ぼやかせていただいております。

養老院×幼稚園

2016年02月29日 07時52分36秒 | Weblog


幼稚園を養老院に
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いいお暮らしだことー米軍慰安婦たちにもさせてあげたいね。

2016年02月29日 07時45分34秒 | Weblog





記者っていい暮らししているんだねーーータブチさんが無視した米軍慰安婦たちはつらい思いをしている、というのに。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"West"" is hegemonic and dominating, distorting and excluding other modes of relating to the world"

2016年02月29日 05時44分37秒 | Weblog
フォロー

mozu
@mozumozumozu

Heidegger’s Ghosts by Alexander S. Duff - The American Interest http://j.mp/1Ln047E @aminterestさんから
COUNTER-LIBERALISM
Heidegger’s Ghosts
ALEXANDER S. DUFF


サラッと飛ばし読み。

先日もモズさんがイランの思想家に対するハイデカーの影響に関する記事をあげていたが、今回のはロシアの思想家も取り上げている模様。

日本では、ハイデカーの本来性を死に直面した不安な実存として捉え、戦地に赴く学徒が共感し、あるいは、宗教者が宗教的な立場から捉えていたように思っていたが、ふと考えてみれば、日本も戦中の京都学派が、このイラン、ロシア系の思想家たちに相当するのかもしれないね。


それはいいとして、




This is because Heidegger’s thought, while not lending itself to any politically cohesive opposition to the liberal West in a manner that characterized Marxism, recommends itself to virtually every variety of particularist opponent of Western universalism. For those inspired by Heidegger, the universalist claims upon which the liberal order is based are too thin, too weak, and too ignoble to provide tangible and meaningful sources of human identity.



Like the Iranian Heideggerians, what Dugin draws from Heidegger is not his positive project—Heidegger, no one will be surprised to learn, had nothing to say about Eurasian imperialism or Iranian Shi‘i identity. Instead, they take the essence of his critique of rationalist Western universalism and the structure of his solution, which is to retrieve a lost, organic communal life not as a traditional inheritance, but through a revolutionary project.


For both, the discrediting of rationalist universalism points to the revival of certain forms of religious order. The retrieved community is shaped by a purified religion, though the religion is different in each case: Russian Orthodox Christianity and Shi‘i Islam.


By following reason and building the world in its image, we have been led to a “forgetfulness of Being,” a condition he calls “nihilism.”


The characteristic moods of our time are anxiety, terror, distress—and boredom. He thinks these events and the onset of these moods announce the sunset of the West and life organized with reference to reason.


In Heidegger’s diagnosis, the source of the phenomena of nihilism is not strictly speaking reason, but our inclination to reason, our preference for reason over non-reason. We are inclined, according to Heidegger, to privilege reason as the main way we understand, navigate, and indeed shape the world. The source of this inclination in us is our very makeup, our Being: the distress and anxiety that alerts us to the limitations of reason is also what inclines us to it in the first place. That is, rationalism comes from a preference for comfort and stability in the face of finitude and impermanence.





普遍と特殊の問題というのはプラトン、アリストテレス以来の問題で、それが形を変えて歴史上いろんなところで出てくるわけですね。


地域や歴史を超えた普遍的原理・原則、あるいは価値観があり、それはいつでもどこでも通用させるべき、という普遍主義と、意味はつねにすでに地域、歴史性を帯びているのであって、そうした特殊性を無視して、普遍を語ることは無意味だ、という特殊主義の対立、といってもいいかもしれない。

私はその統合こそ、妥当なり、とちょっとヘーゲルっぽくいいたいほうなのだが、それはともかく、普遍主義の陥穽としては、特殊なものを普遍的と偽って、他者に暴力的なほどに、押し付けていくところですね。


Heidegger understands “reason” not as a timeless, universal means by which humanity can rise above itself, but as a defective instrumentality born in violence at a specific moment in history. That instrument subsequently spread in such a fashion that it now expresses itself principally through technological forms of domination. It masks itself, but it is inherently hegemonic and dominating, distorting and excluding other modes of relating to the world and other ways individuals can relate to one another.


