日々の記憶
建築家 筒井紀博のブログ
KIHAKU's blog



以前もmetisのトレーニングスペースを紹介いただいたhomify。
この度、「地下室の使い方」の特集の中でもトレーニングスペースをご紹介いただきました。

記事はこちら。

metisでは地下室にトレーニングスペースを配し、自然光を取り入れ、閉塞感のない空間を演出しております。
地価の高い都心で土地のもつポテンシャルを最大限に利用しようとすると、地下利用も大いに役立ちますよね。
ぜひ参考にしてみてください。

homify での 筒井紀博空間工房/KIHAKU tsutsui TOPOS studio

建築家のブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




以前勤めていた設計事務所の先輩から半ば強引に誘われ(笑)、10年以上ぶりにモーターショーへ。

各メーカー、魅力的なコンセプトモデルが展示されており、その中でも一番気になったクルマが写真のモデル。
ホンダプロジェクト2&4と題されたコンセプトモデルであり、社内コンペを勝ち上がってきたクルマです。

1960年代のホンダF1マシンを彷彿とさせる外観に、そのクルマのコンセプトが明確に現れています。
ただひたすら速く走るために生まれたクルマ。
長距離を快適に走ることなど微塵も考えていないような、割り切りの良さ。
このようなクルマには底知れぬ魅力が宿りますね。

建築も同様。

コンセプトが明確な空間は魅力に溢れています。
たとえば住宅。
その家族だけが快適に暮らせる空間・・・他の家族は決して快適には過ごせなくても、実際に住む家族だけが快適に過ごせれば良いと割り切った考えにすると、空間は個性が強くなり、魅力が増します。

すべて無難にこなすクルマや建築ではなく、方向性が明確なクルマや建築・・・素敵だと思いませんか。

ぜひこのクルマは市販化していただきたいですね。

建築家のブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ドイツに拠点を置き、建築やインテリアデザインの記事を掲載しているオンラインマガジン「homify」というサイトでまたご紹介いただきました。
過去にイタリア、イギリス、香港、そして日本でもご紹介いただいた「caverna」ですが、今回は新たに日本のサイトでモノトーンのインテリアについて記事が掲載されております。

掲載記事はこちらです。

洞窟をイメージして空間が作られたcaverna。その住宅の原点とも言える空間のあり方とモノトーンのインテリアとの調和について書かれています。

ぜひご覧ください。

homify での 筒井紀博空間工房/KIHAKU tsutsui TOPOS studio

建築家のブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ドイツに拠点を置き、建築やインテリアデザインの記事を掲載しているオンラインマガジン「homify」というサイトがあります。
この度、日本のサイトで「metis」の地下にあるトレーニングルームが紹介されました。

掲載記事はこちらです。

社交ダンスを習う奥様のために設けられた地下の練習スタジオ。
地下にありながらも、自然光が降り注ぐ気持ち良い空間となっております。

ぜひご覧ください。

homify での 筒井紀博空間工房/KIHAKU tsutsui TOPOS studio

建築家のブログランキングへ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )