ぼやかせていただいております。

慰安婦強制連行と北朝鮮拉致事件、いったい何が違うのか

2013年06月30日 21時57分42秒 | Weblog
2013/06/29(土) 13:49:41.73 ID:???
http://pds.joinsmsn.com/news/component/htmlphoto_mmdata/201306/28/htm_2013062823385510101012.jpg
▲キム・ヒョンギ東京総局長

横田めぐみ。生きていれば今年満49才。13才だった1977年11月15日、新潟市から北朝鮮に
拉致された。東海から800メートル離れた学校体育館でバドミントンの練習をした後、下校途中に
めぐみは消えた。2007年12月、めぐみが拉致された現場を探した。めぐみが住んでいた家には他
の家が建っていた。だが、連絡先があった。めぐみの両親がめぐみのことを考えて引越した住所
を残しておいたのだ。あどけない年齢で見慣れぬ土地に連れて行かれ恐怖に震えためぐみ、そし
て娘を思って涙の歳月を送っためぐみの両親の心情を考えれば目がしらが熱くなる思いだ。
拉致は決して許されない犯罪だ。

拉致問題を取りあげた理由は他でもない慰安婦問題だ。橋下大阪市長をはじめとする日本保守
右翼勢力の主張はこうだ。「河野談話には慰安婦を‘国家意志として拉致(あるいは人身売買)した’
という表現がない。従って(慰安婦動員の)強制性を立証できない。」すなわち、軍や官憲が直接慰
安婦を強制連行したという文書などの証拠はない→軍の要請を受けた会社が甘言利説で慰安婦
を募集したのは認められるが日本軍が強制連行したのではない→これによって国家による拉致
ではないから強制性も認められないという論理だ。安倍晋三総理の考えもこれと大きく違わない。
日本がこの鎖から抜け出さない限り、両国関係はいつも薄氷を踏むほかない。

さあ、それではここで場面を2005年4月25日、日本警察庁の公式発表に移してみよう。「78年、
失踪した神戸市のラーメン店従業員、田中実(当時28才)が北朝鮮の指示を受けた店主の甘言に
より海外に誘われた後、北朝鮮に送られたことを強く示唆する証言を得ることができました。従っ
て私たちはこれを‘北朝鮮による拉致事件’と認めます。」

田中は暴行・脅迫によって引きずられて行ったのではない。甘言による誘いだった。直接行動に
出たのは北朝鮮軍や官憲ではなくラーメン屋主人だった。もちろん北朝鮮の公文書のような証拠
物もなかった。周辺証言を認めただけだ。それでも日本政府は田中を‘北朝鮮による拉致’と断定
した。

彼は現在の日本政府が公式に認める‘拉致被害者’17人の一人だ。田中事件を扱った日本政府
(警察庁)の論理に慰安婦問題を代入してみよう。甘言による(慰安婦)海外誘引、業者ではない指
示を与えた者(日本軍)を責任者とみなし、文書がなくても(慰安婦からの)証言を証拠として採択…。
田中を拉致と規定したことと異なるところが全くない。慰安婦は‘日本軍による拉致’となり、慰安婦
動員の強制性を否認する論理も虚構となる。

田中の拉致を否定しようとする考えは毛頭ない。ただし同じ定義で事物を見ようということだ。自国
の悲劇だけが拉致ではない。それは歴史認識を論じる以前に常識の問題だ。

ソース:(韓国語) [グローバルアイ]慰安婦強制連行、田中拉致、何が違っているか
http://joongang.joinsmsn.com/article/803/11936803.html



この議論は一理ある。

 仮に北朝鮮の拉致誘拐犯が民間人であり、国家がそうした拉致を取り締まったというなら、これは、国家の指揮命令に従った組織的な誘拐ではない。
 
 日本としては、国家の犯罪だったにせよ、一民間人の犯罪だったにせよ、被害者を帰国させてほしい、というだけの話。

 国家的犯罪かどうかは、これまた別の話である。

 例えば、対馬の仏像が韓国人によって盗まれた。韓国は政府の意思として仏像を返還していない。だからといって、仏像を国家の指揮のもと盗んだわけではなかろう。それとも、韓国はあれを国家の指揮のもと盗んだ、というのであろうか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The US Army is the biggest joke It is an army of liars, backstabbers, fools and bullies

2013年06月30日 21時20分27秒 | Weblog
The 'Homeland' prisoner of war: After four years as a hostage, this soldier may at last be released... but America is asking, has he been 'turned' by the Taliban?
Pvt Bowe Berghdal, 27, has been held in Afghanistan since 2009
During his captivity he has been accused of deserting to the Taliban
In emails to his parents he has spoken of being 'ashamed' to be American
Called the US Army one of 'liars, backstabbers, fools and bullies'
By CAROLINE GRAHAM
PUBLISHED: 21:00 GMT, 29 June 2013 | UPDATED: 21:08 GMT, 29 June 2013


In the weeks before his capture, he was becoming increasingly disillusioned with Army life and with the Allied ‘hearts and minds’ campaign being waged in Afghanistan.





In letters and emails, he expressed doubts to his parents, saying in one email: ‘I feel ashamed to even be American. The horror of the self-righteous arrogance that they thrive in. It is all revolting.’
Bowe also wrote of his ‘disgust’ at seeing an Afghan child run over by a military vehicle: ‘We don’t even care when we hear each other talk about running their children down in the dirt streets with our armoured trucks.’





