ぼやかせていただいております。

Confirmation bias Backfire effect

2013年09月30日 18時42分43秒 | Weblog
The Science of Why We Don't Believe Science
How our brains fool us on climate, creationism, and the vaccine-autism link.
―By Chris Mooney | May/June 2011 Issue





In other words, when we think we're reasoning, we may instead be rationalizing. Or to use an analogy offered by University of Virginia psychologist Jonathan Haidt: We may think we're being scientists, but we're actually being lawyers (PDF). Our "reasoning" is a means to a predetermined end―winning our "case"―and is shot through with biases. They include "confirmation bias," in which we give greater heed to evidence and arguments that bolster our beliefs, and "disconfirmation bias," in which we expend disproportionate energy trying to debunk or refute views and arguments that we find uncongenial.



It's just that we have other important goals besides accuracy―including identity affirmation and protecting one's sense of self―and often those make us highly resistant to changing our beliefs when the facts say we should.



And it's not just that people twist or selectively read scientific evidence to support their preexisting views. According to research by Yale Law School professor Dan Kahan and his colleagues, people's deep-seated views about morality, and about the way society should be ordered, strongly predict whom they consider to be a legitimate scientific expert in the first place


In other words, people rejected the validity of a scientific source because its conclusion contradicted their deeply held views


And that undercuts the standard notion that the way to persuade people is via evidence and argument. In fact, head-on attempts to persuade can sometimes trigger a backfire effect, where people not only fail to change their minds when confronted with the facts―they may hold their wrong views more tenaciously than ever.



Okay, so people gravitate toward information that confirms what they believe, and they select sources that deliver it


The upshot: All we can currently bank on is the fact that we all have blinders in some situations. The question then becomes: What can be done to counteract human nature itself?



Given the power of our prior beliefs to skew how we respond to new information, one thing is becoming clear: If you want someone to accept new evidence, make sure to present it to them in a context that doesn't trigger a defensive, emotional reaction.


これはわりに面白い記事で、他の記事で引用されていたもの。

 非科学的なことにはまる科学的な説明、というのであるが、証拠や議論を提示して人は説得されるか、というと、むしろ、結論先にありきの態度を持つ場合もおおく、、その結論に都合のいい証拠ばかり集めたり、都合の悪い証拠はつぶそうとしたり、そもそも都合の悪い人の意見は、科学的であると認めなかったり、それでも、冷静に証拠や冷静な議論を突きつけられると、よけい意固地になって自説にしがみついたりするが、それは、自分の立場、自分が何で、誰であるか、を不安定にするような、情報は受け付けたくないからである、と。

だから、人を説得する場合、相手のコアとなる信条を逆なでしないよう、受け入れられるような包装紙でくるんであげると、いい、と。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

管理職女性比率進捗度公表制度

2013年09月30日 18時37分15秒 | Weblog


駒崎弘樹:Hiroki Komazaki
‏@Hiroki_Komazaki

経産省「イギリスは取締役会の女性比率を毎年進捗確認・公表する制度を更につくった。すると1年で12.5%→17.3%に上昇。ちなみに日本の取締役会における女性比率は現在約1%。」

suzuky ‏@suzuky 49分

あと男の管理職もダメダメなのはたっくさんいるんだから(はっきしいって半分くらいはダメなわけよ(笑))、女の管理職が半分くらいダメダメでもオッケーでしょ。



このような尻の叩きかたは、いいんじゃないかああ。


安倍ちゃんも口先だけといわれなように、こうした制度をどんどん取り込んだらどうかな?



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”私はこうして強姦されました”

2013年09月30日 18時13分35秒 | Weblog
'I know a rapist. Let me introduce him to you': Website where victims can share first-hand accounts of how they were attacked by men they trusted
'I know a rapist' French website is flooded with stories of women who were raped... not by perverts or predators but by men they thought they trusted
More than 1000 women have submitted accounts since it launched in August
Majority of attackers are described as 'respectable' family doctors, bosses, colleagues, grandfathers, stepfathers, university professors
At least 800 stories have been published so far
By TIM FINAN
PUBLISHED: 17:07 GMT, 29 September 2013 | UPDATED: 17:55 GMT, 29 September 2013





'In 80 per cent of cases the attacker is known to the victim and in 67 per cent of cases the rape takes place at the home of the victim or the aggressor.'



An estimated 75,000 women are raped every year in France but only 10 per cent are reported.
Only two per cent of rapists are convicted.



フランス、私はこうして強姦された、という実体験を集めたサイト。


The aim is to destroy myths about rape and rapists by asking victims to describe their attackers rather than go into the details of their rapes.


