loathsome beasts would probably eat us!" he said with disgust.

Prince Phillip has even made sure that no Scottish or Irish people will be there either.

"They're all drunks, who needs the scum! The Irish would all start crying and vomiting on the cheap ale they drink. Filthy animals!"


 イギリスの皇太子の結婚式は有色人お断り。しかも、スコットランド人のアイルランド人も駄目、というおちゃらけ記事であろう。しかし、これに相当する日本関連記事が英語圏ではまともにとられるのである。
(外国人お断り)
 
ロシアトゥデイRT
Mainstream Media loves Muslim Bogeyman

Published: 23 December, 2010,


これも先日取り上げたイスラム教徒に対する2重基準と同趣旨。これは米国に関してである。


Americans have consistently been warned of an impending terrorist attack is on the horizon. In post nine-eleven America, critics say mainstream media has typecast Muslims as the fearful bogeyman.
From Cold War era movies like Rocky IV, to today’s terror obsessed mainstream news coverage, there’s always some defacto threat America is striving to defeat.
“The enemy is a key formula. The Muslim so-called violent incidents are part of a narrative,” says Media Analyst, Danny Schechter.
But how much do you know about the 20 year old arrested for carrying a pipe bomb in his backpack for two years?
How about the California man the FBI says harbored so many bombs his home was dubbed a bomb factory?
Both suspects were arrested last month, apparently in the shadow of mainstream news coverage.
Coverage which makes time for non-stop analysis about impending attacks and homegrown terrorism, as long as the alleged perpetrators are Muslim.

According to FOX news face, Glenn Beck, they shouldn’t be hard to find.
“What is the number of Islamic terrorists? One percent? I think it’s closer to ten percent,” said Beck, during his radio broadcast.
So according to Mr. Beck, a cable news personality, that equals 157-million Muslim terrorist.
While beck calculates fabricated statistics, he neglects to mention the non-Muslim terrorist here at home.
Such as the North Carolina brothers arrested in March for possessing material to make bio-chemicals weapons.
Or how about neo-Nazi James Cummings, who in 2009, possessed radioactive and radiological material for a dirty bomb? Cummings belonged to the national socialist movement and was reportedly upset over Barack Obama’s presidential victory.
“I think there’s definitely a double standard. There’s certainly a lot of terrorism in the United States that is not in any way Islamic in origin,” said Sarah Seltzer, Associate Editor of Alternet.
Case in point, a national warning from the FBI earlier this year.
The agency said right-wing extremists, white nationalist, and anti-government militias were organizing violent campaigns against elected officials and law enforcement.
“What happens when an abortion clinic is bombed? They’re rarely called terrorism even though they fit the description of terrorism, which is violence to deter people from behavior,” said Sarah Seltzer, Associate Editor of Alternet.


 かつてはロシアをそうみなしていたように、米国というのは常に怪物を必要とするのだ、怪物についての脅威をあることないこと言い立てて攻撃対象にするが、他方、自国民による同様なテロ・脅威については穏やかか沈黙を保つのだ、と。

 これも米国特有論にしてしまうとやはりまずい。外国人の脅威を煽る一部日本メディアも同様な過ちを犯している。

同じくRT

United States refuses to condemn Nazis

Published: 23 December


But the U.S. turned out to be the only major world power who voted against this document, which was supported and adopted by a “yes” vote from 129 countries.
As is often the case with American politics and diplomacy, there is more to this story than meets the eye.
Something Americans don't talk about, this story is nowhere to be seen in the mainstream media, is information that has been leaked over the last couple of years with documents being declassified, revealing U.S. cover-ups of former Nazis and cooperation with them after the Second World War. Nazi soldiers that were "useful" for the U.S. in the fight against the Soviet Union during the Cold War.
This is not something many countries would be proud of. But America had its interests and when the U.S. wants something, standards and morals often fly out of the window.
Even more curious is the case of the Baltic Waffen SS, working with the Nazis in the Second World War, many reports have revealed that the U.S. made great use of them in the years after the defeat of Nazi Germany.
Nowadays, a country like Latvia (a Baltic state) is the only one that presents former "SS" soldiers as war heroes, calling Russia an occupant when it was actually fighting the Nazis, holding parades glorifying themselves, and destroying Soviet war memorials. While the majority of nations around the world condemn this, the U.S. is a big supporter of Latvia and other Baltic states. The Baltic lobby in the U.S. is powerful, and it’s not hard to connect the dots between historic facts and the events of today.
Over half a century later, passions are apparently still strong. Some experts say American attitudes stem from a certain nuance of political mentality, never looking back in time and never apologizing for mistakes of the past. Even if what this takes is refusing to act against glorifying Nazism.