ハイデカーもその匂いを嗅ぎつけていたわけですね。

ところで、


First, he insisted from the beginning that he was not looking for a revival of culture (Kultur) as a means of reforming society because this would draw too directly but superficially on the past, without revolutionizing it. He sensed that the complete “destruction” of culture would be required to effect the philosophic and historical changes he envisioned.
Second, in Being and Time (1927) he sketches an authentic form of communal existence that would be instrumental to raising the question of Being, a Gemeinschaft of the Volk that engages in “struggle” (Kampf) and “communication” (Mitteilung). That work is incomplete, however, and Heidegger did not elaborate what he meant by these rather loaded terms.
Third, in the 1930–34 period, as the newly available Black Notebooks make clear, Heidegger hoped that the National Socialists in Germany would instigate a total revolution, allowing Germany to lead a world revolution inaugurating a “new beginning” in humanity’s relationship to Being by rooting philosophy in its service to the Volk, with the Volk rooting itself in wars against other peoples. In this proposition we see how Heidegger helped serve as a bridge, however distorted, from German romanticism to Hitler.

Fourth, Heidegger’s much lauded disaffection with actually existing National Socialism began in 1934 and continued through the rest of his life.
Though,Heidegger became profoundly disappointed with the Nazis, this does not mean he rejected the essence of National Socialism. His disaffection was based on his conclusion that the Nazis were insufficiently radical to fulfill his hopes. This remained Heidegger’s “political” position for the rest of his life: While the Nazis failed to fulfill his hopes, they nonetheless demonstrated the absolute hollowness of every possible political position and thus exposed the nihilism of the present moment.


ハイデカーはやっぱ、ナチに近い存在だった、というのがこの筆者の立場。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Turning Japanese

2016年02月29日 05時25分33秒 | Weblog



後半同じ内容の繰り返しだけど、おおしれーなー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ソッセンスイハンだよ。

2016年02月29日 05時07分49秒 | Weblog



岡目八目
【読み】 おかめはちもく
【意味】 岡目八目とは、当事者よりも第三者のほうが、冷静で客観的に物事を見れるということ。


率先垂範 意味

人の先頭に立って物事を行い、模範を示すこと。▽「率先」は先んじる、人の先頭に立つ意。「垂範」は模範を示すこと。



ご存じでしたか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

言ってはいけない Politically incorrect

2016年02月29日 04時31分28秒 | Weblog


アメリカ人は抗不安薬の過量服用している、理由はわからない、と

ーーーアメリカ人が過剰に不安だからじゃね?







But as Rolling Stone journalist Matt Taibbi puts it, we should have seen it coming. The so-called Trump Train keeps rolling because Trump has figured out that the American electoral system is nothing more than glorified reality television.


Taibbi points out that Trump’s ascendancy is basically taking the temperature of the country.

Despite their various targets of blame and outlets of expression, people are generally aggrieved by massive wealth inequality as average American struggle with stagnant wages coupled with an increasing cost of living.

“His pitch is: He’s rich, he won’t owe anyone anything upon election, and therefore he won’t do what both Democratic and Republican politicians unfailingly do upon taking office, i.e., approve rotten/regressive policies that screw ordinary people,” Taibbi observes. later noting, “No one should be surprised that he’s tearing through the Republican primaries, because everything he’s saying about his GOP opponents is true. They really are all stooges on the take, unable to stand up to Trump because they’re not even people, but are, like Jeb and Rubio, just robo-babbling representatives of unseen donors.”



“The problem, of course, is that Trump is crazy,”



クレージーで、排外的なドナルドトランプを止められない、と。

ーーー多くのアメリカ人がクレージーで排外的だからじゃね?




This conclusion is consistent with a Boston Globe analysis that found that Trump talks at a fourth-grade level.


