ぼやかせていただいております。

“Aussie, Aussie, Aussie - Oi, Oi, Oi”

2015年05月31日 20時07分47秒 | Weblog
Police keep anti-Islam protesters and anti-racism activists apart in Melbourne
More than 100 police on foot and horseback close streets and stand between competing protests to prevent repeat of April’s clashes
Protesters jostle with police during the dual rallies in Melbourne on Sunday.

Australian Associated Press
Sunday 31 May 2015 07.02 BST


 四月の二の舞にならないように、反イスラム団体と、反レイシズム団体を分離した、と。

で、その四月の様子は、というと、



こわそうなおっさんたちですね。




Reclaim Australia supporters オーストラリアを取り戻せ、支持者たちが、


“Aussie, Aussie, Aussie - Oi, Oi, Oi”
オージー、オージー オイ オイ、オい
とか叫んでいた、と。

USA! USA!みたいなもんなんでしょうかね。日本語の「オージービーフ」の「オージー」と、「おい!」という呼び声と重なっていまいち迫力に欠けるような気もします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

It's Still Not a Crime to Take Upskirt Photos in Most of America

2015年05月31日 19時21分29秒 | Weblog
2015.5.31 14:51

無罪判決を受け…スカート内の「盗撮」がようやく犯罪として認められた米国


この


Judge rules man's upskirt photos of girl, 13, at Target not a crime but appalling
事件に関してだが、

It's Still Not a Crime to Take Upskirt Photos in Most of America
May 21, 2015
by Daniel Serrano

ほとんどの州で、まだ、犯罪とされていない、と。


日本の場合
各都道府県の迷惑行為防止条例において痴漢、盗撮行為の禁止に関わる部分の条文
すべての都道府県で犯罪とされている。



(女性蔑視、女性差別)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

youtube に削除要請とかくるのかしら

2015年05月31日 19時05分45秒 | Weblog
国会ひとり 動画

うまいね。

youtube に削除要請とかくるのかしら、天ぷら大。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

UN has an track record of peacekeeper involvement in trafficking as well as in sexual exploitation

2015年05月31日 16時37分52秒 | Weblog
mozuさんがリツイート
Foreign Affairs @ForeignAffairs 17時間17時間前 翻訳を表示

Forty countries around the world use North Korean labor in a modern-day slave trade: http://ow.ly/NDUQY

北朝鮮の労働者を、外貨を稼ぐために、中国やロシアなどで奴隷として働かされている、というわけだが、その記事のなkで、



In these cases, a person’s willingness to travel abroad in the first place becomes immaterial, just as it does for young Russian women who travel to a foreign country with the promise of a waitressing job, only to be forced into prostitution in Bosnia by a human trafficker. The same can be said for a Nepalese laborer who believes he is going to work in Kuwait, but ends up in Iraq with his passport confiscated.


 ロシアの若い女性が外国でウエイトレスの仕事があるといわれて、強制売春をさせられている、という文章がでてくる。


 性奴隷という言葉は使われていないが、そこで引用されている記事では、平和維持に身売買、売春がからんでおり、


BARRACKS
AND
BROTHELS
Peacekeepers and
Human Trafficking
in the Balkans
Author
Sarah E. Mendelson



Executive Summary



The majority of uniformed service members and civilian contractors working in peacekeeping operations do so honorably. Yet peacekeeping operations in the Balkans have had the unintended consequence of providing the demand for trafficked females from Eastern Europe and Eurasia for forced prostitution. Human trafficking involves the recruitment, harboring, and movement of people through the use of force, fraud, coercion, or deception for the express purpose of enslavement. Sex trafficking is therefore not “just about prostitution.” Rather, it is about people being sold as chattel, stripped of their passports, and forced to pay off bogus debts to their traffickers. In the Balkans, literally thousands of women and girls have been trafficked in the last several years. At least 10 percent of them are minors. In addition to the implications for human rights and the rule of law, human trafficking in post-conflict regions has security implications for peacekeepers that to date have been overlooked or downplayed by defense officials and militaries. Most importantly, the criminal networks that traffic in humans also traffic in guns and drugs, and human trafficking provides these networks with revenue. Peacekeepers who serve with honor are being tainted by the minority who commit human rights violations and support criminal networks.



