ユニバーサル開発設計事務所のブログ

自動車業界における開発、設計、原価低減、品質信頼性向上を対象とした開発設計業務を行っております。代表三谷のブログです。

ラジオ体操

2010-03-28 06:55:09 | Weblog
 昨日の朝のラジオ体操は、季節はずれの寒さだった。吐く息が白くなったのには驚いた。気象台によると、備後地区は氷点下1.7℃だったと言う。4月がもう目の前に来ている時期とは、思えない。日中、ジャガイモの伸びかけた葉が赤黒くしおれていた。何とか持ち直して欲しいが。
 こんなに寒くて、冬は朝の6時30分はきついが、それでも、地区の代表と会計を任せられている立場上、福山にいないとき以外は必ず、出席している。

 ラジオ体操の効用はいろいろ言われている。先日、名古屋市立大学の先生や福山平成大学の先生や関係者が、ラジオ体操愛好者の体力調査に来られた。ラジオ体操を毎朝やっている人の体力水準を知ることが目的である。調査項目は、機能的体力テストなど7項目で、始めてからすべて終わるまでに、約1時間半かかった。かなりきつかった。結果は後日送られてくるようだ。

 ラジオ体操が体力のアップや体調の管理に果たしている役割は大きいと思う。しかし、私のように怠け者は、朝早くきちんと起きなければならないと言う圧力のほうが、効いている。正月元旦の前後2週間は休みとなる。すると朝の始まりが遅れて、一日がすっきりしない。会社勤めのときはよかったが、時間が自由になる退職後、あるいは自由業の人にはこれはおすすめだ。

 私はよく、「あなたは、一日25時間持っているのですか」と、仕事量の多さに驚かれる。これも朝からキチンと仕事がスタートできる、「ラジオ体操」のおかげだと思う。
コメント

民主党の戦略?(今日のニュースから)

2010-03-22 21:29:07 | Weblog
鳩山内閣支持率30%に急落 危険水域に接近
  産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)が20、21両日に実施した合同世論調査で、鳩山内閣の支持率は前回調査(2月6、7両日)より12.3%ポイント減少し、30.5%に急落した。内閣支持率は3割を切ると、政権運営がきわめて不安定となる「危険水域」とされており、鳩山由紀夫首相は正念場を迎えたと言えそうだ。(産経新聞)

小林議員、辞職・離党を否定=「職責を全う」 民主党の小林千代美衆院議員(北海道5区)は22日夜、札幌市内で記者会見し、北海道教職員組合(北教組)による違法献金事件で陣営幹部らが起訴されたことに関し、「国会と地域で有権者の期待に応えられるよう職責を全うしたい」と述べ、議員辞職や民主党離党の考えがないことを表明した。(時事通信)

 以上はいずれも今日のニュースのコピーである。普通の人がこれだけ騒がれたらノイローゼになるかも知れないが、政治家はそれでは務まらない。図太い神経が必要なのだろう。
 しかし私にはこれが、民主党の夏の参議員選挙への戦略のように思えてならない。支持率をとことん落としておき、最後(すなわち選挙の前)に、小沢さんは幹事長を小林さんは離党をする。これは、国民の意見を民主党はかくも真摯に受け止めてますと言う文章で言う「起承転結」の「転」の部分で、票と言う「結」への最大限の効果を狙っているのではないだろうか。
コメント

初めての市議会傍聴

2010-03-14 20:39:47 | Weblog
 私は,F市に来て初めて市議会を傍聴した。まず傍聴者はコートや帽子を脱いでくれといわれ、携帯は切るかマナーにと言われた。傍聴中の拍手も野次も一切禁止された。

 芦田川の河口堰の将来的な部分開放に関する提案であった。質問議員は、すごくよく調査し、勉強されていて、歴史的経緯から現在に至るまでの様子について、多くのデータをベースに質問されていた。

 他方、回答する市長は、原稿(担当部署の作成と思う)の棒読みで、まさに無感情のロボットのようであった。以降の質疑応答は、すべて各担当部長などが答えていた。市長は実に気の毒だなと思った。市長として立候補し当選されたのだからそれなりの自分の思いや意思はあると思う。だけれどもそれを自分の言葉で話せない、それゆえ聞いていても気持ちが伝わってこない。市の幹部が作成した作文を読んでいるだけの印象だった。

 他の出席の市会議員も実におとなしく静かだった。まさに優等生である。議員が質問中に傍聴席から強い拍手がでた。すぐ市の職員が飛んで行き、注意していた。

 私の感じではこんなにおとなしく、紋切り型の市会なら開かなくてもいいのではないかと思った。全部ライブで、ケーブルTVか何かで質問者と回答者だけ放送し、昼働いている人は録画し、夜時間のあるとき見れるようにしたほうがいいのではと思った。一言も発しない市会議員の出席は不要ではないか。

 この感想を市の職員に話したら、市議会の前の段階の小委員会では、もっと意見が活発に出るので、そちらを見に来て欲しいとのことだった。
 
 ならば、そちらだけにして、本会議は関係者のTV放送だけでいいのでは。いかがなものだろう。
コメント

消えた幽霊???

