ぼやかせていただいております。

谷垣氏も責任を 他

2011年05月31日 11時31分34秒 | Weblog
ファーストキス♪
動画
High five for first kiss (original)

動画

En un kinder en La Estanzuela, mayo 27 del 2011


Video: Kindergarten teacher leads children in song during shootout in Mexico
Comments (0) (89) (12)
May 30, 2011


メキシコ、暴力団が外で抗争する最中、幼稚園で園児と唄を歌って落ち着いた対応をしていた先生

話は全くかわって、

朝日社説


内閣不信任案―その前にやる事がある


 朝日新聞の今月の世論調査では、震災復興に「国会は役割をきちんと果たしていると思うか」との問いに、68%が「そうは思わない」と答えていた。

 この比率は、菅政権の震災復興や原発事故対応に対する不信や不満よりも大きい。国民は政権批判を強めているが、それ以上に「何も決められない国会」への評価が厳しいのだ。この事実を、すべての国会議員が重く受け止めるべきだ。


毎日社説

社説:内閣不信任案 混乱させればいいのか

毎日新聞 2011年5月31日

無論、菅直人首相の責任は大きい。東京電力福島第1原発の事故は依然として収拾のめどが立たない。先の「海水注入中断」をめぐる混乱は東電だけでなく政府の対応にも重大な疑問を抱かせた。被災地での仮設住宅建設も立ち遅れている。

 しかし今、内閣不信任案を出すべき時期なのか。最も疑問なのは自民党の谷垣禎一総裁らは「一日も早く退陣を」と主張するものの、代わって誰が首相に就き、どんな政権ができれば震災対応がうまくいくのか、まったく説明しないことだ。この非常時に「可決された後で考える」では、やはり無責任であろう。

 不信任案は民主党の小沢一郎元代表を中心とするグループなど同党衆院議員八十数人が賛成すれば可決される。自民党はそれを期待する一方で、その後、小沢元代表のグループと連携する考えもないという。

 結局、民主党の混乱を誘えばそれでいいというのだろうか


混乱だけに終わったら谷垣氏も責任をとるべきだな。


津波15メートル超で「炉心損傷」 経産省所管法人は「想定外」を想定
2011.5.31



22年12月の報告書では、3~23メートルまでの津波の波高を想定した危険性を検討。海面から高さ13メートルの防波堤がない場合は7メートル超、ある場合でも15メートル超の津波が来た場合、炉心損傷に至る可能性は「ほぼ100%」と分析していた。

 福島第1原発の津波対策での想定は波高5・7メートルで、実際の津波は約15メートルだったため、国や東電は「想定外」と主張していた。

 JNES広報室は、研究目的について「原発の設計基準を上回る地震対策について国を支援するため」と説明するが、報告書は経産省に直接提出することはなく、ホームページで一般に公表するだけ。研究のあり方も問われそうだ。


 想定外も聞き飽きたが、しかし、独立行政法人のあり方もこれじゃあ、結局無駄金だったってことにもなる。


Workers may have exceeded radiation limit
AP
Monday, 30 May 2011


 基準値以上に被曝していた、という記事であるが、



The two men were believed to have taken a preventive iodine pill and officials are checking whether one pill was enough protection, Matsumoto said. The pills can prevent thyroid cancer, one of the more common illnesses caused by high radiation exposure, but must be taken quickly.


ヨウ素剤は服用していたはずとある。

超過被ばくの2人、ヨウ素剤を指導通り服用せず
東電によると、ヨウ素剤は2週間飲むよう指導したが、2人は3月13日に1回服用しただけだった。「なぜ服用しなかったかは調査中」という。2人が作業をしていた3号機では翌14日に水素爆発が発生、多量の放射性物質が放出されたと考えられている。(2011年5月31日02時04分 読売新聞


というのが判明しているわけですね。上記の記事が30日付けだから、これは致し方ないかもしれない。

東電 ヨウ素剤服用確認せず 被ばく管理 ずさん続き

東電によると、復旧作業にかかわった七千人のうち、二千八百人しか内部被ばく調査ができておらず、ホールボディーカウンターの増設も検討する。
 二人が超えている恐れが出てきた二五〇ミリシーベルトは、今回の事故対策に限り認められた被ばく線量の限度。専門家は「がんのリスクでいえば、約1%上昇する計算になる」と指摘する


 もちろんずさんなわけだが、それを半ば、知って任せていた、政府にせよ、報道にせよ、なにか、おかしなものを感じる。

independent

Britain to become a nation of renters
Millions of young adults 'will never be able to afford their own homes'

By Andy McSmith
Tuesday, 31 May 201

A combination of continually rising house prices and pessimism about the future is threatening to send into reverse the explosion in home ownership stimulated by Margaret Thatcher 30 years ago, making Britain more like Europe, where living in rented property is the norm


不動産の価格もあがり、経済の見通しも悪いので、イギリスの若者は持ち家をもてなくなるかもしれない、と。
もっとも、欧州では借家が標準みたいですね。

借家でもいいとは思うが・・・


She added: "It could open up a widening of the wealth gap that already exists between homeowners and non-homeowners. And people in 'Generation Rent' risk insufficient finances at retirement."


借家派と持ち家派の格差が広がるんじゃないか、と。

CSモニター

Germany turns back on nuclear power

By Isabelle de Pommereau, Correspondent / May 30, 2011


ドイツは原発に背を向けた、ということで、

原発推進廃止の賛否について記事がある。

Japan nuclear crisis: Seven reasons why we should abandon nuclear power
やめたほうがいい理由として、

周辺住民が事故があったときの影響
古い原子炉は危険
使用済み燃料の処理
テロに脆弱
自然災害に脆弱


この関連で

Diablo Canyon in California is designed to withstand a 7.5 magnitude quake, but experts have raised serious concerns – even before Japan’s 8.9-magnitude earthquake and tsunami – that the plant’s safety would be threatened by a tsunami or high-magnitude earthquake.

カリフォルニアの原発も津波や地震に対する脆弱性を指摘されている。
原発が安いといっても、使用済み燃料の処理費や、事故のあったときの費用は含まれていない。
そして、

再生エネルギーは安くて安全


Nuclear power in America: Five reasons why it's safe and reliable
維持すべき理由として

安定供給できる。
効率的
費用が安い
巨大な電力需要をまかなえる。
二酸化炭素を排出しない。





CBS

May 22, 2011 8:34 PM
PRINT TEXT
Farm labor: Children in the fields


・・・・・

Over the summer, the boys work alongside their father - work he did when he was their age. All three earn the minimum wage, $7.25 an hour.
・・・・・

"In your opinion, should a 12-year-old child be doin' this kind of work, 12, 13, 14-year-old child?" Pitts asked.

"A 14-year-old child, 12 year, I mean, if they're out here helpin' me move an irrigation pipe, I don't see anything wrong with it,' Darnell said.

"But pickin' tomatoes, pickin' strawberries," Pitts remarked.

"I picked when I was 12. Worked for $1 an hour. It was hard. But it didn't hurt me. It not gonna hurt your kids to work. Work gonna help 'em down the road," Darnell said.

・・・・・

A century ago, child labor in the U.S. was commonplace, from sweatshops and factories to mines. The Fair Labor Standards Act was passed in 1938. It took children under 16 out of most workplaces for their safety and welfare. The one exception was agriculture.
Back then, most farms were small family operations and child labor was considered necessary.

Today, the number of children legally working on farms is only guessed at: the U.S. Department of Labor says it might be as high as 155,000.

・・・・・

It was important to Norma Flores Lopez and her family. She started working in corn fields at the age of 12. "This was in the middle of July and you're out there 10 to 12 hours. I'd work close to 80 hours a week, during the peak of the season. And we would work probably about three weeks straight without any days off," she remembered.

"So for you, there was nothing romantic about working in the fields as a child?" Pitts asked.
・・・・・
She told Pitts health insurance was "unheard" of, overtime "doesn't happen," and that there aren't any kind of benefits.
・・・・・


 労働基準法で子供の搾取は禁止されたが、農業は例外でいまでも12,3才の子供が農地で過酷な労働をしている、と。
 しかし、これがなくなると、子供の家族も生活の糧がなくなる。



「儀軌」引き渡し 日韓で文化財の共同活用を(5月30日付・読売社説)

 歴史的文化財の引き渡しについて、


朝鮮王朝儀軌は、王朝の主要行事を文章と図面で記録した冊子で、日韓併合後、当時の朝鮮総督府が宮内省に納めたものだ。

 李王家の人々を「王公族」として迎えたことから、伝統的儀式やしきたりを理解するための参考資料として使われた。

 戦後も宮内庁が保管した。2001年に一般の人も閲覧できるようになった後、その所在が広く知られるようになった。

 一方、韓国国会は2度にわたる決議で、日本政府に「返還」を求めていた。

 日韓間では、1965年の国交正常化の際、日韓基本条約と共に締結された請求権・経済協力協定で、財産請求権の問題は最終的に解決されている。日本政府に文化財の返還義務はない。

 しかし、今回は日韓の「友好関係の発展に資するための特別の措置」として、「返還」ではなく「引き渡す」ことになった。日韓図書協定を結ぶことで、それが可能となった。

 国会審議で自民党は、韓国政府が所有している旧朝鮮総督府所蔵の日本の文化財は戻っていないなどと指摘し、協定に反対した。政府は、流出の経緯、背景が違うと反論し、理解を求めた。

 日本の研究者のために、宮内庁は朝鮮王朝儀軌を複写する作業をほぼ終えた。原本引き渡し後は、この複写版を宮内庁で閲覧できるようにする予定という。

 この機会に、日韓両政府で話し合い、両国にある文化財を相互に活用できるような体制作りを進めていくべきだろう。



英文もあるので参考にしていただきたい。


Japan, ROK must foster sharing of cultural assets
The Yomiuri Shimbun

The transfer to the South Korean government of 1,205 volumes of cultural assets kept by Japan, including the Royal Protocols of the Joseon Dynasty associated with the Lee royal family, was approved by the Diet last week by a majority vote at a plenary session of the House of Councillors.

In August last year, Prime Minister Naoto Kan announced a transfer plan in a special statement released ahead of the centenary of Japan's annexation of the Korean Peninsula. Japan and South Korea signed an agreement in November.

===

Diet makes right decision

Given the archival importance of royal protocols and the historical context of their seizure by Japan, the Diet's approval of the transfer was the right step to take.

The Joseon Wangsil Uigwe, as the protocols are called in Korean, is a collection of royal documents and illustrations related to major events of the Joseon Dynasty. The protocols were seized by the Government-General of Chosen (Korea) following Japan's annexation of the Korean Peninsula in 1910. They were brought to the then Imperial Household Ministry in 1922.

The protocols were used as references to understand the traditional ceremonies and customs of the Joseon Dynasty as the Japanese government continued to recognize the status of members of the Lee royal family.

Since the end of World War II, the protocols have been kept by the Imperial Household Agency, the successor to the prewar Imperial Household Ministry. Since they were made available to the public in 2001, the existence of the Korean archives has become widely known.

The National Assembly of South Korea twice adopted a resolution calling on the Japanese government to "return" the archives.

When Japan and the Republic of Korea concluded the Basic Relations Treaty in 1965, Seoul agreed, in exchange for Japan's economic cooperation, to renounce its right to make claims over assets. Therefore, the Japanese government has no legal obligation to return cultural assets.

But it was agreed that the delivery of the Korean archives would be made not in the form of a "return" but in the form of a "transfer" of Japanese government-owned property as "a special step to contribute to the development of the bilateral relationship." This agreement made the transfer possible.

The Liberal Democratic Party objected to the agreement, pointing out that assets of the former Government-General of Chosen, which are kept by the South Korean government, have yet to be returned to Japan. The government refuted the LDP claim, citing differences in circumstances and backgrounds behind the seizure of the assets, thereby seeking the LDP's understanding on the agreement.

The Imperial Household Agency has almost finished work to duplicate the protocols for use by Japanese scholars. After transferring the original version to Seoul, the agency plans to make the facsimile edition available at the agency.

===

A system for easier access

At this juncture, the governments of both countries are urged to hold discussions to establish a system whereby cultural assets held by one or the other can be utilized mutually.

For example, documents concerning the So ruling family of Tsushima island (in present-day Nagasaki Prefecture), which contain valuable data on the history of exchanges between Japan and Korea, are scattered among museums in the two countries, making it difficult for scholars to consult them fully.

Promoting access to the documents on the Internet and exchanging facsimile editions would benefit both countries.

Cultural properties are assets of a nation or region, but their value becomes universal if they are the subject of international research. Sharing cultural assets will certainly enrich the minds of many people.

(From The Yomiuri Shimbun, May 30, 2011)

(May. 31, 2011)





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平和が一番 他

2011年05月30日 22時47分54秒 | Weblog










世界平和ランク、日本は3位 1位はアイスランド
2011年5月30日

世界平和度指数

Global peace Index

やっぱり、平和が一番です!!はい。


イクメン:奮闘、パパも子どもも成長中--サークル・育休 /奈良

 核家族の割合が64・9%(05年国勢調査)と全国一高い奈良県。母親の育児負担を減らすため、父親の果たす役割に期待は大きい。ただ、県内は大企業が少ないため県外就業率が高く、男性の帰宅は遅いという事情もある。県がセミナーを開いて育児に積極参加する男性「イクメン」の養成に乗り出す中、イクメンの奮闘ぶりを取材した
・・・・・
父親の育児参加を支援している「パパちから応援隊」代表、赤松邦子さん(51)は「育児は思い通りにならないことが多い。男性が経験すれば人間としての深みが増すはず」と意義を強調する。また母親には「不安はあるかもしれないが、お父さんが成長する機会を奪わないでほしい」と呼び掛けている。
毎日新聞 2011年5月29日 


たしかに子育ては自分の思い通りにならない人格と真っ向からぶつかっていくことで人を成長させる。
ただ、社会に出ている人は、そうしたことを社会生活で目の当たりにしているわけであるが・・・
これからは、好むと好まざるにかかわらず、男性も女性も役割が柔軟に拡大していくだろう、というのが私見。
そういえば、この点に関して久しぶりにのぞいたチャートさんのブログでもコメント。
男女平等を促進するため
2011年 5月 17日 投稿者 : チャート・デイビッド






米国:貧弱な有給休暇制度 労働者と子どもたちが被害に
差別と不十分な法律  生産性にも家庭生活にも悪影響

FEBRUARY 23, 2011


これは2月のだが、ヒューマンライトワッチの関連記事

英語版もある。

everyday law encyclopedia

State Laws

これは離婚後の、共同親権に関する各州の法律

ALABAMA: Both parents have an equal right to the custody of their children. Under Alabama law, a court may consider an award of joint custody, whereby the parental rights of both parties remain intact, with one parent as the primary custodian of the children and the other as the secondary custodian. Under this arrangement, both parents remain involved in the decision making responsibilities regarding the children, with each parent having "tie breaking" authority regarding certain issues, such as education, health and dental care, religion, civic and cultural activities, and athletic involvement. Child support is determined under the Alabama Child Support Guidelines, unless the Court finds grounds to deviate from the guidelines. In Alabama, the Department of Human Resources is responsible for enforcing child support obligations. The court retains JURISDICTION to modify child support, up or down, until the children reach the age of 19.

ALASKA: The court determines custody in accordance with the best interests of the child and may consider all relevant factors. Domestic violence may be considered contrary to the best interest of the child. There is no presumption in favor of sole custody or joint custody. Joint custody may be ordered if both parents agree and submit a written parenting plan and such joint custody is in the child's best interest.
・・・・・

CALIFORNIA: There is no presumption in favor of joint or sole custody; custody shall be awarded to both parents jointly or to either parent AS IS in the best interests of the child. However, where the parties agree to joint custody, then joint custody shall be presumed to be in the best interests of the child. In awarding custody, the court shall consider which parent is more likely to foster a positive relationship between the child and the other parent
・・・・・
WEST VIRGINIA: There is a presumption in favor of the parent who has been the primary caretaker of the child. There is no provision for joint custody.


さらっとみると、各州異なるが、離婚後は共同親権がある、というより、共同親権の選択肢がある、ということなのでしょうね。そこで、ハーグに関しても、共同親権自体は日本に前提要件ではないわけですね。
子供の利益を最大限重視する、というのは大体共通している。

共同親権も選択肢として、両親の合意のもとあるなら、日本でも可かな、とも思う。
また、日本でも、従来、親の子供に会う面接権云々が言われてきたが、子供の利益という点から、両親の離婚後の子供が親に会う権利、あるいは、親に相談する権利、という観点から、面接権というものを拡充していったらどうだろうか?


東日本大震災:福島第1原発事故 崩壊した「ゼロリスク社会」神話=中川恵一

tomojiro


放射線被ばくのリスクは、一言で言えば「がん死亡率」の上昇だ。200ミリシーベルトの被ばくで、がん死亡率は最大1%程度上昇する可能性があると考えられている。しかし、私たちの身の回りには、放射線以外にも「がん死亡率を高める」リスクが存在する。たとえば、野菜は、がんを予防する効果があるが、野菜嫌いの人の発がんリスクは100ミリシーベルト程度の被ばくに相当する。受動喫煙も100ミリシーベルト近いリスクだ。

 また、肥満や運動不足、塩分摂(と)りすぎは、200~500ミリシーベルトの被ばくに相当する。たばこを吸ったり、毎日3合以上のお酒を飲むと、がん死亡のリスクは1・6~2倍上昇するが、これは2000ミリシーベルトの被ばくに相当する。つまり、放射線被ばくのリスクは、他の巨大なリスク群の前には「誤差の範囲」といえる程度だ。特に、100ミリシーベルトより少ない放射線被ばくのリスクは、他の生活習慣の中に“埋もれて”しまい、リスクを高めるかどうかを検証することができないとされている。



 ただし、喫煙や飲酒などは(リスクと知らない場合も多いかもしれないが)、“自ら選択する”リスクといえる。一方、原発事故に伴う放射線被ばくは、自分の意志とは関係ない“降ってわいた”リスク。放射線被ばくは自分では避けられないという意味で、受動喫煙に近いタイプのリスクといえるだろう。


面白い数字だ。

日本人の半数が、がんになるというのに「がん検診」の受診率は2割程度(欧米は8割)にとどまる。根底には、私の恩師の養老孟司先生も指摘する「死ぬつもりがない」といった歪(ゆが)んだ死生観があるのではないかとも思う


ここで日本人論ぽくするのはいかがなものか、と思う。
ハイデガーは、日常的人の意識では、”人は死ぬ”という意識はもっていても、、死ぬべき存在としての自分の死を自覚していない、と夙に強調した。ダーザインについてのべているのであって、ドイツ人でも日本人でもありえる。私も、この点に関しては、文化論にしてしまえない、多くの人間に普遍的なあり方のようにも思う。
受診率の低さは他の要因に求めるべきであろう。

 あとリスクということに関して言えば、日本の場合ーーそれは日本特殊という意味でもないがーーー極端なところがあるようにも思う。

 指摘されるように抗菌グッズにこだわったり、マスクをしたりというのにも過剰なところがないとも言えない。
 原発についていっても安全神話が崩れたら、全部危険というのもこれまた、極端。原子力兵器でも、使えばたしかに、危険だが、原爆をつかわせないために、あるいは、平和を維持するために、保持するという側面もある。もしものときに莫大な影響力があるが、しかし、その巨大な影響力をコントロールする努力まで放棄するのもいかがなものか、と思う。


ただ、


放射能から守りたい 小中学生の県外避難広がる 福島
2011年5月30日


 これはわからなくもない。どんな影響があるかどうかわからないところが大きい。仮に自分の子供が大人になってガンになったら原発近隣地域に住んでいたためなのか、それが一因ではないのか、もわからない。しかし、一因かもしれない、その”かもしれない”というところで煩悶したり、後悔したくない、ということであろう。心理的な問題である。

シュピーゲル

Berlin Split over US Nuke Modernization
05/30/2011


The US wants to modernize part of its nuclear arsenal, including some bombs based in Germany. But the plan is likely to be controversial in Berlin where the ruling coalition remains divided over whether the American weapons should be in the country at all.


