ぼやかせていただいております。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2012年06月30日 16時59分47秒 | Weblog
mozu
‏@mozumozumozu




MBC's The Shocking Reality About Relationships With Foreigners


마익흘 - Foreigner 외국인
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2012年06月30日 14時51分02秒 | Weblog
yung Lah
‏@KyungLahCNN

フォロー
I'm moving to a new bureau, out of Tokyo to the CNN LA bureau. Arigato, ‪#Japan‬. I will miss you.

mozuさんがリツイート




Grandson of civil rights leader lauded by Obama sues over alleged harassment
Ann Nixon Cooper's grandson Michael says he's been the victim of racial taunts and slurs at the hands of a former employer
Share 4


Email
Ed Pilkington in New York

guardian.co.uk, Wednesday 27 June 2012



The lawsuit alleges that while he was working as a salesman of car parts at M&S Auto, he was frequently denigrated with racial slurs. One of his supervisors called him "black daddy" and Dan – an acronym for "dumb ass nigger".

At other times he was called "stupid nigger" and "dumb fucking nigger". The owner of the scrap yard, Michael Bell, was alleged to have called him "my nigger", and shouted at him "get [your] fucking ass back down the hill" – a reference to the parts area of the yard.


Cooper's lawsuit, first reported by Wonkette, includes 14 counts of alleged discrimination and harassment. The complaints range from race discrimination to intentional infliction of emotional distress and negligence.

Most disturbingly, court documents allege how one of his white co-workers was paid extra money on top of his wages specifically to harass Cooper. Patrick Pearson recalls in an affidavit lodged with the court a telephone conversation he had with Bell. "He told me to harass Mr Cooper, call him a nigger and treat him bad so Mr Bell could get rid of him. He told me he would pay me $500 per week extra to do this. I asked Mr Bell what if I say 'no', and Mr Bell told me I wouldn't have a job. Because I needed my job, I did treat Mr Cooper badly."

That involved calling him once a "dumb nigger", and telling Cooper that when he saw a white man coming he was supposed not to show his teeth.

The lawsuit claims that the discrimination was not just verbal. At one point, when the business was said to be struggling, Bell cut the wages of all his workers by 10% – except Cooper, who had his money cut by 15%.
Asked by Cooper's lawyers whether he had any explanation for why he cut their client's pay more than anyone else, Bell replied: "No."

Then in August 2008, the day Cooper returned from sick leave having had a bout of West Nile virus, he was dismissed without explanation and replaced by a white worker.









The readers' editor on… problems with illustrating a feature on poverty
There is more than one issue here, a question of identification as well as ethnicity
Share 1


Email

Chris Elliott
guardian.co.uk, Sunday 24 June 2012 19.30 BST
Comments (30)

Poverty is not just likely to make a person hungry and cold; among other things it can stigmatise too. That's why illustrating a series of in-depth features in the Guardian on its causes was always going to require special care.

The focus of the series was a group of seven million adults who are all in work but still on the breadline, living in extreme financial stress. The premise was that this group's existence has been lost to some extent in politicians' emphasis on the "squeezed middle".

The series began on 19 June with a front-page story and two pages inside. On these two pages was a large picture of a mother with photos of her two children, when they were younger, with a much smaller "cutout" of another family of four. These pictures accompanied three family case histories – including the two pictured – that the Guardian intends to follow over the next 12 months with the Resolution Foundation, to see how they cope in their straitened circumstances.

The following day there was a smaller story on the front and again a double-page spread inside. These articles concentrated on how many of the children of these families go to school hungry. As a result, some teachers are taking food for pupils into school, and many of the children attend school breakfast clubs where they receive free or subsidised food.

Again there were two photographs on the inside pages. The larger one, which dominated the pages, was of three children sitting at a table at a breakfast club in a school in Brixton. The smaller picture was of a child at a breakfast club talking to Carmel McConnell, the CEO of Magic Breakfast, a charity that provides breakfast in 200 schools.

On the first day the photos depicted white people and on the second day all the children illustrating the articles, including those on the website, were African-Caribbean. This caused concern among some readers. One wrote: "I was very disappointed to see the image used was a young African-Caribbean school girl … They make up less than 2% of the population and there are far more white children being brought up in poverty."


abc
‏@aveshuhei


フォロー
ちがったんだ RT @Babylon_Bros: 顔食い男と、疑われた薬物「バスソルト」 http://www.newsweekjapan.jp/stories/us/201 …
suzukyさんがリツイート



Face-eater Rudy Eugene had no bath salts in system
The Miami-Dade medical examiner found only marijuana in the body of Rudy Eugene, the man who allegedly chewed off the face of Ronald Poppo.
Jill LangloisJune 27,


顔食い男と、疑われた薬物「バスソルト」
Face-eater Rudy Eugene Had No Bath Salts in System
ホームレスの顔面を食いちぎった男からは合成覚せい剤「バスソルト」は検出されなかったものの
2012年06月28日(木)17時28分
ジル・ラングロイス




Leaked: Shock footage allegedly shows Syrian family slain by rebels (GRAPHIC VIDEO)
Get short URL email story to a friend print version
Published: 28 June, 2012




HBO’s The Newsroom vs. Mainstream media lies
Get short URL email story to a friend print version
Published: 28 June, 2012



The fourth branch of power is finally back hitting America’s screens in a TV show, not in reality.
“A lot of countries do things better than the United States, but we can’t even have that discussion – because you are shouted down as unpatriotic,” said editorial columnist and author Ted Rall.




The Newsroom Season 1: Trailer #1






31 victims identified in widening Air Force sex scandal
By Chris Lawrence, CNN
June 29, 2012 --


(CNN) -- The U.S. Air Force has now identified at least 31 women as victims in a growing sex scandal, a four-star general said Thursday, and there might be more. The Air Force is broadening its investigation to "actively seek any others that may have been affected by this," Gen. Edward Rice, the commander of Air Force Training, said.
"We are taking a comprehensive look not only at the cases that we know, but trying to do the best we can to assess whether or not there are other cases out there," Rice told reporters at the Pentagon.


..............

The Pentagon estimates 19,000 sexual assaults occur each year. But only 14% of these crimes are actually reported. And less than 8% go to a court-martial.
..........



強姦 レイプ 通報率



US Troops Suicide Rate Highest In Decade
8:28pm UK, Friday 08 June 2012




By Greg Milam, US correspondent
The suicide rate among American troops has reached its highest level for a decade - with an average of nearly one a day this year.

The 154 suicides in the first 155 days of the year eclipses the number of US forces killed in action in Afghanistan in the same period.

The numbers have shocked the US military, which had been expecting them to fall after levelling off in 2010 and 2011.

Jackie Garrick, head of the Pentagon's new Defence Suicide Prevention Office, said: "We are very concerned at this point that we are seeing a high number of suicides at a point in time where we were expecting to see a lower number."

Officials believe the weak US economy may be playing a part as thousands of American troops head home from Afghanistan.

They say other explanations include combat exposure, post-traumatic stress and the misuse of prescription medications.

Army statistics have revealed that soldiers with multiple combat tours are at greater risk of taking their own lives.

But a substantial proportion of army suicides are committed by soldiers who were never deployed.

Kim Ruocco, whose husband, marine helicopter pilot Major John Ruocco hanged himself in 2005, said he was unable to bring himself to go for help.

She said: "He was so afraid of how people would view him once he went for help.

"He thought that people would think he was weak, that people would think he was just trying to get out of redeploying or trying to get out of service, or that he just couldn't hack it - when, in reality, he was sick.

"He had suffered injury in combat and he had also suffered from depression and let it go untreated for years. And because of that, he's dead today."

Critics say the US military is still not doing enough to recognise the problem.


軍隊 自殺


Cop keeps job after brutal restaurant attack leaves victim in critical condition
Get short URL email story to a friend print version
Published: 28 June, 2012



A Minneapolis, Minnesota police officer with a history of violence is out of jail and on paid home assignment after allegedly beating a man into critical condition while off the clock.
Sgt. David Clifford is still on the force even after the man he pummeled nearly two weeks earlier remains hospitalized. Brian Vander Lee, 43, has received two separate brain surgeries after an altercation with the 47-year-old Minneapolis Police SWAT Unit officer earlier this month almost ended in tragedy.


警官不祥事 police brutality







全国各地で原発抗議 官邸前「10万人」で騒然


”空気”というものなんだろうな。

しかし、私は賛否に関する説得的な議論を聞きたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2012年06月28日 07時30分05秒 | Weblog
Young and Global Need Not Apply in Japan

By HIROKO TABUCHI
Published: May 29, 2012



海外留学中の学生に就職説明会
6月26日 21時45分


国際的な事業展開を行う企業の間で、語学力と国際感覚を備えた人材の獲得競争が激しくなるなか、大手商社の三井物産は、海外に留学している日本人の学生を対象にした就職説明会を26日、東京都内で開きました。

この説明会は、海外に留学している日本人の学生が夏休みで帰国するこの時期に合わせて、三井物産が初めて開きました。
説明会では、資源・エネルギー事業に携わっている社員が、海外の大学を来年の夏に卒業する日本人の留学生などに日頃の仕事の内容を説明しながら、語学力や現地に早く順応する能力が仕事をするうえで欠かせないことを紹介していました。
説明会に参加したアメリカの大学に通う留学生は、「海外にいると日本の学生に比べて情報が不足しているので、この時期の説明会や採用を増やしてほしい」と話していました。
三井物産の磯崎憲一郎人材開発室長は、「海外への投資が増えるなか、世界で働きたいという意志を持った留学生は即戦力となる。国ごとに大学卒業の時期は違うので、将来的には就職説明会と採用を1年を通じて行えるよう準備していきたい」と話していました。




三井物産、内外の留学生に会社説明会 就活時期のずれに配慮
2012.6.26 19:32


三井物産がカフェで開催した日本人留学生ら向けの就活イベント=25日、東京・恵比寿(田中すみ子撮影)

 三井物産は26日、海外の大学に通い、夏季休暇で帰国中の日本人留学生や日本在住の留学生らを対象にした会社説明会を東京・恵比寿のカフェで開いた。29日までの4日間で約400人の参加を見込んでいる。公務員試験などで春に就職活動できなかった学生も対象になる。