トランプの話しぶりは、小学4年生レベルである、と。


ーーーアメリカ人の半分くらいが・・・・



ちなみに、同じことが日本で起きたら、大手メディアの記事の中で、言われていたんじゃないかな?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Playing stereotypes sells

2016年02月29日 04時02分15秒 | Weblog








オスカーで賞をとるのは白人ばっか、黒人が賞をとるときには、白人がもっている黒人に対する固定観念を演じるときばっか。

例えば、日本の外国人芸能人でも、本当は日本語ペラペラなのに、テレビの前では、外国人アクセントでしゃべる、という人たちがいる。

そのほうが日本人にウケるからであろう。

英語圏の日本・日本人関連記事をみれば、芸者ネタ、変態・変人ネタ、右翼ネタばっか。

日本人の固定観念を扱う記事のほうが読まれるからであろう。

しかし、そうやって、固定観念が強化され、人種差別・民族差別の原因になっていることは認識しておくべき。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

狂信的野蛮人

2016年02月29日 03時34分16秒 | Weblog


戦争の現実に日記の調子が変わってきます。上陸したガダルカナル島(1942年8月〜43年2月の戦いで日本兵約2万800人が戦病死)はもちろん、南の楽園ではなかった。食糧はない、水はない。マラリアは流行する。米軍の爆撃は激しい。覚悟したのでしょう。最後のページに英語でつづっているものもありました。「戦争が終わったら、これを家族に届けてほしい」

 我々と同じ人間なんだ。戦時プロパガンダが伝えるような「狂信的な野蛮人」などではないのだ。胸を打たれました。


 裏から言うと、日本人の実情についてしらないで、いまでも、日本人のことを狂信的野蛮人と思っているジャーナリストはいる。

また、イスラム教徒については、いまでも、「狂信的な野蛮人」として報道しているところが多いわけですね。

戦勝国は戦争の反省をしてこなかった。



 東日本大震災の福島原発事故では放射能によって、国土の一部が汚染されてしまいました。しかし、国民の半数が反対しているにもかかわらず、世界中を震撼(しんかん)させた事故がまるでなかったかのように、原発再稼働の動きは進んでいます。戦後70年を迎え、言葉の力が再び試されています。


私は、原発再稼働は賛成派。

事故を踏まえて再稼働の準備がされていると信じるが、たしかに、反対派の懸念を払拭する地道な努力は必要であろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”アイヌの人たちへの差別 認識に大きな差”

2016年02月29日 03時27分03秒 | Weblog


政府は、去年10月から11月にかけて、全国の20歳以上のアイヌの人たち1000人を対象に初めての意識調査を行い、705人から回答を得ました。
それによりますと、アイヌの人たちに対する差別や偏見があるかを尋ねたところ、「ある」が72.1%で、「ない」は19.1%でした。また、アイヌであることを理由に差別を受けていると答えた人に、差別の内容を複数回答で聞いたところ、「差別的な発言をしているのを聞いた」が62.9%で最も多く、「結婚や交際のことで、相手の親族に反対された」が57.5%、「職場で不愉快な思いをした」が53.8%でした。


いわゆる、東京の普通の一般人からすると、アイヌの人について、一年間、まったく話題にもならないこともあるのではないか?

もう少し詳しい調査を知りたいところ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"皇太子さまの会見発言 憲法への言及、なぜ伝えぬ"

2016年02月29日 03時19分46秒 | Weblog
(池上彰の新聞ななめ読み)皇太子さまの会見発言 憲法への言及、なぜ伝えぬ
2015年2月27日05時00分


朝日新聞を読んでみましょう。戦後70年を迎えたことについて皇太子さまは、「戦争の記憶が薄れようとしている」との認識を示して、「謙虚に過去を振り返るとともに、戦争を体験した世代から、悲惨な体験や日本がたどった歴史が正しく伝えられていくことが大切」と指摘されたそうです。

 また、今年1年を「平和の尊さを心に刻み、平和への思いを新たにする機会になればと思っています」と話されたそうです。

     *

 同じ記者会見を毎日新聞の記事で読んでみましょう。こちらは戦後70年を迎えたことについて、「我が国は戦争の惨禍を経て、戦後、日本国憲法を基礎として築き上げられ、平和と繁栄を享受しています」と述べられたそうです。

 皇太子さまは、戦後日本の平和と繁栄が、日本国憲法を基礎としていると明言されたのですね。以前ですと、別に気にならない発言ですが、いまの内閣は、憲法解釈を変更したり、憲法それ自体を変えようとしたりしています。そのことを考えますと、この時点で敢(あ)えて憲法に言及されたことは、意味を持ちます。