 アメリカがドイツでの核兵器の刷新をしたいと考えているが与党内では、米国の武器がドイツにあることに反対する勢力もあり、論争をよびそうである、と。

 原発でも原子力兵器でもドイツの動向というのは面白いし、注目しておきたいですね。


産経


政府の原発発表「信頼できない」80% 不信任案可決なら「内閣総辞職を」62%
2011.5.30 11:43 (1/2ページ)


 

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が28、29両日に実施した合同世論調査で、東京電力福島第1原子力発電所の事故に関する政府の発表について「信頼できない」との回答が約8割に上った。また、野党が提出を目指している内閣不信任決議案が可決された場合、6割以上が解散総選挙ではなく、内閣総辞職を求めた。


しかし、ほんまに、政府は信頼されておらんのだなあああ。


菅直人内閣の支持率は29・2%で、前回(4月23、24両日)から7・4ポイント上昇した。不支持率は4・4ポイント下がり、58・3%。



首相にふさわしい人物は枝野幸男官房長官の10%が最多で、自民党の谷垣禎一総裁は1・9%と、前回調査から1ポイント下がった。


つまり、産経の過熱する菅おろしは、自民党のためにはまったく役だっていなかった、と。



テレビ東京

内モンゴルでデモ拡大 日本の中国大使館に抗議活動

中国の内モンゴル自治区で、炭鉱開発に反対していた遊牧民の事故死をきっかけに、モンゴル族による地方政府への抗議デモが拡大しています。アメリカの人権団体南モンゴル人権情報センターによりますと、内モンゴル自治区で週末に抗議デモに参加していた数百人の遊牧民や学生などが、治安部隊と衝突し40人以上が拘束されたということです。また、一部の地域では戒厳令が敷かれたという情報もあります。こうしたなか、きょうは日本の中国大使館の前でも抗議活動が行われました。集まった中国出身のモンゴル人などおよそ100人は、内モンゴル自治区での地下資源開発による環境破壊は深刻になっていると指摘した上で、今回の問題について中国政府に対し公正に解決するよう訴えました。


フーム。





ごめんですんだら警察いらんわ!!
大阪府警が作製した警察官募集用のポスター


かわいいね。





「優しさ」つないだ痛車1000台 会場で震災チャリティー
2011.5.30


このなんだからわからないのがいい。





中華コスプレに集結した驚きのコスプレーヤー

 

中国を舞台にした小説の主人公などに扮する「中華コスプレ日本大会」が28、29の両日、鳥取県湯梨浜町の中国庭園・燕趙(えんちょう)園で行われ、15都府県から集まった58組112人が自慢のコスチュームで登場した。

 県中部のまちおこしグループが2006年から春と秋に開催。「コスプレーヤー」と呼ばれる参加者が手作りの衣装に身を包み、「三国志」の曹操や諸葛孔明などになりきって撮影用のポーズを決めたり、歌や踊りを披露したりし


これもよくわからないが、しかし、在日外国人のなかには日中緊張・対立ーーそれがないというわけではないーーーの側面しか見ない人がいるようなので一応。



朝日

君が代訴訟、起立命じる職務命令「合憲」 最高裁初判断
2011年5月30日15時12分




 卒業式で君が代斉唱時の起立を命じた校長の職務命令が「思想・良心の自由」を保障した憲法19条に違反しないかが争点となった訴訟の上告審判決で、最高裁第二小法廷(須藤正彦裁判長)は30日、「憲法に違反しない」とする初めての判断を示した。

 訴えていたのは、東京都立高校の元教諭の男性(64)。2004年3月の卒業式で「国歌斉唱の際は、国旗の日の丸に向かって起立するように」と校長から命じられたが、起立しなかったことから戒告処分を受けた。07年3月に定年退職する前に「嘱託員」としての再雇用を申請したが、不採用とされたため、都に損害賠償などを求めて提訴した。

 一審・東京地裁判決(09年1月)は、職務命令は合憲としながら、04年3月以降は職務命令に従っていた点などを考慮して「裁量権の逸脱」と判断し、約210万円の支払いを都に命じた。一方、二審・東京高裁判決(09年10月)は、「都には広範な裁量権がある」として元教諭が逆転敗訴したため、元教諭が上告していた。


産経

国際常識を身につけるため、国旗、国歌に敬意を」 国歌斉唱時の起立命令は合憲 最高裁が初判断
2011.5.3
0

1、2審判決などによると、元教諭は16年3月の都立高の卒業式で起立せず、東京都教育委員会から戒告処分を受けた。19年3月の退職前に再雇用を求めたが、不合格とされた。

 同小法廷は判決理由で、卒業式などでの国歌斉唱の起立は「慣例上の儀礼的な所作」と定義。起立を命じた職務命令について「個人の歴史観や世界観を否定しない。特定の思想の強制や禁止、告白の強要ともいえず、思想、良心を直ちに制約するものとは認められない」と指摘した。

その上で、「『日の丸』や『君が代』が戦前の軍国主義との関係で一定の役割を果たしたとする教育上の信念を持つ者にとっては、思想、良心の自由が間接的に制約される面はあるが、教育上の行事にふさわしい秩序を確保するためには合理的だ」との判断を示した。

 判決は4人の裁判官の全員一致の意見で、うち3人が補足意見を付けた。竹内行夫裁判官は「他国の国旗、国歌に対して敬意をもって接するという国際常識を身に付けるためにも、まず自分の国の国旗、国歌に対する敬意が必要」とした。

 1審東京地裁判決は21年1月、職務命令の違憲性を否定したが、「起立しなかったのは1回だけで不採用は裁量権の乱用にあたる」として都に約210万円の賠償を命じた。2審東京高裁は同年10月、職務命令の合憲性を認め、命令がある以上、元教諭は従う職務上の義務があるとして、1審判決を取り消し、逆転判決を言い渡した


 違憲性は否定しても、一回だけで不採用は裁量権逸脱というのも、地裁の判断もわからなくはない。こちららの方が実情・人情に適った判断ではなかったとも思うが・・・。


更新

社説:君が代起立判決 現場での運用は柔軟に

須藤正彦裁判官は、補足意見で「本件職務命令のような不利益処分を伴う強制が、教育現場を疑心暗鬼とさせ、無用な混乱を生じさせ、活力をそぎ萎縮させるということであれば、かえって教育の生命が失われることにもなりかねない。強制や不利益処分も可能な限り謙抑的であるべきだ」と述べた。

 同感である。99年に国旗・国歌法が成立した際、過去の歴史に配慮して国旗・国歌の尊重を義務づける規定は盛り込まれなかった。教育現場の自治や裁量に委ねることが本来、望ましい姿ではないか。

 大阪府では、公立学校の式典で君が代を斉唱する際、教職員に起立・斉唱を義務づける全国初の条例案が府議会に提出された。今後、違反した教職員の処分基準も定める方針という。最高裁判決は、過度のペナルティーを認めたものではない。その点を踏まえた議論が必要だ。

毎日新聞 2011年5月31日 2時30分











コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

エイリアン 他

2011年05月30日 16時43分16秒 | Weblog
YouTube

Michael Cohen reports dead alien found in UFO hotspot, Russia


宇宙人の屍体 シベリア・・・・こ、これはすごい。



外国人就労要件を緩和…専門学校卒受け入れへ


 政府は、外国人が就労目的で日本に入国する際の学歴要件を緩和し、日本の専門学校卒業生に与えられる「専門士」を追加する方針を固めた。


 専門学校卒業生の日本での就職を容易にし、留学生の増加につなげるのが目的だ。法務省令を改正し、6月下旬にも実施する。

 外国人労働力の受け入れについて、政府は「経済の活性化に資する」などの観点から専門的知識を重視し、原則大卒以上に限定している。

 専門学校を卒業した外国人は、卒業後にそのまま日本で就職する人には留学生支援の観点から就労資格を与えてきたが、いったん帰国した場合は就労を認めていなかった。

 法務省の調査では、2009年に日本で就職活動を行った専門学校留学生のうち実際に就職できたのは7割程度にとどまっている。東日本大震災後は、日本で就職しながら再入国手続きをしないまま帰国した専門学校卒業生も多いと見られており、要件緩和には、こうした人たちを呼び戻す狙いもある。

(2011年5月30日14時43分 読売新聞)


これはいいんじゃないかな。専門学校に行っていればある程度日本語もできるだろう。
さて、そうした外国人出身者の受け入れが大きな問題となっている日本であるが、

Japan Times

Tuesday, May 24, 2011

HOTLINE TO NAGATACHO
Japanese adults need an education in dealing with difference


 非常に理性的で、抑制された文章。外国人と日本人の間に生まれた子供がかかえる問題。

 外国出身で外国人風に見える自分に「日本語がお上手ですね」というのはまだいいが、日本で生まれ育った小さな自分の子供がそういわれているのを見るのは忍びない、ということだろう。

 常日頃言っていることであるが、日本人は、従来型日本人っぽい人以外は日本語が話せない、という臆断を捨てるべきである。

 そして、日本では誰とでも、原則、日本語で通す。

 日本で、従来型日本人的外見をしていない人、あるいは子供までが日本語を話す、あるいは話すべきだ、と考えるのはある意味傲慢にも思う人がいるのかもしれない。
 しかし、日本では外見がどうであろうと、日本語が話すのが当たり前、くらいに思っていてよいのだ。そうでないと、かえって傷つく心もある。
 在日外国人の方々もそうして偏見が減少するようにご協力いただきたいものだ。

 非常にうまいまた、謙虚な文章であるが、しかし、気になるところもある。


I know that most people are well-meaning and are trying to make conversation. However, in the U.K. I would never dream of inquiring as to a person's country of origin simply because they didn't have a white complexion. I assume them to be British unless stated otherwise. Likewise, I would never dream of inquiring as to someone's culinary tastes, especially a 4-year-old's.


イギリスでは、色白じゃないからといって、どこの国出身ですか、などと聞くことはない、と。

これはやはり、事実誤認があろう。

以前取り上げたが、

I welcome the 'Where are you from?' question my brown skin elicits
Discussing our ethnicity is a positive and vital part of living in a multicultural society

David Wearing
The Guardian, Tuesday 9 March 2010


It may not be racist, but it's a question I'm tired of hearing
Looking a bit brown still means being asked where you're from. So here's a ready-made answer for the overly curious

Ariane Sherine
The Guardian, Wednesday 3 March 2010


やっぱ、聞き飽きるほど聞かれるようである。

それと、こういった問題は、できれば、日本語で問題提起していただいたほうがありがたい。
youtubeでもブログでもなんでもいい。
そうした問題提起に対する議論のなかで、レイシストな反応があれば教えてくれば援助にいきましょう。しかし、たいていは、誠実に問えば、誠実に反応してくれる、と思う。
その点に関係して、Tepido org.でも発言した。
そのTepido org の投稿は有道センセの記事に関する投稿で、その投稿は、日本の外国人の状況をアメリカの奴隷時代に間接的にたとえる突拍子もないものであるが、


Regarding Racism, Whites Think They Are The New Blacks
By Garth Johnston in News on May 25, 2011




White people think that they receive the brunt of racial discrimination in contemporary America, according to a new study out of Tufts and Harvard. The Perspectives on Psychological Science paper, which is based on a nation-wide sample of 208 blacks and 209 whites, argues that "whites see racism as a zero-sum game that they are now losing."
Participants in the study were asked to rate the extent to which they felt blacks and whites were the targets of discrimination in each decade from the 1950s to the 2000s on a one-to-10 scale. While they agreed that the '50s were not a good time to be black in America, by the time they got to the aughts opinions varied dramatically. Both races saw a decline in racism against blacks over the years, but white folk apparently believe it has gone down much faster than blacks do. On average, whites rated anti-white bias as more prevalent in the aughts than anti-black bias by more than a full point on the 10-point scale. And 11 percent of whites went so far as to give anti-white bias in the past decade the maximum rating of 10 compared to only two percent of whites who rated anti-black bias a 10.
"It's a pretty surprising finding when you think of the wide range of disparities that still exist in society, most of which show black Americans with worse outcomes than whites in areas such as income, home ownership, health and employment," co-author and Tufts Associate Professor of Psychology Samuel Sommers said of the study.


アメリカでも自分たちは、新しい”黒人”だ、(つまり、偏見・固定観念の犠牲者になっている)と考える”白人”が急増しているようである。





目を見てほしい

「犬たちをおくる日」今西さん


殺処分される犬や猫を減らそうと奮闘する愛媛県動物愛護センター(松山市)の職員の姿を描いた児童書「犬たちをおくる日」の著者で、児童文学作家の今西乃子(のりこ)さん(45)(千葉県市原市)の講演会が28日午後1時から、高松市のサンポートホール高松・第2小ホールで開かれる。命を絶たれる犬や猫を撮影し、著書に掲載された写真を四国各地で展示している高松市の動物愛護家、藤原早苗さん(54)が、動物の命の大切さを伝えようと企画した。



1)もう、ペットショップ屋というのはやめて、ペットが欲しい人は保健所にいってそこから、ペットを選ぶようにしたらどうだろうか?(ペットショップ屋は、保健所と購入者の仲介して仲介料をとる)

2)それとこうした動物を可哀想、と思う気持ちが日本人の中にもあり、また、それをひろめていこうという動きが他国同様あるのだ、ことも在日外国人の方々に置かれては知って欲しい。

 動物を虐待する人もいる。愛護保護しようとする人もいる。(もっとも食用にする動物の対象については歴史的な観点から違いはある。)

 なぜか、日本人は特異だ、残酷だ、遅れている、などと思いなす欧米人が一部いる。また、日本人の中にも、そうした敗戦国精神というか、被植民地意識というか、欧米の他者に対する態度をそのまま写しとったような人もいる。これは気をつけたいものだ。

社説各社EPA推進で一致。

毎日

社説:日EU貿易交渉 復興を開国の出発点に

読売

日EU経済連携 早期合意で出遅れ挽回せよ(5月30日付・読売社説)

日経

EUと交渉急ぎFTA競争に追いつけ

日欧EPA―攻めの姿勢で協議急げ


規制の緩和・撤廃は、低迷が続く日本経済に活力を取り戻すカギの一つでもある。EUとの協議に合わせて、検討作業を再開しなければならない。

 日本の消費者がよい商品やサービスを安く手にできる規制緩和はどんどん進めたい。関係業界が打撃を受け、支援する必要がある場合は、規制とは切り離して対応すべきである。

 EUは食品安全や医療機器、医薬品分野にも関心を示す。国民の生活や生命に直結するだけに、「安さ」だけでなく「安心・安全」の観点が必要だ。

 ただ、規制緩和への反対論の真の狙いが業界の既得権維持だった例も多い。ここでも「消費者の利益」から是非を考えていきたい。


朝日が留保つきではあるが、原則、規制緩和・撤廃に賛成しているところは注目に値する。


ロシアトゥデイ

RT presenter choked by police

Published: 29 May, 2011



An RT America television host Adam Kokesh was violently slammed and choked by police who arrested the host after he took part in a flash-mob at the publicly-funded Jefferson Memorial.
On May 28 Adam and other activists were arrested seconds after they started silently dancing in what they say was a celebration of the first amendment's champion. The police officers slammed some of them; others were handcuffed and thrown to the ground in what seems to be a clear violation of their right to free-expression.
A video was captured of Adam Kokesh being body slammed and placed in a chokehold for his dancing crime.


RTのスタッフが警官に首を締められた、と。動画がある。どっかの博物館かなにかでちゃらちゃらしていた。確かに、挑発的ではあるが、無抵抗なわりにかなりすごい。
ところで、


choked by policeで動画をググると、RT以外にもかなりの動画がアプされている。(Police brutality)



14 year old choked by police
3分 - 2010年10月26日 - アップロード元: filmthepolice
youtube.com
Police Brutality - Chinese dude gets choked by ...
1分 - 2010年10月25日 - アップロード元: Timmah101111
Some asian dude gets choked by poe for taking a piss outfront of a jam in London, Ontario.
youtube.com
Arrested for asking a policeman for his badge number
2009年6月21日
complaint ... Activism Climate Camp Environment Independent Police Complaints Commission Kingsnorth Police Politics UK ...
guardian.co.uk
Police: Man shot dead in QFC choked ...
2010年8月17日
Investigators said they tried to arrest Ariel Rosenfeld on Sunday after he allegedly choked his own mother. The 43-year-old man ...
komonews.com
Police: Father Choked Referee After Girl Ejected
3分 - 2011年4月13日
A southern Indiana father is accused of choking a referee at his daughter's basketball game.
video.app.msn.com
Police: Father Choked Referee After Girl Ejected
2011年4月13日
A southern Indiana father is accused of choking a referee at his daughter's basketball game.
wlky.com
Police Officer Accused Of Choking, Pointing ...
2分 - 2010年5月3日
A Pittsburgh police officer is facing charges that he choked and pointed a gun at another driver following a weekend crash on the ...
bing.com
Police Captain admits choking a suspect | WIVB.com
2010年4月24日
A City of Tonawanda police captain now admits he choked a man in police custody.,
wivb.com
Dancers Body Slammed, Choked by Police at ...
11分 - 12時間前 - アップロード元: NaziPolice
Daily News @ RevolutionNews.US ― Adam Kokesh, Edward Dickey, and others were arrested for dancing at the Jefferson Memorial ...
youtube.com



同じくロシアトゥデイ
Siberian “Dead alien” fake
permalink email story to a friend print version
Published: 19 April, 2011



A video of what was claimed to be a mutilated alien corpse, which scored hundreds of thousands of views on YouTube, has turned out to be fake.

The tiny “dead alien” is just skin from chicken filled with bread, reports the website 7d.org.ua. Police questioned the men who claimed to have found the “body” and they allegedly confessed to creating it themselves.


最初に出した宇宙人の屍体は偽物だった、と。鶏の皮にパンをつめただけのものだった、と。



コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

浴衣 他

2011年05月30日 00時12分39秒 | Weblog


斬新なアレンジ…浴衣の着こなしに注目

 浴衣姿というのはなかなかいいもので、むかしは、旅の宿といって、「浴衣の君は・・・・・いろっぽいね。」なんちゅう唄もあったものだが、おまえ、その頭の上のは・・・・若い衆にはウケるのかもしれんが、あと、この人達ではないが、あのチョー長いつけまつげはどうか、とも思うが、・・・・おじさんの独り言である。

朝日動画

噛みついて求愛するサメ
asahicom


激しいこいだな・・・・あっサメか。(とまたおやじギャクの独り言)

動画
Cat mom hugs baby kitten

かわゆい。




2011年05月29日放送
情熱大陸
山崎亮
コミュニティデザイナー



全国津々浦々に溢れる「地元愛」を街づくりに活かすプロフェッショナル。“コミュニティデザイナー”のお仕事拝見!

ちょこっとみたが、この人の地元の人とのコミニケーション能力というのは抜群だね。
東北復興でも頑張って欲しいな。


「反復興増税」「地下式原発」… 与野党重鎮が相次ぎ超党派議連
2011.5.29


ちょっと気になる動き。頭(かしら)決めてどかっとやるならやってみたら?
足を引っぱるのではなく、具体的な対案を出しての対決なら歓迎だ。


@tomojiro

医学関連の編集者していますが、がん治療医などと話をしても100mSv以下の被爆では統計上は現れないらしいですね。生活習慣に起因するガンなのか放射線の影響なのかわからないレベル。
1時間前 webから



@tomojiro
tomojiro


@ikoishy 子供の場合はチェルノブイリの例で50mSvの被爆で甲状腺ガンが増加することが分かっていますがそれ以外はないみたいです。子供でも甲状腺ガンだけらしいですね。妊婦の場合、150mSv以上被爆すると子供に奇形・精神遅滞が表れる可能性があるようです


おもしろい数字ですね。

NHK



内モンゴル 抗議デモが相次ぐ
5月29日


中国内陸部の内モンゴル自治区では、モンゴル族の遊牧民が漢族が運転するトラックにひき逃げされて死亡した事件をきっかけに、モンゴル族による抗議デモが相次いで発生し、治安部隊と衝突するなど混乱が続いています


引用されている、南モンゴル人権情報センター
Southern Mongolian Human Rights Information Center
日本語版もあります。

MSNBS/NYTimes

Political activist becomes target of counterterrorism operations


In the case of Mr. Crow, who has been arrested a dozen times during demonstrations but has never been convicted of anything more serious than trespassing, the bureau wielded an impressive array of tools, the documents show.
The agents watched from their cars for hours at a time ― Mr. Crow recalls one regular as “a fat guy in an S.U.V. with the engine running and the air-conditioning on” ― and watched gatherings at a bookstore and cafe. For round-the-clock coverage, they attached a video camera to the phone pole across from his house on New York Avenue.
They tracked Mr. Crow’s phone calls and e-mails and combed through his trash, identifying his bank and mortgage companies, which appear to have been served with subpoenas. They visited gun stores where he shopped for a rifle, noting dryly in one document that a vegan animal rights advocate like Mr. Crow made an unlikely hunter. (He says the weapon was for self-defense in a marginal neighborhood.)


