ぼやかせていただいております。

日本人の発明品

2015年01月31日 12時37分08秒 | Weblog
日本人の発明品 「人類の生活」に影響を与えた数々=中国メディア

サーチナ 1月31日(土)6時41分配信


「現代中国語に極めて大きな影響を与えた」として日本の現代用語を列挙。科学、人権、社会主義、自由主義、治外法権、土木工事、工芸美術といった言葉に加え、アニメ、「腐」、ロリ、達人、人気など、比較的新しい言葉も日本からやってきたものであると伝えた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

微乳差別?

2015年01月31日 02時01分07秒 | Weblog
フォロー


ban small boobs

でググルとこの噂はオーストラリアについてあるようであるが、

http://skeptics.stackexchange.com/questions/15790/did-australia-ban-small-breasts-pornography<map id="map_skzxehrw" name="map_skzxehrw"><area coords="24,41,261,54" href="http://www.classification.gov.au/Public/Resources/Documents/2008%20media%20releases/1057%20-%20Media%20Release%20-%2013%20August%202008%20-%20Four%20anime%20films%20classified%20upon%20review.pdf" alt="" shape="rect" /><area coords="117,70,208,83" href="http://www.classification.gov.au/Public/Resources/Documents/2009%20media%20releases/Director_speech_-_Bibiographical_Society_Conferenc%20Monash%20University%20-13%20July%20%282%29.pdf" alt="" shape="rect" /><area coords="88,199,144,212" href="http://www.alrc.gov.au/sites/default/files/pdfs/publications/10_refused_classification_category.pdf" alt="" shape="rect" /></map>

law - Did Australia ban small-breasts pornography? - Skeptics Stack Exchange via kwout



その噂については嘘のようである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

消費増税にNO 累進課税の強化を

2015年01月31日 01時48分52秒 | Weblog
ピケティ氏、消費増税に「ノー」 都内の討論会で発言
2015年1月31日00時07分


 不平等の広がりを指摘した世界的ベストセラー「21世紀の資本」の著者で、来日中のトマ・ピケティ・パリ経済学校教授が30日夕、東京都内で討論会に出席した。日本の消費税率を欧州諸国並みの20~25%程度に引き上げるべきかとの質問に「ノーだ」と応じ、改めて資産や所得の多い人への累進課税の強化を訴えた。



この前の選挙のとき、野党が、消費税にNO 累進課税の強化、で結束すればよかったのになああ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The world's safest cities

2015年01月31日 01時40分28秒 | Weblog


The world's safest cities


東京はそんなに安全なのか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

’I have a place I would like to take you where I hung your grandpa’

2015年01月31日 01時26分12秒 | Weblog


“While (the victim) was taking Gaa’s order she asked if Gaa wanted white or wheat toast, to which Gaa responded: ‘I’m prejudiced. I’ll take white,’” court documents detail, adding the cashier then took his ticket to the grill before moving to the coffee area, which is available to the public.

“At that time, Gaa came up to (the victim) and grabbed her right arm, leaving bruises, and asked her if she liked to party.”

The victim said “no,” to which Mr. Gaa allegedly replied, “’I have a place I would like to take you where I hung your grandpa,’” court documents said.


黒人のウエイトレスに、「おねえちゃんのじいさんの首を吊った場所につれていきたいんがのお」といって腕をつかんで、怪我を負わせた白人男性。



Native American School Children Taunted with Slurs, Sprayed with Beer at South Dakota Hockey Game
Seriously, wtf is wrong with people?
By Jen Hayden / Daily Kos
January 29, 2015



アメリカの原住民児童たちに、蔑称をつかって、ビールをひっかけ、インディアン特別保留地に帰れ!と


在特会並み、というか以上の言動が日常の事件であるわけであるが、にもかかわらず、他国に使っているように、外国人嫌いの国とか、有色人嫌いの国とかいう形容詞を、メディアが普段使わないのが不思議だ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

軍事紛争では敵味方が残虐行為をするもの

2015年01月31日 01時13分30秒 | Weblog



‘Falling like dominoes’: 72 unarmed Sunnis allegedly executed by Shiite militias in Iraq
Published time: January 29, 2015 11:05
Get short URL



They were then taken to a field and were forced to kneel for around two hours, before some were led away to different spots in the settlement. There were over a hundred people present, witnesses stated.

"They took them behind the wall. Less than a minute, then a gunshot," Abu Omar said. "All we could hear was the gunshots. We couldn't see."

Another witness who spoke to Reuters said that the Iraqi government forces stood by helplessly and some were crying as the militias murdered the civilians. Another, Abdullah al-Jubouri, who hid in a pile of rubbish after seeing the Humvees approaching, said he saw soldiers and militiamen firing at lines of civilians – some of whom had their hands tied.