In a final email to his parents, Bowe wrote a line that has since been interpreted by many as a ‘farewell note’. It said: ‘I am sorry for everything. The horror that is America is disgusting. The US Army is the biggest joke the world has to laugh at. It is an army of liars, backstabbers, fools and bullies.’







 アフガンのタリバンに捕まっているアメリカ兵から両親への手紙ーーーアフガンの子供をひき殺している話を聞いても、なんとも思わないのに嫌気がさす、正義ぶったアメリカの傲慢さは恐ろしいし、反吐がでる、アメリカ人でいることでさえ、恥かしい、と。

ストックホルム症候群なのかもしれませんけど、しかし、彼の場合、

In the weeks before his capture, he was becoming increasingly disillusioned with Army life and with the Allied ‘hearts and minds’ campaign being waged in Afghanistan.


捕まる前から、アフガンでアメリカのやっていることに幻滅している。



DYING VET’S ‘FUCK YOU’ LETTER TO GEORGE BUSH & DICK CHENEY NEEDS TO BE READ BY EVERY AMERICAN
03.19.2013
11:11 am



To: George W. Bush and Dick Cheney
From: Tomas Young

I write this letter on the 10th anniversary of the Iraq War on behalf of my fellow Iraq War veterans. I write this letter on behalf of the 4,488 soldiers and Marines who died in Iraq. I write this letter on behalf of the hundreds of thousands of veterans who have been wounded and on behalf of those whose wounds, physical and psychological, have destroyed their lives. I am one of those gravely wounded. I was paralyzed in an insurgent ambush in 2004 in Sadr City. My life is coming to an end. I am living under hospice care.

I write this letter on behalf of husbands and wives who have lost spouses, on behalf of children who have lost a parent, on behalf of the fathers and mothers who have lost sons and daughters and on behalf of those who care for the many thousands of my fellow veterans who have brain injuries. I write this letter on behalf of those veterans whose trauma and self-revulsion for what they have witnessed, endured and done in Iraq have led to suicide and on behalf of the active-duty soldiers and Marines who commit, on average, a suicide a day. I write this letter on behalf of the some 1 million Iraqi dead and on behalf of the countless Iraqi wounded. I write this letter on behalf of us all―the human detritus your war has left behind, those who will spend their lives in unending pain and grief.

・・・・


Your positions of authority, your millions of dollars of personal wealth, your public relations consultants, your privilege and your power cannot mask the hollowness of your character. You sent us to fight and die in Iraq after you, Mr. Cheney, dodged the draft in Vietnam, and you, Mr. Bush, went AWOL from your National Guard unit. Your cowardice and selfishness were established decades ago. You were not willing to risk yourselves for our nation but you sent hundreds of thousands of young men and women to be sacrificed in a senseless war with no more thought than it takes to put out the garbage.

I joined the Army two days after the 9/11 attacks. I joined the Army because our country had been attacked. I wanted to strike back at those who had killed some 3,000 of my fellow citizens. I did not join the Army to go to Iraq, a country that had no part in the September 2001 attacks and did not pose a threat to its neighbors, much less to the United States. I did not join the Army to “liberate” Iraqis or to shut down mythical weapons-of-mass-destruction facilities or to implant what you cynically called “democracy” in Baghdad and the Middle East. I did not join the Army to rebuild Iraq, which at the time you told us could be paid for by Iraq’s oil revenues. Instead, this war has cost the United States over $3 trillion. I especially did not join the Army to carry out pre-emptive war. Pre-emptive war is illegal under international law. And as a soldier in Iraq I was, I now know, abetting your idiocy and your crimes. The Iraq War is the largest strategic blunder in U.S. history. It obliterated the balance of power in the Middle East. It installed a corrupt and brutal pro-Iranian government in Baghdad, one cemented in power through the use of torture, death squads and terror. And it has left Iran as the dominant force in the region. On every level―moral, strategic, military and economic―Iraq was a failure. And it was you, Mr. Bush and Mr. Cheney, who started this war. It is you who should pay the consequences.


・・・・

I have, like many other disabled veterans, suffered from the inadequate and often inept care provided by the Veterans Administration. I have, like many other disabled veterans, come to realize that our mental and physical wounds are of no interest to you, perhaps of no interest to any politician. We were used. We were betrayed. And we have been abandoned. You, Mr. Bush, make much pretense of being a Christian. But isn’t lying a sin? Isn’t murder a sin? Aren’t theft and selfish ambition sins? I am not a Christian. But I believe in the Christian ideal. I believe that what you do to the least of your brothers you finally do to yourself, to your own soul.

My day of reckoning is upon me. Yours will come. I hope you will be put on trial. But mostly I hope, for your sakes, that you find the moral courage to face what you have done to me and to many, many others who deserved to live. I hope that before your time on earth ends, as mine is now ending, you will find the strength of character to stand before the American public and the world, and in particular the Iraqi people, and beg for forgiveness.