これは、昨日取り上げたロシアトゥデイの記事と同じで、テロ対策名目で政治活動家が監視されている、と。
注目すべきは、例として出されている活動家で、何度も逮捕されているが、不法侵入以外有罪になったことがない

つまりだ、日本の有罪率は高い高い、というが、このように、警察権を濫用すれば、有罪率は下がる、ってことじゃないんですかね。

CBS

May 28, 2011
Man imprisoned for 26 years; Did an LAPD cop lie?
Convicted as a teen of murdering his mother, Bruce Lisker fights to prove his innocence - taking on the LAPD and exposing lies and cover-ups


これ、以前、このブログでも取り上げたと思ったが、CBSがまた取り上げている。冤罪
母親を殺したとして、少年が60年の刑になったが、服役中、探偵を頼んで再調査してもらって、26年服役のうえ、晴れて釈放、というわけだが・・・


"I lived and breathed the LAPD," Gavin says. "I believed in everything they did."

As an internal affairs investigator, Gavin looked into allegations of misconduct against police officers, which is exactly what he did when he got Bruce Lisker's complaint against Det. Monsue

・・・・・
Sergeant Gavin was about to hand over the results of his investigation to the district attorney when his lieutenant took the case out of his hands.

"He goes, 'You're done. This mother f----- is gonna stay in prison. Do you understand me, Sgt. Gavin?' People up the chain of command decided that they were gonna decide the fate of Bruce Lisker. They decided he was guilty."

・・・・・

"Every piece of evidence that the prosecutors showed at trial has been proven to be false," remarks Ingels.

It would take four more long years, but finally, in August 2009, Bruce Lisker heard an answer to his pleas. A federal judge ruled Bruce was convicted on "false evidence" and that he must be retried or set free.


Bruce Lisker was vindicated. "It was a validation… a statement by somebody outside, not working for me, that, yes, everything that you say is true."

But, incredibly, the district attorney refused to give up. Bruce Lisker would face a second trial for the murder of his mother.
・・・・・

The district attorney says he still believes Bruce Lisker killed his mother, but too much time had passed to retry the case.

・・・・・


Bruce Lisker wasn't the only one to pay a heavy price. Sgt. Jim Gavin says doing the right thing cost him his career. He describes himself as "ostracized" within the LAPD.

・・・・・


Incredibly, in fall 2010, the state asked the court to return Bruce Lisker to prison. The reason, not based on any evidence, but on a technicality - arguing Lisker was late filing his petition for release. A judge rejected that motion.


 その間、警察の監査官が捜査の誤りを指摘したが、LA警察からはほされるは、証拠もないのに、また、手続き上の問題で文句言われてまた服役されそうになるわ、で大変な苦労をしている、と
(司法腐敗)



シェリル・コールさん、番組降板 原因は英国なまり?
2011.5.28


とういことで関連英語記事


Cheryl Cole's accent is not worth the risk for X Factor, Fox decides
Geordie singer ousted from US talent show because executives judged that viewers could not understand her




Geordie
〔イングランド北部のニューカッスルやダラムなどの〕タイン川流域の住人[出身者](が使う方言))があるらしい。

動画をみると、

Cheryl Cole on the x factor high lights (23.08.08)

よお、わからん。
で、似たケースで、

Why Steve Jones may lose Welsh accent on American X Factor
by Graham Henry, Western Mail
May 28 2011

ウエールズのイケメン男もウエールズ訛りでほされるか


X FACTOR star Steve Jones may need to change his accent to be more palatable to American audiences, a speech expert has warned.

The Rhondda presenter is due to hit screens Stateside as host of the US version of Simon Cowells creation his first break into the lucrative American market.

But news of the apparent ditching of fellow Brit Cheryl Cole from the show this week may set alarm bells ringing with Tylorstown-born Jones, 34, and his loyal fans.

Cole has reportedly been taken off the judging panel, which she was due to share with Simon Cowell, Paula Abdul and record label supremo LA Reid, because the audience and contestants couldnt decipher her strong Geordie tones.

Jones was due to share presenting duties with ex-Pussycat Doll Nicole Scherzinger, but she is reportedly being drafted in to replace Cole, leaving Jones to possibly field the show alone.

Jones insisted earlier this year that his accent wouldnt torpedo an American career.

He said: Ive been working in America on and off for almost eight years and no ones ever said What the hell are you talking about? There would not be a problem with the accent,


といのだが、いままで問題はなかった、と。

動画
Introducing Steve Jones: International man of love

確かにイケメンだが、訛りはわからりまへん。



Cannabis cafes set to become private clubs, no entry for tourists

Saturday 28 May 2011



The cabinet is pressing ahead with plans to turn all cafes selling small amounts of cannabis into members’ only clubs, accessible only to people officially living in the Netherlands.

Ministers say turning the so-called coffee shops into private clubs will reduce drugs-related tourism and public nuisance.




Organised crime

The government is also planning to increase efforts to drive organised crime out of the production and trade of marijuana and to seize the assets of convicted drugs criminals.

The illegal growing industry is thought to be worth some €2bn a year. According to the Telegraaf, some 40,000 people are involved in marijuana cultivation and some 5,000 plantations are busted every year.

The crack-down on coffee shops follows the recommendations of a government commission in 2009 which said hashish and marijuana contain far more active ingredients than they did when the policy of turning a blind eye to their use was introduced in the 1970s.

At the same time, the bigger the coffee shops get, the more likely they are to be in the hands of organised crime. To that end, the commission recommended cafes become smaller and should only sell to locals.



Europe

Last July, a senior European legal official said the Netherlands was within its rights to ban tourists from coffee shops.


オランダ
 観光客お断りのマリファナ喫茶。これも以前取り上げたが、EUの裁判所では公益を重視して合法としたわけですね。(外国人お断り)


Tough migration law backfires on US farmers
28-May-11, 2:16 PM | Agence France-Presse


ATLANTA - Farmers say they are starting to reap the consequences of a tough anti-illegal immigration law passed by Georgia last month - a sudden dearth of migrant workers needed to bring in their harvests.

Charles Hall, executive director of the Georgia Fruit and Vegetable Growers Association, said the labor pool of produce pickers has shrunk by 30 to 50 percent since passage of the Illegal Immigration Reform and Enforcement Act on April 20.

He said growers have told him that workers are bypassing Georgia to avoid police harassment and going to North Carolina, which is next in line during the growing season.
・・・・・
Dan King, a grower in Rebecca, Georgia, said he has 15 acres of squash field that he probably will not be able to harvest.

"Workers are scared of Georgia," he said. "The politicians did this way too fast."


 ジョージア 移民に厳しい法律ができてジョージアの農場で働く移民が足りなくなった。ジョージアは怖い、と。

(反移民法 アリゾナ)






コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ハナ・サンプターさんありがとう 他

2011年05月29日 16時01分58秒 | Weblog


福島第1原発:飯舘村の英国人ALT 再び来日し教壇に

2011年5月28日
1

東京電力福島第1原発事故の計画的避難区域に指定され、全村避難が始まった福島県飯舘村で唯一の英国人ALT(外国語指導助手)、ハナ・サンプターさん(23)が、勤め先の村立飯舘中が仮住まいしている同県川俣町で教壇に立ち続けている。英国政府の退避勧告により一度は帰国したが、4月末に再来日し、福島市で避難生活を送りながら村民と一緒に村へ戻る日を待ち望んでいる。・・・・・

避難先とはいえ、サンプターさんの授業では「眠い」と思わずつぶやいた生徒に「アー・ユー・スリーピー?」と切り返したり、笑顔が絶えない。遠藤和雄校長(53)は「通常の学校運営が困難な状況だが、彼女がいてくれることで本来に近い形で学習を進めることができ、生徒に安心感を与えている。村が危機にひんしている中、本当に感謝している」と話す。・・・・・


再来日後は福島市の友人宅アパートのリビングで寝泊まりし、車で約1時間かけて通った。「何年かかるか分からないけど一日も早く皆で一緒に飯舘に戻りたい」。思いは村人と同じだ。【金寿英】


ありがとう。感謝!


貯金尽き生活困窮「食べていけない」 70日以上 缶詰中心の食生活
2011.5.28


はやく、義援金の給付してあげてよ。


コロ、また会えるなんて 震災で不明のペットと再会
2011年5月28日



岩手県陸前高田市の菅原広世(ひろせ)さん(70)とトシ子さん(68)は最近、津波で犠牲になった一人娘の一家が飼っていたオス犬「コロ」と暮らし始めた。不明となったコロは震災から28日後、保健所で見つかった。

 コロは6歳。亡くなった孫の高城隆世(りゅうせい)君(13)の7歳の誕生プレゼントだった。娘恵子さん(44)は自宅から車で避難中に津波に巻き込まれた。友人宅にいた隆世君は母を心配して自宅に戻った。ふたりはともに遺体で発見された。

 土台だけが残った自宅跡にコロをつないでいた小屋はない。恵子さんの夫郁雄さん(52)が諦めの気持ちで保健所に足を運んだら、やせこけたコロがいた。目が合うと鼻をくんくん鳴らした。首に散歩用の赤いリードがついていた。震災数日後、隆世君の遺体が見つかった川の近くで保護されたとわかった。「家に戻った隆世がつけかえ、一緒に逃げようとしたのだろう」と郁雄さん。


悲しみを背負いながら・・・・

BBC

28 May 2011
Fukushima nuclear plant in Japan 'unready for typhoon


スポニチ
祈るのみ…あきれた東電、福島原発“台風対策なし”

たしかにあきれるが、しかし、政府も報道も、東電を信じよう、東電を任せよう、ということではなかったのか?


ロシアトゥデイ

Japan's nuclear troubles extend into Russia
The Russian used auto industry relies on used car shipments from Japanese companies that have dried up since the March earthquake and problems at the Fukushima plant.


 日本の原発の影響で、日本からロシアへの中古車の輸出が激減。困ったもんだ、とディーラー。


九電の営業所に火炎瓶投げ込まれる 佐賀、炎上せず
2011年5月28日


 左でも右でも馬鹿はいるもんだね。

Police crack down on Spanish anti-austerity camp



27.05.2011 @ 18:37 CET
EUOBSERVER / BRUSSELS - Police launched a morning crackdown on anti-austerity protesters camped out in the main square in the Catalan city of Barcelona on Friday (27 May).

According to eyewitnesses, riot police moved in to Placa de Catalunya between 7 and 8 am, firing rubber bullets, tear gas and baton-charging the protesters. Footage from the encampment shows police attacking peaceful demonstrators without prior provocation.

Some two individuals were arrested, with 46 injured and five admitted to hospital




小沢氏、米紙に「汚染はどんどん広がる」

「汚染はどんどん広がるだろう。もう(周辺には)住めない。黙っていたら、東京もアウトになる」と訴えた。

(2011年5月28日02時14分 読売新聞



この男、判断は留保していたが、しかし、結局、彼に対する批評家の言が正しかったのだろう。要するに、権力奪取のためなら何でもいう、する、男。


EUobserver

EU reaches uneasy compromise over nuclear 'stress tests'
14 EU member states produce nuclear energy (Photo: Nicholas Sideras)

ANDREW WILLIS

25.05.2011 @ 15:46 CET


EUOBSERVER / BRUSSELS - The European Union has reached a broad agreement on the criteria for 'stress testing' the region's 143 nuclear power plants, the bloc's principle safety response following the accident at Japan's Fukushima power station.

EU energy commissioner Gunther Oettinger announced the compromise deal in Brussels on Wednesday (25 May), after weeks of wrangling between EU member states over whether to include terrorist strikes in the region-wide safety assessment.


福島の原発をうけて新しい原発の安全基準を模索しているが、テロ対策については意見が一致していない、と。


| 27.05.2011
German farmers angry over ambiguous E. coli warnings



Germany's E. coli outbreak is a catastrophe for the nation's farmers, but they also think authorities made it worse with confusing warnings. Some are calling for better communication during health scares.


ドイツの大腸菌問題で、農家が大迷惑、と。野菜に原因があるという発表で、地域の限定が曖昧だったので、風評被害ってやつだろうね。

BBC

27 May 2011 Last updated at 11:03
Thailand arrests US citizen for 'insult to monarchy


タイでアメリカ人が不敬罪 lese majestyで逮捕される、と。


ロシアトゥデイ

FBI targeting political activists as terrorists
Published: 26 May, 2011,


FBIがテロの名目で環境主義者など政治活動家を取り締まっている、と。


ロシアトゥデイ


US justice goes commercial
permalink email story to a friend print version
Published: 26 May, 2011,



With well over two million people in jail, the US has the highest prison population in the world. But some are seeing the inside of a cell because dodgy judges are getting kickbacks from the private sector.
Two Pennsylvania judges have made a killing on juvenile prisons. Mark Ciavarella and Michael Conahan were convicted of receiving payoffs of more than two million dollars from the developers of several private detention centers.
According to parents, however, the real crime is that these judges sent more than 5,000 children to those very facilities for crimes as small as fighting on a school bus or posting a parody of their teacher on the web.
Sandy Fonzo’s 17-year-old son Edward was a promising student and sportsman when he was arrested at an underage party. Judge Ciavarella locked him up for six months. Shortly after he got out, Edward committed suicide.
“He never looked into the whole picture of the kids,” Sandy Fonzo explains. “He lined them up one by one and he sent them away, shackled them, sent them to places [where] god knows what went on, and then he throws them back. How does a kid deal with that? My son just never recovered from it.”
Ciavarella sent a 12-year-old boy to jail for two years for scratching his mom’s car while joy-riding. He also locked up a teenager for several months over throwing a piece of steak at his mother’s boyfriend.
“I could not believe that I could be sent away for something as stupid as throwing a steak,” the young man said later.
The case of the two Pennsylvania judges being in bed with local private prisons could be just the tip of the iceberg. A recent report revealed America’s largest prison corporations pour hundreds of thousands into the campaigns of governors, state legislators and judges in the hope of advancing their agenda. And it seems to be working.
The number of private prisons in the US is growing rapidly.
“All their money, every penny they get is tax payer dollars they get from the government,” an activist Paul Wright explains. “So, what they do is, they get the money from the government to house prisoners and they turn around and spend some of that money by giving it back to the politicians that pushed the laws and the policies that lead to both more people being incarcerated and more people being incarcerated in private prisons. So, it’s almost money laundering of tax dollars.”
And as the number of prisons increases, so to does the number of prisoners. The US has 2.3 million people behind bars, more than any other country in the world. China, which is four times more populous than the United States, is a distant second, with 1.6 million people in prison.


 裁判官が民営収容所から賄賂を受け取っていた、と。そして、不要に子供たちをその民営の少年院に送っていたのではないか、と。つまり、子供を沢山送れば、民営少年院の需要がますわけだね。*

毎日

社説:証言強要疑惑 警察庁主導の調査必要

 現在、政府が検討している取り調べの可視化(録音・録画)は、裁判員裁判対象事件を念頭に置き、公選法違反事件は対象外である。今後、可視化の範囲も議論すべきだ。


あたりまえ。しかし、監査機関は独立にすべきだ。



刑事司法改革 時代に合う捜査手法の検討を(5月27日付・読売社説)

で、これは、日本の捜査手法および検察の問題点。英語であるから、参照にしてほしい。


Modernize methods of criminal investigation
The Yomiuri Shimbun

An ideal criminal justice system would never fail to solve a case and would maintain order without proceeding on any false charges.

Justice Minister Satsuki Eda told his ministry's Legislative Council, an advisory panel, in mid-May to review the nation's criminal justice system. He decided to review the system because cracks began to show in its current investigation methods. For instance, Atsuko Muraki, a former senior official of the Health, Labor and Welfare Ministry, was arrested in 2009 on charges of abusing a postal discount system, but was exonerated last year.

Issues to be discussed at the council will include legislation for "visualizing" interrogations by tape-recording and videotaping so that the investigation process can be studied later. We hope the council will uncover problems in the system and try to construct a judiciary that is abreast of the times.

===

Flaw in current system

One characteristic of Japan's criminal justice system is that detaining and questioning a suspect to determine the truth is a major part of the investigation. Confession statements made in that process have so far served as strong evidence for judges to render guilty verdicts.

This can make prosecutors and police officers prone to maneuver or force suspects to tell what they want to hear so the suspect's statements suit the authorities' presumptions. This has been pointed out as a breeding ground for false convictions.

However, it is also a fact that prosecutors and police officers have a very limited number of investigation methods other than interrogations at their disposal. If it institutionalizes visualization of interrogations to increase their transparency, the Justice Ministry should also seriously consider introducing a variety of investigative methods used in the United States and other Western countries.

For instance, prosecutors and police officers in those countries are often allowed to wiretap communications of suspects while investigating cases of murder, arson and bribery. In many of these countries, they are also empowered to take DNA from suspects and convicts.

Plea bargains are another common tool in those countries. In plea bargaining, prosecutors and police officers can promise to seek lighter penalties if a suspect confesses to the charges against him, or they may give up prosecuting suspects who help in investigations by informing on accomplices or divulging other facts.

In Japan, however, most of those methods are not allowed. Wiretapping is permitted in very few cases, such as crimes related to weapons and drugs. In fact, only a very small number of cases have involved wiretapping in this country.

===

Crimes more sophisticated

However, criminals have employed increasingly sophisticated methods in recent years. Gangs are becoming better organized. Recidivism rates are rising. We have to say that current investigative methods, dependent on interrogations, are becoming obsolete.

Prosecutors plan to test the visualization of interrogations for one year until next April. The special investigation unit of the Tokyo District Public Prosecutors Office earlier this month began videotaping the entire process of questioning in a case related to an allegation of aggravated breach of trust. Results of these experiments must be reflected in discussions at the Legislative Council.

In its deliberations, the council also should consider the views of various people such as volunteer probation officers, who are engaged in the rehabilitation of parolees, in addition to crime victims and bereaved families.

The council also should develop an environment in which as many people as possible will become interested in discussions of the criminal justice system reform, by disclosing the minutes of its discussions to the public.

(From The Yomiuri Shimbun, May 27, 2011)

(May. 28, 2011)



布川事件再審 冤罪生んだ恣意的な証拠開示(5月25日付・読売社説)


Arbitrary evidence disclosure to blame for false accusations
The Yomiuri Shimbun


Disclose all evidence

The deposition that included this testimony was disclosed by the prosecutors for the first time in 2001 when Sugiyama and Sakurai applied for a retrial for the second time. The deposition proved a decisive factor behind the court agreeing to the retrial.

The court did not totally accept the credibility of her testimony. However, if the testimony had been made known much earlier, the original trial might have followed a different course.

The prosecutors obviously made arbitrary judgments about what evidence to disclose. Evidence that would work to their disadvantage was withheld.

With the introduction of the lay judge system, prosecutors are, in principle, obliged to submit all evidence related to points of contention before the first hearing is held. However, prosecutors tend to keep almost all the evidence under their control.

Trials can be conducted fairly only if prosecutors disclose all the evidence, even that which might work to their disadvantage. Judges, for their part, should encourage disclosure of evidence.

(From The Yomiuri Shimbun, May 25, 2011)

(May. 26, 2011)


*Penn. judge convicted in 'for profit' scheme also faces lawsuit


February 21, 2011



A Pennsylvania judge recently convicted for putting juveniles into "for profit" detention centers is being sued, a civil rights attorney said Monday.

The class-action civil lawsuit was originally filed in 2009. It names several defendents, including Mark Ciavarella, whose alleged illegal actions date back to 2003, on and off the bench.

The former Luzerne County judge was found guilty Friday of 12 of 39 racketeering and fraud charges for accepting millions of dollars in bribes from friends who owned detention centers to which he sent juveniles.

I can't say I've ever seen something as bad as kids being incarcerated for no reason at all," attorney Barry Dyler told CNN affiliate WBRE-TV in Wilkes-Barre/Scranton.

The case against Ciavarella made national headlines when a distraught mother lashed out Friday at the former judge after his conviction.

Sandy Fonzo's 17-year-old son, Edward Kenzakowski, spent six months in a detention center after Ciavarella sentenced him for possession of drug paraphernalia.

According to Fonzo, her son, who had no prior record, was never able to recover and eventually took his own life.
・・・・・
The class-action suit alleges that Ciavarella and another judge devised a "material scheme to abuse the juvenile system and deprive allegedly deliquent children and their parents of clearly established civil rights for significant personal gain."

The suit alleges RICO violations, civil conspiracy, wrongful imprisonment and violation of due process and civil rights.

It also alleges the activity goes back several years and includes Ciavarella and his wife, Cynthia, another former judge, Michael Conahan, and his wife, Barbara.

It names the facilities used by the judges, their owners and anyone who help build, operate or collected any money in connection with the "alleged scheme."

