ユニバーサル開発設計事務所のブログ

自動車業界における開発、設計、原価低減、品質信頼性向上を対象とした開発設計業務を行っております。代表三谷のブログです。

恐怖の無声電話

2008-04-30 19:09:52 | Weblog
 先週水曜日(4/23)の朝から、過労と風邪が重なったと思える発熱があり、急遽家族旅行から私だけ外れた。半日ほど静かに寝ていたら、熱も下がり又活動を再開。旅行のため予定を何も入れていなかったので、遣り残したことを次々と片付けていった。気になっていた菜園の草取りまで済ませ、翌日の家族の帰りを待った。金曜日には、予定通り大学の講義を済ませた。講義中に、声を出しにくい前兆はあったのだけど気にせず、講義をした。
 土曜日の朝から声が出ない。まだ少し風邪の症状があるので風邪のせいだろうと考えたが、運が悪いことに、午後は経済誌の記者の取材が1時間ほどある。記者の方には申し訳なかったが、森進一の声を更にか細くした声となり、聞き辛かったと思う。
 日曜日もほとんど声が出ない。月曜日朝に少し声が出始めたと喜んだが、午前中市会議員の方と色々お話した後、午後からは又声が出なくなった。火曜日の朝も少し声が出始めた。この日は幸い打ち合わせが無かったので何とか一日中声が出せた。
 水曜日の今朝は5割くらい声が出始め、昼食を食べながら、古い友人二人と懐かしい対談をしたが、今のとこ声は何とかなっている。

 声が出なくなるというのは私にとってはじめての経験だが、口の悪い友人は周りの人が静かで喜んでいるのではと言う。しかし、私のように喋って収入を得ているものにとって、話せなくなると言うのは、死活問題である。幸い、来月は東京での長時間講演はない。大学の講義も5/2(金)は無いので、少し、喉への刺激は少ないだろう。
 それでも電話はかかってくる。ベルが鳴ると、いつもの調子で「はい、***でございます」と言おうとするが、かすれただみ声で、ほとんど音にならない。初めての人は、電話の向こうで、明らかに、ビビッているのがわかる。怖いおっさんの家に間違って電話したかと、大変丁寧な調子に変わる。私も相手も、恐怖の無声電話だった。
コメント

新発想は新幹線の中で

2008-04-24 20:23:45 | Weblog
 仕事柄、出張が多い。東京に講演などで行く不定期な場合を除いても、9月以降は大学の後期の授業が始まるので、毎週最低1回、朝7時半頃の新幹線で新大阪まで行き、福山に帰ってくるのは午後7時過ぎと言う12時間の出張になる。
 学生にいろいろ新しいことを教えたり、執筆したり、技術的な課題で行き当たったりする時、その解あるいは糸口が閃くのは、不思議に、新幹線の中が多い。それは時間の長さに余り関係が無い。東京までの3時間40分の間でもそうだが、新大阪までの1時間すこしでも同じだ。だから私は新幹線を降りるときは、大抵、ルンルン気分である。
 このことを、人に話すと私と同じように新幹線の中は、いい仕事場と言う人が多い。確かに、原則電話はかかってこないし、結構、自分の世界に浸れる。この集中力が仕事の効率をよくしたり、新しい発想を生むのかもしれない。
 しかし、移動空間に人が置かれるとき、脳の中に何らかの異変が起きて、普段閉じているシナプスがぱっと開いたり、普段接続されていない回路がつながったりと言う現象がおきているのではないだろうか。本来人間は自転している地球の大地の上に立っているのだから、移動空間におかれているのだが、人は生まれた時からそれに慣れている。しかし、新幹線の時速200km空間は、人にとって明らかに異常なG(加速度)がかかっている。
 これからも、課題をもって新幹線に乗ろう。受験勉強は新幹線の中にでもとなれば、JRは新しい商売が出来るかも。
コメント

