ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

エゴーマヨネーズ

2011年03月21日 | 沖縄の飲食:缶詰・加工品・他

 マヨネーズといえば

 私の父はユースカー(米国民政府)に勤めていた。まれにだが、休みの日に職場へ連れて行ってくれたことがある。職場は、当然なのであるが米軍基地内にある。基地内にはアメリカ人用のスーパーがあり、アメリカ人用のレストランがあった。子供の私にとって、父の職場や父の仕事はどーでもよく、唯一最大の楽しみはそのレストランだった。

 父はレストランのコックにも友人がいたようで、ある日、厨房内へ案内してくれた。父とコックが何の話をしていたか、英語だったのでよく解らなかったが、父がハンバーガーを注文し、「よっしゃ、とびきり美味いのを作ってやる」とでもコックは言って、でっかいハンバーグを焼きだした。鉄板では無く、網焼きだった。
 ハンバーガーはとびきり美味かった。ハンバーグに塗られているケチャップの味も好きだったが、レタスの上に塗られたマヨネーズの味も私は好きであった。
 沖縄にマヨネーズが上陸したのは占領軍と共にであろうが、その時上陸したマヨネーズがウチナーンチュのマヨネーズとなった。それはエゴーマヨネーズという銘柄。後年、たぶん復帰後のことだと思うが、日本産のキューピーマヨネーズがやってくるまで、ウチナーンチュにとってマヨネーズといえば、このエゴーマヨネーズしかなかったのである。

  アメリカ人は酸っぱいものが大好きみたいで、アメリカ人が好んで食べるピクルスもザワークラウトも酸味が強い。別項で紹介するA1ソースも酸味が強いが、このエゴーマヨネーズもキューピーや味の素に比べてずっと酸っぱい。
 東京暮らしでキューピーの味に慣れてからは、エゴーの酸っぱさがきつくて、以来、私はほとんど口にしていない。今度、このHPのために1瓶買いはしたが、開けようかどうしようか、今悩んでいるところである。懐かしさだけでは完食できないかもと。

 エゴーマヨネーズはアメリカ合衆国産。エゴーはEGGOと書く。エッグからきていると思われる。ラベルには、マヨネーズではなくサラダドレッシングと書いてある。ホリデーマーガリンもA1ソースも今は本土の企業が輸入元であるが、このエゴーマヨネーズだけは今でも沖縄の企業が輸入元となっている。全国区では無いということであろう。この酸っぱいマヨネーズは、倭人の口に合わないのかもしれない。 
      
 ユースカーについては →記事「個人は友達、集団は敵」

 記:ガジ丸 2006.2.28 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホリデーマーガリン | トップ | A1ソース »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。