Dyller said families whose children had been wrongly imprisoned began reaching out to him after charges were brought against Ciavarella.

"Thousands of kids appeared before Mark Ciavarella between 2003 and 2008. That's the time period we're looking at," Dyller told WBRE.

The suit also alleges the defendents "prohibited or discouraged juveniles from having legal representation during court proceedings," creating the potential for an increased number of juvenile offenders to be sent to specific detention facilities.

Ciavarella is free on bond until his sentencing. He could face up to 157 years in prison.

"There is no justice," Fonzo said.

"(Ciavarella) will never receive my sentence," she said. "I have nothing."

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニフコJapan Times コラムニストブログ 日本人は糞の味がお好き

2011年05月28日 19時36分00秒 | Weblog
外国人やヤクザには人権はない、と教わったという元検事の告白記事のコメント欄である。


Sean Says:
http://www.debito.org/?p=8997#comment-250830
May 27th, 2011 at 6:18 pm
Well, congrats to this guy for exposing everything. The fact that it is being exposed is a sign that progress is being made.
He is a very brave man, and he will make many enemies in
the establishment for it.

As for me, it only makes me feel more comfortable in my decision to leave Japan. My wife and I are out of here as soon as I finish my post-grad qualifications at the end of this year.

When the Uni I work for ask me why, I’ll be sure to email them this article among others.

こいつが全部暴露してくれて感謝する。こうして暴露されるということは進歩の徴候だ。勇敢な男だ、これで組織の中で多くの敵をもつことになろうに。

、日本を脱出する決断してよかったんだよなあ、と再確認できてよかった。女房とおれは、今年中に大学院の資格をとれたらすぐに日本をでていくよ。もし、大学でなぜか、って、聞かれたら、この記事や他の記事をメールして送ってやるよ。



Christopher Says:
May 28th, 2011 at 12:24 am
http://www.debito.org/?p=8997#comment-250848
@Sean, join the club. In many ways, Japan is still a third world country with a fresh coat of paint…. A coat of paint that went on in the 1980′s to meet the fashion of Japan going “global” but that paint is fading fast. The globalism was only ever one-way except in the most minor and utterly superficial, self-serving dimensions. And now those left there post-bubble, post rise of China, and post nuclear meltdown, have to convince themselves that the dog shit they are eating is ACTUALLY chocolate pudding. According to the lemming mentality out there that they buy into so as to keep their sanity, it’s JAPANESE chocolate pudding and that’s why it tastes different. It doesn’t taste bad. Just different. IT’S BETTER!!! Japanese people LIKE pudding to taste like fecal matter. So do foreigners who live there. And anyone who thinks differently is a racist. How dare they say Japanese pudding is actually dog shit? Everyone knows American pudding is too sweet anyway. Too much sugar. That’s why Americans are fat. They should eat fecal flavor chocolate pudding like the rest of us because it is BETTER. Aren’t they so stupid? Much healthier. Yummmy. Open your mouth and say ahhhh. Good boys and girls. Oishii deshou?! Or should it be rather: Oy! Shiiiiii(to) desuyo! LOL For avoidance of doubt, I wish it weren’t so. I really do. My kids are Japanese. I have Japanese nationality. But hello! Reality check! Many of my more enlightened Japanese friends are getting out of dodge too. I think I might become an immigration lawyer when I get out of law school. The Japan business will be absolutely BOOMING.

こっちも同様だよ。日本はペンキ塗り立てのまだ未開発国でようやく、80年代に日本の国際化とかいうペンキを塗っていたが、化けの皮がもう剥がれてきている。国際化といってもたいていは一方通行で、せいぜい、極一部で、非常に皮相で、ご都合主義的なものがあったにすぎない。バブル崩壊、中国台頭、原発メルトダウンをうけて、それでも日本に住んでいる輩は、食っているのは犬の糞なのに、それがチョコレートプリンだと思い込もうとしているんだ。タビネズミ(注 ◆数が増え過ぎると餌が足らなくなるので、生存数をコントロールするためにある一定の周期で崖から飛び降りて集団自殺するといわれている)と同じように、ひたすらそう信じ込んで正気を保とうってわけさ。

 こりゃあ、日本のプリンだ、たしかに、違うが、悪くない、ただ、違うだけだ。日本人は糞の味のプリンが大好きだ。そこに住んでいる外国人も同じこと。そうじゃないやつは、人種差別主義だ。日本のプリンが糞だなんて、よくも言えるな。アメリカのプリンが甘すぎることは百も承知だろう。砂糖が多すぎるんだよ。だからアメリカ人はでぶっちょだ。やつらもおれらとおなじように糞の味がするプリンを食うべきだ。こっちのほうがうまいぞ。馬鹿じゃないの、こっちの方が健康にもいい。ああ、うまい!さあ、口を開けて、「あー」 と言って、いい子いい子。おいしいでしょう?あるいは、おーShit(糞)ですよ。(爆)

 誤解されないように、言っておくが、そうなっているとは思いたくない。自分の子供は日本人だが、自分も日本の国籍をもっている。おい、でも現実をみてみろよ。よく物事が分かっている日本人の友人たちさえ、日本脱出中だ。法律学校でたら、海外移住をあつかう法律家にでもなろうかな。(そしたら)日本関連事業もまんざらではないぞ。



最初のコメントも気にいらない。例えば、同じような警察や司法の腐敗がアメリカにあったことを知って、このように言い放ってアメリカを去る日本人をどう思うであろう?

もっとも、まあ、それもしょうがないじゃないか、という人もいるかも知れない。

しかし、2番目の発言はひどすぎよう。

正しい、翻訳、正しい解釈、嘘の肩書き、コメントの嘘を指摘するコメントは遮断しながら、こうしたコメントは公開する。まさにヘイトブログではなくてなんだろうか?
こうしたブロガーをコラミニストにしているニフコ Japan Timesの企業倫理が疑われよう。


なお、Tepido orgで、このあのChristopher Savoie氏ではないかとする有力な推測がある。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

どうだかね。

2011年05月28日 01時06分10秒 | Weblog
@katukawa

勝川 俊雄
日本の基準が世界的に緩いとは必ずしも言えない。EUはセシウムを1250Bqまで許容していた(http://bit.ly/iekPvi)が、4/12に、日本からの輸入食品の上限を日本の基準に合わせて500Bq/kgに削減。 http://bit.ly/fqLDaq

simasimaccoと他91人がリツイート

via tomojirotwitter

これは面白い。


赤字が引き下げられたところであろう。

3954/87 Euratomに以前の数値がある。たsかに、EUはセシウムを1250Bqまで許容していたようであるが、乳児用などはこの文書では空欄になっている。
なお、
944/89 Euratom

770/90 Euratom




もっとも、日本の基準にそろえた理由については、

Questions and Answers: Safety of food products imported from Japan




Why has the EU decided apply now the action levels established by the Japanese authorities instead of the maximum levels established by Regulation (Euratom) 3954/1987?
In the immediate aftermath of the accident, Japan has enforced lower values for foodstuffs put on their national market. It has to be considered that in the current situation in Japan, a much higher percentage (than the 10 % on which the EU levels are based upon) of the population's daily diet could be contaminated with significant levels of radio-nuclides. Moreover, these lower levels are probably the result of taking into account the dietary data applicable to Japan.


以前の前提では、口に入る飲食料の一割がこの程度に汚染されていたら、と仮定していたが、日本では汚染された飲食料をもっと多くの割合で口にし、また、日本の食事情も考慮しているのであろう、と。

どうだかね?


なお、
放射能汚染された食品の取り扱いについて 厚労省
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ええ加減にしてや 他

2011年05月27日 21時21分32秒 | Weblog
ロシアトゥデイ
Is there a war on RT?
permalink email story to a friend print version
Published: 26 May, 2011


これわりにおもしろくて、ロシアトゥデイが八方から批判されている、と。



For example Politico has called us a “Russian propaganda arm.”
But we want today first to address criticism that centers on our guests.
For example, Southern Poverty Law Center said “[RT] frequently quotes US extremists as authorities on world events or interviews them at length…”
New York Times pointed out, “ratings have risen as Russia Today has reported on controversial topics on the fringe of mainstream news,” and as an example they cite “[a] report featured an interview with Malik Zulu Shabazz, the national chairman of the New Black Panther Party.”
“If the names of American guests on RT are unfamiliar to many Americans, there’s a reason,” said Jonathan Sanders, a former CBS Moscow correspondent, quoted by a Columbia University Journalism School project on the “Global Media Wars,” who were interviewed on NPR about their findings. “Their guests are people on the fringes of respectability and cranks.”


ロシアの宣伝マシーン
アメリカの過激派をゲストとして登場させて、国際ニュースの権威として語らせている。
主流のメディアで話題になっていないことを論題にしている。
ゲストになっているのはいい加減な変人ばかり、である、と。

で、ロシアトゥデイはなことありませんよ、ゲストはロンポールとかピーターシフとか大手のメディアでもでている方々ですよ、と反論し、大手のメディアが扱わないトピックを扱うことに意義がある、と反論しているわけだが、ここで、批判は多くの英語圏のメディアにもいえる。

 例えば、反原発の極端な学者のインタビュー、反原発活動家と付言しないで、いれる、日本ではほとんど知られていない、ヘイトブロガーをアメリカから帰化した”白人”ということで重きをおく、そんなことばっかやっているではないか?
 また、日本では話題にさえなっていないこと、あるいは、かなりオタクというか、ごく少数の人の趣味であることを全面にだしているではないか。

 こちらからすると、ロシアトゥデイは英語圏が圏外の国に対してやっていることを英語圏、とくにアメリカに対してやっているだけのように見える。要するにロシアトゥデイは英語メディアがロシアに対してやっていたことを周到に学習したのだろう。


Flyjin Reconciliation By Belinda Helmke
May 24, 2011



All this prompted the coining of the term flyjin―a combination of the English word ‘fly’ and the Japanese word gaijin, which means foreigner.

The term flyjin undoubtedly has negative connotations, and reflects the frustration that many Japanese felt over the exodus of foreigners. In many companies, there has been displeasure among those left behind, with the sense of desertion particularly acute in cases where foreign managers joined their non-Japanese staff in fleeing the country.




@mozumozumozu
mozu


Reading from @Diplomat_APAC Flyjin Reconciliation http://the-diplomat.com/new-leaders-forum/2011/05/24/flyjin-reconciliation/ そんな問題は存在しない。
8時間前 webから




@suzuky
suzuky

@mozumozumozu Flyjinの話ってまだやってたのか!のほうが驚きますね。震災は在日外国人コミュニティもシェイクしちゃったんですね。でも本当に、当の日本人は一切関与してないという事実をはっきりさせてほしいものです。




 日本人の言動から全く別のところで、全く関係なく、全くのデマに基づいて、欧米人の日本に関するナラティブが進行しているところに注目。

 そのデマの元になっている一つが、有道ブログである。

 テレグラフ
Wary Japanese send sales of Geiger counters soaring
By Julian Ryall in Tokyo 7:00AM BST 26 May 2011


 正直このひと作文下手。

1)日本ではガイガーカウンターが売れている。
2)東電による原発の収束は遅れている。
3)国連世界防災白書でも日本のインフラの脆弱性が指摘されている。

1)ー3)の論理関係がはっきりしない。
3)についていうと、

U.N. cites ‘synchronous’ infrastructure failure(Kyodo)
May 27th, 2011 |

これなんかみると、日本の震災について語られているのだが、

The 2011 floods in Australia, the earthquake in Christchurch, New Zealand, earlier this year and Japan’s latest disaster serve as a “reminder that developed countries are also very exposed,” the report says.


Although the chances of being killed in a cyclone or floods in East Asia, for example, are much lower now than two decades ago, the risk of economic loss due to floods has increased by more than 160 percent and to tropical cyclones by 262 percent since 1980 in the high income countries of the Organization for Economic Cooperation and Development.

“As the March 2011 nuclear crisis in Japan shows, governments should also invest time and resources in anticipating emerging risks,” the report says.


というところをみると、日本の震災を通じて、世界に警笛を鳴らす趣旨ではないだろうか?
国連だし。

ついでにテレグラフ


Female broadcasters 'should be willing to have sex to advance careers', claims Korean politician
4:17PM BST 25 May 2011

韓国の議員は、女性キャスターは上司に体を許して出世すべき、として発言して執行猶予つきの有罪。
テレグラフはこういうネタわりに好きなんでしょうな。

オランダ

TV advertising should not be so loud

Friday 27 May 2011


Dutch television advertising body SPOT is to stop advertisers increasing the sound level of tv adverts above that of the surrounding programming from September 1.

The new rules, advised by the European Broadcast Union, say tv advertising sound levels should be the same as in programming rather than louder, as is often the case.


CM のとき音量を上げて放送するのはやめる、と。結構ですな。




Far-right attacks escalate after BNP election defeats
Glass and rocks hurled at anti-racism meeting in east London
Matthew Taylor
The Guardian, Friday 27



Far-right activists have attacked trade union meetings and anti-racist groups in the past month in what campaigners and politicians say is an escalating campaign of intimidation and violence.

In the latest incident, a 20-strong group hurled concrete pillars, glass and rocks at a meeting on multiculturalism organised by Labour councillors in Barking, east London.


イギリス BNPが選挙で負けておヒースをおこした右翼軍団が組合や反差別主義団体を襲撃。

こわいですな。


3号機の汚染水移送先、水位低下続く
 

同建屋と付近の建屋などを結ぶ地下通路に水がたまっており、東電はこの通路に漏れ出したとみている。建屋から通路へ出る扉などには、隙間を樹脂で埋める止水工事が施されていたが、不十分だったとみられる。


これは、以前専門家が関与していない稚拙な工事であると指摘されていた。

結局、
政府→叱る→東電 対処


という体制には無理がある。これほどの影響力をもった事故であるから、政府が積極的に前面にでて、全国の英知・体力を集めて責任をもってやるべきなのだ。

朝日


玄海原発、想定以上の劣化か 専門家指摘「廃炉に」
2011年5月27日16時5分



 九州電力玄海原子力発電所1号機(佐賀県玄海町)の原子炉圧力容器の劣化が想定以上に進んでいる恐れのあることが、九電の資料などからわかった。九電は「安全性に問題はない」とするが、専門家は「危険な状態で廃炉にすべきだ」と指摘。1号機は稼働中で、反原発団体は原子炉の劣化を危険視している。・・・・・


 1975年に操業を始めた玄海原発1号機は九電管内で最も古い原発で、想定している運転年数は2035年までの60年間。脆性遷移温度は76年、80年、93年に測定し、それぞれ35度、37度、56度だった。ところが、09年には98度と大幅に上昇した。

 九電はこの測定値から、容器本体の脆性遷移温度を80度と推計。「60年間運転しても91度になる計算で、93度未満という新設原子炉の業界基準も下回る数値だ」と説明している。


最後の文をみるとそれほどでないように思うが、題名をみると、ええ?!という感じ。
朝日の政治を感じる。

津波被害の文献知りながら「記録なし」と説明 関西電力
2011年5月27日



原燃エンジニアリング取締役の六ヶ所村議を逮捕

これ政治ではなく、原子力村の隠蔽・ズル体質だろう。

新エネ目標―太陽と風で挑戦しよう

天然ガス協力―脱・原発依存に生かせ

太陽さんに風さんの開発、あるいは、天然ガス君の利用に異議はない。

新エネルギー策 安全性高めて原発利用続けよ(5月27日付・読売社説)



自然エネルギーが普及しないのは、その質・量・コストに難があるからだ。風力や地熱開発は立地の厳しい制約もある。

 首相は最も有望とされる太陽光について、技術開発を促進させ、太陽電池の発電コストを現在の3分の1にする“夢”を語った。日本中の1000万戸にパネルを設置する構想も明らかにした。

 だが、技術革新が実現し、企業や家庭が利用しやすい送電網などを整備することが前提になる。過剰な期待は禁物だ。

 資源小国の日本が経済力を維持し、復興に確かな道筋をつけるためには、やはり、原発の安全性を高めて活用していくことが現実的な選択である。

 G8では、フランスが原発推進派で、米国も原子力を含むクリーンエネルギーを重視する。

 ドイツは「脱原発」に動き出したが、欧州大陸の送電網を利用して、フランスなどからいつでも電力を購入できる。それができない島国の日本とは事情が違う。

 世界各国は、二酸化炭素の排出量を減らす地球温暖化対策も迫られている。その点で原発はなお、有力なエネルギー源と言える。

 日本は原発を利用しつつ、石油などの化石燃料や、自然エネルギーも組み合わせる最適なモデルを目指さねばならない。


 しかし、現実というものもある。
 電気料金がえらく高くなっていいのか、あるいは安定供給の要請はどうなるのか?
 今回の原発事故でその甚大な影響力を目の当たりしている。
 改善すべき体制はあまりにも多い。
 が、それでも仮にーーー廃炉にするコスト そして、生活保障などの保険もふくめてーーーコストがそれほどでもなければ、古い型の原発を修理しながら使っているより、かえってより安全で新しい原発を作った方が合理的のように思える。バンバン作れとはいわない。再生エネルギーにも力をいれてそちらの割合を増やす努力をするのはもちろんだが、原発に対する漠たる恐怖から、その結果被る不利益を無視した全面停止や、あるいは、より安全な原発の新設よりも古い危険の多い古い型の原発を使い続けるという不合理な選択をしてしまっていいものかどうか。


2011年05月26日 21:50
エネルギーの神話と現実
池田信夫ブログ



多様なエネルギーのオプションをもつべきだというのが著者の助言である。


という指摘もある。

 つまり、今回の大きな一つの問題は、利益企業の隠蔽体質、そして、それと官庁との癒着の問題があった。
これを抜本的に改革していくことが重要であり、これは単に電力会社だけの問題ではない。それに情報開示に情報発信の問題。そうした改革の方向へどんどん進むのは大賛成であるし、それをやらなくては、この原発の教訓を学んだともいえまい。 今回の原発事故を通じて他の分野に関して同様なことを起きていないか、チェックし改革していくべきなのだ。

 その上で、原発事故の影響の甚大さ、あるいは、廃炉・保険を含めたコストの高さ、などから、原発の割合を減らして再生エネルギーに力をいれよう、というのは、それでいいが、 今回の事故で、全原発を廃止の方向へ、あるいは、より安全な原発の新設をやめようというのは、合理性にもバランスを欠くのではないか、というのが私の意見である。

収束見えないソニー情報流出の1カ月 
2011.5.26



・・・・・
海外メディアの一部は日本企業について「技術は一流、広報は二流」と揶揄(やゆ)する
・・・・・
「ソニーはトヨタの失敗から学ばなかったのか」(米シンクタンク関係者)
・・・・・


ねっ、ちゃんと学ぼうよ。


1週間で7人退職…橋下プロジェクト外国人講師



 大阪府の橋下徹知事が掲げる「英語教育改革」の目玉として今年度から府立高校に導入された「使える英語プロジェクト」事業で、肝心の英語力が乏しかったり、無断欠勤が続いたりして、外国人派遣講師7人が開始からわずか1週間で業務を外されていたことがわかった。


 派遣業務を請け負った人材派遣会社は、読売新聞の取材に「講師がうまく集まらず、結果的に能力や教育意識の低い人を採用してしまった」と釈明。府教委は、外国人講師について全校対象の緊急調査を実施する方針。

 英語教育改革は、韓国や中国の英才教育の現場を視察した橋下知事が「アジアとの競争に勝つためグローバルな人材を育てる」と推進。3か年計画で始まった同事業では今年度、外国人講師充実や特設レッスンなどに約2億3000万円を計上している。

(2011年5月27日14時51分 読売新聞)


ということです。


大阪府警巡査部長 容疑者に暴行「お前には人権はない」
 

大阪府警の巡査部長が、覚醒剤密輸の疑いで取り調べたアフリカ・ウガンダ国籍の容疑者に対し、頭を叩いたり「お前には人権がない」などと暴言を浴びせていたことが分かりました。

 警察はこの巡査部長を立件する方針です

 特別公務員暴行陵虐の疑いが持たれているのは、関西空港署の生活安全刑事課に勤務していた40歳の巡査部長です。

 大阪府警の発表によりますと、この巡査部長は今月2日に覚醒剤密輸の疑いで逮捕したウガンダ国籍の男(37)を取り調べた際、男の頭を叩いたり耳を引ぱったりしたほか「自分には叩く権利がある。お前には人権がない」などと暴言を浴びせたということです。

 男の弁護士が今月17日に大阪府警に苦情を申し立てたことで暴行が発覚、巡査部長は「態度が悪くて腹が立った」と暴行したことを認めていて警察は今後、刑事事件として立件する方針です
(05/26 19:09)