Russia disappointed by U.S. vote against resolution condemning glorification of Nazism

ロシアが国連でナチ非難決議をしようとしたら米国だけあからさまに反対した、と。
米国は戦後ソ連に対抗してナチを利用したこともあり、また、ラトビアなどバルチック国家はSS兵士をいまだに称賛しており、米国はそうした国々を支援している、と。

 いわゆる歴史問題なんてこの程度のものでしょう。要するに政治問題。
 そして、その政治問題で米国は日本に対して慰安婦問題で非難決議を出した。これは北朝鮮を横暴に目をつむって同盟国を擁護する中国とは対照的です。日本で大きな反発がなかったのでよかったと思っているのかもしれない。屈米論者が多い産経が矛先を韓国に向けているので満足しているのかもしれない。しかし、あの2重基準の非難決議は米国に対する信頼を著しく損ねた、そしてそうしたことが将来の関係について微妙な影を落とすであろうことを彼の国はまだ自覚していないのかもしれない。



コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

あと

2010年12月23日 23時43分01秒 | Weblog
あとちょこっとしたネタを

Frankie Boyle in racism row
'He's a serial offender'
23/12/2010

Frankie Boyle is at the centre of another storm after using the words ‘nigger’ and ‘Paki’ in his Channel 4 show this week.
Although the words were intended to highlight racist attitudes, their use has heaped pressure on the broadcaster following his joke about Katie Price's disabled son.
Tory MP John Whittingdale, chairman of the all-party Culture Media and Sport Committee in the Commons, said Channel 4 should consider sacking the comic over the words.
But they stood by him, saying the intent was satirical.
In his stand-up routine, Boyle discussed how news reports always considered British lives more valued than foreign ones.
He said: ‘What gets me is our callousness as a society when we read out our dead on the news first, because our lives are more important. Other people’s aren’t worth as much.’
He then mimicked a newsreader to add: ‘A bomb went off in Kandahar today, killing two British servicemen, three UN relief workers and a whole bunch of Pakis.’
Later he said: ‘The Ministry of Defence? At least in the old days we were honest, it was The Ministry of War.’ He then adopted the tone of a receptionist to say: ‘Hello Ministry of War, department of nigger-bombing, how can I help?’The episode of Tramadol Nights also included a sketch in which a woman dressed like a sexy Super Mario danced provocatively before waving to the camera and saying: ‘Hello to Pakis everywhere.’ Afterwards, Boyle in character as an academic said: ‘That was very probably wrong.’

Whittingdale said: ‘The words nigger and Paki are deeply offensive to a large number of people. I don't think even in comedy it is justified

‘Frankie Boyle is becoming a serial offender. I really think Channel 4 will have to think whether it's appropriate to screen programmes which are regularly causing offence to a lot of people. It might be a breach of the Broadcasting Code. Ofcom will have to determine that.’

A spokesman for campaign group Show Racism The Red Card said: ‘Regardless of context and intention, the use of words such as these has the effect of normalising racist language.’




But a Channel 4 spokesman said: ‘We strongly refute any suggestion we are endorsing or condoning racist language by our broadcast of Frankie Boyle's Tramadol Nights.
‘This cutting-edge comedy is clearly intended to ridicule and satirise the use of these words - Frankie Boyle was not endorsing them. Channel 4 would not have broadcast these words had they been used in a racist way. All the jokes highlight the unacceptable nature of this language.’


これはイギリスのコメディアンが権力や権力者を揶揄して、ニガーとかパキとか差別用語を使った、と。例えば、イギリス人だけが尊重される傾向を揶揄してアナウンサーが、爆発でイギリス人2名と多くのパキが死傷しました、など。( department of nigger-bombingの部分は意味が掴み切れていない 空)

一方では、意図や文脈にかかわらず、パキやニガーという言葉は不適切という意見があるが、他方、これらの不適さな言葉の用法を揶揄したのであって、これらの言葉を承認しているわけではない、という意見もある。


個人的に言えば、その中間あたりで、こうしたジョークも許されるが、公共放送ではやはり、適当とは言えず、アンダーグランドの劇場向き、といったところではないだろうか?


