ぼやかせていただいております。

Sweden and Japan: the worst places for making friends?

2015年09月30日 02時33分35秒 | Weblog
Sweden 'worst country' for making friends
Published: 23 Sep 2015 15:37 GMT+02:00


スエーデンについて語られることは日本についても言えるかもしれない。



while the Nordic nation scores highly in areas such as its famous work-life balance, job security, health, generous childcare and quality of family life, Sweden fails spectacularly when it comes to being a good place in which to strike up new friendships.

Based on interviews with over 21,000 expats in 39 countries, the nation manages to scrape only a 36th spot for 'social life' and an abysmal last place for 'making friends'.

“Swedes are polite, but they don't do small talk. And while they may appear reserved, they're usually just respecting your privacy. Once you've made local friends, you'll find them loyal and warm,” explains the survey.

It is not an uncommon feeling. While The Local often hears expat readers describe Swedes as warm and genuine friends once you get to know them, the way to their hearts can sometimes feel as long, dark and cold as the Nordic winters.


Business analyst James Jensen, 26, runs a hangout group on the Meetup.com social website in his spare time for twenty-somethings wanting to meet new people in the capital.

One of the problems, he says, is that it is difficult for foreigners to break into long-standing social networks of old high school friends. But the Australian mainly puts the issue down to the Swedes' inexperience in the art of making small talk with strangers.

“I can tell that they really want to learn, but they were never taught how to do it. When people find out I'm Australian they try to make small talk with me, but they really struggle. They speak good English, it's just that they don't know what to say,” he explains with affection.


Jensen moved to Stockholm from Australia a year ago and emphasizes that he loves his new home.

“It's one of the best places to live, that's why I came here. But in Australia you can go up to anyone in a bar and start a conversation – you don't do that in Sweden. It's very hard on a social level when you arrive in a country for the first time,” he says.



Forzati himself arrived as a university student and admits he therefore had an easier ride with a natural social network of classmates right from the start. But he insists that Swedes should not be seen anti-social, just different. And he would advise fellow foreigners to be patient.

“You take the time to get to know someone and it goes very slowly. But I've heard a lot of people say that if you become friends with a Swede you have a friend for life, and actually that's true. If I need help I know that I can call one of my Swedish friends and even if we haven't spoken for a year they will be there for me.”



スエーデン人というのは礼儀ただしく控えめで、他人のプライバシーを尊重するが、他方、外国人にとって、スエーデン人と友達になるのはわりに難しい、と。
例えば、豪州では、バーで見知らぬ人に話しかけて雑談するのもまれではないが、スエーデンではありえない、スエーデンでは、友達になるまで、時間がかかるが、なると、その友情は深いものがある、と。

社交性がない、反社会的だ、ということではなく、単に オーストラリアやイタリアとは違うのだ、と。

違いを異常とみなす傾向というのは意外ににアングロサクソン系の人にあるんだよね。日本でもあるわけだけど、やはり、他の文化を異常として、征服し、自分たちに従わせてきた長い歴史があるところでは、そういう傾向が強いのかな、とつい思ってしまいたくもなる。

アングロサクソン系の人たちは認めたくないかもしれないけど、日本人やスエーデン人のほうが、この点では個人主義的で、個人、個人を囲っている壁が高いんだろうね。

ずけずけと自分の領域に入ってきてもらいたくない。

礼儀正しい振る舞い、敬語、丁寧語はそうした距離を保つのに役立つわけだね。

その個人空間の孤独と自由に耐えられないと、日本人は、あるいは、スエーデン人は冷たい、という評価になっていくのではなかろうか?

ただ、どっちがいい、というわけではない、そうした違いがある。

そして、日本人でも地域により、個人によって、個人の囲う壁、フェンスの高さは、様々である。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アイヒマンの嘘 The conviction to be better and more progressive than others

2015年09月30日 01時54分23秒 | Weblog

イエルサレムのアイヒマンで有名なアイヒマン。「極普通の小心者で取るに足らない役人」だった、というイメージがあるが、



実はゴテゴテのナチ信奉者だった、と。






The image of Eichmann as a technocratic bureaucrat has endured even as subsequently discovered testimony in his own handwriting and voice have revealed a man ferociously devoted to Nazi racial ideology—and utterly unrepentant for his vast crimes.


