ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

テントウムシ/ナナホシテントウ

2011年07月23日 | 沖縄の動物:昆虫-甲虫目

 妄想は遠慮して

 テントウムシも夏の暑さはきついのか、今(7月)はその姿をあまり見ないが、冬の間からダンダラテントウは多く見られ、春が近付くとニジュウヤホシ、キイロ、ハイイロなどがどこからともなく湧き出してきた。その時にそれぞれの写真は撮ってある。そして、それらを紹介するのは有名なナナホシを撮ってから一緒に、と思っていた。ところが、そのナナホシがなかなか見つからないのであった。どうも、私の周辺には個体数が少ないみたいである。で、紹介が延び延びになっていたテントウムシであった。
  先月の四国の旅でナナホシ(写真はピンボケだが)を見つけ、またナミテントウの写真も撮れた。どちらも沖縄にいることはいるらしいが、私には探せなかったもの。まあ、とにかく、これでやっとテントウムシを紹介できることとなった。

 テントウムシを紹介する際は、その題を『伝統無視の産婆』にしようとも思っていた。が、よく考えると、『テントウムシのサンバ』はずいぶん古い歌で、知らない人も多いだろし、産婆もまた知らない人が多いと思われる。ということで、「伝統を無視して仕事をする産婆さんが大活躍する」という妄想は、私の頭の中だけに収めた。

 
 テントウムシ(天道虫・瓢虫・紅娘):甲虫目の昆虫
 テントウムシ科の甲虫 方言名:グスーマヤグヮ
 テントウムシという名は、テントウムシ科の甲虫の総称でもあるが、ナミテントウをも表す。で、ナミテントウはその名の通り、日本では最も普通に見られるテントウムシ。ただし、日本では最も普通かもしれないが、沖縄では、少なくとも私の周辺ではあまり見かけない。体長7ミリ内外。アブラムシやカイガラムシなどを捕食するので益虫となる。
 体の色模様はさまざまで、「赤の無地、赤地に多くの黒紋のあるもの、黒地に赤紋のあるものなどがある」(広辞苑)ようだが、私は1種類しか見ていない。
 広辞苑を引くと、天道虫という字の他に瓢虫、紅娘などの字もあてられている。紅娘とは面白い。これからも妄想が発展しそうだが、今回は遠慮した。
 
 テントウムシの交尾

 
 ナナホシテントウ(七星瓢虫):甲虫目の昆虫
 テントウムシ科の甲虫 日本、アフリカなどに分布 方言名:グスーマヤグヮ
 テントウムシの由来は資料が無く不明。天道虫とは広辞苑にあったが、天道とは神、あるいは太陽を表す。益虫であることから神の使いとされたか、太陽の下でよく見かけるから、といったところではないか。本種は体に7個の黒班があるのでナナと付く。
 名前は最も馴染み深いテントウムシで、ナミテントウよりもむしろこっちの方をよく耳にする。童話か漫画の主役だったかもしれない。本土では「人家の近くでもよく見られ、人々に親しまれる」らしいのだが、私の生活する周辺で本種はあまり見かけない。
 体長約5~8ミリ内外。寄主はアブラムシ類で、成虫幼虫ともにアブラムシ類を捕食するため、人間からは益虫とみなされる。夏と冬は休眠するとのこと。
 
 ナナホシテントウの脱皮

 記:ガジ丸 2006.7.22 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゴマダラカミキリ | トップ | ウリハムシ3種 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。