ユニバーサル開発設計事務所のブログ

自動車業界における開発、設計、原価低減、品質信頼性向上を対象とした開発設計業務を行っております。代表三谷のブログです。

国宝明王院五重塔の前で踊る「ローラちゃん」と「くさどん」

2014-02-24 21:29:31 | Weblog
くさどんは母体が貧乏なのでまだぬいぐるみはできず、ローラちゃんや他のメンバーと一緒に看板の状態で一緒に踊りました(笑)。初共演です。
コメント

愛宕山大祭と“ローラちゃん〟“くさどん〟がコラボ!本日(2/22)

2014-02-22 11:36:30 | Weblog
 今日、国宝明王院で毎年行われている火渡り神事の愛宕山大祭が午後6時より行われます。5人の山伏がほら貝を吹きながら燃え盛る組み立てられたやぐらの周りを回ります。この木が燃えた後は裸足で火渡り神事が行われ、一般の人も歩けます。

 国宝明王院を背景に行われるこの神事は、それだけでも荘厳で見学の価値がありますが、今回は福山市ゆるキャラの”ローラちゃん〟も参加して踊り、撮影されます。

 そして草戸の歴史を愛する会のゆるキャラの“くさどん〟も特別参加です。ただし“くさどん〟看板だけですが。

 ひょっとすると、山伏も踊りだすかもしれません(笑)。
コメント

小さな動きから大きな支えまで/タクロバンに愛の手を

2014-02-21 22:09:36 | Weblog
 台風30号で壊滅的な被害を受けたフィリピンレイテ島タクロバンへの支援は、われわれ「タクロバン・福山交流支援センター」の小さな力の中で大きな動きを見せている。

 福山市(タクロバン市と姉妹都市)にある国宝明王院では11月8日以降国宝本堂の賽銭箱のそばに、タクロバンへの義捐金募金箱が置かれている。先日私が明王院に行ったとき住職の奥さんから預かったのが募金箱に入っていた募金袋である(写真)。中には1円、5円、10円などがぎっしり詰まっていた。おそらく小学生が、お小遣いをためたお金であろう。募金袋の重たさに、子供たちの心の温かさを感じ、感激した。

 他方昨年末、忙しい中時間を割いてタクロバン市にわたり直接タクロバン市長に会い、何が今必要かを聞いて帰った小林史明衆議院議員からもうれしい連絡が入った。タクロバン市長からは復興の兆しが見えない町を復興させるにはまず重機との要請を受けた。われわれセンターの力ではどうにもならない要望であるが、帰国後小林議員は精力的に関係機関と調整をしてくれて、とうとう国の補正予算が通ったという連絡である。建設機材、医療機器、次世代自動車の供与が外務省と小林議員との調整の結果認められた。

 名前を知らない小学生、そして小林議員の尽力、どちらも我々にとって同じようにありがたく、ただ感謝の言葉しかない。

 タクロバンで困っている人たちが一日も早く以前の生活に戻れるよう今後もいろんな人の力を借りて頑張りたい。
コメント

ガネーシアに会いました。

2014-02-20 22:08:51 | Weblog
今週初めからカンボジアを訪ねて、ヒンズー教と仏教について話を聞いてきたが、その中に私が関心を持つガネーシアの話題もあった。
ガネーシアは、シヴァとパールヴァティーの間に生まれた長男とされ象の顔をしている。
カンボジアの国立博物館に行ったが、ここにガネーシアがいたので写真に撮ってきた。
明王院の愛宕大権現にもガネーシアらしき木彫りがあるが、これには牙があるため、獏だと説明している。
コメント