ぼやかせていただいております。

ほおお 他

2011年07月31日 08時51分55秒 | Weblog



原発への攻撃、極秘に被害予測 1984年に外務省

感想

秘密でも、予測/想定したのは偉かった。

秘密にして準備しなかったのは愚かだった。



「国からお金、泥はかぶらず」 安住氏、被災首長を批判

ならば地方にもっと権限移譲しなさい、と。



やらせ疑惑 経産省から保安院分離を急げ(7月30日付・読売社説)

てか、保安院との癒着は事故後かなりはやい段階でいわれており、今回の事故の収束が長期化するとわかったときから取り組むべきであった。マスコミはそれでもこの体制でやれ、と後押ししていたのではないか?

なんていうか、マスコミはどうも問題意識が足りないのではないかなあ。

 中立報道ということを意識してか、政府発言の垂れ流し、もっとも、中立を装いながら、ご贔屓にする人の発言はかなり取り上げるーーー自社の意見を言っているわけではないから、中立のように思っているのかもしれないが、誰のどんな発言を取り上げるかも、一つの肩入れなんだよね。

もっと、対立する意見のガチンコを読みたいんだがなああ。



hayano
ryugo hayano

(参考出品 乞御批判)東京オリンピックの時中学生だった頃の僕の尿のセシウム濃度は 5Bq/L程度と推定.人口動態統計では日本人の膀胱がん死亡率はほぼ一定.今後増える? http://twitpic.com/5y92dp
外部コンテンツは表示されません
Sign in to apply your media display settings. Don't have an account? Sign up!
外部コンテンツを表示

tomojiroと他29人がリツイート


なるほど。


@tomojiro
tomojiro

米国がF22の生産中止を決定し、日本に輸出しなかったのはこういう背景があったのか。別に日本に対する不信ではないんだね。 RT @i_jijicom_inp: F22戦闘機、長期の飛行停止=操縦士体調不良続出で-米空軍 http://bit.ly/oRiBvn

a_watcherと他3人がリツイート


ほおお。



地政学を英国で学んださんが、

Op-Ed Contributor
Assimilation’s Failure, Terrorism’s Rise
By KENAN MALIK
Published: July 6, 2011

の要約を掲載している。


多文化主義、移民の増加

○排外的右翼の増加
○過激な移民の増加

といったところか。


もう少しみると

Multiculturalism has become a fraught issue throughout Europe in recent years. A rancorous chorus of populist politicians, like Geert Wilders in the Netherlands and Jimmie Akesson in Sweden, have made major electoral gains by stoking fears about multiculturalism. Mainstream politicians have joined in, too. Prime Minister David Cameron of Britain and Chancellor Angela Merkel of Germany have recently made deeply critical speeches, and the Dutch government decided last month to dump a decades-old policy of multiculturalism.

The real target of much of this criticism, however, is not multiculturalism but immigration and immigrants ― especially Muslims

Mr. Wilders, leader of the Freedom Party, the third largest in the Dutch Parliament, has campaigned for an end to all non-Western immigration, a ban on mosque building and the outlawing of the Koran. Mr. Akesson, whose far-right Sweden Democrats shocked the nation by winning 20 seats in last year’s parliamentary elections, denounces immigration as the biggest threat facing Sweden since World War II.



欧州各国で多文化主義に対する不安が叫ばれているが、実際のところその標的は外国人移民であり、特にイスラム教徒である。




Part of the difficulty in thinking about multiculturalism is that it has come to have two meanings that are rarely distinguished. On one hand, it refers to a society made diverse by mass immigration, and on the other to the policies governments employ to manage such diversity
・・・・・






●一つは、「多文化主義」というのが大量の移民によって構成された「社会」のことを示していることであり、もう一つがこのような多様性を管理する政府の「政策」のことを示しているからだ。

●この二つの意味を区別できないと、政府の政策の失敗そのものを、マイノリティーたちの責任に押し付けてしまうことになってしまう。


なるほど。




Thirty years ago, Britain was a very different place than it is now. Racism was vicious, visceral and often fatal. “Paki bashing,” the pastime of hunting down and beating up Britons with brown skin, became a national sport in certain circles. I remember organizing patrols on the streets of East London during the 1980s to protect South Asian families from rampaging racist thugs. Workplace discrimination was endemic and police brutality frighteningly common. Anger at such treatment came to an explosive climax in the riots that rocked London, Liverpool, Birmingham, Bristol and other cities during the late 1970s and early 1980s. It was in response to this rage that Britain’s multicultural policies emerged.





まずイギリスだが、30年前のインド系移民などに対する差別はひどかった。色々と暴力沙汰やデモなどが起こったために、この反動として70年代から政府が本腰を入れて政策を打ち出しはじめた。


ほおおお。

イギリスでは、保守的なリーダーばかりを相手にして、アイデンティティポリティックスを栄えさせる素地を政府がしてしまったわけですね。




Polls showed that fewer than 10 percent of British Muslims believed that the council represented their views, yet for more than a decade the British government treated it as their official representative.

ところが、それは彼等の代表ではない。ところが、そんなのばかり相手にしているから、




More progressive movements became sidelined. Today “radical” in an Islamic context means someone who is a religious fundamentalist. Thirty years ago it meant the opposite: a secularist who challenged both racism in the streets and the power of the mosques. Secularism was once strong within Muslim communities, but it has been squeezed out by the new relationship between the state and religious leaders.


穏健派、進歩派は、脇に追いやられて、しかも、


Many second-generation British Muslims now find themselves detached from both the religious traditions of their parents, which they often reject, and the wider secular society that insists on viewing them simply as Muslims.


社会からはたんにイスラム教徒とみられるから、行き場がなくて過激派に走る人達もでてきた、と。

ドイツはどうか、というと、


A similar process has taken place in Germany. Postwar immigrants, primarily from Turkey, came not as potential citizens, but as “gastarbeiter,” or guest workers, who were expected to eventually return to their native countries.


移民はいずれは帰国してくれるゲストワーカーだとみられていたわけですね。ところが、2世3世はドイツを祖国と思い始めているにも関わらず、


The German state, however, continued to view them as outsiders and to refuse them citizenship.


ドイツは移民を余所者、外者とみなし、国籍を与えることもしなかった、と。


In place of citizenship and a genuine status in society, the state “allowed” immigrants to keep their own culture, language and lifestyles. One consequence was the creation of parallel communities. Without any incentive to participate in the national community, many Turks became dangerously inward-looking. Today, almost a third of Turkish adults in Germany regularly attend mosque, a higher rate than elsewhere in Western Europe and higher than in many parts of Turkey.


国籍を与えないかわりに、自分たちの文化や言語、ライフスタイルを維持することを許したため、自分たちだけの孤立した部分社会を作ってしまい、その外のドイツ社会にわざわざ参加する動機もないので、危険なほどに内向きになってしまっている、と。


The challenge facing Europe today, therefore, is how to reject multiculturalism as a political policy while embracing the diversity that immigration brings. No country has yet succeeded in doing so.


問題は政策としての多文化主義を拒否しながら、外国人移民がもちこむ多様性を受け容れることができるか、どうか。いまだのそんなことに成功した国はいない、と。


In principle, the French assimilationist resolve to treat everyone as a citizen, not simply as an inhabitant of a particular ethnic box, is welcome. Yet as evidenced by police brutality against North African youth and the state ban on burqas, France continues to tolerate, and even encourage, policies that polarize society in the name of colorblindness. And although the relationship between Muslims and the state is healthier in America than in most European countries, the furor over a proposal to build an Islamic center and mosque near ground zero in New York reveals that the same fears and problems that haunt Europe exist in the United States.


フランスはだれにでも国籍を与えているのは結構だが、しかし、ブルカは禁止し、また、北アフリカ系の若者に対する警察が暴行したりして、実際には2極化を推進してしまっている、と。アメリカは欧州よりも健全なものの、NYのイスラムセンターなどの建設反対などにみられるように、欧州と同じような不安につきまとわれている、と。

・・・・どうなんだろうね。

経済人は経済的な効果から気軽に外国人移民の導入をしようとする。渡来人の新しい発想や労働力も貴重であるが、社会が抱える問題も大きい。

日本語の習得の義務化、また、国内外での日本語学習の援助などは最低の最低限早くから取り組むべきだ。
英語学習に力をいれていればいい、というものでもない。



死を生きる原動力に 「ブルドクター」主演の江角マキコ
2011年7月30日



「死を少しずつ受け入れることによって、私は父と一緒に生きてきたと思っています。愛する人の死を、生きる原動力にできるのだと伝えたい」


愛する人の死を受け入れる、ということはこんなような感じだろう。草葉の陰どころではない、一緒に生きている。
と同時に、それでも、かたわらで対話している愛する人が死んでしまったことは受けいれているから、自分の死というものも親しいもの、多少は、受け容れやすいものに感じられてもくる。


「家族ができて初めて自分が認められたと思えたんです。それからは仕事も、喜んでくれる人がいるなら、今の私でできることがあるなら、やってみようと思えるようになった」


彼女の場合、父親が自分に注いでくれたものを父親と共に子供や観衆に注いでいるのかもしれない。

いい顔をしている。

喜んでもらえる人がいる人はそこに生きる意味を見いだすかも知れないが、しかし、そうした人がいない場合、いなくなった場合はどうするか?ーー例えば、彼女なら子供たちが独立したとき、あるいは売れなくなったとき、虚脱感にみまわれるかもしれない。

その虚ろのなかから、無用な生の笑い声を聞く僥倖にめぐりあえるかどうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おんなのいきるみち 他

2011年07月30日 07時03分44秒 | Weblog







「政治家にかぎらず、自分の出処進退を口にしたら、辞めなければ価値を落とすことになる」などと質問しました。これに対し、海江田大臣は「いつ責任を取るかは、自分で決めさせていただきたい」と述べました。このやり取りの中では、海江田大臣が「私は自分の価値はどうでもいいですよ」と感極まった様子で、声を詰まらせながら答弁する場面もありました。



趣味的にいうとちょっとみっともない。せめて、テレビのうつらないころで、上を向いていてほしかった。



「フェミニズムの先駆者」に誇り 退職の上野千鶴子が特別講義
2011年7月28日



 「私はフェミニズムの評判がどんなに悪くなっても、この看板は下ろさない。語る言葉を持たなかった女たちが、言葉をつくるために悪戦苦闘してきた。その先輩たちのおかげで私はいる」

 上野が講演の最後をこう締めくくると、教え子も多数詰めかけた会場に万雷の拍手が響いた。

 「恩返しのために、次の世代へ渡す時期が来た。バトンは受け取る人がいないと落っこちてしまう。どうぞ受け取って下さい」

 この講義の模様はインターネットで視聴できる(http://wan.or.jp/)。


というわけで、

上野千鶴子震災支援特別講演「生き延びるための思想」
さらっと飛ばし飛ばし、メモしながらみる。メモをみながら再構成すると、



フェミニズムの定義 女性解放の思想と運動
女性学 フェミニズムのための理論と研究・おんな経験の言語化・理論化

なるほど。



国策男女共同参画

共同参画という言葉は行政が平等という語を入れたくないので作った言葉だそうである。

目標 人口比に見合った男女共同参画ということで、それを推し進めて、伝統的には男性がやっていた職業、例えば、大工さんなども女性がやるようになる、そして、軍隊にまで、女性が行くようになる、しかし、それでいいのだろうか?と。

まず、構造・ルールを変えないまま女も平等に競争に参加するこのゲームは女が負けるようにできている、と。

ネオリベ 
勝ち組 勝間
負け組 香山

頑張って努力して勝ち

女が負けるようなルール 


で、彼女は、主婦の研究から始めて、不払い労働の理論を、家事は労働か?という問いをたててぶちまけた、と。

マルフェミ マルクスに挑戦したフェミ

伝統的なマル経からすると、主婦の労働は生産活動ではないが、それに挑戦したのである、と。
で、それまでの理論は、


市場 外部コスト (家族 自然)

という市場 家族 の二元論であり、育児介助 産み育て死を看取る労働がなぜか下位におかれていた、と。

しかし、国家の観点が欠ける、と。で、国家とは



国家 強制力をもつ集中と再分配の制度


の謂いであるが、しかし、女もまた国家に男並みに参加することがフェミのゴールか?と
そこで、四元論を打ち立てた、と。



government
common(civil)協



family
market



で、福祉については、

福祉 補完主義 市場と家族がうまく機能しえちるときは、補完


と考えられていた、と。



しかし、
自助でもなく公助でもない、共助

というあり方があるのではないか?


血縁・地縁・社縁→選択縁


家族、市場、国家の失敗が身に染みた人達が、しがらみのない自分の意志で選択する、選択縁というものがあっていのではないか、と。
で、



当事者主権 私の運命は私が決める 至高の原理

ということを言い始めた、と。

社会的弱者(障害者、女、老人、患者などの)の決定権が奪われてきた。


そうだ、フェミとは、社会的弱者の自己定義権の獲得する活動であって、弱者は自己定義権を奪われてきた。
弱者は支配的社会的強者に何者かを決められてしまう。
例えばの話、煙草を吸うと女らしくない、あぐらをかくとお嫁にいけない、あがったら女ではない。ブスは女ではない、など、支配者に都合のいい”女”の定義・イメージ

しかし、あんたに教えてもらう必要なない、女性学とは当事者研究なんだ、と。
そして、当事者 問題を抱えたもの、としてとらえられてきたが
→問題を解決する責任が社会にあるニーズをもった主体
としてとらえなそう、と。
では、問題とは何か、


問題 あなたをつかんではなさいこと

例えば、女、在日、レイプ被害者などである。

で、今回の震災の話などになって、

弱者を救おうと犠牲になったひともいれば、原発作業員などの決死隊もいる。


戦争などの非常時に、男らしさと結びついて決死隊などがあるが、しかし、そこから、逃げても卑怯ともいえない。

そこから、国家の安全保障というより、人間の安全保障 ということを考えるようになった、。それは、

国家よりも人間が安心して弱者になれる社会

つまり、ヒロイズムから下りてもいいのだ、フェミは女も男並みに強者になる思想ではない。
女は弱者である。女は子供を産むと介護する者ができると、弱者になり、その責任から逃げてこなかった。
弱者だから支えあう、弱者が弱者のまま尊重されるのがいい。

8月15日の敗戦の空、国家も権力、行政もあてにならなくなった焼け野原で歩き始めた女たち。
そこに、生きき延びるための思想がある、と。





ーーーそもそも私はフェミ思想というものをあまり知らない。上野氏の著作も読んだこともない。栗本慎一郎氏などが称賛し売れていた『セクシィ・ギャルの大研究』などを本屋で立ち読みしたことがある程度の記憶である。
誤解もあるだろうし、そもそもはっしょってしまって正確でもないのだが、ある程度刺激的ではある。そこで、氏の話というよりもそれから刺激をうけてつらつらとうかんだ想念の何点かについて。

あ)自己定義権というのは面白いですね。これ、英語圏の記事を読んでいる日本人ならある程度わかる。日本人とはこうだ、と支配的なディスコースによって、都合良く勝手に規定される。
どこでもそういうのはあるのであって、例えば、

アルジャの動画
The Intervention
Examining the impact of the Australian government's so-called 'intervention' policy on aboriginal communities.
Witness Last Modified: 29 Jul 2011

Filmmaker: Julie Nimmo


Recorded over eight months in the community of Katherine in the Northern Territory of Australia, The Intervention reveals the federal government's implementation of its so-called 'intervention'.

JOIN THE DEBATE

Send us your views and join the Witness community

It shows the impact of this controversial policy - which has recently been declared racist by the UN special rapporteur on indigenous human rights - on the aboriginal communities it is designed to 'stabilise'.

The film, by director Julie Nimmo, follows a range of people from within the community as well as the local government workers tasked with implementing the policy. It puts a human face on the consequences of a policy that has divided the country.

これはオーストラリアの先住民アボリジニ政策で、アボリジニは勝手に幼児性虐待者あるいは、お金の使い方を知らないとして規定されてしまう、福祉の名の下に、かえって尊厳を失われているケースを扱っている。


Independent/Reuters

UN claims Canberra has racist policies
Reuters
Thursday, 26 May 2011SHARE PRINTEMAILTEXT SIZE NORMALLARGEEXTRA LARGE




The United Nations top human rights envoy attacked Australia's tough refugee policies and the treatment of outback Aborigines yesterday, saying there was a strong undercurrent of racism in the country.

Long-standing policies of locking up asylum-seekers had "cast a shadow over Australia's human rights record", and appeared to be completely arbitrary, said Navi Pillay, the UN Human Rights Commissioner.

"I come from South Africa and lived under this, and am every way attuned to seeing racial discrimination," Ms Pillay, a former anti-apartheid campaigner and International Criminal Court judge, said at the end of a six-day visit. "There is a racial discriminatory element here which I see as rather inhumane treatment of people, judged by their differences, racial, colour or religion."


国連からは差別的政策である、と非難されているようであるが、まあ、こうしたことがある。

やっぱ、こうした勝手な規定に対してはNoと言っていかなくてはならない。Noと言える女、Noといえる日本、というわけで、この点、深いところで上野氏と石原氏には共通のものがある。それはいいとして、ただ、彼女は女性は弱者である、云々である、と規定してしまっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
更新

日本人はこうである、女はこうである、というのを支配的なディスコースで規定されるのだが、日本人も、、女性もまた、そうした支配的なディスコースの規定に同調している人もいる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

女はこうあるべきという圧力から解放されるのはいいが、しかし、女が女はこうあるべきとか、こうである、と言い出してもおかしくなる。伝統的な女性から、男性的な女性などなど多様な女性がいてよい、固定的にみるな、固定は死なり、というところでとどまるべきであろう。なぜなら、女は女、男は男でありながら、その本質はない。




若いときに読んだ本で、維摩経という仏典がある。そこで舎利弗が突然女性に変身させられてしまう章があった筈だ。ググると、
天女、舎利弗に教える
ちゃんとある。天女と舎利弗が問答している場面である。



舎利弗を天女のように変身せしめ、  自らもまた舎利弗の姿に変じてしまいました。
 そして舎利弗に問うて言います、『何うして女身を転じて男にならないの?』と。
 
 舎利弗は天女の姿のままで答えて言います、
『私は今、何うすれば転じることができるかを知らずに女身になってしまった。』と。

 天女が言います、
『舎利弗、もしあなたが女身を転じて男になることができれば、一切の女人も転じることができましてよ。
 舎利弗、女ではなくても女身を現すということがお分かり?

 一切の女人も同じですのよ、
   女身を現してはいますが、実は
   女ではございませんの。
 だから
   仏もお説きになっていらっしゃいます、
     一切のあらゆる物事は、
     男でもなく女でもないと



やっぱし、仏さまは偉いね。
実体なき差異の戯れ、といえば、多少現代風なのかもしれないが、一切のもの、男も女も、太郎ちゃんも華子ちゃんも、”黒人”も”白人”もそれに対応する実体や本質があるわけではない。

こうあらねばならないという自分もない。



い)それが悪いというわけでもないのだが、共助、女縁社会というあり方にも疑問がある。
まず、しかたなく支えあう人々というのがいる。貧困な社会の貧困な家族、あるいは、日本でも一部のホームレスが支え合って生きている。これは美しい。

が、しかし、彼女の考えているのはそうしたあり方ではあるまい。

東大の教授という経歴があり、これからも講演や私大の教授、あるいは名誉教授が保障された勝ち組女性たちや、有閑マダムなら、孤独に耐えきれず、適当に支え合っておもしろおかしく、あるいはちょっとメロドラマ風に生きていくのも可能かも知れない。しかし、そこからはみだしてしまう人達がいる。共助からはみ出し、、可愛くもない、醜い人々もいる。一部の宗教なんかはそこらへん、もっとも醜いものまで、救済を申し出るのであるが、しかし、これにも限界があり、やはり、公助で救済していってもらいたいのである。いや、そもそも共助の土台もある程度公的な援助が必要なはずだ。


それと関連して、

う)ヒロイズム
男たちはヒロイズムから下りていい----それはそうである。

英雄というのは、英雄にならなかったといって非難されるべきものではない。
しかし、あえてやることは称賛されてよいのである。

つまり、行為というのは、やったら、あるいは、やらなかったら非難される行為、やってもやらなくても非難されない行為、やらなくてもいいがやったら称賛される行為があるわけで、ヒロイズムというのは、最後のグループに属する。

で、例えばの話、弱者を救うと言うこともヒロイズムであって、例えば、津波に流される老人を救わなかったとしても非難されるべきものでもないが、やれば、成功しなくても英雄的な行為なわけである。違う角度からみると、弱者同士の支え合いも、できればいいができなくても非難されるものでない。そこにやはり限界があるのである。自助も無理、共助しなくても非難できない場合があり、しかし、それでは忍びない、だからこそ、社会がそうしたものまで見捨てまいぞ、という義務的、強制的公助の部分があってもよいし、強制はしないものも、進んで身を投じたものに対しては、社会からの称賛があって然るべきなのではないか。

え)戦争論に関しては、他に著作があるのかもしれないが、戦争はまっぴらだ、という感情しかないような印象がある。人を殺すのはよくない、というその一点張りでは、戦争を回避することはできない。野蛮な男たちに囲まれた女性たちは輪になってしゃがんで身を縮めているのか?ただ、これについては他になにかいっているのかもしれない。

お)当事者主権について、
問題を解決する責任が社会にある、というところが微妙で、自分との関係性ということで、自分のあり方と他者のあり方両方を問うていく、というなら、わかるのだが、しかし、自分が被害者で、かつ被害者でしかなく、問題は加害者たる社会というようなとらえ方をしてしまう人がいるのではないか、とも感じてしまう。後者は、自分の不幸を母親の教育、あり方のせいにしている大人のような印象を受けるのである。なんていうか、日本は男性支配的社会であり、自分は被害者である、といったにおいのする発言をする進歩的な女性らしき人になにか、かえって、伝統的な意味での”女々しさ”を感じてしまうことがあるのである。

「男は黙ってサッポロビール」ーーーそれはどうでもいいんだが、(日本的?)伝統的価値観の一つの中で、仮に自分が被害をうけても、仮にどうしようもなくても、仮に責められても、他人のせいにせず、黙って引き受ける、というのがある。

この前NHKで上を向いて歩こうについての番組があった。永六輔がイメージしたのは、少年が泣きたいけど泣いてはいけない、泣きたくないけど泣けてくる、上を向いて涙がこぼれるのをじっと耐えている姿なのだそうである。
そうしたことは、少年でも少女でも、あるいは男でも女でもあるのだろうが、これは一つの美である。見せる涙ではなく、見せない涙を偶然見てしまうとそこにグッとくるものがある。海江田氏のはもろにみえてしまったからちょっと、と思うのだが、なんていうか、苦難を黙って引き受けいく姿というのは、男性でも女性でも美しい。

「女も黙ってサッポロビール」

 が、それだけでもやっぱまずいから、他人や他者、社会についても言うべきはいい、責任とってもらうところはとってもらう。しかし、やはり、関係であるから、自分にも責任があるわけで、その責任に耐えるべき耐え、また、自分自身もあらたな自分のあり方に向かってアンガジェしていかなければ、関係性はなにもかわらない。

 また、その歴史社会的な関係性のなかにしか自分はいないのであって、当事者主権自己定義権といってもその関係性を無視したら空想に終わる。


【1/31】『新編日本のフェミニズム』全12巻完結記念公開シンポジウム全記録

ビデオのなかで紹介されていた文献である。まだ、読んでいない。

@tomojiro
tomojiro
The Economist最新号の特集"Turning Japanese"、どうでもいいけど表紙がむかつく  economist.com/node/21524874



Turning Japanese
The absence of leadership in the West is frightening―and also rather familiar
Jul 30th 2011







The world has seen this before. Two decades ago, Japan’s economic bubble popped; since then its leaders have procrastinated and postured. The years of political paralysis have done Japan more harm than the economic excesses of the 1980s. Its economy has barely grown and its regional influence has withered.

As a proportion of GDP, its gross public debt is the highest in the world, twice America’s and nearly twice Italy’s. If something similar were to happen to its fellow democracies in Europe and America, the consequences would be far larger. No wonder China’s autocrats, flush with cash and an (only partly deserved) reputation for getting things done, feel as if the future is on their side.





Just as in Japan, politicians have failed to make the structural labour- and product-market reforms essential to spurring growth. If this deal spawns a fiscal union within Europe, as it may well, that will not be because Mrs Merkel and her peers took a bold, strategic and transparent decision to create one, but because they ran away from more immediate forms of pain


In both Europe and America electorates seem to be turning inward. There is the same division between “ins” and “outs” that has plagued Japan. In Europe one set of middle-class workers is desperate to hang on to protections and privileges: millions of others are stuck in unprotected temporary jobs or are unemployed. In both Europe and America well-connected public-sector unions obstruct progress. And then there is the greatest (and also the least sustainable) division of all: between the old, clinging tightly to entitlements they claim to have earned, and the young who will somehow have to pay for all this.