この事例、有道先生の日本人を揶揄したお絵かきについても言える。仮に目的がサンボの不適切さを指摘するものであっても、このお絵かきは不適切である、という意見と、両方とも同様にーーー両方同様に、と言えるかどうか議論があるところであろうがーーー不適切であることをしめしたものであり、その文脈においては不適切ではない、という意見がありえる。

 多くの有道支持者はこれを不適切と思わないというところにも注目しておきたい。


Only in Print: Racism charges leveled at city schools


The Manchester school district is looking into charges raised by a coalition of groups that teachers and guidance counselors are subjecting minority students to a hostile learning environment.


これはクリックしたらネットでは閲覧不可ということで、他の新聞社がネットで公開していないかな、と思ったら、ないようである。コメント欄が少し面白い。学校の差別についての嫌疑であるが。

Not the race card again.
Your either dumb or not dumb.Look at the UL you see dummies of all colors.
- Greg, Ossipee

As a 30 year resident of Manchester who now has 2 kids in the Manchester school system-all I can say is you have got to be kidding!
- Manchester Mom, Manchester

Yes. Anyone who didn't support the Chicago community organizer for president must be a "racist."

If little Shaquille can't make the honor roll, there must be racism in the school.

Sorry folks, your race card has been overplayed and is completely worn out.
- Bill Howard, Exeter

Most likely some immigrant whose first language is not English and can't compete with the students who were born here and speak English, so they want to level the playing field. It's a typical democrat/socialist ploy, "When you're too stupid to achieve bring those above you down to your level.” It might work in grade school but when those students come into the real world, the working world, they'll be employed by burger joints and landscaping companies. But hey we need those types. So bottom line is, learn the language and strive to achieve and don't blame others for your shortcomings!
- Randy, Manchester

Either you're stupid or you're not. no racism. just hard facts.
- Chris, Manchester

The same thing happened to the city of Lawrence, MA in the beginning too. The Lawrencians went down the road of appeasement and you see what happened. If you don't draw a line in the sand now, you will lose your city just like the people of Lawrence did. Just like all the other cities in the U.S. that have become third world banana republic’s because they allowed this war of attrition against European Americans to continue unchecked. Find out who these groups are and follow the money. You will see that efforts to instigate trouble and dissention are planned and funded by outside sources. The politicians of our state must have the guts to protect us from any outside intervention that these instigators will threaten to bring into the state.
- James Gravel, Manchester

I don't believe that the teachers are racist and treating these students differently...these students are different. The teachers do the best they can to work with the students sent to them by parents. Many immigrant students have not idea what appropriate behavior is and I don't blame teachers for addressing it to keep order. Our friends that move up from Mass often come with pretty bad attitudes. When parents are notified of problems they are often as rude as their children.....and I am talking about both minority and WHITE students. Like I said, these schools deal with who is sent to them. If education is not valued by the family, then the student will most likely be a problem as well and the school will get no support from the parents (or whoever the guardian is). Then the families and coalitions cry foul. Perhaps they should spend their resources educating their membership about assimilation and proper conduct instead of suing the school district. That being said, please know that many of these families are very nice, respectful people. I just talk about the few that are most likely making noise about this.
- JJ, Manchester

yup, i knew this was finally coming to city hall. I know they going sue and get paid! Keep it real africans and get what is coming to yo'all....$$$$$$!
- pookie, ward 5

I hate the racists teachers at central hs. if you dont play sports the teachers and coaches wont even talk to you. I was even told that the only thing africans were good for was playing track and basketball for the school. I didnt play either so they hated me and my freinds. I hope city pays the price for their stupid employees' attitudes.
- Abdikarim, manchester

Ha Ha Ha ... I figured this one out. The bigotry of stupid. Some kid who can't read, write, or speak english correctly is p'o'ed that he is failing; meanwhile a kid from a nice family who studies, participates in extra programs is the reason... yup, right.. sure.. that's it .. bring in Jesse, Al Sharpton .. two champions of academia for sure. The folks in Bedford must get out of bed every day and scream hallelujah that they took their white kids and ran off to Bedford ... tell the "groups" it isn't bigotry, its called dumb. Then ask these people how many of their kids have a daddy at home? When you create an ugly stew, don't complain about the smell.
- tom, manchester,nh

I hope this group sues the city and gets paid big time. Thats the only way this is going to stop. I too feel like a second class citizen when I deal with city officials at city hall. I've complained but nobody cares to listen to an African American woman.
- Sholanda Williams, manchester

I don't know if the racism charge has any merit, but pretty much anyone who has a brain can easily figure out that public schools are a hostile learning environment.
- Ron Helwig, Manchester

The real question is the identity of the "coalition of groups". Who is in these groups and where do they come from?

