ユニバーサル開発設計事務所のブログ

自動車業界における開発、設計、原価低減、品質信頼性向上を対象とした開発設計業務を行っております。代表三谷のブログです。

古い唐箕(とうみ)にびっくり

2016-12-22 09:23:16 | Weblog
昨日友人と1900年(明治33年)に建てられた物置の引っ越しをしていて、私が子供の頃(昭和20年代)使っていた唐箕(とうみ)に書かれた文字を見てびっくり。唐箕(とうみ)とは、臼などで籾殻をはずしたあと、風力を起して穀物を 籾殻・玄米・塵 などに選別するための農具(ウィキペディア)。なんと、万延二年(1861年)江戸時代末期の墨文字。
コメント

長時間労働は問題か?

2016-12-09 10:21:11 | Weblog
電通事件に関連した長時間労働問題や、今朝の報道で朝日新聞東京本社が社員に違法な労働(記者の出退勤時間を、所属長が短く書き換えさせた)が報じられた。
私は(今から45年ほど前だが)、広島で勤務していた巨大企業で設計の仕事をしていたが、月曜から土曜日昼までの勤務で、退社は寮の晩飯が無くなる午後11時前だった。一日5時間以上の残業をしていた。あるとき、課長に呼ばれ「時間外が多すぎるので、時間外カードを破るがいいか」と言われ、「時間外をしているのを認めてくれるなら破って結構」と答えたら、了解され目の前で破られた。
大学を出て数年で2億円を超える工事の設計を任されており、いくら時間があっても足りない状況だった。しかし、私は工夫をしながら仕事をすることが楽しく、夜中に会社を出て、満天の星空を見ながら帰路につくとき、「今日もやったな」という充実感に満ちた気持になったのを思い出す。
今いろいろ長時間労働が問題になり、時間の長さというデジタルの値で評論・非難されているが、問題はそこではなく職場の雰囲気とか上司の人間性という精神面に問題があるのではないか。
時間が長いだけでは人はくたばらない。精神的なプレッシャには人は弱い。特に最近の人はそうだ。なんでもかでも「うつ」で片付けようとする、医者にも??
コメント

学芸会(小学校)見学

2016-12-03 17:08:15 | Weblog
離れて住む孫たちの発表会にはじめて行ってきた。
2年4組の孫息子は教室で発表会をした。「歌の嫌いな王様」の劇で、TOPバッターで王様役をしたあと、長い劇が終わるまで出てこなかった。訳を聞いたら、孫は音楽を流す役(音響係)を先生の代わりに陰でしていたようだ。
5年生の孫娘は学年選抜で選ばれ、ピアノの演奏をした。娘が子供が予選に勝ち残れるよう特訓をした成果が出たようだ。体育館での143名の劇は迫力があった。
二人ともお疲れさんでした。
コメント