・・・・・
The United Nations has an especially troubling track record of peacekeeper involvement in trafficking as well as in other forms of sexual exploitation in conflict and post-conflict regions. Yet decisionmakers at the UN seem to fear that creating a taboo against trafficking for peacekeepers will negatively affect the UN’s ability to attract peacekeepers. The stature of those policymakers advocating attention to
both gender and human rights agendas within the UN system has made it impossible to ignore trafficking. However, their influence has not been sufficient to produce a serious anti-trafficking effort among the multiple UN agencies responsible for peacekeeping around the world. Given this institutional reluctance, the secretary-general and the under-secretary for peacekeeping will need to lead on this issue.



国連の平和維持部隊が、紛争地域での、人身売買、及び、その他の、性的搾取行為に関与していた、と。



右翼のみなさんよ。日本、韓国、米国、ドイツ、・・・・国連と、人身売買、性的搾取と同じことをして、日本だけが被害者に謝罪と保障をしたんだよ。

そこに日本の誇りを見出して、韓国、米国、ドイツ・・・国連は、日本を見習って、歴史に直面し、女性に、謝罪と保障を申し出るべき、という主張にしてくださらぬか?

それで、いわゆる慰安婦問題は流れがかわる。

救済される女性も増える。

ファクラー記者やタブチ記者、コヤマエミ、ヤマグチトモコの卑劣さも暴かれるというものだろう。


関連


NEWS
MAY 30 2015, 5:54 AM ET
Germany Shines Light on Rape by Allied Troops Who Defeated Nazis
by ANDY ECKARDT
Liberation Song
A happy crowd of American soldiers are welcome





Sex Among Allies
by Katharine H. S. Moon

Gang Rapes and Beatings, Brothels Filled with Teenage Prostitutes -- The Depths of American Brutality in Vietnam
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「空戦」に持ち込む以前に、飛行場を使用不能にする

2015年05月31日 14時10分15秒 | Weblog
アメリカと中国が「軍事衝突」したら・・・「中国は嘉手納を攻撃。米空軍基地を壊滅させる」=中国メディア

そして台湾海峡から500海里の範囲内で、中国は27カ所の飛行場から作戦機を飛ばすことができが、米軍には中国大陸部から460海里離れた沖縄の嘉手納基地しかないと指摘。中国はさまざまなミサイルで攻撃をするので「嘉手納の米空軍基地が生き残ることは不能」と主張した。

 「空の戦い」は昔も今も、「空戦」に持ち込む以前に、相手側が航空機を発進させる前に飛行場を使用不能にするのが、最もよい戦い方とされている。かつてはまず、滑走路を狙った。しかし記事は、「現在の戦い」の場合、ミサイルは基地の主要施設を破壊すると指摘した。


なるほど。

沖縄にいるのは、台湾有事や朝鮮有事の米軍だからなああ。可哀想だなあ、沖縄県民。


他国同士の戦争に関わらずに、日本が国土の平和を守るには、日米同盟破棄して、朝鮮戦争、台湾戦争の不関与を宣言して、日本は、核武装するしかないなあ。

社民党や共産党がそこまで覚悟があるなら、それも一つの有力な選択肢ではある。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”American Army and British army were considered Armies of rapists"

2015年05月31日 13時35分43秒 | Weblog
MAY 30 2015, 5:54 AM ET
Germany Shines Light on Rape by Allied Troops Who Defeated Nazis
by ANDY ECKARDT


MAINZ, Germany — When Allied troops swept through Europe and defeated the Nazi regime more than 70 years ago, they were hailed as liberators.

But new research by a German academic alleges that rape by U.S., British, French and Canadian forces was more commonplace than previously believed.

While some other experts dispute Professor Miriam Gebhardt's estimates, her claims have reignited the debate about the extent of crimes committed on both sides in the aftermath of World War II.

The issue of post-war sexual violence has been a taboo topic because many Germans did not want to downplay the country's own atrocities during the Holocaust by displaying its people as victims.


"The question of victimhood is not an either-or anymore," Gebhardt said. "We can and must continue to deal with our crimes, but we also have to deal with our victims."

