日々の記憶
建築家 筒井紀博のブログ
KIHAKU's blog



建材の高騰などの理由により、見積の調整が非常に厳しい昨今、「NUKUTOY house」が無事に工事請負契約をしました。
施工会社はワイズデザインファクトリー。
今回、はじめての施工依頼ですが、若くやる気あふれるクサマ社長が率いる工務店で現場が楽しみです。

クライアントとクサマ社長が同世代。
ともに楽器を演奏する趣味などもあり、意気投合。

竣工の暁には私もウクレレでまぜてもらい、新築された家の中でセッションしたいですね。
来春、竣工の予定です。

お知らせ:11/22-28まで海外出張のため不在です。ご連絡はtsutsui@ktts.jpまでお願いいたします。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




クルマ雑誌である「EDGE」(リクルート)の今年最後の号に「最高のクルマとは?各界の著名人が選んだ1台」という特集があり、その取材を受けました。
今年、日本に導入された輸入車が候補で、私が選んだのは「Fiat 500」。

細かな感想は雑誌を買って読んでいただきたいのですが、実はこのチンク(500をイタリア語で読むとチンクチェントになり、チンクと呼んでいます)、4代目なんです。
先代のチンクもとても魅力的なクルマで所有してみたいクルマの一台ではあるのですが、この4代目も実に良いですね。

今は1970年式のalfaromeo giulia superを愛車としているのですが、いかんせんエアコンが付いていないため夏場は暑くて乗れない!(などと言うと他のアルフィスタから軟弱者!と叱られそうですが)
金銭的に余裕があれば是非ともこのチンクを足グルマとして所有したいですね。

非力がゆえに都内の細々した道でも思いっきり走ることができ、かなり面白そうなクルマでした。

12月10日発売の「EDGE」に載りますので、書店で是非ご覧いただければと思います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




エクスナレッジから出版されている「iA」という本の次号にバスタブについて執筆しました。
来年1月発売で、過去に使って良かったバスタブや今後使ってみたいバスタブなどについて書いています。

住宅を設計していく上で浴室へのこだわりは男性の方が多いように感じます。
「他の部屋は妻の言うようにお願いしたいのですが、浴室だけは・・・」
という方、不思議と多いです。

しかし賃貸物件などを探している時に、浴室にこだわりを持つのは圧倒的に女性が多いらしいです。

シャワーブースだけで浴槽がついていない物件か浴槽はあるけれどシャワーのついていない物件、どちらを選びますか?という問いに対して男性は前者、女性は後者を選ぶケースが多いと。

不思議ですよね。
そんな私自身も賃貸ではこだわりませんが、自邸を建てるとなるとこだわってしまいそうです。

※写真はKI espaceの浴室 撮影:M.ishiguro

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




本日はbalenaのクライアントとの現場打合せ。

主に照明器具やスイッチの位置等細かな点の打合せでした。

一般的なスイッチプレートですとなかなかデザイン的に美しいものも少なく、極力目立つ場所を避けてレイアウトしがちなのですが、使い勝手を考えてどうしても目立つ場所に来てしまうスイッチプレートもあります。

このような場所に設けるスイッチをどうするか・・・毎回悩むのですが、balenaのクライアントはクルマ好き、しかも旧車乗りです。あまり建築には使われないのですが、クルマ(特に旧車)ではよく使われるトグルスイッチを提案したところ快諾いただけ、本日はクライアントと現場のマスダ所長と三人で秋葉原へトグルスイッチを物色に。

さすが世界のアキバ。
魅惑的なトグルスイッチが数多く並び、おもわず目移りしてしまったのですが、最終的には国産のオーソドックスなタイプを選択。
多少取り付けは面倒なのですが、旧車にはおなじみとなっているトグルスイッチと現代建築の融合が今からとても楽しみです。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




11月3日は文化の日。
地元久我山では毎年文化祭が催されています。

そして今年はそのイベントに参加。
おじさまバンドに混ぜてもらい、ウクレレを演奏してきました。

まず知り合うこともないような人たちと音楽を通して知り合い、共にひとつの完成形を目指す。。。

まだまだ初心者なので、まわりの方達に歩調を合わせてもらいながらですが、音楽のもつ力は本当に素晴らしいな、と改めて思います。
これでしばらくはライブの予定もありませんが、少しずつ時間を作ってこれからも演奏の練習を続けていきたいですね。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