欧米もこんなことだと日本みたいになっちゃうぞ、と。
どうだ、日本ポストポストモダンや、ガハハッ と笑える事態ではない。

日本の政治家の無能、機能不全ぶり、また、既得権益への粘着している一部の人々が、日本を絶望的にしている。

絶望していないのは、そこそこの既得権益をいまだもっている議員・官僚・ジャーナリストくらいか?

表紙の絵に関しては、・・・・・とくになんだか、よくわからない、といった感じだけ。




原発政策を決める「国民投票」の実現を 「なでしこジャパン」のようにチームプレイ、そして諦めない執念で「電力・原発の政官財癒着」を断ち切れ
2011年07月20日(水) 渡辺 喜美
渡辺 喜美


ミッチーなかなかいいこといってると思うだが・・・・





やれやれ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

脱米軍依存 他

2011年07月29日 23時28分26秒 | Weblog

@mozumozumozu
mozu

[世界の論調批評]「米豪安全保障協力」吉原氏の議論の紹介 t.co/7aWmkwA
12時間前 webから
Aceface48と他1名がリツイート





中国のミサイル戦力は、それほどまでに在日米軍基地の価値について再考を強いつつあります。米軍が今の規模でいつまでもいてくれることを無前提に信じ、これに反対したり、騒音発生源扱いしてきた日本は、いきなり冷水を浴びせられることになりはしないか、とつくづく考えさせられる論文です。


ほおおお、なるほど。

米国ウォッチの第一人者から、米軍は日本を見捨てる、日本を裏切るだろう、というわけですな。米国に近い論者の意見がだんだん一致してきたようですな。

在日米軍による騒音問題は解決するとして、いきなり冷や水を浴びないよう、今から、日本も戦略を変えていく方向に向かわざる得ないわけ、というわけでしょうな。

ふむふむ、脱米軍依存の方向がきまってきたのかああ、感慨深いなああ。

ハーグ条約日本加盟、遅いと米国務次官補が批判

 【ワシントン=中島健太郎】国際結婚が破綻した際の子どもの扱いを定めた「ハーグ条約」に日本が未加盟のため、離婚した日本人と米国人の間で親権のトラブルが相次いでいる問題で、カート・キャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は28日、下院外交委員会人権問題等小委員会で「(条約加盟への)手続きが遅すぎる。忍耐も限界に近い」と日本政府の対応を非難した。子連れで帰国した日本人に対し、犯罪者引き渡し手続きの適用を検討する考えも示した。


 ハーグ条約の締結国同士は、自国政府を通じて相手国に子どもの返還や面会を請求できる。日本は未加盟のため、米司法当局は離婚後に子連れで帰国した日本人を「連れ去り犯」と見なすことが多い。米国務省によると、こうしたケースは2005年の11件から、現在は123件(173人)に急増している。

(2011年7月29日11時15分 読売新聞)


読売は、帰国した日本人の取材報道もしないで、米国務次官補の談話は報道するんですな・・・情けない。

気球を飛ばしているのか?

 外交的には中国や米国とうまくやっていくべきなのは当然で、個人的には、私は親米なんだけれども、いわゆる保守が日本の保守していないようにみえるのが妙に嫌なのである。

 オバマさんがいうように、そもそも日米関係は対等なら、対等に言うべきことをお互い言い合う、というならいいのだが、いわゆる保守のおじさんたちが、国民ーーー例えば、沖縄住民や子連れ帰国配偶者ーーーのうったえよりも、妙に、米国の顔色ばかりうかがっているようにみえるのが嫌なのである。

 ああ、敗戦というのは、そこまで、ある世代の人達にショックだったのか、と可哀想にも思えてくる。


アルジャ

The US and the new Middle East: The Gulf
Fault Lines travels to Bahrain and asks why the US backs democracy in one Arab country, but not another.
Fault Lines Last Modified: 26 Jul 2011






Fault Lines travelled to Bahrain to hear from those who had been protesting, to ask them what they think about the lack of real US pressure on their country's rulers. The country is also home to the US 5th Fleet, where Fault Lines gained exclusive access to the USS Ronald Reagan, an American aircraft carrier deployed in the Persian Gulf.

The film traces the US' response to the protests in Bahrain and Saudi Arabia, and examines how the stability of oil prices, the steady supply of crude, and concerns over Iran have affected America's response.



米国はバーレンで民主主義を求める民衆に対する人権弾圧にだんまりを決め込んでいるのはなぜか?
地政学的重要性のためだろう、と。

これは、しかし、非難発言しても不当な介入といわれ、しなくても非難される、という側面もある。大国故に、各国からの期待も大きい。

もっとも、時勢によって、コロッと政策がかわることもあるのも事実。

ガーディアン


America's rising tide of Islamophobia
The Norway attacks and Breivik's citation of US bloggers reveal how mainstream far-right views on Muslims have become
)

Sarah Wildman
guardian.co.uk, Thursday 28 July 2011

アメリカのイスラム憎悪の台頭



What began, over a decade ago, as a far right assault on immigration policies of European countries from within (think Vlaams Belang in Belgium, the Front National in France, the FPO in Austria, to the rantings of Geert Wilders in Holland) has been exported to the United States where our ultra-conservative bloggers have handily repackaged that material. Though we in the US have not had the same economic conversations about immigration and Muslim communities – European concerns began with so-called "guest workers" who became permanent residents – the Oslo murders tragically expose a well-integrated transatlantic network of fear and hatemongering.

Among other references in his 1,500-page "manifesto", Breivik quotes favourably Robert Spencer, who runs the Jihad Watch website, Pamela Geller, who, via her Atlas Shrugged blog, was a key player in the controversy over the Cordoba House's "Ground Zero Mosque" in 2010, and Bruce Bawer, whose book While Europe Slept: How Radical Islam is Destroying the West From Within warns of the intent of Muslim immigrants to Arabise Europe.


まずは欧州でのイスラム嫌い、


What we're seeing in the US is a successful, almost mainstream, re-imaging and repackaging of the panic of European Islamophobia, of the sort that's oft spouted by far right groups from Austria, to France, to the United Kingdom. In the year since the so-called Ground Zero Mosque furor, when campaigners brought in Europeans like Geert Wilders to march for their cause, a group of conservative Americans have become increasingly vocal in their opposition to public displays of Muslim life, from opposition to mosques (which has coincided with an increase in arson attacks) to warning calls that sharia law is soon to replace our justice system.
Partly, the success of our bloggers' ideology stems from America's vigorous free speech laws. On this side of the Atlantic, first amendment rights are guarded, rightfully, zealously and carefully. We can be more aggressive in our stances. But partly, their success comes from their very visibility: Geller, Spencer and, especially, Bawer are more mainstream in the US dialogue on Islam than their counterparts in Europe. Bruce Bawer's op-ed was published in the venerable Wall Street Journal. Pamela Geller is a regular on talkshows, from right to left. Their positions, like it or not, have found an audience and gained traction, if not wholesale legitimacy, in the US context. Their work has enabled Americans like Juan Williams, the former NPR correspondent who was fired for telling FoxNews he finds Muslim travellers on planes frightening, to bounce back with his new book, Muzzled.


その影響を受けたアメリカでのイスラム嫌いの台頭


As these blogs flog these issues, day after day, a siege mentality in certain corners of the extreme right is now pervasive: our culture, they say again and again, is being Islamicised. If we don't defend ourselves, the implication is that "we" will be overtaken and "our" culture will disappear. Is it not justifiable, then, in such a rhetorical atmosphere, to ask: if you are promoting the idea that people are facing an alien invasion, is it not reasonable to assume that there will be those who hear that as a call to arms?


自分たちで西洋文化を守らないとよそ者からの侵略にあう、など毎日言っていれば、戦闘準備をしろ、と言われている思う人がいても不思議ではない、と。







Hideki Irabu, former New York Yankees pitcher, found dead
Suicide suspected after body of Major League Baseball star found in a California home

Share
reddit this
Associated Press
guardian.co.uk, Friday 29 July 2011


阪神コーチら死惜しむ「先発前日は眠れず、それで酒を…」 繊細な一面も
2011.7.29


・・・・・
八木裕2軍打撃コーチは「すごく繊細なところがあった」と振り返った。
・・・・・

マック鈴木監督も、ショックを隠せなかった。大リーグ時代は、よく食事をともにした仲。「先発する前の日は緊張して眠れないと言っていた。それで酒を飲むんだって」と豪快なイメージの裏に隠された繊細な一面が思い出されるという。


彼のふてぶてしい行動はその繊細さ、気弱さの裏返しだったのだろう。以前、球団に入った当初の若い自分の映像をみたことがあったが、とても可愛らしい選手だった。叩かれると、体を捻りながら、どうしてもああした態度で反発してしまう。
残念だ。ご冥福をお祈りする。

韓流スーザン・ボイルにネットで称賛 孤児院出身22歳
米CNNは、ネットで世界から人気を集めた英国のスーザン・ボイルさんと並べ「後継者は韓国から」と報じた。


CNN云々というので、キュンラーかと思いきや、違った。

Meet South Korea's answer to Susan Boyle
By Paula Hancocks, CNN
July 20, 2011



コリアガットタレント(korea-get-talents)チェソンボン

3歳で孤児院に預けられたが、暴力に耐えかねて5歳で逃げ、ガムなどを路上で売り、野宿をして生きてきた

5才で逃げるものなのだろうか、あるいは、5才で、ガムを売って野宿しながら生活できるものなのだろうか?などと考えつつ・・・・・唄はうまい。



第16回 国内生産にこだわると衰退する
安い電力を活用できる海外移転




アメリカのIT(情報通信技術)産業を支えているのは優秀な中国人とインド人だ。シリコンバレーのエンジニアの外国人比率は60%。グーグルもヤフーもインテルもトップに外国人が多い。一方、イギリス金融街のメインプレーヤーはアメリカ人とドイツ人だ。

 原発問題の終息が前提だが、日本にはまだ優秀な外国人、主に中国人だろうが、彼らに活躍の場所を提供するだけの魅力があるという。外国人を呼び込み、日本に付加価値の高い産業を立ち上げる。でなければ、日本は貧しくなっていくだけだ。


日本人は必ずしも外国人嫌いとは思わない。そもそも、渡来人の力を借りて国力をつけてきたわけだ。

しかし、政治や大手メディアの問題意識がダメにすぎるように思えてならない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

刃向かう’のよ’ 他

2011年07月29日 09時21分04秒 | Weblog


@nofrills

nofrills メモ魔です
翻訳しなさすぎ…RT @yamtom: これは通じない...RT @msmsaito: フェミニズム回りの意味不明のカタカナ語の浸透ですが、ついに労働運動にまで…ペイエクイティとディーセントワークが男女賃金差別解消の鍵って、通じないよ-… http://bit.ly/nLxyOK


おもしろい。
翻訳のこととなると、なかなかな他人のことはいえない。時間をかけて、ウンウン考えて、名訳をすればいいのだろうが、そこまで時間をかけていらない。’デーセントトランスレーション’でさえ難しい。

翻訳というのは一種の芸術。

翻訳をするのは両国語の深い理解、その文章、及び背景の深い理解が必要だが、しかし、ーーー言い訳がましいようであるがーーーうまい翻訳ができないからといって、その文章を理解していないわけではない。
もちろん、他人に呈示するときは、こなれたわかりやすい翻訳をしたほうがいいのはいうまでもない。


togetter
「翻訳された女」は、なぜ、「~だわ、~のよ」語尾で喋っているのか。




おもしろい。


お蝶婦人かっつうの。



なでしこ報道で露呈した“ニッポン”の未熟な女性観
男性社会の自覚なき“刃”が女性を働きにくくする
河合 薫  【プロフィール】 バックナンバー2011年7月28日

言いたいことはわかるのだが・・・・

日本とは対照的だったアメリカの報道
・・・・・
だが、そんなアメリカにも、かつては、「女性の最大の喜びは結婚と出産。男のスポーツであるサッカーをするなど、とんでもない」というのが世間の価値観だった。
・・・・・
依然として結婚や出産を機に辞める日本の女性たち
・・・・・。

アメリカを引き合いに出してどうしよう、というのだろうか。なにか非常に古びた発想を感じる。
’父’なるアメリカの権威を借りようというのか?
また、アメリカを引き合いにだすなら、アメリカの女性が現在得ている権利の獲得するのに女性たちがどれだけ、社会や伝統と戦ってきたか、日本の女性はなぜそれができないのか、についても注意を払うべきであろう。


「結婚は?」、「子供は?」、「彼氏は?」と、なでしこジャパンのメンバーに、容赦なく質問を浴びせたように、「仕事と家庭の両立は難しいでしょ」「子供が小さい時は、母親は一緒にいた方がいいよね」などと、あたかもそれが“常識”のごとく浴びせられる言葉。「やっぱり辞めた方がいいのかなぁ」と本人の気持ちを萎えさせるような、何気ない一言や態度。

 “刃”は存在している。私には、そう思えてならないのである。

それはあろう。しかし、例えば、クリントン女史にクリントン元大統領のことを聞いたとき、女史は憤然とした。彼のことは彼に聞け、と。そうして因習に対して憤然と刃向かう女性がおり、また、そうした女性たちが若い女性たちのインスピレーションになってきたわけであろう。(なでしこたちもまた、そうした若い女性たちを彼女らなりのやりかたで、黙々と鼓舞している)

 そうした質問をする方もするほうだろうが、しかし、それに憤然と答えられない女性たちの責任も問うべきだ。

 そんなことしたら嫌われるかもしれない。バッシングされるかもしれない。しかし、それを乗り越えなければ変化はやってこない。

 いずれにせよ、’父’なるアメリカの秩序に組み込まれようとする態度はもう卒業したほうがいい。
 ’進歩的’と思っている女性に案外多い。

 実質的な議論をすればいい。


  佐々木則夫監督にも、ん? という質問ばかりが繰り返された。 
 え~っと、つまり、女性部下は扱いにくいってことなのか? いやいや、そんなことは言ってないか? ううむ。でも、サムライブルーが凱旋した時には、岡田武史監督にこんな質問しましたっけ?

 「男性のだけのチームをまとめるのって、大変でしょ?」なんて、ね。
 「結婚したいですか?」、「彼女はいますか?」なんて質問が、サムライブルーのメンバーに投げかけられた記憶もない。


 例えば、男性に向けないような質問を公共電波でするのは失礼である、と論じる。ーーー’失礼’である、という日本的価値観と絡めてなぜ失礼か、それを説得的に論じていければ、いいではないか。そこはウンウンと頭を絞るのである。

 英語をカナカナにして輸入すればいいというものではないの同様に、欧米的あり方や価値観を日本に輸入すればいいというものでもない。伝統を変えていくときも、やはり、多くの場合、伝統が踏み台になっていくのである。



小林秀雄 botcast

久しぶりに小林秀雄の文体にふれる。惹かれる。’文学’を感じる。しかし、哲学的に見えて哲学とはいえない。。似ているところもあるが、しかし、かなり異質なものがある。ただ、考えるヒントは満載だ。


@suzuky
suzuky


モリッシーまた暴言「この世は殺戮ばかり。ノルウェーの虐殺では97人が死んだ。もっともこんなのはマクドナルドとケンタッキー・フライド・シットの虐殺に較べればどうってことないけど」mirror.co.uk/celebs/news/20…

yasufumi63と他7人がリツイート




Morrissey says Norway massacre is "nothing" compared to the actions of fast food chains
by Ashleigh Rainbird, Daily Mirror 28/07/2011


 一部の反捕鯨の人達と発想が似ているところがある。


ノルウエーネタ


@guardiannews
Guardian news
Glenn Beck compares Norway shooting victims to Hitler Youth - video http://gu.com/p/3vz3n/tf
7月26日 twitterfeedから
fizzytweetsと他83人がリツイート


@mozumozumozu
mozu
これじゃFOXニュースにも出せないて。
7月27日 webから


でしょうな。

あれだけの大規模な集会をした右翼論者の発言である。


@mozumozumozu
mozu

アルジャジーラには最初に疑われたことへの憤りを表明する記事が並んでいるけれど、この記事は批判の矛先がNYTに集中している点が興味深い。aje.me/pp0Eww
7月25日 webから
nakatakemonoがリツイート



Norway's attacks reveal world of hatred
Initial reactions to the attacks in Norway showed a "clash of civilisations" exists, but not in the way many understood.
Ahmed Moor Last Modified: 24 Jul 2011



The Norwegian terrorist who murdered more than ninety innocent civilians - many of whom were teenagers - did not act alone. Or rather, he acted within a cultural and political context that legitimises his fearful and hate-infested worldview. It is now clear that Anders Behring Breivik was exposed to large amounts of right-wing propaganda. This tragedy underlines the urgency with which normal people around the world must combat fundamentalist nationalists and chauvinists wherever they may be. But it also demonstrates the extent to which reactionary bigotry has infected mainstream thought.

Many reacted to the news from Oslo with wide eyes and a pointed finger. The most animated reactionaries took to the pages of the New York Times comment section to issue sweeping proclamations about the Clash of Civilisations and something called "the cult of death". In many ways, readers were merely reinforcing the paper's woefully editorialised reportage. As Glenn Greenwald helpfully pointed out, the editors of the NYT - America's allegedly liberal newspaper - reserve the word "terrorist" solely for use in conjunction with the word "Muslim".

When news emerged that the perpetrator of the murders - the terrorist - was a man whose religion and skin pigmentation closely resembled those of the editors of the NYT, the story changed. The terrorist became a deranged "Christian extremist" whose tactics clearly mirrored "Al Qaeda's brutality and multiple attacks". In that way, the paper linked the terrorist with Muslims, despite his strong antipathy for them.

Blame for the Western media's panting pursuit of a non-existent Muslim triggerman quickly focused on the feckless, credulous, overeager and inept source of the NYT's journalistic failure. Will McCants - proclaimed by one of his acolytes to be at the top of a "list of five terrorism experts you can trust" - was quickly discredited. In his defence, he only sought to affirm the confirmation bias that he and the editors of the NYT suffer from. The meme that underpins their worldview goes something like this: "Muslims are bad. When bad things happen, Muslims are responsible." This is a mainstream view in the US today; it cuts across party lines.


イスラムとはどんな宗教かも知らないわけだが、この他者・異端者に憎悪をむけ、あるいは、蔑視、あるいは子供扱いする欧米メディアに対する積年の恨みみたいな気持の部分では共感できる。

もっとも、憎悪でお返ししよう、というつもりもない。ただ、欧米中心主義的な語り口についは相対化させていただく。


Self-denial won’t save Finland
Wednesday, 27 July 2011



In the introduction to his manifesto he thanks the assistance of “brothers and sisters” of the “National and pan-European Patriotic Resistance Movement” in, among other countries, Finland. He e-mailed his manifesto to numerous people a couple of hours before starting his rampage, among them 15 Finns. One of them, Terhi Kiemunki, district secretary of True Finns, forwarded the message to everyone on her contact list without reading it first, “because it looked like it dealt with Islam”, as she describes it.

The messy, gigantic, free-flow opus, which is partly copied directly from the Unabomber’s manifesto, has no content list or specific order. The text even includes Breivik’s journal, CV and an interview where he both poses the questions and answers them. He mentions and quotes an anonymous anti-Islamic blogger called Fjordman, who could be described as the Norwegian equivalent of Finland’s True Finns MP, Jussi Halla-Aho. The latter is also mentioned in the manifesto as being a like-minded blogger. I wouldn’t be surprised if it eventually turns out that Breivik himself is behind the name Fjordman.

There are numerous similar blogs and forums with the same theme in Finland. These forums have a wide array of members and audiences. Most of them see immigration, Islam and multiculturalism as the most pressing problem in their country and even their own lives. A small, but not insignificant group of these see violence as the only – or the best – solution to this problem.


容疑者を生み出した雰囲気はフィンランドにもあるよ、それを否定してはいけない、と。

Europe's 'xenoracism' spawned Norway horror


BY JOHN S. MCCOY AND W. ANDY KNIGHT, EDMONTON JOURNAL JULY 28, 2011



The problem with most of these counter-terrorist policies and actions is that they tend to paint all Muslims with the same brush and, in doing so, stoke irrational fear and hatred of a class of people just because of their religious belief, clothing and practices.

We are not Muslims, but we find ourselves defending Muslims from the onslaught of some people who, under normal conditions, appear to be intelligent, tolerant, lawabiding and even in some cases religious-minded. These folks have somehow bought into the scaremongering propaganda spewed by antiimmigrant, far-right groups such as the English Defence League and the British National Party in the United Kingdom; the Freedom Party in the Netherlands; the Danish People's Party; the Swedish Democrats (Sverigedemokraterna); the True Finns party; the Dansk Folkeparti of Denmark; and the Fremskrittspartiet in Norway.

This propaganda has led to the steady rise in xenoracism; and by that we mean a troubling increase in a virulent form of prejudice, discrimination, exclusion and marginalization that targets individuals and groups based on the perception of foreignness. The prefix "xeno" stems from the Greek word meaning stranger or guest.
・・・・・
Unfortunately, xenoracist sentiments are not limited to far-right extremist groups. Indeed, those sentiments are often fuelled by statements made, perhaps unwittingly, by respected state leaders such as British Prime Minister David Cameron, German Chancellor Angela Merkel and French President Nicolas Sarkozy. These leaders have all declared that multiculturalism has failed in their respective countries. While these leaders are not explicitly anti-immigrant or anti-Muslim, their attempts to stave off the growing popularity of far-right political competitors provides fodder for extremists such as Breivik.

Cameron kicked off his election campaign in April with an antiimmigrant speech in Hampshire that could have been written by someone from the far-right British National Party. In it, he tried to link immigrants in Britain to the drag on that country's welfare system.

Sarkozy claimed his government's ban on the niqab and the burka was an attempt to defend "French values." Referring last year to the presence of immigrants and foreign workers in Germany, Merkel told a group of young people from her Christian Democratic Union Party: "We kidded ourselves a while, we said, 'They won't stay, sometime they will be gone.' But this isn't reality."

This type of rhetoric adds fuel to the flames of bigotry and hatred of those who are perceived as different from us. Breivik might have been delusional but he is the product of a xenoracist movement, not only in Norway, but throughout Europe.


 テロといえば、イスラム、という発想の背景に他者、未知の者、異なる者を毛嫌いする風潮が欧州に蔓延していた、と。移民はじきに出て行くものとおもっていたが、間違っていた、と。

 まあ、有道ブログで日本についていわれるようなことですな。

 日本でもそうした傾向はある。しかして、欧米にもある。





UK government, media contribute to hate crime, report finds



London, July 27, IRNA – Muslims in the UK regularly feel that government policies target Muslims and exemplify hateful speech, according to an inaugural report into hate crime published by the Islamic Human Rights Commission (IHRC).

The report entitled 'Getting the Message: The Recurrence of Hate Crimes in the UK' also found that Muslims still see the media as a deeply problematic factor, often citing it as a direct contributor and cause of hate crime.
In the pilot study, which is being followed by projects in France and repeated in other countries, hate crimes faced by British Muslims are considered in detail, with focus given to explicit and implicit forms of racial and religious discrimination.
Among the findings, 74.5% of respondents reported to have heard hostile remarks being made about Islam, 66.9% witnessed negative stereotyping of Islam in the media and 66.9% evidenced political policies affecting Muslims negatively.
Just under two-thirds also said that they had heard racial remarks and almost the same number witnessed or heard Islamophobic remarks, while more than half experienced direct verbal attacks, unfriendly behaviour on the streets and racial tensions in their cities and neighbourhoods.
In addition, over 40 per cent experienced threats or unfair accusations and a significant minority of 13.9% reported having been subjected to violent physical assault.


UK 政府の報告によると、多くのムスリムがメディアの報道の仕方がヘイトクライムの大きな要因になっていると感じている、と。




今回、ノルウエーはこのような凶行の悲劇にあったわけだが、しかし世界的に見るとそもそも



The 2010 Legatum Prosperity Index




Norwegian citizens enjoy high levels of personal safety
Norway has low numbers of refugees and internally displaced people, and one of the lowest levels of group grievances in the world, taking into account both recent and past injustices. Political violence at the hands of the state is virtually non-existent. There were no episodes of civil strife in the last recorded period, and Norway also benefits from the second lowest levels of human flight in the Index. The country furthermore has the third lowest level of demographic pressures deriving from group settlement patterns and physical settings. Norwegians enjoy high levels of personal safety: only 3%* of people reported being assaulted in the year prior to a 2008 survey, and in the 12%* reported having property stolen. In addition, Norway is among the top 10 countries in terms of the high* proportion of people who feel comfortable openly expressing their political views, and 85%* of people reported feeling safe walking home alone at night.