"I saw them falling like domino pieces," he added.


72人の非武装のスンニ派の村人が、ISISから村を奪還したシーア派の兵士により射殺される、と。


King Salman: Just five days in, Saudi Arabia's new king has already overseen a beheading


Tuesday 27 January 2015


サウジの新国王が、無実の疑いのある被告をすでに、斬首の刑に、と。


 ISISの残酷な行為ばかり宣伝されるが、軍事紛争とは、両者ともに、残酷の限りを尽くすもので、大手のメディアは自国、あるいは、味方に有利な情報だけ、大々的に報じるから、われわれは注意を要する。

 斬首についてもISISだけの話でもない。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”Expanding NATO on Russia’s Borders Raises Threat of Nuclear War”

2015年01月31日 01時01分27秒 | Weblog
Democracy Now
Friday, September 5, 2014 FULL SHOW | HEADLINES | NEXT: Did Major Countries Agree Not to Disclose Key...
Ukraine Ceasefire Takes Hold, but an Expanding NATO on Russia’s Borders Raises Threat of Nuclear War


あれ、よくみたら、2014年9月のものなんですね。なんで流れてきたんだろう?


TEPHEN COHEN: Yeah, it is. It certainly is President Obama. Look, here’s the underlying problem. What Obama just said implies, if not asserts, that if it wasn’t for Russia, Ukraine would be stable, that Russia has destabilized Ukraine. No serious person would believe that to be the case. Ukraine is in the throes of a civil war, which was precipitated by the political crisis that occurred in Ukraine last November and then this February, when the elected president of Ukraine was overthrown by a street mob, and that set off a civil war, primarily between the west, including Kiev, and the east, but not only. There’s a central Ukraine that’s here and there. This civil war then became, as I said it would or might when we first started talking earlier this year, a proxy war between the United States and Russia.

Now, it’s absolutely true that Russia has made the destabilization of Ukraine worse. It’s also absolutely true that the United States has contributed to the destabilization of Ukraine. But if tomorrow the United States would go away and Russia would go away, Ukraine would still be in a civil war. And we know what civil wars are. We had one in our country. Russia had one. There were many civil wars around the world in the 20th century and elsewhere today. The point is, the only way you can end a civil war, either the one side completely conquers and the other side gives up, as happened with the Confederacy in the United States, or there’s a stalemate or somebody says, "Enough killing, because these are brothers and sisters and mothers and fathers, they’re part of the same family," and you negotiate.


It’s not about whether Ukraine has the right to take back its territory. The problem is, as I just said, that a civil war began when we, the United States, and Europe backed a street coup that overthrew an elected president. When you overthrow a constitution and when you overthrow a president, you’re likely to get a civil war. It usually happens. Now, when you have a civil war, the country is divided. And in this case, the government in Kiev is trying to conquer where the rebels, so to speak, are located. The problem is that the rebel provinces do not recognize the legitimacy of the government in Kiev. The United States recognizes the legitimacy, but that doesn’t make it legitimate.

Now, let’s go to what’s going on in Kiev now. I mean, Obama also said—and I kind of chuckled and cried—that we are helping Ukraine build a democracy. What kind of democracy is unfolding in Kiev? All right, they had a presidential election. About a fifth of the country couldn’t vote. Now, Poroshenko has called a parliamentary election in October, a month from now. But where the war is, in the south and the east, they won’t vote. So you’re going to end up with a rump country, further dividing the country. Meanwhile, they’re shutting down democracy in Kiev. Communist Party is being banned. Another party that represents the east is being banned. People are being arrested. There’s censorship kicking in. There’s no democracy in Kiev, because it’s a wartime government. You just don’t get democracy. So, these assertions by the United States that we’re democracy builders, we’re virtuous, and it’s all Putin’s fault, this is—it’s worse than a half-truth; it’s actually a falsehood.




 ウクライナ問題ですけど、プーチンがウクライナを不安定化したのは確かだけど、同じようにアメリカも介入してウクライナ不安定化した。もっとも、ウクライナには、米ロの介入がなくても、そもそも内戦が起きており、内戦というのは、かなりの被害がでて、妥協するか、あるいは、一方が他方を徹底的に叩きのめすしか、出口はないのだ、と。

 オバマは通常兵器で、米Natoが勝っていると豪語しているが、そしたら、ロシアとしては、核兵器を使い始めるよ、と。



 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The corporate media divides us, it induces fear, and survives off of sensationalism