"WE TOO ARE CONSIDERED AN ARMY OF RAPISTS"
Gebhardt estimates that nearly 900,000 Germans were raped by the Allied forces that freed her country from the Nazis in the wake of D-Day in 1944 until West Germany was declared fully sovereign in 1955.


That number is far more than previous estimates and is contested by other scholars, who challenge Gebhardt's methodology and question the accuracy of her estimates.

While some historians disagree on the numbers, eyewitness accounts and military court cases confirm that Americans committed acts of sexual violence at the end of the war.

In 1945, TIME magazine published a letter penned by an unidentified American serviceman who stated that "our own Army and the British Army ... have done their share of looting and raping ... we too are considered an army of rapists."

Gebhardt, a professor of history and sociology at the University of Konstanz, alleges that 190,000 sexual assaults were perpetrated by U.S. troops while defeating the Nazis and in the subsequent 10 years.

Her estimates are partially based on the assumption that one child originated from every 100 cases of rape.

Gebhardt's research included examining police reports and interviews with German women, who were questioned by the country's post-1945 government to evaluate child care costs.

She also used so-called "invasion reports," compiled by priests in Bavaria to document the situation in their local communities.

"Two American soldiers raped a very decent girl," one Catholic priest from the Munich diocese wrote in July 1945, in a report which featured in a "The Crimes of the Liberators," a documentary which was produced by NBC News' German partner ZDF. "The soldiers entered a building at 10 p.m. and claimed they had to do a house search, but they were looking for two girls."


The discussion about sexual assaults against German women has historically been focused on the crimes of the Soviet Red Army troops.

"This perception was in line with Nazi propaganda, which had been portraying the Russians as Asian, subhuman beings," Gebhardt said.

Prior to the fall of the Nazi regime, Hitler's propaganda minister Josef Goebbels highlighted "the bloodlust and cruelty" of the Soviets, whom he claimed would go on a rampage through the country, raping German women.


An often-quoted figure is that the Soviets committed between 1 and 2 million rapes after Germany was liberated. However, Gebhardt's new estimates link around 430,000 rapes to the Red Army, as well as 45,000 to British troops and 50,000 to the French.

Unlike their Red Army allies, Gebhardt said "the image of U.S. soldiers was by far better, that of affluence, freedom and democracy."

American sociologist Robert Lilly used military records and trial transcripts to put the number of rapes committed by U.S. soldiers in England, France and Germany between 1942 and 1945 at 14,000.

"Two weeks after the invasion, the first rapes occurred in France," Lilly told ZDF.

However, he isn't convinced by Gebhardt's estimates because access to official documents has become more difficult. "Twenty-five years ago, when I started, it was a very different research world," he said.

Maximiliane Saalfrank, a German a freelance journalist who has researched the subject since the early 1990s, said her grandmother was raped by an American GI in May 1945 in the Bavarian city of Landshut.

"I believe that she accepted the sexual assault as something that had to be expected, a consequence of the war, that it happened because she was the defeated," Saalfrank told NBC News.



 第2次大戦で、レイプといえば、ソ連軍を思い起こす、実は、アメリカ人、イギリス人、フランス人兵士たちも大量レイプをしていて、ドイツ人女性が被害にあっていたが、ドイツが被害者としての描写を忌避したことと、強姦という女性たちにとっての恥辱のせいで、タブーになっていた、がいまや、明るみに鳴り始めた、と。

 タブーと言うより、NYTのファクラー記者やタブチ記者のように、アメリカ系メディアのジャーナリストたちが、



Sex Among Allies
by Katharine H. S. Moon

Gang Rapes and Beatings, Brothels Filled with Teenage Prostitutes -- The Depths of American Brutality in Vietnam




 知ってていても書かない。

 元性奴隷が訴えても記事にもしない。

 あまりにも卑怯、卑劣であるが・・・・・カウントダウンの日は案外近いのかもしれない。

 どうか、右翼のみなさんも左翼の皆さんも、日本軍慰安婦問題についての言及があるたびに、あるいは、それがなくても、米軍慰安婦問題 について声をあげてほしい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