世界一安全な国だったわけですね。繁栄指数も世界1,2を争う。
因みに、 日本
Japanは18位

ウィキで過去のデータに照らすと


Legatum Prosperity Index
From Wikipedia,


どんどん順位が下がっている。

議員とジャーナリストは案外まだ、余裕があって危機感を実感していないのかもしれない。



2nd arrest made for alleged hate crime
Updated: Wednesday, 27 Jul 2011, 11:18 PM EDT
Published : Wednesday, 27 Jul 2011, 10:43 PM EDT


Posted by: Eli George
NIAGARA FALLS, N.Y. (WIVB) - A second arrest has been made by Niagara Falls Police for an alleged hate crime against a woman of Pakistani origin.

Police arrested 38-year-old Sheree Ann Sabater Wednesday night and charged with her third degree assault as a hate crime. 32-year-old Antoinette Ivey was previously arrested for the alleged assault on July 14th.

Police say the two are responsible for an alleged hate crime assault of a woman of Pakistani origin as the woman walked to meet her husband. Police say the pair taunted the woman using racial and ethnic slurs while driving next to her in a van, eventually stopping the vehicle, knocking her to the ground, and repeatedly kicking her.


NY ナイアガラ パキスタン人女性が運転する車の横について、差別的言葉をなげつけ、車をとめて、ボコボコにしたカップルがつかまった、と。




首相官邸前でナイフ所持容疑、男を逮捕
2011/07/28 に公開

東京・千代田区の総理官邸前の路上で27日夜、果物ナイフを持っていたとして、36歳の男が警視庁に逮捕されました。男は「総理が辞めないから罰を与えるためだった」など­と供述しているということです。

所属する団体とか、なんとか続報はないのだろうか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かまとと 他

2011年07月28日 20時27分32秒 | Weblog


中国「信号欠陥」、日本の専門家「信じがたい」


 日本の鉄道関係者は、中国の事故調査チームの報告について、「あり得ない内容」と驚きを隠さなかった。鉄道のシステムは、機器に故障が起きたときは、常に安全な側に制御する「フェイルセーフ」という考え方に基づいて設計されているからだ。


 須長誠・東洋大教授(鉄道工学)は「落雷が原因とは信じがたい。原理的に、故障すれば、必ず赤信号になるはずだ」と報告を疑問視。「中国の鉄道システムは、各国の技術の寄せ集めで作られている。その過程で運行のコンピューター制御に欠陥が生じたのに、それを隠そうとしているのではないか」と推測した。

 大手鉄道関係者も「仮に落雷で信号が壊れたら、日本の新幹線なら必ず止まる。中国の説明通りだとしたら、どういう仕組みで青信号になったというのか。理解できない」と首をひねった。JR関係者も「事故車両をいったん埋めてしまうなど、中国はきちんとした原因究明をする制度がないように感じる」と話した。

(2011年7月28日18時17分 読売新聞)


こういう報道が悪いとはいわない。しかし、原発事故の時、巷では、炉心溶融しているというのが常識だったにも関わらず、日本の大手の報道は、そうした専門家の憶測を報道しなかった。それでいて、いざ、炉心溶融を政府が認めると、驚いてみせたりするーーーなにかおかしい。

極右の主権の会や在特会などもネットでは知れ渡った存在であったにも関わらず、逮捕されてから、その存在に驚いてみせたりするーーーなにかおかしい。

社会の動向を察知する取材力がないのか、知っていてもかまととぶっているのか、いずれにせよ、なにかおかしい。

中国政府、国民の怒り読み誤る 爆発寸前に
2011.7.28

国民の怒り、動向を読み誤っているのは、中国政府だけではあるまい(ーーーもっとも中国政府もかなり積極的に説明責任を果たさざるえない状況に追い込まれているようだが) 

日本の政治家、及び大手のメディアもかなり読み誤っているのではないか?


@suzuky
suzuky

泣けた RT @ss_meow 泣けた。 RT @matsumura: これ本当に良い。 RT @yumikosakuma: 見てるだけで泣きそうになった。同性結婚カップルのポートレート。bit.ly/qGRpxw
12時間前 webから
mozumozumozuがリツイート



60 Awesome Portraits Of Gay Couples Just Married In New York State


 同性結婚に反対するものでもないし、法律技術上の問題はあっても、そうした結婚はあってもいいと思うものであるが、しかし、特に感動もない。やっぱ、なでしこの方が感動する。思い入れの違いかもしれない。その裏のドラマを知らないからか?

RD


JULY 27, 2011 · 12:03 PM

Survey: 63% Oppose Giving Women, Non-Whites Special Treatment When It Comes to Hiring


Just over one-in-five likely U.S. Voters (22%) now support government programs that give special treatment when hiring women and non-whites.

A new Rasmussen Reports national telephone survey finds that 63% oppose programs that give hiring preference to women and non-whites.

That’s up eight points from 55% a year ago. Fifteen percent (15%) are not sure about them.

When asked specifically about “affirmative action programs” in general without any further description, 26% of voters favor them, while 45% are opposed. Thirty percent (30%) are undecided.

A plurality (46%) of voters believes affirmative action programs discriminate against white men, but 31% disagree.



雇用において女性や有色人に特別待遇することに関して、5人に1人しか、支持していない、と。

(逆差別 差別是正策)


ABC
'Most Stressed Out' in U.S.? Middle-Aged Women Have Lowest Well-Being, Study Finds




By LINSEY DAVIS and ENJOLI FRANCIS
July 27, 2011



The findings released today from the Gallup-Healthways Well-Being Index show that women ages 45 to 64 have the lowest well-being of any age group or gender.

Wondering why? Take Watkins, for example.

She wakes up with the sun, her kids still live at home, she works a full-time job and she spends her lunch breaks visiting her mother, who recently suffered a stroke. On top of that, Watkins is married and attempting to stay healthy.

"It's 'Oh, wow. I'm not spending enough time with Mom. I'm not giving her enough support,'" she told ABC News. "But then I go over and spend more time with her [and] then I'm thinking: 'Wow. My kids are needing more of my time. My husband needs more of my time or my job.'

It's the constant feeling that you're never doing enough for any particular group that needs your time. Most definitely, I think that comes with the female territory," she said. "I want to find a corner and curl myself up and get away from everybody and everything, but that doesn't happen."


he stress could be shaving years off women's lives. Medical experts say this could be the first generation of women who don't outlive their male counterparts by five to seven years.

"Women have an edge in living longer than males at every age span," Thacker said. "Now the concern is that women may very well lose this edge. ... They may very well have a shorter lifespan than the aging relatives that they're taking care of."


アメリカ中年熟年女性がもっともストレスが多く、そのため寿命を縮めているのではないか、と。
(女の役割)
家族の面倒に、職場でのストレス、大変なようですな。

ちょっと古い(3月)が、


上級管理職の女性割合 1位タイ45%、最下位日本8%
2011/3/10 (23:09



【タイ】米大手会計事務所グラント・ソントンが昨年第4四半期から今年第1四半期に39カ国・地域で行った調査で、株式非公開企業の上級管理職に占める女性の割合が最も高かったのはタイで45%に上った。日本は最下位で8%。中国は34%、米国は15%、ドイツは11%だった。

 39カ国・地域の平均は20%で、2009年の24%から低下した。日本を除くアジア太平洋は平均27%、G7は平均16%だった。また、女性の上級管理職がいない非公開企業の割合は2009年の35%から2011年は38%に上昇した。

 タイが首位だった理由についてグラント・ソントンは「タイでは上級管理職のポストが男女に平等に開かれている」「独身だったり結婚が遅いことがタイ人女性が企業で出世する理由のひとつ」などと指摘した。

 タイでは大卒者の割合も女性が多く、社員、職員のほとんどが女性という職場も一般的。結果としてホワイトカラーの女性が釣り合う結婚相手を見つけられず、独身のまま仕事を続けるケースも多い。


上記記事と対比させて、だから、女性は上級管理職につくべきではない、などというつもりはない。逆に、日本でも、もっとも、より多くの女性の上級管理職がいたほうがいいし、必要であれば、なんらかの法律的対処をすべきであるとおもう。
 しかし、アメリカはリベラル、多文化主義で女性はえらく解放されている、といったイメージもかなり歪曲されている、と思うのである。

 アメリカはアメリカの問題があり、また、彼等のやり方で解決しようとしているし、それに学ぶことも多い。

 ただ、外国人にも日本人にも、欧米がしかじかだから日本もそうすべきである、という発想の人がいるが、それが不健全だと思うのである。

 一般的な共通の問題もあるが、国によって事情はことなるし、問題意識も、解決法も異なるーーーそれでいいのである。

 積極的差別是正策に反対するものではないが、日本の場合、雇用や昇進差別についての訴訟がもっとあってもいいし、社会的に問題視されるのが先だと思うのである。そうしないで、国会や委員会でちょこちょこやっているから、国民の意識ももりあがらない。

 進歩的なフェミの男の子論などの社会学を否定するつもりもないが、なにかお遊びのような気もしないでもない。




Daughters of the brothel
Naseema was born into and lives in one of India's most infamous brothels but is now working to free trafficked women.
Witness Last Modified: 29 Jun 2011 10:40



インド 売春、人身売買などの被害となる女性たちのなかで、そうした差別に立ち上がるインド人女性を描く映画の紹介。力強い。
日本の企業なんかも、インドに進出する際、こうした団体に寄付したり、あるいは、雇用を提供したりしたらどうだろうか?

Independent


Chinese children rescued from smugglers
AP
Thursday, 28 July 2011SHARE PRINTEMAILTEXT SIZE NORMALLARGEEXTRA LARGE




Chinese authorities have rescued 89 trafficked children – including one aged only 10 days – after uncovering two gangs buying and selling youngsters.

The arrests of 369 people highlighted China's thriving black market in children – mostly involving buyers who want more children or those who want them as slave labour – that endures despite harsh penalties for traffickers.

It was not clear from the Ministry of Public Security's website if sexual abuse might also have been a motive for the trafficking.

One case stretched across 14 provinces in China and the other involved a trafficking ring which sold children, mainly in Vietnam.

The operation involved 2,600 officers. The People's Daily said the oldest rescued child was a four-year-old.

It is often difficult to trace the parents of trafficked children. While many babies are stolen, some are sold by their parents.



中国 人身売買の被害にあった子供が救われた、と。
 親が子供を売るケースもある、と。
(慰安婦)


ノルウエー事件関係


アルジャ


Is the right on the rise in Europe?
Inside Story asks if the attacks in Norway point to a growing trend across Europe.
Inside Story Last Modified: 2


欧州で右翼は増加中か?

アルジャの論調がどうなっていくか、注視したいところ。
西欧のメディアがイスラム圏に関してキチガイ過激派の勢力を強調したように、今度はアルジャが西欧圏に対して右翼のキチガイ過激派勢力を強調していくのだろうか?

ここでも、特殊性に注目するよりも、共通性に注目した方がいいように思う。どちらにもキチガイがおり、どちらのキチガイの存在を否定することなく、どちらの凶行も間違っており、同じように、テロに関して監視していこうではないか、と手をつないだほうがいい、と思う。



シュピーゲル


07/27/2011

The World from Berlin
'How Can a Society Justly Punish Someone Like Breivik?'




But one of Norway's biggest challenges will be that of reconciling its liberal values with the desire to see Anders Behring Breivik, who has confessed to the attacks, adequately punished. Breivik is facing terrorism charges, which he denies. But even if convicted of terrorism, he would only face a maximum prison sentence of 21 years under Norwegian law.

Prosecutors are now considering charging Breivik with crimes against humanity, for which the maximum penalty is 30 years. Under Norwegian law, the basic criteria for the crime is "to kill a group of civilians systematically," according to an Oslo University law professor quoted by the Associated Press.


 刑罰は復讐ではないが、犯人は長くて21年、人類の罪に対する犯罪を適用してもせいぜい30年、それでいいのだろうか、と。



ガーディアン


Anders Breivik, the EDL and political violence

Share
reddit this
guardian.co.uk, Monday 25 July 2011 21.00 BST
Article history



On 21 July English Defence League member Christopher Payne pleaded guilty at Nottingham magistrates court to involvement in an incident on 23 June in which a pig's head was placed on a pole outside the possible site of a mosque and he spray-painted the message "No mosques here. EDL Notts" on the pavement.


During the early hours of 22 July racist thugs vandalised the Madinah mosque in Luton, breaking its windows and spraying its walls with the image of a swastika and the words "EDL".

Later in the day on 22 July EDL admirer, Islamophobe and anti-multiculturalist fanatic Anders Behring Breivik committed mass murder in Norway in the name of his deranged ideology (Norway counts its dead, 25 July).


これはEDLと今回の犯罪との関連性があり、という論調。


EUオブザーバー


Spain to make u-turn on labour market access for Romanians
VALENTINA POP

21.07.2011 @ 15:27 CET


EUOBSERVER / BRUSSELS - The Spanish government is on Friday (22 July) set to approve a measure restricting the access of Romanian workers on its labour market from 1 August, due to the high unemployment rates plaguing the country.
・・・・・


Spain is legally entitled to re-introduce restrictions - as both Romania and Bulgaria - who joined in 2007 - can have their workers blocked from other member states' labour markets until 2014.

Spain, however, was the first western European country to lift these restrictions, in 2009.

Human rights groups have slammed the policy u-turn as "lamentable", saying it will do little to alleviate the unemployment issue.


スペイン政府がルーマニア人移民の雇用制限を始める、と。国民の失業率が高いわけですね。

France and Italy acted against 'spirit' of EU border laws
Tunisian migrants arriving in Lampedusa were not welcomed in Italy or France (Photo: Valentina Pop)
VALENTINA POP

25.07.2011 @ 17:42 CET



Thousands of Tunisians arrived on the tiny Italian island of Lampedusa in the first months of this year, profiting from lax coastal surveillance after the fall of dictator Ben Ali. With many of them being French-speakers, a natural destination was France. Their passage was made easier by the Italian authorities who did not keep them in detention centres and granted them temporary residence permits.

In reaction, France reinforced its 'spot checks' at the border, with riot police boarding trains and checking the papers of the persons on board.


EU法に反するとまではいえないが、フランスで国境の電車に乗り込み、機動隊が乗客の身分確認をするのはEU法の精神に照らしていかがなものか、と。

(IDチェック、職務質問)







日本演劇を研究 デービッド・グッドマンさん死去

デビッド・グッドマンさん
 日本の演劇や文学の研究者で米イリノイ大学教授のデービッド・グッドマンさんが25日、がんのためイリノイ州の病院で死去した。65歳だった。妻は作家・翻訳家の藤本和子さん。

 1960年代に来日してアングラ演劇に深くかかわり、現在の劇団「黒テント」の創立に参加。日本演劇に関する英語雑誌「コンサーンド・シアター・ジャパン」を編集・発行し、唐十郎、佐藤信、別役実らの演劇や、赤瀬川原平、白土三平、つげ義春の漫画などを世界に紹介した。日本演劇論などの著作や、近現代戯曲、小熊秀雄詩集など翻訳は数多い。



David G. Goodman


David G. Goodman is Professor of Japanese Literature at the University of Illinois at Urbana-Champaign. His books include Angura: Posters of the Japanese Avant-Garde (1999): Jews in the Japanese Mind: The History and Uses of a Cultural Stereotype (with Masanori Miyazawa, 1995); After Apocalypse: Four Japanese Plays of Hiroshima and Nagasaki (1986); Japanese Drama and Culture in the 1960s: The Return of the Gods (1988);and Long, Long Autumn Nights: Selected Poems of Oguma Hideo (1989), which won the 1990 Columbia University Translation Center Award. In addition to his English publications, Goodman has written four books in Japanese, including, most recently, Hashiru [Running], published by Iwanami Shoten."
Goodman received his B.A. from Yale University (cum laude), and an M.A. and Ph.D. from Cornell University. He has held NEH and Fulbright research grants and has lived more than ten years in Japan.


デイヴィッド・グッドマン

ご冥福をお祈りします。

Japan Probe コメント欄
britling

Then they would mention language, wouldn't they? Yet a casual internet search reveals plenty of counter-examples, with 'Japanese Only' alongside Japanese such as 「外国人の方の入場お断りいたします」. Anyone even vaguely familiar with kanji can see that that mentions foreigners, not language.


外国人お断りについて・・・・有道ブログの影響で、そもそも議論の前提となる基礎知識が足りないのではないか、と思う。



外国人の入居差別の判例をあげておく。




『日本における外国人入居差別について
~在日朝鮮人の入居差別の実態と問題解決の課題にむけて~



入居拒絶者:家主
事件の詳細:在日韓国人である裴さんが不動産仲介業者を通じてマンションの賃貸を申し込み、手付金
なども支払った後、家主から韓国籍であることを理由にして入居を拒否された。家主を相手方として、
賃借権の確認及び建物引き渡しを求め、また、差別的な入居拒否が不法行為にあたるとして、損害賠償
を求めると共に、大阪府に対し、宅地建物取引業法に基づく監督義務違反による損害賠償を求めて本訴
に及んだ。
裁判の有無:有り 判決日 1993 年 6 月 18 日(大阪地裁)
提訴相手:大阪府・家主・T 不動産・K 不動産
判決の内容:3つの争点
① 原告と被告らとの間で賃貸借契約が有効に成立したか否か。
② 被告らの不法行為の成否
③ 被告大阪府の損害賠償の有無
判決結果:原告の主張を一部認容、一部棄却
争点①については、「本件賃貸借契約を前提とする原 告の有権代理及び表見代理の主張は採用しな
い。」とし、原告の主張を退け、賃貸借契約は有効に成立しなかったとした。
争点②については、「各基本的人権の保障規定は、対公権力関係の規範であって、私人相互間の法律
関係に直接適用されるわけではない。」また、「国際人権規約の各規定が国内的効力を有する法源として
機能するのは、国ないし地方行政機関がその趣旨に沿った立法行政上の措置を取るべきことを要請する
面にとどまり、私人相互間に直接作用するものではないものと解される。」とし、憲法の人権規定及び
国際人権規約の適用を否定した。
ただし、原告が契約成立を信頼したにも関わらず、合理的な理由なく契約締結を拒否したことが信義
誠実の原則に反するとし、民法の不法行為責任に基づき、被告に慰謝料を求め、原告の請求を一部認め
るかたちとした。
争点③については、「憲法及び国際人権規約は、原告主張の意味での大阪府知事の宅建業者らに対す
る規約監督権限の根拠規定になるものではない」とし、被告大阪府に対する原告の請求は理由がないと
された。宅建業法の「公正な取引」を「経済的な公正」に限定し、本件では不当な敷金などを要求した
わけではないので、府には指導監督する前提がなかったとしたのである。
考察:①憲法及び国際人権規約の適用を否定した。
②外国人であることを理由とした入居拒否には合理的な理由がないと明示された。これにより、民間の
賃貸契約の場合、入居者の選択は事実上の家主の自由裁量に任されていたが、賃貸借契約のあり方にも
影響を与えたといえる。
③判決が信義則違反を認めたのは、原告が既に手付金を払っていたからで、この段階は契約締結前とい
うよりも契約締結段階に至っている。したがってこの段階に至れば、単なる第三者に対するものよりも、
それ以上に信義則が支配するという民法上の理論に基づいている。


3.2 奈良入居差別事件(金考至さん)
事件発生日:1991 年 7 月
入居拒絶者:家主・仲介業者
事件の詳細:当時仕事の都合で大阪府堺市に住んでいた金さんは、奈良県檀原市の近鉄八木駅から檀原
神宮駅にかけての 4 軒の不動産仲介業者から、外国籍を理由に入居を拒否された。
裁判の有無:なし
その後の運動:この入居差別事件に関して、金さんの父が通う夜間学校の先 生たちからかかってきた、
『みんなでこの問題に取り組みたい』という電話がきっかけとなり、「奈良・入居差別を考える会」(以
下「考える会」と略記)が発足した。そして、総連・民団と3つの夜間中学に協力を要請して、奈良県内
における入居差別の実態調査をすすめると同時に、4 軒の家主と業者に「質問と要請」文書を発送した
上で個別に話し合い、納得したうえでの「謝罪」をとりつけた。
また、考える会が県下の3つの夜間中学の協力を得て、当該斡旋業者と家主に確認調査をした結果を
みると、契約者本人と連帯保証人に「住民票」を要求するだけでなく、「入居申込書」に「本籍地」欄
とは別に「日本国籍 有・無」欄を併記し た書式や、「本 籍・国籍」欄を設けている書式の存在が判明
した。
同時に、奈良県土木部建築課にもはたらきかけ、1992 年 2 月 20 日には県知事に、「質問と要請」書
を提出した。具体的な「質問と要請」書と県の回答は6.1 添付文書に書した。県の回答は、今回の
入居差別事件に対し即効性のある具体的対応は何一つ盛られていない漠然としたもので、行政による対
応の限界が明らかになったといえる。



3.3 尼崎入居差別事件(李俊煕さん)
事件発生日:2003 年 10 月 18 日
入居拒絶者:家主
事件の詳細:尼崎市内で結婚を控えた在日韓国人夫婦が、不動産店舗内で希望物件を申し込んだところ、
家主に断られた。家主は申込書の本籍欄を見るや『うわー韓国かー』『前に韓国の人に貸し て塀とか柱
を青やピンクに塗られてリフォームするのに大変やった』と発言した。その日の夕方には仲介業者を通
して、外国籍であることを理由に契約を断ってきた。またその後の裁判で、拒- 8 -



3.3 尼崎入居差別事件(李俊煕さん)
事件発生日:2003 年 10 月 18 日
入居拒絶者:家主
事件の詳細:尼崎市内で結婚を控えた在日韓国人夫婦が、不動産店舗内で希望物件を申し込んだところ、
家主に断られた。家主は申込書の本籍欄を見るや『うわー韓国かー』『前に韓国の人に貸し て塀とか柱
を青やピンクに塗られてリフォームするのに大変やった』と発言した。その日の夕方には仲介業者を通
して、外国籍であることを理由に契約を断ってきた。またその後の裁判で、拒理由を「猫の飼育を希
望していたため」とすりかえていた。
裁判の有無:有り 第一審判決日 2006 年 1 月 24 日
控訴審判決日 2006 年 10 月 5 日
提訴相手:家主・仲介業者
判決の争点:①被告家主の不法行為責任の成否
②仲介業者の不法行為責任
判決の内容:
争点①について、家主は「韓国籍であることを理由に入居拒否した」と認定して、不合理な差別であり、
「憲法 14 条 1 項違反にあたる」と判決した。
判決の結論として次のように述べている

.一審判決
「国籍を理由として賃貸契約の締結を拒否するものといえるから何ら合理性を有しないものとして、憲
法 14 条 1 項の禁止する差別に当たるといえる不合理な差別であって社会的に許容しえる限度を超えて
いるというべきである。」
.二審判決
「国籍を一つの理由とするもので、憲法 14 条 1 項の趣旨に反する不合理な差別であり、社会的に許容
される限度を超える違法なものというべきである。」
争点②で、仲介業者には、依頼である家主において入居希望者が外国人であることを理由に賃貸借の契
約を拒絶しようとした場合に、それの撤回を求めて働きかける義務に言及した。
判決では、家主と共謀して賃貸契約を拒否したことを認めるに足りる証拠がないとして仲介業者への
請求をしりぞけた。(仲介業者への撤回を働きかける義務責任については、一歩踏み込んだ判決をしてお
り評価できると考える。)
考察:①国籍による入居拒否は不合理な差別と認定した。
②外国籍を理由とする入居拒否は憲法 14 条違反と明言した画期的な判決であるといえる。
③二審判決で、「家主が賃貸契約の際、問 題にしているのは、猫飼育を認めれば、退去時にリフォーム
のことで争いが生じることになるから、猫の飼育は認められないということであり、その理由を説明す
るのに前貸借人の例を取り上げたにすぎず、その発言や対応の中に原告に対する差別意識が表された点
があったとは認めがたい」としている。家主の民族差別発言を容認した判決とも捉えられる。
備考:2004 年 6 月 18 日に裁判闘争を支える「尼崎入居差別訴訟を支える会」(以下、「支える会」と略
記)が発足した。
支える会は以下のような活動を行っている。
① できるだけ多くの人に入居差別のことを知ってもらい、“みんなの裁判”になるように会報作りやパ
ンフレット作りをすすめていく。
② 法廷の中だけの取り組みに終わらず、法廷の外で も多くの人の声を集めみんなの力で問題解決する取り組みをすすめていく。
③ 交流会、学習会などを持ち、入居差別をなくし居住権の確立を実現させていく。


