ユニバーサル開発設計事務所のブログ

自動車業界における開発、設計、原価低減、品質信頼性向上を対象とした開発設計業務を行っております。代表三谷のブログです。

久しぶりの新聞投稿

2015-10-25 08:58:03 | Weblog
 今日の毎日新聞日曜版「日曜くらぶ」の「みんな集合」欄に投稿原稿が掲載された。2~30代のころは新聞やラジオによく投稿していたが、久しくお休みしていた。先日古希の誕生日を迎え、投稿した。
 娘はたぶんもう忘れてしまっているだろう。スポーツジムでインストラクターをしたり、卓球の県代表で全国大会に出たり、中学で英語の先生をしたりと忙しい娘だ。離れて住むため娘の活動が増え家を空けるたび、小学生の子供の見守りを頼まれるのには閉口だが。
コメント

好評「草戸の素顔」の購入方法(購入方法の変更)

2015-10-23 19:14:59 | Weblog
 前回のブログでご紹介した自費出版「今よみがえる 草戸の素顔~忘れられた大正昭和を振り返る~」の入手方法に関する問い合わせが多数来ました。

 そこで今日、株式会社啓文社殿の厚意で書店にこの冊子を置いてもらうことを決めました。

 福山地区(広島県)の方は福山市内啓文社のすべての店で10/26から購入できます。福山地区以外の方はお近くの啓文社ならお取り寄せが可能です。近くに啓文社がない場合、ご連絡いただければ、啓文社からお客様へ直接本を送ります。その際の連絡先は「啓文社 ポートプラザ店 tel084-971-1211 fax084-971-1216 
E-mail portplaza-j@keibunsha.net」です。
 1冊 1コイン 500円(税込)でご購入いただけます。啓文社のHPは下記のURLで本書が紹介されています。

 目次は
 第1部 ~滝宮勝久さんによる~ 昭和初期の追想鉛筆画
 第2部 ~知られていない草戸の騒動~ 陸軍墓地が破った草戸の静寂
 第3部 ~地域の魅力・地域の力~ 草戸・川西歴史街道設立
 第4部 ~ささやきが実った~ 初の岡山・広島両県知事会議  です。

   http://www.keibunsha.net/

 ご関心のある方は、ぜひご一読ください。
コメント

ついに出版 「草戸の素顔」

2015-10-21 19:07:33 | Weblog
 数年前から取り組んでいた、草戸の埋もれた歴史をやっと自費出版できた。ひょんなことから知り合いになった92歳の古老に「昔の絵」を描いてもらい、さらに説明をしてもらった。昭和の初めの郷里福山市草戸町のあり様がよみがえった。
 福山市史にも掲載されてなく、消えてしまいそうな「草戸の騒動」も掘り起こした。

 ずいぶん苦労したが、やっと上梓で来て肩の荷が下りた。B5版78ページ。
コメント

なんでも屋の町内会長

2015-10-19 20:16:03 | Weblog
 先ほど副会長が相談に来た。町内の空き家のTVのアンテナが倒れかけて車にきずがつきそうだ。撤去したいので会長了解してほしいと。

 私は所有者でないので、許可する権限はなく、許可はできない。

 しかしアドバイスはできる。所有者は数年前に亡くなり、親せきなどの訪問もなく、連絡が全くつかないようだ。

 紙に次のことを書いて撤去したアンテナに着けて、屋敷の中の目につくとこに置いておいたらどうか。「①亡くなった所有者の関係者(親戚)と連絡がつかない、②アンテナが傷んで落ちそうで、危険である、③撤去したので屋敷内に置いておく、④撤去者氏名、⑤撤去年月日」

 200戸近い町内会であるが、加入率は60%台である。実際には300戸くらいあるが、町内で孤独死が発生したり、空家も増えている。町内の安全安心という視点からも、空き家対策を考えて行かねばならないか。無報酬の町内会長がそこまでやらねばならないか。
コメント

本堂(国宝)の中の鳩騒動

2015-10-16 16:05:52 | Weblog
 明日の明王院本堂における「写経体験」の事前打ち合わせに昼前に明王院に行ったら、住職から「三谷さん、本堂に鳩が入って困っているんだ」と。「何とかしましょう」と請け負った。見ると山鳩ではなく伝書鳩「二引き」、わたしが中学生まで主に飼っていたタイプだ。

 本堂のたるきに止まってじっとしている。いろんな鳴き声をしてみたが、頭を上げ私と目が合ったのは、私が「アグリッパ、アグリッパ」と鳩用語(?)で声を出した時だ。

 これは脈があると、パンくずを準備してもらい、それを私の手のひらに載せ高く上げ「アグリッパ」。じっとこっち見て、反応はしているが、飛んで降りる気配は15分たってもない。

 住職と作戦変更をして、長い棒で本堂から追い出すことにした。今外陣にいるが内陣に入り込んだら大変。二人で棒を振り回すが、鳩は出口に向かって飛ばず、本堂の高い方にばかり向かう。内陣に入りそうになるのを、何とか防ぐこと15分。これもダメだ。じゃ網で捕獲すようということになり、虫取り網で追い回すが、これもすべて失敗。なかなか鳩も賢い。

 そうしているうちに鳩も弱ってきたのだろう。たるきにうまく止まれず、時々失敗してあわてている。それでも我々は上を向いて捕獲に努める。

 そうしているうちに壁と立派な大きな額の間にはまり込んだ。これはチャンス。鳩は羽を広げられないので飛べないはず。住職に隙間の片方から長い棒を入れてもらいもう片方に私が待ち受け、羽が見えたとき私が素手で捕獲。

 やれやれ人騒がせな鳩だ。
コメント

明王院の国宝本堂で写経体験をしませんか

2015-10-14 06:21:42 | Weblog
今月の第3土曜日(10/17)の国宝明王院の一般公開・特別催事は「写経体験」を初めて行います。通常の写経は墨をすり筆で書きますが、筆ペンを使い時間も15~30分で書けるよう内容を短くしています。今まで経験のない方も、この機会に国宝の本堂の中で心静かに写経を体験されてはいかがでしょうか。写経の後、奉納供養いたしますので供養料500円を明王院に納めてください。尚写経は書院庫裡の拝観が条件になります。10/13に生出演した一般公開に関するエフエム福山の動画のURLは下記です。
https://www.youtube.com/watch?v=ke0M-KOVFQA
コメント

掲示板の効能

2015-10-05 13:05:28 | Weblog

 町内会長を引き受けて1年と半分が過ぎた。世の中の変化に対応し、町内会役員の活動のスリム化に取り組んできた。
その一つが回覧物を減らすことである。福山は来年100周年を迎えることもあり今年度は特に回覧物が多い。公民館で私の町への回覧物の配布はやめて欲しいといってもできないようなので、回覧物が来るたびに発行もとに電話をして我々の趣旨を話し、今までの全戸配布190枚と回覧16枚をいずれも2枚のみとしてもらった。そのうち1枚を掲示している。
最近掲示板を見る人が増えてきた。今日も貼り替えをしていたら、今まで一度も話をしたことがない人が話しかけてきた。別の町内の人や町内会組織に加入していない人も読んでいる。押しピンが落ちて一部はがれかけた掲示物があり、帰ってきて貼り直そうと思っていたら、誰かがきちんと貼ってくれていた。
掲示板前が地域コミュニケーションの場となれば、人間関係が疎遠な現代、思わぬ効用となる。
コメント