2015年01月31日 00時26分04秒 | Weblog
VIDEO: How The Corporate Media Beats The Drums Of War, Smears Alternative Voices
This speech was delivered by Mnar Muhawesh, editor-in-chief of MintPress News, in Minneapolis, MN on Sept. 10, 2014. Ms. Muhawesh was invited by peace advocacy group Military Against Military Madness to bring attention to how the media manipulates conflict narratives to drive public support for war and how alternative voices and independent journalism are smeared to discredit them to ensure control over US foreign policy narratives.
By Mnar Muhawesh @mnarmuh | November 12, 2014


Syria intervention plan fueled by oil interests, not chemical weapon concern

So what was this unfolding strategy to undermine Syria and Iran all about? According to retired NATO Secretary General Wesley Clark, a memo from the Office of the US Secretary of Defense just a few weeks after 9/11 revealed plans to "attack and destroy the governments in 7 countries in five years", starting with Iraq and moving on to "Syria, Lebanon, Libya, Somalia, Sudan and Iran." In a subsequent interview, Clark argues that this strategy is fundamentally about control of the region's vast oil and gas resources.


Exploring different scenarios for this trajectory, the report speculated that the US may concentrate "on shoring up the traditional Sunni regimes in Saudi Arabia, Egypt, and Pakistan as a way of containing Iranian power and influence in the Middle East and Persian Gulf." Noting that this could actually empower al-Qaeda jihadists, the report concluded that doing so might work in western interests by bogging down jihadi activity with internal sectarian rivalry rather than targeting the US:


These strategic concerns, motivated by fear of expanding Iranian influence, impacted Syria primarily in relation to pipeline geopolitics. In 2009 - the same year former French foreign minister Dumas alleges the British began planning operations in Syria - Assad refused to sign a proposed agreement with Qatar that would run a pipeline from the latter's North field, contiguous with Iran's South Pars field, through Saudi Arabia, Jordan, Syria and on to Turkey, with a view to supply European markets - albeit crucially bypassing Russia. Assad's rationale was "to protect the interests of [his] Russian ally, which is Europe's top supplier of natural gas."


The Iran-Iraq-Syria pipeline plan was a "direct slap in the face" to Qatar's plans. No wonder Saudi Prince Bandar bin Sultan, in a failed attempt to bribe Russia to switch sides, told President Vladmir Putin that "whatever regime comes after" Assad, it will be "completely" in Saudi Arabia's hands and will "not sign any agreement allowing any Gulf country to transport its gas across Syria to Europe and compete with Russian gas exports", according to diplomatic sources. When Putin refused, the Prince vowed military action.





VIDEO: How The Corporate Media Beats The Drums Of War, Smears Alternative Voices
This speech was delivered by Mnar Muhawesh, editor-in-chief of MintPress News, in Minneapolis, MN on Sept. 10, 2014. Ms. Muhawesh was invited by peace advocacy group Military Against Military Madness to bring attention to how the media manipulates conflict narratives to drive public support for war and how alternative voices and independent journalism are smeared to discredit them to ensure control over US foreign policy narratives.
By Mnar Muhawesh @mnarmuh | November 12, 2014



The fact that U.S. intelligence assesses that ISIS poses no current threat to the U.S. is repeatedly ignored by our politicians and media. In the last two months, President Obama and John Kerry have presented the American public with the idea that ISIS could pose a threat to the U.S. — which is why our “no boots on the ground” initiative against ISIS has begun, completely contradicting evidence provided by U.S. intelligence.

In fact, what the media has done is provided unlimited airtime to these politicians, analysts and pundits who directly profit from war, who represent the defense industries, who work for the oil companies and construction industries, without questioning them once.

It’s sectarian. They can’t get along. ISIS will attack us. The people in the Middle East need us. Our allies in the region support U.S. involvement.


Our media became the official mouthpiece for President Obama and Secretary of State John Kerry to promote airstrikes on Syria because, as our administration put it, the Assad regime is using chemical weapons against his own people.

It was weapons of mass destruction all over again. It was nearly the same narrative we used to justify the war in Iraq and we’re now using it to justify war in Syria. The Obama administration used the chemical weapons attack as a pretext for war.



Two days later, a MintPress article went viral. It was on-the-ground reporting from our journalists who spoke with Syrians in Ghoutha. We spoke with doctors, with rebels themselves, their family members, and we asked them, because those were the experts, those were the witnesses, and those are the people at the heart of the story: Who committed this chemical weapons attack?

And they told us that the al-Qaida-linked rebels let off the sarin gas and that the rebels were receiving arms, funding and even the sarin from Saudi intelligence.



But MintPress is not alone. Just a few months after our newsroom was bullied and attacked, a Pulitzer Prize-winning journalist by the name of Seymour Hersh made international headlines when he published an article called “Whose Sarin?,” which detailed leaked intelligence he had received about the U.S. knowing that the al-Qaida rebels had most likely propagated this sarin gas attack to frame the Assad regime as a pretext for war.