 東大などが打ち出している秋入学の議論を背景に、留学生や中途採用にも積極的に門戸を広げ、国籍も問わず通年で優秀な人材を採用するのが狙い。

 同社は新卒総合職の採用選考は春の一括採用に加え、夏も実施。留学生を積極採用するために自社で説明会を開いたのは初めて。

 今回のイベントは2013年春から夏入社の学生が対象で、7月2日までネット上でエントリーシート登録を受け付ける。

 海外の大学に留学する大学生らは卒業時期などがずれるため、日本の就活に間に合わないことが多いことに対応する。


 日本語が読めても固定観念の虜になるのだから、英語しか読めないと日本・日本人を読み誤るわけである。

それにしても、

JackNew York
FLAG
I've seen this type of article in the NY times before. In this article, it's Ronan Sato, the graduate of oxford. In a previous article, it was a student from singapore who applied for but didnt get a job in Japan. Somehow we are supposed to imagine that these guys are the most ultimate awesome potential catches and how could the Japanese be so crazy as to not want to hire them. These are just individual people. The case has not been convincingly made based on a few blurbed out factoids that these candidates are super awesome and it's inconceivable that a company wouldnt hire them. Maybe Ronan Sato is not such a hot candidate after all. Care to publish his resume, videos of him interviewing, and so on, so we can have further information before concluding that the Japanese were absolutely out of their minds to not just snap him up instantaneously without "requiring further interviews in Tokyo"? Are we supposed to be aghast at the fact that "further interviews in Tokyo" would have been required for a job offer?
How about writing an article about a particular individual who applied for a job on wall street and didnt get it. Say, a Chinese graduate of beijing university. We can then indict the entire corporate culture of the US and say "international people need not apply for jobs".



固定観念的シナリオ、雛形先にありきで、アメリカの雑誌に雇われる記者というのは、調査能力もないが、創造性にも枯渇しているのだろうか?



mozu
‏@mozumozumozu

フォロー
Why Iran Should Get the Bomb http://j.mp/KLJazm @ForeignAffairsさんから イラン核武装による安定を説くケネス・ウォルツ氏の記事
返信 リツイート お気に入りに登録


日本も核武装したほうが地域の安全に貢献するのではないだろうか?








bcxxx ‏@bcxxx

モーリーは外人なのに外国かぶれなんだよな。正確に言えば外国かぶれ相手に外人として商売してるだけなんだけどさ。
suzukyさんがリツイート


なのかもしれないが、それは、

DJモーリー・ロバートソンの脱原発へのコメント

モーリー・ロバートソンが考える「運動論」


要するに、反原発でない、ことに対する腹いせで言っているのだろうか?だとすれば、在特会が在日いじめと同じレベルで、ますます、反韓デモと反原発デモが似てきたともいえる。






Japan

Tokyo's government officials will pay immigrants to get out of their country -- literally.

Passed in the spring of 2009, the "Nikkei" Law (Nikkei refers to a Latin American immigrant of Japanese descent) offers unemployed Latin American immigrants $3,000 to leave Japan and return to their home country, Foreign Policy reported. Their family members also get $2,000 for the relocation. There's just one catch: you only get the payment if you promise that you will never return to Japan to work. Not exactly the fairest trade we've ever heard


Australia


the country is still working off of its 1958 Migration Act, which mandates that non-citizens found to be in Australia without proper visas be detained. Furthermore, "unless they are granted permission to remain in Australia, they must be removed as soon as reasonably practicable," according to the country's Department of Immigration and Citizenship.

A report by Australia's Human Rights commission
found that the country's child refugees were abused and mistreated while in detention.




Aceface
‏@Aceface4ever


フォロー
「日本は外国人に金を払って国外に追い払っている」というが、帰国したいが、貯金がないブラジル人およびペルー人に航空賃を肩代わりする、ということのどのあたりが「外国人に優しくない」のか聞いてみたい。彼らには日本で失業者として生きることも乞食や犯罪者として生きるという選択肢もある。
返信 リツイート お気に入りに登録

suzukyさんがリツイート


それに、帰国するとき金払っているの日本だけじゃないし。




suzuky
‏@suzuky


フォロー
「やりがい搾取」の批判が英米でも。「仕事がどんどん無料奉仕になりつつある。アメリカ発祥のやり方で、労働力と金銭の交換でなく、会社への忠誠心とか情熱とかが求められ……」と伝えるインディペンデント紙の記事。 http://blogs.independent.co.uk/2012/06/27/how …
返信 リツイート お気に入りに登録



Much of this is an American cultural import, with US companies keen to instil in their staff a cultish sense of belonging,instead of the focus being on rights enjoyed by workers of previous generations. Corporate employee songs are a common way of whipping up loyalty (sample lyrics: “We built this Starbucks on Heart and Soul”; “blue box values are the best, I work for American Express” and “Oh happy day…When Ernst and Young showed me a better way…”) Walmart shelf stackers sing a daily devotional chant to their multi-billion dollar corporate employers, the same bosses that methodically discourage union membership. Microsoft boss, Steve Ballmer went viral on youtube with a perspiration-heavy display of corporate passion.



アメリカ人ならあれは日本式だというかもしれんな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2012年06月26日 08時03分45秒 | Weblog
mozu
‏@mozumozumozu


フォロー
JBPress 鈴木宗男事件で遠ざかった北方領土問題の解決 http://bit.ly/KkULkf  筆坂秀世氏の記事。反省している。もう全千島返還要求ではない訳だ。
返信 リツイート お気に入りに登録


mozu
‏@mozumozumozu


フォロー
British colonialism and anti-gay laws | FP Passport: http://j.mp/LiQ929  反ゲイ法の存在は宗教要因に加えて旧宗主国の法的制度の影響が大きく、コモンロー圏と大陸法圏で対照的であると。これは前から思っていた。
返信 リツイート お気に入りに登録

http://www.debito.org/?p=10331#comment-338725
PJ Says:
June 20th, 2012 at 9:36 pm
So he brings up some valid points, but he shoots himself in the foot with “saving face”, “guests”, and a few other points in the article that beg to be criticized.

I see this whole article as a cleverly planned advertisement for his business aimed directly at native English speaking males with mediocre Japanese language skills and a very little time in Japan.

My advice: if you need professional counseling, find someone who at least has the balls to advertise out in the open rather than trying to hide behind a poorly written newspaper article.



Talking about Debit and his articles on Japan Times?


Pensioner, 63, lay dead in armchair for 10 months before her body was found by electricity worker trying to cut off power
Body of Maureen Wood was found in her Burnley, Lancashire, home last October
She had not been seen or heard from since January 2011
By GRAHAM SMITH
PUBLISHED: 10:11 GMT, 20 June 2012



Assange's mother: Australia puppet govt aided US persecution of Julian (EXCLUSIVE)
Get short URL email story to a friend print version
Published: 20 June, 2012,




Then, once Julian had been detained in Britain for seventeen months, she has continued to refuse to question him either at Scotland Yard, or the Swedish Embassy, and my son says the reason for this is that once he’s questioned, then they have to either let him go or charge him, and obviously they have no evidence to charge him.That’s why they’re not questioning him, and people who have studied this case believe it is nothing more than a holding case for a US extradition.
RT: Let’s now talk about the reaction to this in Canberra, In Australia his home country. Earlier Julian said he was abandoned by his own country, so what reaction would you like to have seen from Canberra at this point?

CA: Well unfortunately we have a puppet government in Australia, it’s run by the US, but I would have liked to have seen the Australian government stand up and have some independence from US foreign policy, and say “no, what you’re doing is persecuting a journalist who has not been charged with anything and under your own first amendment has done nothing wrong.” They didn’t stand up, they should have stood up. They should have protested vehemently to the UK government for its disgraceful display during the hearings.










NSA won't say how many Americans they've spied on; cite "privacy" concerns
Get short URL email story to a friend print version
Published: 19 June, 2012,







菅氏が10分以上激高・糾弾に違和感…報告書

福島原発
 東京電力が20日に発表した福島第一原子力発電所事故調査報告書の要旨は次の通り。(肩書は当時)


 ◆福島第一原発からの一部所員退避


 3月14日夕刻、2号機では、原子炉への注水作業が困難を極めたことや格納容器ベントもできないなど非常に厳しい状態となった。14日19時30分前後、本店と同発電所間で退避基準について議論された。本店、発電所ともに、事故対応に必要な人間は残し、事故対応を継続することは大前提だった。

 14日19時45分頃、武藤原子力・立地本部長が「退避の手順」を検討するよう部下に指示し、退避の手順書が作成されている。当該手順書には、避難する人員は緊急対策メンバー以外であることが明記されており、危機回避のための活動は継続する意志が示されている。当該手順書の最終更新は15日3時13分であって、菅首相が清水社長を呼んで撤退の有無を確認する前の作成である。

 14日18時41分から20時34分の時間帯、及び15日1時30分頃に清水社長から経済産業相秘書官などに電話をかけていることが確認されている。

 清水社長が電話で海江田経産相に伝えた趣旨は、「プラント状態が厳しい状況であるため、作業に直接関係のない社員を一時的に退避させることについて、いずれ必要となるため検討したい」というものであり、全員撤退などというものではなかった〈「撤退」ではなく「退避」という言葉を使った〉。なお、吉田所長は最初から一貫して、作業に必要な者は残す考えであった。

 15日5時35分、菅首相が当社本店に入り、本店社員やテレビ会議システムでつながる発電所の所員に、全面撤退に関して10分以上にわたって、激高して激しく糾弾、撤退を許さないことを明言した。本店、発電所共に、もとより対応に必要な人間を残す考えであったため、大きな違和感を感じた。

 プラントが危機的な状況にあっても、吉田所長を筆頭に発電所幹部、緊急時対策班の班長が指名した者など総勢約70人は、身の危険を感じながら発電所に残って対応する覚悟を持ち、また実際に対応を継続したということが厳然たる事実である。この行為は、菅首相の発言によるものではない。

(2012年6月21日09時50分 読売新聞)








Black female speaks about “anti-black” experiences in Korea


http://innerstandingisness.wordpress.com/2012/06/20/black-female-speaks-about-anti-black-experiences-in-korea/





growing up mixed blk and japanese






No money for forced sterilization victims in NC

By MARTHA WAGGONER, Associated Press – 1 day ago
RALEIGH, N.C. (AP) ― The first serious proposal to compensate victims of forced sterilization failed Wednesday when North Carolina legislators said they were not approving any money for them. One ardent supporter declared: "At this point, I have lost all hope."
The effort to give each victim $50,000 passed the House, but the Senate never gave the measure consideration. Republican lawmakers in that chamber said the state didn't have the money in such a tight budget year to make up for misguided, decades-old procedures. Legislators also feared paying the victims would lead other groups, such as descendants of slaves, to seek reparations.
"If you could lay the issue to rest, it might be one thing. But I'm not so sure it would lay the issue at rest because if you start compensating people who have been 'victimized' by past history, I don't know where that would end," Republican Sen. Austin Allran said.
Most states had eugenics programs but abandoned those efforts after World War II when such practices became closely associated with Nazi Germany's attempts to achieve racial purity. Scientists also debunked the assumption that "defective" humans could be weeded out of the population.
North Carolina stood out because it actually ramped up its program after the war.
Between 1929 and 1974, North Carolina forcibly sterilized about 7,600 people whom the state deemed "feeble-minded" or otherwise undesirable. Many were poor black women.
A group set up to help North Carolina victims estimated up to 1,800 were still living, though it had only verified 146 people.