実体験を語ってもらうことによって、強姦 に対する思い違いを払拭してもらいたい、と。

例えば、8割は自分の知人に強姦される、という。

強姦の被害者はともすると、第2次、第3次の被害にもあいやすい。社会が問題意識をもつことが大事だ。

因みに、Japan hate fest と呼ばれるdebito org では、日本人強姦被害者の実名をさらし、嘘つき呼ばわりしている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

反応が遅い?

2013年09月30日 18時03分19秒 | Weblog
mozu9
‏@mozumozumozu

Are Young Women Really Racing to Syria's Front Lines to Wage Sex Jihad? - By David Kenner | FP Passport http://j.mp/18ixfSS


Are Young Women Really Racing to Syria's Front Lines to Wage Sex Jihad?
Posted By David Kenner Thursday, September 26, 2013 - 3:36 PM


It's the story that launched 1,000 headlines. And it's not hard to see why: Tunisian Interior Minister Lotfi Ben Jeddou announced last week that Tunisian women were traveling to Syria to wage "sex jihad," where they were having sex with "20, 30, [or] 100" militants, before returning pregnant to Tunisia.

There's only one problem: There's no evidence it's true


ああ、これ、これ。

これ、二十六日 発行で、ちょっと前にこの記事には気づいていたのだけど、この記事読んだあと。


二十八日
2013年9月28日12時8分

チュニジアの少女「性の聖戦」 シリア前線で慰安行為か


などという日本語記事が出ていたので、日本の新聞社って国際面の反応が遅い、とういか、チェックが鈍いのかな、と思ったんだよなあ。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イルカやクジラの大量死は米海軍の訓練や実験による海中の爆音のためであるかも

2013年09月30日 17時54分33秒 | Weblog
田尻 成美
9月28日 15:02 ·

ショックなニュースです。
イルカやクジラの大量死、原因は
米海軍の訓練や実験による海中の爆音であることが判明!


以前からイルカやクジラが海岸で大量座礁するニュースが
何度となく報じられてきました。
この原因が米軍の潜水艦から発せられる
大音響のソナー音であることを、ついに米海軍が認めました。

米海軍の訓練や実験によって、大音響のソナー音が海中に
響き渡ります。
その衝撃でイルカやクジラは器官に気泡が生じ、方向感覚が失われるのです。
その為、あらぬ方向に行き、体に傷を負い、脳内出血が起きます。

米海軍は、このほど、米東海岸、メキシコ湾、ハワイ、南カリフォルニアに
生息する海の哺乳動物に、海軍の訓練や実験が壊滅的な影響を
及ぼしている可能性を認めました。

捕鯨で日本を非難する「国際社会」ですが、
こうした国家的暴挙にはどういう態度を取るのでしょうか。
また、米海軍はこの事実が判明した音も同様の訓練を
続けるのでしょうか?

http://inhabitat.com/defiant-navy-releases-report-that-shows-testing-could-kill-hundreds-of-whales-and-dolphins/



 記事によると、原因は爆音である、という断定ではなく、

Imagine experiencing a noise so loud that it could cause not only disorientation, but also physical trauma and brain bleeding, as well as bubbles that form in your organs. This is a very real possibility for thousands of whales and dolphins exposed to US Navy training and testing. The Navy recently released a report containing data from two environmental impact studies which confirm suspicions that testing could have devastating consequences for marine mammals off the U.S. east coast, Gulf of Mexico, Hawaii, and southern California between 2014 and 2019.

Read more: Defiant Navy Releases Report that Shows Testing Could Kill Hundreds of Whales and Dolphins | Inhabitat - Sustainable Design Innovation, Eco Architecture, Green Building


爆音が原因である可能性、爆音が大量死を惹起するかもしれないという可能性を認めた、ということでしょうね。

ありえる話ではありますね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

シンガポール

2013年09月30日 16時53分53秒 | Weblog

動画
東京対シンガポール:TPP導入したら消費者生活はどうなるの?そしてランボルギーニー・・・

公開日: 2013/09/28



 シンガポールというのは、私の同級生で、家族で移住した人が、わりに優雅な生活をしている様子をFBなんかで投稿している。因みに、家族は主に、日本人社会で、子供は日本人学校に通わせているようである。



産経
リー・クアンユー氏、人口減の日本に「悲観的」 新著で「移民受け入れよ」
2013.8.7 08:37


日本経済の長期低迷の最大要因として「人口急減」を挙げ、移民受け入れ政策を取ろうとしない日本の将来に、「わたしは極めて悲観的だ」と結論づけた。



動画でも、あるいは、この記事でもあったが、人口問題解消のため大量の外国人を受け入れている。

たしかに、どの国もでもそうだが、外国人移民を受け入れたからといって犯罪率が増加するという事実はない。

しかし、ググルと、








I'm A Brown Person And I Live In A Racist Country

Burnt. Black skin. Dirty. I’ve been called the worst names from fellow Singaporeans.

