ぼやかせていただいております。

”US Govt agrees to feed Israel more weapons for use in killing Palestinians in Gaza ”

2014年07月31日 11時57分55秒 | Weblog
フォロー

Glenn Greenwald認証済みアカウント
‏@ggreenwald

US Govt agrees to feed Israel more weapons for use in killing Palestinians in Gaza http://jpupdates.com/2014/07/30/pentagon-transfers-immediate-resupply-of-ground-ammunition-for-gaza-battle/ …


アメリカ政府は、ガザのパレスチナ人を殺すためにつかう兵器をイスラエルにまた供与することを合意した、と。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”進化する同性カップルの結婚式”

2014年07月31日 10時13分58秒 | Weblog




http://www.huffingtonpost.jp/


時代は変わりつつある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”アメリカとロシア、双方がウクライナから手を引くべき” 

2014年07月31日 08時30分52秒 | Weblog
フォロー

Jun / Джюн
‏@hitononaka


フォローして下さっている方はご存知でしょうが、現状に関してはアメリカとロシア、双方がウクライナから手を引くべきというのも兼ねてより主張していました。問題はウクライナ自身の依存体質ですね。RT @shev_badler




あと民間人への殺害をなんとかしてやめさせる必要がある。

国連はほぼ無力。

大きな力とはいえないものの、メディアがもっと実態を報道すべき。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”日本の報道だけ見ていると、ハマスが停戦を望まない・・・・・事実は違います”

2014年07月31日 08時25分29秒 | Weblog
ハマスという“敵”はイスラエルにとって格好の大義名分となっている

2014.07.29 ニュース

 7月17日夜、イスラエル軍がパレスチナ自治区ガザに2009年1月以来となる地上侵攻を開始した。「一時休戦」はしたもののすぐに戦闘は再開され、ガザの死者数は約1000人、負傷者数は6000人を超えた(7月27日付、国連発表)。なぜ停戦はなかなか成立しないのだろうか?

「日本の報道だけ見ていると、ハマスが停戦を望まないために、民間人の犠牲が拡大しているかのような論調ですが、事実は違います」

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いつも誇張や偏向した記事ばかり書いていると肝心なときに信用してもらえない。

2014年07月31日 08時00分35秒 | Weblog
動画
Japanese Nationalists Attacking Tourists!? Find out! (*^_^*)

 ロシアトゥデイが、日本の右傾化云々などというから、日本に旅行しても大丈夫か、などという人がでてきた、が、旅行しても大丈夫だよ、と。

 ロシアトゥデイにせよ、英米の記事にせよ、日本について、日本人が「これどこの国の話しているんや」といった明らかに的外れな記事ばっかだしていると、信頼されなくなる。

 ロシアトゥデイは他にも福島について、デタラメ記事を発信し続けているのだが、そんなことしているから、いざ、ロシアのために真実の情報発信しなくてはいけないときに、いまいち信じてもらえないのである。

因みに、

NOTES!
愛国者 aikokusha = a patriot
国家主義者 kokkashugisha = nationalist
右翼 uyoku = right-winger



愛国者というのは間違っているのとはいわないが、あまり聞かないなあ。愛国主義者か、あるいは、国士、憂国の士・・・もっとも、これもそれほど使われているわけでもない。

私は自分のことをpatriotだと思っているがーーーーそうだな、「日本を愛する者」って言葉を使うだろうな。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メディアに騙されるなーーこの戦争はイスラエルが最初に仕掛けのだ、これは、民族浄化作戦だ!

2014年07月31日 07時10分06秒 | Weblog
WORLD
AlterNet / By Mustafa Barghouthi comments_image 65 COMMENTS
Debunked: The Mendacious Propaganda Israel is Pushing to Justify Its War On Gaza
It was Israel that initiated the assault on Gaza--not the Palestinians.



The reality is that Israel initiated airstrikes on Gaza, several times, and assassinated people in Gaza, trying to provoke a reaction until they got rockets being shot at Israel. And then, it was spun in the media as Israel defending itself.