強制堕胎 黒人差別 歴史問題




Hate Group Leader to Serve as California State Judge
Posted in Antigovernment by Leah Nelson on June 20, 2012




He is, however, founder and head the United States Justice Foundation (USJF), an anti-Muslim hate group that insists Muslim terrorists, with Obama’s help, are engaged in a campaign to destroy the U.S. Constitution and establish a government based on Islamic Shariah law.


Anti-Japan hate group もいるから、参考になる英文。


「原発いらない」1500人集い抗議活動 関電本店前で

韓国ドラマいらない、デモ との違いはいか?



住民投票―民意反映の回路増やせ


もちろん、住民が必ずしも合理的判断をするとは限らない。だからこそ、賛否両論のテーマについて、討論を通じて意見の変化を見る「討論型世論調査(DP)」や、くじで選ばれた市民が地域の課題を繰り返し話し合う「市民討議会」という新たな手法も広まってきた。



うーん。で、原発に関して市民討論会しっかりやっているのかい?報道しないだけか?
たんに、ああ、もうこうした事故はまっぴらだ、という情緒だけで反原発も多いようだが・・・

mozu
‏@mozumozumozu


フォロー
‘The Scars of Stop-and-Frisk’ -NYT http://j.mp/KV2uvs まるでフランス警察みたいなり
返信 リツイート お気に入りに登録



By Julie Dressner and Edwin Martinez
The Scars of Stop-and-Frisk: A short documentary film on New York’s stop-and-frisk policing focuses on Tyquan Brehon, a young man in Brooklyn who says he was stopped more than 60 times before age 18.
By JULIE DRESSNER and EDWIN MARTINEZ
Published: June 12, 2012

Last year, police officers in New York City stopped and frisked people 685,724 times. Eighty-seven percent of those searches involved blacks or Latinos, many of them young men, according to the New York Civil Liberties Union.





West Memphis 3 mom sues to see murder evidence
Get short URL email story to a friend print version
Published: 23 June, 2012,


It’s been 19 years since Pam Hicks lost her son in a grim triple murder that is still talked about today. But in the latest episode of the infamous West Memphis Three case, Hicks is suing the police to see evidence they’ve kept from her since 1993.



Little Rock’s KTHV News reports that the state’s Rights of Victims of Crime Act reads that, in instances of crimes such as the one against Branch, "The responsible official shall promptly return the property to the victim when it is no longer needed for evidentiary purposes, unless it is contraband or subject to forfeiture."
Authorities argue that it’s just not possible, though. In Hicks’ last appeal to the City of West Memphis, officials responded that the same legislation is not applicable if evidence was “retained by a law enforcement agency following a conviction for a violent offense.”
“In accordance with A.C.A. §12-12-104(b), following any conviction for a violent offense, the physical evidence is required to be permanently impounded and securely retained by the law enforcement agency."


West Memphis Three

ウエスト・メンフィス3事件



被告少年達は地域内では普段から変わり者と見られ、悪魔崇拝者との噂もあったことに対し、地域の大衆がメディアの報道や普段からの偏見によって煽動されパニック(モラル・パニック)を起こし、少年達を犯人に仕立て上げた冤罪ではなかったかとの批判も根強い。




Web of Hate
Cyber-bullying has become a major issue in Australia, leading to anxiety, withdrawal from school and even suicide.
101 East Last Modified: 13 Apr 2012


オーストラリア いじめ インターネット


OP-ED COLUMNIST
Bullies on the Bus
By CHARLES M. BLOW
Published: June 22, 2012


いじめ





BBC Panorama - Stadiums of Hate - Euro 2012






Ukraine attacks BBC Panorama documentary as 'provocation'
BBC film claimed racism was rife in Ukraine ahead of the Euro 2012 football championships which are being held in the country
Share 45


Email
Luke Harding in Kiev and Kamil Tchorek in Warsaw
guardian.co.uk, Wednesday 13 June 2012 19.03 BST



Voloyshn said the BBC had not answered the questions of how widespread racism was in Ukraine, and how serious the risk was to fans. He said racism was a problem that undoubtedly needed to be addressed, but said that Britain and other EU countries suffered from it too.





Ornstein accused Panorama last week of selective or "tendentious" reporting and said his remarks that isolated incidents of anti-semitism were not representative of Poland as a whole were dropped because they didn't fit the BBC's "sensationalist" agenda.




Deportee families face unfair attack
Share 2



Email
guardian.co.uk, Monday 18 June 2012 21.00 BST
Today, parliament will debate measures "to protect the public from foreign criminals who try to hide behind family life as a reason to stay here" (Report, 8 June). Such inflammatory rhetoric ignores the reality of the harm which can be caused when families are split by a parent's deportation. The Home Office has removed parents from the UK without making any proper checks as to the whereabouts and care arrangements of children who are left behind. These children may have been born and brought up in the UK, and are faced with unthinkable "choices". They can either leave behind family and friends in the UK to get on a plane to a country that they have never been to, or be separated from their parent for the rest of their childhood.




カルデロンのりこ


(5完)原発オプションは捨てず ドイツ「脱原発」のしたたかさ
2012.6.24 21:00 [節電・原発]


2つある原子炉のうち1つが停止されたドイツのネッカーベストハイム原発。福島第1原発の事故を受けて、脱原発が進む

 東京電力福島第1原発事故などをきっかけに、脱原発を決めたドイツとイタリア。日本でも脱原発依存の動きが進むが、両国と日本ではエネルギーを取り巻く環境が全く異なる。日本は島国のため電力の輸出入ができないのに対し、欧州は各国間で電力を融通できる送電網が存在するためだ。

 ドイツは昨年7月、原発17基を2022年度末までに全廃することを決定。再生可能エネルギーの割合を2050年に80%まで引き上げる目標を掲げるが、これが不調でも、フランスから電力を買って不足分を補うことができる仕組みが出来上がっている。


福島第一事故直後、経営破綻も考えた…東電会長




 東京電力の勝俣恒久会長(72)は、読売新聞のインタビューに応じ、「(福島第一原子力発電所の)事故直後は会社更生法の適用申請も考えた」と経営破綻も選択肢に入れていたことを明らかにした。

 勝俣氏が原発事故後にインタビューを受けるのは初めて。

 事故時に清水正孝前社長が福島第一原発から全面撤退する考えを政府に伝えたとされる問題については「最初から考えていなかった」と答えた。そのうえで、「(当時の吉田昌郎)所長が各班長にしかるべき人を残せと言い、70人ぐらいが残った」と説明した。
(2012年6月26日07時39分 読売新聞)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2012年06月18日 14時27分09秒 | Weblog






米の放射線実測図、政府が放置 原発事故避難に生かさず



東京電力福島第一原子力発電所の事故直後の昨年3月17~19日、米エネルギー省が米軍機で空から放射線測定(モニタリング)を行って詳細な「汚染地図」を提供したのに、日本政府はこのデータを公表せず、住民の避難に活用していなかったことがわかった。


自衛隊機はでなかったのか?

もしでていなかったとしたら、危機管理の問題として、そちらのほうも、”属国”日本の悲しい現実。




suzuky
‏@suzuky


フォロー
日本の非道は歴史的事実として真摯に向き合ってるつもりだけど、イギリスのこのやたらと第二次大戦を語りたがる姿勢、とくにドイツと日本をボロクソに言いたがる態度も何とかしてほしい。彼らにとっては「最後の勝利」だから仕方ないわけだが。
返信 リツイート お気に入りに登録







iLikeDolphins June 14, 2012 at 6:26 pm

That’s why I think the good guys and the bad guys are both scum. You’re all looking down on the populace, maybe you wanna hate them maybe you just wanna help them along, but deep down you know it’s like the difference between a kind slave master and a ruthless one.


Tepido の人もすべてそうだ、というつもりはないが、しかし、欧米人ーーー白、黒といった”人種”ではないーーーの中のかなり人たちがこうした意識を持っているという印象はぬぐいきれない。


Terrie takes an inaccurate look at Govinda Prasad Mainali

 外国人お断りの掲示を外したことについて、それを不服として言いがかりをつけるこのJustin Theme というじいさんがまた知ったかぶりをしている。 
 そして、日本語の文献の現実の引用もないのに、それを無批判にありがたがる構図もいかがなものか、と。



suzuky
‏@suzuky


フォロー
②米保守の思想「政府に頼らない中で、個々人の努力と相互扶助でコミュニティが維持されるようにしたい、そのためには何よりも機会の平等と、実際にサクセスストーリーを応援し続けることが大事だというのが彼等のイデオロギーの核にはあるからです。」 http://www.newsweekjapan.jp/reizei/2012/06 …
返信 リツイート お気に入りに登録







ハーバードはどうしてホームレス高校生を何人も合格させるのか?