Frum: You lead the reader deep into the ideological self-justification of the Nazi exiles. Among other themes, they argue that their crimes pale in comparison to the depredations of the Jews against Palestinians. They argue that their anti-Semitism was a reasonable response to prior wrongs committed by the Jews. And—when they don’t deny the Holocaust outright—they complain that Jews are exploiting the Holocaust for financial and political gain. All of these themes continue to be sounded to this day. Is it fair to read your book as arguing that there is nothing new about Europe’s “new anti-Semitism”?


Stangneth: I’ll add another of their arguments: The Islamic world must take up the baton and fight the Jews. Even the wish to use foreigners for our own devices is nothing new.

German anti-Semitism has a language of its own that has endured beyond Hitler’s death. Unfortunately, legitimate sympathy for Palestinians has frequently become a cover for anti-Semitism and a way to recruit new soldiers for an old war. It’s also not surprising that people have trouble discerning justifiable criticism of state policies from old, hateful stereotypes.



Frum: Do you still encounter people who believe in the Eichmann described by Hannah Arendt: a mediocre bureaucrat who literally could not think, whose acts impersonally fulfilled the logic of a larger system?


Stangneth: It wasn’t just Arendt whom Eichmann convinced in believing that, “except for an extraordinary diligence in looking out for his personal advancement, he had no motives at all. And this diligence in itself was in no way criminal...” Even Eichmann’s interrogator struggled with Eichmann’s expert manipulation, and he shared a table with Eichmann for over 275 hours. Eichmann’s lies led millions of people to their death, so his continuing manipulation during his trial is no surprise.




Perhaps there’s another reason: Lying can produce a feeling of power. If you make someone believe a lie, you have power over him or her. Believing a lie means you lose a part of the real world, of yourself. The liar is given the power to rebuild the world around us, and we operate according to his or her rules. Think about an inverted street sign: If you are the one who turned the sign, you can take pleasure in watching people run in the wrong direction to catch a train. If you read Eichmann’s note written in his cell (and not available for journalists and spectators in 1961), you can find hints that Eichmann savored this special feeling of power, even as an accused. After he heard the death sentence, he told his lawyers, “I didn’t expect them to not believe me at all.” (Original: Ich habe nicht gedacht, dass man mir so gar nicht glauben würde.)



I think we miss the point, though, when we talk only about anti-Semitism and Europe. I believe modern anti-Semitism is a symptom of a much bigger problem today, because we have forgotten its origins: The anti-Semitism of the Nazis was, above all, a disbelief in human equality! The Nazis were convinced that our world is too small for us, that we don’t have enough resources, that some humans are superior to others, and that only those humans have the right to survive—and the obligation to kill those who don’t. For them, the Jews symbolized internationalism, rationalism, globalism, and universal moral standards. The ideology is tough to decipher, and hence incredibly dangerous. And if you ask me, their thinking still persists—specifically, the conviction to be better than others and to have more rights. We are buildings walls around our “Western World”; we try to suppress or influence the democratic and economic development of other countries


 アイヒマンは嘘をついて、人々に彼の世界を信じ込ませ、人々を操作することで、人を支配する力能感を感じていたのではないか、と。


 また、アイヒマンのような、ナチの残党たちは、戦後、、ホロコーストを否定はしながい、ユダヤ人がパレスチナにやったことなど、過去の悪行にくわべれば、たわいもないことであり、ユダヤ人たちは、ホロコーストを政治目的で使っているにすぎない、と言って自分たちの行為を正当化していたが、今でも、イスラエルによるパレスチナ弾圧非難のかげに隠れてユダヤ人差別する人たちはいる、と。


 ナチズムの本質は、われわれは、他人より優れている、という信念であり、西洋の周りに囲いをつくって、他の国を弾圧しようしている点にも注意しておくべきだ、と。


 外国特派員記者たちの多くが持っている、、”欧米(人)は優れている、進んでいる”という意識は、ナチズムと同じイデオロギーを反映しているんでしょうねー怖いですね。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”消費税も20%以上にした方が公平”?