 やくざ・外国人に人権はない、というニュースがあった矢先。



2011年5月27日
外国人取り調べ暴行 「居眠りに腹立った」 巡査部長供述 府警、書類送検へ


 大阪府警関西空港署生活安全刑事課の男性巡査部長(40)が、取り調べ中に容疑者の男(37)に暴行を加えたとされる特別公務員暴行陵虐事件で、巡査部長が「居眠りするなど、容疑者の態度に腹が立った」と供述していることが26日、府警への取材で分かった。府警は、巡査部長がおおむね容疑を認めていることに加え、逃走や証拠隠滅のおそれがないことから、身柄を拘束せずに在宅のまま捜査を進め、書類送検する方針。

 府警によると、男はウガンダ国籍で、今月2日に覚せい剤取締法違反(営利目的密輸)容疑で逮捕された。

 17日に行われた男の弁護人からの苦情の申し立てによると、男は5日の取り調べの際に足をけられたほか、胸を殴られたり耳を引っ張られるなどの暴行を受けたとされる。また、巡査部長はその数日後には「お前には人権がない」などと暴言を吐いたという。

 取り調べには、通訳の女性や20代の男性巡査長も同席しており、苦情通りの暴行があったことを証言。巡査部長も、府警の事情聴取におおむね暴行の事実を認めたうえで、「不適切な取り調べだった」と供述しているという。

 府警の取り調べをめぐっては、東署の警部補(35)が任意の事情聴取中に暴言を浴びせたとして、4月28日に脅迫罪で罰金30万円の有罪判決を受けたばかり。

遺憾、厳正に対処

 南野伸一監察室長の話「組織を挙げて、取り調べの適正化に向けて取り組んでいた最中で、極めて遺憾。厳正に対処することはもとより、さらに踏み込んだ指導を実施したい」

「通訳もいる前で…」 府警幹部、衝撃と落胆

 昨年10月に東署の警部補(35)による暴言事件が公となってから、わずか8カ月。対策を進めるなかで再び起きた取り調べをめぐる不祥事案に、府警幹部の間には衝撃と落胆が広がった。

 府警は東署事件を受け、本部所属の刑事を対象にした特別教育を実施。府下の警察署に対しては捜査幹部が巡回し、取り調べの適正化に向けた取り組みを進めてきた。昨年11月には、捜査部門以外の警察官が務める取り調べ監督官に、補助者も置き、取り調べをチェックする回数を増やした。

 しかし、今回の事件も容疑者が弁護人に訴えて初めて発覚した。取り調べの大半は、巡査部長と巡査長がペアで担当する。複数回にわたり暴行が行われたとされる今月5日の取り調べの際にも、巡査長は同席していたが、上司への報告はしていなかった。

 また、取り調べ監督官も2回にわたり、取調室の様子をチェックしたが、「暴行には気づかなかった」と話しているという。

 府警幹部は「通訳もいる前で、こんなことをするのは想定外としかいいようがない。監督官制度も導入から2年がたっているのに、がっくりする」と話した。

(2011年5月27日 08:36)


監督官制度

取り調べ監督官制度を試行 警察庁、9月から40都道府県で2008/08/30 16:13

「取り調べ監督官制度」の記事をお探しですか?最新関連記事が 28 件 あります。
 被告全員の無罪が確定した鹿児島県の選挙違反事件や富山県の強姦冤罪事件を受け、警察庁が導入を決めた「取り調べ監督官制度28 件」の試験運用が9月1日、警視庁と39道府県の警察本部で一斉に始まる。

 来年4月の本格実施に向け、必要な人員数などを確認し、実施上の問題点を洗い出す。10-11月には警察庁幹部が県警本部などを訪問し、運用状況を点検する方針だ。

 各警察本部は推進室を設置、試験運用する警察署を選定するほか、本部にある取調室も対象とする。監督官は捜査部門以外の警務、総務部門の警察官から選び指名する。

 監督官は透視鏡(マジックミラー)越しに取調室内の状況を把握。容疑者の体への接触など取調官が「監督対象行為」をしていないか確認する。捜査員が作成した報告書の記載内容のチェックや容疑者からの苦情申し出の受理も担当する


やはり、同じ警察官が監督する、というところに茶番がある。

なんで、こうした制度的な問題にマスコミは大騒ぎせんのかなああああ?
小沢の菅おろしなんてどうでもええよ、ええ加減にしてや


腸管出血性大腸菌、ドイツでも猛威 5月、死者3人
2011年5月27日15時1分



 焼き肉チェーン「焼肉酒家(さかや)えびす」での集団食中毒事件で、4人の命を奪った「腸管出血性大腸菌」による重症者が、ドイツでも相次いでいることがわかった。大人の患者が多い点で、えびすの集団食中毒と共通している


その関連英語記事


138 now with HUS in German E. coli O104 outbreak; 3 dead, over 400 sick
POSTED: MAY 25TH, 2011


POSTED: MAY 25TH, 2011 - 12:56PM BY DOUG POWELL

Kai Kupferschmidt, who initially reported it was E. coli O104 that has killed three and sickened over 400 in Germany, writes for Science Insider today that an initial sorta-case control study hasn’t provided any clues as to the source of the outbreak.

But Kupferschmidt does provide excellent background on E. coli O104, and notes that German authorities reported earlier today that the number of hemolytic-uremic syndrome (HUS) cases had reached 140; there are normally 60 HUS cases in Germany in a year

POSTED BY BILL MARLER ON MAY 24, 2011
E. coli O104 Outbreak Strikes Germany - Recorded Cases "Scarily High"


Experts said the current rate of infection is higher than ever previously recorded. Furthermore, this strain – E. coli O104 – is not following normal patterns. According to Werner Wunderle, director of the Bremen Health Authority this time raw vegetables and salads are the likely source. In addition, laboratory tests show the current strain is resistant to antibiotics.








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そんなことをずっとやっている。

2011年05月27日 19時33分09秒 | Weblog
本文に不正な書式が含まれています

ということでよろしければ、グーグル版


(Police brutality, 冤罪、ニフコJapan Times 強制・偽計による自白・有道)



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

衝突嫌い 他

2011年05月26日 21時31分43秒 | Weblog
BBC

26 May 2011 Last updated at 10:30 GMT
Australia Human Rights Commission in asylum warning


The Human Rights Commission report focused on the Villawood detention centre in Sydney.

Some detainees thought often of suicide and self-harm, and some had swallowed detergents and chemicals, it said.

It comes a day after the UN human rights commissioner attacked Australia's tough refugee policies.

Navi Pillay called for an end to mandatory detention and spoke of a "racist" undercurrent in Australia.

She has also been critical of Australian politicians for demonising asylum seekers for domestic political gain.


豪州の難民の拘置所について、自殺まで考えるものまでおり、”差別的”であるとして非難されている。

シュピーゲル

05/26/2011

From Serbia to Germany -- and Back
Wave of Roma Rejected as Asylum Seekers

By James Angelos in Berlin


Ever since European visa requirements were dropped for travelers from Serbia and Macedonia, an increasing number of Roma asylum seekers from the two countries have been making their way to Germany. They have all been rejected -- and Roma rights groups are furious.


セルビアやマケドニアからロマ・ジプシーが難民申請にくるがみな拒絶されていて、人権団体は怒っている、と。


「東電は正確な報告を」 海水注入問題で枝野官房長官
2011年5月26日16時56分



 福島第一原発事故で東京電力が同原発1号機への海水注入を中断していなかったと発表したことについて、枝野幸男官房長官は26日夕の記者会見で「(東電は)事実関係を正確に把握して報告してもらわないと、国民が不審に思う。正確な事実関係の把握の上で、正確な報告をいただきたい」と求めた



どうもこの政府が第3者ぶりしているのが気に入らない。



ロシアトゥデイ

George W. Bush “not overjoyed”, majority of Americans do not celebrate Bin Laden’s death
permalink email story to a friend print version
Published: 14 May, 2011



the majority of Americans seem to think that it is “immoral to celebrate the death of another human being, no matter how bad that person was.”
Polls suggest that 62 per cent of Americans think the Bible’s message, “Do not rejoice when your enemies fall,” applies to the death of Bin Laden.
There were more young people than old, who backed this point, nearly 69 per cent of those aged 18-34, compared with only 47 per of Americans aged 65 and older.
The data, released by the Public Religion Research Institute/Religion News Service (PRRI/RNS), was based on telephone interviews with 1,000 US citizens. People of different confessions were interviewed from May 5-8.
Eighty-two per cent of Americans agreed that Bin Laden distorted the teachings of Islam for his own purposes.
Americans have different views on the morality and efficacy of torture. Some 49 per cent of those interviewed agreed that using torture against suspected terrorists in order to gain important information is never justified, but 43 per cent disagreed. Among major religious groups, figures suggest that Catholics are most likely to say torture can never be justified – about 53 per cent.
People have also been asked about how Bin Laden’s death could affect America. A slim majority of Americans, some 52 per cent, think that capturing and killing Osama Bin Laden will help America's image in the world. Only 20 per cent believe it will have a negative impact.


ちょっと古いがビンラディン虐殺に関して喜んでいたアメリカ人がいたが、敵が倒れたとき喜ぶのはよくない、としているアメリカ人が大半、とのこと。ただ、49%は拷問は絶対に許されないと考えているが、43%はそうとも限らないとしているようである。

ロシアトゥデイ
European neo-Nazis move to US for free speech
permalink email story to a friend print version
Published: 25 May, 2011



European neo-Nazi websites have begun setting up in the United States to take advantage of free speech laws that do not criminalize Nazi propaganda as the laws do in Austria and other European states.
Unlike the US most European nations regulate hate speech, thus limiting neo-Nazi websites. But, European authorities are facing a new challenge when it comes to online enforcement. European extremist groups are turning to US based web servers to host their content and spread their message outside the jurisdiction of local authorities.


アメリカは表現の自由が確保されているから、アメリカ経由でネオナチの思想を広めようとしているネオナチグループがいる、と。


In America freedom is paramount; speech is preserved – no matter how hatful it may be. Speech is only ever restricted in the case it infringes on the rights of another.


アメリカでは、ヘイトスピーチについては、個人の権利を侵害するときのみ制限される、と。


The irony is however that the ban on Nazi and related speech in Austria was enacted at the insistence of the United States as a condition following the end of the Second World War.


オーストリアでは、ヘイトスピーチを制限する法律があるが、皮肉なことに、それはアメリカの要請によるものであった、と。




Angry Parents in Japan Confront Government Over Radiation Levels
By HIROKO TABUCHI
Published: May 25, 2011


校庭放射線問題であるが、


A huge outcry is erupting in Fukushima over what parents say is a blatant government failure to protect their children from dangerous levels of radiation. The issue has prompted unusually direct confrontations in this conflict-averse society, and has quickly become a focal point for anger over Japan’s handling of the accident at the nearby Fukushima Daiichi nuclear power plant, ravaged in the March 11 earthquake and tsunami.


衝突嫌い社会、というのを挿入する意義があったかどうか?政局を見ていても、与野党の衝突、自党内の衝突ばっかのような気もするが。

あとは、政府が遅々たる対応、後手後手だから、市民が自分の手で対応策をとっている、という話。

But when the local authorities made no effort to decontaminate the area, caregivers took matters into their own hands.

地方政府もそうだ、といっているわけだが、地方政府に関しては、

福島第1原発事故 国の子どもの屋外活動基準「年間20mSv」めぐり保護者の不安高まる


原発事故による放射能漏れで、福島県内に広がる土壌汚染の問題。国が、子どもの屋外活動の基準として示した、年間20ミリシーベルト(mSv)をめぐって、保護者の不安が高まっている。
福島市の渡利小学校では、削り取った校庭の表面の土がグラウンドの端に埋められる。
26日は、その場所に印をつける作業が行われている。
福島市の小学校では、26日朝から校庭の表面を削る準備が進められている。
本格的な作業は27日からで、学校を休みにして行われる。
福島市の瀬戸孝則市長は「子どもたちの生活する環境については、1つ1つ、学校表土の問題だけではなくて、これから検討していく」と述べた。
その福島市は、今週から、放射線量が毎時3.7マイクロシーベルト(μSv)を超える学校で、校庭の表面の土を除去することになり、25日夜は、保護者説明会が開かれた。
福島市の保護者は「ここはきっちりと、どのぐらいの線量を目標にするのかというのを、定めたほうがいいんじゃないか」と語った。
一方、校庭の土をめぐり、郡山市は、独自の判断で動いた。
郡山市の原 正夫市長は「試験的に校庭および、所定の表土の除去を行いたいと考えております」と述べた。
放射線量が、国が基準とした毎時3.8マイクロシーベルトを超えた学校の校庭の土を除去した。
郡山市はその後、国の基準より厳しい毎時1.5マイクロシーベルトを基準とした。
12日、幼稚園の園庭には、子どもたちの元気な声ではなく、重機の音が響き渡っていた。
園庭に掘られた穴は、深さ2.5メートルで、この穴の中に表面の土が埋め込まれた。
二本松市は、毎時1.8マイクロシーベルトを基準に、削った土を特殊なシートに包み、敷地内に埋める方法を実施した。
自治体によってバラバラな基準。
この議論のきっかけになったのは、政府内の混乱だった。
こうした中、福島市の中学校では、帽子とマスクを着用して、屋外での部活動が行われている。
福島県放射線健康リスク管理アドバイザーで長崎大学の山下俊一教授は「20ミリ(シーベルト)を上限として、それ以下に、段階的に減らしてくださいということを言っています。そういう意味では20ミリ(シーベルト)は1つのラインです」と語った。
いったい何を信じればよいのか。
保護者や学校関係者の不安は解消されていない。




福島6市村、独自に校庭汚染土217か所除去




 

福島県内の小中学校の校庭などで通常時より高い放射線量が検出された問題で、東京電力福島第一原子力発電所から50キロ圏内外の福島市など6市村が独自に行う校庭の表土除去の対象は計217施設に及び、費用は少なくとも6億円に上ることが、読売新聞のまとめで分かった。

 同県内56の学校などで19日に文部科学省が実施した調査では、いずれも国が設定した学校での屋外活動の制限基準値を下回っていたが、各自治体は、より厳しい基準を独自に決めるなどして除去工事に踏み切っている。過半数は今後行われる予定で、背景には、国の基準への不信感や保護者らの不安の高まりがある。

 二本松市では、国の基準の半分、毎時1・9マイクロ・シーベルト以上の場合、表土除去を行うとし、小中学校など58施設分2億5000万円を計上した。表土を深さ3~5センチ削り、校庭内に掘った穴に入れ、上から厚さ1メートルの汚染されていない土で覆う「埋設方式」をとっている。

 福島市も同方式を採用、保育所も含む計26施設分の予算2億円を専決処分し、今月下旬から工事を始める。本宮市、大玉村も同方式で除去を始めている。

 郡山市では4月下旬から今月初めに、市立学校や私立幼稚園など67施設の校庭や園庭の表土を除去した。当初、残土は市内の処分場に運ぶ予定だったが、周辺住民の反対で断念。残土は校庭脇に積み上げ、ブルーシートをかぶせている状態だ。同市もより厳しい基準を設定し、再施工を含めさらに28施設の表土除去を行うとしている。伊達市も2校1園で行ったが、やはり処分法が決まらず、残土は校庭脇に置いている。

 文科省調査では、校庭などの線量が基準値以上だったのは最多時で13施設。各自治体が工事対象にする施設のほとんどは、国の基準値未満と見られる。

 文科省は当初、基準値を下回る場合、表土の除去は不要との立場だった。しかし、郡山市の表土除去が線量の低減に大きな効果があったことに加え、先月末、小佐古敏荘
こさことしそう
・東大教授が「基準値を子供に適用することは許し難い」などと批判し内閣官房参与を辞任すると、各自治体に保護者からの問い合わせが相次いだ。文科省は事実上、表土除去を追認、今月11日、埋設方式など敷地内で残土を処理できる二つの工法を提示した。


など、まあ、わりに頑張っているようにも思うが、政府がアテにならないから市民が自分たちで、というところを強調したかったのかもしれない。NYTやロシアトゥデイなどは、取材やその整理よりも、わりに単純なメーセージを中心にそれにあうような記事を書く場合が多い。

Japan Probe


Public Prosecutors Were Taught That Yakuza & Foreigners Have No Rights


先日取り上げたニコニコニュース
「ヤクザと外国人に人権はないと教えられた」 元検事が暴露した驚くべき「新人教育」の実態
NCN 5月23日

の英文訳

これ自体議論の対象にするのはいいのだが、先日も言ったように、真偽などは少なくとも複数の検察官について聞いてみなければわからない、また、結論的には取り調べの全面開示、あるいは、証拠の全面提出など義務づけをより厳格に制度化する、ということに尽きる。
 この手の記事でいやなのは、

Hraesvelgr

Well, anyone that pays much attention to Japanese court cases would know that their so-called "justice system" is screwed up. Admittedly, I don't have much faith in courts in the first place, but theirs is on an entirely different level.

日本の裁判制度に注目しているひとなら誰でも司法制度がいかれておることは知っているはず。たしかに、そもそも裁判所というところに信をおいていないのだが、日本の場合は格が違う。




flowby
・・・・・

Such incidents happen in other "modern" countries so statistically they must happen here with foreigners, perhaps even more so, especvially when one looks at any number of disgusting rights abuse cases against Japanese citizens by police & prosecutors.

こうしたケースは、他の社会でもあるのだから、統計的に日本でも外国人に関してあるはずで、警察・検察によるに日本人に対する濫用ケースの数からすると、外国人に関してはもっとあるかもしれない



といった、根拠のない比較論になってしまうことだ。

なお、この点、参照記事 法の支配

 要するに、これをネタにして、欧米の優越性を自己確認したいだけなのではないか、とおもってしまう。
一部の欧米人にこの種の意識が根深いことは注目しておこう。

 こうした、警察・検察による権力の濫用は各国にある。日本にもある。だから、日本の場合、こうした方がいい、という内部からの、また、建設的な批判ではなく、結局、自らの優越意識の確認努力だけになってしまう。

 こういうことを書かれるから、さらに各国の状況を本ブログで報告する必要がある次第である。
で、何回にもこの件に関しては取り上げているが、今回は、ググるとこんなのがあった。


POLICE BRUTALITY & CRIMINALITY IN INTERROGATING CITIZENS
Surviving police abduction in the West




its simple: you're not leaving here with all your teeth unless you confess.
And remember there's not a fucking thing you or anyone else can do to stop us!


ほかに、冤罪の例
No false confessions? Science has found dozens, often wrung from coerced young suspects

By Beth Warren
Posted May 22, 2


また、他にも、Police brutality をブログ内検索すると、取り調べでボコボコにされたケースなど出てくるはずである。





「虚偽証言強要」選挙違反事件で有権者 埼玉県警は反論
2011年5月26日13時46分

印刷
ブログに利用

 

飲食接待をしたとして埼玉県深谷市議ら2人が公職選挙法違反(供応買収)容疑で埼玉県警に逮捕された事件があり、接待を受けたとして県警の取り調べを受けた複数の有権者が「会費を支払ったのに、支払っていないという調書に県警で署名させられた」と主張していることがわかった。逮捕された市議の永田勝彦容疑者(67)ら2人の弁護人が明らかにした



警官、取り調べ中に暴行容疑=覚せい剤事件の外国人男性に-大阪府警


 取り調べ中のウガンダ人男性(37)に暴行を加えたとして、大阪府警が、関西空港署の男性巡査部長(40)について、特別公務員暴行陵虐容疑で捜査していることが26日、府警への取材で分かった。巡査部長は「男性の態度に腹が立った。不適切な取り調べだった」と大筋で暴行を認めているという。府警は立件する方針。
 府警によると、巡査部長は、覚せい剤を密輸した容疑で今月2日に逮捕したウガンダ人男性の取り調べの最中、男性の胸を殴ったり、足を蹴ったりした疑いが持たれている。
 取り調べには、通訳の女性のほか、20代の男性巡査長が立ち会っていたという。府警は巡査長の処分も検討する。(2011/05/26-16:51)


ここのところ、警察・検察関係の不祥事あるいは不祥事が疑われる事件が多い。猛省を促すと共に、取り調べの可視化、警察・検察の権力濫用をチェックする独立機関の設立など、不祥事がないことを担保する制度の確立をいそぐべきだ。メディアも政局追ってないでがんばってほしいよ。


Japan Probe


A Message to Tourists: Japan is Safe
!

