ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

ブラーミニメクラヘビ

2011年04月28日 | 沖縄の動物:両性・爬虫類

 潜りにくい土中で

 数年前、ミミズの多くいるアパートの畑で土を耕していると、体が光沢のある紫色で、細長いクネクネした生き物を発見した。長さはフトミミズくらいの長さだが、フトミミズよりずっと細い。クネクネした素早い動きから「ヘビだ」と直感した。
 その時、写真は撮れなかったのだが、脳裏に残った姿を図鑑で調べる。土中にいる小さなヘビというだけで、それがブラーミニメクラヘビであることが判った。しかし、それ以降、彼を見ることは無かった。元々数が少ないのか、あるいは、あまりに素早くて、目に入らないのであろうか。写真を撮れなかったのが悔やまれた。

  去年(2009年)11月、ミミズの少ない宜野湾の畑を耕していると、ブラーミニメクラヘビを発見した。「おー、久しぶり、数年ぶりじゃないか」と挨拶しながらいったん捕獲して、カメラを取ってきて、再び畑に放って、写真を撮る。宜野湾のブラーミニメクラヘビは少々ゆったりとしていた。写真もじっくり撮れた。
 何故、アパートの彼は素早く、宜野湾の彼は少々動きがのろかったかというと、私が考えるにおそらく、アパートの土は何度も耕しているので柔らかく、ヘビも潜りやすいのであろう、素早く動けるのだろう。宜野湾の畑は長く野原だったので土が硬く、ヘビも潜り難いのであろう。アパートの土と宜野湾の土、ミミズの数でもそう判断できる。

 
 ブラーミニメクラヘビ(ぶらーみに盲蛇)
 メクラヘビ科の爬虫類 琉球諸島、小笠原、ハワイ、他に分布 方言名:メクハブ
 広辞苑にメクラヘビの項があって、盲蛇と漢字があてられている。盲は「目は非常に小さく」から来ていると思われる。ブラーミニは資料が無く不明。ブラーミニという名前の人が学術的発見をして、その名にちなんだのか、あるいは、ブラーとミニに分かれ、ミニは小さいという意味のミニで、ブラーは人の名なのか?
 メクラヘビの項にブラーミニメクラヘビの説明もある。ブラーミニメクラヘビはメクラヘビの代表的な種なのかもしれない。メクラヘビは熱帯、亜熱帯地域に広く分布し、本種もまた、小笠原、南西諸島、アジア、アフリカなどの熱帯、亜熱帯域にいる。
 全長16~22センチととても小さなヘビ。ミミズであれば普通だが、ヘビとしては小さいという意味のミニであってもおかしくない。畑を耕しているとまれに出てくる。土を掘り返してミミズを1000匹位見たなら、1匹くらいは出てくるはず。ミミズで無いことは体が伸び縮みせず、クネクネと這うところから判る。見た目には判らないが、体は鱗で覆われているそうで、それがミミズで無くヘビであるという証拠だとのこと。
 全身同じ太さで、頭も尾も同じ形をしている。体は紫紅色に光って見える。概ね地中に住み、夜間、地上を這ったりする。シロアリを食べる。無毒のヘビ。

 記:ガジ丸 2010.11.20 →沖縄の動物目次
 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行
 『いちむし』アクアコーラル企画発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セマルハコガメ | トップ | 他人の痛み »

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。