―Tomas Young


 イラク戦争で負傷し、余命わずかな兵士が、ブッシュ、チェイニー両氏のエゴイスティックな野望のために無益な戦争の犠牲になった、アメリカ人、イラク人のために、送る手紙 ---ブッシュ、チェイニーよ、世界の前で赦しをこえ、と。



ーーー歴史から、戦争から、学んでいない国は一体どこなんだろうか?



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

監視、取り締まり、力で抑えこみ

2013年06月30日 17時46分08秒 | Weblog
中国・習主席 ウイグル族抑え込みへ
6月29日 18時3分



中国の新疆ウイグル自治区で暴力事件が相次いでいることを受けて、習近平国家主席は事態の速やかな収拾を命じ、経済格差や宗教活動の制限などに対するウイグル族の不満を力で抑え込む構えを示しています。

中国の新疆ウイグル自治区では、今月26日に東部のトルファン地区で刃物を持った集団が警察施設などを襲い、市民や警察官合わせて35人が死亡したほか、28日も南部のホータンで、武器を持った集団が騒乱を起こしたと伝えられました。
こうしたなか、地元政府系のメディアは、29日、習近平国家主席が事態の速やかな収拾を命じ、これを受けて、自治区政府が治安対策を強化するよう関係部門に指示したと伝えました。
ホータンでは、28日の夜から政府系の機関やホテルなどに電話がつながりにくい状態となっているほか、インターネットでは一連の事件に関する現地からの書き込みが次々と削除されており、当局が情報統制を強めています。
新疆ウイグル自治区では、イスラム教を信仰するウイグル族が人口の半数近くを占める一方で、経済面で主導権を握る漢族との格差や、宗教活動の制限への不満を募らせています。
これに対して、習近平政権はすでに大量の治安部隊を各地に投入して 監視や取り締まりを強めており、ウイグル族の不満を力で抑え込む構えを示してます。



国際社会が注視する必要がある。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米 EU施設も盗聴

2013年06月30日 16時30分09秒 | Weblog
米当局がEU施設に盗聴器、独誌報じる
2013.6.30 11:13



Attacks from America: NSA Spied on European Union Offices

By Laura Poitras, Marcel Rosenbach, Fidelius Schmid and Holger Stark


via mozu
America's NSA intelligence service allegedly targeted the European Union with its spying activities. According to SPIEGEL information, the US placed bugs in the EU representation in Washington and infiltrated its computer network. Cyber attacks were also perpetrated against Brussels in New York and Washington.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

外国メディアのインタビューは受ける河野洋平

2013年06月30日 14時36分49秒 | Weblog
AP INTERVIEW: ABE CHIDED FOR QUERYING WAR APOLOGY
By MARI YAMAGUCHI
― Jun. 29 4:54 AM EDT


APのヤマグチマリ記者による、河野、石原インタビュー記事である。

ヤマグチ記者はもう少し、慰安婦問題について勉強すべき。

Some of the surviving women, particularly Korean victims, have demanded an apology approved by parliament and official compensation from the government. Tokyo has resisted, saying war reparations with South Korea were dealt with in treaties restoring relations after the war. In 1995, Tokyo created a fund using private donations as a way for Japan to pay former sex slaves without providing official compensation.


部分的には正しいが、しかし、1)総理からの謝罪の手紙があったこと、2)韓国側の民族主義により、うけとらないようにとの圧力があったことは記すべきだろう。

Much of the sex slavery debate still focuses on what role the government played in organizing brothels, and if ― or to what extent ― the women were coerced. The Kono statement says the military was involved directly or indirectly in the establishment and management of front-line brothels and transfer of women, and that many women were "recruited against their own will through coaxing and coercion."


これも部分的に正しいが、しかし、論争はあるものの、


軍慰安所従業婦等募集に関する件 1938年3月4日

本文
陸支密
副官ヨリ北支方面軍及中支派遣軍参謀長宛通牒案
支那事変地ニ於ケル慰安所設置ノ為内地ニ於テ之カ従業婦等ヲ募集スルニ当リ故ラニ軍部諒解等ノ名儀ヲ利用シ為ニ軍ノ威信ヲ傷ツケ且ツ一般民ノ誤解ヲ招ク虞アルモノ或イハ従軍記者慰問者等ヲ介シテ不統制ニ募集シ社会問題ヲ惹起スル虞アルモノ或イハ募集ニ任スル者ノ人選適切ヲ欠キ為ニ募集ノ方法誘拐ニ類シ警察当局ニ検挙取調ヲ受クルモノアル等注意ヲ要スルモノ少カラサルニ就テハ将来是等ノ募集等ニ当リテハ派遣軍ニ於テ統制シ之ニ任スル人物ノ選定ヲ周到適切ニシ其実施ニ当リテハ関係地方ノ憲兵及警察当局トノ連繋ヲ密ニシ以テ軍ノ威信保持上並ニ社会問題上遺漏ナキ様配慮相成度依命通牒ス
陸支密七四五号  昭和十三年三月四日
現代かな訳
副官より北支方面軍および中支派遣軍参謀長宛通牒案