アメリカの保守思想というのは、小さな政府を実現するためには弱者を切り捨ててもいいという「割り切り」はしないのです。政府に頼らない中で、個々人の努力と相互扶助でコミュニティが維持されるようにしたい、そのためには何よりも機会の平等と、実際にサクセスストーリーを応援し続けることが大事だというのが彼等のイデオロギーの核にはあるからです。


 それが保守の思想かどうかは知らないが、その手のサクセスストーリーの中にある相互扶助で、貧者・弱者は救われるべきだ、いや救われているのだ、という”信仰”のようなものが蔓延しているのではないか、と、アメ部外者にとって、思えることはしばしばある。



Gunze on 2012 June 11 at 5:41 pm said:
It’s kind of ironic that the New York Times would make that kind of comment.

One might apply that standard to their own reporters.

For example, Hiroko Tabuchi who is a graduate of the Canadian International Academy in Kobe is half-Chinese; perhaps we need to closer examine her writing for any pro-Chinese ‘slant’ (which some allege there is).

Norimitsu Onishi was born in Ichikawa Chiba and claims he is “Japanese-Canadian” however in truth he is/was a naturalized Japanese citizen of (North) Korean descent; and, in this case, his background and alleged bias in writing has not gone unnoticed.

Sins of their (Chinese, Korean) (grand) fathers?

Sounds like a familiar title.


このネタはどこまで裏づけがとれるだろうか? 裏が取れたら面白い情報ではある。

いずれにせよ、英米に渡って日本ネタを切り売りする女性ジャーナリストは、比較的金持ちのお嬢様が多いのはなぜだろうか?


suzuky
‏@suzuky

フォロー
しかし「世間」では①再稼働抗議に1万人も集まったこと、②そこで「遺影」をやったんで批判してる人がいること、のどっちも知らないんじゃね、テレビ新聞でほぼやらないので。というわけで葬式批判も微妙に空しい。
返信 リツイート お気に入りに登録


右翼や左翼のデモの活動趣旨に賛同するものではないが、デモをやってもマスコミが取り上げてくれないという不満は右翼からも左翼からもあるようで、こうしたことから、市民や庶民がメディアを信頼しなくなるのかもしれない。

 英語メディアに勤める記者は言うに及ばず、日本のジャーナリストたちも市民や庶民の感覚からかなりかけ離れた生活をしているのではないか?




Google: Western governments increasingly indulge in online censorship
Get short URL email story to a friend print version
Published: 18 June, 2012,


検閲


For instance, the Spanish Data Protection Authority wanted Google to remove 270 search results that linked to blogs and sites referencing individuals and public figures as well as three blogs and three YouTube videos. Google did not comply.
Canada’s passport office asked Google to remove a YouTube video of a Canadian citizen urinating on his passport and flushing it down the toilet. Google did not comply.
The Polish Agency for Enterprise Development requested removal of a search result that criticized the agency, as well as eight more that linked to it. Google rejected the request.
A local US law enforcement agency wanted Google to take down 1,400 YouTube videos for alleged harassment. The company refused. A separate request from another agency asked to remove five user accounts over alleged harassment and threats. Google terminated four of them, removing approximately 300 videos, but left the remaining account intact.
Also in the US, a court ordered Google to remove 218 search results that linked to allegedly defamatory websites. The company removed a quarter of the cited results.

Pakistan wanted Google to remove videos satirizing the national military, which the company did not do.
Turkish authorities had Google restrict access to videos about the founder of modern Turkey Mustafa Kemal Atatürk. Insulting him is a crime in the country. Similarly, in Thailand Google had to block local users from viewing more than a hundred videos allegedly insulting the monarchy.
Bolivia, Jordan, the Czech Republic and Ukraine were noted in the report for asking Google to remove content for the first time.



Anti-protest law lands Canada on UN human rights watch list
Get short URL email story to a friend print version
Published: 18 June, 2012,



The UN High Commissioner for Human Rights is set to criticize Canada for the controversial law passed by the province of Quebec to clamp down on student tuition protests.
Navi Pillay, the United Nations’ highest human rights official, is expected to lash out at the country, seen as one of the freest in the world, in a Monday address to the 47-nation UN Human Rights Council, reports the Geneva-based monitoring group UN Watch, which obtained an advance copy of her speech.
“Moves to restrict freedom of assembly continue to alarm me, as is the case in the province of Quebec in Canada in the context of students’ protests,” the commissioner is to say.
Quebec’s Bill 78 restricted the rules for organizing mass gatherings in the province as well as racked up fines for violations during mass events


カナダ 抗議するための集会の自由も制限は不当、とーーーーというわけだが、どのような制限なのか、はっきりしないので、なんともいえない。

表現の自由

フジ「めちゃイケ」の酒豪企画に文書で抗議



 9日夜に放送されたフジテレビ系バラエティー番組「めちゃ×2イケてるッ!」の、出演者の酒豪ぶりを競う企画に対し、酒の一気飲みで子供を失った親たちで構成する「イッキ飲み防止連絡協議会」などは18日、「危険なアルコールの飲み方を肯定し助長する内容」として、同局に謝罪と再発防止への取り組みを求めて、文書で抗議した。



Stop-and-frisk protesters in New York march on mayor's house
Demonstration opposing police programme many believe victimises ethnic minorities ends with arrests and violence
Share 80


Email
Ryan Devereaux in New York
guardian.co.uk, Monday 18 June 2012



Thousands of New Yorkers took to the city's streets on Sunday in a silent march to mayor Michael Bloomberg's home to protest against the city's controversial stop and frisk policy.

Critics say the programme has resulted in a two-tier system of justice that disproportionately targets black and Latino communities.



 日本では、職務質問について文句のある欧米人人がいるようであるが、祖国でやるようにデモでもしたらよいのにと思う。もっとも、いかんせん、この種の人たちは、何年日本にいても、日本語の読み書きができない、しゃべれない。


みんなだまされるなよ。上杉隆が言ってたのは『メルトダウソ』だよ。 @uesugitakashi



【速報】上杉隆の「炉心溶融を政府が認めていなかった」がデマだったことがあらためて確認された。 @uesugitakashi



mozu
‏@mozumozumozu



フォロー
Best and worst countries for women - WaPo http://j.mp/LrBbDG 女性の地位に関するG20諸国のランキング。よく分からないけれどイタリアに勝ってるな。
返信 リツイート お気に入りに登録
2012年6月15日 - 8:02 Tweet Buttonから · このツイートをサ



7. Japan

Japanese women have a life expectancy of 87 years, according to the U.N., but they are under-represented at the political level. Only 11 percent of seats in the parliament’s lower house are held by women, according to the Inter-Parliamentary Union. In this photo, a woman waits for visitors in front of a smartphone accessories booth at Wireless Japan 2012 in Tokyo.
Issei Kato / Reuters



G20 countries: the worst and best for women
Source: Thomson Reuters Foundation Map: Hyperakt
1 9 . I N D I A
1 8 . S AU D I A R A B I A
1 7. I N D O N E S I A
1 6 . S O U T H A F R I C A
1 5 . M E X I CO
1 4 . C H I N A
1 3 . R U S S I A
1 2 . T U R K E Y
1 1 . B R A Z I L
1 0 . S O U T H KO R E A
9 . A R G E N T I N A
8 . I TA LY
7. J A PA N
6. UNITED STATES
5 . F R A N C E
4 . AUSTRAL I A
3 . U N I T E D K I N G D O M
2 . G E R M A N Y
1 . C A N A DA





The best and worst G20 countries for women
A Thomson Reuters Foundation global poll of experts
In late spring 2012, Thomson Reuters Foundation conducted a global perception poll of
gender experts to rank the countries of the Group of 20 nations on how well women in these
countries fared.
The poll by TrustLaw Women, the Foundation‟s women‟s rights news and information
service, asked 370 gender experts from five continents a number of key questions to
establish a ranking of the G20 countries. The experts surveyed included aid professionals,
academics, health workers, policymakers, journalists and development specialists. All were
chosen for their expertise in gender issues.
Questions
Respondents were asked to rank the three best and three worst countries for women in
seven different categories. These categories included:
Workplace opportunities – keeping in mind job discrimination; sexual
harassment; gender wage gaps; “glass ceilings”; inequality between women
and men in management/executive jobs; maternity leave rights; access to
affordable childcare
Access to resources – keeping in mind equal access to education; equal
division of domestic labour; land, property and inheritance rights
Participation in politics – keeping in mind women elected to political office;
women in government positions; voting rights
Quality of health – keeping in mind maternal mortality; access to healthcare;
control over reproductive health; HIV/AIDS; access to adequate nutrition
Freedom from violence – keeping in mind domestic physical and mental
violence; rape and other sexual violence; sexual harassment; access to
justice in case of rape; conflict violence; cultural/religious traditions (acid
attacks, female genital cutting, child marriage, stoning, physical mutilations,
female infanticide/foeticide)
Freedom from trafficking and slavery – keeping in mind domestic
servitude; unpaid labour; sexual slavery
Overall – keeping in mind the issues above, participants rated the top three
best and worst countries for w
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2012年06月15日 10時46分55秒 | Weblog
OurManInAbiko ‏@ourmaninabiko
Debito is to the Japan Times what Glenn Beck was to Fox News.
mozuさんがリツイート
閉じる
返信 リツイート お気に入りに登録










ジャカルタで日系女性殺害か…浴室で手足縛られ
 
【ジャカルタ=梁田真樹子】在インドネシア日本大使館によると、大使館領事部非常勤職員でインドネシア国籍の岩田せつ子さん(66)が4日、ジャカルタ市内の自宅で死亡しているのが発見された。

岩田さんは浴室で手足を縛られた状態で見つかり、地元警察で殺人事件とみて調べを進めている。

 岩田さんは、インドネシア人の男性と結婚して国籍を取得した。夫の死亡後は独り暮らしで、1年半ほど前から領事部で週3回働いていた。

(2012年6月5日01時31分 読売新聞)



suzuky
‏@suzuky


フォロー
当たり前だけどシャネルって「働く女性」用のバッグなんて作らないよねw
返信 リツイート お気に入りに登録



mozu
‏@mozumozumozu

フォロー
時事ドットコム:「文民統制上、問題」=民間人防衛相に疑問の声-内閣改造 http://j.mp/KMlQR7  なにが問題となっているのかがよく分からない。
返信 リツイート お気に入りに登録

