ユニバーサル開発設計事務所のブログ

自動車業界における開発、設計、原価低減、品質信頼性向上を対象とした開発設計業務を行っております。代表三谷のブログです。

神も時には降りてくる

2016-09-29 21:59:30 | Weblog
「売り上げを10倍にしたエンジニア」(経済レポート)の初掲載が2009年の5月10日号で、以降原則毎月1日号に休みなく掲載してもらった。ということは7年間書いてきたことになる。だんだんネタが無くなるので、時事問題を絡めて書いたりした。
7年も書いていると初対面の人が、私の作品に触れて話してくれたりして驚く。もうぼつぼつ筆をおきたく、私が福山に帰ってきて知り合い お世話にになった人たちとの偶然の出会いを、「神も時には降りてくる」として書いている。今回はIさんとの素晴らしい出会いを書いた。掲載誌下欄のセミナーのご案内は、私が講師をします。今回は大阪で近いですので、ご興味にある方はどうぞおいでください。
コメント

「親切の押し売り」をどう思いますか?

2016-09-24 08:37:01 | Weblog
 明日、私の学区の敬老会がある。昨日、私の町内の組長が私の家に来て、
「自分の組のAさんは、体が不自由だけど敬老会に行きたいと言われているが」
「それはぜひ参加してもらってください。タクシーで送迎しますので」
「会場でだれが世話をしてくれるのですか。町内会のだれが面倒を見てくれるのですか」
「同居のご家族の方は」「子供夫婦と孫がいる」「それでは家族で面倒を見てください」
「仕事があるからみられないと言っている」「当日は日曜ですよ」
「Aさんが自分でするからいい、家族の世話にならないと言うので、家族も手伝えないと言っている」
「だから町内会で面倒を見るように言われるのですか。まず家族で話し合ってもらってください。」
本人も家族も手伝いは不要と言われているのに、なぜ組長が私のとこに来たのかわからない。組長は敬老会にはいかないと言う。民生委員にこのことを話すように伝えたが、来年からの民生委員になる人がない。
 ボランティアで仕事を持ちながら町内会のお世話を役員の皆さんやっている。行政も町内会員も何かあれば町内会頼みというのはどうしたものか。特に敬老会のシーズンは問題が多い。
コメント

草戸千軒ゆかりの刀剣展(中国新聞掲載)

2016-09-14 18:54:34 | Weblog
福山市の母なる川・芦田川一帯に眠る中世鎌倉・室町時代に栄えた草戸千軒町。ここで造られた刀剣展示の記事が今朝の中国新聞に掲載されました。長年探していた刀の持ち主がわかり、貸していただき展示します。価値のある刀です。時間のある方は是非見学においでてください。今週土曜日(9/17)午前10時から明王院においてです。
コメント

Having been glad(嬉しかったこと)

2016-09-10 13:09:54 | Weblog
I told the fourth grader of the Hikari elementary school about the Ashida River in 9/9. It is a part of the General learning (Sougou Gakusyu). I told it using PowerPoint clearly as possible visually. It is time for 45 minutes x2.
About "Zenitoribasi (pay) the name in front of Kusadooohasi, I asked whether there was not the person whom I knew. A little over ten children raised their hand among approximately 60 children. When I asked why you knew it in wonder,it was the same answer that they have heard it from grandfather". It is said that grandfather read "Kusado no Sugao" which I self-published last year.
There was sorrow that a legend of the history of the home town disappeared and published, but I knew many people read it and the content reached the grandchild and found that my activity that was poor ability was realized little by little and became glad. A photograph is the Hikari elementary school reaching the foundation 60th anniversary at the time this year.


9/9に光小学校の4年生に芦田川についてお話をした。総合的な学習の一環である。パワーポイントを使いできるだけビジュアルにわかり易く話した。45分x2の時間である。
草戸大橋の前の橋「銭取橋(有料)」について、知っている人はいないか聞いた。約60人の児童のうち10人強の子供が手を挙げた。驚いてどうして知ったのかと尋ねたら、「おじいさんから聞いた」とみんな同じ答えだった。おじいさんは、私が昨年自費出版した「草戸の素顔」を読んだという。
郷里の歴史の言い伝えが消えているのを憂いて出版したが、多くの人が読んでくれて、しかもそれが孫に伝わっていると言うのを知り、微力な活動が少しずつ実を結んでいるのがわかり、うれしくなった。写真は今年創立60周年を迎える光小学校の当時の写真である。
コメント

草戸千軒町ゆかりの名刀、初公開(一日のみ)

2016-09-02 14:28:35 | Weblog
 中世鎌倉室町時代の数少ない名刀を、直接、まじかにご覧ください。刀の妖艶な美しさや凄みはきっとあなたを魅了するでしょう。国宝明王院(福山市)の庫裡(広島県の重要文化財)の中で、結界越しに直接鑑賞いただける名刀は、背景の水墨獅子の図や彩色花鳥杉戸にマッチし、刀の妖しさを一段と感じていただけます。
コメント