ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

リュウキュウベニイトトンボ

2011年05月09日 | 沖縄の動物:昆虫-トンボ目

 京女の好み

 京都へは、もう十回以上も旅をしている。舞妓さん(芸者さんともいうのか、違いが良く判らないので、ここでは同一とする)にも何度もお目にかかっている。が、声を交わしたことは一度も無い。一回だけ、「おばんやす」と二人連れの若い舞妓さんに声をかけられたことがあるが、びっくりして何の返事もできぬまま通り過ぎてしまった。
  粋という言葉がある。広辞苑によると「気持や身なりのさっぱりとあかぬけしていて、しかも色気をもっていること。」とのこと。「おばんやす」と私に声をかけてくれた二人の舞妓が「気持ちがさっぱりと」した人であったかどうかは不明だが、「身なりがあかぬけしていて、しかも色気をもっている」については、正しくその通りであった。彼女達に粋の称号を与えても何ら差し支えないと私は思った。

 粋な京女はきっと、物の名前のつけ方も粋であるに違いない。イトトンボのことをマメムスメ(豆娘)なんて情緒のある名前をつけたのはきっと、京女に違いない。粋からは遠く離れて生まれ育った沖縄のガサツ男は、それでも歳取って、いくらかは人生の酸いと甘いを経験して、少しは情緒が理解できるようになったのか、イトトンボを辞書で引いて、そこに豆娘という漢字を見たときに、粋だあなぁと感動したのであった。

 
 リュウキュウベニイトトンボ(琉球紅糸蜻蛉) 
 イトトンボ科 南九州から南西諸島に分布する 方言名:センスル
 方言名のセンスルはイトトンボ科の総称。イトトンボ類は沖縄に9種生息するが、本種は民家の近くにも多く、もっとも普通に見られるイトトンボ。
 イトトンボは普通のトンボよりも小型で、胴体がずっと細い。で、漢字で糸蜻蛉となるのだが、広辞苑を見ると、豆娘ともある。昔、京の宮中の粋な女中の誰かが、「あれ、あそこにマメムスメ」などと呼んだのだろうか。日本人の感性は情緒があって楽しい。糸蜻蛉なんて見た目よりも豆娘の方が全体の雰囲気を表している。詩的であると思う。
 腹長30~40ミリ。成虫の出現はほぼ周年、春、秋に多く見られる。
 
 交尾

 記:ガジ丸 2005.6.27 →沖縄の動物目次
 訂正加筆:2009.5.30

 参考文献
 『ふる里の動物たち』(株)新報出版企画・編集、発行
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行
 『沖縄昆虫野外観察図鑑』東清二編著、(有)沖縄出版発行
 『沖縄身近な生き物たち』知念盛俊著、沖縄時事出版発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オオシオカラトンボ | トップ | リュウキュウハグロトンボ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。