ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

イチャガリガリ

2011年03月20日 | 沖縄の飲食:果物・菓子

 強い歯を要する駄菓子

 年取るにつれて弱っていくものの順番をハメマラというが、私の場合はマラが先で、次にメがきた。痩せ我慢して、というか、ケースから出すのを面倒臭がってほとんど使っていないが、数年前に老眼鏡も買った。パソコンを数時間やっていると目がショボショボして、近くも遠くも見辛くなってくる。眩暈(めまい)を感じる時もある。歳を感じる。
 メは歳相応に衰えを感じているが、ハは丈夫である。子供の頃から虫歯は少なくて、今でもほとんど無い。右奥歯を1本だけ治療したことがあるが、その歯も詰め物が取れてから数年経ち、その後、悪くなっているような兆候は無い。
  私の歯は、今でも梅干の種を噛み砕くことができるが、そんな丈夫な歯でなければ味わうことのできない菓子が沖縄には(倭国にもあるかもしれないが、詳細は不明)ある。イチャガリガリという名の菓子。ガリガリと噛み砕いて食べる。子供の頃はイッセンマチヤー(1セント商店:駄菓子屋のこと)で売られていたお菓子。しばらく、その姿を消していたのだが、数年前から袋入りに姿を変えて、スーパーで見かけるようになった。
 私は、歯は丈夫だと思うが、歯茎には自信が無い。アイスクリームなど冷たいものを食べると歯茎がすごく沁みる。知覚過敏というやつである。歯茎は確実に老化しているようなのである。虫歯は無くても歯茎が弱れば歯は抜けていくらしい。今はまだ永久歯の全てが揃っている私だが、入れ歯のお世話になるのもそう遠くはないかもしれない。
      
      
 イチャガリガリ:駄菓子
 イカの天ぷらをインスタントラーメンのようにカリカリにする、倭国の天ぷらからはイメージしにくいが、沖縄風天ぷらはフリッターのように衣が厚いので、小麦粉を水で練ったものを油で揚げてカリカリにするのと同じで、それはまったく、インスタントラーメンと一緒。タネのイカは少量であるが、それもまたカリカリになっている。
 ポテトチップスもラーメン菓子もカリカリ噛むのに何の苦労も無いが、このイチャガリガリは歯の衰えた老人には食せない。非常に硬い。だから、カリカリでは無くガリガリという名前になる。ガリガリと噛むほどに味が出て、ちょっと癖になる。

 記:ガジ丸 2005.8.22 →沖縄の飲食目次

 参考文献
 『沖縄大百科事典』沖縄大百科事典刊行事務局編集、沖縄タイムス社発行

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 豆腐よう | トップ | 油味噌 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。