ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

アバサー汁

2011年03月21日 | 沖縄の飲食:食べ物(料理)

 アヴァのアバサー

 ある日、知人のGさん、その友人のNさんと三人で飲みに行く。私の家から徒歩10分ほどの場所にあるその飲み屋は、名前をアヴァといい、薬草料理を出してくれる店。アヴァは宮古方言で、「あら、まあ」とかいった意味。アバでは無くアヴァという表記にしたのは店の看板がそうだから。宮古人の発音を聞くと確かに、アバというよりはアヴァなのである。ママさんが宮古の人。その店のことは別項「薬草の飲み屋」に書いてある。
 
 その日そこで、私が頼んだウチナームンはアバサー汁。沖縄の汁物料理では足ティビチ汁、ソーキ汁、中味汁、イナムドゥチ、イカ墨汁、ミーバイ汁などと並んで、有名なマーサムン(美味しい物)。有名と言えば他にイラブ(ウミヘビ)汁があるが、ウミヘビの身はナマリブシのような味。ヘビの皮の鱗が見た目に気持ち悪い分、ナマリブシの方がずっと良い。イラブ汁には足ティビチも入っているが、足ティビチ汁でいいじゃないかと私は思う。でも、健康のために何かとても良いものが含まれているのだろう。食い物は味だけでその価値を判断してはいけないのだと思う。でも、私はあまり好きでは無い。

  さて、アバサー汁。アヴァのアバサー汁には小ぶりのアバサー(ハリセンボン)がまるごと一匹入っている。その顔が食べる人間の顔を睨む。でも、あまり気にならない。どころか、その顔を我々はしゃぶる。何しろアバサーは美味しいのである。
 アバサーについての詳しいことは、ちかいうちに「沖縄の動物アバサー」で紹介する予定であるが、大まかに言えば、アバサーと呼ばれるものは沖縄に4種あり、そのうちの2種がよく見られ、1種は和名ハリセンボンと言い、全長30センチ、もう1種はヒトヅラハリセンボンと言い、全長60センチほどのもの。両者ともサンゴ礁域に生息する。
 
 

 記:ガジ丸 2006.8.6 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 足ティビチ | トップ | 悲惨の収束は早めに »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。