日本は安全という日本在住、あるいは日本を観光している人からの元気なメッセージ。ありがたい。




原発反対、日独中韓で増 日本は初めて多数に 世論調査

ふーむ。


「縛られた」先生に相談したのに…長女監禁死


 岡山市で知的障害などがある長女(16)が浴室に監禁され、母親の清原陽子容疑者(37)が逮捕された事件。


 市こども総合相談所は、通っていた県立岡山瀬戸高等支援学校を通じて、長女・麗さんが事件前にも手足を縛られていたことを把握していた。同相談所は「母親との関係を強めていくことを重視し、強制立ち入りなどは考えなかった」とするが、専門家からは「関係性重視は分かるが、今回のような事件に発展するのは最悪のケース。行政は、母親が追いつめられる前に何をできるか考えなければならない」との声も上がっている。


関係性重視、というところに着目したい。関係を重視するのは重要であるが、関係とは別に、事態が危険か否か、危険ならなにをすべきか、という熟慮がほしかった。これは外交でも、いえる。良好な外国関係も重要であるが、自国の危険・国益は常に念頭において判断したいものだ。


 趣味の有道ブログ

Dr. H Says:
May 26th, 2011 at 2:29 am
http://www.debito.org/?p=8945#comment-250647
・・・・・
but I mention it because it’s the very idea of “Mexicans doing jobs Americans won’t do” and “gaikokujin doing jobs that Japanese won’t do.” The point being that the people of the native country see themselves as “above” a certain kind of job.


メキシコ人はアメリカ人のしない仕事をしてくれている、というのも、外国人は日本人がしない仕事をしてくれているというのも、自分たちはこうした仕事なんかしない上位の人間だ、見ている、と。

メキシコ人は自分たちのしない仕事をしてくれている、というのはむしろ、メキシコ人たちがアメリカで仕事をする権利を擁護する文脈で言っているように思うが・・・

なお、メキシコ人たちが自分たちアメリカ人の仕事を奪っているという主張に対してはコメディアンによる面白い反論がある。

(Video) Stephen Colbert Goes to Washington, Refutes Argument Immigrants Taking American Jobs
Mr. Colbert Goes to Washington in Character and Makes His Point


Saul Relative, Yahoo! Contributor Network
Sep 24, 201




TAKE OUR JOBS

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

No false confessions? Science has found dozens, often wrung from coerced young suspects
By Beth Warren
Posted May 22, 2011

A teenager woke up early on the first day of his senior year, strolled into the den and found his father covered in blood.

Marty Tankleff called 911 in a panic.

As his father gasped for air, he grabbed a towel to press on the gaping neck wound.

The teen then darted through the sprawling, upscale house to search for his mother. Her blood-splattered body lay on the floor of her bedroom.

Nine days earlier, Marty had celebrated his 17th birthday with his parents.

Now, his mother was dead.

His father, a wealthy businessman, was near death. Both had been beaten and repeatedly stabbed.

The devastation wasn't done.

Hours later, Marty did the unthinkable. The teen confessed to killing his parents even though he hadn't.

Investigators lied about having evidence against him and eventually convinced Marty, who was still in shock, that he must have attacked his parents and then blacked it out.

"In my case, the system failed; from the police to the prosecutors, to the court system," Tankleff, now age 39, said during a recent interview.

The Long Island native spent nearly 17 years in a New York prison before charges against him were dismissed and a judge ordered his release in 2008.

"You wake up in a cage every day and you know you don't belong there," he said. "You strive to get yourself out, never knowing if you will succeed.

"The system shouldn't take 17 years to correct a wrong.

"Who do you blame? Everybody."

West Memphis Three
See more information on the West Memphis Three at commercialappeal.com

Tankleff's ordeal shares a common thread with the infamous case of the West Memphis Three. In both cases, confessions, which were recanted, sent teens to prison despite a lack of physical evidence.

The Arkansas case, which hinged on the confession of 17-year-old Jessie Misskelley Jr., remains one of the Delta's most notorious and controversial court battles.

Misskelley, who has been diagnosed as borderline mentally retarded, and his friends, Damien Echols, 17, and Jason Baldwin, 16, were convicted of brutally killing three 8-year-old boys in 1993 in a wooded area of West Memphis.

Now, defense attorneys are lobbying for a new trial, arguing that new DNA evidence points away from the defendants and that jurors were swayed by a confession that doesn't match the evidence.

For Echols, in his 17th year on Arkansas' Death Row, it's a literal fight for his life. Misskelley and Baldwin are serving life sentences.

All three have won a rare hearing before a new judge. In what is expected to be a two-week mini-trial this December, the judge will decide whether to grant a second trial before a jury.

Defense attorneys filed a motion earlier this month, lobbying to bring in evidence of jury misconduct at Baldwin's and Echols' trial. They assert that the jury foreman was concerned about the lack of evidence but persuaded jurors to convict anyway because of Misskelley's confession, which had been recanted and wasn't supposed to be considered.

Confessions have long been considered proof of a person's guilt.

After all, false confessions defy common sense, said Scott Burns, executive director of the National District Attorneys Association, headquartered in Virginia.

"What reasonable person -- you, me, a truck driver, the president -- would confess to committing some heinous crime of murdering multiple people if they didn't do it?" Burns said.

"I'll sit here until the cows come home. You can say what you want, do what you want, but I'm not confessing."

As a veteran prosecutor, Burns knows that most jurors find confessions reliable and convincing.

"As prosecutors, we rely on jurors' common sense," he said.

But, through DNA advancements since the late 1980s, science has continued to expose dozens of confessions as false, calling into question their reliability without corroborating evidence.

Across the nation, 269 prisoners have been exonerated through DNA evidence -- including 17 former Death Row inmates, according to an analysis by the Innocence Project, a nonprofit organization based in New York that works to free the wrongfully convicted.

About 25 percent of those gave false confessions or incriminating statements, or felt pressured to plead guilty, according to the organization's website.

That number more than doubles in murder cases.

Of 80 exonerations through DNA evidence, nearly 54 percent of those wrongfully convicted had falsely confessed to murders they didn't commit, according to the Innocence Project.

That's what happened to New York teen Jeffrey Deskovic.

"The idea of a false confession is counterintuitive," Deskovic said during a recent interview. "But now that it's happened to me, I know that false confessions happen."

Deskovic, now age 37, said he was introverted and aloof in high school. Classmates considered him odd and pointed to him as a possible suspect when the body of a 15-year-old classmate was found in 1989.

At age 16, he was headed to school in Peekskill, N.Y., when police intercepted him and drove him to another town for questioning without notifying his parents.

After more than seven hours of intense questioning by police, he falsely confessed to raping and strangling the classmate. He was convicted even though his DNA didn't match the semen collected from the victim.

He was freed in 2006 after 16 years in prison and was awarded a $6.5 million settlement last month for his wrongful incarceration.

Search our databases

Deskovic said police used the "good cop, bad cop" routine, where one officer remained friendly and the other became increasingly more aggressive.

"He got more and more ferocious as time went on," Deskovic said of the tougher-talking detective. "It went on for many, many hours."

He said the investigator would feed him details about the crime scene and get up in his face and repeat: "What do you mean you didn't do this? We just want you to verbally confirm this."

Police told him he failed a polygraph test -- a common tactic. During Misskelley's interrogation, when he initially professed his innocence, West Memphis police told him he failed his test, though he had actually passed.

Deskovic said the "good cop" finally cautioned that the other detectives wanted to beat a confession out of the teen and that he couldn't hold them back indefinitely, Deskovic said.

More than seven hours later, he confessed.

"By the time all was said and done, I was on the floor in the fetal position crying uncontrollably," he said.

Deskovic said he believed the nicer officer's promise that he could go home. And he assumed police would soon catch the real killer.

"After I was arrested, I still believed in the court system," he said. "I thought only guilty people were found guilty, but I learned otherwise the hard way."

The actual killer, Steven Cunningham, was eventually linked to the murder victim through DNA.

The 29-year-old had randomly abducted the girl from a park, where she was taking shots for a photography class. While Deskovic was in prison, Cunningham also strangled his girlfriend's sister.

"Her death was unnecessary," Deskovic said. "If police had done their job right the first time, she would still be alive."

In one of the most high-profile cases, five teens confessed to raping and nearly beating to death a Central Park jogger. Despite a lack of physical evidence, all were jailed for more than a decade. The actual killer, Matias Reyes, ultimately confessed and was linked to the crime through DNA.

While the teens were imprisoned, Reyes raped more women and killed a pregnant woman.

Richard Leo, one of the nation's top experts on false confessions, has studied what goes wrong.

"For people to say 'I'd never give a false confession' is naive," he said.

"They don't understand the situational pressures" by police trained in wearing down suspects' resistance, said Leo, a law professor at the University of San Francisco.

"It's high pressure, yelling in your face, threats and promises, and it can go on hours," he said.

Tankleff said police convinced him that they had physical proof of his guilt and told him his father briefly awoke from a coma and named him as the attacker.

The teen never considered they might lie. So as the seasoned investigators continued to pressure him, he began to believe he must have killed his parents and blacked it out.

High-pressured false confessions are all too common, especially by young people, according to a blog by Steven Drizin, an attorney with the Center on Wrongful Convictions of Youth at Northwestern University School of Law in Chicago.

Drizin filed a brief lobbying for a new trial for the West Memphis Three, arguing that the evidence doesn't match Misskelley's confession.

At one point, Misskelley said the boys were killed in the morning, when they were actually in school. They were seen by witnesses as late as 6:30 p.m.

Leo, who helped conduct a pioneering 1997 study of dozens of false confessions, said suspects like Misskelley, who are young and mentally disabled, are the most susceptible to police tactics.

"His case is a classic false confession in that the details didn't fit the physical evidence," Leo said.

Prosecutors with the Arkansas Attorney General's Office are standing behind the confession and convictions, according to court filings. They, along with defense attorneys, are barred from discussing the case due to a gag order.

Former West Memphis chief inspector Gary Gitchell, who secured Misskelley's confession, declined to comment for this story.

During an interview at an Arkansas Death Row visiting room in October, Echols insisted he is innocent and said during his trial he had assumed there would be a "Perry Mason moment" revealing the real killer.

Tankleff described the same false hope.

"When you're innocent, you believe that no matter what, the truth is going to come out," said Tankleff, who is convinced his parents were slain over a business dispute.

His reaction to hearing the verdict: "It was complete shock and despair," Tankleff said.

"You have a belief the system works, and at that moment you realized it failed and failed miserably."

--Beth Warren: 529-2383
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

大義のために世論を利用 他

2011年05月26日 05時17分56秒 | Weblog
産経の古森氏のブログ

菅政権の中国と韓国への媚び

外国との友好とは相手の嫌がることは一切、提起しない、ということでしょうか。



 ではないでしょう。
 しかし、この媚びる、というレトリックはやめたらどうか?同じ意味で産経も米国・自民党に媚びているのではないか?どこの国とも友好関係は保つ。安保問題では米国との協力を深化する。しかし、中国・韓国・米国にもいうべきことはいう。


JBpress economist


日本経済:使命に挑む 2011.05.25


いいことを言っている。


規制当局者を抱き込んだり圧倒したりできる無能な独占企業だ。東電は分割すべきである。・・・・・


壊滅的な打撃を受けた漁船や海水に浸かった水田は、もはや若者に将来を与えられない、手厚く保護された東北地方に民間投資を呼び込む議論を巻き起こした。多くの人は、東北地方に経済特区を設ける案を支持している。中央政府から課せられる、自由な企業の妨げになる複雑な規制に縛られない地区だ。・・・・・



野党ばかりでなく自党内でも起きている「菅降ろし」運動さえなかったら、東北の被災地を復興するための10兆円規模の緊急計画を前倒しするために、もっと多くのことができるに違いない。・・・・・




もっと大きな意味では、菅氏は全国に広がる東北との連帯感をうまく捉え、困難な改革を受け入れるよう国民を説得すべきだ。東北地方の復興費用を払うためだけではなく、日本の疲弊した社会保障制度をてこ入れするためにも、増税が必要になるだろう。現在、65歳近い年金受給開始年齢も、大幅に引き上げる必要があるかもしれない。





菅氏の言い訳は政治だ。つまり、分裂した国会では、大胆になるのが難しいというのだ。しかしこの理屈は、大義のために世論を利用するという、菅氏が持ち得る力を無視している・・・・・


呼応するように、

毎日社説

社説:年金改革 現実的な案に絞っては
 今回、厚生労働省が示した改革案は(1)低所得者の年金加算(2)非正規雇用者の厚生年金加入要件緩和(3)厚生年金と共済年金の一元化(4)受給資格期間の短縮--などが柱で、毎日案の方向性と同じだ。非正規雇用者を抱える業界からは事業主負担増への反発もあるだろうが、将来の低年金・無年金をなくすためには最優先して取り組むべきだ。さらに厚労省案には「高所得者の年金減額か税負担引き上げ」「年金支給開始年齢の引き上げ」「マクロ経済スライドの見直し」も論点として盛り込まれた。高齢者には不評かもしれないが、持続可能な制度の構築に向けた議論は必要である。


読売社説


東北の水産業 大胆な改革で沿岸漁業再生を(5月26日付・読売社説)

個人や企業の新規参入を促すため、地元漁協に優先的な操業を認めている現行制度を見直すべきではないか。

 宮城県が、政府の復興会議で打ち出した「水産業復興特区」構想は、検討に値するアイデアだ。

 まず漁業法などの関係法令を改正し、被災地に特区を新設する。特区では、漁獲や加工・販売を手がける民間企業に対し、漁業権の獲得を容易にする。

 外部の活力を導入することで、沿岸漁業を立て直し、若者の雇用拡大にもつなげるのが狙いだ。

この構想に対し、地元漁協の一部には、自らの権利が侵されることを警戒し、「共同体としての漁村の良さが失われてしまう」などと反発する声もある。

 だが、閉鎖的な体質を改めなければ、沿岸漁業の衰退には歯止めがかかるまい。

 既得権に固執せず、地域の水産業振興に向け、意識を改革すべきだろう。


国会議員の顔色ばかりみていないで、現在の若者、将来の日本を担う日本人のために、国民に向かって呼びかけるべきだ。
大きな改革をするにときは、既得権を握っている官民から大反対はあろうが、日本の厳しい実情をつきつけ、国民に呼びかけて、国民からの支持を得るべきだ。
それとブレるな、といいたい。エコノミストも言うように、混乱したメッセージを与えていては不信感が高まる。


韓国議員の国後島入りは「個人的訪問」、李相得議員
2011/05/25
19:59 KST文字拡大 文字縮小印刷
【東京25日聯合ニュース】韓日議員連盟の会長を務める李相得(イ・サンドゥク)議員は25日、訪問先の日本・東京で駐日特派員団との懇談会を行い、韓国の国会議員3人が北方領土の国後島を訪問したことについて、「個人の資格で訪れたもので、政府が止めさせることはできなかった」と述べた。


 

2011/05/25 17:40 KST

Lawmakers return from Kuril Islands, urge Japan to cease claims to Dokdo




"Arguing the right and wrong of South Korea's parliamentary politics can be regarded as an infringement of sovereignty," said Rep. Kang Chang-il, who chairs a special committee on Dokdo.

韓国の国会の政治の是非を論じるのは主権の侵害である、と。

どちらもありがたきお言葉。今度使わせていただきます。


大阪起立条例―あの一票は何だった
2011年5月26日

 
知事は「公務員なら君が代に敬意を払え」「子どもたちの晴れ舞台は厳粛なムードで」「身分保障に甘えるな」とツイッターに書き、違反を繰り返す教員を免職すべきだと主張する。

 日の丸や君が代について、私たちは「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない」という憲法第19条に照らし、強制すべき性質のものではないと繰り返し主張してきた


 もっともな話。さすがに免職というのは厳しすぎる。
 起立しなければならない、のでもなく、起立してはいけない、のでもない。個人の自由に任せるべきである。

 が、しかし、そのような、思想良心の自由を尊重するなら、首相の思想良心の自由も認めて靖国参拝もよし、とすべきではなかったか? 参拝しなくてはいけない、のでもなく、参拝してはいけないのでもない、個人の資格でする自由にすべきではなかったか。
 たしかに靖国神社自身の運営方針に問題もある。また、マスコミの参拝反対の大騒ぎは、法律による禁止とは異なるが、しかし、A級戦犯の罪を称賛する趣旨ではなく、戦没者に敬意を払うためと明言しているにもかかわらず、あれほど大騒ぎにしたのは思想の自由、宗教の自由に照らして、やはり異常であったように思う。

 

東電女性社員の被曝、保安院が厳重注意



 経済産業省原子力安全・保安院は25日、東京電力福島第一原発で放射線業務従事者でない女性社員2人が、年間限度量の1ミリ・シーベルトを超えて被曝した問題で、同社を文書で厳重注意し、個人線量計の確保など7項目の再発防止を指示した


 これが嫌なんだ。東電に任せて、何かあれば厳重注意。
 普通の事件ならば、それでよいが、すでに、国家的に課題になっているにも関わらず第3者顔して厳重注意とはなにごとぞ!


地震国に原発安全基準、IAEAに要請…G8案

これはどうなのかなあ?
自然災害という意味では竜巻とかもすごいものがあるが・・・・確かに地震は日本に多いがしかし、1000年に一度というスパンでみれば各国にもやはり相当程度危険があるのではないか?
基準をつくることはいいが、なにか妙なものを感じるのである。
それよりも、原発をテロなどの標的にされない基準でも作った方がいいのではないか?

YOUTUBE

Daddy, why is that man laughing at me?
日本人女性と国際結婚をして日本在住のアメリカ人の娘さんがお店で注文をすると笑われるという。なぜかと聞かれたから、アメリカ人の父親といて、日本語で注文するからおかしかったのだろう、と。
日本に関する批判ではない、という。
お嬢さんのことが心配なのであろう。
こうした問題はやはり、日本人の人達と忌憚なく会話してみるのが一番いい。そのような問題を共有することが重要。このようなことで、文句あるなら出て行け!なぞ、と憤る人はいないだろう。日本に居る子供たちのことは、親がなにじんであろうと、多くの日本人も気にかけているのである。

さて、ただ、これ、状況がみえない。
つまり、日本語をしゃべらないと思っていてしゃべったから、”笑った”、というより、日本語を話さないと思って話したから、微笑んだ、という方が近いのではないか。ホッとしたということもあるかもしれない。日本人と同じようにしている、ということが嬉しいということもあったのかもしれない。さらに、この年代の子供が、お父さんと一緒にいて、注文すると、大人っぽくしている、ということが仮にお父さんが日本人でも微笑ましい姿でもある。

そういった状況ではなかったか、というのが私の推測である。


Interview with Emily

お嬢さんとの会話。
その前にハーフという言葉について。
私は個人的にはハーフという言葉に悪いイメージはない。英語圏のhalfという言葉のイメージが掴み切れていないのかもしれないが、日本語で、ハーフといえば片親が外国人、ということで、イギリス人と韓国人のハーフということもありえる。「半分」という言葉に何か悪いイメージを読みこんでいるのかも知れない。半端な日本人くらいの意味を読みこんでいるのだろうか?
ハーフという言葉の問題よりも、多分、やはり、外見が違うから他より目立つ、ということが子供たちには大きいのではないか。こうしたことも多くの日本人に語りかけて問題共有していったほうがいい。

二つの言語、二つの文化的背景をもつことで、豊かな人格形成ができる、という点ではまったくその通りだと思う。

hikosaemon

Two and a Half Oyajis Ep1 - How to Sit Like a Lady

聞き取れないところもおおいのであるが、オヤジトークである。
これ、pervert は別に日本に限ったものではない、付言してくれているところはありがたい。

ただ、中絶については、




図録人工妊娠中絶の国際比較

という統計もある。

合法な中絶ということに限るから実態を反映しているとは限らないが、その点は他国でも同じようなことはいえるのではないか。

(もっともビルの普及率という点では日本は相対的に低いかもしれないし、あるいは、中絶反対活動の多さという点では、例えば、アメリカの方がよほど多いかもしれない。)

また、
コインロッカーへの捨て子の話がでてくるが、女子高生がトイレに捨てたという米国のニュースなども聞いたことがある。ググると、


Sheriff: Teen Accused Of Killing Her Newborn Baby
February 9, 2011 11:13 AM



SAN JOAQUIN COUNTY (CBS13) – A 17-year-old girl has been accused of allegedly killing her newborn baby in a bathroom after giving birth, according to the San Joaquin Sheriff’s Department.
The girl was admitted to a local hospital Tuesday afternoon for birth complications, which is when authorities learned that she had given birth in the bathroom of her single-wide trailer.


