ユニバーサル開発設計事務所のブログ

自動車業界における開発、設計、原価低減、品質信頼性向上を対象とした開発設計業務を行っております。代表三谷のブログです。

秋色の国宝明王院(2)

2014-11-29 18:22:13 | Weblog
 今日も明王院で映画製作の打ち合わせをしていました。帰りに五重塔のすぐ左にある草戸千軒町から発掘された五輪塔群に上る坂に、イチョウの絨毯が敷いてありました。音といい感触と言い色合いといい最高です。今日も外国人や、若いカップル、若い家族ずれが多く、明王院は変わりつつあります。
コメント

秋色の国宝明王院

2014-11-23 22:02:00 | Weblog
 今日は午前中から一日、福山市草戸町にある国宝明王院で打ち合わせをしていた。会議の合間をぬって黄色や赤に色づいた五重塔を堪能した。多くのカメラマンが撮影に来ていた。明日もまだ美しいと思うけど、素晴らしさに触れたい方は、お早めにどうぞ。今日の特徴は、いつもと違い若いペアが非常に多かった。私などは場違い(笑)。明王院は「恋のパワースポット」になりつつあるのか?
コメント

フィリピン・タクロバン台風30号被災救援募金のお礼とお知らせ

2014-11-08 10:12:39 | Weblog
 昨年の本日(11月8日)早朝レイテ島タクロバン市を襲った台風30号被災に対し、全国の方から多くの義捐金をいただきました。台風直後より、われわれセンターから6回タクロバン市に足を運び、現地の状況調査と何が今必要かを調べてきて、その都度タクロバン市あるいは近隣の島で購入し、市長あるいは住民など関係者に手渡ししてきました。

 大きな品としては、車4台、市役所機能用の事務機(PCなど)、病院や学校の屋根材、病院に電力を供給するための電線(ケーブル)、住民に配った米や歯ブラシ・せっけんなどの実用品です。そして昨日、タクロバン市長にダンプトラック(200万円)を直接手渡しました。

 現地に入っているセンターのメンバーからタクロバン市は相当復興しており、被災前よりよくなっている場所もあるという情報が入っています。

 そこで、タクロバン・福山交流支援センターとしては台風被災に対する支援は1年を区切りに終わり、今後は以前からやっている福山市とタクロバン市(姉妹都市)の交流支援に移ります。

 皆様から頂いたご支援に心より感謝し、ご報告とさせていただきます。なお、毎日新聞社の了解のもと11月6日に掲載された関連記事を転載させてもらいます。

 ありがとうございました。

  タクロバン・福山交流支援センター  センター長  三谷干城
コメント

自治会(町内会)未加入世帯への取り組みに関するアンケート調査

2014-11-03 19:16:43 | Weblog
  私の町内は72%の町内会加入率で福山市の平均よりは良い。しかし、最近建設された集合住宅などでは、全く入らないという状況が発生しており、今後は減っていくことが予想される。

 先日表題のようなアンケート調査用紙が町内会長に配られた。個別の質問については省略するが、最後に、「今後の自治会活動はどうあるべきか。意見があればかけ」というのがあったので、次のように書いて提出するつもりだ。

「時代は大きく変化し、生活様式や意識が変わる中で旧態依然とした町内会運営に無理がある。
 以前の町内会は、葬祭や、お大師講など地域のつながりの中にあったが、今は生活が個別化し且つ商業ベースで世の中が動き、町内会に入らなくても社会生活が営める。それどころか、入会すると町内会費の徴収や頻繁なチラシの回覧作業、一斉清掃など本人にとって負ととらえられる要因が多い。

 町内居住者の高齢化、働く人の定年延長などの社会変化で役員になりたい人も減った。昔の町内会長は金と時間のある人が名誉職的意味合いでなっていた。今の町内会長は無給の用務員であり配達人である。昔は少なかった回覧配布や寄付など集金業務の増大など地域への負担増が近年顕著であり、有給の職員の作成した高額のチラシ配布などをボランティアの町内会に依存するという今のあり方も見直す必要がある。

 こういう仕組みの中で町内会加入率を増やすというのを町内会に打診する前に、時代に即した町内会のあり方を自治会連合会で見直し審議し、改革案を出してそれについてアンケート調査をするのが順当ではないだろうか」と。
コメント

国宝明王院の投票結果ご報告(お礼)

2014-11-02 13:41:41 | Weblog
 八月以来皆様に投票をお願いしていました「ひろしまたてものがたり」の結果集計が十月末発表になりました。

 皆様の応援投票のおかげで、見事に十六位に入ることができました。

 皆様のご厚意、ご協力に心よりお礼申し上げます。詳細は下記のURLをご覧ください。

http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/tatemonogatari/end-result.html

 これを見られて皆さんご不審を抱かれるかもわかりませんので、この発表の結果に基づく県の取り扱いにつきヒヤリングしましたので、併せてご連絡します。

 発表は審査員7名による「ベストセレクション30」と皆さんに投票いただいた「ベスト30」に別れています。

 両方にあげられていればいいのですが、「ベストセレクション30」には明王院は上がっていません。これは裏返していえば、審査員には国宝ではありますが、明王院の知名度が低かったことをあらわしています。

 県の今後の活動としては、今まであまり有名でなかった価値のあるとこを探し広報していくとのことでしたので、明王院はその最有力候補に挙がるのではと期待しています。

 重ねて応援くださったお礼と結果のご報告をさせていただきます。ありがとうございました。


コメント