福山駅前広場整備工事による第二次発掘調査現地説明会

2008-04-20 22:44:45 | Weblog
福山市教育委員会主催による上記説明会に行ってきた。第1回目の説明会は説明者が不慣れなのと音響装置の取り扱いがまずいのとで、何を言っているのかさっぱりわからなかった。第2回目は聞きやすい場所に移動したのと説明員もなれてきたのとで、内容は理解できた。
 今朝の新聞によると、1100名の見学者だったようだ。二重櫓跡の石垣と船がつく舟入部を含む御水門がはっきりとその400年前の姿を現している。
 私の実家の空き地を掘ると江戸から明治にかけての生活物が出てくるが、この私の行為は文化財保護の法律に反するのでやめるよう注意を受けた。掘削するためには相当ややこしい手続きがいるようだ。
 他方福山市は、この重要な文化財が眠るところを事前の充分な調査検討をせずに掘削し、地下送迎場を作りつつある。市民団体が、保存活用を求める運動を10万人を超える署名を集めて市に提出しているが、市は計画変更を発表していない。
 文化財は今の時代に生きる人が、消失させていいという権利は持たない。金では買えない価値を金で判断することは、後世の笑いものになるだろう。日本で5番目だったと言う福山城を陳腐な今の城にしてしまった明治初期の福山の住人が、いかに文化的な価値を認められない貧しい心の人たちだったかと、現在我々が思うように。
コメント

(tomono)さんコメント有難うございます。

2008-04-18 09:52:25 | Weblog

「品種・・・だと思います。 (tomono)

パックものの球根だと早咲き、遅咲・・・と説明に書いてあるので確認して買われるといいと思います。
また、八重の品種だと花持がいいので長く楽しめます。
ウチやお客さんのところはわざと早咲きと遅咲きをちらして植えて、楽しみます。
また、原種のチューリップだと花は小さいですが、3年ぐらいは植えっぱなしでOKなのもあります。これも重宝しますよ♪」
 早速、袋を確認しましたが、何にも書いてありませんでした。来年は、今年の球根の優秀なのに加え更に50個程度買い増しして、唸ることの出来るチューリップ花壇に挑戦してみようと考えています。課題は、秋に球根を植えると、芽が出てくる間、花壇に草花がなくなることで、寂しくなります。今年は場所が重ならないよう周囲に大き目の水仙を数十個植えて、冬の間楽しめるようにしました。この秋からどうするか考えますが、いいアイデアがあれば又お会いしたときにでも教えてください。有難うございました。今日の写真をつけました。
コメント

美しい物はやはり美しい

2008-04-13 20:39:03 | Weblog
 花とか木のブログを連続して載せると、あなたは技術屋でしょう、もう少し技術論、理論で書いてくださいと言うご忠告(?)を頂くのだが、前回の桜に続き今回もまた美しいチューリップの話題になってしまう。Kさん、ご期待に沿えず、すみません。そのうち、今大事に育てている、私の新しい仮説を載せますので、今回は美しい写真をしばし眺めてください。
 倉敷のチボリ公園や他の場所でも一面のチューリップ畑に感嘆し、見とれてしまう。その、真似事の端くれでもしたと、数年来チューリップに挑戦している。
 昨年のブログには、打率5割と、うまく咲かなかったチューリップの報告をした。ヅウレルとか言う珍しい品種を植えたのと水をやりすぎたのが原因と考え、今回は大変ポピュラーな品種を50球根ほど購入して植えた。打率は9割を超えた。うまく生えてこなかったのは、猫が花壇を掘った場所で、これは仕方が無い。ただ残念なのは、最初に白色のチューリップが咲いて残りは遅れて咲いているので、一面同時にとは行かなかった。
 これは場所の影響(日当たり)か球根(品種)の影響かわからないので、来年は植える場所を変えて試みる。
 散歩する人がじっと足を止め、綺麗ですねと見入ってくれるのは、人に幸せを感じてもらっているようで、こちらも嬉しい。
コメント (1)

桜めぐり

2008-04-09 08:57:15 | Weblog
 先週はほとんど事務所にいなくて、関東地方(東京、群馬、神奈川)を飛び回っていた。福山城の桜は出発日にはまだ五分咲き程度だった。群馬県の前橋に着くと、ほぼ満開と言う状態。ところが講演会場の「国立赤城青少年交流の家」に着くと標高の違いで、まだつぼみと言う状況。
 仕事を済ませ、神奈川県に行くと満開から既に少し散り始め。午前の打ち合わせを済ませ、午後の打ち合わせまで少し時間があったので、鶴見川の土手を散策。両岸に、約50本の桜が、これでもかと言わんばかりに、思いっきり、枝を伸ばして咲いていて、実に見事だった(写真)。平日と言うこともあり、バギーを押した若いお母さんやお年寄りの姿がちらほらするだけで、実に心地よい落ち着いた花見が出来た。
コメント