ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

変身!紅娘

2007年05月11日 | ガジ丸通信-その他・雑感

 伊賀の里において隠然たる影響を持つ忍者の頭、服部全蔵には娘が一人いた。名をお文(ふみ)と云う。お文は男勝りの腕力と度胸で、幼き頃から兄たちに負けないほど忍者としての才能を発揮した。父もその才能を認め、最強の九ノ一とするべく鍛え上げた。
 お文は期待通り成長した。15、6にもなると、その力は誰もが認めるところとなる。忍として動いている際は常に紅色の装束を着衣していたため、いつかしら紅娘(くれないむすめ)と呼ばれるようになり、その名は、忍の世界で知らぬ者は無いほどとなった。
 しかしながら、そのお文が17歳になったある日、突然、恋に落ちた。恋の相手は敵方の侍、大楠為衛門という名の若頭だった。為衛門を騙すために町娘となって近付いた。お文にとっては偽りの恋のはずだったのだが、会っていくうちにいつしか本物の恋へと変っていった。初恋の感情は押さえようが無かった。お文は、親を裏切り、忍を捨てた。
 相思相愛、恋に盲目となった若い二人は駆け落ちした。男にとってはただの駆け落ちだったが、お文にとっては“ただの”では無い。頭の娘とはいえ例外ではない。お文は、“抜け忍”となったのである。忍の掟では“抜け忍”は許されないこと。死罪となる。
 二人は伊賀の忍者たちから追われる身となった。常に命を狙われた。逃げた。京、大阪から長州へ、さらに筑後、備中、豊前から薩摩へ至る。それでも尚、追っ手は付いて回る。そして、ついに二人は、南海の島々を伝って、琉球へと辿り着いた。

 命を掛けるほど好きだった為衛門ではあったが、琉球へ辿り着いた頃には既にお文の恋は冷めていた。見た目にはイイ男の為衛門は、しかし、意志薄弱の軟弱男だった。駆け落ちしたのもお文に引っ張られてのこと。逃避行の途中から駆け落ちを後悔し、「何で俺はこんなことしているのだろう」と愚痴ばっかしこぼしていた。自分のせいでと責任を感じていたお文であったが、泣き言ばかり言う男に、ついに我慢も限界に達し、「私は一人で首里に行く。そして強く生きてみせる。あんたはここで屁でもこいているといいわ」と言い残し、為衛門を名護の地に捨て置いて、一人首里へ向かって力強く旅立った。
 首里の地でお文は変身する。名を綾(あや)と改め、表向きは士族何某の養女という身分となる。だが、綾には裏の顔があった。紅の頭巾をかぶり、忍の技を駆使し、琉球の平和のために活躍する正義の味方という顔であった。首里に上る途中で町奉行、伊木九斎親方(ウェーカタ)が山賊に襲われているところを助けた縁から、伊木親方に認められ、その手足となって働いたのだ。彼女は、琉球の歴史の裏舞台にその名を残すことになる。
 変身紅娘の活躍の話は、いつかまたお話する機会もあろうが、今回はここまで。

 先々週、知己の21歳のカワイイ娘から久々にメールがあった。デートのお誘いメールだった。有頂天になったオジサンは「行きます、行きます、行きます。」と三連呼の返事と共に、「何処へ?何日?」などの質問も合わせて返信した。以来、それへの返信をワクワクして待っているオジサンなのだが、オジサンのあまりの喜びようを重荷に感じたのか21歳は、いつまでたってもヘンシンクレナイ娘なのであった。

 記:2005.4.5 ガジ丸

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カフン症 | トップ | 五蚕(ごかいこ)売りました »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。