Faz
Apr 25, 2013 at 1:00pm



The first time I experienced racism was in a classroom when I was nine years old. I didn’t know what was happening, but I understood that there was a lot of hate there while my teacher loomed over me and said, “You know why I didn’t call on you to answer my questions? Because your skin is black.”

She spat the word black like it gave her boils.

I’m from Singapore. One of the richest nations in the world, touted as a cultural and religious melting pot with racially harmonious Rainbow Brites running around throwing glitter in the air. I’m calling bullshit. I have never felt like I belonged in this country a single day of my life.

Products that are supposed to whiten your vaginas may be new to the beauty market in Asia, but the correlation between dark skin and "dirtiness" is not anything new.


COMMENT: Xenophobia and the Jollibee backlash
By Shah Salimat | Yahoo! Newsroom – Wed, Mar 13, 2013





COMMENT

As Philippines fast food chain Jollibee opened its doors in Singapore Tuesday, one of the first comments on Yahoo! Singapore’s Facebook post was “roaches roaches everywhere !!! (sic)”

Another quickly chimed in with, “My wife and me told our maid we will ship her home if she patronises this place”.

And those were just the PG-13 comments.



インド系やフィリピン系の人々に対する人種差別があり、

So, you don’t want to be called “Xenophobic”
April 23
07:10 2013
Print This Article
👤by Jeraldine Phneah

By: Jeraldine Phneah







Analysis: Struggling with xenophobia in Singapore
By Kirsten Han Mar 20, 2013 7:34AM UTC



There are plenty of people out there who participate in xenophobia (and no, you don’t have to be an out-and-out xenophobe to participate in xenophobia). I count many of them among my friends and family. They are decent people, fun to hang out with and speak to. But that doesn’t make them less xenophobic when they spout anti-foreigner sentiment. And it’s important to point it out to them when they do, so they have the opportunity to reflect.




Xenophobia in Singapore : a study on foreign talent.



Xenophobia has emerged as a key issue in Singapore, with Singaporeans turning increasingly xenophobic in recent years.

Malaysian foreign talent are the least resented by Singaporeans, while PRC foreign talent are the most resented by Singaporeans. Results further suggest that overcrowding issues contributes to xenophobia the most, followed by economic issues, government perception issues and lastly, cultural issues.



 外国人増加政策をうけて、ますます、外国人嫌いの傾向が強まった、とも言われている。


 別にシンガポールが特にいいとか、悪いとかいうつもりはない。

 社会的、歴史的な理由で、ある徴表によりグループ化された少数弱者がおり、新参者は、古参のものにより差別を受ける、というのは、どの社会でも、どの国家でも同じ普遍的な過程である。


 日本も移民の受け入れが大事だが、


1)移民に対する、入国前、入国後の日本語教育
2)異なる肌、異なる文化背景をもった人に対する対応方法の教育


をしておかないと、欧米のように人命を落とすようなヘイトクライムが勃発する危険さえある。


 もっとも、白人や名誉白人である日本人は、まだ、扱いがいいのかもしれない。あるいは、現地の人との交流が少ないのかもしれない。


 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふーん、そうだったのか。

2013年09月30日 09時48分11秒 | Weblog


ふーん、そうだったのか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

American exceptionalism  ”somehow we’re better, we’re exceptional. ”

2013年09月30日 04時30分14秒 | Weblog
American exceptionalism an ‘outdated’ concept

Eric Draitser is an independent geopolitical analyst based in New York City and the founder of StopImperialism.com.

Get short URL Published time: September 28, 2013 13:12






You see, here in the US, within our collective consciousness and within our sort of national mythology, this notion that the US stands somehow above and beyond all other countries of the world; that we represent not only certain abstract ideals, but certain political principals that somehow are not reflected by other states.

So what Obama is in fact saying with regard to American exceptionalism is nothing to do with the moral character or ethical makeup of the country. It has everything to do with the United States asserting its right to dominate politically, economically, militarily and otherwise anywhere that it sees fit.

And Syria really has become a sort of battleground between the US and Russia – not over chemical weapons, but over influence and over how geopolitics will look like in the US in the 21st century.


Syria is sort of the pretext for this. What Obama is asserting a longstanding principle not only within the political establishment of the US, but within the very psyche of the American people: that somehow we’re better, that somehow we’re exceptional. And Obama is attempting to use that rhetoric as a way of putting himself on a moral high ground above Putin, above the Chinese, above any of the so-called “troublemakers” in the UN Security Council.

