ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

バンシルー

2011年03月25日 | 沖縄の飲食:果物・菓子

 道端の果物

 植物としては既に沖縄の植物『バンジロウ』で紹介済み。バンジロウは和名で、バンシルーはウチナーグチ。その中で、「一般にイシ(石)バンシルーとミジ(水)バンシルーとに分けられ、イシバンシルーの方が甘くて美味しい。ミジバンシルーは名前を聞くと美味しそうだが、"水"は"みずみずしい"のでは無く、"みずっぽい"ということ。」と書いたが、実は私のその記憶、とても遠い。子供の頃(小学校高学年)の記憶でしかない。以来、バンシルーを食った経験は少ない。少なくともここ10年は食べていない。

 今週の日曜日(17日)、鹿児島から遊びにやって来た友人Nとヤンバルを回った。ヤンバルには駅の道がいくつもあって、その内の3軒を回った。道の駅には当地の農産物が売られている。あまり有名でない道の駅の方がそれらは安かった。大きな人参が4個で、ナーベーラーが4本で、タマネギが3個で、そして、那覇では400円近い大ぶりのモーウイなどがどれも100円で売られていた。
 ある道の駅でパイナップルが150円(那覇ではその倍)だったので買った。その傍にバンシルーがあった。Nが珍しがって赤いのと白いのをそれぞれ1袋ずつ買った。1袋には直径7、8センチくらい のバンシルーがそれぞれ6個ずつ入っていた。それを半分ずつ分けてもらう。家に持ち帰って2日後に食った。昔の、香りが良くてちょっと甘いが、小さな種がいっぱいあって食べ難い果物というイメージは、「小さな種がいっぱいあって食べ難い」は当たっていたが、「香りが良くてちょっと甘い」は違っていた。香りが弱いのである。甘味も全然足りないのである。「何じゃこりゃあ」であった。

 まあ、冷静に考えれば、まだ熟度が足りないのであろう。カニステルなどと同様に、ちょっと握ってみて少し柔らかさがあり、表面から香りが漂ってくる 頃が食べ頃なのであろう。それにはまだちょっと早かったみたいである。
 ちなみに、道の駅でパイナップルとバンシルーを買い、車へ向かう途中、隣の店を覗いたら、そこではパイナップルが100円だった。しまった!と思ったが、後の祭り。
      
      
 バンジロウ(グァバ)
 フトモモ科の常緑高木。原産地は熱帯アメリカ。
 バンジロウよりもグァバという名が有名だが、沖縄ではバンシルーがもっと有名。
 いろいろな品種があるらしい。イシバンシルー、ミジバンシルーがどのような品種名なのかまでは調べていない。ストロベリーグヮバなんて名前が美味しそうで、食べても美味しい品種もある。品種によって異なるが、収穫期は概ね8月から9月。
 →植物としてのバンジロウ

 記:ガジ丸 2006.9.21 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マンゴー | トップ | メロン »

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。