3.4 大阪弁護士入居差別事件(康由美さん)
事件発生日:2005 年 1 月
入居拒絶者:家主
事件の詳細:弁護士である康さんが友人とともにマンションを借りようと、ある物件について仲介業者
に依頼したところ、家主に断られた。
裁判の有無:有り
提訴相手:家主・大阪市
裁判内容:
① 原告側の主張
家主に対しては、憲法14条1項のほか、国際人権A規約・人種差別撤廃条約の平等権規定・人権差
別禁止規定に違反すること、社会権規約にいう「相当な居住」についての権利が侵害されたとして、家
主に損害賠償を請求した。- 10 -
大阪市に対しては、人種差別撤廃条2条1項の「各締約国は、すべての適法な方法(状況により必要
とされるときは、立法も含む)により、いかなる個人、集団又は団体による人種差別も禁止し、終了させ
る義務を負う」に違反していると主張した。
② 被告側の主張
家主の主張によると、入居拒否は国籍によるものではなく、もともとファミリー物件であったことが
理由であるとしている。また、「友人入居可」との記載は提携業者が無断でしたことであるとしている。
大阪市は、禁止にも様々な方法があり、条例制定だけではないし、どんな方法を採用するかは裁量が
ある、差別禁止法規の制定は、地方自治体ではなく、国法によって行われるべきものである、と主張し
ている。
現在の状況及び考察:2007 年 3 月 13 日、被告のマンションオーナーとの間で和解が成立した。
入居拒否し たマンションオーナーとの間で①民族差別であることを認め る②本 人に明確に謝罪する③
和解金100万円を払うという内容で合意した。
民族差別をめぐる裁判で和解が成立したのは初めてのことである。
一方、すでに住宅差別についての判例が確定し、差別禁止に取り組むべき行政当局がなんら対処措置
を講じていないことは、行政不作為であり、その責任は免れないとし、大阪市の損害賠償を求めた裁判
は継続している。
備考:2006 年 3 月 27 日「康由美弁護士入居差別裁判を支援する会」が発足された。
同会では、住宅差別撤廃を求める署名約 4 万名分を提出し、大阪市に対応を求めた。



3.5 京都入居差別事件(李禎美さん)
事件発生日:2005 年 1 月 24 日
入居拒絶者:家主
事件の詳細:2005 年 3 月末に仲介業者に敷金・礼金などを支払い、入居直前の 4 月 8 日に「外国人登
録証明書」を提出したところ、家主から契約を拒否された。
裁判の有無:有り 判決日 2007 年 10 月 2 日
原告と提訴相手:原告は李さんだけではなく、李さんが勤務する V 株式会社(以下「原告会社」とする。)
も原告となっている。
提訴相手は、家主と仲介業者である E 株式会社(以下、「仲介業者」とする。)
判決の争点:
① 賃貸借契約は成立していたか。
② 家主が本件物件の賃貸を拒絶した理由。
③ 家主の責任原因。
④ 仲介業者の責任原因。
判決結果:争点①については、「本件物件の賃貸借の借主となる原告会社が仲介業者を通じ て貸主とな
る被告(家主)に対して本件契約書と本件必要書類を提出したが、最終審査の段階で、被告(家主)が本件物
件を原告会社に賃 貸しないこととして本件契約書の賃貸人の名 下に押印をしなかったため本件契約書
が完成していないのであるから、本件賃貸借契約が成立していないことは明らか」とし、契約は成立しいとした。
争点②については、「被告(家主)は原告が日本国籍ではなかったことを理由に、本件物件を原告会社に
賃貸しなかったものと認められる。」そして、「原告は被告(家主)が本件物件を原告会社に賃貸しなかっ
たのは、原告が韓国籍であったからであると主張するが、被告(家主)が様々な国籍が考えるなかで、殊
更韓国籍であることを理由に本件物件を原告会社に賃貸しなかったことを認めるに足りる証拠はない」
とし、入居拒絶の理由として「韓国人」だからではなく、「外国人」であるからと結論づけた。
争点③については、「本賃貸借契約は成立していないから、本賃貸借契約を前提として、被告(家主)
が債務不履行責任を採用することはできない」とした後、「本件賃貸借契約は原告を入居者として予定
していたのであり、その原告が日本国籍ではないことを理由に、被告が本件物件を原告会社に賃貸しな
いこととしたのであるから、被告は原告に対し、不法行為に基づき、原告の損害を賠償する責任を負う
ものというべきである」とした。
争点④については、「賃貸借契約の締結を仲介するにあたり、入居予定者の国籍を確認し、入居予定
者が日本国籍を有していなかった場合には、賃貸マンションの所有者が国籍を理由に入居を拒む意思を
有しているか事前に確認すべき注意義務を負っていたと主張するけども、当事者が特約を設けた場合は
格別、そうでない限り、仲介業者にはそのような注意義務を負わないも格別、そうでない限り、仲介業者にはそのような注意義務を負わないものと解するのが相当である。賃貸マンションの所有者が、もっぱら入居申込書の国籍を理由に賃貸借契約の締結を拒むことは、およそ
許されないからである。」とし、被告仲介業者の不法行為に該当する行為を認めることはできないとし
た。
考察:①入居拒否の理由が「韓国人」だからではなく、「外国人」だからとしたうえで、「合理的な理由」
がなく契約を拒んだのは信義則に反するとして、民法の不良行為責任に基づき損害賠償を被告に求めた。
②判決が信義則違反を認めたのは、大阪での事件同様、原告がすでに手付金を払っていたためで、この
段階にいたれば、単なる第三者に対するものよりも、それ以上に信義則が支配するという民法上の理論
に基づいている。







事件番号 :平成18年(ワ)第156号
事件名 :損害賠償請求事件
裁判年月日 :H19.10.2
裁判所名 :京都地方裁判所
部 :第4民事部
結果 :一部認容



本件賃貸借契約は,原告Aを入居者として予定していたのであり,その原告Aが日本国籍ではないことを理由に,被告Bが本件物件を原告会社に賃貸しないこととしたのであるから,被告Bは,原告Aに対し,不法行為に基づき,原告Aの損害を賠償する責任を負うものというべきである。


入居差別はいまだにあるようであるが、裁判所の傾向として、国籍による入居差別は違法であり、損害賠償の対象になることは常識としておきたい。

外国人のかたもどんどん訴訟に打って出て、問題意識を社会に広めるのがいいと思う。

なお上記論文で



神奈川県に は全国で唯一外国人の住まいのサポートセンターがある。「かながわ外国人
すまいサポートセンター」*19 では、外国人に住まいを仲介する不動産業者の紹介、入居後に言葉や
習慣の違いによる外国人と家主・不動産業者とのトラブルに関する相談などを行い、8ヶ国語での通訳
も翻訳も行っている。もっとも注目すべき点は、このサポートセンターで行われている外国人居住支援
ネットワークは不動産業界団体(宅建業界・全日本不動産本部)、民族団体(総連・民団など)、NGO・NPO
及び行政によって構築されていることである。
全国からの相談を承る外国人サポートセンターとしては、東京都にある「特定非営利活動法人在日外
国人情報センター
」(以下、「ICFJ」と書す)があげられる。「ICFJ」では、在日外国人を対象とした相
談窓口を定期的に無料で開いており、法律相談、国籍・ビザ・結婚相談、起業相談、労働関係相談、人
権相談などを取り扱っている。他にも在日外国人向けメディアに対する行政情報等の配信やボランティ
ア等の活動の場の提供および活動協力なども行っている。
1995 年 1 月に設立した ICFJ は、2006 年 11 月 3 日に「座遊(the-you)」という外国人専用の不動産管理コンサルティングを設立させた。在日外国人が安心して日本に居住できるように、そして、在日外
国人の住宅問題を解決すると同時に、家主の物件の資産価値向上・維持を目的とした全国的な会社であ
り、外国人の住宅問題を早期解決するために『在日外国人の実態』と『在日外国人の住宅問題の対処編』
をサイト上で公開し、情報を共有している。

などの組織を紹介している。









July 26, 2011 1:04 PM
PRINT TEXT
Indiana couple accused of having sex in public pool surrender to police



CBS/WHIO/AP) CONNERSVILLE, Ind. - An Indiana couple who authorities say were caught having sex in a busy public pool turned themselves in to Connersville police Monday.
Myron Helms, 33, and Victoria Cross, 40, were charged with public indecency and have bonded out of jail, reports CBS affiliate WHIO.

Connersville police say officers were called to the Roberts Park Family Aquatic Center last week, where witnesses said the couple had been having sex for about a half hour before patrons complained to the pool manager.

The manager told officers that when she told them to stop and they moved away from each other she could see the man's penis.

Deputy Police Chief Dennis Perkins tells the Connersville News-Examiner that the couple was initially given trespass warnings on Sunday and not arrested because officers didn't see what happened.

Both face up to a year in jail if convicted of the misdemeanor charges, according to WHIO.

Helms is on unpaid leave from his position as a reserve police officer in Laurel, Ind.


公共のプールでセクスしていたとして、逮捕。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デフォルト 他

2011年07月28日 06時39分29秒 | Weblog
米財政危機 世界の混乱回避へ歩み寄れ(7月28日付・読売社説)

 野党共和党は、ひとまず上限を1兆ドル引き上げ、年末までに赤字削減策を検討したうえで、上限をさらに引き上げる案を提示した。来年秋の大統領選に向け、揺さぶりをかける狙いだろう。

 一方、与党の民主党案は、2・5兆ドルの大幅な上限引き上げだ。選挙前に問題を再燃させたくないという思惑がうかがえる。

政局駆け引きねええ。
BBC
27 July 2011 Last updated at 15:32 GMT Share this pageEmailPrint
70
ShareFacebookTwitter
Q&A: Why has the US not agreed a new debt ceiling


うまくいくのかな?さっぱりわからん。

ノルウエーテロ関係
911テロとの対比 2本




The West Has a Double Standard in Terrorism Cases
by Ivan Eland, July 27, 2011



when the Western media ascribe motivation for such incidents, however, a double standard seems to arise. Instead of focusing on Breivik’s stated identity as a right-wing Christian whose lengthy manifesto called for a Christian war to defend Europe against the threat of Muslim domination, Western media have focused on his hatred of immigration and multiculturalism (except The New York Times, which first called him a “Christian extremist,” but has since apparently changed his moniker to “anti-immigrant extremist” or “anti-Islamic extremist”). In contrast, although President George W. Bush always insisted that his “war on terror” was not a “war on Islam,” many Western media often refer to al-Qaeda as “an Islamist terrorist group” and some commentators speculate on whether Islam is an inherently violent religion, or so imply or even state.

Yet Western media sweep under the rug the religion-related motives of Breivik, Eric Rudolph, the U.S. abortion bomber, and Adolf Hitler, who clearly believed his Christian God wanted him to slaughter millions of Jews. These individuals are instead usually referred to as deranged or racist. These certainly might be apt characterizations ― and we might even add brutal and ruthless ― but the main point is that religious motives are downplayed in these cases, yet are accentuated in the case of al-Qaeda and other terrorist groups that are Islamic.

The Western media should be more consistent and honest in their coverage. Neither Christianity nor Islam, in most of their modern forms, despite violence or brutality in their scriptures written long ago, are inherently prone to violence or the spawning of terrorists. Religious motives played only a secondary role in explaining all of the aforementioned terrorists’ actions. In Breivik’s case, he clearly hated Muslim immigration and multiculturalism and the non-Muslim Norwegians who he thought were fostering them.

911テロも今回のもテロであるが、犯人がイスラム教徒だと、イスラム教に結びつけられ、キリスト教徒でもキリスト教に結びつけない2重基準

いずれにせよ、犯人が信奉している宗教と結びつけるのは間違っている、と。





Norway's corrective to our post 9/11 terror myth
A fixation with the jihadist threat makes Americans blind to the insidious menace of a rightwing extremist like Anders Breivik


Matthew Harwood
guardian.co.uk, Tuesday 26 July 2011



For those cultural conservatives and Tea Partiers who have taken the time to glance at Breivik's mammoth manifesto (pdf), it must make for uncomfortable reading. With its early and frequent denunciations of "cultural Marxism", "Islamisation" and "homosexuality", it isn't a stretch to argue that Breivik would have felt comfortable at a Michele Bachmann rally, nodding along with her legions of supporters forever fearful of socialism, sharia law and same-sex marriage.

Which is not to suggest Breivik was inspired by the Tea Party or Michele Bachmann, but what Breivik's attack – in common with other under-reported incidents in the United States – demonstrates is that when the attacker looks much like you and believes similar things, it becomes nearly impossible to see him for what he is. Nor, when he could pass for "one of us", are we likely to demonise him with wild generalisations about his race or religion. When the terrorist looks like you, he gets downgraded to "an extremist", or to the more vanilla description, "disturbed individual", and is handled efficiently, and correctly, by the criminal justice system.

But this makes it easier to ignore the atrocity as an aberration rather than analysing it as something potentially more significant and menacing. It goes without saying that a society rarely declares a "war on terror" when the terrorists look like them and hold similar cultural and religious beliefs. That's the inherent danger of chauvinism: it erodes a citizenry's ability to see a metastasising threat, while manageable threats become existential.
・・・・・
Terrorists come in all shapes and sizes: sometimes, they even look, act and believe as we do.


テロの犯人が自分たちに似ていると、それは個人の過激派となり、テロとの戦争など宣言しない。
テロにはいろんな装いでありえるが、自分たち同じような人達もテロリストでもありえる、と。


BBC


26 July 2011Yukiya Amano: Japan crisis will not end nuclear age

IAEA chief Yukiya Amano visits Fukushima nuclear plant

After meeting Mr Kan on Tuesday, Mr Amano told reporters: "It is certain that the number of nuclear reactors will increase, even if not as quickly as before.

"Some countries, including Germany, have reviewed their nuclear energy policy, but many other countries believe they need nuclear reactors to tackle problems such as global warming. Therefore, securing safety is more important than anything."

AFP

IAEA事務局長、福島事故後も「原発は増え続ける」
2011年07月27日


IAEA事務局長でググる


核兵器ない世界議論
読売新聞 - ‎1 時間前‎
「第23回国連軍縮会議」が27日、松本市内のホテルで開幕した。24か国から政府関係者や研究者ら約90人が参加し、「核兵器のない世界に向けた緊急の共同行動」をテーマに29日まで議論。今回は東京電力福島第一原発事故を受け、原発など原子力の平和利用の課題 ...
松本で国連軍縮会議、天野事務局長も参加
TBS News-i - ‎2 時間前‎
「核兵器のない世界に向けた緊急の共同行動」をテーマに、国連軍縮会議が27日から長野県松本市で始まりました。福島第一原発事故の後だけに、原子力の平和利用が議論の大きなテーマです。
中東非核地帯を後押し 国連軍縮会議でIAEA事務局長
朝日新聞 - ‎9 時間前‎
「核兵器のない世界」の実現へ向けた安全保障のあり方を専門家らが議論する「第23回国連軍縮会議」(国連軍縮部など主催)が27日、長野県松本市で開幕した。基調講演した天野之弥(ゆきや)・国際原子力機関(IAEA)事務局長は、中東非核兵器地帯の創設を後押し ...
松本市で国連軍縮会議が開幕 24カ国から92人参加
信濃毎日新聞 - ‎13 時間前‎
世界各国の政府関係者や研究者らが軍縮について話し合う「第23回国連軍縮会議」が27日、松本市のホテルブエナビスタで開幕した。24カ国から92人が集まり、3日間にわたり計6回の全体会議で意見交換する。福島第1原発事故を重視して「原子力の平和利用」も議論 ...
国連軍縮会議:長野・松本で開幕
毎日新聞 - ‎15 時間前‎
核や通常兵器の軍縮を話し合う第23回国連軍縮会議が27日、長野県松本市のホテルブエナビスタで開幕した。「核兵器のない世界に向けた緊急の共同行動」をテーマに29日まで議論する。福島第1原発事故を受け、原子力の平和利用のあり方も議題になる。 ...
国連軍縮会議始まる 松本
中国新聞 - ‎17 時間前‎
国連軍縮会議が27日、長野県松本市のホテルで開幕した。3日間の日程で24カ国・4国際機関から核軍縮の実務家、研究者ら92人が参加。「核兵器のない世界」へ前進するため専門的な見地から道筋を探る。 開会式で、国連のハナロア・ホッペ軍縮担当上級代表次席は昨年の核 ...
原子力の平和利用議題に 長野で国連軍縮会議開幕
テレビ朝日 - ‎17 時間前‎
国連軍縮会議が長野県松本市で開幕しました。福島での原発事故を受けて、原子力の平和利用についても議論が行われる予定です。 今回の軍縮会議には、24カ国から政府関係者や研究者など92人が個人の立場で参加しています。基調講演で、IAEA=国際原子力機関の天野事務局長 ...
原発の世界的利用増える…天野IAEA事務局長
読売新聞
- ‎18 時間前‎
国際原子力機関(IAEA)の天野之弥事務局長は27日午前、長野県松本市で開幕した国連軍縮会議で基調講演した。 天野氏は「福島第一(原子力発電所事故)にもかかわらず、原子力の世界的な利用はこれから数十年間にわたって増え続け、多くの国にとって重要な選択肢の ...
国連軍縮会議 松本で始まる
NHK - ‎18 時間前‎
世界各国の核軍縮の担当者や専門家などが日本に集まり、核軍縮について話し合う「国連軍縮会議」が27日から長野県松本市で始まり、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、原子力の安全性についての議論も行われる見通しです。 この会議は、国連が、唯一の被爆国 ...
天野氏、IAEAは指導的役割を 軍縮会議で講演
47NEWS - ‎19 時間前‎
「核兵器のない世界に向けた緊急の共同行動」をテーマに、各国の政府関係者や研究者が核軍縮や不拡散について話し合う「国連軍縮会議」が27日、長野県松本市のホテルで始まった。 国際原子力機関(IAEA)の事務局長として初めて出席した天野之弥氏は講演で「福島 ...


読売が見出しに原発に世界利用は増える、としているくらいですか。

ここらへん海外と脱原発の空気が強い、日本の報道の違いといったところかもしれない。



ロシアトゥデイ




Russians beating demographics with polygamy
permalink email story to a friend print version
Published: 26 July, 2011



When it comes to the dating game in Russia, it really is a man's world. There are 10 million more women than men in the country, forcing some to turn to unconventional methods to find love. Even if that means a sharing and compromise.
Andrey is a father of three. And a husband of three. Eleven years ago, Andrey got married. Two years on he proposed again. And then again.

His reasoning is simple: “Why should I refuse any of them if I love them all?”


ロシアでは、女性の割合が多いので男性はモテモテなようで、一夫多妻の人も。
「妻はみな愛しているのに、その1人を拒否しなければならない理由はないだろう」と。



ロシアトゥデイ

Racial inequality in America at 25-year high
permalink email story to a friend print version
Published: 26 July, 2011


アメリカでの、人種間格差がここ25年で最大に、と。



The wealth gaps between whites and minorities have grown to their widest levels in a quarter-century.
The recession and uneven recovery have erased decades of minority gains, leaving whites on average with 20 times the net worth of blacks and 18 times that of Hispanics, according to new Census data.
The analysis shows the racial and ethnic impact of the economic meltdown, which ravaged housing values and sent unemployment soaring.


これはデリメも報道している。


Whites have 20 times the net worth of blacks and 18 times that of Hispanics as wealth gap grows
By DAILY MAIL REPORTER
Last updated at 6:50 AM on 26th July 2011

”白人”は、”黒人”の20倍も資産をもっており、格差は広がっている、と。

自国の重大な問題を自国の大手のメディアが報道しないで、他国のメディアがかえって大きく取り上げる。


日本の中国の事故の報道でもそうですけど、その報道が悪いというわけではないが、しかし、自国のもっと重要な政策問題を大きく取り上げるべきでしょう。

ロシアトゥデイを続けると、

Wrongfully jailed man wins $15.5 million
permalink email story to a friend print version
Published: 25 July, 2011


Tim White spent five years in prison. He was beaten behind bars in Costa Rica, went without seeing his kids for over a decade and the police officer that put him behind bars was having sex with his wife.

・・・・・
“I used to pray for that man to take care of my children, and he was the one who put me in jail.”
White lashed out against the legal system, saying he hopes for a change in the way justice is carried out in America. McKinley had told his superior, Lee’s Summit police chief Ken Conlee, about the affair only three months into the investigation, but that didn’t change anything about the trial. Even prosecutors knew about the relationship but did nothing about it.
“Shame on those who knew the truth and did not come forth,”says White. “We have a right to stand up for our rights even when people try and abuse the system for their own benefit.”
・・・・・





一応他社の報道でも確認

ul. 22, 2011 11:38 PM

ShareEmailPrint
Lee’s Summit to pay $15.5 million to wrongly accused man

By DONALD BRADLE



he case began in 1998 when White’s wife, Tina, reported to police that White had sexually abused their 12-year-old daughter.

Richard McKinley, a detective, was assigned to the case. He had met Tina White when McKinley, who ran a painting business on the side, went to the White home to look at a door that needed repair.

The Whites separated about a month later.

As part of the investigation, McKinley read the daughter’s diary. According to the later civil suit, the diary contained no mention of any abuse.

But the diary was never reported as evidence and has never been found.

Three months into the investigation, McKinley told Ken Conlee, then Lee’s Summit’s police chief, that he was involved with the suspect’s wife.

Conlee, who is now director of the Jackson County jail, left McKinley on the case.

In February 1999, White was convicted and ordered to prison. But instead of reporting, he fled to Costa Rica and assumed a new identity. Authorities tracked him down and returned him to Missouri, but not before he spent a year in a Costa Rica prison and was beaten.

Shortly after White entered a Missouri prison, a co-worker of Tina White told Ted White’s attorney about the affair between the detective and the wife.

The attorney notified prosecutors. But according to the later lawsuit, prosecutors had known about the affair for months but chose to keep it quiet




冤罪ですけど、冤罪被害者を捕まえた警官と女房がいいことになっていた、と。



FBI investigates brutal police beating in Tennessee
permalink email story to a friend print version
Published: 27 July, 2011


Darren Ring suffered four cracked ribs and a punctured lung after Tennessee police stripped him naked, beat him in the show and used pepper spray and a Taser on him. Now the FBI wants to know why it happened.
The Federal Bureau of Investigation is opening up a probe into an alleged police cover-up of the incident.・・・・・Police say that they were responding to reports of gunshots back in January when they apprehended Ring, who was intoxicated but unarmed. After ten minutes of brutally beating him in the snow, Ring was brought into jail. He was facing charges of resisting arrested and aggravated assault on a police officer which have since been dropped.


(Police brutality)

これも、一応他社の記事で確認しておきますと、
FBI investigates police beating Tennessee man
Ron Ford July 26, 2011

Sources

Investment Watch: http://investmentwatchblog.com/tennessee-cops-repeatedly-tase-beat-and-kick-handcuffed-man-for-10-minutes-catch-it-all-on-their-dashcam-the-man-suffered-broken-ribs-and-a-punctured-lung/
News One: http://newsone.com/nation/casey-gane-mccalla/darrin-ring-video-police-brutality/
Huffington Post: http://www.huffingtonpost.com/2011/07/25/darrin-ring-beating_n_908986.html?icid=maing-grid7|maing9|dl1|sec1_lnk2|81208


銃声が聞こえたので警官が急行、酔っぱらいがいたので、そいつをボコボコに、そうした警官の非行を隠蔽したのではないか、とFBIが調査中、と

今度はRD


JULY 27, 2011 · 12:04 PM

Man Recieves Racist Reception In New Neighborhood, Black Guests Denied



・・・・・
The security guard told him that order came down from the community manager. When asked if anyone could come in, Quanell X said the security guard told him,
"Off the record, someone white can come in but we were instructed that no black males can go to that address."
・・・・・
It was Memorial Day weekend when Williams’ uncle heard some people at the garage door, he said. The group was in a golf car, allegedly yelling and kicking the door.
"Calling him the N-word, calling him a bunch of names, other racial terms,” he said. “They said, ‘Come out, come out. We have something for you. You're not going to move into our neighborhood."
・・・・・


ある高級住宅街に引っ越してきた”黒人”さん。その住宅街のある地域には、”黒人”立ち入り禁止になっていた、と。

(外国人お断り)

JULY 27, 2011 · 12:02 PM

Iowan Woman Finds Effigy & Racial Slurs On Garage Door, Incident Related To Racial Harrasment At Workplace

The Monday morning sun lighted a nightmare for Copa Burse.

She pulled into the driveway of her northwest Des Moines home after a graveyard shift at ag equipment manufacturer John Deere’s Ankeny plant at about 7:15 a.m.

Scrawled in green spray paint on the white panels of her garage door were a mixture of profanity and a racial slur. A doll with the face, hands and feet painted black dangled in effigy from a cord on the garage door knob.

There was also a message: Quit her job at John Deere “or else.” Burse’s family, including her three children under age 18, were asleep inside the red brick house. Burse ran to the house and called 911.

Burse, who is African-American, drives a forklift for John Deere. She said she’s been dealing with racial harassment from co-workers for months.

She believes this graffiti was a retaliation for a complaint she filed after she found a racial slur written on her locker at John Deere in May. Des Moines police are investigating the incident as a hate crime.


これは職場での人種差別的嫌がらせ。


BBC


26 July 2011 Last updated at 14:56 GMT Share this pageEmailPrint
244
ShareFacebookTwitter
Spouse English tests for migrants racist, court told



The immigration rules introduced last year require Mr Chapti to show a basic knowledge of English before he can be given permission to stay.