Is it possible that the coalition is formed of groups of our recent immigrant population who have come to this nation, been given all of the benefits that even our veterans are not entitled to and are now filing complaints because they cannot assimilate into their new culture? Or do they intend for us to accommodate their culture in our schools? Just asking....

If this is the case, is it racist for us to expect others to assimilate into our culture just because the color of our skin is different from theirs?

It will be interesting to know...I might have to spend the money and get a paper today.
- Melvin, Keene

Wow, I can tell you from the wording of the headline and not even reading the article this will be an interesting subject before Chrismaz time.

This country has a complextion problem, all this crap about diversity and mutli-culturalism is a bunch of hogwash by these pansy groups that want to re-weave the United States of America.

This is America, it's not the country of Puerto Rico, it's not the country of Africa, and it's not Bosnia either. It's the United States of America. You come here you leave your own country behind. Its called bye-bye. Take of the headwear and as far as Puerto Rico take the flag that hanging from your rearview mirror and put it you dresser draw.

As far as some of the students in schools, immigrant refugees do not belong in them, when they have been here and paying taxes for a minimum of 10 years then we can think about taking them in once they understand english and are prepared to learn.
- Jack Alex, Manchester

It will be interesting how the School Board and Administration will handle this hot potato. Verrrry Interesting.
- Richard L. Fortin, Manchester

Well it's about time the schools were called on the racism which permeates our young childrens school days!

My child is a minority in her elementary school classroom, and she is constantly accused of showing off or "going ahead" of the curriculae.

Although she earned straight 4's ("Exceeds Expectations"- the highest possible mark) on her 3rd grade report card, she is just not eligible for any special attention. Unlike the "special" class of student with more melanin in their skin, who are afforded special lunch groups and field trips... Yes, you teachers know who you are and you are using MY tax money for this racist crap!

We had to chop off her long, blonde hair into a pixie cut this fall because- not once, but TWICE- some racist little girls couldn't keep their scissors to themselves. My minority child came home with huge chunks cut out of her hair. When I complained, I was told that my daughter must have done it herself by accident!!!

ENOUGH!
- Tracy, Manchester



また、差別ってか、と移民による主張にウンザリの様子。


で、別の記事を探していた途中にあったケース

Burnage High School
From Wikipedia,



Controversy

In September 1986, the school made headline news when 13 year old Asian pupil Ahmed Iqbal Ullah was fatally stabbed in the school playground by another 13 year old pupil, Darren Coulburn, in what was believed to be a racially motivated attack. The incident severely damaged the reputation of what was once a leading and well-respected school in the district, and launched the MacDonald Inquiry into racism in Manchester schools


この地域での学校でのいじめ、というより人種を理由とした殺人事件ですね。


New Zealand releases UFO files

UFOネタ


さらなる被害者が? 眠れる殺人鬼の写真コレクション公開 (1/3ページ)
2010.12.23


ということで、これがその写真コレクション
CBS

Lonnie Franklin Jr., suspect in the "Grim Sleeper" murders, has pleaded not guilty to charges of sexual assault and murder in the deaths of 10 women in the Los Angeles area, but Los Angeles Police investigators think that he may be responsible for many more


December 22, 2010 9:22 AM
"Philadelphia Strangler" Linked to 3rd Victim, Police Urge Calm


CBSつながりで事件をみると。

December 22, 2010 10:04 AM
Douglas Perlitz Sentenced in Haiti Sex Abuse Case


NEW HAVEN, Conn. (CBS/WSFB/AP) Douglas Perlitz, a Colorado man who founded a school for street children in Haiti, was sentenced to nearly 20 years in prison for sexually abusing students for more than a decade at his school.



ハイチでのストリートチルドレンのための学校を建設運営していた人が児童に対して性的暴行をしていた、と。


BRADFORD, England (CBS/AP) Stephen Griffiths, the British man who admitted to shooting his prostitute victims in the head with a crossbow before dismembering and eating them was sentenced to life in prison Tuesday, according to several British news reports.


December 22, 2010 10:21 AM
UK "Crossbow Cannibal" Sentenced to Life


 娼婦を殺して人肉食い。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加