ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

リュウキュウハグロトンボ

2011年05月09日 | 沖縄の動物:昆虫-トンボ目

 相手が誰であろうと

 山の中に入るといろんなトンボに出会うことができる。一昨年、本島北部、名護にあるタナガーグムイ(注1)に遊びに行って、一人で沢登りをしている時にきれいなトンボを見つけた。何故か近付いても、そう遠くに逃げない、逃げないどころか、私の周りをウロチョロする。なもんで、うまい具合に写真を撮ることができた。後日、調べると、リュウキュウハグロトンボという種類だった。自慢しようかと思ったのだが、そう珍しいトンボではないらしい。せっかく、ハブに遭遇する危険を冒して沢に登ったのに、残念。

  「何故か近付いても、そう遠くに逃げない。周りをウロチョロする。」のにはわけがあった。リュウキュウハグロトンボの雄は縄張りをもっていて、その中から遠く離れることは無いとのこと。しかし、自分の目から見れば遥かにデカイ、姿形も全然違う人間の私のことも彼は、雌を奪いに来るライバルに見えたのだろうか、私のことを見張るようにして近くに止まり、睨んでいる。お陰で、素人の私にも近写が撮れたのであった。

 注1:タナガーグムイ
 グムイは形容詞の付かない単独の場合はクムイと発音し、池や沼のことを指すウチナーグチ(沖縄口)。タナガーは、おそらくタナゲーが変化したもので、タナゲーのいる池という意味になるのだと思う。タナゲーは「川エビ」を指すウチナーグチ。

 
 リュウキュウハグロトンボ(琉球羽黒蜻蛉)
 カワトンボ科 南西諸島、中国、台湾、他に分布 方言名:アーケージェー
 方言名のアーケージェーはトンボの総称であるが、渓流に住み、見た目も違うので違う名前があって良さそうなもんだと思う。しかし、文献に本種の特別な方言名は無い。
 雌が卵を産みやすい場所に雄は縄張りをもっていて、雌がやってくるのを待つらしい。卵を産みやすい場所というのは、やはり人気があるらしく、油断しているとその縄張りを他の雄に奪われる。よって、雄はその中から遠く離れることは無い。
 腹長50ミリ内外。成虫の出現は2月から12月。渓流地に住む。
 
 雄
 
 雌

 記:ガジ丸 2005.6.27 →沖縄の動物目次

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« リュウキュウベニイトトンボ | トップ | ハラボソトンボ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。