But Obama was being pressured by Turkey and Saudi Arabia to strike Syria.

And this Seymour Hersh we’re talking about here: [He’s] the same journalist who exposed the My Lai Massacre in Vietnam and its cover-up and exposed abuse at the Abu Ghraib prison in Iraq.


The role of journalism in the United States, as defined by the U.S. Constitution, is to act as a government watchdog and to work in the interest of the public to hold those in power accountable and prevent them from abusing their power.



The corporate media divides us, it creates boogeymen, it induces fear, and survives off of sensationalism and to hate what is different. Although the world is complex, we are actually interconnected more than we know.


Malcolm X once said, “If you’re not careful, the newspapers will have you hating the people who are being oppressed, and loving the people who are doing the oppressing.

Today it’s the Muslims, yesterday it was the Russians, and many years ago it was the Communists. Different enemies, altered narratives, same motive: money, oil, gas, resources and influence.




 なるほど。

 中東の英米の動きの背後には油あり、と。サウジや、カタールなどの米国の友好国の油のパイプラインを守りたい。それに反するイラン、イラク、シリア、ロシアなどは許さない。それには、 例えば、地元のスンニ派とシーア派の対立を煽ればよいと見込んだが、その結果がスンニ派の過激派が増長して、ISISのようになってしまった、と。

 動機は、金、油、資源、影響力なのだが、国民や国際社会に与えるメッセージは、イスラム教徒なり、ロシアなど、共産主義などの怪物をしたてて、脅威を煽り、われわれ同盟国とその国民を、その被害から守る必要がある、と表向き、言うわけですね。

 アメリカの大手メディアは政府の監視役ではなく、政府の口になっている、と。政府に会わないジャーナリストは誹謗され、いじめられ、大手メディアから除外される、と。

 新聞は脅威を煽り、対立、紛争、戦争の太鼓を打ち鳴らしているわけですね。マルコムXを引用して、新聞を読んでいると、弾圧されている人を憎みようになり、弾圧している側を敬愛するようになってしまうから気をつけないと、と。

 この間、NYTの記者のタブチさんがオバマ大統領を絶賛していましたね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

届くとも知れない声をあげている人のほうに共感する

2015年01月30日 10時30分41秒 | Weblog
 お花畑は沈黙すべきか
小田嶋 隆
>>バックナンバー2015年1月30日(金)5/5ページ


途中まではよかったが・・・



緊急事態で指揮を執る人間は、時には2つの相互に相容れない方針を掲げなければならない。内心にどんな戦略を畳んでいるのであれ、国民の生命と国家の尊厳をあずかるリーダーは、内心を真正直に語ってはいけないことになっている。だから、私は、安倍首相ならびに今回の事態の収拾に携わっている人々が、「建て前論」を繰り返していることそのものを批判しようとは思っていない。彼らはやるべきことをやっている。


 交渉が適切であったのかどうかは、状況が落ち着いた後に、すべての情報を総合的にチェックした上でないと判断できない。
 少なくとも、事態が動いている間は、外野の人間は、論評を控えるべきだ。


 が、より奥深いところで、テロリストは、彼らの外部にある豊かな世界が、彼らが住んでいるのと同じ恐怖と暴力の世界に変貌することを望んでいるはずなのだ。



ここまではよかった。




 実際、SNSや匿名掲示板には、この種の「自己責任論」が渦巻いている。

「私なら自害する」
「生きて虜囚の辱めを受けずという言葉を知らないのか」
「さっさと死ねよ」

 などといった、より直截なツイートと比べれば、田母神さんのツイートは、生ぬるいとさえ言える。
 それほど、ネット社会の論調は、戦時モードに近づいている。


ここにきて、おきまりの、 
軍靴の音が!
モードになってしまっている。

 私は個人的に
「私なら自害する」
「生きて虜囚の辱めを受けずという言葉を知らないのか」
「さっさと死ねよ」


この手の発言は見たことない。

むしろ、こうしたあるんだか、ないんだかわからない発言について、あると断定して、日本独自とかいわれる自己責任論批判をしている記事の方が多い。

国民健康保険におけるアメリカの壮絶な自己責任論を忘れてしまったかのごとくである。。

お高いところから、そんな論評しているより、
I am Kenji 殺さないでくれ!
と、届くともわからない声をあげている連中のほうにぼくは、共感するな。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

A British journalist of The Guardian hints that Japan is more dangerous than ISIS

2015年01月30日 03時00分08秒 | Weblog
New York Times op-ed hints that Russia is more dangerous than ISIS. 動画


2015/01/28 に公開

Thomas L. Friedman has predicted "Czar Putin's next moves" in the New York Times. "Ukraine matters — more than the war in Iraq against the Islamic State, a.k.a., ISIS." - he wrote, basically implying that Russia is worse than terrorists. Brad Cabana, political scientist is In the Now.