The second point is that this war started not in Gaza but in the West Bank, when the Israeli army, without providing a single proof that Palestinians were responsible for the disappearance and subsequent death of three settlers, started a collective punishment campaign all over the West Bank. One of the results of that campaign was the arrest of more than 1,000 Palestinians, including huge numbers of Palestinian members of Parliament, bringing the number of Palestinian parliamentarians in Israeli jails to 34. During that campaign moreover, Israel invaded more than 3,000 houses, destroyed many of them, stole money from people and destroyed furniture. Israeli forces initiated wide-ranging violence against Palestinians and started using high-velocity bullets and gun shots against peaceful demonstrators


who were protesting against the kidnapping of Muhammad Abu Khdeir who was tortured and burned alive by Israeli settlers. This led to a very serious escalation all over the West Bank.

The third point is that this war in not on Hamas only, it is a war on all Palestinians.




The next point I want to make is related to the claim that Israel has the right to defend itself. The most insulting thing here is that many of the world’s leaders like Angela Merkel of Germany and Barack Obama of the United States are speaking of Israel’s right to defend itself, while no single word is said of the Palestinians’ right to defend themselves, although the Palestinians are the oppressed ones, the underdogs in this struggle. The Palestinians are the ones whose land has been occupied for 47 years, who have been forced into displacement and refugee status since 1948, who are suffering from a system of apartheid, discrimination and segregation created by the Israeli occupation. Yet, not a single word has been uttered about our right to defend ourselves.




Up until now, 42 Israelis were killed, 40 of whom were soldiers. These are soldiers who were killed inside Gaza while they were invading Gaza and attacking people in an act of aggression. We don’t want anybody to die, whether Israeli or Palestinian. But to say that Palestinians are the aggressors in this situation is very wrong and totally unacceptable.



This is an act of ethnic cleansing, an act of genocide and a massive act of terror against the Palestinian population.





In reality it is not a war, it is an act of aggression from an occupying power which is trying to solve the problem of occupation by increasing the occupation. In this attack, Israel was the initiator and the victims are mainly the Palestinians.




The people who are being killed in the West Bank are not Hamas and are not in Gaza. They are not shooting rockets at Israel, they do not have any weapons to defend themselves. Yet they are killed repeatedly by an Israeli army which considers itself above international law thanks to the silence and complicity of many Western leaders. UN Secretary General, Mr. Ban Ki-Moon, does not have the courage to hold Israel accountable, even when a UN school serving as a shelter in Beit Hanoun is attacked by the Israeli army, killing 16 women and children and injuring 200 others.




The root of the problem is Israel’s occupation of Palestinian land, settlement building and the forcing of hundreds of thousands of people out of their homes. This is the longest occupation in modern history and has endured for 47 years. This is an occupation that has transformed into a system of apartheid and discrimination. Without solving this, without ending the occupation and the apartheid system, there will be no peace, let alone stability or normal life.




 大手のメディアでは、ハマスがロケット弾を打ち込むから、自衛としてイスラエルがやり返しているように誤解しているが、実際は、最初にガザを空襲し、ガザの人々を暗殺したのはイスラエルのほうなのだ。 そして、これは、もともとガザではじまったものではなく、ヨルダン川西岸地区で、イスラエル人入植者が拉致、殺害されたみせしめに、西岸地域で、議員を含む、大量のパレスチナ人逮捕があり、そして、パレスチナ人の家に侵入、お金を盗み、家具をめちゃくちゃにし、さらに、非暴力的抗議デモに対して暴力的に弾圧していたのだ。 そのあげくにハマスに対してではなく、パレスチナ人全員に対して戦争をしかけているのである。

 イスラエルも、西側諸国の指導者たちも、イスラエルは自衛の権利があるなどといっているが、そもそも、イスラエルが、パレスチナを47年間、占領しており、隔離政策、人種差別の被害にあっているのはパレスチナ人のほうで、にもかかわらず、パレスチナ人の自衛権ということが一言も語られていないのは、おかしいじゃないか!