The rule is designed, putting it crudely, to keep out persons who tend to marry within their communities, who tend to have arranged marriages”

The rules, originally approved by the former Labour government, apply to any spouse or civil partner, including prospective. People from countries where English is the majority language are exempt.


外国人配偶者の滞在要件に英語能力テストを要求するのは差別ではないか、と。
英語圏からの配偶者には要求されないそうです。



Revealed: Figures show there are six racist incidents a day in our schools
Yakub Qureshi
July 27, 2011


Share Article | Submit Comments | Comments (48) | Printable Version Previous | Next
There are six racist incidents in Greater Manchester classrooms every day, we can reveal.

New figures show more than 2,000 cases of abusive language, racist graffiti and violence were reported in the region’s schools last year. No disciplinary action was taken in nearly a third of those cases, school bosses admit.


イギリス 学校での人種差別的いじめが日に6件ある、と。

こういう報告が義務づけられているということは裏を返せば、それだけ、問題もあり、問題意識も高い、ということ。
日本も問題が大きくならないうちにしっかり取り組みをしておきたい。

Vandals Target Minorities In York County

Street Signs, Roads Painted With Graffiti

POSTED: 12:39 pm EDT July 26, 2011
UPDATED: 1:17 pm EDT July 26, 2011




LIMINGTON, Maine -- The York County Sheriff's Office is looking for the people responsible for defacing several street signs, private signs, public roadway and private buildings with anti-Semitic, anti-gay and anti-African-American racial slurs in the towns of Hollis and Limington.


これはアメリカ、人種差別的な落書き、犯人をさがしておる、と。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本でもイカレタ極右勢力は取り締まれ 他

2011年07月27日 05時38分20秒 | Weblog





自転車こぎこぎ野球観戦 巨人が人力発電開始
2011.7.27 06:24



 (セ・リーグ、巨人0-1横浜、7回戦、横浜4勝3敗、26日、東京ドーム)巨人は26日、節電キャンペーンの一環として、この日の横浜戦(東京ドーム)から自転車による人力発電を開始した。


シェイプアプにもいい。節電にもなるーーーこれだな。




シュピーゲル


07/26/2011

The World from Berlin
'Breivik Came from the Center of Society
'
いくつかのドイツの新聞社のノルウエーの事件に対する論評を掲載している。



The Financial Times Deutschland writes:

"The overriding reaction after the attacks on Friday was that Norway had lost its innocence. But the reality is that the country has long since lost its innocence. The country claims to be the capital of peace, but is tied up in wars that for them are no longer just taking place on television. Norwegian pilots are dropping bombs on Libya. Norwegian soldiers are dying in Afghanistan."

"In reality, Norway built this mythology itself (…) In domestic policy, Norway is characterized by a strong element of conformity. The espousal of northern European values and a generous social system effectively face no objections (…) At the same time a minority has been left behind, frustrated by these social developments but with hardly a way to vent their concerns in the open."


ノルウエーも無垢ではなく、アフガンに兵士を送っていた、と。和を非常に重視。北欧の気前のよい社会制度を歓迎するとともに、マイノリティーは取り残されていた、と。



The left-leaning daily Berliner Zeitung writes:

"The photo shows the attacker as a preppy young man from a good family. Not a born fanatic, not someone who comes from a milieu where radicalism blooms (…) Many of the Germans in the (notorious left-wing extremist terror group) Red Army Faction also came from similarly unsuspicious middle-class settings. They were, according to their understanding, ready to employ terrorism and the spread of fear as a means of fighting the status quo only after hard consideration and long contemplation. Then they were ready, from the position of this 'insight,' to suffer the consequences."

"This terrorist came from the center of society


容疑者はキチガイではなく、テロリストは社会の中心から出現する、と。



The left-leaning Die Tageszeitung writes:
"As long as Breivik is found fit to stand trial then he alone must bear the guilt of his megalomania. But that doesn't mean that (mainstream opinion-makers) and their adepts do not share any responsibility. Breivik is holding a bloody funhouse mirror up in front of them, and that is hard to take."

"But along with this imposition comes a chance for enlightenment. Anti-Muslim sentiments should now be harder to sell. (…) In light of this catastrophe, an opportunity has crystallized to finally distance themselves from the Islamophobia that has become dangerously mainstream."

-- Kristen Allen


主流の世論形成者にも責任がある、と。今回の事件で反イスラム感情を流行らすことはできないだろう、と。
イスラムを憎悪する潮流がそれまで主流になってきていた、と。



07/25/2011

Blogging Hate
Anders Breivik's Roots in Right-Wing Populism

By Frank Patalong






He was a prolific contributor to extremist blogs and had ties to right-wing populists: The murderer from Norway did not, it would seem, come out of nowhere. Rather, he had found an ideological home among those seeking to cleanse Europe of Islam and multi-culturalism. They are seeking to distance themselves.


容疑者は大衆受けする極右ブログに寄稿しており、欧州から、イスラムと多文化主義を一掃しようとする勢力と志を同じくしていた、と。極右は容疑者との距離を置こうとしているが、難しいんじゃないか、と。



07/26/2011

An Atmosphere of Suspicion
European Right Under Pressure in Wake of Attacks

By Charles Hawley




And yet, much as Muslims in Europe and the US are viewed with suspicion in the wake of every Islamist attack perpetrated in the West -- particularly, it must be said, by right-wing populist rhetoricians -- Breivik has now made it difficult for the anti-Islam right wing to avoid the spotlight which has now been trained upon them.

After all, much of the 1,518-word treatise he published concurrently with his attacks could easily have come from the populist platform: The concept of "Islamic demographic warfare," concerns about "mass immigration," and worries about the downfall of the "Christian West" are all issues which have become key elements of populist stump speeches. Furthermore, Breivik expresses admiration for several right-wing leaders, Geert Wilders of the Netherlands and Filip Dewinter of Belgium among them.


イスラム教徒が疑いの目でみられたように、今度は大衆うけする右翼勢力が疑いの目でみられるだろう、と。


SPLC


White Nationalists React to Norway Rampage
Posted in White Supremacist by Leah Nelson on July 25, 2011


アメリカの”白人”国粋主義者たちのノルウエー虐殺事件への反応



As most of the world reeled in reaction to the tragic shooting of scores of Norwegians by right-wing extremist Anders Behring Breivik, anti-Semitic professor Kevin MacDonald, editor of the white nationalist website Occidental Observer, prepared his analysis of the pros and cons of Breivik’s deadly spree.

In a long piece posted Sunday night, MacDonald described Breivik as a “serious political thinker with a great many insights and some good practical ideas on strategy,” who “sees Christianity (correctly) as a historically powerful force for the preservation of Europe rather than mainly about religious faith.”


容疑者がキリスト教をヨーロッパ存続の歴史的強力な勢力としていたことを評価するが、ただ、






MacDonald, who is best known for his theory that Jews are genetically driven to destroy Western societies, is obviously perplexed by Breivik’s professed support for Israel. He speculated that it could be a “tactical” move in the face what Breivik saw as the more immediate threat of Islam. “In my experience, racially conscious Scandinavians are quite aware of Jewish media control,” he wrote. “In any case, he is certainly right in characterizing multiculturalism as an ideology of hate.”

イスラエルを支持していたことは、腑に落ちない、と。もっとも、多文化主義者が憎悪のイデオロギーであるとみていたことは正しい、と。




In the short term, MacDonald predicted, “revulsion” over the killing of children would add fuel to multiculturalists’ fire and prove a setback to the white nationalist cause. But, he continued, Breivik’s rampage was not without its silver lining: “[I]t is possible that in the long run European elites will understand that the glorious multicultural future will not be attained without a great deal of bloodletting (including themselves and, as in this case, their children) and realize they will have to change their ways.”


この事件に多文化主義はかえって勢いを増すかもしれないが、長い目でみたら、欧州のエリートたちは、多文化主義で、犠牲にするものが大きい、ことを理解するだろう、と。


White nationalists on other websites fretted about the public perception of their movement.

With its tall, blue-eyed blonds and active anti-immigrant and neo-Nazi groups, Norway (along with the rest of Scandinavia) is something of a fetish among white nationalists in America. As it became clear that Breivik espoused beliefs that overlap with their own, their primary concern seemed to be what one commenter on the popular website American Renaissance called a “public relations disaster.


ほかの”白人”国粋主義者たちは、容疑者の思想と自分たちの思想が重なるので、広報上好ましくない、と。


日本でもキチガイ極右勢力はどんどん取り締まった方がいい。


RDから少し拾っておくと
JULY 26, 2011 · 1:54 PM
French Officer Fired Over Book That Exposes Racist Practices By Police



The French police have sacked a female officer for writing a book that exposes ‘racist and discriminatory’ practices by law enforcement forces in France.

The Interior Ministry of France has confirmed the dismissal of Sihem Souid, a French border policewoman, for publishing the book titled Omerta dans la Police (The Silence Law in the Police) which is critical of the border police performance in the European country, Europe1 reported on Monday.

The confirmation comes after a disciplinary committee issued a verdict earlier this year, charging Souid with abusing her position by spreading negative propaganda.

The committee had sentenced her to an 18-month removal from office as well as a six-month suspended incarceration.

In reaction to frequent speculations over her possible expulsion from the police force, she expressed fears about the future of France, where many believe intolerance is increasingly gaining ground.

Souid’s book, which was published in November 2010, describes the racist atmosphere prevailing among the French border police forces in charge of dealing with undocumented immigrants.



フランスの女性警官がフランス警察の人種差別的慣行の暴露本を出してお咎めをうけた、、と。


JULY 26, 2011 · 1:53 PM
Man Injured In Racist Stabbing In Switzerland
スイス 

A 31-year-old Eritrean man was stabbed by two white men at the Aarau train station over the weekend in an attack that many fear could be racially motivated.


エリトリア
人が”白人”によって刺されたが、人種的憎悪が動機ではないか、と。
(ヘイトクライム)

JULY 26, 2011 · 1:52 PM

Racist Renting In Baltimore Exposed By Testers Report



A nonprofit fair-housing group claims the owner-manager of three dozen Maryland apartment complexes offered white renters cheaper rent than it offered African-Americans, and offered white “testers” a choice of eight to 10 apartments, while offering black testers just one.

Baltimore Neighborhoods sued Home Properties in Federal Court. It claims it sent black and white “testers” to Home Properties’ Fox Hall Apartments, in Baltimore County, one of 36 apartment and townhouse developments the defendant corporation owns and manages in Maryland.

“Repeatedly, [Home Properties'] agents offered the African-American testers only one apartment at quoted prices. The white testers were offered the same apartment at lower prices, as well as additional apartments,” the complaint states.

The testers went to Fox Hall in December 2010 and March this year.

“(T)he white testers were offered eight to approximately 10 current or upcoming vacancies while each [black] tester was offered only one.”


ボルチモア
マンションの賃貸で、”白人”には8から10の部屋を紹介し、”黒人”は一つの部屋しか紹介しない、差別ではないか、と。

(不動産差別)

JULY 26, 2011 · 1:51 PM

Petitions Of Racial, Religious Discrimination In South Korea Double in 5 years



The number of petitions filed against racial and religious discrimination doubled in South Korea last year from five years earlier amid an increasing foreign proportion of the population, the human rights watchdog said Tuesday.


韓国、外国人労働者が増えて、外国人からの苦情嘆願請求も倍増した、と。



JULY 26, 2011 · 1:50 PM

Update: Arroyo Grande Residents Respond to Cross Burning Arrests



Central Coast residents are speaking out on the arrests of four people charged in connection to a cross burning that happened months ago.

Arroyo Grande police said the four suspects stole a wooden cross from a local church and set it on fire next to a multi-racial family’s home early in the morning on March 18.

Four people have been charged with several charges, including arson and terrorism.

“I’m glad they’re off the streets,” said Adrian Peralta who lives in the neighborhood where the crime happened. “It’s a bad thing, bad people. It’s unfortunate it had to happen here.”

The 11-foot cross was set in front of the home of a 19-year-old woman of mixed african american descent.

While four people have been arrested, some people in the community are still not at rest.



multi-racial family というのはどう訳すかわからないが、要するに、”白人”と”黒人”黄色人とか、そういった男女が結婚した家族だろう。そこに、燃える十字架が投げ込まれた、と。
(国際結婚)



PUBLISHED: JULY 26, 2011 1:32 AM EST
UPDATED: JULY 26, 2011 1:32 AM EST
Customer's spit lawsuit against Burger King moves forward in Erie court




Goodwin said he did not hear any racially derogatory remarks while in the Burger King restaurant. But he maintains that he was the only black customer, and that no other customers seemed to experience any problems.

"The courts have recognized that an inference of racial discrimination can be drawn where a minority plaintiff is treated differently than similarly situated nonminority patrons," McLaughlin wrote.

"There is evidence from which a reasonable jury could conclude that Caucasian customers at the Burger King restaurant received satisfactory food service while the plaintiff, the only minority person in the restaurant, did not."


バーガーキングで”黒人”のお客さんのハンバーガーに唾をつけてだした、と、いや、そんなことはしていない、と。門前払いにならず、裁判で決めろ、と。



Angela Epstein: When did racist abuse become an ordinary part of life for Manchester's Jewish young people?
July 26, 2011



The other day my 12-year-old son was walking home from school with two of his pals, when a group of girls in their late teens started yelling anti-Semitic abuse at them (“you ******* jews”). The incident was duly reported to our sympathetic constabulary and I hope it won’t be too long before the culprits have their collars felt.

Only last week a Blackley taxi driver who screamed “all Jewish children must die” outside a local Jewish school was found guilty of religious harassment.

So how would you feel if a gang started hurling menacing abuse at your child?

As a mother I was burning with rage and horror. But as a Mancunian, well, frankly, I’m burning with shame

マンチェスター 12才の子供が学校からの帰りに、ユダヤ人を嫌がらせする言葉を投げかけられた、と。先週には、ユダヤ人の子供は死にやがれ、とタクシーの運転手が叫んでいた、と。






・・・・・

Tattooed cops wouldn’t fill me with confidence

I loathe tattoos. At best ugly, and at worst intimidating, I’ve yet to see a piece of ‘body art’ that could convince me this inky self-mutilation has any redeeming feature.

However Ian Pointon disagrees. As chairman of the Police Federation in Kent, he slams rules which demand officers keep their tattoos covered at work. Pointon maintains displaying them could be an ‘icebreaker’ when dealing with the public
・・・・・


因みに、入れ墨ってのは、やはり、嫌われるようで、警官がする場合があるが、いかがなものか、と。




「じゃんけんで実行役決めた」少年供述 ロープ張り事件



 堺市堺区の路上で今月15日、ロープを使って男性にけがをさせたとして、少年7人が傷害容疑で逮捕された事件で、少年の一部が「じゃんけんでやる人間を決めた。(被害者を)おちょくってやろうと思った」などと供述していることが大阪府警への取材でわかった。


以前アメリが軍人の子息が似たような事件を起こして逮捕されて一部のアマリカ人がファビっていた。
日本人でもアメリカ人でも危険なことをすれば逮捕される。






久保田利伸
Toshinobu Kubota
From Wikipedia



デビュー25周年、久保田利伸が新作 感謝込め「普遍的作品を」
2011年7月26日14時52分


久保田利伸=郭允撮影
〈アルバム「ゴールド・スクール」を検索〉
 デビュー25周年を迎えた久保田利伸がニューアルバム「ゴールド・スクール」を8月3日、リリースする。四半世紀の節目に、ジャパニーズ・キング・オブ・R&Bは「感謝」の思いを込めたという。



なるほど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

他人事 他

2011年07月27日 02時17分23秒 | Weblog
オスロ連続テロ 排外主義をどう乗り越える(7月27日付・読売社説)

 移民の増加によって広がる排外主義をどう鎮めていくか。欧州に突きつけられた課題である。


なにかこう非常に他人事ですな。



Tuesday, July 26, 2011

China's train accident unthinkable here: expert


専門家「日本の新幹線では考えられない」
2011.7.26


これも他人事ですな。
今回の件について原因究明はこれからであろうし、また、それがしっかりなされるかどうかもわからない。
しかし、列車事故というのはどこの国でもありえるのであって、日本ではありえない、ということもなかろう。
絶対安全ということもありえず、想定外のこともありえる、云々というのは、福島原発の教訓ではなかろうか?
たぶん、福島原発のときの他国の反応が、自国ではありえない、といったものが多かったのではないか、と思うが、それと似ていないか?

私は、原発について、安定供給、供給源の多様性確保の要請が強い、とみて、他のエネルギー源の開発と同時に、より合理的な安全体制で、新しい原発設立も可、という意見に傾くが、しかし、事故が起きたときの経済的社会的心理的影響の規模の大きさも無視するわけにもいかない。




中国新幹線事故 英語圏での報道



Fears China rail crash result of project cutting corners
Michael Sainsbury, China Correspondent From: The Australian July 26, 2011




Chinese media have suggested that work on the line where the accident occurred was rushed.

"The hugeness and urgency of the project is unprecedented for CRSC (a contractor for the ministry). Such a complicated project needed to be finished in eight months. It is an extremely severe challenge to the company," the 21st Century Business Herald quoted the Peoples Rail Paper (the ministry's official paper) in May 2009.
The same paper also reported yesterday that KTG Group wrote on its website that "we spent only two months finishing the disaster prevention and monitoring system on the Ningbo-Taizhou-Wenzhou railway" - where the crash happened.

Concerns have deepened after the release of video footage of authorities burying wreckage a day after the crash. Also, three senior Shanghai rail executives have been sacked despite an official explanation that lightning disabled one train on the Ningbo-Wenzhou line, causing another to plough into it. Six carriages derailed and four fell about 25m from a viaduct.

"There are both political and business motives behind China's Railway Ministry insisting on China's sole ownership of the technology, so they integrated technologies from Japan, Germany, France, Canada, etc. This integration needs a longer run-in time, but they simply did the contrary," analyst Li Hao from Beijing consultancy Anbound Economics told The Australian.







Relatives mourn China rail crash
2011-07-25


Chen's daughter and wife were at the back of the first train, and received the full blow of the incoming train when it slammed into their carriage, his uncle said. The 12-year-old's body was only pulled out of the mangled wreckage 12 hours later.

Rescue not quick enough

"She was due to go study in the United States, and she was just coming home to spend some time with us before leaving," he said.

"The rescuers just weren't quick enough. If they had pulled her out yesterday morning, she might have had a change to survive," he said as his nephew sat down on the floor crying, unable to get up again.





Decision not to take train may have saved life
Last updated 05:00 26/07/2011



It has been working for years to develop a high-speed rail network to rival Japan's famed bullet trains and use the technology it has acquired or developed to sell its own trains abroad.

The country has one of the highest-density rail systems in the world, according to Michael Komesaroff, of Urandaline Investments in Australia.

A spokesman for China South Locomotive, which built both trains in a joint venture with Canada's Bombardier, said signalling operations were to blame for the crash.

"The quality of the trains is fine. Neither had any accidents previously. It's the signalling system that went wrong," he said.

A spokesman for General Electric in the United States said the company supplied the signalling equipment on the line involved in Saturday's crash, but said it did not provide "vital" equipment.





China's effort to muzzle news of train crash sparks outcry

By Ben Blanchard and Sui-Lee Wee
BEIJING | Mon Jul 25, 2011 11:27am EDT



(Reuters) - Government directives demanding journalists not question official accounts of a deadly high-speed train crash in eastern China are fueling public anger and suspicion about conflicting details of the accident, such as the death toll.

・・・・・

Li Datong, a former journalist sacked for challenging censorship, said the government was imposing controls whenever there was a disaster, which would only fuel public suspicion.

"People don't trust anything the government says anymore," Li told Reuters. "They think that whatever they say is a lie. There is no confidence in state media
.



まあ、まあ、日本で報道されるような内容ですね。最後のロイターのなんかは、政府のいうことは信頼しない、政府の言っていることはすべて嘘、国営メディアにも信頼おけない、という人の引用を引っぱってきている。

福島原発の件で、あるいは他の件でも、海外の報道というのがいかに実態とかけ離れているか、身に染みているので、中国に関する報道についても、一応、眉につばをつけて読むことにしよう。最後の引用なんかも、事実言ったのであろうが、これが、中国国民の意見を代表しているのか、メディアが聞きたいことを引っぱってきているのか、そこらへんはわからない。

原発輸出:優先交渉「白紙も」 トルコ、日本政府に通知

 日本が原発プラントの受注に向けて交渉中のトルコが、日本政府に対して、7月末で優先交渉権を打ち切る可能性を伝えていたことが26日、分かった。菅直人首相が原発輸出を推進する政策の見直しに言及したため、トルコ政府は日本側が交渉継続の姿勢を明確にしなければ、日本との優先交渉を白紙に戻し、他国を含めた交渉に切り替える方針だ。


トルコとしては当然だろうね。
菅氏にはなんのビジョンもない。消費税増税も、平成の開国も、脱原発も、口先だけの思いつき、それはメディアが言うとおりであろう。


池田信夫ブログ
2011年07月21日 20:00 その他
言論の自由を圧殺する「自由報道協会」



19万人以上が癌になるとすれば深刻な事態だが、普通のメディアはまったく報じていない。それはこのECRRなる団体が、ヨーロッパ議会とは何の関係もない「緑の党」傘下の反核団体だからである


自由報道協会やニコ動に対する評価は別にして、上記のような指摘は重要。





「ポスト菅」じり貧の首相候補たち  
2011.7.25


産経新聞・FNNの世論調査。質問の仕方に社の方針が見えるだが、それはともかく、


(注)数字は%。カッコ内の数字は前回6月25、26日の本社・FNN合同世論調査結果。(-)は前回データなし。「他」は「分からない」「言えない」など。

【問】どの政党を最も支持しているか

民主党   14.1(18.0) 自民党   18.9(19.0)

公明党   5.0(3.6) みんなの党 7.3(5.9)

共産党   2.8(2.6) 社民党   1.4(0.9)

国民新党  0.6(0.4) たちあがれ日本0.6(0.5)

新党改革  0.0(0.0) 他政党   0.8(1.3)

支持政党なし48.0(47.2) 他     0.5(0.6)


民主とも減少しているが、産経の調査で、自民党も横ばい、ないし、減少、というのが面白い。
菅総理、民主党もメチャクチャだが、、際、自民党、足を引っぱっている、という印象以外あまりない。




《菅首相が「脱原発依存社会」を目指す考えを示したことは評価できる》

思う64.3 思わない27.4 他8.3
・・・・・


【問】今、日本の首相にふさわしいのは誰か

枝野幸男 6.3(9.0) 岡田克也 6.4(5.5)

小沢一郎 7.4(5.7) 小沢鋭仁 0.2(0.1)

海江田万里1.7(1.3) 鹿野道彦 0.1(0.4)

菅直人  1.7(2.3) 玄葉光一郎0.7(0.8)

仙谷由人 0.4(0.9) 樽床伸二 0.0(0.1)

野田佳彦 1.8(2.6) 原口一博 2.1(-)

細野豪志 0.2(-)   前原誠司 9.5(12.1)

馬淵澄夫 0.6(0.1) 亀井静香 1.5(2.9)

石原伸晃 3.5(-)   石破茂  9.0(8.8)

谷垣禎一 1.2(2.0) 渡辺喜美 2.7(-)

舛添要一 4.3(-)

その他の与野党議員4.8(-)

ふさわしい人はいない30.6(32.6

相応しい人はいない、というのが国民の日本の政治に対する失望感を表しているともいえよう。


谷垣禎一 1.2(2.0)というのも、自民党の支配勢力が、国民と乖離していることを象徴していよう。


ヤクザ、米の金融制裁対象に…オバマ大統領署名
Check
 

【ワシントン=黒瀬悦成】オバマ米大統領は25日、初の「国際組織犯罪に関する戦略」を発表するとともに、日本の「ヤクザ(暴力団)」を、薬物取引や人身売買に関与する「国境横断的犯罪組織」に指定して金融制裁を科す大統領令に署名した


日本でも同様なことをやってもよさそうな。


@tomojiro
tomojiro

シアトルのモーターショーで銃撃事件、11人が負傷。ギャングの抗争の可能性 seattlepi.com/news/article/S…



Shooting erupts at Seattle area car show, 12 hurt
MANUEL VALDES, Associated Press
Updated 05:59 a.m., Sunday, July 24, 2011




Kent shootings shift police focus to gang violence
Kent police are investigating the shootings at a South King County car show over the weekend that left 13 people injured as a gang-related offense, and the chief of police is calling on other area law-enforcement agencies to help tackle the impact of increasing gang activity in the region.
By Christine Clarridge and Mike Carter

Seattle Times staff reporters
In the wake of Saturday's shootings at a custom-car show that left 13 people injured, Kent police are calling for a meeting of law-enforcement officials to focus on the impact of increasing gang-related violence in South King County.