念のため。

 つまり、多少の違いはあるかもしれないが、変態も若者もいろんなやつがいる、という点では、それほど違うともいえないのではなかろうか、とも思うのである。
 

ついでに、有道ブログのコメント欄のリンクにあった。

In-Depth Discussion of Variant Creutzfeld-Jacob Disease and Blood Donation
In some parts of the world, cattle can get an infectious, fatal brain disease called Mad Cow Disease. In these same locations, humans have started to get a new disease called variant Creutzfeld-Jacob Disease (vCJD) which is also a fatal brain disease. Scientists believe that vCJD is Mad Cow Disease that has somehow transferred to humans, possibly through the food chain.

There is now evidence from a small number of case reports involving patients and laboratory animal studies that vCJD can be transmitted through transfusion. There is no test for vCJD in humans that could be used to screen blood donors and to protect the blood supply. This means that blood programs must take special precautions to keep vCJD out of the blood supply by avoiding collections from those who have been where this disease is found.

At this time, the American Red Cross donor eligibility rules related to vCJD are as follows:

You are not eligible to donate if:

From January 1, 1980, through December 31, 1996, you spent (visited or lived) a cumulative time of 3 months or more, in the United Kingdom (UK), or
From January 1, 1980, to present, you had a blood transfusion in any country(ies) in the (UK). The UK includes any of the countries listed below.

Channel Islands
England
Falkland Islands
Gibraltar
Isle of Man
Northern Ireland
Scotland
Wales
You were a member of the of the U.S. military, a civilian military employee, or a dependent of a member of the U.S. military who spent a total time of 6 months on or associated with a military base in any of the following areas during the specified time frames

From 1980 through 1990 - Belgium, the Netherlands (Holland), or Germany
From 1980 through 1996 - Spain, Portugal, Turkey, Italy or Greece.
You spent (visited or lived) a cumulative time of 5 years or more from January 1, 1980, to present, in any combination of country(ies) in Europe, including


献血の規制について、米国。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

悩んだ表情 他

2011年05月25日 20時58分46秒 | Weblog

セクシーとみられたい男性は「悩んだ表情」を、笑顔は控えて
2011.5.25


というわけで、関連する英語記事はこれ。

Women find happy men less sexy, study finds
この勝ち誇った表情というのか仕草というのは、どうも子供っぽく見えて、個人的には好かない。


Brooding men, smiling women seen as sexy: study

The study also adds fuel to the notion that women are attracted to bad boys.

"Women are attracted to guys like James Dean, Edward the vampire. The guys who are flawed, but who know it and are tortured by it," Tracy said.

A slightly downcast expression of shame is an appeasement gesture that hints at a need for sympathy.


これは、いいな。ちょっと研究してみようかな。ひきつった顔になったりして・・・

LA times

A newspaper unplugged in Japan's quake zone
By John M. Glionna, Los Angeles Times
May 24, 2011


石巻日日新聞社に関する記事。

バランスがとれて、文化論に走っていないところがいい。

NYT

Company Believes 3 Reactors Melted Down in Japan
By HIROKO TABUCHI
Published: May 24,



2011年05月24日 (火)
2・3号機もメルトダウンか NHK カブン 
に関する記事。

これもバランスが取れていていい。


“Though we now know the situation is very severe, the fuel still remains inside the reactors,” Mr. Hosono said. “There is no change to our strategy of continuing to cool the reactors until we can bring them to a stable state.”


 状況は厳しいが、燃料は、炉のなかにあり、安定した状態になるまで冷やす、という方針にかわりはない、と。


 損傷なり、溶融していた、その結果大量の放射性物質が拡散した、原子炉を冷やす必要がある


損傷ないし溶融の割合は別にして、このこと自体当初から、かわりないのに、メルトダウン、という不確かな言葉に踊らされているようにも思える。

Japan: elderly engineers want 'final mission' to Fukushima

「原発作業60歳以上で」 165人応募、議論呼ぶ
2011年5月23日
に関する記事。

とくに問題ないように思う。

土壌汚染、一部チェルノブイリ並み…専門家推計
農地の除染、福島・飯舘で実験へ 8月末めどに技術検証
2011年5月25日


土壌改革がんばってほしい。



震災で留学生減 ビザ簡略・母国語ブログ…官民が勧誘策
2011年5月22日


 留学生も日本を応援してくれているわけですね。

Hikosaemon
youtube
Tokyo is GENKI! - Free Zoo in Nishi Kasai

西葛西の動物園を海外に紹介して日本の元気なところを伝えてくれている。

 在日外国人の方々も一生懸命日本を応援してくれている。

因みに、動物園って、これか。


ついでにユーチューブをパラパラみたらあった。

Is The Radiation Really from Fukushima?
世界中で放射性物質が福島からきたといっているけど、ほんまに福島からのなの?と。

そこにでていたリンク

Europeans warned to avoid drinking milk or eating vegetables due to high radiation levels

Tuesday, April 12, 2011

 
欧州。ミルクや野菜には気をつけろ、と。輸入されたものではない。自国産について言っているのである。
それくらいの過剰反応があることは知っておいたほうがいい。


Ontario reactor leak released 'negligible' radiation: regulator


BY MEGAN O'TOOLE, POSTMEDIA NEWS MARCH 16, 201


TORONTO ― Ontario Power Generation will launch an investigation after a swimming pool's worth of water containing trace amounts of radioactive material leaked into Lake Ontario from a Pickering, Ont., nuclear plant.

As Japan grapples with a dramatically more serious nuclear event, the news Wednesday drew heightened public scrutiny, but Canada's nuclear regulator was quick to reassure residents there are no health risks from the Pickering leak.

"The radiological risk to the environment and people's health is negligible," the Canadian Nuclear Safety Commission (CNSC) said in a statement. "The CNSC, along with Environment Canada, continue to monitor the situation."



 カナダ、原発から微量の放射性物質が漏洩していたが、無視してよいレベルである。この原発は福島のではなく、オンタリオの原発。


Iodine source an elusive target
Experts face hurdles finding the origin of radioactive iodine in Phila. water.
April 13, 2011|By Miriam Hill, Inquirer Staff Writer



Finding the source of radioactive iodine in Philadelphia's drinking water won't be easy.

Many experts believe the most likely source is Iodine-131, used to treat thyroid cancer or a hyperthyroid.

But nothing allows scientists and investigators to track an Iodine-131 sample to a specific medical facility or other source the way, say, they can follow the migratory path of a bird.

"There is nothing that will tag that radioactive material from one location to the other," said John Keklak, director of radiation safety at Thomas Jefferson University Hospital. "All the hospitals use the same material, and it's metabolized the same way.

The U.S. Environmental Protection Agency found Iodine-131 in the city's drinking water April 4 and in August. The presence of the substance before the accident at Japan's Fukushima power plant suggests that was not the source, scientists said.

The EPA found Iodine-131 at three sites in Philadelphia, and the amount found at the Queen Lane water-treatment plant was the highest of 69 sites tested nationally. But even the amount found at Queen Lane falls within safety standards the EPA sets for acceptable drinking water


8 April 2011 Last updated at 09:12 GMT Share this pageEmailPrint
25
ShareFacebookTwitter
'Fukushima radiation' checks stepped up in Scotland



The Scottish Environment Protection Agency said very low levels of iodine-131 had been detected in almost all its air samples from across the country.

It has also been traced in grass samples from around Scotland and in one freshwater sample in Caithness.

Sepa has also been analysing soil and milk from cows and goats.

It said to date iodine-131 had not been detected in milk.

The agency has found the presence of iodine-131 in sewage sludge in Glasgow.

Sepa said that this could be linked to a combination of the isotope in rainfall together with authorised releases from hospitals.


 両記事とも、放射性物質が検出されたといっているが、これが、福島の影響なのか、近くの病院から漏洩したものなのかはわからない。

 放射性物質の漏洩について zero tolerance、一切の妥協なしの立場をとられていた米国出身の論者がいたので念のため記録。

011年05月24日 14:17
孫正義氏の「穴のあいたエネルギー計画
池田信夫ブログ


。もし今の単価で100%再生可能エネルギーにしたら、平均8000円/月の電気代は2万円以上になるだろう。値上げを避けるために政府が補助すると、スペインのように財政赤字がふくらむだけだ。


ということなのかもしれない。コストに関する議論は避けて通れない。

しかし、僕は、孫正義氏のような日本に関するでかい夢やビションをもっている人は買う。

こうしたビションをお互い出し合って、その現実性やら難点を議論するのはとても建設的だ。野党の、足をひっぱるだけの駄目駄目戦法は空しい。

さて、本日の社説は各社布川事件を論じている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
更新 産経は26日付けで扱った。
「布川」再審無罪 証拠重視の捜査導入せよ
2011.5.26
02:48
 44年前に男性が殺害され、現金が奪われた「布川事件」の再審で、水戸地裁土浦支部は、強盗殺人などの罪で無期懲役が確定した2人に無罪を言い渡した。判決は「2人を事件と結びつける証拠は存在しない」「自白の信用性は肯定できない」と断じた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


東京新聞社説

布川事件無罪 司法全体に猛省がいる
2011年5月25日



 「否認したら死刑になるぞ」-。一九六七年に茨城県で大工の男性が殺された「布川事件」で、二人はそう自白を強要された。「やっていない」と訴えても、聞いてもらえない。別件逮捕の末、虚偽の“自白”をして起訴された。


読売社説



布川事件再審 冤罪生んだ恣意的な証拠開示(5月25日付・読売社説)


 裁判員制度の導入に伴い、現在では初公判前に、検察が争点にかかわる証拠を原則的に開示するルールが採用されている。だが、検察がほとんどの証拠を押さえているという構図は変わらない。

 検察が、自らに不利な証拠も開示してこそ、公正な裁判が成り立つ。裁判官にも証拠開示を促す訴訟指揮が求められている。


朝日社説
布川再審無罪―検察に改めて問う正義


 郵便不正事件を検証した最高検は昨年末、報告書で「引き返す勇気」の重要性を説き、検察官の使命や役割を示す基本規定を作って指導を徹底すると約束した。そのこと自体は評価できるが、精神が組織の隅々にまで浸透しなければ、同じような失態が繰り返されるだけだ。

 検察官の義務とは裁判に勝つことではない。警察の捜査をチェックし、公益の代表者として正義を実現することにある。


毎日社説


社説:布川事件再審 速やかに無罪確定を



取り調べ過程の全面可視化がやはり求められる。


結局最後の毎日の結論に尽きる。職業倫理に求めるだけではたらない。それを担保する制度の早急の確立が必要である。
 報道も政局ばかり追いかけていないで、政治部報道は、日本に必要な政策は何かをリストにしておいて、それがいまどうなっているのが、その関連での国会議員の動向を報道してほしい。
 議員の失言、スキャンダルや政局報道はウンザリだ。せいぜいタブロイド紙にまかせておけばよかろう。

 さて、その関連で、


ヤクザと外国人に人権はないと教えられた」 元検事が暴露した驚くべき「新人教育」の実態

via FG


脅迫をして辞職をした検事の話であるから、そうした教育のせいだ、として、責任転換しているといえなくもない。

 仮に本格的に検証するとすれば多くの現役の検事、あるいは辞め検の話を聞く必要がある。誰か目をつけてそうした取材をしてみたら面白いと思う。
 
 でなければ、実際そうした教育があったかどうかは、藪の中。

 結論的には、先ほどの毎日の社説と一緒で、取り調べの全面可視化が急務ということだろう。



三沢基地へ移転、有力視 嘉手納の一部、米議員が構想
2011年5月25日3時4分



 

沖縄県の米軍普天間飛行場(宜野湾市)を米軍嘉手納基地(嘉手納町など)へ統合する案を提言した米上院の重鎮、レビン軍事委員長(民主)らが、嘉手納基地の戦闘機部隊を米軍三沢基地(青森県三沢市)へ移転することが有力だ、と日本側の外交関係者に伝えていたことがわかった。

 三沢基地は2007年以降、嘉手納のF15戦闘機や米軍岩国基地のFA18戦闘攻撃機の訓練移転を受け入れてきた。普天間のヘリコプター部隊を嘉手納に統合すると騒音などが問題となるため、嘉手納の空軍を三沢に移して沖縄の理解を得る狙いがあるとみられる。

 レビン氏と連名で提言した米上院のウェッブ外交委員会東アジア太平洋小委員長(民主)は、最近の日本側関係者との会談で「提言で意図的に触れなかった点がある」と説明。嘉手納の空軍の日本本土への分散先として「三つほど検討できるが、特に三沢が有力」と伝えた。部隊が沖縄を離れることによる抑止力低下については「嘉手納から分散しても太平洋地域には残るので問題ない」と語った。


 沖縄の人が妥協できるか?強気にでるのも一つの手かもしれないが、最悪のシナリオもありえる。むこうからのこうした動きに乗ってみてはどうだろうか?


猛威まざまざ 米ミズーリの竜巻被害 犠牲者122人に
2011.5.25


 津波の猛威もすごいものがあるが、竜巻もすごい。
 亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、被災者の方々も負けないで!

久しぶりにフィフィさんのブログをのぞく。


2011-05-14 16:58:54
彼女が誘拐されたワケ
テーマ:ブログ


 キリスト教の一派にイスラム教徒に改宗した女性が拉致された事件の深層を語ってくれている。
 こうした視点は新鮮であった。おすすめ。




OECD「より良い暮らし指標」を発表
2011.5.24


ということで、関連する英語の動画、
Better Life Initiative: Your Better Life Index

および記事
OECD better life

Japan

Japan performs favourably in several measures of well-being, and ranks close to the
average or higher in several topics in the Better Life Index.
Money, while it cannot buy happiness, is an important means to achieving higher
living standards. In Japan, the average household earned 23 210 USD in 2008, more
than the OECD average of 22 284 USD.
In terms of employment, nearly 70% of people aged 15 to 64 in Japan have a paid job,
above the OECD average of 65%. People in Japan work 1714 hours a year, less than
most in the OECD who work 1739 hours. 66% of mothers are employed after their
children begin school, same as the OECD average, suggesting that women are able to
successfully balance family and career.
Having a good education is an important requisite to finding a job. In Japan, 87% of
adults aged 25 to 64 have earned the equivalent of a high-school diploma, one of the
best rates in the OECD. Japan is also a top-performing country in terms of the quality
of its educational system. The average student scored 520 out of 600 in reading ability
according to the latest PISA student-assessment programme, higher than the OECD
average of 493.
In terms of health, life expectancy at birth in Japan is 82.7 years, the highest rate in
the OECD. The level of atmospheric PM10 – tiny air pollutant particles small enough to
enter and cause damage to the lungs – is 27 micrograms per cubic meter, and is higher
than in most OECD countries where it stands at 22.
Concerning the public sphere, there is a strong sense of community and moderate
levels of civic participation in Japan. 90% of people believe that they know someone
they could rely on in a time of need, close to the OECD average. Voter turnout, a
measure of public trust in government and of citizens' participation in the political
process, was 67% during recent elections; this figure is lower than the OECD average
of 72%.

When asked, 40% of people in Japan said they were satisfied with their life, below the
OECD average of 59%




法務省、外国人の入国優遇を野放図に拡大
2011.5.25


どうなんだろうね。


Brussels has concerns about tougher Dutch immigration policy

Wednesday 25 May 2011




The European Union is ‘concerned’ about Dutch plans to amend the country’s immigration and asylum rules, EU commissioner Cecilia Malmström told the NRC in an interview on Tuesday.

Malmström would not go into details but did say: ‘We have already expressed some concern and are now in dialogue with the Netherlands.’

Current rules already give enough room to tackle integration problems, up to a certain limit, she told the paper.

Consquences

‘You have to look at the consequences if you change the rules… For example, family reunification is meant to make people who live legally in your country feel better,’ the commissioner is quoted as saying.

The Netherlands is the only country she has heard saying the rules on family reunification need changing. ‘I know the Netherlands thinks it important but I do not hear it from other countries,’ she said.

Age limit

Under Dutch rules, men or women wishing to bring in a foreign partner must earn at least 120% of the official minimum wage. Their partner must pass a language and integration test in their country of origin and be at least 21 years old. The new government wants to increase that to 24.

In February, the Council of Europe’s human rights commissioner criticised Dutch family reunification policy for focusing on ‘restricting and reducing the number’.

The measures are a concession by the minority government to the anti-Islam PVV which wants a 50% reduction in non-western immigration.


オランダ、移民の制限が厳しくなりそうだとして懸念が表明されている、と。

日本の場合、まず、研修制度は抜本的に変えるべきだ。

そして、技術者の場合でも、家族や家政婦云々よりも、言葉の問題を軽視しすぎる。

来る前にせいぜい、小学校程度の言語能力を条件にすべきだ。

そして、延長に応じてやはり、より高い言語能力を条件にすべき。

今後移民を受け容れなくては日本はやっていけない状況にあるが、言語の問題は、受け容れる日本国民との交流のためにも、また、移住する移民の権利のために最低限の条件である。絶対にあまくみてはいけない。

Deutsche Welle

| 23.05.2011
Readers skeptical of keeping IMF direction in European hands


IMF次期専務理事に欧州が指定席というのはまずいのではないか、という意見がある、と。

CSモニター

Why such a warm reception for Benjamin Netanyahu at US Congress?
By Gail Russell Chaddock, Staff writer / May 24, 2011



That, perhaps, does not come as a huge surprise, given the shared Judeo-Christian tradition and shared democratic values. But there's also the pro-Israel lobby


イスラエルのネタニヤフ首相の米連邦議会での演説が熱狂的歓迎をうけた、なぜか?ユダヤキリスト教、民主主義の価値観の共有、そして、イスラエルロビーのためだろう、と。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ランダムソート 

2011年05月24日 21時46分36秒 | Weblog
これからいこうかな。
ロシアトゥデイ

Japan keeps Gymnastics Worlds
permalink email story to a friend print version
Published: 23 May, 2011


原発事故で開催懸念の世界体操、予定通り東京で



 【サンノゼ(米カリフォルニア州)=霜田聖】福島第一原発事故の影響で、10月に東京での開催が懸念されていた世界選手権について、国際体操連盟(FIG)は22日、サンノゼで評議員会を開き、予定通りに開催することを決定した(2011年5月23日10時45分 読売新聞)


に関する記事で

The decision to maintain Tokyo as the venue is based of the evaluation of the current situation there conducted by competent FIG professionals who visited the city, the federation’s president, Bruno Grandi, explained.

 現況の評価に基づいた決定だったのであるが、ロシアトゥデイはご不満のようで、



"It’ll be hard to somehow protest against it. Japan has the full support of the US, along with the entire American continent. It’s pure politics. Nobody cares about the health of athletes, only politics is important for them,” she told RIA-Novosti news agency.


日本は米国らの支持があるから、抗議できない。誰も選手の健康のことなど考えていない、と。

しかし、そうした心配なら、むしろロシアでの競技を恐れた方がいいわけで、


「東京の放射線量、モスクワの半分」ロシアが調査
2011年4月16日0時40分

印刷

 福島第一原発事故の影響を調べるため、来日したロシア政府のウラジミール・ウイバ医学生物学庁長官は15日、東京都内の大使館で会見、政府による渡航自粛勧告を解除するよう、ロシア外務省に進言する意向を明らかにした。

 都内の放射線量について「(自然放射線量がもともと日本より多い)モスクワに比べて半分程度」などと述べた。

 ウイバ長官らは8日に来日後、大使館内をはじめ、東京都内の放射線量を調査していた。その結果、モスクワの水準の半分にとどまることがわかったという。大使館員の健康調査でも、甲状腺などに異常はみられなかったとした。ロシア政府は、チェルノブイリ原発事故の経験を踏まえ、観光を目的とした訪日を控えるよう勧告していた。



142. Russian tests reveal Tokyo radiation half of Moscow
Posted on April 18, 2011 by sweiled


Head of Russia’s Federal Medical-Biological Agency, Vladimir Uiba, visited Japan to investigate the effects of the nuclear crisis at the Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant. He held a press conference in the embassy in Tokyo Apr 15 and indicated his intentions to propose to the Russian Ministry of Foreign Affairs to lift the advisory warning against travel to Japan.

“The radiation level in Tokyo is half of Moscow’s, which has a higher natural radiation level than Japan to begin with,” he explained.


モスクワは東京の2倍の放射線量がある。
また、その他の地域でも



Russia: Unexpected Results of Radiation Mapping
Posted 25 March 2011 23:


Unplanned Usage

The initial idea of Radiation Map was to organize the chaotic data from the personal dosimeters in the Russian regions neighboring Japan. Most personal readings have proven (and keep proving) that there’s no increase in the radiation level on the Russian side, and thus all rumors about the “nuclear plume” are highly exaggerated by the conventional media.

