ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ゴマダラカミキリ

2011年07月23日 | 沖縄の動物:昆虫-甲虫目

 共存共栄を考えない奴

 今年もまたシークヮーサーの季節がきた。職場のシークヮーサーの木は今年もまた、たくさんの実をつけてくれている。今週から少しずつ収穫して、しばらくは泡盛のシークヮーサー割りが私の酒となる。シークヮーサーは砂糖と白ワイン、バターを加えてソースになり、チキンソテーやポークソテーなどの酒の肴にも使われる。

  私の今住んでいるアパートから徒歩で20分位の所に伯父の家がある。その家の庭にも高さ3m位のシークヮーサーの木が2本あった。それらも、量は多くは無かったが、毎年実をつけてくれていた。その2本とも今は無い。10年ほど前に枯れてしまった。
 当時、既に伯父は亡くなっていて、伯母と従姉が2人で住んでいて、庭の手入れもやや疎かになっていたのだが、その伯母からある日電話があって、
 「シークヮーサーの木が弱っているみたい、見に来て。」ということなので、行って、見た。シークヮーサーは2本とも、その根元に白い木屑が落ちていた。虫の幼虫が幹に穴を開けた際の細かい木屑だ。シークヮーサーが弱っていると電話があった時に、その原因はすぐに予想できたのだが、その予想道りであった。虫はカミキリムシ。

  カミキリムシの幼虫はシークヮーサーの幹を食べながら太く長い穴を開け、そこに巣を作る。穴を開けるとき、木が枯れない程度に開けてくれれば、木は枯れずに済む。そうすれば、来年もまたそこに巣を作ることができ、カミキリムシにとっても良いことではないかと思うのだが、カミキリムシは共存共栄を考えない奴なのである。
 まあ、ちっぽけな虫の脳味噌のことなので、共存共栄といった知恵が働かないのはしょうがないのであろう。人間はしかし、虫と違ってでっかい脳味噌。富のために地球環境を破壊するなんてことは、住処を無くすバカな行為であると知っているはず、だろ?

 
 ゴマダラカミキリ(胡麻斑天牛):甲虫目の昆虫
 カミキリムシ科の甲虫 体長30ミリ内外 方言名:カラジクェー
 日本全土に分布する。本土では6~9月に出現とあるが、沖縄では5月から出る。
 カミキリムシは髪切虫とも漢字で書くが、天の牛とは面白い。長い触角を牛の角に見立てたのかもしれない。方言名のカラジクェーは髪食う者という意味。カラジクェーはカミキリムシの成虫一般の呼び名だが、本種の幼虫のことを特にマミクムシという。クスノハカエデ(方言名:マミク)の幹が本種の幼虫に食害されやすいことから。
 カミキリムシには鋭い大顎があって、噛む力が強い。その幼虫もまた「てっぽうむし」との別名もあるように木の幹の内部に潜り込み、トンネルを掘るようにして食害する。沖縄の特産品シークヮーサーも。しばしばカミキリムシに食われて枯れ死する。
 ゴマダラカミキリは、その色模様から目立つということもあるだろうが、普通に良く見かけるカミキリムシで、私にも馴染み深い奴である。
 
 顔
 
 交尾

 記:ガジ丸 2005.8.14 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウリハムシ | トップ | テントウムシ/ナナホシテントウ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。