ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

パパヤイリチー

2011年03月20日 | 沖縄の飲食:食べ物(料理)

 パパイアを炒める

 パパヤはパパヤーと普通は語尾を伸ばして発音し、パパイアのことをいう。「沖縄の草木」の中の「パパイア」は果物のグループに入れているが、果実の未熟なうちは野菜として食される。スーパーには熟した果物としてのパパイアよりも、青いうちの野菜としてのパパイアが多く並んでいる。ウチナーンチュの気分としては概ね野菜である。
 概ね野菜と書いたが、私にとってはほぼ野菜である。生まれてこの方、果物のパパイアを食う機会は数えるほどしかなかったが、野菜のパパイアを食う機会は数えきれないほどある。市販の弁当に入っているし、スーパーの惣菜コーナーにもたいてい置いてある。私の母もたまに作っていたし、親戚の家で出されることもあった。
  とはいっても、パパイアは、それが果物であっても野菜であっても私の好物とはなっていない。まあ、美味しいとは思うので、あれば食うが、とっても美味しいとは思わないので、パパイアが食いたいなどと思ったことは無い。スーパーの惣菜でパパヤイリチーを買い、酒の肴にすることはまれにあるが、自分で作ってまで食おうと思うほどのものでは無いのだ。だから、かつてパパイア料理を作ったことは一度も無い。
 ところが、今日の晩飯は自作のパパヤイリチー(イリチーは炒め煮といったもの)であった。仕事帰り立ち寄ったスーパーで、既に千切り(シリシリーというが、これはその道具も沖縄の独特な物らしいので、別項で詳述する)にされたパパイアが袋詰めにされて売られていた。ふと、パパイア料理をガジ丸で紹介しなくちゃと思い、一袋買う。

  家に着いてから、パパイア料理を作ったことが無いことに気付く。自分は何でもできるという慢心が心のどこかにあったに違いない。でも、しょうがないのでチャレンジ。野菜チャンプルーを作るようなレシピで作る。結果は、まあ、食えないことは無かったが、いつも食べているものに比べたら大きな差があった。ちょっぴり不幸な気分。テキトーに生きるのもいいが、あんまりテキトーだと不幸を呼ぶ、という教訓を得た。
 文献に、「とくに糠味噌漬けは色がきれいで歯ごたえがよい」とあった。パパイアの糠漬け、いったいどのような味わいがあるのであろうか。糠漬け大好きで、糠漬けはキャベツ、ニンジンが最高と思っていた私だが、パパイアの糠漬けに、ただ今興味津々。
 なお、パパヤイリチーの正しい作り方については、そういったサイトがいくつもあると思うので、そちらを参考にしていただきたい。
 
 
 ※シリシリーについては→「ニンジンシリシリー」で。

 記:ガジ丸 2005.9.5 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クース | トップ | ヘチマ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。