右に同じ。私もわからない。


ian bremmer

‏@ianbremmer

フォロー
Should Japan double down on US? If US-China deteriorates, they're in much better shape if so. And if not, no downside. Not a tough choice.
返信 リツイート お気に入りに登録
7:23 PM - 13 6月 12 Twitter for iPhoneから · このツイートをサイトに埋め込む
13時 Eric Burroughs ‏@ericbeebo
@ianbremmer re Japan, especially when China is pushing its South China Sea neighbors into the US umbrella already - even Vietnam!


double down 「~に賭け金を増やす」「~にさらに賭ける」「さらに積極的になる」
downside






東電OL殺害 検察を敗北に導いた新証拠(6月8日付・読売社説)
 「第三者が女性を殺害した疑いがある」


 
裁判所がこう認定した以上、裁判をやり直すのは当然と言えよう。検察の完敗である。

 東京電力女性社員殺害事件の再審請求審で、東京高裁はネパール国籍のゴビンダ・プラサド・マイナリ元被告に対し、再審開始と刑の執行停止を決定した。

 決定は、無期懲役とした確定判決について「合理的な疑いが生じている」と断じた。「疑わしきは被告の利益に」という刑事裁判の鉄則に沿った判断である。

 東京都渋谷区のアパートで1997年、東電の女性社員が殺害され、現金約4万円を奪われたのが、この事件だ。マイナリ元被告は一貫して犯行を否認し、1審は無罪、2審で逆転有罪となり、最高裁で2003年に確定した。

 再審請求審で争点になったのは、新たに行われた鑑定の結果だ。女性の体内から採取された精液のDNA型がマイナリ元被告とは異なり、現場に落ちていた別人の体毛のDNA型と一致する、というものだった。

 殺害現場に第三者がいたことをうかがわせる新証拠だ。決定は、「この鑑定結果があれば、公判での有罪認定には至らなかったと考えられる」と指摘した。

 事件当時の技術でも、DNA鑑定は可能だったとされる。警察・検察は、捜査を尽くさなかったと批判されても仕方がない。

 検察が、決定に対する異議を申し立てたため、東京高裁が再び再審開始の可否を審理する。

 一方で高裁は、服役の継続を求めた検察の申し立てを退けた。不法残留していたマイナリ元被告は釈放され、本国に強制送還される見通しだ。

 裁判所としては異例であり、配慮のある判断だと言える。

 有罪判決が揺らいだことを重視し、これ以上、懲役を長引かせるのは避けねばならないと考えたのだろう。今後の審理は、本人不在で行われる公算が大きい。

 マイナリ元被告の逮捕からすでに15年が過ぎている。審理のスピードアップが必要だ。

 検察は、今回の再審開始決定を覆すような証拠を示すことができなければ、速やかに再審開始に応じるべきであろう。

 再審開始に至るまでの、複雑で時間がかかる現行制度への批判は多い。まずは再審を開始し、その法廷で詳しい証拠調べをして真相解明すべきだとの声もある。

 制度のあり方を再検討する時期に来ているのではないか。

(2012年6月8日01時44分 読売新聞)



東電OL殺害








東電OL殺害ネパール人男性DNA鑑定受け釈放


検察が被告人に有利な証拠を早期に開示しなかったことは問題であろう。

「別の男が被害者を殺害した疑いが否定できなくなった」


実際どうだったかわからない、被告人が犯人かもしれないが、疑わしきは被告人の利益に、という原則である。

司法のあり方として、メルボルン事件と対照的でもある。



Double jeopardy


The Canadian Charter of Rights and Freedoms includes provisions such as section 11(h) prohibiting double jeopardy. However, often, this prohibition applies only after the trial is finally concluded. Canadian law allows the prosecution to appeal from an acquittal. If the acquittal is thrown out, the new trial is not considered to be double jeopardy because the first trial and its judgment would have been annulled. In rare circumstances, a court of appeal might also substitute a conviction for an acquittal. This is not considered to be double jeopardy, either – in this case, the appeal and subsequent conviction are deemed to be a continuation of the original trial.



deepthroat
‏@gloomynews


「官邸の過剰介入で混乱」原発事故調査委が指摘(06/10 00:04)


国会の原発事故調査委員会は、総理官邸の現場への過剰な介入が事故対応に支障をきたした可能性があるという見方を示しました。

 国会原発事故調査委・野村修也委員:「(現時点で)東電が全員撤退を決定した形跡は見受けられないという結論。菅前総理が東電の全員撤退を阻止したという事実関係を理解することはできない。(当時は)官邸と発電所が直接やり取りするという、本来、法律が予定していないと思われるような情報伝達が行われ、時には場違いな初歩的質問がなされるなど(現場は)余分な労力を割かれる結果に。官邸は頻繁に(現場へ)介入を繰り返し 、指揮命令系統を混乱させたのではないか」
 国会の事故調査委員会は、さらに、放射能物質の拡散状況を地図上に示す「SPEEDI(スピーディ)」の公表方法にも問題があったと指摘しました。明らかになったデータは、事故から時間がたった後にさかのぼって推定したもので、「あたかも避難に活用できたかのように誤解を与える形で公表された」としています。事故調査委員会は、こうした内容の報告書を今月中にまとめる方針です。






子どもの貧困率、日本ワースト9位 先進35カ国中で



 日本のデータは、2009年の所得を基にしている。これまでユニセフが同様の分析をした報告書によると、日本の子どもの貧困率は00年12.2%、05年と07年がいずれも14.3%。今回は15%に迫り、年を追うごとに上昇している。順位も23カ国中12位(00年)、26カ国中17位(05年)、24カ国中16位(07年)と、低迷が続いている。

 今回、子どもの貧困率が最も高かったのはルーマニア(25.5%)で、米国(23.1%)が続く。金融不安に揺れるギリシャ(16.0%)はワースト6位、イタリア(15.9%)は同7位で、15.4%のリトアニアをはさんで日本が続く。貧困率が低いのはアイスランド(4.7%)、フィンランド(5.3%)など北欧諸国が目立つ。




suzuky
‏@suzuky


フォロー
ニポンの将来を憂える皆さんはこの記事読むといいと思う。新刊「イギリスは2014年までに第三世界になる」の抜粋。第一次大戦から100年で超大国から第三世界に滑り落ちたイギリスの姿。 http://www.guardian.co.uk/business/2012/ …
返信 リツイート お気に入りに登録


Little Britain: why the UK is no longer a superpower
Economic crisis apart, the United Kingdom is still a major player on the world stage, right? Wrong
Share 394


Email
Larry Elliott and Dan Atkinson
guardian.co.uk, Friday 8 June 2012 23.01 BST





町山智浩
‏@TomoMachi


フォロー
上杉隆著『大手メディアが隠すニュースにならなかったあぶない真実』の記述の虚偽の数々を精緻に検証 http://amzn.to/LRDXmp
返信 リツイート お気に入りに登録





海外メディアはどう報じているのか, 2012/6/5
By proustienne

レビュー対象商品: 大手メディアが隠す ニュースにならなかったあぶない真実 (単行本(ソフトカバー))
震災以後、国内のメディア(新聞・TV)は政府と一体となって嘘をついてきたが、海外メディアとフリーのジャーナリストは真実の報道を行ってきた、というのが本書の主旨である。全体を通して著者は、国内・海外メディアが何を報じ、報じなかったかを対比しているが、比較的具体性があるのは以下のものである。
-------------------------------------------------------------------------
(1). 3月12日の原発1号機の事故について、海外メディアはメルトダウンの可能性を報じたが、日本のメディアは政府発表をうけて「メルトダウンしていない」と報じた。(p.22-4,33-4)
(2). 3月12日の原発事故直後、海外メディアはガイガーカウンターを持って現地入りし、国内メディアが報じないことを報じた。(p.25-6)
(3). 海外メディアは先に渡されていたSPEEDIの情報をもとに放射性物質の拡散予測を発表していた。(p.148)
(4). 海外メディアは原子力損害賠償法の問題(賠償の免責)を指摘していたが、日本のメディアは東京電力の発表だけを報じていた。(p.63-4)
(5). 3月14日の原発3号機爆発を、海外メディアは重大事として報じたが、国内メディアは計画停電の方を報じた。(p.37-8,40-3)
(6). 3月、海外メディアは放射能が関東まで飛散している可能性を指摘したが、日本のメディアは放射能は飛んでおらず食品は安全だと報じていた。(p.49, 51-3,167-8)
(7). 4月4日に発表された放射能汚染水の海への放出について、海外メディアは全て「ハイレベルの放射能汚染水」と書いたのに、日本のメディアは「低濃度」と書いた。(p.83-4)
(8). 原発事故の後、世界の国々が自国民を東日本から避難させた事実を、日本のメディアは報じなかった。(p.56-8, 161)
(9). 中国が日本からの輸入を禁止した事を日本のメディアは報じず、11月に一部解除された時に初めて報じた。(p.135)
(10).9月19日に大江健三郎氏の呼びかけで行われたデモを、日本のメディアは都合が悪いので報じなかった。(p.210)
(11).9月21日に原発から毎時2億ベクレルの放射能が検出されたさい、国内メディアは事故が収束に向かっていると報じたが海外メディアは反対の論調で報じた。(p.123-6)
(12).9月20-24日、野田総理がオバマ大統領と会談したさい、原発事故収束を求められた事を米メディアは報じたが、日本のメディアは殆ど報じなかった。また総理による原発再開発言は尋常じゃないというのが世界の論調。(p.126-7)
(13).海外の様々なメディアで日本は「民主主義国家ではない」「原子力利権に政治も経済もメディアも侵されてしまっている。こんな国は救いようがない」と言われている。(p.127)
(14).日本からの輸出品は食品・半導体・自動車など放射能汚染物扱いで輸出できない。日本のメディアは報じないが世界中がそういう目で見ている。(p.150-1)
(15).原発事故後、早々と人々を戻しているので世界中から「どうなっているんだ」と思われている(ことを国内メディアは報じない)。(p.157)
(16).12月6日に粉ミルクから放射性物質が検出されたさい、国内メディアは「さらっとした扱い」だったが「世界各国の新聞はこのニュースを極めて大きく扱って」いた。(p.163-4)
(17).日本人は政府の情報隠蔽をそのまま信じ込んでいるので、世界中のジャーナリストは日本のメディアは中国よりひどいと笑っている。(p.196)
------------------------------------------------------------------------
このなかで、(5),(6),(8),(9),(10)の五項目は、国内紙の縮刷版を参照するだけで、まったくの嘘であることが容易にかつはっきりと確認できる(※3,4,9月の全国紙縮刷版。(10)以外は朝日の震災特別縮刷版だけでも、(5),(6),(8)は読売の同特別縮刷版だけで確認できる)。本書を漫然と読むとうっかり受け容れそうになるのだが、じっさいに図書館などで記事を確認すると、既にそれらを目にしていた事に唖然としたりする。