2015年09月30日 01時41分37秒 | Weblog

中野渉 ファンになる
wataru.nakano@huffingtonpost.jp
メール
「世代間格差の解決策は、預金を持って死ぬこと」佐藤俊樹・東大教授に聞く
投稿日: 2015年09月28日 16時37分 JST 更新: 2015年09月28日 16時37分 JST



だから不平等は、社会による再分配によって解いていくしかないのです。

これはいいとして、




消費税も20%以上にした方が公平でしょう。所得税と法人税は、現在の現役世代が主な負担者になります。それに対して、社会保障の世代間格差には、現在の高齢者が、現役世代のときに負担しなかったことが大きく関わっています。だから、現在の高齢者もふくめて平等に負担する消費税の方が公平なのです。

世代間格差から考えると、人口が減少している現在、現役で働く世代に主な負担がかかる所得税や法人税はむしろ逆進的です。消費税の方が非逆進的で、公平な課税なのです。



ここらへんが、さっぱりわからん。

東大のえらい先生がいっているのだから、ともおもうけど、経済の処方箋って、なんで、こんなに意見がわかられるんだろう?


ただ、私は世代間格差より、所得格差、資産格差を問題にすべきだと思う。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

First mixed-race Miss Universe Japan wants Japan to be more like America

2015年09月30日 01時27分30秒 | Weblog





Currently they are directing their vitriol against President Obama, who they believe is trying to 'wipe out the white race'.
A framed picture of Hitler hangs on the wall, who James Moore, a family friend of Amanda's who is also a member of the White Knights, describes as 'one of the smartest men there ever was'.
However, the Hitler he has been taught about seems vastly different to the one who actually existed.
He explains his version of history: 'The so called concentration camps like Auschwitz had swimming pools and libraries, if you are going to kill all these people why would you have these things?
'It was more like a summer camp. What they were actually doing there was making goods for the war.'
Asked what he thought Jewish people were doing at Auschwitz, he said: 'Swimming and working. Hitler was trying to teach them to work - to rehabilitate them if you will.'



'A lot of their justifications for seeing other races as inferior came from their interpretation of bible passages.
'I put to them that they were a conduit for disaffected or lonely white people and they rejected that.
'Many of the people I met claimed they had experienced racism themselves – they'd been in a white minority at a black school or in a black neighbourhood.
'A lot were unemployed. Many were veterans. Some had been affected by reports of black on white crime.
'All of them were fiercely religious – the Klan claims it's a Christian organisation – sermons and bible readings are an important part of Klan meetings.



BBCで、アメリカのKKK特集を放映したらしい。


彼らはとても宗教的。失業中の人たちや、退役軍人たちがおり、また、黒人による白人に対する犯罪の報道などの被害者意識をもっている、と。


(miyamoto)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無表情、無抵抗

2015年09月30日 01時18分40秒 | Weblog



悪口を言ったと因縁をつけられて、3時間にわたり、殴ったり蹴られたりする少女ーーー中国

動画は加害者の1人が撮影したもので、被害者は、報復が怖くて、怪我の理由を親にもいえなかったようである。

いじめは、日本でも中国でもアメリカでもどこでもある。これも、痛ましい事件なんだが、この無表情で、あくまでも無抵抗、叩かれ蹴られるにまかせる少女のーー悲しい、あるいは高貴なーー姿になにか心動かされるものがあったーーーなんなんだろうーーー自分には到底できない何かを彼女がもっていたからだろうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”結婚はコスパが悪い”

