ガジ丸が想う沖縄

沖縄の動物、植物、あれこれを紹介します。

カイエンナット

2011年03月21日 | 沖縄の飲食:果物・菓子

  初体験のナッツ

 去年の暮れ辺りから、大家の庭にあるカイエンナット(パキラ)の木に果実がつきだした。カイエンナットという名前から想像できるように、その種子は食えるみたいである。ナッツである。その果実を見るたんびに食ってみたいと思ったが、果実はどれも高い位置にあり、手を伸ばしても届かない。脚立が必要であり、その前に、大家の許可を得なければならない。店子(たなこ)といえど、大家のものを黙って食うわけにはいかない。

 やっと大家の許可を得、脚立を準備できたのは2週間前のこと。計20個余りはついていた果実 も、その頃にはたったの3個しか残っていなかった。その内の2個は、脚立の上に脚立を重ねてもなお届かない位置にあったので、収穫は1個だけとなった。
 前に、コバテイシの種子を食ったことがあるが、その時は生で食った。後で調べると、植物の種子には毒性のあるものが多いとのこと。鳥などが、その果肉は食うが、種までは食べないようにするための工夫だという。ただし、毒があっても、火を通せばたいてい毒性は消えるとのこと。カイエンナットの種子に毒性があるかどうか不明であったが、生の種子を割って、その姿を観察し、匂いを嗅い だ私の感覚では「ちょっと危険かも」だったので、今回は、火を通して食うことにした。トースターで5分間焼いた。
      
      
      
      
      
 カイエンナットの焼いた種子はまあまあ美味しかった。味は焼いたギンナンに少し似ている。食感は焼いたギンナンよりも柔らかい。匂いはあまりしない。じつは、カイエンナットの種子を食ったのも、別項で紹介しているカニステル、サポジラを食ったのも同じ日で、その頃、私は軽い風邪をひいていて鼻の能力が少々落ちていた。が、少なくともギンナンのような臭さは無かった。敢えて言うと、 蒸かしたジャガイモの匂いであった。
 焼いたカイエンナットの種子は、その皮を剥くのが難しかった。中味と皮がくっついていて、きれいに剥ぐことができなかった。スプーンでほじくるようにして食ったのだが、皮を剥いてから焼いた方が良かったのだろうか。次回はそうしてみようと思う。

 →記事(植物としてのカイエンナット)

 記:ガジ丸 2006.3.28 →沖縄の飲食目次

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カニステルとサポジラ | トップ | エーグヮーマース煮 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。