Then, the users started to report reading and ask to measure radiation levels in their own areas. The requests were made from the cities on the other side of the globe – in the European Russia, some eight-nine thousand kilometers from Japan. What’s even more interesting, other users started to reply to the requests, providing dosimeter data and supporting it with the photos of dosimeters.

The Radiation Map not only helped organize information and lower the panic around Fukushima, but also assisted in re-discovering Russian territories heavily contaminated with radiation.


ロシアではやばいところがたくさんある。

 ついでに、

U.N. panel sees no health effects from Fukushima radiation so far+
May 23 11:53 AM US/Eastern

Comments (0) Email to a friend Share on Facebook Tweet this
VIENNA, May 23 (AP) - (Kyodo)―The U.N. committee on atomic radiation said Monday it has so far expected no health effects of radiation released from the crippled Fukushima nuclear plant in Japan.
"So far what we have seen in the population, what we have seen in children, what we have seen in workers...we would not expect to see health effects," Wolfgang Weiss, chairman of the United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation, said at a press conference.



健康への影響考えられない 福島原発事故で国連委
2011.5.24 01:20

 国連放射線影響科学委員会(事務局ウィーン)のワイス委員長は23日、記者会見し、福島第1原発事故で放出された放射線について「これまでのところ(住民の)健康に影響するとは考えられない」と述べた。


ともいわれているわけで、引用されているロシア人の趣旨がさっぱりわからない。

誰かの引用があろうと、統計があろうと、報道も政治なのであります。

679 Women at the IMF Protest New York Times Coverage

BY JOHN HUDSONMAY 23, 2011


via mozu

NYTの原文は読んでいないのだが、要するに、NYTがIMFでは女性は性的な標的にされており、うかつにスカートもはけないなどと書いたら、それはひどすぎると女性職員から記事に抗議があった、と。

NYTは危険を警告するとかいって、その他の影響を考えずに煽ることがよくある。英語で書いてあると立派なことが書いてあるように思っている人もいるようであるが、そこらへんは改めた方がいい。
日本語の記事も英語の記事も批判的に読んでいくべき事は同じ。だいたい書いている記者が案外そこいらのおにいちゃん、おねえちゃんだったりする。

もひとつmozuさんのから、

24 May 2011 Last updated at 00:03 GMT Share this pageEmailPrint
707
ShareFacebookTwitter
Japan tops pupil behaviour league table
COMMENTS (132)
By Sean Coughlan


@mozumozumozu
mozu

[BBC]授業態度の良さで日本が一位ですと。また大方の懸念とは異なり、世界的に2000年よりもよくなっているという。左様なりか。http://bbc.in/mC81MX


左様なりか、といったところですね。日本でも学級崩壊とかいろいろ言われているけどね。こうした記事がでてくると、また、反発をして、とんでもない、などいう輩が出現するか?


WSJ

MAY 24, 2011, 7:24 A.M. ET
IAEA Launches Investigation into Japan Nuclear Accident


IAEA、福島第一原発事故の調査開始へに関する記事。

こうして国際機関がはいってくる、というのはいいことですね。信頼を高める。

EUobserver

Merkel under fire for 'lazy Greeks' comment
VALENTINA POP

19.05.2011 @ 17:44 CET


EUOBSERVER / BRUSSELS - German Chancellor Angela Merkel has come under fire at home and abroad for suggesting that people in Greece, Portugal and Spain take too many holidays and retire too early.


ドイツのメルケル氏、ギリシャやポルトガル、スペインの人が怠け者である、といったので批判を受けている、と。
(失言)

"We can't have a common currency where some get lots of vacation time and others very little. That won't work in the long term," the chancellor stressed.


 EU統合というのも難しいものですな。

Asian people 42 times more likely to be held under terror law
People from ethnic minorities more likely than white people to be stopped under schedule 7 of the Terrorism Act

Vikram Dodd, crime correspondent
guardian.co.uk, Monday 23 May 2011


People from ethnic minorities are up to 42 times more likely than white people to be the target of a counter-terrorism power which allows the stopping and searching of the innocent yet grants them fewer rights than suspected criminals, official figures seen by the Guardian show.

The power is contained in schedule 7 of the Terrorism Act 2000, which allows police to stop people at ports and airports for up to nine hours without the need for reasonable suspicion that they are involved in any crime.

The figures have led to accusations that police have resorted to "ethnic profiling", which they deny.


アジア人は、”白人”の42倍、警官から呼び止められ、質問を受けやすい、と。

外見が違うと警察の標的にあいやすい。これは日本でも同じなのかもしれないが、残念なことに、問題提起を日本語ですることを頑なに拒むせいもあって、報道のネタにならない。

(レイシャルプロファイリング)

毎日社説
社説:海水注入問題 原発に政局持ち込むな

本文を読んでみると、ちょっと反政局活動に関する主張が弱いような気もする。

日本にとって何が重要か、という観点から、政治も報道も時間を割いてもらいたい。

その意味で、


毎日社説

社説:視点・震災後 どうした首都機能移転

朝日社説

水産特区構想―新たな漁業のモデルに


こうした視点は貴重だ。



BBC


23 May 2011 Last updated at 17:07 GMT Share this pageEmailPrint
1,776
ShareFacebookTwitter
Obama toasts Irish heritage at start of Europe tour


オバマ大統領、アイルランド系を強調 祖先の出身地訪問
2011年5月24日2


オバマ大統領についてはいろいろ評価があるが、ぼくはこの人癒し系だな、と思う。
日本に来日したときも、日本との関係性を強調して、日本人からの印象もかなりよかったのではないか、と思う。

むかし、「○○(地方収録の行われている地名)で生まれて、新潟で育った~」というこん平さんのやりかたは意外にグローバルに通用するみたい。


 池田信夫ブログ


2011年05月23日 00:00

古典で読み解く現代経済





民主党政権が錯覚していたように、あり余る富を貧しい人に再分配して「地球にやさしい生活」のためにコストをかける余裕など、実は日本経済はないのです


 だと思う。マルクス系の人々もあたかも無限に配分するパイがあるように思っていたところがある。

 弱者に何らかの形で配分するのはよい。しかし、現実と調整しながらやらなければ、お坊ちゃまの空想に終わる。


 

巨大地震判定、米に2時間遅れ 気象庁は針振り切れ…
2011年5月24日0時30分



 東日本大震災を起こした地震で、気象庁がマグニチュード(M)が9近い地震と発表したのは発生から3時間近く過ぎていた。米地質調査所より約2時間遅い。巨大な規模に地震計が対応できなかったためで、気象庁は素早い解析を目指して別タイプの地震計導入の検討を始めた


 米国に一本!

NPR


Doomsday Believers Cope With An Intact World
by BARBARA BRADLEY HAGERTY
May 23, 2011


 地球最後の日で最後が来なかった。さて、信者はどうするか?、と。


It's too early to know how believers will cope with Saturday's failed prophecy in the long run. Some will admit they were wrong, but experts say most will find a way to rationalize their beliefs.

"It's very hard for us to say, 'Boy, was I stupid!' " says Elliot Aronson, a prominent psychologist and co-author of the book Mistakes Were Made (But Not By Me): Why We Justify Foolish Beliefs, Bad Decisions, And Hurtful Acts.


 間違いを認める人もいるだろうが、大半は、自分の間違いを認めないで辻褄あわせをするだろう、と。

 「祈りが通じたのだ」という反応があるが、わりに好きだな。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ごく普通に 他

2011年05月23日 23時23分11秒 | Weblog
2011年05月23日 (月)
放射線量の目安 見直しを要望






東京電力福島第一原子力発電所の事故で、国が示した学校などでの屋外活動の目安となる放射線量は値が高すぎるとして、福島県の保護者などが23日、文部科学省を訪れ、目安となる値を見直すとともに、子どもたちの被ばくをできるだけ少なくするよう求める要望書を提出しました。
文部科学省を訪れたのは、福島県内の児童や生徒の保護者などでつくる「子どもたちを放射能から守る福島ネットワーク」のメンバーで、これまでに集まった1万5000人余りの署名を添えて要望書を提出しました。要望書では、東京電力福島第一原発の事故で、国が示した学校などでの屋外活動の目安となる放射線量の上限年間20ミリシーベルトは、子どもには高すぎる値だとしています。そのうえで、目安となる値を年間1ミリシーベルトに見直すとともに、校庭の表面の土を取り除くなどの対策を講じ、国の責任で子どもたちの被ばくをできるだけ少なくするよう求めています。要望書を受け取った担当者は「今のところ、学校での放射線量は健康に影響が出るレベルではない。ただ、年間20ミリシーベルトという値は浴びてよいという量ではないので、できるだけ被ばくを少なくするよう、あらゆる対策を検討したい」と回答していました。保育園に通う4歳の娘とともに訪れた母親は「被ばくが心配なので子どもは保育園を休ませ、自宅で面倒を見ています。国の責任で一刻も早く対策をとってほしいです」と話していました。


 安全か否かというより、安心感の問題だろう、とは思う。
 一部の在日欧米人のなかに、日本では反政府デモがない、デモがあると逮捕されると思いこんでいるひとがいるようなので取り上げておく。

ついでに、

englishbyjohnny Johnny
@hayano @daniel_garcia_r So, radiation levels have fallen back to basically where they were prior to 3/11?

返信 @englishbyjohnny ↑

@daniel_garcia_r
Daniel Garcia
@englishbyjohnny Example: Tokyo was ~ 0.035 uSv/h before 3/11, it's now a bit under 0.070 uSv/h; my home town Madrid is nat. ~ 0.180 uSv/h
1時間前 webから
tsu_bu_anと他10人がリツイート


via suzuky


産経

(3) 中国エリート獲得 「いいライバルがいれば日本人が伸びる」
2011.5.23 17:


 震災や福島第1原発事故に伴う影響が心配されたものの、リクルートによると、これまでに内定辞退などの動きはない。

 同社は、今秋も規模を拡大して中国での面接会を開く予定だ。アジアの他国での開催も検討している。BCGも海外での採用活動を行う戦略に変わりない。「いいライバルがいれば他の社員も伸びる。私は日本人のポテンシャル(潜在力)を信じている」と内田は言う。

 中国の優秀な人材を採用すればするほど、日本人社員の刺激になり、社内は活性化する。また、中国のエリート層が日本企業の面接会に集まるのも、日本の魅力が消えていない証左ともいえる。ただ、魅力なき国への衰退がいつやってくるかは分からない。

 「日本の企業はバブル期の前から油断していた。優秀な人材を引きつける組織となるため、もっと自らを磨かないといけない」

 内田の自戒は、日本社会への警鐘でもある。


 中国の影響力の増大。最近の傾向を示すよくある記事の一つである。これもやはり、一部在日欧米人が日本人と中国人の関係を誤解して、憎悪とか、蔑視の関係しかないと思っているようなので取り上げておく。

読売


班目氏は「でたらめ委員長」…亀井氏が更迭要求


亀井氏は「馬鹿足す馬鹿は馬鹿」など、面白い言い回しは好きなのだが・・・・

 ちょっと前までは、小沢問題、そして、いまは、菅首相の原発初期対応問題。前者は裁判で、後者は、もっと後にやってもよいし、どちららも、国会や報道でとりあげたところで、決着が付くとも限らず、着いたところで、たいしたことない。

 経済と防衛、その他もっと重要問題があるだろう。


WSJ


MAY 21, 2011, 4:46 PM JST
Is Japan More Child-Friendly?



Its improved report card, in fact, is lousy compared with the other responses: there is a 20 percentage point gap between itself and third-place France, where 72% of respondents said it’s a good place to raise kids. Sweden dominated the ranking with a commanding 97%, of which 83% said it’s incredibly easy.


 日本は子供を育てやすいか、というと、改善はあったものの、他国と比べると惨憺たるもので、米国、フランス、スエーデン、韓国のうち、ビリから2番目。

 少子高齢化問題は、もう何年、何十年議論しているんだ?

 国会議員に、報道のお偉いさん、あんたら、阿呆か?


中国の船長「日本の艦艇がぶつかってきた」香港紙で主張
2011年5月23日


衝突後、中国船に乗り込んだ海上保安庁職員から「棒で殴られたり、蹴られたりした」とし、逮捕後の取り調べでは「眠ることを許されず、検察官から『お前のせいで日本の世論が乱されている』とののしられた」などと話した


多分嘘だろう、とは思う。ちゃんと、撮影していたら、反論もできただろうが、撮影していたのだろうか?

情報公開・取り調べの可視化などは、政府・官僚の説明責任の前提として、日本が真剣に取り組んでいかなければいけない課題である。こうした問題意識をもつのはそう難しいことではなかろう。しっかり頼むよ、若手の議員さんと、ジャーナリストさん。




ツナ缶6万缶の支援に感謝 チュニジア外相に松本外相
2011年5月23日22時22分


 来日中のチュニジアのケフィ外相が23日、松本剛明外相と外務省で会談。東日本大震災に見舞われた日本にチュニジアが5月にツナ缶6万缶を送ってきたことが話題になった。ケフィ氏は「小さな支援ですが、チュニジア国民の気持ちの表れです」と語り、松本氏は「大きな励みになった」と謝意を伝えた。


Thank you♪


チュニジア
アフリカ連合とアラブ連盟と地中海連合とアラブ・マグレブ連合に加盟している。


アラブマグロ連合に見えてしまった。

LA Times

Japan's orderly Shibuya Scramble
By John M. Glionna, Los Angeles Times
May 23, 2011

渋谷の交差点での日本人の秩序正しい行動について。


But in this polite nation, the passing bodies seem less chaotic than in, say, Beijing or New York, moving with the cool predictability of a stopwatch. Despite so much humanity inhabiting such a confined space, there's rarely a collision, sharp elbow, shoulder-brush or unkind word.

北京やNYよりも、混沌としていない、と。

ーーーここらへんは、北京やNYの実情がわからないのでなんともいえない。


"

Foreigners are amazed by the smaller scale of things here," said William Bodiford, a UCLA professor of Asian languages and culture. "Natives get used to negotiating tighter spaces. They're raised to be very aware of one another, notice their surroundings."

Such spatial negotiation doesn't come easily. "It took me a long time to realize why I felt so clumsy in Japan and not nearly so in America," Bodiford said. "The desks and ceilings are lower, the spaces cramped. It's so much easier to bump into things."


そういえば、以前、ラッシュの電車の中で、混雑に抵抗する外人さんをみたことがある。


In Japan, where pedestrians religiously adhere to traffic laws, there were no jaywalkers or mad traffic dashes.

Then, yet again, the light went green and the masses surged into motion, a public ballet uniquely Japanese.


日本では、誠実に交通ルールにしたがう、と。

 それはどうかわからない。

 なんていうか、日本について悪いことでも、いいことでも極端なことを言われると反動がくる。

 以前日本がどのように外国に紹介されていたのか、知らないが、砂糖をまぶしたような甘たるい日本の表象をもっていた外国人はかえって日本に関して、怒りはじめる。
 震災後、略奪がない、少なかった、と報道があれば、あったやないか、と。交通ルールを守るといえば、破っているやついるやないか、と。それはそう。しかし、どちらも、日本人とは独立な勝手な思いこみ。

 いいこと書かれても悪いこと書かれても極端なことを書かれて迷惑するのはこっちである。
(今回の記事については特に極端とはいえないし、まあ、穏当な記事であろうが・・・)

 個人的にいえば、普通に書いて欲しい。

 あんたらと同じような人間たちが、あんたらと同じように、ある人間的な状況を苦しみまた、喜び、また、あんたらと同じように愚かで、同じように高貴な面もある。





「ペットのため…」避難所離れた人に物資 支援団体走る
2011年5月23日


これもごくごく普通の風景

NYT

Elite South Korean University Rattled by Suicides
By MARK McDONALD
Published: May 22, 2011



Academic pressures can be ferocious at the university, the Korea Advanced Institute of Science and Technology, known as Kaist, and anxious school psychologists have expanded their counseling services since the suicides. The school president also rescinded a controversial policy that humiliated many students by charging them extra tuition if their grades dipped.


韓国のエリート教育に堪えかねて自殺する学生が、という話。

 日本でも経済成長期に受験地獄だとか、受験戦争だとかいわれたことがあった。そういったのと似たような状況が中国や韓国にあるのかもしれない。
 
 日本の場合、行きすぎはあったのだろうが、しかし、いまの教育がいいのか、というとそうでもない。
 科学教育はもっと重点を置くべき。それと、国語教育も、推論をしっかり身につけさせるべき、ーーーとかなんとかいっちゃたりして。

It's time to be proud of our black beauty
We may not be able to change Satoshi Kanazawa's views, but we can change how we feel about ourselves

Elizabeth Pears
The Guardian, Sunday 22


 ”黒人”女性は魅力において劣るとしたカナザワ氏の記事に関して


The harsh truth is, the mainstream dictates what beauty is: the fashion houses (all European) that favour size-zero models;


 主流の雑誌などが、美とは何かを決めてしまっており、それは、欧州風のものだ、と。

 だいたい、平安時代の美人といわれる人をみると、はぁ?と思うし、例えば、アフリカの一部で美人とされる日本人女性にも、あるいは、欧米の一部で美人とされるに日本人女性にも、はぁ?と思うことがある。

 美は人を魅了するものであるが、何か人を魅了するかは、時代や地域にもよる。論者は、欧州の基準が支配的になってしまっている、というわけであろう。


趣味の有道ブログ


Peter Larson Says:
May 23rd, 2011 at 3:48 am
http://www.debito.org/?p=8933#comment-250332
I don’t know where this is coming from, unless you guys don’t speak Japanese. I have many male Japanese friends despite the fact that I haven’t lived in Japan for 10 years. NONE of my Japanese friends have anything to do with work. They are as good of friends as any of my non-Japanese friends and always eager to hang out when I’m in Japan. I am bilingual and positive that it makes a difference.

Our conversations are equally as deep as any conversation I have with my friends in English. To be honest, they are sometimes even deeper. Mostly, I find that gaijin too readily stay within gaijin circles, which is absolutely the worst place to meet Japanese people, unless they are eikaiwa students.

Obviously we do speak Japanese. That’s not an issue

コメント自体は非常に常識的。それに対する有道氏のコメント

 われわれは日本語を話す、と。
 
?????
いつ、どこで、なんでネットで日本語できないの、なんで、日本語のコメントは遮断するの?



TJJ Says: http://www.debito.org/?p=8979#comment-250370
May 23rd, 2011 at 12:24 pm
I tried reading the tepido site once and it was nigh incomprehensible. It seemed to be written by and for 13-year olds.

When those types of people are against you, then you know you must be doing something right.


Tepido orgは、理解不能、13才の子供が書いて居るんじゃないか、と。

特定の何の引用もない、ただ、投稿者を馬鹿にするだけで、こうしたコメントは実質的な批判になっていない、ことに注目してもらいたい。特にGustaf 氏など参考にするといいと思う。






 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ニフコJapan Times コラムニストブログの脅迫まがい

2011年05月23日 17時06分54秒 | Weblog
Tepido.org が、有道ブログの投稿者のメルアドから、投稿者を追跡にしているとういデマを有道ブログではながしていたのだが、そのデマに基づいてついに、


Jon Says:
May 23rd, 2011 at 2:02 pm

Have you got Ken`s address so I can go and stalk him in reality instead of hiding behind a computer? Or I ll just go and complain to his mum.

Just kidding (maybe…)

コンピューターの後ろで隠れてないで、現実にケンにつきまとうためケンの住所を教えてくれないか?
あるいは、彼のかあちゃんに文句いいに行くよ。

冗談(かも・・)


というコメントまで出てきてしまった。

ケンとは文脈上、Tepido org運営者のKen Yasumoto-Nicolson氏のことであろう。

日本・日本人に関するデマを提供することをによって日本・日本人に対する憎悪を扇動することはよくやっていたが、今度は実在する人物に対する脅迫まがいの言動である。


多くの抗議にも関わらず、こうしたブログの運営者をコラミニストにしつづけるニフコJapanTimesの企業倫理が問われそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
更新



james grey May 23, 2011 at 11:05 pm

Don’t bother posting it Tepido. Next time I see you in Sannomiya, I will stop and ask you for cash, if it isn’t raining. Would have done it tonight, but didn’t want to embarrass you in front of your son.



james grey May 24, 2011 at 12:27 am

Be careful what you wish for.

james grey May 24, 2011 at 12:35 am

7.50pm, Sannomiya Daiei, 2F. You and your son walk to door. You go into store. Son outside struggling to fold umbrella. You come back and help him fold it. Then you enter together.
Still laughing?



さあ、やばくなってきた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加