2015年09月30日 00時02分13秒 | Weblog





ミキさんは、サラリーマンの父親と専業主婦の母親に育てられた。二槽式洗濯機がいつの間にか全自動になり、一戸建てに引っ越した。「普通に働いて普通に家庭を築いて」というのが両親の口癖だった。その言葉を信じて懸命に勉強し、進学し、就職し、責任ある仕事を任せられるようになった40歳直前、「結婚」と「出産」が残った。
「40歳を過ぎてから妊娠できるのか。育児と親の介護が重なったらどうしよう。教育費をいつまで稼げるか。退職金や年金はもらえるのか……。結婚に付随する未来を心配しすぎてしまいます」

結婚しても自動的に暮らしがランクアップすることは、もうあり得ないだろう。両親が「普通」と言っていたことが、今は「普通」ではない。5年後にどうなっているかなんて、何もわからない。自分と彼の気持ちだって、変わるかもしれない。
これまでは、こうした将来の不安を解消する手段として、結婚が選ばれていた。だがミキさんは言う。
「何かあったらすぐシフトチェンジできるように、結婚という“荷物”を持ちたくない。愛情に流されて『一生一緒にいたい』なんて言えません」
デートは趣味の合間に

大手企業で役員秘書をしている契約社員のマユコさん(37)の予定は、平日も休日もびっしり埋まっている。午後6時半に仕事を終えると女子会や趣味のダンスレッスンに繰り出す。朝早く起きて出勤前に話題のスイーツを食べに行くことも。週末は食べ歩きをしたり、マラソン大会に出場したり。その合間に「気乗りしないデート」も月4、5件は入る。

交際する相手の条件は「フィーリングが合うかどうか」。見極めるために一度は会ってみるが、初デートが「自腹でも行けそうなフレンチ」だったりすると、次はない。
「ただでさえ時間が足りないのに、この人なら、と思えなければ前に進めません」
専業主婦をしている自分の母親のことを不幸だとは思わないが、自分にはずっと家にいる生活はできそうにもない。結婚することで自由な時間が奪われるかもしれないと考えると、手間をかけてまで積極的に婚活しようとは思えない。



「今年中には何としてでも結婚したい」
と言うのは、医師のアキラさん(41)。2年前から合コンしたり結婚相談所に登録したりと、婚活に精を出している。
しかしその婚活を「コスパが悪い」と感じ始めた。女性の分の飲食代を奢り、連絡を取り合っても、交際や結婚に結びつかない。年収は1500万円だが、飲食代が飛ぶように消えていく。こんなことに時間を費やすくらいなら論文の一本も読めたのに。

(写真:アフロ)
アキラさんが結婚相手の女性に求める条件は、30代前半、早慶以上の学歴、できれば年収1千万円以上で、同業の医者だとベスト。こうしたスペックに加え、「結婚相談所の登録情報ではわからない条件」も外せない。いつも笑顔で穏やかで、場の空気を読める賢さがあること。
「誰に紹介しても自慢できるような、人間関係をソツなくこなせる女性が理想です」
スペックだけでは決められない。やっぱり、好きになった相手と結婚したいから。
婚活ブームに乗って、結婚という「ゴール」に向かってひたすら走ることができた頃は、まだよかった。ふと立ち止まって考える。「結婚=幸せ」なのだろうか? 真剣に考えれば考えるほど、わからなくなる。「結婚はコスパが悪い」とさえ感じられる今、結婚する意味って一体、何なのだろう。
(文中カタカナ名は仮名)



英米の記者たちは結婚しないことを異常のように語る場合がおおいが、一つのライフスタイルとして、尊重すべき選択肢ではあろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Aussies kill thousands of greyhounds annually

2015年09月29日 20時19分12秒 | Weblog
Aussies kill thousands of greyhounds annually
2015-09-28 22:45



豪でグレーハウンド毎年1万匹以上が殺処分 6 / 9
AFPBB News AFPBB News
3 時間前



犬猫2万匹、流通過程で死ぬ 国内流通で初の実数判明
朝日新聞デジタル 9月29日(火)11時41分配信


犬猫2万匹、流通過程で死ぬ 国内流通で初の実数判明
改正動物愛護法で提出が義務付けられた「犬猫等販売業者定期報告届出書」。写真は青森県に情報公開請求して入手したもの
 2014年度に国内で販売されるなどして流通した犬猫の数は約75万匹で、その約3%にあたる2万3千匹余りが流通過程で死んでいたことが、朝日新聞とAERAの調査でわかった。犬猫の国内流通の実数が判明するのは初めて。