著者はこれまで随所で、アメリカの新聞、なかでもニューヨーク・タイムズ(以下NYT)を海外メディアの代表格として挙げている。そこで残りの項目がどれだけ事実に即しているか、NYTとワシントン・ポスト(以下WP)のオンライン記事も参照しながら確認してみた。

まず(1)について、著者はWPを挙げてメルトダウンの可能性を指摘したらデマ扱いされたと言うが、そのWPもNYTも福島原発1号機の事故発生と「メルトダウンの可能性」を、元々日本政府による発表として伝えている(WP:Smoke pours from Japan nuclear plant. By Associated Press, 2011/03/12 NYT: Snap analysis: Japan may have hours to prevent nuclear meltdown. By Scott DiSavino (Reuters), 2011/03/11)。

また、著者は国内メディアがメルトダウンの可能性を否定したと述べているが、12日付の読売新聞号外は『福島第一 炉心溶融か 爆発』という見出しで、保安院による発表として「炉心溶融による爆発の可能性もある」と報じており、朝日新聞も13日[1面]に『周辺で90人被曝か 第一1号機炉心溶融、建家損傷』、同日号外で「炉内の温度が過度に上がって核燃料が溶け出す「炉心溶融(メルトダウン)」が起きたおそれが出た。」と報じている。これら内外四紙の記事を見比べるかぎり、メルトダウンの可能性は同様に報じられており、内容に食い違いはみられない。

さらに、著者は前著で「アメリカ(米軍)は独自に情報を収集しており、米メディアをはじめ、ほとんどの海外メディアも「メルトダウン」と報じていた」(『新聞・テレビはなぜ平気で「ウソ」をつくのか』p.67)と述べているが、原発1号機の事故を伝えたNYTとWPの記事には、専門家による推測(インタヴュー)を別として、原子炉の状態を報じるにあたって日本政府と東京電力の発表(およびそれを報じた日本のメディア)以外の情報源を挙げているものは一本も見あたらない。

加えて、著者は前著その他の箇所で、「部分溶融」と「全溶融」が国内メディアだけで使われた特殊な用語であるかのように述べているが、NYTもWPもこれらを同様の仕方で用いており(partial - / total, full meltdown)、NYTは両者の違いについて詳しく解説してもいる(A Look at the Mechanics of a Partial Meltdown.By Henry Fountain,2011/03/13)。

こうした事実と見比べてみると、著者が(1)について述べている事にはまるで筋の通ったところがない。

(2)については、NYTとWPの3月の記事に、記者が福島で独自に線量を計測したことを報じたものは見あたらない。(3)についても、SPEEDIのデータによるものと思しき予測は3月のNYT・WPの記事には見あたらない(※国内メディアにSPEEDIによる放射線被曝量の予測マップが初掲載されたのは3月24日)。NYTがSPEEDIに明示的に言及するのは、原子力安全委員会が使用を命じたという4月の記事である(Japanese Officials on Defensive as Nuclear Alert Level Rises. By Keith Bradsher, Hiroko Tabuchi and Andrew Pollak, 2011/04/12)。WPはこの件も報じていない。(4)も、こうしたトピックを扱った記事はNYTにもWPにも見られない。

(7)について、著者は「海外のメディアはすべて「ハイレベルの放射能汚染水」と書いた」(p.84)と述べているが、NYTもWPも、「低レベル(low-level)の汚染水を放出した」と報じている(NYT:Japan Releases Low-Level Radioactive Water Into Ocean. By Hiroko Tabuchi and Ken Belson, 2011/04/04.,WP:Japan dumps radioactive water into ocean. By David Nakamura, 2011/04/05)。

(11)-(17)については、著者はとりわけ「世界の論調」なるものを強調している。しかし、(11)はNYTもWPもこの件じたいを報じていない。(12)にかんしても、NYTとWPは9月に野田首相とオバマ大統領の会談予定を伝えたのみで、その後の会談内容については報じていない。また原発再開の意思については、国内で反対にあっている事を伝えているのみで、とくに批判を述べた記事は見あたらない(Cooling Problem Shuts Nuclear Reactor in Japan. By Hiroko Tabuchi. 2011/10/04)。

(13)は、著者のサイトにある独シュピーゲル紙記事を念頭においたものと思われるが、こうした論調の記事はNYTにもWPにも見られない。ここ一年で、原子力産業・政策をめぐってアメリカのメディアでよく取りあげられるのは、これまで温暖化対策を強力な理由にブッシュ、オバマ政権のもとで推進されてきた原発の拡張政策が、福島の事故を受けて今後どうなるのかというトピックである。そうした文脈の中で産業ロビイストの動向もたびたび記事にされ、とくにNYTは、原子力産業による民主・共和両党への莫大な献金、米政治家による原子力産業ロビイストへの天下り、原子力規制委員会(NRC)と産業の癒着などをこれまで取りあげている(WP:U.S. nuclear advocates try to limit political impact of Japan reactor crisis.By Dan Eggen, 2011/03/18., NYT:Lobbyists’ Long Effort to Revive Nuclear Industry Faces New Test . By Eric Lichtblau,2011/03/24., Former Hill Stars Add Muscle to Nuclear Industry's Post-Japan Lobbying. By Anne C. Mulkern, 2011/04/07.,etc.)。

こうした背景事情から見ても、アメリカのメディアは元々(13)のような論調をとりうる前提に立っていない。現に、原子力産業・政策に対する批判や不信を述べたものにも、日本を特定の標的とするほど単純で偏ったものは見られない(Nuclear energy after Fukushima. By Jim Hoagland, 2011/10/07., After Fukushima: Enough Is Enough. By Helen Caldicott, 2011/12/02.,etc.)。

ちなみに、シュピーゲル・オンラインの国際版で原子力関連の記事をみても、(13)が「世界、とくにヨーロッパ、ドイツの主たる論調」(p.127)になっているとは思われない(例えば以下のような記事 :German 'Energy Revolution' Depends on Nuclear Imports. By Laura Gitschier and Alexander Neubacher, 2011/9/15.,Is Berlin Still in the Nuclear Power Business? 2011/12/19.,Nuclear Lobby Pushes Ahead with New Reactors.By SPIEGEL Staff, 2012/03/08)。

(14)は、食品にかんしては、各国による輸入制限・その後の規制緩和は国内メディアで報じられている(朝日を例にとると、3月25日[5面]香港による5県の農産物の輸入禁止、31日[夕刊2面]アメリカ、カナダ等15ヶ国、4月6日[5面]インド、7日[夕刊2面]ロシア、10日[5面]中国による、禁輸や輸入規制。6月16日[6面]カナダによる規制全面解除、7月5日[5面]EUによる1県の規制と2県の解除、10月5日[8面]カタールによる規制見直し、11月25日[37面]中国による禁輸一部解除、3月24日[7面]EUによる規制一部解除)。車と半導体については、直近の貿易収支や関連企業の決算をみれば輸出が行われている事はすぐわかる。また、著者の主張を裏づけるような記事はNYTにもWPにもない。

(15)も、著者が述べているような記事はNYTにもWPにも見られない。(16)はNYTが取りあげているが、国内紙とほぼ同じ内容で対比において「極めて大きく扱っている」(p.164)ということはない(Japanese Tests Find Radiation in Infant Food. By Hiroko Tabuchi.2011/12/06)。WPはこの件を報じていない。

(17)は、日本人が「情報隠蔽をそっくりそのまま信じてしまっていた」(p.196)といった趣旨の記事はなく、むしろ、政府の情報公開に対する姿勢が国内で批判に晒されている事を伝えている(Dearth of Candor From Japan’s Leadership. By Hiroko Tabuchi, Ken Belson and Norimitsu Onishi, 2011/03/16., Japan Held Nuclear Data, Leaving Evacuees in Peril. By Norimitsu Onishi and Martin Fackler, 2011/08/08)。日本のメディアが中国より酷いと述べている記事もない。

結論として、(1),(5),(6),(7),(8),(9),(10),(14)はあきらかな嘘の記述であり、(2),(3),(4)は真偽が不明、(13)は著しい誇張をしている疑いがある。(11),(12),(15),(16),(17)も、「世界の論調」なるものは著者による創作である疑いが強い。真偽がはっきりしないのは、どの海外メディアが報じていたのかを、著者が殆ど(大抵はまったく)示さないためである。いずれにせよ、著者の主張を積極的に裏づけるような記述は見あたらない。

本書の記述をじっさいに国内・海外の記事とつきあわせていくと、自ずと気づく点が幾つかある。

第一に、これだけ多くの事実に反した記述が、たんなる間違いで書かれる事は常識的にはありえない。
第二に、著者はよくアメリカのメディアをもちだして「海外からの見方」「海外の論調」を口にするが、実際はニューヨーク・タイムズもワシントン・ポストもろくに読んでいない。
第三に、著者はよく「多様性」に言及するが、あきらかに著者自身はそのようなものを信じていない。著者は、ジャーナリズムに対するチェック機能として「ニュースソースを明らかにするのが礼儀」(p.204)だと言いながら、自らは基本的にそれに従わない。しかも本書では海外メディアの報道がソースなので、隠したり曖昧にする必要がない。著者はむしろ、読者がそうした判断の手がかりを得ぬまま、ただ話を鵜呑みにすることを期待しているのである。「砂の中に頭を突っ込むダチョウ」(p.162)とは、著者にとっての理想的な読者のイメージである。

