ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

キャンベルスープ

2011年03月21日 | 沖縄の飲食:缶詰・加工品・他

 スープといえば

 建築士のNさんからトマトを貰った。大きなトマトを十数個。一人暮らしには大量である。大量ではあるが、トマトは私の好物なので、その消費に不安は無い。
 生のままサラダにして食うことが多い。塩をかけても、ドレッシングをかけても、マヨネーズでもポン酢でも美味しいと思う。ハンバーグサンドやハムサンドにトマトを加えると格段に美味くなる。生のタマネギがあれば、言うこと無しとなる。
 生食の他には、スパゲッティーソースに使ったりする。タマネギやキャベツ、レタスなどといった他の野菜、あるいは肉や魚介類を加えてもいいが、それらと共に炒め、塩コショウしただけで美味しいパスタソースが出来上がる。また、寒い日には特に作る機会が増えるが、トマトスープにもする。合わせる具材はソースの場合と一緒。水とスープの元(チキンコンソメなど)を加えることだけが違う。酸味の効いた美味いスープになる。

 倭国でスープと言えば、クノールスープがポピュラーなのであろうか。私の台所の棚にもクノールカップスープがたいてい1箱はある。急いでいる時、それでもスープ1杯くらいは飲んでおきたいなどという場合に重宝する。
  沖縄でスープと言えば、今の若い人はどうか知らないが、少なくともオジサンオバサン年代の人にとっては、キャンベルスープということになろう。これも戦後、駐留軍とともにやってきた缶詰食品で、今でも人気がある。どこのスーパーにも置いてある。
 キャンベルスープには数種類あるが、よく見るものはクリームチキンスープ、クリームマシュルームスープ、チキンヌードルスープ、ベジタブルスープの4種類。チキンヌードルはあっさり塩味、ベジタブルスープはコクのあるトマト味である。このトマト味のベジタブルスープを、私は好んで食べる。台所の棚にはたいてい1個は置いてある。といっても生のトマトスープが、私の作る手抜き簡単スープの方が断然いいとは思っている。 
      
 記:ガジ丸 2006.1.24 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ナットゥンス | トップ | 玄米茶 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。