 イスラエル人の犠牲者の42人の犠牲者のうち、40人はガザ進軍中、戦闘中の兵士で、誰も死んでもらいたいはないが、しかし、パレスチナのほうが加害者である、というのはいかにもおかしな話ではないか。

 これは、パレスチナ人に対する民族浄化、ジェノサイド、大量虐殺であり、占領軍による占領を深化させるための攻撃であって、始めたのはイスラエルなのだ。

 西岸で、殺害されているのは、ハマスではなく、ガザにいるわけでもなく、ロケットを打ち込んでいるわけでもなく、自衛の手段をもっているわけでもないが、西側諸国の指導者たちが黙っているので、イスラエルが国際法を無視してやりたい放題なのである。国連の学校が砲撃され犠牲者がでても、国連総長はイスラエルに責任を持たせることもできないのだ。

 こうした問題の根は、イスラエルによる長年の占領にあるのは明らかだ。隔離政策と人種差別政策をともなう占領を止める以外に、解決策はないのだ。










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 特派員よ、日本人にも多様な意見があることをちゃんと伝えろよ。

2014年07月31日 06時59分15秒 | Weblog
 ろくでなし子さんに関する警察の対応は恣意的であり、ある表現がわいせつか、どうか、また、わいせつとしてどうすべきか、について日本の警察の対応は、不整合である、とはおもうのだが、しかし、今回の件では、日本国内でも多様な論争があったのであり、


動画
We May Have Problems, But at Least We're Not Jailing Artists for 3-D Printing Their Vaginas
Aired: 07/24/14


悲報『芸術家を3Dデータのわいせつ性で逮捕した日本、「男根祭だってあるだろ」と米国の超有名ニュースコメディ番組に皮肉られる』

‘The Daily Show’ Pays Homage to Japanese Vagina Artist
by Jillian Steinhauer on July 25, 2014

“Japan, you arrested a woman for 3D printing her vagina, but you gave dicks their own holiday,” Stewart says.



 日本を名宛人にされるいわれはない。

 ある表現が、わいせつさかどうか、わいせつとして、どうすべきか、については、





British Naturism has complained to two other police forces over comments that it claims unfairly criminalise nudists. These incidents included The World Naked Bike Ride in Clacton, Essex last month, when organisers came under pressure to abandon the event.

Campaigners say that police are more zealous in cracking down on skinny dipping in Northern Ireland and Scotland. Earlier this month a couple in Haddington, East Lothian. allegedly ran naked through the countryside, crossing barbed wire fences and walls, after being spotted skinny dipping at a beauty spot. They were arrested two miles away.

Nudists can be prosecuted under the Public Order Act, for outraging public decency or causing a public nuisance, according to guidance issued by the Crown Prosecution Service. However it said that a “balance needs to be struck between the naturist’s right to freedom of expression and the right of the wider public to be protected from harassment, alarm and distress”.



どこの国でも論争がある。


 UK, We May Have Problems, But at Least We're Not Jailing Nudist for Swimming Naked


といったニュースにしないのは、英米の親近感というより、黄色人種に対してそもそも、違和感があるのであろう。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”America stigmatizes single momhood”

2014年07月31日 02時32分19秒 | Weblog
フォロー

Hiroko Tabuchi認証済みアカウント
‏@HirokoTabuchi

Why the Japanese are having so few babies -- @TheEconomist explains http://www.economist.com/blogs/economist-explains/2014/07/economist-explains-16 …


 日本の少子高齢化問題ーーーー一体何十本 同じテーマで英語の記事が書かれていることやら。
 あまり研究しなくていいから、書くのが楽なんでしょうね。

 ただ、子供を産む時期が、遅くなり、また、少なくなるのは、先進国の中流の女性、一般の傾向。



Hiroko Tabuchi認証済みアカウント
‏@HirokoTabuchi

Japanese women's dilemma: Be stay-at-home mom? Husband can't support you. Want to work? Feels impossible to balance kids + rewarding career.



これは田淵さんのような裕福で、野心的な女性の話かな?

