ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ウリハムシ3種

2011年07月23日 | 沖縄の動物:昆虫-甲虫目

 日曜農夫の敵

 3号だったか4号だったか、先島地方(宮古八重山)を襲った台風は、沖縄本島も強風圏内に入れ、いくらかの影響を与えた。全体で見ればたいしたことは無かったが、私の畑は大きな被害を受けた。まだ1本しか収穫していないゴーヤーと3本しか収穫していないキューリをやられてしまった。風というより、潮にやられたと思われる。

 毎年、ゴーヤーは植えているが、キュウリは今年が初めて。キュウリを植えた場所には初めナーベーラー(ヘチマ)を植えていた。例年はナーベーラーである。そして、毎年の繰り返しだが、ナーベーラーはなかなか育ってくれない。育つ前に虫に食われてしまう。今年は、その正体を確かめようと、植えつけた翌日の朝に、ナーベーラーの苗を見に行った。4枚しかない葉っぱに数匹の同じ種類の虫がいた。
 確か、何年か前はナーベーラーの葉にウリハムシがいた。ウリハムシは赤い色をしている。今年見つけた虫は、形はほぼ同じだが色が違う。黒いのである。あいにくその時撮った写真はピンボケで、ボツにしたが、形からしてウリハムシの仲間には違いあるまい。黒いウリハムシである。名前が判明するのはたやすいことであろう。調べる。
  ところが、黒いウリハムシは2種いた。手足も黒いのと、手足は赤いのと。畑のものがどっちだったか覚えていない。でも、どちらもヘチマを食害するようである。
 後日、職場の庭でヒメクロウリハムシを見つけ、6月の四国の旅で、クロウリハムシの写真が撮れた。ところが、どちらもその時以来お目にかかっていないので、私の畑にやってきて、ヘチマを食う奴がどれなのか、未だに判明しない。

 フタイロウリハムシは職場の庭でよく見かける。職場の、隣地境界の金網にオキナワスズメウリが絡まっている。そのせいであろう。

 
 フタイロウリハムシ(二色瓜葉虫):甲虫目の昆虫
 ハムシ科 奄美大島以南、琉球列島、台湾、東南アジアに分布 方言名:不詳
 ウリ類の葉を食害するのでウリハ(瓜葉)ムシ。体の色はウリハムシ(紹介済み)と同じく赤褐色。そこに目立つ黒班があるので黒と赤のフタイロ(二色)とつく。
 体長8ミリ内外。成虫の出現は4月から10月。寄主はカラスウリ、オキナワスズメウリなどの野生種の他、畑のヘチマなど。


 
 クロウリハムシ(黒瓜葉虫):甲虫目の昆虫
 ハムシ科 本州以南、南西諸島、台湾、中国、他に分布 方言名:不詳
 成虫がウリ類の葉を食害するのでウリハ(瓜葉)虫。体が黒いのでクロ。
 奄美大島から琉球列島に分布するものは琉球列島亜種で、屋久島、種子島を含む日本本土、台湾、中国その他に分布する原名亜種と上翅の色が少し違うとのこと。
 ウリ類の害虫となっている。成虫はウリ類、ダイズ、シソなどの葉を食害し、幼虫はウリ類の根を食べて育つ。野性のカラスウリで多く見られるが、畑のヘチマにも多い。


 
 ヒメクロウリハムシ(姫黒瓜葉虫):甲虫目の昆虫
 ハムシ科 屋久島以南、琉球列島、台湾、中国、他に分布 方言名:不詳
 クロウリハムシの小さいものだからヒメとつく。と思うが、大きさは大差無い。頭部、腹部、触角、脚が赤褐色をしている。クロウリハムシは、同じ箇所が黒っぽい。
 クロウリハムシと同じくウリ類の害虫。同じく成虫は葉や花を食害し、幼虫は根を加害する。オキナワスズメウリなどの野生種に多いとのこと。
 体長5~6ミリ。成虫の出現は4月から11月。寄主はウリ類。
 
 横から

 記:ガジ丸 2006.7.23 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『名前といわれ昆虫図鑑』偕成社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« テントウムシ/ナナホシテントウ | トップ | イチモンジハムシ/オキナワ... »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。