本書の内容と関連して、著者は4月にドイツで講演旅行を行っており、インタヴューがドイツのメディアで記事になっている(Die Luege hat System. Deutche Welle,2012/04/19)。そのなかで著者は、福島第一原発3号機の爆発は日本政府とメディアによって隠蔽されていると述べている。そこで著者が政府・メディアによって「封印された写真」として挙げているのは、昨年3月18日に新聞各紙(朝日・読売・日経)の朝刊1面に掲載された写真とまったく同一のものである。



mozu ‏@mozumozumozu

Japan Prefers Pets to Parenthood? Gag-worthy Journalism From Ruth Evans & Roland Buerk | Japan Probe http://j.mp/KvAt6O ガーディアンの馬鹿記事について
閉じる
返信 リツイート お気に入りに登録



4269(事実上のちくわ)
‏@SEXhsKF7


フォロー
“たけしはとっくに賞味期限切れ|日々是口実2012-016 : 59'S 日々是口実” http://htn.to/ByxRSE



たけしが賞味期限切れというより、テレビのエンターテインメント、ワイドショーそのものが賞味期限切れ。ドラマもそうなのかもしれない。たまにしかテレビを見ない。

たけしの笑いについては、私は、ツービートのときから、個人的には、笑える、おかしい、と思ったことがない。、ツー地因みに、ツービート、B&B、伸介竜介。ざ・ぼんちなど、テレビ局が作ったブームだったのかもしれないが、その当時から、特に、笑えなかった。


映画はソコソコ。ただ、黒沢と同じで、欧米人には受けるだろうな、という印象。

銀河テレビ小説枠の「たけしくん、ハイ」は良かった。



アイルランド美人留学生 帰国前の悲劇記事を印刷する


 殺害されたのは、アイルランド3 件国籍の美人留学生だった。東京・新宿のホテル客室で24日未明、高崎経済大(群馬県高崎市)に通うニコラ・ファーロングさん(21)が殺された事件で、警視庁は26日、ファーロングさんの女友達(21)に対する準強制わいせつの疑いで、少年(19)ら米国籍の男2人を逮捕した。ファーロングさんの死因は頸部(けいぶ)圧迫による窒息死と分かり、警視庁は殺人3 件容疑で新宿署に捜査本部を設置。ホテルでファーロングさんと同じ部屋にいた少年から事情を聴いている。

 逮捕されたのは、いずれも米国籍でダンサーのジェイムス・ブラックストン容疑者(23)とミュージシャンの少年(19)。24日未明、渋谷区内の飲食店でファーロングさんの女友達に、ウオツカなどのアルコール度数の高い酒を飲ませて昏睡(こんすい)状態にさせ、タクシー内で下半身を触った疑い。

 ファーロングさんと女友達は自力で歩けないほど酔っていて、押し込まれるようにタクシーに乗せられたという。タクシー内の防犯カメラには、男2人が意識のない女友達を触る様子が映っていた。警視庁によると、2人は「やっていない」などと容疑を否認している。

 アイルランドの地元紙によると、4人は23日夜、東京・江東区のライブハウス「ZEPP TOKYO」で、米国で活躍する女性ラッパー、ニッキー・ミナージュ(29)のコンサートを見た後、近隣の駅で出会った。ファーロングさんと女友達は、高崎まで帰る終電がなくなったため、男2人に「次の電車を何時間も待つより、僕らが滞在しているホテルに来ないか」と誘われたという。その後、渋谷へ移動して飲酒したとみられる。

 4人は渋谷区内から新宿駅近くのホテルにタクシーで移動した後、2つの部屋に分かれて宿泊。24日午前3時過ぎ、「物音がうるさい部屋がある」と苦情を受けた従業員が客室を見に行くと、ファーロングさんが倒れていた。搬送先の病院で死亡が確認され、司法解剖の結果、死因は首を絞められたことによる窒息死と判明した。警視庁は、部屋に一緒にいた少年から事情を聴いている。少年は22日からこのホテルに2泊する予定だったという。

 殺害されたファーロングさんは、アイルランドのダブリン市立大3年生で、国際ビジネスを学んでいた。交換留学生として昨年9月に来日。高崎経済大学での1年間の海外学習プログラムを終え、7月末にアイルランドに戻る予定だった。23日夜に一緒にコンサートに出掛けたのは、同じアイルランド人で、同大学に通う女友達だった。

 悲報は地元のアイルランド3 件にも届き、東南部の港町ウエックスフォードに住む家族は「まだ死因が分からない」「とても悲しい」「父親は娘の死亡を認めようとしない」などと話した。ファーロングさんはスポーツが得意で、ラクロスに似た球技「カモギー」の選手だったという。

 [2012年5月27日8時42分 紙面から]


mozu
‏@mozumozumozu


フォロー
End of the Affair - Lilia Shevtsova - The American Interest Magazine http://j.mp/LchAZE @sharethisさんから ロシア・リベラルの西洋への幻滅感について。興味深く読んだ。
返信 リツイート お気に入りに登録

June 6, 2012
End of the Affair
Why Russian Liberals No Longer Look Up to America and the West as a Model
LILIA SHEVTSOVA







So, what’s wrong with the West? There is a consensus: failing economy, dysfunctional domestic political systems, entrenched interests, dwindling prosperity and populism. This naturally leads one to wonder, “What are the causes of the current Western malaise?” Fukuyama reminds us of Mancur Olson’s The Rise and Decline of Nations, in which the latter argued that, during prolonged periods of prosperity and peace, democratic countries tend to accumulate entrenched interest groups, which in turn leads to the ossification of political systems. If this diagnosis is correct, the problem is systemic, and the remedy is to update the basics.




mozu
‏@mozumozumozu

フォロー
Q&A: Why Superstition and ‘Magical Thinking’ Have Real Benefits http://j.mp/KESXbp @TIMEHealthlandさんから
返信 リツイート お気に入りに登録




海外離婚、長女連れ去り 元夫に親権 大阪高裁

 
ニカラグア人の元夫(40)と米国で離婚訴訟中に長女(9)を日本に連れ帰ったとして、兵庫県の女性(44)が米国州法の親権妨害罪に問われた問題に関連して、大阪高裁(坂井満裁判長)が、長女の親権が元夫にあると判断したことがわかった。14日までに双方の代理人弁護士がそれぞれ記者会見して明らかにした。

 2009年に米国の裁判所が元夫の親権を認め、これを変更するよう、女性が神戸家裁伊丹支部に申し立てた。

 同支部は昨年3月、「長女を米国で元夫と面会させる」などの条件で女性の親権を認めたが、双方が抗告。その後、女性は米国で身柄を拘束され、昨年末、検察側との司法取引で長女を元夫に引き渡し、釈放された。

 高裁の決定は4月。この中で坂井裁判長は「長女は米国での学校生活になじみ、穏やかに生活している。親権を(元夫から女性に)変更する事情はない」などと述べた。生活実態を考慮した判断となった。

 女性側は決定を不服として最高裁に抗告中。今は米国在住で、長女との面会はできていないという

 元夫は14日の記者会見にネット電話を通じて参加。国際結婚が破綻した場合、夫婦のいずれかが連れ帰った子供を元の居住国に戻し、その国の裁判で親権を決めると定めたハーグ条約に触れ、「日本が加盟していればアメリカですぐに共同親権が認められ、元妻が拘束されることもなかったはずだ」と話した。

 日本では、条約加盟に関する法案が今国会に提出されている。

(2012年6月15日 読売新聞)




長女の親権、元夫側に=司法取引の女性に逆転決定-大阪高裁
 国際結婚した兵庫県の女性(44)が長女(9)を無断で日本に連れ帰ったとして、親権妨害の疑いで米国で身柄を拘束され、司法取引で釈放された事件に絡み、大阪高裁が元夫(40)に長女の親権を認める決定を出していたことが14日、分かった。女性と元夫双方の代理人弁護士が明らかにした。
 弁護士らによると、決定は4月27日付。高裁は「長女は米国で元夫の家族との生活や学校生活になじんでいる」などと指摘し、女性の親権を認めた昨年3月の神戸家裁伊丹支部の決定を変更した。女性側は決定を不服として最高裁に抗告している。
 女性は2008年に長女を連れ、米国から帰国。昨年4月、永住権更新のためハワイに渡航した際に拘束された。女性は同12月、司法取引で長女をニカラグア国籍の元夫に引き渡して釈放され、米国にいるという。(2012/06/14-16:43)





長女連れ帰り、高裁で判断逆転 「米国の元夫に親権」
2012年6月15日



 
米国で離婚訴訟中に長女(9)を日本に連れ帰った兵庫県の女性(44)が申し立てた家事審判の抗告審で、大阪高裁(坂井満裁判長)は、米国在住でニカラグア国籍の元夫(40)に親権があると決定した。女性を親権者とした神戸家裁伊丹支部の判断を変更した。女性は昨年4月、渡航先の米国・ハワイで親権妨害の疑いで身柄を拘束され、長女を元夫に引き渡す条件で釈放されていた。

 決定は4月27日付。女性が長女を日本に連れ帰った後の2009年6月、米国の裁判所は離婚を認め、元夫を親権者とした。女性は親権者の変更を伊丹支部に請求。支部は昨年3月、女性を親権者とする一方、長女と元夫を定期的に面会させるよう命じ、元夫と女性の双方が判断を不服として即時抗告していた。坂井裁判長は、長女が米国での学校生活になじんでいるなどとして「親権者を女性に変える事情は認められない」と判断した。

 元夫は14日、米国からインターネットを通じて会見し「娘が米国に戻ってうれしい。守っていきたい」と述べた。女性の代理人弁護士は「高裁の決定に従わざるを得ない」と述べた。

 国際結婚した夫婦の一方が子を外国に連れ帰って対立した場合、ハーグ条約は子を元の居住国に原則戻すと定めているが、日本は条約に加盟していない。政府は加盟のための関連法案を今国会に提出している。(岡本玄)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

記事のタイトルを入力してください(必須)

2012年06月04日 17時14分51秒 | Weblog
mozu
‏@mozumozumozu
フォロー
Why Do Asian Americans Have the Worst Long-Term Unemployment? - The Atlantic http://bit.ly/JVjqej なぜ教育水準の最も高いアジア系米人の長期失業率が高いのか



The report's author offers up three explanations for the mystery. First, there's the California problem: About a third of all Asian Americans live in the Golden State, which has disproportionately high joblessness, both short term and long-term. Second, there's immigrant bias: Perhaps employers prefer to hire U.S.-born workers. Third, there's racial bias. If Asians had the same long-term unemployment as their equally-educated white peers, their long-term jobless rate would be 8.1 percentage points lower.