NYTでは、ISIS問題より、ウクライナ問題のほうが重要、つまり、ロシアのほうが、ISISより危険といっているようなもんじゃん、とロシアトゥデイ

英米の主流のメディアはプーチンをヒットラー、ロシアをナチに見立てるところも多く、NYTというのはリベラルのようにみえて、平和よりも対立を煽る雑誌だから、驚くに値しないが、”A racist at The Guardian? ”でとりあげた発言
なんかも

要するに、

Japan is more dangerous than ISIS
日本はISISより危険だ

と言っているようなものである。

(因みにこの人、先ほどこのツイートについた、”人種差別だ”、”ドイツ人の人質がついても同じこというか” ”関係ないじゃん”、などの都合の悪い意見を削除しているんじゃない?ーーーーそうだとしたら、ケツのアナ小さいね。)

戦後、英米と違って、平和主義を貫いても、左翼紙の論客でさえ、こんな感じなわけである。


中国人の2ちゃんねらー相当のネット住民が言っているわけではないのである。

”社会に向けて謝罪するとは。日本人は恐ろしい民族だ”


日本の情報発信が弱いともいえるが、しかし、左翼のインテリがこれだとすると、何やっても彼らの固定観念をぬぐうことはほぼ絶望的ともいえるかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”人の痛みのみが、ボクの痛みを和らげる”

2015年01月30日 02時00分42秒 | Weblog

女性殺害、名大女子学生の残忍犯好き ツイッターに「酒鬼薔薇聖斗」、麻原彰晃、加藤智大らの名前が...
2015/1/28 14:15



オオウチ
@thallium123
上中→聖ウルスラ→名古屋大学理学部一年(今ここ)→名古屋大学大学院→自宅警備員→刑務所→拘置所

宮城→愛知
9 画像と動画





酒鬼薔薇聖斗bot @SAKAKIBARA_bot · 19時間 19時間前
しをしている時だけは日頃の憎悪から解放され、安らぎを得る事ができる。人の痛みのみが、ボクの痛みを和らげる事ができるのである。
0件の返信 1件のリツイート 1件のお気に入り
返信 リツイート1 お気に入りに登録1
その他
酒鬼薔薇聖斗bot @SAKAKIBARA_bot · 21時間 21時間前
ボクがわざわざ世間の注目を集めたのは、今までも、そしてこれからも透明な存在であり続けるボクを、せめてあなた達の空想の中でだけでも実在の人間として認めて頂きたいのである。
0件の返信 3件のリツイート 6件のお気に入り
返信 リツイート3 お気に入りに登録6



酒鬼薔薇聖斗bot @SAKAKIBARA_bot · 1月28日

寝ているとき、誰かに首を絞められ、もがきながら相手の顔をみたら自分の顔だった。あの夢にはビックリした。怖かった。


鬼薔薇聖斗bot @SAKAKIBARA_bot · 1月26日
僕からお祖母ちゃんを奪い取ったものは『死』というものであり、僕にとって、『死』とは一体何なのかという疑問が湧いてきたのです。

酒鬼薔薇聖斗bot
‏@SAKAKIBARA_bot
お母さんは、えんま大王でも手がだせない。まかいの大ま王です。



フォロー

酒鬼薔薇聖斗bot
‏@SAKAKIBARA_bot

僕は小さい頃、親に『運動会で緊張するなら、周りの人間を野菜と思ったらいいよ』と言われていました。それで僕は、周りの人間が野菜に見えてしまうのです。


酒鬼薔薇聖斗bot @SAKAKIBARA_bot · 1月24日
僕は2月10日に何の理由もなく、またきっかけもない女の子二人のそれぞれの頭をショックハンマーで殴りつけたことから、到底越えることができないと思っていた一線を越えたのです。



フォロー

酒鬼薔薇聖斗bot
‏@SAKAKIBARA_bot

一旦人の道を踏み外したら、後は何をやっても構わないと思うようになり、人の死を理解して僕のものにしたいという欲望を抑えることが出来なくなってしまいました。




酒鬼薔薇聖斗bot
‏@SAKAKIBARA_bot

学校の正門前に首が生えているような『ちょっと不思議な映像だな』と思って見ていたのです。


酒鬼薔薇聖斗bot
‏@SAKAKIBARA_bot

僕には喜怒哀楽がない。
返信 リツイート お気に入りに登録
その他

フォロー

酒鬼薔薇聖斗bot
‏@SAKAKIBARA_bot

僕は自分で法律を作ったんですよ。



たしか、当時も文学者を唸らせていたと思うが、迫力のある文章ではある。


神戸連続児童殺傷事件
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アラブ外交団長 ”安倍首相の中東訪問のタイミングは非常に適切だった”