支那事変地における慰安所設置のため、内地においてこれの従業婦等を募集するに当り、ことさらに軍部諒解などの名儀を利用しために軍の威信を傷つけかつ一般民の誤解を招くおそれあるもの、あるいは従軍記者、慰問者などを介して不統制に募集し社会問題を惹起するおそれあるもの、あるいは募集に任ずる者の人選適切を欠くために募集の方法が誘拐に類し警察当局に検挙取調を受けるものあるなど 注意を要するものが少なからざるについては、将来これらの募集などに当っては派遣軍において統制し募集に任ずる人物の選定を周到適切にしてその実施に当たっては関係地方の憲兵および警察当局との連繋を密にし軍の威信保持上ならびに社会問題上遺漏なきよう配慮相成たく依命通牒[2]す。


普通に読めば、誘拐などの”募集”方法は取り締まる方針であった ということであり、そのことも指摘すべきであろう。

もちろん、いろんな意見がある、という論争を載せるのはいいが、掲載するなら賛否を掲載すべきであろう。



Nobuo Ishihara, who was deputy Cabinet secretary and assisted Kono in the government of then-Prime Minister Kiichi Miyazawa said interviews with 16 South Korean women in Seoul led to the conclusion that there was coercion though there were no official documents showing so. The women interviewed by Japanese diplomats in the run-up to the 1993 Kono apology were selected because they were not connected to anti-Japan lobbyist groups.



"There was no doubt there were women who were forced to become comfort women against their will," Ishihara said in a separate recent interview with the AP.



"We chose to face our negative legacy of the wartime past and bring a closure to it, and start forward looking relations with South Korea, and this policy has continued since. It's the promise we made, like a diplomatic treaty," he said. "It should remain unchanged even if the governments change."







石原信夫氏の発言についても、以前の発言とかなりニュアンスが異なる。


河野・慰安婦談話と石原元官房副長官の証言



(慰安婦の)移送・管理、いろんな現地の衛生状態をどうしなさいとかの文書は出てきたが、本人の意に反してでも強制的に集めなさいという文書は出てこなかった。当たり前で、国家意思としてそういうことはありえない。(中略)少なくとも、政府の意思として動いた人にそういうことはなかったと思う。文書にないんですから。ただし、戦争が厳しくなってから「(軍が人数を)割り当てした」「軍の方からぜひ何人そろえてくれと要請があった」と、そういう要請はある。それは、従来であれば、業者の人たちが納得ずくで話し合いで本人の同意のもとに数をそろえた。ところが、戦争が厳しくなってからどうも、ノルマを達成するだめに、現地判断で無理をしたのが想定された。(中略)(韓国女性に)ヒアリングした中には、意に反して(慰安婦)にされたと涙ながらに話した人がいた。

Q 意に反するといっても、親が本人に黙って業者に売ったケースもありうる

石原氏 そこはああいう戦時下のことだから。しかも個人の問題だから、親との話がどうだとかはこれは追究しようがない。(中略)裏づけ、本人の親と会うとか、当時の関係者と会うとかそういう手段はない。もっぱら本人の話を聞くだけだ。

Q これで日韓間の騒動が収まるとの政治判断によって、かえって問題は大きくなった。訴訟を起こした韓国女性のいう自らの経歴も二転三転している

石原氏 我々はできるだけ客観的事実を聞き取るための条件設定努力を続けたけど、それは限界がある。こっちに捜査権があるわけじゃない。誰がどうだったか、金銭関係はどうだったかとか調べることはできない。それは不可能だ。そこは日本政府の意を受けて強制したかどうかは分からない。(中略)我々は、当時の関係者として、いかなる意味でも日本政府の意を体して日本政府の指揮命令のもとに強制したということは認めたわけじゃない

Q 河野談話からは、甘言、強圧の主体が誰かが欠落している

石原氏 普通の談話であれば、物的証拠に基づく手法ではああいうものはできない。だから、論者によっては当然、そこまでいかないのになぜ強制を認めたのかという批判はあるでしょう。あの当時、「絶対強制なんかなかった」「とんでもない話だ」と反対意見もあったし。だけども、本人の意思に反して慰安婦にされた人がいるのは認めざるをえないというのが河野談話の考え方、当時の宮沢内閣の方針なんですよ。それについてはいろいろとご批判はあるでしょう。当時からあったが。

Q 国家賠償請求につながるとは思わなかったのか

石原氏 全く想定していない。それはもちろん、あの談話をまとめるにあたっては外務、財務、法務省すべて関係者は承知している。われわれはあの談話によって、国家賠償の問題が出てくるとは全く想定していなかった。当然、当時の韓国側も、あの談話をもとに政府として要求するということはまったくありえなかった。(中略)慰安婦問題はすべて強制だとか、日本政府として強制したことを認めたとか、誇大に宣伝して使われるのはまことに苦々しくて仕方ない。もちろん、こういうものをいったん出すと悪用される危険はある。外交関係とはそういうものだから。だけど、あまりにもひどいと思う。(中略)それが(韓国は)今日まで、いろんな国際会議で日本政府が政府の意図で韓国女性を強制的に慰安婦にしたと言っているが、全く心外そのものだ。(後略、おわり)




 インタビューをするのはいいが、以前の発言との整合性はどうなるのか、も尋ねるべきであったであろう。
 というより、こうしたインタビューがあることを知っていたかさえ疑わしい。

 慰安婦問題について報道する海外メディアで働く記者たちは、あまりにも、日本の慰安婦・」性奴隷問題、世界の慰安婦・性奴隷問題について勉強不足である。


日本国内の議論とかみ合っておらず、海外メディアで働く記者たちは日本での議論に無知で、日本の記者たちは海外メディアでの議論に無知なわけである。

 架け橋になってくれるようなメディアができればいいのになあ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

China won't be a better superpower

2013年06月30日 13時54分26秒 | Weblog
Why China won't be a better superpower: Believe in people, not states
People in the West ought to wake up and emulate the popular revolts of Brazil and Turkey, suggests Barkawi.
Last Modified: 28 Jun 2013 12:59


After all, European imperialism and US wars since 1945 have caused millions of deaths; the Western sense of superiority prevents any fair dialogue with others; and the great liberal democracies have been revealed as states who torture those they suspect, assassinate their enemies with impunity from drone aircraft, and spy on everyone including their citizens on a previously unimaginable scale.