暴力団の抗争ね。



失踪美少女シンドローム
2011.7.26


マイノリティー(人種的少数派)よりも白人、男性よりも女性、とくに少女、他のどんな事件よりも失踪(Missing)事件の報道量は多くなる。

18年監禁されていた少女の事件

ABC
Jaycee Dugard: The Full Interview
Abducted by strangers and held captive for 18 years.
07/10/2011


この事件が報道されたとき覚えているが、確かにショッキングな事件であった。また、この間、保護観察官や犯人の自宅を何度も訪れているが、見逃し、また、近隣の通報があって保安官が訪問しても事件は見逃されていた。
(司法)

その監禁被害者の少女の地獄とその後の人生、ということになれば、たしかに興味はひく。



Missing white woman syndrome
From Wikipedia,



ABC News Leads The Way In A Long Summer Of Women-In-Peril Stories
Categories: Media, Television


And just like on the best soaps, it doesn't matter if the woman at the heart of the tale is a heroine or a villain, as long as her story is so frightening and compelling people can't stop watching.



“主役”の女性が必ずしも善玉である必要はないのだ


産経はNPR記事の結論をそっくりまねた、ように見える。

本記事が盗作とまではいわないが、他者の記事の切り貼りのような記事を見かけることもある。

Japan Timesや日本の海外報道は実際取材するのではなく、他者の記事を要約したり切り貼りしたりしているのでで、やり方をひとつ間違えると盗作スレスレになることも注意すべきだ。




読売社説

 

警察の不祥事は後を絶たず、昨年の懲戒処分者数は前年比6割増の385人にのぼった。警視庁公安部の国際テロ捜査資料がネット上に流出した事件では、内部犯行の疑いが強まりながら、いまだに解明の糸口すら見えていない。

 組織をあげて綱紀粛正と再発防止に取り組まないと、信頼を失うことを肝に銘じるべきである。

(2011年7月26日01時23分 読売新聞)


であれば、警察に関して、内部調査ではなく第3者による監視・独立機関の設定を唱道すべきであろう。

メディアがもっと尻たたきしないでどうする?


朝日社説 26日


であれば、他の企業と同様に破綻(はたん)処理をすべきだ――。これまでの社説で、私たちはそう主張してきた。そのほうが市場をゆがめず、国民負担も小さくできる。最後は税金で賠償の面倒を見るにしても、まずは株主や、貸手である金融機関の責任を明確にし、資産や債権を整理したうえでの話である。


これはもっとも。

復興財源―所得税、法人税を軸に


 消費税はひとまず脇に置き、所得税と法人税を軸に検討してはどうか。被災した人や企業を対象から除きやすいし、所得税を納めていない低所得者や赤字企業は負担を免れる。

 この二つの税についても、震災前からの課題を整理しておく必要がある。

 今年度から実施する予定だった税制改革案は、与野党対立で中ぶらりんのままだが、具体案が示されている。所得税は一部の控除を縮小して課税を強化する。法人税では時代遅れの特別措置を縮小・廃止しつつ、税率自体は引き下げる。

 国の財政難を考えると、所得税の増税はやむをえまい。一方、厳しい国際競争にさらされている企業の負担は軽くし、国内での雇用を守ってもらう。

 その上で、復興財源のためにそれぞれ臨時増税分を上乗せする。こうした二段構えで検討を進めることだ。


所得税はともかく、法人税はどうなのかな。指摘されているように、企業は頑張ってもらわないと日本経済も丼図マリになるが、しかし、法人税あげて大丈夫なの?







@suzuky
suzuky

「ノルウェーの民主主義は圧力が加えられるほど一層たくましくなる、それを世界に見せましょう」ノルウェー首相談話。筋金入りですわ。英語平易。regjeringen.no/en/dep/ud/Wha




Transcript from Prime Minister's Stoltenberg press conference 22 July 22.00
Shocking and cowardly

Today, Norway has been hit by two shocking, violent and cowardly attacks.
We don’t know who has attacked us. There is much that remains uncertain.
But we do know that many have died and many are injured.
We are all shocked by the evil events that struck so suddenly and brutally.
#
This is an evening that will demand a great deal of us all.
The next days may be more demanding still.
We are prepared to face them. Norway stands together in times of crisis.
We mourn our dead.
We share the sufferings of those who are wounded.
And we feel with the families and friends of those affected.
#
This is an attack on innocent civilians. On young people at a summer camp. On us.
I have a message for those who attacked us. And for those who are behind them.
It is a message from the whole of Norway:
You will not destroy us.
You will not destroy our democracy or our commitment to bringing about a better world.
We are a small nation, but we are a proud nation.
No one is going to bomb us into silence.
No one is going to shoot us into silence.
No one is ever going to frighten us away from being Norway.
#
This evening and tonight we will take care of one another.
Comfort one another, talk, and stand together.
Tomorrow we will show the world that the Norwegian democracy grows stronger when it is under pressure.
We will find the perpetrators and bring them to justice.
The most important task this evening is to save lives and take care of all who have been hurt and their families.
I pay tribute to the police, health workers and others who have put in a formidable effort over the last few hours to help people and prevent more harm being done.
#
We must never give up our values.
We must show that our open society can pass this test too.
That the answer to violence is even more democracy.
Even more humanity.
But never naivity.
That is something we owe the victims and their families.


たしかにうまい。

中国の事故にせよ、ノルウエーのテロにせよ、被害を受けて死亡された方々のご冥福を祈る。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

欧州のポモ社会 他

2011年07月25日 22時52分11秒 | Weblog
NHKスペシャル|なでしこジャパン 世界一への道を途中から見てしまった。やっぱ、涙もんやなあ。

ワンバク選手も偉いなあ。

PKの時、澤選手が手を合わせて祈っていた。サッカーの神様に祈っていたらしい。「かみさまー」という口の動きが見えた。

泣けるよなあ。

こちらは野球選手


NY紙が井川の大型特集“消え去ったヤ軍選手”
2011.7.25


Kei Igawa: The Lost Yankee

“The concept that less might be more does not compute in Japan,” Valentine said. “It’s a problem for Japanese pitchers over here. If Igawa was throwing when the Yankees didn’t know it, he wasn’t doing it to be a contrarian. In Japan, they think if you don’t throw every day you not only won’t be successful, you don’t deserve to be successful.


In the end, Cashman sounded mystified by Igawa. “It’s the most curious case I’ve ever heard of,” he said. “And frustrating. The lesson is to be very careful with Japanese pitchers. I give him credit for living a dream and for fighting the fight. It can’t be easy. It has to bother him, too.


“No,” Igawa answered before another Trenton game, sweaty from the pregame sprints and toweling off so he could slip into his game uniform. “But it is still baseball. I get to pitch. I love being on the mound. It is my job, but it’s also what I want to do. I get to see new places I would never have seen otherwise. And it is my duty to do my best.”




Spend enough time with Igawa, however, and it becomes clear that he has moments when he is dismayed. On July 14, the Yankees signed J. C. Romero, a 35-year-old left-hander who had just been released by the Washington Nationals. Romero was assigned to Scranton/Wilkes-Barre.

Igawa got the news standing at this locker in Trenton. His shoulders sagged slightly and he slumped to a chair.

He was asked if he ever wants to shout, “What about me?”

He shook his head.

“I am Japanese,” he said. “I don’t go crazy too often. I’m not going to throw things or make a scene. In five years, I have seen this happen over and over.”



KEI IGAWA OFFICIAL WEB SITE - KQUEST / トップページ

井川慶


野球もあまり見ないからよくわからないが、日本で栄光を勝ちとった選手がメジャーリーグで成績及ばず、二軍三軍で、肩たたきにあいながらもストイックに頑張っている姿を、ちょっと不思議な光景として描写する論調。






@mozumozumozu
mozu
[JapanProbe]ブレイヴィック容疑者の「単文化」日本へのあこがれについて。来てみればそうじゃないと分かるよと述べている。日本批判者と同じイメージなのが笑える話。bitly.com/npKL1O


全く。

そのJapan Probeコメント欄


Piglet
Collapse
Only one thing is true in this crazy rant: Japan is, compared to European Union countries, a relatively closed country (in economic and social terms). Whereas EU countries have more or less embraced post-modernism (which he mistakenly describes as Marxism), Japan still is a typical modern society (sociologically very similar to Western Europe before the post-modernist revolution). But the rise of post-modernism in Western Europe is also hotly debated and many observers describe the rise of a conservative movement aiming at bringing back the "traditional" European values, that were dominant before 1968.

Nationalism in Japan is not prevalent. However, the conceptual background of citizenship in Japan (which is still infused with strong references to the "Volk" as a relatively homogenous social and ethnic entity, in a strong Nation State) is typically modern, while post-modern nations emphasize a symbolic link to citizenship (based on values and embraced cultural norms more than on traditional "Volk").

Furthermore, the dominant discourse in Japan is strongly in favor of a society based on modern principles, whereas the elites in Western Europe tend to favor post-modern concepts and principles.
Like Reply
Today 02:08 PM 2 Likes



日本と欧米をポモ社会とポモ以前のモダン社会に分断して論じている。
こういう論調こそ、むしろ、モダン以前のような気もするが、まあ、こっちは東洋のイナカッペだから、そのポスト最中だかモダンだか知らないが、それって何って感じでござんすな。

西洋のエリートたちが語るポモ概念や原理とはなんぞや?

西洋さまが誇る民主的に選ばれた指導者たちの最近の発言を拾う、と、



Angela Merkel declares death of German multiculturalism
Chancellor's remarks, which claimed multiculturalism had 'failed utterly', interpreted as a shift rightwards from previous views

guardian.co.uk, Sunday 17 October 2010


ドイツ メルケル 多文化主義の死


Germany rethinks multiculturalism
permalink email story to a friend print version
Published: 19 October, 2010


ドイツ 多文化主義を再考

5 February 2011 Last updated at 18:55 GMT Share this pageFacebookTwitterShareEmailPrint
State multiculturalism has failed, says David Cameron


イギリス キャメロン 国家多文化主義の失敗

Sarkozy to Muslims in France: Will protect you, but...

Muslims must embrace Europe's historical values and avoid "ostentation or provocation" in the practice of their religion.


フランス サルコジ イスラム教徒はヨーロッパの価値を身につけろ。

French President: Strip Foreign-Born Criminals of Citizenship
VOA New


フランス サルコジ 外国出身犯罪者の国籍を剥奪せよ。

Immigration: France sees tensions rise five years on from Paris riots

Violence in the ghettos brought an outcry over racism – but President Sarkozy is now putting immigrants under even more pressure

guardian.co.uk, Tuesday 16 November 2010

・・・・・
But the root cause was the hopelessness of a generation of young French people, ghettoised in dismal suburbs, marginalised and jobless because of their skin colour or their parents' immigrant origins. Since then discrimination against the third- and fourth-generation children of immigrants has worsened, tension is rife and Nicolas Sarkozy's rightwing anti-immigrant rhetoric is blamed.
・・・・・

More than any other French president, Sarkozy, who himself has immigrant roots, has turned the issue of immigration into electoral politics. He has rounded up Roma, introduced France's fifth immigration law in seven years, banned Muslim women wearing the niqab in public places and launched a national debate on what it means to be French, led by his new ministry of immigration and national identity. In this week's ministry reshuffle, he dropped the contentious "national identity" title but shows no sign of softening his hardline immigration policy.
・・・・・
"Everything has been complicated by constantly referring to people as French 'of immigrant origin'. It's still a ghetto here. Apartheid exists here. But that suits politicians of both the left and right. You want a scapegoat for society's ills, someone to blame? They'll always point the finger at us. Sarkozy has really let himself loose – now it's as if anything goes and people can make comments as prejudiced as they like."

Mechmeche, whose Algerian grandfather fought for France in the second world war, sat with colleagues lamenting a series of recent public racist remarks which he said showed France was going backwards. The interior minister, Brice Hortefeux, Sarkozy's oldest friend, was fined for racism after saying of a north African party member: "We always need one. It's when there are lots of them that there are problems."

An heir to the Guerlain perfume empire said on TV he had worked "like a nigger" to create a new scent. Certain journalists had talked of "blacks and Arabs" being to blame for crime.

"It's not new immigration that is a problem in France, it is integrating the diversity that is already part of society," said Patrick Weil, immigration historian and author of How to be French. "People want to be accepted as French, but of course they feel different and not accepted when the president is using the language he's using. They are being made a target."・・・・・

"I sent out 300 letters and CVs for jobs from secretary and receptionist to community work. I got no replies. So many people here have no work or are doing jobs beneath them. We're French but we're not considered as real French people. The discourse is getting worse.

"I was born in France but feel totally rejected here, yet [in] my parents' native Tunisia, people say I'm French. I just want to be given a chance to succeed. We feel set apart from the rest of France as if we live on an island."


フランス 何世代にもわったているにも関わらずフランス人として受け容れられず絶望する移民、および移民の子孫たち。


June 25, 2011
Netherlands abandoning multiculturalism


オランダ 多文化主義を捨てる。



Europe's immigrants and minorities under pressure
Several European countries have been shaken by a backlash against immigrants or minority peoples in recent months. Here the Guardian charts some of the flashpoints


Mark Tran, Paddy Allen and Jo Blason
guardian.co.uk, Monday 15 November 2010


移民やマイノリティーに対する反発で揺らぐ欧州の国々


・・・・・・・なるほど、ポモ社会とか、概念とか原理とかいうのは、こんなもんなのですかねえ・・・・こりゃあ、たいへんな社会でござんすね。




今回の

Media Reacts to News That Norwegian Terror Suspect Isn't Muslim


UJALA SEHGAL JUL 23, 2011

今回のノルウエーの襲撃事件、最初は、イスラム過激派という報道で満ちあふれ、イスラム過激思想と野蛮な暴力行為が一緒に語られていたわけであるが、容疑者がイスラム教徒でないとわかると、


Additionally, Ibrahim Hewitt writes an editoral at Al-Jazeera, where he observes that once media outlets noted that the suspect was not Muslim, they disassociated connections between the suspect's beliefs and his alleged violent actions.


容疑者の思想と、今回の暴力とは峻別されて語られるようになった、と。



ノルウェーテロ容疑者、「理想の国」日本や韓国

 
【オスロ=末続哲也】アンネシュ・ブレイビック容疑者は、22日の犯行直前にインターネットに投稿した「マニフェスト」の中で、「文化面での保守主義を持つ」理想の国として、日本や韓国を挙げていた。


 イスラム系移民が少ないため、だという。また、「いま、最も会ってみたい人々」としてローマ法王とロシアのプーチン首相を挙げた。「次に会ってみたい人々」としては日本の麻生太郎・元首相など4人を挙げた。

(2011年7月25日19時11分 読売新聞)



日本でも、今回の容疑者が日本や韓国について言及していることについての報道はこのようにされたわけであるが、
さて、日本の論説委員がまともな論評ができるか、どうか?

常日頃問題意識をもっていないと、今回の原発事故同様後手後手になるよ。





居眠り?ATC切る? 中国鉄道事故、人災疑う声

 なぜ、停車中の列車に後続列車が突っ込んだのか――。中国高速鉄道の脱線落下事故で、中国当局は落雷による「天災」を強調しているが、管理や運行のミスによる「人災」を疑う声も高まっている。

 最大の謎は、ATC(自動列車制御装置)がなぜ作動しなかったのかだ。ATCは、前方列車との間隔などの異常を察知し、自動的に車両を減速、停止させる仕組みだ。

 中国鉄道省は「落雷が故障を引き起こした」(王勇平報道官)と強調するが、国内外の専門家は「鉄道には避雷装置があり、雷を逃がす仕組みになっている」(香港理工大学の盧覚強教官)と首をひねる。避雷装置が機能しなかったとすれば「中国は平原を走る路線が多く、落雷の危険は常にある。システムを改善しなければ同様の事故が起こる」(盧教官)という。

 日本では、ATCが故障すれば一帯の列車はすべて止まる。日本政府の高官からは「ATCを切って手動で走っていたのではないか」との見方すら出る。

 ここで注目されているのが、当日のダイヤの乱れだ。時刻表だと、追突したD301号が温州南駅に到着するのは午後7時42分。追突されたD3115号よりも15分早い予定だ。D301号は本来ならD3115号の前を走るはずだったとみられる。何らかの原因による遅れを取り戻すため、通常と異なる運行を迫られていた可能性がある。

 乗客の証言で、D301号は減速しないまま突っ込んだ疑いが強まっている。信号が故障していたにしても、異常を察知できなかったのか。香港メディアからは「運転手は居眠りをしていたのではないか」(明報)との声さえ出始めた。

これ、中国の国民の反応によっては、政権を揺さぶるかもしれない。



中国メディア、苦しい報道
2011.7.25 19:54

 25日付の中国紙、中国青年報は、浙江省の高速鉄道事故についてのメディアの報道ぶりについて、短文投稿サイト「ツイッター」の中国版「微博」などの迅速な反応に比べ「苦しい報道」と指摘、インターネット上で批判の声が出ていると伝えた。

 同紙は、23日の事故発生当日、多くの市民がネット上にアップされる事故の情報を「夜も眠らずに待った」とし、速報性や情報量で劣る新聞やテレビなど従来型のメディアの「敗北」を指摘する声を紹介。

 一部テレビは列車事故ではなくノルウェーの連続テロ現場からの中継放送をしており、ネット上には「(市民の)悲しみや怒りは彼ら(官製メディア)の心を打たない」などの書き込みがあることを報じた。

 メディア関係者によると、中国は国内メディアに対し、事故について独自報道をしないよう求めている。(共同)


ツイッターやインターネットが大手メディアより先行するのは日本を含めて世界的潮流。


今回の中国の事故と原発事故。両方とも天災のからんだ人災。人命に対する規模としては、中国の事故の方が大きい、と言えるのではなかろうか?

もちろん、原発の影響による健康被害については未知の部分が大きいわけであるが、原発の問題を健康被害の問題にしてしまうーーーそれが従来の反原発運動のやり方だったのかもしれないがーーーのはちょっと違和感がある。
原発の場合、退避体制さえ整備されれば、健康被害そのものは、他の事故よりも少ない、と言えるのではなかろうか?
であれば、脱原発の理由を未知の健康被害に集約してしまうのは的外れではないか?。
むしろ、いったん、事故が起きた場合の、経済的、及び社会生活への影響の大きさから論じるべきであろう。


毎日社説

社説:英紙盗聴事件 大衆を裏切った大衆紙

私立探偵を使って不正に携帯電話の暗証番号を入手するという今回のワールド紙の取材手法は、知る権利のはき違えでしかない。盗聴された中に誘拐殺人事件被害者の13歳の少女、イラク戦争で戦死した英兵やテロ事件の犠牲者の遺族らも含まれていたことで、世論は憤激した。
・・・・・



大衆の味方だったはずの大衆紙が大衆を裏切り、一般の人々を敵に回したのが今回のワールド紙の事件だ。廃刊によって168年の伝統を捨てるという代償は、自ら招いたものといえるだろう。・・・・・



どうかな?
大衆は人間の無意識同様矛盾をはらんだ存在である。ああした報道を望んだのも大衆であり、その意味では大衆の欲望に沿ったものでもあり、かつ、また、ああした報道を非難するのも大衆であろう。



人権委調査、強制力なし…政府救済法案の骨格

政府は、不当な差別や虐待で人権侵害を受けた被害者を救済するための人権侵害救済法案の骨格を固めた。


 新たな人権救済機関「人権委員会」を独自の規則制定権や人事権を持つ国家行政組織法上の「3条委員会」と位置づけ、法務省の外局として設ける一方、人権委による調査には強制力を持たせず、調査拒否に対する罰則規定も設けない内容だ。政府は近く法務省政務三役による「基本方針」として骨格を決め、法案は今年秋に召集される見込みの臨時国会に提出する方針だ。

 人権委員会は、人権侵害が疑われるケースを調査し、その行為をやめるよう勧告する権限を持つ。国家行政組織法には、所管大臣が最終責任を負う「8条委員会」もあるが、独立性を高めるため、「3条委」とすることにした。委員は地方参政権を持つ人に限定し、外国人が就けないようにする。

(2011年7月25日03時01分 読売新聞)


詳細はわからないが、これはこれでいいんじゃないかな?




色あせない 青春と淡い恋 「コクリコ坂から」
2011年7月24日1

コクリコ坂から

甘酸っぱそう。





What the Indian call こ staff are really told about Australians
By Brenden Hills
From: The Sunday Mail (Qld)
July 23, 2011



Marantz told The Sunday Mail he undertook the investigation last year, when there was some publicity about Indian students in Australia facing violent attacks.
The training program taught employees about conversational skills and Australian pop culture in the hope that they would build a rapport with the person they were trying to sell to.
In "dissecting" the Australian psyche in 20 minutes, the teacher told the class, "Just stating the facts, guys. Australia is known as the dumbest continent. Literally, college was unknown there until recently, so speak slowly".
"Technologically speaking, they're somewhat backward, as well. The average person's mobile would be no better than, say, a Nokia 3110 classic."
That revelation "drew scoffs from around the room".
"Australians drink constantly," the teacher warned. "If you call on a Friday night, they'll be smashed - every time.
"Oh, and don't attempt to make small talk with them about their pets, OK? They can be quite touchy about animals."
When one call centre student asked what kind of people lived in Australia, the teacher replied: "Let's admit: they are quite racist. They do not like Indians."
She continued: "Their preferred term for us is . . . 'brown bastards'."




英語圏では、コールセンターを海外におくところが多いようで、オーストラリアでは、インドなんかに頼んでいるらしい。で、そこでの会話や対応訓練では、豪州に関して教育するのだが、
「豪州は最も駄目な大陸で、大学教育というもは最近まで知られていなかったからゆっくりしゃべってあげなさい」
「テクノロジーも遅れていて、携帯もNokia 3110 classic程度」
「オーストラリア人は酒をいつも飲んでいて金曜日は完全に酔いつぶれている」
「ペットについての会話に気をつけないと・・・動物に関してはうるさいよ」
オーストラリア人ってどんな感じ?と聞かれて
「人種差別主義者で、インド人とはまるで違う」
「インド人を茶色野郎と呼んでいる」
と。

まあ、適切な教育と言えるか、どうか?











コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ちょっと蒸しアツッ 他

2011年07月25日 00時50分53秒 | Weblog
ちょっと蒸し暑いですな。



@suzuky
suzuky
「日本は正月とクリスマス、どっちもやるから多文化主義だ」と大マジで言ってる人がいた。確かにあらゆる文化に対して対等にテキトーにしか敬意を払ってない、とはいえーー。多文化主義とは→kotobank.jp/word/%E5%A4%9A…

ということで、多文化主義 知恵蔵2011の解説
これはわりに面白い説明ですね。


文化的特殊性が人間のアイデンティティーの形成にとって不可欠であることを主張し、マイノリティーの文化の独自性の保護を求める理論や運動。人種的・宗教的マイノリティー、女性、障害者、同性愛者などの多種多様なマイノリティーの顕在化による差別問題との関連で現れたこの思潮は、文化的背景の異なる他者との共生が現代的課題として浮かび上がっていることを示している。多文化主義は、マイノリティー集団に対する政治権力の分配、文化保護・育成にかかわる社会制度整備、政策の積極的推進を要求する。

マイノリティーの権利保護ということであれば、個人の自由と平等の範囲で、保護できるわけで、政治的権力の分配もその限りでなされる、というのが、まあ、従来のリベラルな考えなわけですね。


その際、集団的権利を個人権に優先させるため、リベラリズムに対しては批判的である。なぜならリベラリズムは基本的な権利・義務の根拠を個人に置き、また文化を私的領域で追求すべきこととして公的領域から排除することを求めるからだ。

ここまでは批判というよりも、リベラルの立場の説明ですね。


しかし、それではアイデンティティーの構成要件としての文化への帰属を無視し、個人の自律性の基盤を失わせることになると多文化主義は批判する。

ということで、ここが問題になってくる。
コミュニタリアンのサンデルなんかも、リベラルの共同体から独立した裸の個人みたいな前提を批判しているわけで、古くはアリストテレスが人間は社会的動物として規定し、また、ハイデカーなんかも現存在が「つねにすでに」社会に投げ込まれている、ことなど、それ以外にもかなり多くの論者が強調し、地域社会、歴史から超絶した透明な個人のような前提を批判しているわけで、リベラルのこうした前提はなにも多文化主義だけから批判されているわけではない。裏からいえば、この手のリベラルに対する批判から、多文化主義が帰結されるわけでもない。

またリベラリズムは、国家は文化的に中立であるべきだとするが、多文化主義は、国家の文化的中立性など虚構にすぎず、現実には支配的文化を擁護しており、人権の普遍性の理念を掲げつつマイノリティー文化の抑圧を隠蔽してきた、と批判している。


中立性に対する批判はやはり共同体主義からもなされ、現実的には支配的文化の擁護・強化みたいなのは、フェミやらマルクス主義系からもなされる。フェミやマルクス主義などと多文化主義は両立可能であるから、別にそれはそれでいいのだが、しかし、多文化主義をとらなければ、リベラルな民主主義が、マイノリティー文化の抑圧するとは限らない。マイノリティーもマジョリティと同じ人間である、国民である、市民であるといった、普遍を享有するから、例えば、同じく補助金を受ける権利もあり、また、私的領域の活動において不当な介入を受けない権利があるわけだ。

例えば、同性愛者の結婚する権利にしても、同性愛者の権利として構成しなくても、男女同士でも、同性同士でも、同じ人間として、人間が従来の男女と同様、法的に家族生活を営む権利としてとらえなおすこともできる。

特殊性を強調するか普遍性を強調するかの違いがでてくる。

言語なんかの問題でも、私的には何語で話してもいいわけだが、公共の文書・議論ということになると、個人の特性に関わらず、公共の言語を民主的にきめていけばいい。なお、ある文書を特定の言語に翻訳させる権利はない場合でも、自発的にその言語に翻訳してあげることはもちろん可能である。


 英語圏の議論では、他にも休日・祝日なんかが問題になってくる。例えば米国ではーーーよく知らないのだがーーーキリスト教関係の祝日があったりするわけだろう。ならば、イスラム関係の祝日も作れ、という意見も当然でてくる。これもまあ、民主的な話し合いできめればいいのだが、それだと、多数のキリスト教系の人々の意見が通ってしまって、イスラム系の意見は”抑圧”される。さて、どうする?と。

 一つの道行きとしては、例えば、公共電波ではハーピークリスマスといわないで、ハッピーホリデーというとか、従来のキリスト教的祝日から、キリスト教色を抜いて単なる休日ということにする。由来は何であっても現状ではどの国民にとっても”中立的”な休日ということになる。

形式的にはそうかもしれないが実質的にはちゃうやんけ、という意見もありえる。それはそれでもっともであるが、
しかし、やむえない制約といわざる得ない。また、キリスト教信者、あるいは、無神論者に、説得的な議論を展開することで、自分たちの好きな特定な日を休日にすることもできる。

 多数者の伝統だからという理由だけで、継続するのもおかしいが、少数者の文化という理由だけで、対等に割り込めるわけでもない。

 両者は固いアイデンティティに固執している点で似ている。

 摩擦や衝突は起きるであろうが、その過程で共有項、普遍性を見いだしていく、あるいは、創造していくという道行きもありえる、と思うのである。

 
で、その多文化主義とも関係している、ノルウエー虐殺関係

24 July 2011 Last updated at 09:17 GMT Share this pageEmailPrint
53
ShareFacebookTwitter
Norway gun suspect 'acted alone'

・・・・・
A suspected right-wing extremist accused of a massacre at a youth camp in Norway and a bombing in the capital, Oslo, says he acted alone, police say.