生きとし生けるもの、特に痛みを感じるものの命を粗末にしてはいけない。

といいつつ、ときどき、動物性のものをいただくことがあり、そのときは、どっかで、罪悪感を感じるなああ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The fathers work such long hours they barely see their babies awake.

2015年09月29日 20時09分31秒 | Weblog


スエーデンは男女平等が進んでいる、という話。


Back in London, I’d left behind a bunch of friends with young children. Most of the mothers were stressed about how to juggle their careers with parenthood and expensive childcare. The fathers worked such long hours they barely saw their babies awake.

I was aware that by contrast I had chosen to take a job in a country that offers generous parental leave for both partners, coupled with affordable daycare.


イギリスでは、たいていは女が子育てということになっていて、女は仕事と子育ての両立、しかも、保育所は値段が高い、と。父親たちは、働きづめで、赤ん坊が起きている姿をかろうじてみるくらいだが、スエーデンでは、そこそこの値段の保育所はあるし、両親ともに、子育て休暇がとれる、と。




But with no children myself, I didn't think this would be relevant to my life.

I couldn’t have been more wrong.

The fact that Swedish fathers can - without harming their careers - take months off work to look after their children or leave the office at 4pm to pick them up from school, is part of a much bigger jigsaw of gender equality policies that benefit the entire population. When sharing childcare becomes normalised, so does the idea of having a balance of men and women in senior jobs, regardless of whether they have kids.


もっとも、そんなことは、独身女性には関係ないと思ったが、そうではなくて、男が子供の面倒をみるために仕事が休めたり、保育所がしっかりしているということは、その間、女が仕事ができるということで、そのため、上級職にも女性の割合が多くなる、ということを意味しているのだ、と。





During the ten years I spent working as as reporter in the British media, I lost count of the number of times I was told how “hard” it would be to continue my career as I got older, given the often erratic hours. It was assumed both that I would want children and become their primary caregiver. Over the last thirteen months, not one person in Sweden has commented on my gender in relation to my job.





イギリスでは女というものは、子供が欲しいもので、そして、女が、子供の面倒をみるものだという通念が流通し、子育てと仕事の両立がいかにたいへんかをさんざん聞かされてきたが、スエーデンでは、仕事の関連で女性であることをとやかく言う人は誰一人いなかった、と。





Of course the UK is still much more progressive than many other countries. And I am aware that there are plenty of women around the world facing far, far greater oppression. But living in Sweden has made me realise just how much I was surrounded by sexism back home.

Here in Stockholm I don’t get whistled at by builders. I don’t get taxi drivers asking if I have a boyfriend. I don’t get computer repair staff suggesting I ask a male friend to help me install new software.

イギリスは他の国よりましだと思うが、ストックホルムでは、土建屋のおっちゃんから、ヒューヒューと冷やかされることもなく、タクシーの運ちゃんから、ボーイフレンドいるのか、と聞かれることもなく、会社のシスアドから、男友達に、新しいソフトウエアいれてもらったら、と言われることもない、と。


イギリスでこんなこと言われたりされたりしても、他国より、まし、と思うところが、このイギリス人女性の人種差別意識の根深さをあらわしているのではなかろうか?

英米における、この”他国より進歩している”という、民族差別意識は、他国より虐げられている点のあるマイノリティーの間にも浸透しており、病的でもある。


(女性差別 女性蔑視)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

” The reparations or apologies are not the right approach”  ジャマイカ 英に補償を要求

2015年09月29日 19時23分30秒 | Weblog
Jamaica calls for Britain to pay billions of pounds in reparations for slavery
Downing Street says David Cameron does not believe compensation is the right approach ahead of his first official visit to Jamaica

Rowena Mason in New York
Tuesday 29 September 2015 00.01 BST



David Cameron is facing calls for Britain to pay billions of pounds in reparations for slavery ahead of his first official visit to Jamaica on Tuesday.