Meanwhile, argues Hussain, China has no tradition of invading other countries; has a respectful attitude towards other Asian countries due to the Confucian virtues; and has nothing in its history "remotely comparable to the industrialised exploitation and mass-murder which as characterised the Western colonial project."



Evidently, Hussain has not heard of the Great Leap Forward between 1958 and 1961. This was Mao's effort to rapidly industrialise China and collectivise its agriculture. The death toll from a combination of famine and state terror was somewhere between 18 and 45 million. Then there was the Cultural Revolution between 1966 and 1976, another exercise in state terror which saw mass purges, millions of people displaced, and much of China's cultural heritage destroyed.

As for treating other Asians respectfully due to Confucianism, we might ask the Tibetans. They were invaded, occupied, and forcibly incorporated into the People's Republic of China in 1950. Between 200,000 and a million of them died during the Great Leap Forward, while some 6,000 monasteries were destroyed during the Cultural Revolution. The Vietnamese, like many other peoples on the fringes of China, have their own histories of struggle against Chinese imperialism, seeing off a border incursion as recently as 1979.

As for spying, surveilling, and torturing, well, this is the great specialty of totalitarian regimes and the only real rivals of the PRC and the USSR were the Nazis. It is ironic that the Edward Snowden fled first to China and then to Russia, two of the most politically least free societies on earth, to protest US surveillance. When Chinese and Russian dissidents flee to the West, there is no irony in their choice.But here too China's so-called communists easily match the venality of the West's leaders.

Hussain might have mentioned corruption and plutocracy as another stick to beat the supposedly democratic West. Since Thatcher and Reagan, Western politicians have been transferring wealth from the have-nots to those who have too much, and they have been well rewarded after they leave office with sinecures, memberships on corporate boards, and highly paid jobs as advisors and lobbyists. But here too China's so-called communists easily match the venality of the West's leaders. As Bloomberg has recently reported , the princelings of the Chinese Communist Party have amassed fortunes in real estate and other assets. They too have created a country with increasingly horrific divides in wealth and power, while they and their families party with China's new class of super rich.



 侵略、拷問、暗殺、搾取などで血塗られたアメリカより、中国の方が超大国としてふさわしいんじゃないか、という記事について、中国を美化しすぎと論評したが、やはり、同じアルジャで、同様な批判をする記事が掲載された。

チベットやベトナムをみなさい、と。それに、監視や拷問は中国も得意分野でしょう、と。


で、論者は、
What we perhaps need to let go of is the idea that a strong state, whether Chinese or American, will save us, or will ever do the right thing. It is popular action, the masses on the streets, the threat or actuality of revolution, demands backed up by demonstrations, riots, and unrest, which extract concessions from the rich and the powerful.

What is happening now in Turkey and Brazil is how you make gains for democracy, justice and equality.


中国だろうが、アメリカだろうが、強国が正しいことするとか、自分たちを救ってくれるという考えは捨てなさい、と。
 大衆の抗議活動や暴動などで、富裕層や権力者から譲歩を得られるのであり、トルコやブラジルで起きていることが、民主主義や正義、平等を勝ち取る道である、と。

ーーーどうかなあ?

 デモも確かに、一つの方法ではあるが、成熟した民主主義においては、完璧ではないにせよ、選挙というのが、正義や平等を勝ち取る有力な方法である。


there is little question there is more liberty to be had in the US or in Western Europe than there is in Moscow or Beijing, or in Caracas or Teheran. What is needed is for Westerners to make better use of it, and to rediscover their great traditions of popular revolution.


 西洋諸国の方が、中国やロシアより、自由があることはたしかで、人々はもっとそれを活用すべきだ、と。

 そりゃあそう。

 ただ、自由や民主主義を体現するアメリカで、極端な格差社会の閉塞状況をみていると、自由や民主主義だけでは、極端な格差というものは是正できないものかもしれんな、とも思う。
 というより、人々が 自由を make better use of it すべきなのはたしかだが、その不公平、不平等を作り出している制度、権力のメカニズムみたいのを日々、解明、告発していかないとまずいのだろうな、と。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

公務執行妨害

2013年06月30日 13時39分59秒 | Weblog

mozu
‏@mozumozumozu
BBC News - Two EDL members arrested in London at 'sponsored walk' http://j.mp/12yDlZ0


29 June 2013 Last updated at 13:46 GMT Share this pageEmailPrint
ShareFacebookTwitter
Two EDL members arrested in London at 'sponsored walk'

Tommy Robinson and an associate planned to walk from Hyde Park to Woolwich
Continue reading the main story
Related Stories

Woolwich murder trial date set
US bloggers banned from entering UK
Two members of the English Defence League who planned to do a sponsored walk to Woolwich in east London have been arrested.