そもそも、米軍慰安婦問題を論じると約束して、記事にもしない、あなたに女性の人権問題を語る資格はないと思うが・・・それはともかく。

夫の賃金だけでちょっと、というの女性は、パートにでていたわけで、そこで、子育てと労働というのは折り合いがついていた。

ところが、いまでは、それでも足りない、ということで、アメリカのように、女性を労働市場で活かそう、という段階になっている。その過渡期で、育児施設の不足などが問題になっているわけですね。





Hiroko Tabuchi認証済みアカウント
‏@HirokoTabuchi

Another prob: Japan so stigmatizes single momhood, most women choose to abort than raise child alone. Just 2% of babies born out of wedlock.




???

シングルマザーを悪く言う人もいるが、  3組に1組のカップルは離婚しているという現状で、シングルマザーというのは、めずらしいことではなくなって、かなり普通なことになってきている。

婚外子の割合は2%のようだが、しかし、堕胎との相関関係はどういった裏づけがあるのだろうか?

また、

日本国憲法は第24条1項で「婚姻は、両性の合意のみに基いて成立し、夫婦が同等の権利を有することを基本として、相互の協力により、維持されなければならない。」としている。「合意のみ」とは、年齢や健康上の理由、親や親族の意見・強制、あるいは宗教、教会や地域の慣習による制約などは法律上は認めないという意味であり、そうした制約を前提とした一切の法令上の規定は憲法違反となる。この結果、役所への届出だけで婚姻が成立し、離婚も協議離婚が容易に認められるという世界でも最も簡便で自由な結婚制度が生まれた(図録1538参照)。こうして、事実婚を選択する大きな理由が日本では欠落することになったことが、極端に低い婚外子比率にむすびついている側面もあろう。そうした意味では、戦前の家制度等による伝統的結婚制度への反動が強かったため成立した世界で最も自由な結婚制度が、現代では、世界で最も遅れているかに見える極端に低い婚外子比率を生んでいることになろう。すなわち、日本は遅れているのではなく、進みすぎていて、未婚のカップルと婚外子が少なくなっているとも言えるのである。


といわれている。


 ところで、アメリカでは、


Pat Robertson: Parents could kick out a pregnant ‘stained woman’ in the ‘old’ days
By David Edwards
Thursday, July 24, 2014 15:17 EDT


Televangelist Pat Robertson on Thursday advised parents not to kick out their son’s pregnant girlfriend even though she was a “stained woman.”

In an email, a viewer named Pat told the TV preacher that he and his wife had allowed the unmarried couple to live in their house because they were expecting a baby.

“They are not married and my wife and I are beside ourselves,” Pat wrote, adding that he suspected that they were having sex in the house.


 結婚しないで懐胎した女性について、息子と同棲させるのは、罪深いことだ、と嘆く両親に、昔なら、汚らわしい女、と呼んだもので、嘆かわしいことだが、子供には罪はない、結婚すること薦めなさい、と。


Rick Santorum: Same-sex marriage is to blame for single moms ― and polygamy is next
By David Edwards
Wednesday, July 30, 2014 15:09 EDT



Former Republican presidential candidate Rick Santorum warned over the weekend that support for same-sex marriage was to blame for the increase in single mothers, and could lead to polygamy.

同性婚など認めるから、シングルマザーが増加するんだ、と。シングルマザーはよくない、というの価値評価が前提になっています。



これをもって、

America stigmatizes single momhood


などとやったら、愚かであろう。

しかし、日本やアングロサクソン以外の国に関しては英米のメディアは、いい加減な一般化をすぐにしてしまうのである。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

 可愛い!そのままでいて、と泣く少女

2014年07月31日 02時27分42秒 | Weblog
Little Girl Is Devastated When She Finds Out Her Cute Little Brother Will Grow Up
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

”米国追随の枠組みから脱する能力の無さ”