Downing Street said tthe prime minister does not believe reparations or apologies for slavery are the right approach, but the issue is set to overshadow his trade trip to the island, where he will address the Jamaican parliament.




A Number 10 official said: “This is a longstanding concern of theirs and there is a longstanding UK position, true of successive governments in the UK, that we don’t think reparations are the right approach.




Better late than never.

日本の左翼は、自国の政府にキャンペーンはって、支払わせるわなあ。

また、英米のメディアは、日本のことだったら、集中的にキャンペーンをはって報道するのにねええ。


(歴史問題)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

It is a moral outrage the declared powers maintain and develop nuclear weapons.

2015年09月29日 15時33分43秒 | Weblog
記事
共同通信2015年09月28日 09:58英労働党、核放棄の採決見送り 党大会の議題で支持集まらず


ここらへん、日本が攻勢にでれるところなんだから、どんどん言ってやればいい。






政治的圧力が減少するのはなぜか、というと、道義にかなっていないからで、




It is a moral outrage the declared powers maintain and develop nuclear weapons while preaching against them.


とでも言ってやったらどうだろうか?


国際政治の裏舞台ではリアリズムに基づくせめぎあいがあるのだが、表舞台では、このmoralの観点からの攻防があるのだ、ということを日本の政治家は認識すべきだ。


因みに、it is a moral outrage というのは


With nearly 1 billion people living on less than $1.25 a day, Obama said it is a "moral outrage" that billions are at risk of dying from preventable diseases and many children are close to death from being subjected to one mosquito bite.

からとったのだが、これを読売は
オバマ氏「甚大な不正義」…貧困撲滅を呼びかけ
2015年09月28日 18時21分


オバマ大統領は世界の貧困について「8億人が1日1ドル25セント(約150円)未満で生活をしのぎ、予防可能な病気で数十億人が死のリスクにさらされている」と指摘。こうした状況は「甚大な不正義」だと強い表現で解決を呼びかけた。

と訳している。

morally outrageous という表現もあり、「道徳的に言語同断」「人の道に著しく反する」などといったところではないか?




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中核 監禁、屋上から突き落とす

2015年09月29日 10時41分31秒 | Weblog
男性監禁、屋上から転落させる…中核派2人逮捕


こうなるとオウムと変わらないカルト教団だな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Dating someone because they're Japanese?

2015年09月29日 10時35分45秒 | Weblog

動画
Dating someone because they're Japanese? 日本人とデートしたい外国人?

全面的に同意。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

見ているとこっちまで

2015年09月29日 09時08分44秒 | Weblog


via daily mail

火を吹き消そうとして、目を開いてしまう子供ーー見ているとこっちまで、つい目を見開いてしまった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

安倍ちゃんや奥田くんの主張を批判するのにその父親を持ち出すのはいかがなものか?

2015年09月29日 04時09分53秒 | Weblog
フォロー

nofrills
@nofrills
2ページより、"露骨なバッシング記事を出した「週刊新潮」は…「反天皇主義者」であると一方的に断定・強調し、見出しが載った広告をうつことで、結果的に広く“右翼テロ”まで扇動していることだ。" / “卑劣! SEALDs奥田愛基氏への…” http://htn.to/2t7J7


リテラ > スキャンダル > 事件 > SEALDs奥田殺害予告を煽ったのは
卑劣! SEALDs奥田愛基氏への殺害予告、家族にも! テロを煽ったのは「週刊新潮」の父親バッシングか

【この記事のキーワード】ネトウヨ, 学生, 編集部 2015.09.29



当該論者の主張に対する批判は、学生であっても、首相であっても、どんどんやればいい、と思うが、当該論者の父親に対する攻撃して、どうしようというのか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プラス15の法則

2015年09月29日 03時33分04秒 | Weblog


へえええ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加