A Met spokesman said: "At approximately 11.25am today, two men were arrested outside Aldgate East station for obstructing police



 イギリス軍の兵士がイスラム教徒に殺害されたロンドンの路上へ追悼のために行進する途中、極右メンバー二人が、公務執行妨害で逮捕された、と。


 公務執行妨害というはどこの国でもわりに安易に使われる、ということは知っておいたほうがいいですね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野党第一党 共産党

2013年06月30日 13時24分47秒 | Weblog
新報道2001


自民党     40.4%(↑) 社民党 0.8%(↑)
民主党     4.2%(↓) みどりの風 0.4%(―)
日本維新の会 4.0%(↑) 無所属・その他 1.6%
公明党    2.6%(↓) 棄権する 2.0%
みんなの党 4.0%(↑) (まだきめていない) 33.8%
生活の党 1.4%(↑)
共産党     4.8%(↑



野党に入れるところないから自民党で、自民党と対峙しているといえるのが共産党だから、といったところか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

笑う門には福来る Laughter makes everything better

2013年06月30日 10時21分08秒 | Weblog
動画
Laughing Babies To Lift Your Spirits
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

貧困からの出口

2013年06月30日 08時26分50秒 | Weblog




My climb out of poverty wouldn’t be possible today
By Bernardine Watson, Published: June 27, 2013 at 12:00 pm


These days, when I open the newspaper or turn on the news, I see my past. The policy debates currently raging in this country ― about welfare and food stamps, affirmative action and students loans, take me back to a time when I was dependent on social programs to pull myself out of poverty. Given our current policy environment, I doubt that I’d be able to accomplish that today.


 70年代、高卒でシングルマザーであった自分には、大学、大学院で教育を受けさせてもらえる支援制度があり、貧困から抜け出せたが、いまでは、そうした制度もおろそかになり、貧困から抜け出すのがむずかしくないっている、と。


 日本なども、若者の選択肢が狭くなっており、また、特に女性の場合、かなり選択肢が狭いわけで、政党の勢力争いなどにエネルギーを費やす暇があるなら、制度改革に時間を費やして欲しいものであります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ビルマのビンラディン

2013年06月30日 08時07分57秒 | Weblog

ミャンマー:米誌タイムを発禁に 高僧を「仏教徒テロ」
毎日新聞 2013年06月27日 17時40分


 ミャンマー政府は27日までに、イスラム教徒を敵視する発言を繰り返している同国の高僧を「仏教徒テロの顔」として表紙に掲載した米誌タイムのアジア版7月1日号を発禁処分にした。国営メディアが伝えた。

 テロの顔とされたのは中部マンダレーの高僧ウィラトゥ師で、イスラム教徒が経営する店に対する不買運動などを呼び掛け、仏教徒の団結を訴えている。ミャンマーでは昨年から、国民の大多数を占める仏教徒とイスラム教徒との衝突で多数の死傷者が出ており、タイム誌は対立激化の影にウィラトゥ師らの動きがあると伝えた。(ヤンゴン共同)


その”高僧”ウィラトゥ師の動画


Burma's Bin Laden, the Buddhist monk who fuels hatred - video


Wirathu calls himself the 'Burmese Bin Laden'. He is a Buddhist monk who is stoking religious hatred across Burma. His paranoia and fear, muddled with racist stereotypes and unfounded rumours, have helped to incite violence and spread misinformation in a nation still stumbling towards democracy. Wirathu speaks to the Guardian at his Masoeyein monastery in Mandalay



自身をビルマのビンラディンと称しているらしい。



Ashin Wirathu: The Monk Behind Burma’s “Buddhist Terror”
By Jonathan DeHart

June 25, 2013


“Muslims are like the African carp,” he told Global Post. “They breed quickly and they are very violent and they eat their own kind. Even though they are minorities here, we are suffering under the burden they bring us.”

This sentiment is not fringe either. As seen by the crowd, which numbered in the thousands, Wirathu has a massive following. Using an intoxicating mix of paranoia, racial stereotyping and unfounded claims, Wirathu has whipped up anti-Muslim sentiment among Burmese Buddhists. He can be seen here speaking at some length in these terms.

An organic movement has formed as a result, which has come to be known as the 969 campaign. While most distance themselves from comparing the two, some have even likened the movement to a Burmese form of neo-Nazism.



 彼の支持者は、ネオナチのように、人々にイスラム教徒に対する憎しみを植えつけている、と。


 注目しておくべき動向でしょう。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

武井 穂郷

2013年06月30日 07時50分21秒 | Weblog
George Takei Discusses Gay Rights, 'Star Trek' And Being A Comic Book Hero
Posted: 06/29/2013 9:50 am EDT | Updated: 06/29/2013 9:54 am EDT


ジョージタケイ氏のインタビュー 同性婚の最高裁判決がでて、最近またひっぱりだこ、といった感じか?