頭脳格差、教育格差は所得格差

2015年05月31日 13時29分12秒 | Weblog
衝撃! 貧乏な子どもがいくら勉強しても遊んでる金持ちの子より成績が悪いとの驚愕データが
2015.05.29



、たしかに親の経済力と学力・学歴との相関関係は大きい。教育統計学者の舞田敏彦が発表した「東京大学生の家庭の年収分布」によれば、世帯収入950万円以上が一般世帯の倍以上の57%を占めたことで「教育格差は収入格差」と大きな話題となったほどだ。

 ただ福田や加藤のように、親の経済力との相関を踏まえたうえでも「本人たちが努力さえすれば、学歴格差は縮まる」「環境のちがいがあっても、努力で克服できる」などと信じている人は多いのではないだろうか。しかし残念ながら、こうした“子どもの努力次第論”は、根本から間違えていると言わざるを得ない衝撃のデータが存在する。それがお茶の水大学が調査、発表した「平成25年度全国学力学習状況調査(きめ細かい調査)の結果を活用した学力に影響を与える要因分析に関する調査研究」だ。


公表されたグラフによると、両親の学歴と世帯所得が高い子ども(小6)は国語、算数ともに正答率が高い。次に平日の家庭学習時間と正答率の相関関係を示したグラフを見ると、長時間勉強する子どもほど学力の平均値は高くなっている。この2つのデータを見ると、「親の経済力」と「子どもの努力(学習時間)」両方の要素が学力に影響を及ぼすことがわかり、一見、親の経済力だけでなく、子ども自身の努力によっても、学力はあがるかに見える。


 しかし、問題はさらなるもうひとつのデータの存在だ。それは世帯所得と父母の学歴を合成した指数(SES)と学習時間、そして国語の平均正解率を掛け合わせたもの。それによると、たしかに同じ所得層のなかでは長時間勉強する子どものほうが学力は高い。しかし、最高所得層で「全く勉強しない」子どもの正解率は60.5%、それに対し、最低所得層で「3時間以上勉強する」子どもの正解率は58.9%なのだ。つまり、貧しい家庭の子どもがいくら勉強しようとも、裕福な家庭で全く勉強しない子どもに学力が劣るという衝撃の“事実”だ。


 うーーーむ。
 おれが勉強しても、結果が出なかった理由がここにあるのか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

最低賃金でフルタイム働いてもシェルター

2015年05月31日 09時57分46秒 | Weblog


最低賃金でフルタイム働いて、ワンルームマンションさえ借りられない。賃金が安すぎて、数百万の勤勉なアメリカ人労働者がホームレス用のシェルターで暮らしている。最低賃金を上げる必要がないとまだ、思う?


世界の労働者よ、団結せよ、といったところ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外国人に言ってもらっていること、言われていることのギャップ

2015年05月31日 09時46分26秒 | Weblog
記事
月刊誌『Voice』2015年05月30日 08:03韓国人こそ歴史を学べ!――朴槿惠大統領は父親を糾弾すべし - ケント・ギルバート(米カリフォルニア州弁護士・タレント)/聞き手=丸谷元人(ジャーナリスト)〔1〕

これは保守の人が聞きたいことをケントさんの口から言ってもらって気持ちいいのかもしれない。

「すごい日本」シリーズでも、日本人が聞いて喜ぶようなことを言ってくれる外国人を選んで日本人に聞かせているわけだ。

それが常に悪いとは言わないが、モーリー氏が指摘するように、それと、英米の主流雑誌で言われていることとはギャップがある。

英米の主流雑誌が言われていることが正しいというわけではない。

かれらは、不安を煽り、お色気で興味をひき、ナショナリズムで自己満足できるような、極めて人間的な路線で、彼らにとっての外国人・東洋人である、われわれ日本人を、イスラムや黒人についてそうするのと同様、遅れており、女性差別的であり、暴力的であり、変わっており、ナショナリズムに満ちており、つまりは、彼らのシャドーみたいな存在として、描写されていることに気付く必要もある。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Uyghur historian detained while in Uyghur Autonomous Region has "died" in Beijing

2015年05月31日 04時39分46秒 | Weblog





Tohti Tunyaz
, a Uyghur historian living in Japan whom Chinese authorities detained
in 1998 while he was visiting the Xinjiang Uyghur Autonomous Region (XUAR) to
conduct research. He received an 11-year sentence in 1999 for ―stealing state secrets‖
and ―inciting splittism,‖ based on a list of documents he had collected from official
sources during the course of his research, and on a ―separatist‖ book he had allegedly
published 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Imagine what the media would say if Japanese right wingers organized an event .....