岸俊樹
‏@kokkok2009

フォロー
仙台市三条中学校が外国人の心無い行動で避難所機能停止というデマを流したmizubasyoまとめ http://togetter.com/li/115959
mozuさんがリツイート
返信 リツイート お気に入りに登録
2012年5月28日 - 23:26 Tweet Buttonから · このツイートをサイトに埋め込む




A Life in Japan (日本語字幕)






James "King Tight" Blackstone on the Japanese train アイルランド人留学生殺人事件


Search for "Cave of the Negroes incident" on wikipedia, Japanese have dealt with this sort before.
OmahababeThe









mozu ‏@mozumozumozu

Lunch with the FT: Paul Krugman - http://FT.com http://j.mp/MPEzws ウルフ氏とクルーグマン氏の対話。日本がベタ誉めなのが気持ち悪いけれど欧州に比べるとよく見えてくるのかもしれない。



High quality global journalism requires investment. Please share this article with others using the link below, do not cut & paste the article. See our Ts&Cs and Copyright Policy for more detail. Email ftsales.support@ft.com to buy additional rights. http://www.ft.com/cms/s/2/022acf50-a4d1-11e1-9a94-00144feabdc0.html#ixzz1w07hoEcp

We have already gone straight into the issues. The conversation turns to the Japanese crisis of the 1990s. In retrospect, I suggest, the Japanese seem to have managed the aftermath of their crisis quite well.
He agrees. “What we thought was that Japan was a cautionary tale. It has turned into Japan as almost a role model. They never had as big a slump as we have had. They managed to have growing per capita income through most of what we call their ‘lost decade’.




This brings us back to the eurozone crisis. I remark that the Germans are now in a position of having to choose between permanently bailing out those they regard as deadbeats or breaking it up, causing an immense economic and political mess. I feel quite sorry for them.



アイルランド国籍の女子留学生、新宿のホテルで死亡
 24日午前3時20分ごろ、東京都新宿区西新宿2丁目のホテルの客室で女性が倒れているのをホテル従業員が発見、119番通報した。女性は病院に運ばれたが、同日午前4時45分すぎ、死亡が確認された。警視庁が遺体を司法解剖したところ、死因は首を圧迫されたことによる窒息死とみられることから、同庁は殺人事件として捜査を始めた。

 組織犯罪対策2課によると、女性はアイルランド国籍で、21歳の高崎経済大学(群馬県高崎市)の留学生とみられる。同課は、発見時に部屋にいた米国籍の男性らから話を聴いている。





米国籍の少年2人、死亡留学生の友人にわいせつ容疑

 
酒に酔ったアイルランド人留学生女性(21)に、わいせつな行為をしたとして警視庁は26日、いずれも米国籍で東京都新宿区西新宿2丁目に住む自称ミュージシャンの少年(19)と自称ダンサーのブラックストン・ジェイムス容疑者(23)を準強制わいせつの疑いで逮捕し、発表した。2人とも「やっていない」と否認しているという。

 24日未明、一緒に酒を飲むなどしていた女性の友人でアイルランド人留学生のニコラ・ファーロングさん(21)とみられる女性が、ホテルの少年が泊まっていた部屋で倒れているのが見つかり、その後死亡。同庁は女性の死亡の経緯についても調べている。

 組織犯罪対策2課によると、2人は24日午前0時45分ごろから同午前1時ごろまでの間、渋谷区から新宿区のホテルに向かうタクシーの車内で、ウオツカなどのアルコールを飲んで昏睡(こんすい)状態に陥った女性に対し、わいせつな行為をした疑いがある。

 ファーロングさんとみられる女性の死因は首を圧迫されたことによる窒息死とみられる。

 女性らは高崎経済大学(群馬県高崎市)の留学生で、23日夜に2人と知り合い、一緒に酒を飲んだ後、深酔い状態のままホテルに連れて行かれたという。

2012年5月26日12時11分



河本準一“芸人生命”ピンチ!ウリの“おかん”ネタ封印と広告削除
2012.05.26


事実関係や経緯がよくわからないのだが、なにを大騒ぎしているのか、と思う。



会見場では釈然としない空気も流れた。母親が居住する岡山の「福祉事務所と相談した上で受給していた。(だから)不正という認識はなかった」という。行政がOKしたのだから…と聞こえなくもない。法的にはそうなのかもしれないが、「人としてのモラルはどうなのか」(コメンテーター)。ここが問題だ。


ワイドーショーは不倫や二股など、俗な意味でモラルの問題を扱うことが多いから、この手の問題が騒がれるのは、その意味では不思議ではないが、しかし、あの記者会見の大騒動ぶりはすごい。
細かな経緯がわからないから、なんともいえないが、、不当、といえなくはない、が、しかし、なんていうか、騒動するレベルがせこい。


河本準一:片山さつき氏「最大の目的は果たした」
2012年05月26日


 ◇「次長課長」河本母 生活保護受給問題
 片山さつき氏は18日、自民党の世耕弘成参院議員とともに吉本側から事情説明を受けた際に「不適切な受給額を返納し、本人が直接説明すべき」と提案。河本が提案を全て実行したことに、「この制度にもらい得はないと訴える最大の目的は果たした」と理解を示した。


生活保護の不正ないし不当受給に大騒ぎして、国会議員や天下り官僚の仕事と責任に不相応な不当受給について、黙っている、ないし、甘い対応しかできない、国会議員、テレビ局、世相はつくづくいかがなものか、と思う。 


竹田圭吾
‏@KeigoTakeda

フォロー
他者を差別したり排除することが危険なのは道義的な問題とかではなくて、結局自分の首を絞めることになるから。
返信 リツイート お気に入りに登録


 
 他者と差別したり排除したりしてはいけないのはまさに道義的問題であって、自分の首を絞めなければやっていい、という問題ではまったくない。






Web of Hate
Cyber-bullying has become a major issue in Australia, leading to anxiety, withdrawal from school and even suicide.
101 East Last Modified: 13 Apr 2012


オーストラリア いじめ インターネット上のいじめ



汚染地域の人の血、ほしいですか…市議つぶやき

 群馬県桐生市の庭山由紀市議(43)(2期、無会派)が25日、市役所本庁舎前に献血車が止まっているのを見て、簡易投稿サイト「ツイッター」で「放射能汚染地域に住む人の血って、ほしいですか」などとつぶやき、市に苦情の電話やメールが殺到したことが分かった。


 市議会事務局が同日、明らかにした。

 同事務局などに午後1時10分~同5時15分の間に「こんな人を議員にしていいのか」「被災者に対する差別発言だ」などの苦情電話が64件、メールが117件、全国から寄せられた。謝罪や辞職を求めるものもあったという。

 騒動を受け、市議会は急きょ各派代表者会議を開いた。庭山市議は自らの発言であることを認め「私は(桐生市が)放射能汚染地域だと思っている」などと述べた。市議会は28日以降に再び各派代表者会議を開く。

 桐生市の庁舎前では年4回、県赤十字血液センターによる献血を行っている。

(2012年5月26日12時10分 読売新聞)




suzuky




そういえばジョブズは関空でケンカしていたが、「あれはオレ様がなぜ税関など通らなければいけないんだ」という理屈で、まさに他の国ではわりとフレキシブル対応されてるのかも。

日本の税関は律儀ですからなあ。なにしろポール・マッカートニーを逮捕し、パリス・ヒルトンも入国拒否。←話がズレている。

私は日本の税関の不気味に公平な態度は嫌いではない。金持ちだろうが有名だろうが、ダメなもんはダメ。すがすがしいじゃないですか。


日本のロボティックな官僚主義は奇妙な公平さを生みますよね。東大京大にペーパーテストの点だけで行けるのだって、すばらしい制度だと思う。どんなに金持ちでもテストができなきゃ東大には入れない。息子ブッシュを入れちゃうイェールとか、チャールズ皇太子を入れるケンブリッジとかとは違う。


たしかにそうだが、しかし、国立にせよ、私立にせよ、そもそも、家族が教育に費やせる余裕に差が有り、例外はあるものの、いわゆる一流校にいける学生とそうでない学生の家族の所得格差の問題もある。



mozu ‏@mozumozumozu

【正論】元駐タイ大使・岡崎久彦 中国はもう反日デモはできない - MSN産経ニュース


2005年の小泉純一郎首相の靖国参拝の際、私は反日デモは起きないからご心配なく参拝されたいと言った。



 従来、尖閣の施設建設など、日本政府の当然の権利を行使するに際し、中国側の意向を慮(おもんばか)る傾向があったが、今後は、反日デモや、その結果の日本の企業の安全は、顧慮する必要はないように思う。正しい政策は正しい政策として淡々として進めてよいと思う。



つまり、米国のアジア復帰戦略を推進する絶好の機会だと言っているのである。この際、日本も、粛々と、尖閣の領有権主張強化、集団的自衛権の行使を含む日米同盟の強化などを進めていくのに良い機会だと思う。




日米同盟万歳以外になにかいうことはないのか?






noiehoie
‏@noiehoie


フォロー
在特会主催の「生活保護不正受給を糾弾するデモ」において、老人を集団で暴行するという事件が発生しました。http://youtu.be/z1eLBCgEhy8 「制度を改正する為に個人を攻撃する」風潮の一つの帰結です。私はこれに断固、抗議します!‪#civilacitonjapan‬






生活保護受給問題のデモ集団が老人へ暴力



too short ugly jap monkey
too ugly lol^^
pathetic jap monkey's appearance^^
is this human??? or nuclear side effect monkey???^^

rindegart님의 채널  1 分前


wow~! look at that ugly hairy monkey japs~! no wonder people in the world hate japs

jjyzzang8456님의 채널
提供: jjyzzang8456



阿呆は万国共通。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加