ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

マンゴー

2011年03月25日 | 沖縄の飲食:果物・菓子

 沖縄の高級果物

 植物としては既に沖縄の植物『マンゴー』で紹介済み。その中で、「マンゴーは結実期に雨に打たれると落果するらしい。結実期はちょうど沖縄の梅雨時」と書いてあるが、まったくその通りで、記録的な雨量となった今年の沖縄の梅雨で、職場に3本あるマンゴーには幼果もごく少なく、成熟果実は1個も収穫できなかった。
  気温条件で言えば、沖縄はマンゴーの栽培に適している。結実期に梅雨さえなければ露地栽培できる。値段の高いマンゴーである。そういうことであれば、沖縄の民家の庭に植えられることも多かろう。値段の高いマンゴーを、ウチナーンチュは庭に出て、ひょいともいで、ガブガブ食うことができたわけだ。でもまあ、残念ながら、である。

 生産者はビニールハウスで栽培している。ビニールは雨避けとしてのビニールで、温度調整は必要で無い。その分、手間はかからないと思うのだが、マンゴーは高い。その価格には手間賃だけ で無く、「美味しい」という価値が付加しているのだろう。確かに、その価格に見合う美味しさは十分あると私も思う。
 高いものは1個5000円以上もするらしいが、私が食べるものは近所のスーパーで売られているもので、大きさが十分でないとか、少し傷が付いているとかの理由で、値段が安くなったもの。見た目は良くないけれど、味はちゃんとマンゴーの味がする。それを半分に割って、片方に付いた種を削ぎ取り、種にへばりついた果肉をしゃぶり取った後、皿に盛った果肉にかぶりつく。果汁が口の横から滴り落ちる。美味いぜ!
      
      
 マンゴー
 ウルシ科の常緑高木。国内では奄美以南に分布する。
 いくつかの品種があり、ペリカンマンゴー、アップルマンゴーなどが有名。
 →植物としてのマンゴー

 記:ガジ丸 2006.9.21 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オオフトモモ(レンブ) | トップ | バンシルー »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。