2015年05月31日 03時33分06秒 | Weblog
表現の自由をうったえて、イスラム教のモスクに集まる人々




イスラム寺院にテロリスト襲来ーーーイスラム教徒ではなく、白人デモ隊の側。





アメリカ教過激派とイスラム教過激派とは似たりよったり。




同じ殺し屋でも、

それが
イスラム教徒だと、13億のイスラム教徒に責任をおわされ、
黒人だと、ギャング関連の暴力として処理され
プロだと、国の英雄か、被害者は、たんに、巻き添えとして扱われ
白人だと、情緒不安定な一匹狼として扱われる。


同じ右翼の過激派でも、拳銃など持たない点など、日本の方がよほど穏当なのに、それが日本の右傾化の兆候と見られる。

軍備でも同じで、米英に比べて、かなり平和主義でも、なぜか、国全体の右傾化の兆候と騒がれる。


なにか狂っていませんか?


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

"In a patriarchal country like U.S. , women are still often harassed on the street."

2015年05月31日 02時55分05秒 | Weblog


アメリカでは、女性が、街中を歩いていると声をかけられ、ハラスメントをしばしば受ける、と。

日本関連英語記事風に書くと、


"In a male-dominated country like U.S., women are still often harassed on the street."


といったところか?

そうした、ハラスメントをする男性に言ってやりたいこと、例えば、

Women are not outside for entertainment
My outfit is not an invitation
My name is not baby
Stop telling women smile
I'm not here for you.
You can keep your thought on my body to yourself

女はあんたらを楽しませるために外にいるわけじゃないんだよ。
この服で誘っているわけじゃないのよ。
私の名前は ベイビーじゃない
笑いなよ、っていうのやめてくれる?
わたしはあんたらのためにここにいるわけじゃない
私の体がどうこうって黙っていてくれる?

などを、その人の自画像のスケッチとともに、街に貼っておくプロジェクトができたそうな。

(女性差別)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

必見 ”ZAP 風評へのカウンター”

2015年05月31日 02時26分07秒 | Weblog



45分あたりからの風評へのカウンター 古賀氏を中心とする政治的誇張された言明をまじにうけとり、安倍政権が、日本のメディア全体に圧力をかけているかのような英語圏のナラティブ、その傾向と対策について。 

聴くに値する。

モーリー氏正論!!!!

ここは全面的同意


Σd(≧ω≦*) グッ d(ェ*)グッジョブ!!

ъ(゜Д゜)グッジョブ!!

あとは、今のような意見を英語でどんどん情報発信してほしいところ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”there is only one way in which great wars can be permanently prevented”

2015年05月31日 02時13分30秒 | Weblog


リアリズムと防衛のBOT
@ria_bou_bot

「もしも戦争が絶滅されるべきならば、それは圧倒的武力を備えた国際的な政府の樹立による以外には不可能であろう」 バートランド・ラッセル
返信 リツイート お気に入りに登録
その他



It is entirely clear that there is only one way in which great wars can be permanently prevented, and that is the establishment of an international government with a monopoly of serious armed force.
"The Atomic Bomb and the Prevention of War" in the Bulletin of the Atomic Scientists (1945-10-01).


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Japanese chefs offer vegetarian cooking classes in English

2015年05月31日 01時44分33秒 | Weblog
FOOD & DRINK
Shōjin ryōri chefs offer vegetarian cooking classes in English
BY MELINDA JOE
SPECIAL TO THE JAPAN TIMES


“We use more bonito flakes in happo-dashi to get a stronger flavor,”



かつお出汁つかったら、ベジタリアンとはいえないわけで、本来昆布出汁をつかうべきであろう。

まあ、それでも、日本料理というのは、いわゆる脱動物肉食にはむいている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加