So, while it looks to the rest of the world that the US is a belligerent actor when it comes to Syria, Obama is essentially asserting, “No, no, we’re moral, we’re just and we’re righteous.

it’s that the US is above international law, that the US is above the very institutions that the United Nations represents, and that it is above everything that has happened since WWII.

In other words, it’s the principle “might is right.” You don’t want to reduce it down to such a simplistic concept, but unfortunately that is the reality of international relations when it comes to the United States.


On the one hand Americans tend to have this sort of patriotic fever that you’ve been referring to earlier, believing in some of the issues of national pride, believing in the country. This is all well and good, but this has sort of blended with the growing discontent among regular ordinary Americans with US foreign policy: tired of the Afghan war, disgusted by the experience in Iraq and America’s adventurism all over the world



 ロシアやイランのメディアによく引用される、主流のメディアからすれば、いわゆる反米的な論者であるが、しかし、シリア問題については、オバマ大統領だけでなく、アメリカの主流のメディアが シリア国民のーーつまり、同じに人間の命と生活の問題ではなく、battleground between US and Russia over influence 勢力争いの問題として扱っている傾向が強い、というのは私も感じる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

権力と金

2013年09月30日 04時17分10秒 | Weblog






中国経済のアキレス腱(けん)である「貧富の格差」が一段と深刻化している。北京大学の中国社会科学調査センターの調べでは、世帯所得で上位5%の富裕層と下位5%の貧困層の年収格差が、2012年時点の全国平均で234倍に達した。2年前の10年段階の調査では129倍だった。既得権益層とも重なる富裕層の世帯所得の伸びが貧困層を大きく上回ったものとみられる。


 権力と金がダイレクトにリンクしているわけですね。


 アメリカも格差社会といわれるが、その比ではないとなると、社会の不安定さは爆発寸前かもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プーチンさんのそっくりさん ♪

2013年09月30日 04時03分09秒 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

タイの感動CM

2013年09月29日 16時09分42秒 | Weblog
動画

世界中で話題のタイの感動CM



ぼくはこっちのタイのCMのほうが好きだな。

動画
Sony Thailand Commercial - Daughter
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

政党助成金 湯水のように

2013年09月29日 14時08分29秒 | Weblog





交付金「余り」民主・みんな・国民新に返還命令



 新藤総務相は27日、2012年までに支給された政党交付金が余ったとして、民主党、みんなの党と、すでに解散している国民新党に対し、計4607万2376円を国庫に返還するよう命令を出した。

 同省によると、返還例は過去に4例しかなく、返還額が1000万円を超えたケースは初めて。返還額は、民主党が7府県の9支部(解散分含む)で計4052万9758円など。

     ◇

 総務省が27日発表した2012年分の政党交付金使途等報告書によると、交付金を受けた11党の支出総額は、衆院選に向けた費用などが大幅に増え、305億4000万円年より約94億2000万円(44・6%)増になった。

(2013年9月29日00時07分 読売新聞)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The joy of art

2013年09月29日 12時09分09秒 | Weblog
mozu9

‏@mozumozumozu
The joy of art: why Japan embraced sex with a passion http://j.mp/16INXXR @guardianさんから こういう語り口も飽きたね




The joy of art: why Japan embraced sex with a passion
Japan is the only country in which erotic art – 'shunga' – has been mainstream. A new exhibition at the British Museum shows how sex was often allied to comedy and political subversion
Share 2527


10
inShare
1
Email
Ian Buruma



 Viceとしてとらられていない、というのはいいんだけど、日常生活では、恥じらい、として捉えられていることを指摘しないと、また、一部の変態西洋人になんでもあり、のような変な誤解をされかねない。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

朴大統領、韓国、米軍が性奴隷にした慰安婦にもはやく謝罪しなさい!

2013年09月29日 12時06分50秒 | Weblog
朴大統領、謝罪の日々 公約修正、「詐欺」と野党批判


朴大統領、韓国、米軍が性奴隷にした慰安婦にもはやく謝罪しなさい!

なんで、こんなまともなことを、日本の、あるいは、韓国の、あるいは、米国の、リベラルのひとはいえないのだろうか?


 韓国でも、米国でもリベラルでも、ナショナリストが多いのかもしれないですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

After the Fukushima disaster, a U.S. mistake undermined the Japanese government.

2013年09月28日 18時06分01秒 | Weblog
mozu9
‏@mozumozumozu

How a U.S. Mistake After Fukushima Hurt Japan http://j.mp/1ha6sds @slateさんから ニューズウィーク日本版に掲載されていた記事



Shaken Faith
121
48
5
After the Fukushima disaster, a U.S. mistake undermined the Japanese government.

By Paul Blustein



参考

検証 退避勧告


Much of what you’ve heard about the nuclear accident is wrong
コメント
この記事をはてなブックマークに追加