Anders Behring Breivik, 32, "admitted to the facts of both the bombing and the shooting, although he's not admitting criminal guilt", said police chief Sveinung Sponheim.

・・・・・
The document and the video repeatedly refer to multiculturalism and Muslim immigration; the author claims to be a follower of the Knights Templar - a medieval Christian organisation involved in the Crusades, and sometimes revered by white supremacists.



容疑者は単独犯、ビル爆破と島での虐殺、両方認めた、と。
認めたからと言って真実とは限らないわけですが、まあ、そうかな、とも思う。

For Campers, Island Turned Into Fatal Trap




Organized by the youth wing of the ruling Labor Party, the camp has become a kind of multicultural incubator in recent years. Many of the victims in Friday’s shooting were the children of immigrants from Africa and Asia who have begun to stake out a greater role for themselves in Norwegian society.


島には多くの移民がいたわけですね。


@mozumozumozu
mozu
[Atlantic]犯人をジハーディストとしたルービン氏の記事について。ファローズ氏がWaPoに謝罪要求をしている。bitly.com/oNwNaz


Wapoは特に断定論調だったかもしれないが、BBCやABCでも同様なアルカイダの線が濃い、という論調であった。

で、アルジャ

Norway, Islam and the threat of the West
Dismissing this murderous act as the work of "a lone madman" ignores a more detailed study of the killer's motivation.
Ibrahim Hewitt Last Modified: 23 Jul 2011




・・・・・
It was a novel approach which, in a nutshell, illustrated that, historically, aggression has been directed more from Europe to the Muslim world than the other way round. His evidence for such a view was impeccably sourced.
・・・・・
If you are even remotely "different" in Europe today, especially if you are a Muslim, you are eyed with suspicion and must go out of your way to "prove" your loyalty to a state which, if the truth was made known, would get rid of you if only it had the guts to pass the necessary legislation to do so.

・・・・・
Right-wing ideology was behind the Holocaust; it has been behind most anti-Semitism and other racism around the world; the notion of Europe's and Europeans' racial superiority - giving cultural credibility to the far-right - gave rise to the slave trade and the scramble for Africa leading to untold atrocities against "the Other"; ditto in the Middle and Far East. Ironically, it is also far-right Zionism - far from the socialist myths of Zionist pioneers in the 1930s and before - which has been behind the ethnic cleansing of Palestine throughout the 20th century, right up to today, as a specific policy to be pursued - by military means if necessary.

・・・・・
We dismiss this "madman" as a one-off "not linked to any international terrorist organisations" at our peril. If nothing else, history has shown us that such ideologies are trans-national across and beyond the West, with catastrophic effects on the rest of the world. We have been warned.



アルジャはやっぱ、親イスラムだからーーそれは悪いわけではないーーーこういう記事をもってくるのでしょうね。
昔から、西洋の右翼はどうしようもない、と。

ムスリムによるテロが起きると、イスラム教徒やそれに関係すると思われる人が怪しい目で見られ来た。そうした恨みもあるのでしょう。ただ、同じ視線を返したい気持は私など十分わかるが、しかし、両方ともそうした視線の向け方がまずい、として、それを乗り越えるようにすべきでしょう。

イスラム関係の場合、それとイスラム関係者からのテロに対する非難の声が少ない、あるいは、報道されないだけかもしれませんが、そうしたことが偏見を助長している。



24 July 2011 Last updated at 00:55 GMT Share this pageEmailPrint
376
ShareFacebookTwitter
Norway suspect 'admits attacks




Norway has had problems with neo-Nazi groups in the past but the assumption was that such groups had been largely eliminated and did not pose a significant threat, says the BBC's Richard Galpin, near the island which remains cordoned off by police.


ノルウエーにもネオナチはいたが、それほど深刻な脅威になるとは思われていなかった、と。

日本でも極右でキチガイがいる。メディアもしっかり監視してもらいたい。


ノルウェー・テロ 監視疎かになってないか
2011.7.24



 現地当局はしかし、犯人がこれらのイスラム教過激派を思想的、組織的背景にしている可能性よりも、むしろ、移民排斥などを唱えるネオナチなど極右とつながりがあるとの見方に傾いている。

 とすれば、類型として想起されるのは、168人が殺害された1995年の米オクラホマシティー連邦ビル爆破テロである。捕まえてみたら、連邦政府などを妄想的に敵視し憎悪する組織「ミリシア」に同調した元米兵が主犯と判明し、米社会に衝撃を与えた。

 ノルウェー当局は国際テロには一定の警戒をしていただろう。だが、同国内では最近、ネオナチなどの運動は下火になっていたともいわれ、「オクラホマ」と同様、自国内のテロの芽への監視は疎(おろそ)かになっていたとの批判もある。





Oklahoma City bombing
From Wikipedia


ABCなんかでもオクラホマに言及していた人はいた。



脱線、運行システムトラブルか 日本技術は車両のみ
asahi.com
ニュース
国際
アジア
記事2011年7月24日

 

 中国の高速鉄道事故。何が起きたのか。

 日本の新幹線の技術に詳しいJR関係者によると、中国の高速鉄道で日本の技術が採用されているのは車両だけで、信号などの運行システムは中国独自のものが使われているという。

 この関係者は「パンタグラフの損傷など車両自体の問題でなければ、運行システムの不具合の可能性がある。衝突であったとすれば、車両ではなく運行システム上のトラブルとしか考えられない」と指摘する。

 日本の新幹線の場合、輸送指令室による制御に加え、車両同士が一定の距離以上に近づかないために幾重もの対策が講じられている。「他に考えられるとすれば、レールなど構造物の問題もありうる。中国の高速鉄道は日本やドイツなど多くの国の技術の寄せ集め。何が原因か解明するのは容易ではないだろう」と話す。

 国内外の鉄道に詳しい専門家によると、中国の高速鉄道では一つの路線に異なる方式の信号システムが使われている場所があるという。




ビル爆破にせよ、脱線事故にせよ、日本でも過去にあったわけで、だからといって、文化論、宗教論にしてしまえるほど単純な話でもない。しかし、単純な話にしてしまう人はどこの国でもいるものである。




夢の宇宙太陽光発電、福井大などが装置研究
 

天候や時間帯に左右されない太陽光発電の実用化に向け、福井大大学院の金辺忠准教授(工学研究科)が、宇宙空間で太陽光を効率的にレーザー光に変え、地上に送る装置の研究を宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で進めている。


 装置が完成すれば、地上で受け取った光で発電し、原発1基分にあたる約100万キロ・ワットをまかなえるという

JAXAは2025~30年をめどに試験装置を設置する予定。金辺准教授は「太陽の無尽蔵のエネルギーを活用でき、石油など化石燃料も不要な夢の発電方法。実験を重ねて実用化を目指したい」と話している。

(2011年7月24日13時48分 読売新聞)


いいねええ。






中国の偽アップルストア「完全なパクリ」
中国では以前でもこの中指を突き立てる、「ファッキュー」ジェスチャーをしている人がいましたが、中国もやはり、西洋の文化を取り入れるのに熱心である、証拠でしょうか?







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日も涼しかった 他

2011年07月24日 03時48分18秒 | Weblog
今日も涼しかった。よかった。

産経
容疑者 銃所有、菜園経営「キリスト教徒で保守派」
2011.7.23


ABC
Norway Terror Attacks Toll Upped to 87: Norwegian Man Arrested



By BRIAN ROSS (@brianross) , MARK SCHONE, JOSH HASKELL and ROBIN RESPAUT
July 23, 2011
Norwegian authorities early Saturday dramatically increased the death toll in a gun attack at a youth camp on the Norwegian island of Utoya to at least 80, bringing the total number dead in a pair of apparently related attacks Friday to 87.

Police have arrested a Norwegian man for the deadly attack at the summer youth camp run by Norway's ruling party, and they believed the same man was responsible for a bombing at a government building in central Oslo several hours earlier that claimed at least seven lives.



朝日
右翼思想・キリスト教原理主義の影 ノルウェー乱射事件
関連トピックス
フェイスブックTwitter
 政権中枢部で起きた爆破に続く乱射テロの狙いは、与党・労働党の青年集会だった。逮捕された容疑者はノルウェー国籍だった。

 爆弾テロ発生時には「イスラム過激派の犯行か」との見方も出た。しかし、その後はそれを否定するかのような情報が相次い


発生時、何の目撃証言も、容疑者もいない段階ではイスラム過激派か、という憶測報道が流れていた、わけですね。
開けてみれば、キリスト教右翼”白人”、ということで、皮肉な結果になってしまった。

デリメ
Norwegian massacre gunman was a right-wing extremist who hated Muslims

Suspect named by Norwegian media as Anders Behring Breivik
Police believe he is not connected to Islamist organisations
Claims he boasted online about having talks with English Defence League
'Loner' lived with mother in a wealthy suburb and is well-educated
Reports say he attended same school as Norway's crown prince
Posted on Twitter: 'One person with a belief is equal to the force of 100,000 who have only interests'
Farm business gave him easy access to fertiliser - an ingredient used in bomb-making
Police say he is a 'very demanding suspect'

なんかはさらにイスラム教徒を憎んでおり、英国防衛同盟とおしゃべりをしたことを自慢していた、などという情報を流している。
ただ、ここらへんも、まだ、わからない。
いまのところ、可能性が高いのは、島での大量虐殺の犯人であろう、というところまで。
朝日

「夢の鉄道」無残な姿 雨で救出難航 中国版新幹線脱線


BBC
China: Bullet trains collide in Zhejiang
province



But the project has come under fire for its high cost - the Beijing-Shanghai line cost 215bn yuan ($33bn; £21bn).

The BBC's Martin Patience in Beijing says there are also fears corruption has compromised safety in the network's construction.


BBCは政治腐敗で安全軽視があったのではないか、ということも伝えている。

産経
'偽「中国Apple」、海外メディアも一斉に報じる 「販売製品は本物」とも
2011.7.23


USA Today

Jul 21, 2011
China's Apple stores smell like iFraud


産経
福島に何をしてきたか
2011.7.23




 村田さんはさらに、被曝(ひばく)した牛には、原発事故の「生き証人」になってほしいという。被曝した牛を研究目的に生かそうとする「ファーム・サンクチュアリ(希望の牧場)構想」に協力する方針だ。


これはいい考えじゃないかな?

“Captain America” and Hollywood Propaganda
permalink email story to a friend print version
Published: 23 July




・・・・・
“America is kind of like an old athlete standing in front of its saggy trophy case, his paunch going over, remembering his old glory,” said poet and philosopher Phil Rockstroh.
Meant to lure youth into the “magic of war” back then, could propaganda still be the Cap’s purpose today?
・・・・・
“Filmmakers, if they want to make a film about the war, any war, and they want to use military technology, they have to have the support of the Pentagon. Scripts go to Pentagon, the Pentagon reviews the scripts and approves or rejects any collaborations. Directors know exactly what they’re doing. They get their funding and their weaponry from the Pentagon, it’s a very close relationship,” said war correspondent Keith Harmon Snow.
A very close relationship reflected in countless flicks to come out of Tinsel Town.
“’King Kong’ – a lot of racist stereotyping about Africa that covers up the US role in the invasion of Central Africa. ‘Apocalypse Now,’ which used helicopters that actually were being used to put down anti-American insurgents in the Philippines at the very time it was being made. ‘The Last King of Scotland,’ which is a false story about Uganda. There is “’Black Hawk Down’ about Somalia.” Snow named a few. The list, however, goes on.
“Compelling” films such as “Rambo-2” end up even shaping war history, suggested editorial columnist Ted Rall.
“There is a monologue in that movie, where Sylvester Stallone starts talking about how he and other troops came back from Vietnam and were literally spat upon by anti-war protesters,” he said. No factual evidence of such an act was ever found by historians, but some people’s approach to these events changed. “After ‘Rambo-2’ came out, people started remembering that this had happened to them,” said Rall.



キャプテンアメリカなる映画があるそうな。第2次大戦のとき、国民を鼓舞するために作られたようだが、それが何度もリメイクされている。


動画
Captain America: The First Avenger Movie Trailer 1 Official (HD)

戦争映画を作るには、道具などの関係でペンタゴンがからんでこざるえず、政府に批判的な映画はできず、むしろ、戦争を肯定的に描写するものになってしまう、というのはよくいわれることですね。


強制捜査の方針、決定当日に漏らす 元警部、隠蔽工作も

 品川美容外科(東京都港区)を巡る捜査資料流出事件で、同外科側への強制捜査の方針が決まった当日にこの情報が、同外科に再就職した警視庁元警部の中道宜昭(のりあき)容疑者(53)を通じて同外科に伝わっていたことが捜査関係者への取材でわかった。警視庁は、捜査指揮官だった同庁捜査1課警部の白鳥(しろとり)陽一容疑者(58)が漏らした疑いがあるとみて調べている


警官の腐敗もひどいものだ。

ついでに、警官関係でたまっていたやつをはき出しておこう。



JULY 23, 2011 · 2:43 PM
Montreal Cop Suspended For Racial Profiling, Falsifying Charges


The case stems from the night of Nov. 9, 2008, when Philippe Gauthier and his partner were on patrol, trying to identify members of motorcycle and street gangs.

The officers spotted Vens-Cols Edmond sitting in the passenger seat of a car outside Le Garage Motel St-Pierre strip bar in St. Jérôme at around 3 a.m. Edmond was waiting to pick up his wife, a dancer.

Gauthier rapped on the passenger window with his flashlight, then screamed and swore at Edmond to lower his window.

When he didn’t, Gauthier whipped open the door and dragged Edmond out, tearing his shirt, then pushed Edmond.

Edmond pushed back and demanded to be brought to the police station so he could give his version of events.

Police searched him and his car, handcuffed him and put him in the patrol car, then discovered he had no criminal record. They let him go, issuing a ticket for insulting a police officer.

The next day, Gauthier wrote a police report saying there was alcohol at the scene, intimating Edmond was drunk, and that Edmond assaulted him. Charges were brought against Edmond.

In their investigation of the incident prompted by Edmond’s complaint, the ethics commission found Gauthier falsified the charges to cover the fact his only reason for approaching him was that he was black.

Edmond, who spends most of his time in Florida where he owns a large store, had his visa revoked because he had to travel over the border so many times to appear in criminal court and before the ethics commission.

He also feared being prosecuted for assaulting a police officer. The charges have been dropped.

“When it is used with malicious intent, the pen of a police officer can be a tool as fearsome to the fundamental rights of a citizen as a gun is to his physical well-being,” the commissioners wrote.

In total, Gauthier was sentenced to a suspension of 132 working days without pay, mainly for falsifying charges. He was suspended 10 days for racial profiling.





source


カナダ、警官がレイシャルプロファイリング、それと、犯罪捏造。132日間の職務停止


JULY 23, 2011 · 2:43 PM
Study: Brazilians Feel Race & Skin Color Plays Key Role In Labor & Justice System

Most Brazilians feel that race and skin colour have great influence in labour relations and in the way they are treated by police and the judiciary, according to a report from the Brazilian Geography and Statistics Institute, IBGE.

According to the paper, 63.7% of Brazilians interviewed said that skin colour and race directly influences the lives of people in the country. Another 71% said race was influential at the work place and getting a job.

Race is also influential when it comes to the police and magistrates according to 68.3% of interviews.

The IBGE paper on ethnic-racial characteristics was based on several public opinion polls taken in six of the country’s most dynamic states.

The paper also showed that Afro-Brazilians are paid on average 40% less than ethnic whites.

In multiracial Brazil over half the population is brown and black.

Read the full report HERE.


ブラジル
人種、肌の色が警察司法でもかなり影響がある、と。



Security guards accused of racism during Ceduna deaths inquest
From: AdelaideNow July 18, 2011


PRIVATE security officers are removing Aboriginal people from the scenic foreshore at Ceduna because of their race, an inquest has heard.

The forced removals, by a private security firm, were instilling resentment and distrust in vulnerable alcoholics, deputy state coroner Anthony Schapel was told today.



Yalata lawyer Chris Charles asked her if she was aware of controversial dog security patrols, called K9, moving people on in Ceduna from the foreshore or main street, either for liquor-related or other council-related offences


オーストラリア
警官ではないが、警備員が犬をつかって先住民をある地域から追い出している、と。



Posted on Thursday, 07.14.11


Wilton Manors
Police sergeant forced out over racist comments


BY LISA J. HURIASH




A Wilton Manors police sergeant on the force for 32 years has agreed to resign after being accused of making “hateful” comments about blacks and Hispanics.


Under a separation agreement approved Tuesday night by city commissioners, Sgt. Peter Bigelsen will be paid almost $45,000 in accrued sick time and personal hours in exchange for his resignation. Bigelsen, 65, could not be reached for comment Thursday.

Police Chief Paul O’Connell, who called Bigelsen “a bigot with a badge,” had recommended the sergeant be fired.

Late last year, Bigelsen was placed on administrative leave for sending hundreds of racist e-mails from his work computer. The chief said three incidents then occurred in February and March that made him want Bigelsen out: two remarks to or about Hispanics and a comment to a black officer to “go to the back of the bus.”

“Mr. Bigelsen had just returned from a lengthy and well-publicized internal affairs investigation regarding his use of the department’s e-mail system during which he spewed his racist venom,” O’Connell wrote to City Manager Joseph Gallegos in a memo on May 31. “One would think that after such an ordeal he would have learned his lesson. . . . Rather than the non-personal communication of e-mail, he raised the stakes and the impact of his racist words to a new level: in your face.”

Bigelsen had been in trouble before. In 2007 he was cited for making an inappropriate comment to a female employee.




警官が人種差別的発言で問題を起こして退職を迫られる。

動画
SAN FRANCISCO POLICE (SFPD) KILLING AN INNOCENT MAN OVER A BUS FARE

警官が容疑者から抵抗があって、射殺したが、市民の目撃者によると、警官の話はおかしい、と。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

涼しかった 他

2011年07月23日 03時30分23秒 | Weblog
昨日は涼しかったですね。

朝日
ノルウェー首都中心部でテロ 複数回爆発、死傷者

ABC
Oslo Explosion: 7 Dead as Pair of Blasts Rock Norway Government Buildings

BBC
Oslo bomb - latest updates

産経
オスロで爆弾テロ 2人死亡 首相官邸など政府関連施設に被害
2011.7.23


ノルウェーは北大西洋条約機構(NATO)加盟国で、アフガニスタンやリビアでの軍事作戦に参加している。このため、ウサマ・ビンラーディン容疑者を殺害された国際テロ組織アルカーイダや、リビア最高指導者カダフィ大佐の勢力による報復の可能性もあるとみられている。

 欧州ではアルカーイダの過激思想に共鳴して単独行動するテロリストが増えており、警戒が手薄な北欧が狙われるケースも目立ち始めている。


そんなような報道だが、しかし、いまだに憶測の段階。


韓国人遺族らの靖国合祀取り消し請求棄却 東京地裁

 旧日本軍に軍人・軍属として徴用されて戦死し、靖国神社に合祀(ごうし)された韓国人の遺族ら10人が、靖国神社と国に合祀の取り消しなどを求めた訴訟で、東京地裁は21日、請求を棄却する判決を言い渡した。

 原告側は「一方的に『英霊』として合祀され、家族を追悼する権利を侵害された」と主張したが、高橋譲裁判長は「遺族への強制や不利益を伴うものではない」と述べた。

 サイパンで戦死したとみなされ、生きながら合祀手続きがされた金希鍾(キム・ヒジョン)さん(86)も原告の一人だったが、判決は「我慢すべき限度を超えて人格権が侵害されたわけではない」と同様に請求を退けた。

 原告側は、国が靖国神社に戦死者の情報を提供したのは憲法が定める政教分離の原則に反するとも訴えた。判決は「国の協力が合祀に一定の役割を果たしたことは否めないが、合祀を望む遺族のための行政的な措置の要請を無視できなかった。情報提供は、靖国神社から依頼されて行っていた」として、政教分離違反にあたらないと判断した。


同種の裁判が繰り返されるね。遺族への強制や不利益を伴うものではない、というところに尽きよう。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Japan Probe
Japanese Court Rejects Koreans’ Yasukuni Demands
でも同判決を扱ったようだ。。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ABC
Attitude Adjustment: Optimism Can Stave Off Stroke in Older Patients
By COURTNEY HUTCHISON, ABC News Medical Unit
July 22, 2011


Looking on the brighter side of life just may save your life, according to new research from the University of Michigan.


心臓病関連、楽観主義で命が救われるかも、、と。
よし、これでいこう。



中国産の人肉カプセル密売 ソウルの薬剤市場と韓国誌
2011.7.21 23:30

 韓国の有力月刊誌「新東亜」8月号は、死産した赤ん坊や生後1~2カ月の乳児の人肉からつくられた粉末入りのカプセルが中国から韓国に流入し、ソウルの薬剤市場でひそかに売られていると報じた。

 韓国関税庁が近く検察当局に捜査を要請する予定という。

 同誌によると、今年初めに寄せられた情報を基に、中国現地で韓国に流入しているのと同じカプセルを同誌が入手。関税庁の協力を得て国立科学捜査研究所で成分分析を行った結果、遺伝子情報が人間のものと99%一致した。材料となる乳児の遺体などは、ブローカーが吉林省延辺朝鮮族自治州図們市の病院から買い取っている。

 同誌の取材では、ソウルの薬剤市場に持ち込まれたカプセルは、大病を患った人に効く妙薬として100個当たり70万~80万ウォン(約5万2千~6万円)で密売されているという。(共同)


これは効かないだろう。




日米同盟が弱くなる ニュース記事に関連したブログ

2011/07/21 21:33



「オバマ政権は日本との安保協力にはまったく消極的であり、日米両国政府による軍事協力の強化への対話を強めるべきなのに、その努力は無気力な中水準の作業部会に丸投げにされた」と辛辣に批判した。


古森氏の努力にも関わらず、日本が”見捨てられる”が近づいているのかな?