ジョージ・タケイ
ウィキ

ジョージ・ホサト・タケイ・アルトマン(英語:George Hosato Takei Altman、日本名:武井 穂郷〈たけい ほさと〉、1937年4月20日- )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス生まれの俳優である。日系アメリカ人二世。『宇宙大作戦』から始まる『スタートレック』シリーズのヒカル・スールー役が有名。



日本に縁があるんだから、日本の雑誌社も、変な話、彼が元気なうちにインタビューしたらどうだろうか?

日本人同性愛者の若者で、カミングアウトできなくて、鬱々している人も多かろう。そういった人々にもう少し社会からの応援があってよかろう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

米の記者たちが、アメリカ人被害者と同じように、米軍による被害者に同情できたら、世界はかわる。

2013年06月30日 07時29分45秒 | Weblog

Nicholas Kristof · フォロワー604,204人

Deepest sympathies to the family of Andrew Pochter, a Kenyon College student stabbed to death in Egypt. I always encourage young Americans to spend time abroad, and it's heartbreaking to see this happen. Andrew was teaching English to kids while trying to improve his Arabic skills. RIP.

American Killed in Egypt Taught English to Children



NYTのクリストファー

エジプトで英語教師をしていたアメリカ人青年がデモの現場で胸を刺されて殺された、安らかに眠れ、と。

お悔やみ申し上げる。

ただ、NYTの記者たちが、たとえば、米軍の無人機で殺された中東の人々や、米軍の被害にあった性奴隷について、アメリカ人の被害者と同じように同情できたら、世界はもっと変わっていただろう、と思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本人・日本語=カッコ悪い、英語・白人=カッコいい=病気。

2013年06月29日 22時24分21秒 | Weblog
Don Brown ‏@ryuganji 11時間

憲法9条を改正するのもいいけど、日本は本当に白人の言いなりから脱却したいのであれば、まずCMにいちいち白人モデルを使うのをやめることから始めたらどうよ。白人の僕が言っているんだから間違いない。
詳細
Aceface ‏@Aceface4ever 10時間
@ryuganji CMの白人モデルはクライアントの日本人の言いなりになっているから問題ない。日本人の俺が言っているんだから間違いない。
詳細
Don Brown ‏@ryuganji 10時間
@Aceface4ever いや、日本人が言うと何かカッコ良くない気がするな…
詳細
Aceface ‏@Aceface4ever 10時間
@ryuganji 「白人の言いなりから脱却したい」日本人の一人としては、”白人”ドンが言っていることを「なるほど、そうか!」と素直に受け入れ難いな。俺としては”友人”ドンの言うことには一理あるとは思うが、人は自分にないものに憧れる。日本人が白人に憧れる自由があってもいいと思うぞ
詳細
Don Brown ‏@ryuganji 10時間
@Aceface4ever おふざけモードを一時停止して真面目に返事する。以前某CM現場で代理店の人に「日本人向けなのになぜ白人モデルを起用した?」って聞いたら、「日本人はカッコ良くないから」って言われた。憧れは自由でも、日本人・日本語=カッコ悪い、英語・白人=カッコいい=病気。
詳細
Aceface ‏@Aceface4ever 10時間
@ryuganji 代理店の連中らしい答えだな。でも人によっては、黒人=カッコいいもあるし、最近は韓国人=カッコいい、もある。別に憧れていることは病気でもなんでもない、それに反対して新大久保あたりでデモをするほうが問題、と思われ。
詳細

フォロー

Don Brown
‏@ryuganji
@Aceface4ever 憧れが病気だと言うつもりはなかった。そもそも僕が日本に憧れていたから移住してきたし。しかしパチンコや老人ホームのCMにまで白人モデルが起用されているのを見るとそのコンプレックスが個人レベルに留まっていないことが分かる。自分が白人だからこそ違和感を感じる
返信 リツイート お気に入りに登録 その他
2013年6月28日 - 21:15
Aceface ‏@Aceface4ever 9時間
@ryuganji 日本人の多くは白人を街で見かるぐらいで親密に付き合ったことのある人はほとんどいない。CMでは「憧れ」というよりは「動くマネキン」としかみていないだろう。それに違和感を感じるようになるには白人の友人ができるか、海外に暮らす経験を経た後だね。



 白人にあこがれる人もいれば、黒人にあこがれる人もいるが、しかし、白人にあこがれる傾向はわりかしグローバルな傾向。だからと言って、反発して白人を毛嫌いするのも間違っているが、広告などで白人の比率が多すぎるのもやはり、異常である。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

不適切な発言・表現に対する制裁方法

2013年06月29日 21時09分58秒 | Weblog
Teenager in jail since March for sarcastic Internet comment faces 8 years in prison
Get short URL Published time: June 28, 2013 15:48





“Someone had said something to the effect of 'Oh you're insane, you're crazy, you're messed up in the head,’” father Jack Carter told KKVUE News, “to which he replied 'Oh yeah, I'm real messed up in the head, I'm going to go shoot up a school full of kids and eat their still, beating hearts.’”

According to the parent, the teenager from Texas followed up that remark with the phrases “LOL” and “JK”― Internet shorthand for “Laugh out Loud” and “Just Kidding.” The Canadian witness wasn’t amused, however, and reportedly conducted a cursory Google search to find out more about the sarcastic gamer. That information led her to learn that the Carter household is located close to a local elementary school, prompting her to alert the police.

