ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

豆腐よう

2011年03月20日 | 沖縄の飲食:缶詰・加工品・他

 手作りの逸品

 もう30年ほども前の話だから時効となるが、不良高校生どもはよく酒を飲んだ。私はその頃一人住まいだったので、誰かの誕生日とか、試験が終わった日とかの何か行事があった場合には、私の部屋に仲間が酒瓶持ってやってきた。飲んで騒いだ。
 不良高校生どもは、たまにだが外へも飲みに行った。「養老会」というグループがあって、それは、きまって養老の滝で酒を飲む、という会。養老の滝には世話になった。
 同じ中学出身の連中が集まる飲み屋もあった。その中学の学校区内にそこはあり、私の実家からは徒歩12、3分ほどの、目の前は国際通りという場所。

 養老の滝は、誰かが店のフロアーにゲロしたとか、友情に感激してワンワン泣いた奴がいたとかの思い出しかないが、もう一つの飲み屋、名前を「田舎」と言ったが、そこでは旨い肴や、旨くは無いが滅多に食えない珍味などをいろいろ覚えた。中味(ナカミ:動物の臓物のこと)の料理は中味汁(沖縄の伝統料理)しか知らなかったが、中味イリチー(炒め物)をその店で初めて食べた。後の東京暮らしでモツ煮が好物になったのは、「田舎」の中味イリチーが美味しかったことに起因すると言っていい。
  「田舎」では他にサメの刺身、海亀の刺身なども食べさせてもらったが、それらはまさに珍味、特に旨いと思うようなものでは無かった。が、同じ珍味という部類で出されたものではあったが、完璧に「旨い!」と感じた肴があった。それは、今まで食べたことも見たことも無く、その名前すら知らなかったもの。「豆腐よう」であった。
 「豆腐よう」はたぶん、当時は市販されているものは無かったと思う。少なくともその辺のスーパーには置いてなかったと覚えている。家々で自家消費用に作られたものと、料亭などで客用に作られたものがあっただけではないだろうか。「田舎」の「豆腐よう」もきっと、ママさんの手作りであったに違いない。
 今もって、「田舎」の「豆腐よう」に勝る「豆腐よう」に私は出会っていない。それにごく近いものは、私好みとして今、冷蔵庫にある。1個200円位する高級品。
      
 トウフヨウ(豆腐よう): 酒の肴
 泡盛、麹を用いた豆腐の発酵食品。主に酒の肴となる。方言名:トーフヨー
 商品のパッケージに書かれている文字は「豆腐よう」の「よう」も漢字である。が、その漢字、広辞苑にも漢字源にもパソコンの辞書にも無い。パソコンに無いのでここに表すことはできない。説明すると、左に“食”、右に“羊”、その下に“?”となっている。
 豆腐よう、の“よう”っていったいどういう意味だい?何語だい?(たぶん中国語)なんてことは置いといて、今でこそ多くの人がその名前、及びその存在を知っていて、スーパーにも常時並んでいて有名なトウフヨウ、しかし、30年ほど前までは、そう一般的に知られた存在ではなかった。ごく一部の飲み屋さんなどには置いてあったが、スーパーや観光土産品店などでお目にかかるようなものではなかった。でも、じつは昔から、ウチナーンチュの酒飲みたちに愛されてきた最上の酒の肴。
 中国に似たようなものがあり、それを腐乳という。古より多くのことを琉球は中国から学んだ。だから、もちろんのこと、中国にトウフヨウに似たものがあるというより、中国からその製法が琉球に伝わり、それをトウフヨウと名付けたといった方が正確。
 トウフヨウという表記であるが、ウチナーンチュが発音するとトーフヨーとなる。前にもどこかで書いたが、面倒臭がり屋のウチナーンチュは、「ト」あるいは「ヨ」と開けた口の形からわざわざ「ウ」などと閉じたりはしない。で、トーフヨーとなる。

 記:ガジ丸 2005.8.22 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« フーチャンプルー | トップ | イチャガリガリ »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。