同論文はまた日米安保関係がこのままだと「日本側では米国の防衛誓約が頼りにならないという認識が広まることにもなる」と警告した。


ここらへんも、現実的な政策が欲しいところ。段階的な脱原発依存、脱米軍依存の流れはとまらないかもしれないな。もっとも、想定外の事態はありえるから、危険を分散しながら、自国のエネルギー政策、安全保障政策は充実していくべきだ。

ロシア版 CNN兼NYTのロシアトゥデイ

KKK wreaks havoc in Mississippi

Published: 22 July, 2011


KKKが大惨事をもたらす、と。
こういうネタが好きなわけですね。


Authorities down in Mississippi are suggesting that a pair of recent acts of vandalism might be connected in Copiah County and could signal a resurgence in some good ol’ fashion southern hate crime.
Reverend Dr Willie Jones, a black pastor that preaches in the southern community around 50 miles east of the Mississippi River, woke up on Wednesday to find his television set shattered. An early morning shotgun blast had penetrated the window of his home on US Route 51 and damaged his TV and the brick façade of his Crystal Springs, MS home.

Hours earlier, Rev. Jones says he was attending a Democratic fundraiser with a white candidate, John Goza, whom he has been supporting throughout the campaign. By the time Rev. Jones woke to see his living room in disarray, three large campaign signs reading “Elect John Goza Sheriff” had been tagged with black spray-paint to say “K.K.K.”

”黒人”牧師の家のテレビが粉砕され、また、窓に銃弾が貫通、外の看板にKKKの落書き
で、同じ事件でデリメだと。
'KKK' target black pastor and sheriff candidate in Mississippi race hate campaign
By DAILY MAIL REPORTER
Last updated at 3:04 AM on 22nd July 2011



KKKが”黒人”牧師、保安官候補を標的に、
となるが、

地元のメディアだと、

Copiah County Residents React to "KKK" Graffiti, Pastor's Home Being Shot At
Some Crystal Springs residents are shocked and disappointed that racism appears to be rearing its ugly head this election year.

人種差別を非難するとともに、「この群の人全部がそうではない」、などという住民の声をひろってきている。


ここらへんの微妙な視線の違いも注目しておきたい。
(ヘイトクライム)


Wall Street prostitution ring busted
permalink email story to a friend print version
Published: 22 July, 2011


ウォールストリート 金持ち向けの売春組織が摘発された、と。


CBSNewYork/APでの記事
Prosecutors: Sheepshead Bay-Based Prostitution Ring Busted
July 20, 2011 11:38 AM

Charles J. Hynes during a press conference on June 23, 2011. (credit: brooklynda.org)
Filed Under



District Attorney Charles Hynes, Juliet Papa, prostitution ring, Sheepshead Bay
NEW YORK (CBSNewYork/AP) – A high-priced prostitution ring that was based in Brooklyn but did a brisk business on the internet has been busted, prosecutors said.

ローカルネタなのかもしれないが、性と暴力ネタは欠かせないわけですね。


Newark – Big Apple’s rotting façade
permalink email story to a friend print version
Published: 22 July, 2011

で、これもロシアトゥデイの定番 貧困ネタ


Newark is the largest town in the state of New Jersey. It is filled with crime, drugs and poverty. RT reports the hard truth of a city right in the back yard of the Big Apple.
Homes abandoned and haunted by poverty, crime and an uncertainty about tomorrow.
・・・・・
New Jersey’s largest city is seeing unemployment at around 10 percent. Nearly one-in-four families are living below the poverty line. Ian Francois is a school bus driver. At 28, he has little hope for the future.
・・・・・

Murders went up by more than 50 percent compared to the same period last year as a result, with locals protecting themselves the best way they know how.
“Do you carry a knife or a gun?” – a question RT addressed to unemployed Darius Francois.
“Probably a knife or a blade, but not really,” was his response.
・・・・・
Throughout the city, drug gang rivalry is a major cause of violence.
On the day RT was in the city, several drug-gang rivalry related shootings took place, one person died. Dozens were wounded. Some say the situation is so out of control that the few police officers still on payroll just stopped trying.
“The same dudes selling drugs every day. The same cops who drive by that don’t do nothing to the same dudes that sell drugs,” said Darius Francois.


ニューヨークの裏のニューアーク 貧困、暴力で希望のない街になっている、と。
(暴力団)

ロシアトゥデイだけ、読んでいたら、どんなアメリカ像が人々に植え付けられるだろうか?

これはRTではなくRD


JULY 22, 2011 · 1:15 PM
Video Potraying White Middle-Class As Most Likely Terrorists Causes Controversy




A video released by the Department of Homeland Security urging people to report anything suspicious has caused outrage by characterising white middle class Americans as the most likely terrorists.

The promotional video is part of Homeland Security’s $10million ‘See Something, Say Something’ programme as they believe it will help curb random acts of terrorism by individuals.

But the controversial video has angered some Americans due to the fact all the actors who play the would-be terrorists in the video are white, and the people who report them are either black, Asian or Arab.

The ten-minute clip shows a number of scenarios in which different behaviours which could be characterised as terrorism are played out.

These include – wearing a hooded top, driving vans, opposing surveillance footage, using a video camera, talking to police officers and recording something on your smartphone, among others.

The voice over urges viewers not to consider a person’s race when making a decision on whether or not they are a terrorist.

According to infowars.com, who believe that the DHS chose white actors deliberately as a way to instil fear into American society, the department’s own internal documents list predominantly white conservative groups as the most likely terrorists, such as ‘Ron Paul supporters, gun owners, gold bullion enthusiasts, and a myriad of other comparatively banal political interests that are largely the domain of white middle class Americans’.



FEMA Partners with Homeland Security on Psyops Campaign

これはわりにおもしろくて、テロの危険があるから、怪しい人は通報してね、というビデオだが、容疑者がすべて”白人”、通報者が”黒人”アジア人、アラブ人になっている、これは”白人”に対する不安を形成・助長させようとしているのではないか、と。

Japan Probe
Choya Pulls Giant Gaijin Nose Commercial After Receiving Complaints

投稿やコメントに多少誤解があるものがあると思うが、結論的にこのCMをおろしたのはよかった、と思っている。

メディア関係者、番組・CM制作者など、ブラックフェイスやつけ鼻などこうしたネガティブな反響があることは肝に銘じておいてもらいたいものだ。

(外人ノーズ)
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

反ヘイトスピーチ法 他

2011年07月22日 02時31分47秒 | Weblog
Tepido のIs that all?で、反ヘイトスピーチ方についてコメント。

主権の会や在特会などのヘイトスピーチには目にあまるものがある。こうした発言そのものを刑罰の対象にすべきではないか、という問題意識である。

こうしたキチガイ発言は言語道断であるが、他の法律にひっかかる場合は別にして、現状では新しい法を制定して、こうした発言そのものを特別に取り締まらなくてもいいのではないか、という意見である。裏を返せば、ひどくなったら、制定すべきであろう、という意見である。

サッカーの試合で、例えば、汚い日本人、日本に原爆を落とせ、というツイッターがあった。
憤慨する人もいるだろう、抗議する人もいるだろうが、自分としては、無視する。市民が軽蔑の眼差しを向けるとか、明白に抗議すればそれまでの話。もっとも、社会状況が、危険な状況で、日本人の安全に危険が迫るようなら、やはり、反ヘイトスピーチ法で取り締まった方がいい。
同様に、「ゴキブリ、海にたたき込め」などというキチガイ発言も、こうしたヘイトグループの活動が活発化して、マイノリティーに身の危険が迫るようなら、やはり、しっかりとした、法律で、こうした発言を取り締まった方がいい。

こうした極端なグループは心底、馬鹿だから、自分で自分の首を締めるようなことをする。過激な発言をすればするほと、市民からも反発され、かつ、刑罰の対象となるような法律も必要になってくる。

主権の会、在特会などのキチガイ発言が盛んになれば、より強固な人権擁護法も必要となろう、というのが私の意見。

良い法律なら、そうした社会状況がなくても制定しておくべきだ、という意見もある。

しかし、表現の自由が重要であること、恣意的な判断で政府の濫用のおそれがあること、社会状況に見合わない法律はかえって不要・余分である(テロの脅威がない状況でのpatriot act)、あっても効果的とはかぎらないことから、慎重論をとった。

(ついでに、カナダと比較していたので、悪い癖で、チクリと皮肉な記事を引用した。)


これについてはいろんな意見があっていい。


エネルギー政策問題


「孫氏は政商、マイナスに日本導く」 ソフトバンクの太陽光発電事業参入を批判 旧知の起業家・堀義人氏 ツイッターで応酬、来月公開討論
2011.7.16



氏は孫氏が目指す太陽光発電事業について、「代替エネルギーを増やすこと自体には賛成だ」としながらも、(1)補助金を受けないこと(2)電力の買い取り価格が適正であること-の2つの条件を挙げる。その上で「孫氏は菅首相に近づき、自治体首長らとも連携するなど政治力を使い、補助金や買い取り価格などの面で自分のビジネスを有利に持っていこうとしている。まさに政商だ」と批判する。

 実際、孫氏は買い取り価格について「世界的な相場観なら採算が成り立つ。政府の決め方次第だが、日本だけが異常に低いとなると実験レベルで終わってしまう」と発言している。




高橋洋:スマートグリッドがもたらす「引き受けるエネルギー社会」
2011年7月15日


こうした議論がもっと盛んになってほしい。大手メディアも、くだらない政争の実況中継していないで、こうした議論に脚光をあててほしい。そうした論客のなかから、政策通の政治家が登場する可能性だってある。


@tomojiro
tomojiro

@kikumaco 政府は最初ICRP基準で、20mSv~100mSvの間で20mSvに基準を設定した(ICRPの認識も同様)。ところが世間で「人殺し」とかパニックの声が上がったとたん、文科省が「20mSv~1mSvの意味で今後1mSvを目指す」とあわてて発表しておかしなことに
11時間前 webから
skasugaがリツイート



@tomojiro
tomojiro
@kikumaco ICRPの勧告はどう見ても冷温停止で放射線の放出が止るまでが緊急時に読めるのですが、人が原子力建屋に入って事態収拾に着手した段階で「回復期に移行」も政治的にあり得るかなと思うのです。ならそうと政府に宣言してほしい。でないと文科省の判断との解離が余計な混乱を生む



@tomojiro
tomojiro

念のためにICRPの3月21日の勧告のリンクを貼ります icrp.org/docs/Fukushima… 




これは私も不思議に思っていたところで、いつ緊急時が終わって、回復期になったのか、はっきりしないところであった。




陸自、陸前高田を撤収 園児ら感謝状と歌で送別 岩手

戸羽太市長は「人も物も情報もない中、自衛隊が市民を絶望のふちから救ってくれた」と感謝。陸自第5普通科連隊(青森市)の西帯野(にしおびの)輝男連隊長は「市民の心が通い、世界がびっくりするような復興を必ず遂げると確信している」とエールを送った。(山西厚)


今回自衛隊は大活躍だった。

東電OL事件、受刑者に有利か…DNA一致なし


 東京都渋谷区で1997年に起きた東京電力女性社員殺害事件の再審請求審で、無期懲役が確定したネパール国籍のゴビンダ・プラサド・マイナリ受刑者(44)以外の第三者が殺害現場にいた可能性を示すDNA鑑定結果が出た問題で、東京高検が警察庁のDNAデータベースに照会した結果、この第三者のDNA型と一致する人物はいなかったことが分かった。


 事件当日に被害者の女性とホテルで会ったとされる知人男性らとも一致しなかった。第三者が特定されなければ、第三者が犯行と無関係であることを証明するのは困難となり、マイナリ受刑者に有利に働くとみられる。

 今回の鑑定では、被害者の女性の体から検出された精液がマイナリ受刑者以外の男性のもので、そのDNA型が現場に残された体毛のうちの1本と一致したことが判明。これを受け、東京高検が警察庁にDNA型の照会を依頼していた。

 データベースは警察庁が2004年12月に運用を開始した。警察庁によると6月末現在、過去の事件の容疑者約15万人分と、現場に残された血液や毛髪などの遺留品約3万件のDNA情報が登録されている。新たな鑑定結果は、第三者が被害者と現場に入った可能性を示すもので、「第三者が被害者と現場にいたとは考えがたい」とした2審・東京高裁の確定判決の認定に疑問が生じることになる。

(2011年7月21日14時31分 読売新聞)


東電OL殺人事件


かなり複雑な様相を呈している。


サッカーマム

Soccer mom
From Wikipedia,


これはテレビでなぜアメリカ女史チームが”白人”しかいないのか、ということの説明の中にでていた言葉。
”黒人”のアッパーミドル階級の母親がいないわけでもなかろうが・・・・

佐々木監督、なでしこ操縦の極意は「鼻毛注意」
2011.7.21 10:41



男子で当たり前のことができない、という悩み。実はこれが“上から目線”だというのだ。

 佐々木監督は2006年、なでしこのコーチとして初めて女子サッカーにかかわった。その際、「女子サッカーってどんな世界だろう?」と自然体で現状を分析し、ありのままを受け入れる姿勢に徹した。

 「もともと自分が、上からものを押し付ける性格でなかったのもよかったのでしょう。同じ立場の『横から目線』で接するのが大切です」



また、意外なところで「鼻毛にご注意」という極意もある。なでしこのコーチ就任時、夫人から「鼻毛に気をつけて」といわれたという。

 「妻の元上司は仕事ができたのに、いつも鼻毛が出ていたため、女性社員からの信頼と尊敬が減ったそうです。女性は男性以上に細かいことに気づき、細かい情報をことの本質以上に気にすることもあると、妻から学びました」


たしかに、鼻毛を男子はあまり気にしないだろうが、しかし、上から目線でやっているから、日本男子サッカーが伸びないのではないか?




児童虐待防止 関心の高まりを無駄にするな(7月21日付・読売社説)

 厚生労働省は20日、2010年度に全国の児童相談所(児相)が対応した虐待の相談や通報件数を公表した。

 前年度より1万件以上も多い、5万5152件に上っている。3割近い増加率だ。

 厚労省によると、子どもの泣き声や悲鳴が聞こえた、という段階での「泣き声通報」が急増しているという。対応件数の増加は、虐待防止に向けて、社会の関心が高まった結果と捉えたい。


児童虐待。これもどうにか食い止めたい

更新・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


Strong law, weak practice

Since fiscal 2008, child consultation centers have been authorized to forcibly enter homes where child abuse is suspected, thanks to the revised Child Abuse Prevention Law. Yet the number of cases in which the centers have conducted home inspections has so far totaled a mere five. They should not hesitate to wield the power they have been granted to protect children's lives.

The current Diet has passed a bill to revise the Civil Code and the Child Welfare Law, giving a tailwind to child consultation centers' efforts to prevent child abuse.

Under the revised Civil Code, courts are allowed to suspend parental rights for up to two years for parents who resist having their children taken into custody by child consultation centers.

Under the revised Child Welfare Law, the judgments of child consultation center chiefs or other officials concerning children already in custody would be given greater weight than the wishes of parents.

Although legal measures are being taken, the current preparedness of child consultation centers can hardly be considered sufficient.

The number of child welfare workers to handle child abuse cases at these centers doubled over the past 10 years, but reports of possible abuse have tripled.

It is essential for schools, local police, medical institutions and even the local community as a whole to cooperate in preventing child abuse.

(From The Yomiuri Shimbun, July 21, 2011)

(Jul. 22, 2011)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




Sexual abuse alleged in 70 percent of German orphanages

14.07.2011




Child abuse cases are often overlooked
A new report has found that suspected cases of sexual abuse have been registered in 70 percent of German orphanages over the last three years. Child protection agencies have expressed alarm at the findings.


やはり、児童虐待。これはドイツでの孤児院で性的虐待

こちらは、


JUNE 30, 2011
Iowa Farm's Practices Draw Fire After Advocacy Group Releases Footage

By JACK NICAS

An animal-rights group Wednesday released on its website graphic footage secretly videotaped at an Iowa pig farm as state lawmakers consider a bill that would criminalize such undercover investigations.

An employee of the group, Mercy for Animals, worked at pork supplier Iowa Select Farms for two months, filming conditions there with a camera that had a pinhole-size lens, the group said. An edited video shows workers tossing piglets and smashing their skulls against cement, as well as pigs restricted in cages too small to turn around in.

Concealed Cruelty - Pork Industry Animal Abuse Exposed

食肉用の豚の飼育所での動物虐待。この手の映像が苦手な人はみないほうがいい。




捜査漏えい容疑、警部逮捕へ…品川美容外科事件

 
業務上過失致死容疑で警視庁の捜索を受けた品川美容外科本院(東京都港区)から、同庁の捜査資料のコピーが見つかった問題で、同庁は21日、捜査資料を同外科側に漏えいしたとして、捜査1課警部(58)を地方公務員法(守秘義務)違反容疑で逮捕する方針を固めた。

けしからん。

ロシア版CNN兼NYT ロシアトゥデイ

Bets on for PM to be washed away by phone hack tsunami
permalink email story to a friend print version
Published: 21 July, 2011


The London-based team investigating phone-hacking by journalists at News Corp has been expanded from 45 to 60 police officers and staff. The scandal now haunts not only the Murdochs, but also PM David Cameron, with chances of his resignation rising.


イギリスタブロイド紙、盗聴問題で首相の地位があやうい、と。


Alabama residents pay tribute tax for the Confederacy
permalink email story to a friend print version
Published: 21 July, 2011




Residents in Alabama are finding out, however, that they are sparing a chunk of change in the form of a property tax each year that goes towards a rather unexpected charity ― keeping the dream of the Confederacy alive and well.
Alabama lawmakers initiated a property tax in the early twentieth century to help finance Civil War vets that fought for the Confederate States of America. You remember the Confederacy, right? They were the slave loving, secession threatening bad boys of the south that flied their Stars and Bars flag high as Union troops squashed them to the ground during the 1860s.


アラバマでは税金が人種差別維持のために戦った南部連合のために使われている、と。

CNNやNYTは連日記事を書いてもらいたいものですな。

Bohemian Grove fuels protests
permalink email story to a friend print version
Published: 21 July, 2011




“I am here at the Bohemian Grove event to protest against militarism and against imperialism,” said Charles Sullivan, a protester.


軍国主義、帝国主義と戦っておる、と。
こういう人の発言をひっぱってくるところが、CNN,NYT、RTクオリティーですな。

この記事でちょっと面白いのは、

In the past the heads of major electric companies like Pacific Gas and Electric attended Bohemian Grove.A popular issue this year was smart meters – a new technology used by some electric companies that records and communicates electricity consumption.
“We're referring to them as smart murder meters now, because people are getting very, very sick,” said Deborah Tavares, a spokesperson for Refuse Smart Meter.com.

スマートメーターによる健康被害について抗議している。
これが、先ほどでてきたスマートグリッドとどう関係するのかよくわからないが、新しいテクノロジーというのは、いずれにせよ、健康被害という点では、いろいろ苦情がでるようですね。


80 percent of Americans are angry at the government

Published: 20 July, 2011


80%のアメリカ人が政府に怒りを覚えている、と。
ただ、これ
ABC
Economy, Gas, Partisanship and War Gang Up on Confidence in Government
ANALYSIS
By GARY LANGER
March 15, 2011


たぶん5月のニュース。アメリカのネガティブキャンペーンをするネタがなくて古いのを持ってきたのか?


デリメ


Feminine hygiene cream manufacturers accused of racism for using different coloured hands in three alternative TV ads
'Most offensive thing I have ever seen' - customer
By TED THORNHILL
Last updated at 6:51 PM on 20th July 2011


偏見を固定化し、固定観念を助長するCMとして非難されているのだが、

Summer's Eve Hail to the V: BFF

Summer's Eve Hail to the V: Lady Wowza

Summer's Eve Hail to the V: Leopard Thong

そもそも、かの国でどういう偏見があるのかわからないので十分に理解できない。

更新

精液微量でDNA鑑定できず 東電OL殺害、捜査当時

 東京電力の女性社員殺害事件で、被害女性(当時39)の体内から採取された精液は、1997年の事件当時には専門家から「微量過ぎる」と指摘され、DNA型鑑定ができなかったことがわかった。技術の進歩によって再審請求審で鑑定が実現し、ゴビンダ・プラサド・マイナリ受刑者(44)=無期懲役が確定=とは別の人物が現場にいた可能性につながるDNA型が判明した。

 今回の鑑定で精液のDNA型は、犯行現場のアパートで見つかったマイナリ受刑者以外の男性の体毛のものと一致した。東京高検がこのDNA型を、過去の犯罪者らのDNA型を約15万件登録している警察庁のデータベースで照合したところ、一致する人物はいなかったという。

 捜査関係者によると、女性の体内に残されていた精液は97年当時、血液型はマイナリ受刑者(B型)と違うO型と判明した。しかし、DNA型については警視庁が法医学者に鑑定を依頼したところ、「微量過ぎてできない」と言われたという。捜査当局は当時、犯行当日にマイナリ受刑者の直前に近くのホテルで性交したとみていた別の男性の血液型がO型だったため、この男性の精液と推測していたという。

 確定した二審・東京高裁判決は、マイナリ受刑者が97年3月9日午前0時ごろ、東京都渋谷区のアパートの空き室で、性交した女性の首を絞めて殺し、4万円を奪ったと認定した。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ということです 他

2011年07月21日 05時19分48秒 | Weblog
「シー・シェパード」の抗議船を差し押さえ 漁網切断で英裁判所決定
2011.7.21 0


Sea Shepherd may lose flagship
16:06 AEST Wed Jul 20 2011
Share
By Lema Samandar





Anti-whaling group Sea Shepherd says it needs to raise $1.4 million or it could lose its flagship vessel the Steve Irwin, which is caught up in a lawsuit.

The group says the Steve Irwin has been detained in the United Kingdom where a court is hearing a civil lawsuit brought against Sea Shepherd by a Maltese company, Fish & Fish Ltd (F&F).

Sea Shepherd president and founder Paul Watson says the dispute began in June 2010 when the Steve Irwin rescued endangered bluefin tuna from F&F nets.

On July 15, the ship was detained by UK court officials in the Scottish Shetland Islands.

"They are claiming damages," Captain Watson said in a statement on Wednesday.

"We believe these fish were caught illegally - after the season closed, without an inspector on board, and without any legal paperwork for their catch."

Captain Watson said the group would "aggressively defend the case" but in the meantime it needed to post a bond for $US1,411,692 ($A1.32 million) by next week or the ship would be held indefinitely or possibly sold.


ということです。(捕鯨)




ドイツ、ユーロスポーツがNHKアルゴリズム体操に出演した なでしこJAPANの動画見て「これが世界一になった日本の斬新な練習方法!」と誤報


via mozu

ということです。

空港の身体検査に抵抗 日本女性に米ネットで礼賛相次ぐ


Jul 19, 2011
No felony charges for flier accused of groping Phoenix screener



A 61-year-old Colorado woman accused of grabbing a breast of an airport security screener in Phoenix will not face felony charges of sexual abuse, the Maricopa County Attorney said today.


CAPTIONMaricopa County Sheriff's Office via The Arizona Republic
The case of Yukari Miyamae has been referred to the Phoenix City Prosecutor "for review and possible charging as a misdemeanor," according to a news release from the office of County Attorney Bill Montgomery.


ということです。

ここらへんアメリカの懐の深いところ。




 弁護士によると、逮捕されたのは、日本出身で米コロラド州に住む通訳兼作家の女性(61)

動画: Woman accused of groping TSA agent won't be charged with sexual abuse.をみると通訳にしては・・・・といった感じか?



東電OL事件、再審の可能性…別人DNA検出

 東京都渋谷区で1997年に起きた東京電力女性社員殺害事件で、強盗殺人罪により無期懲役が確定したネパール国籍の元飲食店員ゴビンダ・プラサド・マイナリ受刑者(44)が裁判のやり直しを求めた再審請求審で、東京高検が、被害者の体から採取された精液などのDNA鑑定を行った結果、精液は同受刑者以外の男性のもので、そのDNA型が殺害現場に残された体毛と一致したことがわかった。


これは大きい。当時かなり問題にされていた事件である。


「脱原発」の矛盾、次々と ベトナムへのトップセールスに首相「議論したい…」
2011.7.20


退陣ありきではなく、こうした政策がらみの議論で、追い込んでいく、という姿勢は好ましい。

朝日社説
生活保護―仕事に戻れる支援を
 
今国会で成立し、10月から施行される求職者支援法は新しい試みだ。生活費を得ながら無料で職業訓練を受けられる制度である。失業給付の対象外だったり、給付が切れたりした人が、いきなり生活保護に陥ることを防ぐ「第2の安全網」としての役割が期待されている。


これは評価。

TPPと自由貿易 太田昌くにさんが選ぶ本

うーん、どうなのかねえ。
何か陰謀論っぽい、感じがしないでもないが。

いずれにせよ、これも紙面や国家で賛否を論じて欲しい。


Japan Probe
Japanese Commercial: White People Have Gigantic Noses

外人ノーズ CM

別に、という意見が多いが、議論があってもいい。

いずれにせよ、こうした問題意識がテレビ、CM制作者にうすい、というのが困る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そっくり 他

2011年07月20日 01時53分30秒 | Weblog
本文に不正な書式が含まれています

ということで、よろしければ、グーグル版

メディア、NYT CNM ロシアトゥデイ 偏向
コメント
この記事をはてなブックマークに追加