Carter, who has since turned 19, was arrested in late March and has so far spent three months and one day behind bars. His trial is slated to begin in July, and if convicted of “making a terroristic threat” he could spend most of his twenties in federal prison.





“Justin was the kind of kid who didn't read the newspaper. He didn't watch television. He wasn't aware of current events. These kids, they don't realize what they're doing. They don't understand the implications. They don't understand public space,” said Jack Carter.

“If I can just help one person to understand that social media is not a playground, that when you go out there into social media, when you use Facebook, when you use Twitter, when you go out there and make comments on news articles, and the things you are saying can and will be used against you," he said.




少年が、おまえはキチガイだ、と言われて、ネット上で言われて、「ああそうさ、小学校を襲ってガキどもぶっ殺したる」などと言い返したら、テロのような脅迫した、ということで、逮捕され、裁判を待っている、と。

 インターネット上では、いかなる発言も、本人は私的だと思っても、自分に不利に使われてることがあるということは肝にめいじておいたほうがいいが、それにしても、逆上して冗談まじりで言い返した少年に対しての制裁としては度が過ぎてはいないか、と、父親。



tawarayasotatsu/岩渕潤子 ‏@tawarayasotatsu 15時間


人種差別発言をしたことが判明してすべてのビジネス契約打ち切られたそれまで超人気だった料理研究家。日本でもこれぐらいの社会制裁ができれば社会も変わる…>Paula Deen cookbook dropped by publisher http://bigstory.ap.org/article/paula-deen-cookbook-dropped-publisher …
suzukyさんがリツイート


iffify ‏@iffify 15時間
@tawarayasotatsu @GoITO でも記事に付いたコメントを見ると、企業による彼女への「制裁」の余りの馬鹿らしさに驚いたなどとして、それら企業を激しく非難する意見ばかりですね。
詳細 返信 リツイート お気に入りに登録 その他
tawarayasotatsu/岩渕潤子 ‏@tawarayasotatsu 14時間
@iffify @GoITO だからこそ制裁に意味があるんじゃないですか? そういうコメントを書いている人たちは、それまで制裁の対象になるということすら気づかなかったわけですから…。当然、他の様々なことと同様に意見の相違が出てきて、大きな議論になるのでしょうね。


 料理研究家の南部のおばはんが、人種差別的蔑称を使って非難されている記事について以前取り上げた
 
 

 例えば、司会者の玉置宏なんかが、むかし、特殊部落発言して、わりに長いことテレビ界からほされていたような記憶がある。


 いわゆるこうした糾弾活動があって、たしかに、部落差別に関しては、改善があったが、弊害もあった。




SATURDAY, JUN 29, 2013 08:35 AM +0900
I’m black, and I forgive Paula Deen
I'm disappointed by what she said. But maybe this is what an "honest dialogue" about race really looks like
BY ROBIN R. FORD


Which brings me back to Paula. Why is everyone acting so surprised that a white Southern lady of a certain age has used the N-word? Of course she has. I wouldn’t believe her if she said she hadn’t. I’d be surprised if there are many Southerners Deen’s age who have never used it. I disagree with the knee-jerk reaction of the Food Network and other companies to dump her – who did you think you were getting when you signed her on? She is still a sassy, funny, Southern cook who likes fattening comfort food. But now, she’s also a real person. Discrimination and prejudice will never get better if we sweep it under the rug and pretend it’s not there.

I’d love to sit down with Paula Deen and have a long talk about the legacy of slavery and the power of the N-word, because I think she’d listen. That’s more than I can say about Justices Roberts, Scalia, Kennedy, Alito and Thomas.



 この料理研究家について、黒人の人から、ああした発言は許されるものではないが、南部の多くの人がやっており、むしろ、企業が契約を打ち切ればいいというものでもなく、これをきっかけに人種差別についての対話を促進できればよい、と。

 企業は、一部にでも不快な印象を与えると売り上げに響きますから、どこの国でも、こうした問題についてはわりに早く引っ込めますね。




Toshiba Commercial Called "Racist"



 東芝がパン作り器の宣伝につけ鼻をつけて、外人風のアクセントでしゃべる女性を登場させたーーーこれ、白人に、目を吊り上げて、アジア人風の下手な発音・アクセントで英語をしゃべらせている場面に相当するわけですね。

 で、こうしたCMは不快に思う人がいるから、コマーシャルを取り下げたようである。


 同じことの繰り返しなわけだが、こうした問題をテレビや新聞などが取り上げない、ということ自体が、下らない過ちを繰り返してしまう一つの大きな要因ではないか、と考える。

 文句を言っている人たちが、そもそも日本語ができない人たちの集まりなので対話にならなくても、しょうがない側面もあるが、より多くの国民が問題意識をもてば、こんなにくだらないことを繰り返すこともなかろうとおもう。

 だが、いかんせん、マスコミ関係者の問題意識が足りないせいか、なかなか、定着しない。



 不適切な言論・表現に対する制裁として、やりすぎた制裁をすることもあろうし、また、制裁手段が足りないーーー例えば、罰する適切な法律がないーーーということもあろう。しかし、 不適切な言論・表現に対しては、まず、公に、言論・表現で対抗して、問題意識を広く社会で共有することがなによりも一番大事である。

 記者さんたちに頑張ってもらいたいものだ。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加