2014年07月31日 01時56分13秒 | Weblog


US Lies in Attempt to Build Support for Military Intervention in Ukraine

Justin King | The Anti-Media



there was the recent downing of a Malaysian flight. Immediately the United States media blamed Russia. Then it had to backtrack to say Russian-backed rebels. Then it had to admit that there was no direct evidence of Russian involvement. But the US media still dutifully talks about other cases when Russia mistakenly shot down an airliner, or the media brings up how the rebels have shot down other planes. News organizations do their best to gloss over the fact that the other planes were Ukrainian war planes. They rarely mention the time when the United States blew an Iranian airliner out of the sky and tried to blame the Iranian pilot for the whole incident. The US has never formally apologized.
Now the US puppets in the Ukrainian government are claiming they have been shelled by Russian troops. Meanwhile, the Russians are stating the Ukrainians shelled their soil. Given the constant misinformation and lies put out by the government, it is probably best to believe the Kremlin.



 ウクライナに関して、アメリカの主流のメディアは、ロシアを非難するためにロシアにずっと因縁をつけてきたが、ほとんどすべて間違っていたか、非常に誤解を招くものであった。

<ウクライナ>日本の対露追加制裁で露外務省が非難声明
毎日新聞 7月29日(火)19時2分配信



露外務省声明は、追加制裁について「日本政府は対露関係発展に尽力すると言明してきたが、米国追随の枠組みから脱する能力の無さを隠すためだった」と失望を表明。ウクライナ東部でのマレーシア航空機撃墜事件に関して、「ロシア側こそが最初にオープンで公平な国際調査を呼びかけた」と強調した。




それは欧州とて同じ。

EU sanctions: Moscow disappointed by EU’s inability to act independently of US
Published time: July 30, 2014 14:22
Edited time: July 30, 2014 15:48



日本にせよ、欧州にせよ、米国と独立に行動できるはずがない。

力が正義だ!の世界になりつつある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平和を望むならなぜ、米は中東に武器をばらまいているのか?

2014年07月31日 01時50分15秒 | Weblog


平和を望むならなぜ、米は中東に武器をばらまいているのか?と
もっとも、これは他人事ではない。

2014年7月28日(月)
安倍政権の武器輸出新原則

イスラエルへの輸出可能に

これが「積極的平和主義」か


政府は17日、新原則に基づく初めての措置として、三菱重工業が生産している地対空誘導弾パトリオット(PAC2)の基幹部品(ジャイロ)の米国への移転を決定しました。米国は、日本製部品を使用したPAC2の第三国への移転を想定しています。当面はカタールが予定されているとみられますが、イスラエルもPAC2を保有しており、同国への輸出の可能性もあります。


間接的ではあるが、武器供与に協力してしまう可能性もある。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ガザは今日も地獄

2014年07月31日 01時47分10秒 | Weblog



ガザは今日も地獄ーーーわれわれも直視する責任がある。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

日本のレズビアンシーンは劇的に変わった

2014年07月31日 01時11分47秒 | Weblog



私がイベントやってきた約25年間でも、日本のレズビアンシーンは劇的に変わったの。ポジティブな意味で。レズビアンだということで悩む人達も、昔よりもっとポジティブな態度だと感じる。まあ、自分がそう思うのは、イベントやお店に出られるようなレズビアン(つまり、ある程度自分の中で整理がついている人)とだけ接しているからかもしれないけど。

とにかく、「LGBT」(レズビアン・ゲイ・バイセクシュアル・トランスジェンダーの頭文字をとった言葉。もともとアメリカでの当事者らによる権利運動のために生まれた表現だということもあり、肯定的なニュアンスがある)って言葉もできたし、この先東京のオリンピックでも、カミングアウトしてる選手が活躍するでしょ。もう、わくわくして寝てらんないくらい。未来に起こる変化もこの目で見たいから、いやー、長生きしたいね(笑)。


この勢いでもう少し後押ししてあげたいね。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

薄毛は遺伝か

2014年07月30日 08時28分02秒 | Weblog


50になったときの予想図

やはり、薄毛は遺伝なのね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イラクも地獄

2014年07月30日 04時48分19秒 | Weblog


 イラクも地獄の様相だな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加