2015年01月30日 01時05分20秒 | Weblog


報道ステーション「イスラム国」特集でプロパガンダ放送と話題に。 #tvasahi
更新日: 2015年01月29日


見ていないからわからないが、イスラム国の主張や成立の経緯を理解させようとする番組のどこか悪いのか不明。


記事

永江一石
2015年01月28日 08:21

「イスラーム国の衝撃」を易しくかみ砕いてみた




記事

永江一石
2015年01月27日 11:30

読書感想文"「イスラム国」の正体"を読んで


まず、このグローバル・ジハード(世界視野の聖戦?)についてはここ10年で大きく変わっているということが大事なのです。ひとことでいうなら

各自が勝手にやってるバラバラな「組織とはいえない組織」

ということが特徴です。世界80ヵ国から集まってきて、トルコなどを経由して豊富な資金が流れ込み、欧米がアサド大統領打倒の応援のために「反政府組織」に付与した最新兵器で武装している。設立の時はNGOや有名政治家もかかわり、大量の資金が流れ込んだ。創立者というか最初に立ち上げたザルカーウィはすでに米軍に殺されている。いまはぶっちゃけ誰が仕切ってんのかもわからない状態というか、誰も仕切ってないわけだ。

指揮権がしっかりしていれば拉致の交渉は上と行えば良いが、末端が別々に勝手にやってるわけで、交渉するにもどこが窓口か全くわからない。アル=カイーダのほうがまだ良かった。しかし現在ではアル=カイーダとも敵対していて、しかも若者はアル=カイーダではなくてイスラム国にリクルートされてしまう。オウムも似た感じだったが統制はもっと取れていたから麻原逮捕で終わったが、イスラム国はサリンテロの犯人が何万人もいる感じで各自が適当にやってると思えば良いわけです。怖い。

イスラム国はそもそも欧米の対テロ戦争に対抗するためにこうした分散型で非集権的な組織を作り、結果としていくら爆撃してもそもそも司令部がないのだから効果も上げられないというまるでウイルスのような組織になってしまっている。


アルカイーダにしても、似たように頂点に立つ司令塔がないような印象を受けたが、いずれにせよ、ここらへんがやっかいなところ。




記事

ビデオニュース・ドットコム
2015年01月27日 22:31

「イスラム国」はイスラムではない・シアム駐日パレスチナ大使が会見



記者と大使との応答がチグハグなところがあるが、メモしたものを順番を無視して、整理すると

○イスラム国はイスラムではない
○”イスラム国”という名前は、日本人に誤解を与えるからやめたほうがいい(と外国人記者は言わせたかった)→ダーイッシュ
○テロはガンやウイルスのようなものだが、その根底には、貧困や教育、地域の絶望がある。
○欧州に勝手に引かれた国境が根底にあるのではないか、という質問に対して、周囲の大勢のイスラム教徒も苦しめられており、地域の貧困や絶望感のほうが問題、と回答。
○日本は中東問題に中立的で評価、また、貧困や教育に関して貢献している。
○安倍首相の中東訪問のタイミングは非常に適切だった。
○国として良いことをしていても単発的にこうした事件はおきうる。(記者は安倍首相の中東政策がまずい、といわせたかったのではないか)
○ダーイッシュの資金源、武器はどこからくるのかの解明が大事。

マガジン92015年01月28日 12:07イスラム国による人質事件。の巻 - 雨宮処凜

今回の事件で、安倍首相の批判する多くが、これを機会に、憎き安部失墜を狙おうという動機が見え隠れするものが多い。
批判しちゃいけないというわけではないが、そうした感情論や、隠れた動機が垣間見えると、いやな印象を受けるのである。

アラブ諸国に人道支援したらアカンのかいな。それを表明したらアカンのかいな? 中東訪問しなかったら人質事件も殺害事件も起きなかったのかいな?というとそうとは限らない。



Japan's 'Mercantile Realism' in the Middle East
Japan’s economic-based strategy was on display during Shinzo Abe’s tour of the Middle East.

Mina Pollmann
By Mina Pollmann
January 23, 2015


Japan continues to avoid military entanglements in the region. For example, Japan is not a participant of the U.S.-led coalition that began air strikes against Islamic State (IS) targets last August.