2010-03-07 19:50:17 | Weblog
 去年の夏、母が亡くなった頃から、私のデスクトップのパソコン(PC)に異常な現象が出ていた。母の死の悲しみに沈んでいるとき、PCにも異状が出て、余計に気がめいっていた。異常な症状というのは,PCを立ち上げると、間もなくPCが自分で電源を切り、それから又自分で立ち上がるのだ。この症状をなるべく、見て見ない振りをして、いらいらせずじっと耐えて、正常になるのを待っていた。

 先月、東京に仕事で行き、3日ほど事務所を空けていた。夜帰って来て,PCを立ち上げて,mailの受信を見たら、100件ほど入っていた。ほとんどが不要なmailだ。一番最近の不要なmailから消そうと「Delete」を押した旬瞬間、例の電源の遮断が置き、又再立ち上げモードに入った。しばらく待って,mailを開き愕然とした。出張中に来たmailがすべて消えてしまっていた。どこへ行ったかmailよ。ゴミ箱など探しても、結局見つからず。この3日間に来そうな相手に、事情を書いて、再送付してもらった。したがって突然来た注文mailには返事がかけないままだ。

 それでも、怒ることなくPCと付き合っていたが、とうとう我慢強い私(?)も堪忍袋の緒が切れるときが来た。

 2日前に、15分も「入り」「切り」を繰り返して,PCが自分で遊んでいる。私は決心して,PCを修理に出すことにした。修理に出すとなると、全メモリーの外部保存(これは楽)とmailのおもなものの保存がいる(これがよく分からない)。かつ修理中のmailを受けねばならないので、普段外部とつないでいないノートPCを外部とつなぐようにしてmailの受信をしないと仕事が止まる。このノートPCはウイルスバスターが古い、そのため,NTTに電話し新しいのを入れてもらう手続きをした。従来のを廃棄するようNTTに言われ、その手続きに入ることにした。

 ところが奇跡が起きた。その作業をしたあとから、この「入れ」「切れ」の幽霊現象が、今まで起きてない。これは一体何か。PCが自分の非を認め「ごめんなさい、もう意地悪はしません」と目覚めてくれたのか。とするとPCが気分を害すると又幽霊が現れる。

 私は技術屋なので、感情論では気がすまない。因果関係は分からないが、PCのハードディスクからノートPC用にUSB端子をいつも出しているが、これを久しぶりに、ノートPCにつないだので、その接点が、きれいになったためではないかと思う。

 コンセントなどは埃でトラッキング現象などが飽きることがあるので、埃は侮れない。

 この、不具合現象はUSBの埃が原因でありますように・・・・・今、祈る様な気持ちです。
コメント

気の早い話ですが

2010-03-04 21:31:51 | Weblog
 今年の年末に、フィリピン・タクロバンの小学校に通うS君、及びそこと交流している小学校の児童(希望者)などを対象として、餅つき大会を開こうと考えています。できるだけ昔のスタイルにするため、私の実家にある石臼と杵、及びかまど(くど)及びお釜(写真)はそのまま使うことにしました。ところが、せいろ(蒸し器)がありません。昭和20年代の私が幼いころには、竹と木で作ったせいろがあった記憶があります。
 どなたか、せいろ(蒸し器)をお持ちの方は、貸していただけませんか。
 日本とフィリピンの子ども達に、少し前の餅つきを体験させてやりたく思います。
コメント

UKSJ文化健康教室を4月にopenします。

2010-03-02 19:07:40 | Weblog
 昨年8月に母が亡くなり、母が元気な頃、花とお茶を教えていたので、その教室に少し手を入れて、文化健康教室を開きます。四季折々の移り変わりを楽しめ庭が見える和室で行いますので、気持ちの上でも、落ちつくと思います。
 講師の先生は、お付き合いの長い信頼できる方ばかりです。内容のご紹介します。( )内は講師、敬称略。

 Ⅰ 語学 ・入門英会話 ・英語サロン ・個人英会話 ・海外旅行直前英会話 (カルメーラ 明平) 
 Ⅱ 音楽 ・英語ソング (カルメーラ 明平)
 Ⅲ 茶道/はな ・茶道 (野田秀夫) ・プリザーブド フラワー (金尾しおり)
 Ⅳ 健康 ・ヨーガ(中塚久美子)・エクササイズ( カルメーラ 明平) ・深呼吸ダイエット&体質改善(羽田英子)
 Ⅴ 手芸 ・編み物(池田鐵子) ・トールペイント(金尾しおり)
 Ⅵ 美容 ・ハンドケア(金尾しおり)

 openを記念して、桜の木(ソメイヨシノ)を1本植えました(写真)。

コメント