ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

アーサ汁

2011年03月17日 | 沖縄の飲食:食べ物(料理)

 海の匂いの澄まし汁

 何年か前に渡名喜島を訪れ、しばらく滞在した。宿泊した民宿の食事に私の好きな汁物がたびたび登場した。海の匂いがする澄まし汁。名をアーサ汁という。アーサはウチナーグチ(沖縄口)で、和名をヒトエグサといい、ヒトエグサ科の海藻。渡名喜島はその産地であり、また、ちょうどその収穫時期であった。観光地化されていない渡名喜島の海はとてもきれい。その海で育てられた採りたて生のアーサ、旨くないはずが無かった。

  今からだいぶ前、アーサ(ヒトエグサ)の収穫が始まったとのニュースをテレビでやっていた。アーサはワカメより、コンブより、モズクよりも私の好きな海草だ。しかも、渡名喜島で生アーサの美味しさを覚えている。それにも関わらず、ニュースを聞いてからたぶん2ヶ月以上が過ぎた昨日(24日)、やっと生アーサを買った。
 スーパーに行くと生アーサ、以前からあるにはあったが、そのパックの表に「解凍」と書かれてある。つまり、いったん冷凍したものであることを示している。つまり、ひょっとしたら去年のものかもしれないのだ。今時期なんだから、そのうち「解凍」と書かれていないアーサも出てくるに違いないと信じ、ずっと買わずにいたのであった。ところが、2ヶ月以上が過ぎても「解凍」の書かれていないアーサは出てこない。そして昨日、ついに諦めて、「解凍」と書かれてある生アーサを買ったのであった。

 生アーサは酢の物にしても美味しい。単独でもいいが、キューリやレタス、ダイコンといった野菜、またはマグロ、タコ、帆立貝などの魚介類と和えた酢の物にしても良い。しかしながらやはり、アーサ料理の王道はアーサ汁。海の匂いがする汁物は、人によってはキツイと感じるかもしれないが、さっぱりしていて旨い。私の大好物となっている。
 時期でないときにもアーサ汁は食卓にのぼる。乾燥アーサを使う。乾燥アーサは年中スーパーにある。私もアーサが食べたい時は主に乾燥アーサを使っている。海の匂いは乾燥アーサの方がどちらかというと生アーサより強い、と私は感じている。太陽に干されて、その海の成分をより凝縮しているからに違いない。それもまた、私は好きである。
 
 アーサ:和名ヒトエグサ(一重草)
 ヒトエグサ科の1年生海藻。四国、九州の太平洋沿岸、沖縄、台湾などに分布する。採取期は2月から4月。その名前からアオサと混同されたりするが、私も今までそう思っていたが、広辞苑によると、アオサは青海苔の代用となるアオサ科の海藻とあった。
 
 
 
 記:ガジ丸 2005.4.25 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中味汁(ナカミジル) | トップ | ナーベーラーンブシー »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。