As this brief survey of Abe’s six-day trip reveals, Japan continues to rely on economic aid to advance its global interests. By focusing on humanitarian issues, Japan sought to minimize its participation in any military conflict. However, the distinction between military and non-military is not appreciated by the radicalized IS. In their online video, the militant said, “You [the Japanese government] proudly donated another $100 million to kill our women and children, to destroy the homes of Muslims.” The message equated Japan’s humanitarian support with the air strikes saying, Japan “has willingly volunteered to take part in this crusade.” Yet Japanese officials have, rightly, denied such a connection again and again.

Abe would have enjoyed a successful and highly-publicized week of Middle East diplomacy, relying on tried-and-true economic methods, had it not been for the hostage crisis. Whether Japan will experience a moment of soul-searching, similar to what followed the 2013 Algerian hostage crisis, or will continue to plod along the same path of economic diplomacy even as evidence mounts that it is no longer enough will depend on what lessons Abe and the Japanese public takeaway from this traumatic experience. IS was trying to push Japan out of the Middle East by inciting a public blowback against Japanese involvement. However, based on public statements since then, the attempt seems unlikely to succeed.

Though constitutionally and legally the role the Japanese Self-Defense Force will play in Iraq and Syria will continue to be proscribed, Abe’s enthusiasm to bringing stability to the Middle East through economic development appears unhampered.



 中東訪問は、経済支援と商業利益重視の外交の一環であって、非軍事的なものであり、中東過激派組織ダーイッシューーーとでも呼ぶべきだと思うがーーーの言いがかりに肩を貸すのはいかがと思う。



記事
弁護士ドットコム2015年01月28日 19:42「イスラム国弱体化のためには支配地域の住民を『支援』すべき」イスラム研究者が提案


これはその通り。


こうしたことやら、日本にいるイスラム教徒への暴言への対処を安倍ちゃんに迫るほうがよほど建設的だと思うが・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本でイスラム教徒に暴言を吐く日本人がいるらしいーーー恥かしいーーーマスコミも取り上げて欲しい。

2015年01月29日 17時23分26秒 | Weblog

Ahmad MAENO ‏@AhmadMAENO 1月25日
ここ数日の間に幼子を連れ歩いていただけで、すれ違いざまに「むすりむ、しね」とか言われて傷付いたとの同胞のコメントを見るにつけ、我が家でも子どもたちに現状を説明し、用心を促した
هان الأوان فنبّهت الأولاد عما يحدث الآن لكي يحذروا
0件の返信 726件のリツイート 178件のお気に入り
返信 リツイート726 お気に入りに登録178
その他

フォロー

Saeed Sato
‏@SaeedSato
@AhmadMAENO テロ集団は、ムスリムにとっても大迷惑ですね😵
息子の小学校でも「仲間なの?」「うわ~、イスラム国だ、殺される!」とか言われてます。
ما سلم حتى أولادنا من داعش
قيل لهم في المدرسة"أنت داعش تقتلنا"
返信 リツイート お気に入りに登録
その他


在日イスラム教徒に暴言を吐く日本人がいるらしいーーー恥かしいーーーマスコミも取り上げて欲しいものだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

風刺画問題ーーー読者に判断材料を提供するのはやめないでほしい。

2015年01月29日 15時58分14秒 | Weblog
仏風刺画:紙面掲載で中日新聞と東京新聞おわび
毎日新聞 2015年01月29日 11時19分(最終更新 01月29日 12時35分)


 仏週刊紙「シャルリーエブド」が掲載したイスラム教の預言者ムハンマドの風刺画を紙面で紹介した中日新聞と東京新聞(中日新聞東京本社)は、29日の朝刊で「イスラム教徒の方々を傷つけました。率直におわびいたします」とする謝罪文を掲載した。


 両紙は、シャルリーエブドが今月14日号で表紙に掲げた風刺画を14日朝刊などに掲載。これに対し、在日パキスタン人らのイスラム教徒2団体が「イスラム教徒を傷つけた」として謝罪を求める抗議文を提出していた。両紙は謝罪文と併せて掲載した説明で「読者に判断材料を提供するため」だったとし「イスラム教を侮辱、挑発する意図は全くありません」としている。



右翼の抗議デモや左翼の抗議デモーーーーーー最近ではサザンの事務所?前デモや官邸のダンスデモ?---について、いろいろ非難めいたことをいうひとがあるが、しかし、右翼にせよ、左翼にせよ、このイスラム教徒の抗議デモにせよ、民主主義社会では尊重されるべき活動である、と思っている。

抗議された側がどう対応するかは、しかし、また、別問題である。

今回の問題で、謝罪する必要があったかどうか?