 いまの憲法は大事なものですと語っているからです。天皇をはじめ皇族方は政治的発言ができませんが、これは政治的な発言にならないでしょうか。

 ところが、憲法第99条に、以下の文章があります。

 「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」と。

 皇太子さまは、憲法のこの条文を守って発言されているに過ぎないのですね。

 でも、憲法擁護義務を守りつつ、「憲法は大事」と伝えようとしているのではないか、とも受け取れます。それを考えると、宮内庁と相談しながらのギリギリのコメントだったのではないかという推測が可能です。

 こんな大事な発言を記事に書かない朝日新聞の判断は、果たしてどんなものなのでしょうか。もちろんデジタル版には会見の詳報が出ていますから、そちらを読めばいいのでしょうが、本紙にも掲載してほしい談話です。

 他の新聞はどうか。読売新聞にも日本経済新聞にも産経新聞にも、この部分の発言は出ていません。毎日新聞の記者のニュース判断が光ります。



池上さんに一本あり、だね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外国出身者による日本語でのVlog

2016年02月29日 03時10分30秒 | Weblog




多くの日本人と外見が異なる外国出身者が日本語でVlog をするのはとてもいい。

頑張って!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

短い春

2016年02月28日 19時15分56秒 | Weblog
フォロー

mozu
@mozumozumozu

「アラブの春」とは何だったのか?〜革命の希望はこうして「絶望」に変わった http://j.mp/1TdBFoi


・・・・
そうした自由と寛容の空気は長く続かなかった。中東各国で再び暴力が再燃したためである。

ただし、その暴力を行使したのはイスラーム主義の過激派ではない。実際には、各国の独裁政権と「アラブの春」への外部介入を推し進めた諸外国であった。

市民による大規模な抗議デモに直面したリビア、シリア、バハレーンの独裁政権は、激しい弾圧でこれに対応し、国内の治安は急激に悪化していった。

欧米諸国や湾岸アラブ諸国は、リビアとシリアでは反体制派への支援を打ち出す一方で、バハレーンでは独裁政権を政治と軍事の面から徹底的に支えた。その結果、リビアとシリアでは体制派と反体制派のあいだで内戦が勃発し、他方、バハレーンでは独裁政権による激しい弾圧によって抗議デモは鎮圧された。

「アラブの春」における欧米諸国や湾岸アラブ諸国の「二重基準」は、突き詰めればパワーポリティクスの産物と見ることができる。これらの諸国は、一般の市民の台頭という想定外の事態に際して、自国の利益の保護・拡大にとって有利な同盟者への支援を行った(それぞれの国益に忠実という意味では、各国は「単一基準」にしたがって「春」に外部介入を行ったともいえる)
・・・・

国益を振りかざす独善的な外部介入は、そもそも内政干渉に他ならず、今日の世界ではタブー視されていたはずであった。

だが、それも、特定の人間集団の「保護」や「テロとの戦い」の名目で、なし崩し的に正当化されていった。つまり、「アラブの春」では、外部介入のモラルハザードが広がったのである。

皮肉なことに、その先例となったのが、2011年3月の国連安保理決議に基づく米英仏主導のリビア介入であった。
・・・・

以上見てきたように、「非暴力の市民による民主化運動」としての「アラブの春」は、暴力によって押しつぶされ、市民の手を離れ、そして、その民主化の希望の輝きを失っていった。

これに輪をかけたのが、2013年7月のエジプトにおける「反革命」とその後の軍政復活であった。

「春」後の選挙に勝利した穏健なイスラーム主義者たちはテロリストの烙印を押され、当局から治安取り締まりや弾圧の対象となった。もとよりイスラーム主義者による政権誕生を歓迎していなかった欧米諸国と湾岸アラブ諸国は、こうした民主化に逆行する事態を黙認した
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”Refugees not welcome"

2016年02月28日 13時45分28秒 | Weblog





イギリスでも、移民、難民を排外する極右がいろんなところで目立つようになってきているようですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Pikachu invaded New York City

2016年02月28日 13時37分33秒 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3世代住宅補助反対 公務員住宅を3世帯住宅にしたらどうか?

2016年02月28日 13時20分42秒 | Weblog


2世帯住宅だってうまくいかないのに、3世帯住宅も多分だめ。

そんなにやりたければ、公務員住宅を3世帯住宅にしたらどうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加