この画像をみないと、「これはひどい、フランスの出版社はけしからん」とか、「これで怒るほうがおかしいのではないか」、など、判断の材料がなくなる。

一般人に、その方法は限定するにせよ、判断資料というのは、どうしても提供してもらいたいんだよなあ。

不快に思う人がいるかもしれないが、その方々には予めお詫びするとか、前文をおいても、、判断資料として提供する、という新聞社はなくならないでほしい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おばさんの萌え

2015年01月29日 15時22分21秒 | Weblog


村井理子(ジョージ大統領)
‏@Riko_Murai

昨日ファミレスで本を読んでいたら、地元の中学生男女が10人ぐらいで入って来て、ピザを一枚注文した。お店の人が、一人最低でも一品は注文してくださいと言うと、人数分のアイスクリームを注文。支払いは全部小銭でしよう、こんな時につかっておかないと邪魔になるやんかと、リーダー格の女子。


フォロー

村井理子(ジョージ大統領)
‏@Riko_Murai

でも、中にいたちょっと不良っぽい男の子が(私の目から見ればかわいらしいガキだけど)ぽつりと、「それはやめたほうがええ。おれはそういうの嫌や」と言ったので、オバサンは彼を抱きしめたくなりました。

Twitter検索クエリTwitterを検索
アカウントをお持ちの場合は ログイン
村井理子(ジョージ大統領) ‏@Riko_Murai 4 時間4 時間前

結局、不良の彼がまとめて支払ったんだけど、リーダー格の女子が「いえーい!ラッキー、おごってもらおうや~」とか言い出したので、オバチャンは家に戻って本格的に涙しました。

伊皿子りり子(タナカリエ)
‏@rie_tanaka
@Riko_Murai その女子、不良のカレの気を引きたいばかりの己の言動の空回り感に気付いたとき、大人の階段を上るんでしょうねえ(遠い目)
村井理子(ジョージ大統領)オガワナリくるみbuvery
19:33 - 2015年1月28日
村井理子(ジョージ大統領) ‏@Riko_Murai 3 時間3 時間前
@rie_tanaka りり子さんがお書きになった通りで、彼女、彼が好きなんだと思います。そもそも、男の子は家に帰る途中だったのだけれど、その女子に強く誘われて嫌々寄ったようなんですよ。最後どうなったのかはわかりません。オバチャンはつらくて見ていられなくて逃げ出しましたw

伊皿子りり子(タナカリエ) ‏@rie_tanaka 3 時間3 時間前
@Riko_Murai 甘酸っぱいよーw たぶんそのちょっと陰のある不良っぽい男子は、クラスで普通に優等生で性格のいい女子(いちばん目立つ美人じゃないが、5番以内には入る容姿)のことが好きだったりして、これから迎えるバレンタインデーが波乱の予感です。

村井理子(ジョージ大統領) ‏@Riko_Murai 3 時間3 時間前
@rie_tanaka 陰のある不良っぽい子、テニスラケットを2本持っていたんですよおおおおおおおおお(号泣) 雪の中、傘さして歩いていたんですよね。グッ、オバチャンの萌えポイントつかれてしもた!それで、その女子、身長170センチぐらいあったwww


村井理子(ジョージ大統領) ‏@Riko_Murai 3 時間3 時間前
@rie_tanaka でもその陰のある不良っぽい子がかわいいのは、アイスクリームのあとにプリンまで食べたんですよおおおおおwwwwww たまらん、若い男子がかわいくてたまらないwww

伊皿子りり子(タナカリエ) ‏@rie_tanaka 3 時間3 時間前
@Riko_Murai テニスラケット2本!!! それ鷲づかまれた!!! ぼそっと喋るんですよねー。体育館の裏で実はこっそり子猫に餌あげたりしているというシーンが欲しいところですwww

伊皿子りり子(タナカリエ) ‏@rie_tanaka 2 時間2 時間前
@Riko_Murai !!!それはもう、この有事に求められる正しい対応は…。
店員:「このチョコレートサンデーはあちらのお客様からです」
理子さん:(隣の席からわけしり顔でうなずきつつ心のなかで「たんとお食べ」とつぶやく)
ですねw


村井理子(ジョージ大統領) ‏@Riko_Murai 2 時間2 時間前
@rie_tanaka やればよかった、それ、やればよかった……。死ぬほどキモいと言われようとも、やっておけば!!w


フォロー

ぶたさんっ!(代表撮締役フォトグラファー
‏@J_Tphoto

@Riko_Murai 僕もセブン-イレブンでお釣りもらう時に、お姉さんがやたらしっかりと手を添えてお釣りを渡してくれたんですが、あれもやっぱ、、、(ドキドキ




 途中、よく、わからんところもある元陰のある不良っぽい男子で、いまでは野暮なおっさんであるが、おばさんが、萌えている会話がおもしろい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加