日々の記憶
建築家 筒井紀博のブログ
KIHAKU's blog



当事務所のホームページの更新のお知らせです。

「WORKS」メニューから「Residence」に5件、「Commercial」に2件、新たな作品を追加いたしました。

「Residence」に追加された作品は・・・

シンプルモダンに暮らす家「AVALON」
マンションリノベ-ションの「麹町Nリノベーション」
木造三階建のリノベーションの「田端Nリノベーション」
趣味のための家「数寄箱」
音楽室のある住まい「notenheft haus」

「Commercial」に追加された作品は・・・

多目的スペースと賃貸、オーナー住居が併設された「鎌倉GHプロジェクト」
ニセコの外国の方向けのコテージ「NHC」

以上です。
ぜひ多くの方にご覧いただければと思います。

当事務所のホームページは下記をクリックしてください。

「筒井紀博空間工房」ホームページへ

すでに竣工した物件で撮影できていないものもありますが、これらも写真が出来次第、随時更新したいと思います。
お楽しみに。


建築家のブログランキングもよろしければお願いします

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




厚木で計画されている住宅「愛甲Iハウス」も基本設計を終え、実施設計に移行しました。

ヴィンテージの家具好きの建主さん。
新居に配置する予定の家具たちが先に決定しつつあり、それらに合わせたインテリアづくりを心がけています。
外観は白い塊をイメージさせるもの。
周辺環境に良い景観があるため、この眺望と家具たちの調和を意識しています。
建築自体はそれほど主張せず、期待感を持たせる形状とし、人やモノ、自然が主役となる空間です。
この主役が不明確だと、魅力ある空間とはなりにくいです。
まずは主役を決めること、とても大切ですね。

今後は細かな仕上げ材料などを決めていき、来年の2月か3月くらいに完成予定です。
また進捗状況をこちらのブログでお知らせしますので、お楽しみに。

建築家のブログランキングもよろしければお願いします

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、年末の話になりますが、引き渡しを終えたSリノベーションにて、鍋パーティーにお招きいただきました。
Sリノベーションは56平米ほどのマンションの部屋を全面リノベーションしたもの。
家で料理教室などを催すこともあるクライアントなので、ダイニングキッチンを中心に温かみのある空間が完成しました。
鉄筋コンクリートの壁構造だったので、大きく間取りを変更することは難しかったのですが、躯体内で可能な限り空間にメリハリをもたせた計画です。

メインの壁一面にはウィリアムモリスの壁紙を施し、空間の個性を際立たせています。

また、海外との関係も深いクライアントでしたので、リビングまで続く広い土間空間としました。

Sリノベーションはマンションの1Fに位置しているため、広い庭があります。
このお庭は今回は手を加えませんでしたが、今後、長く住まわれる過程で、この贅沢なお庭で何か質の高い空間を演出していきたいですね。

家づくりは引き渡しが終わりではなく、あくまで誕生です。
そこから先、家を成長させていくのはクライアントの役目です。
この先も温かく見守っていきたいと思います。

建築家のブログランキングもよろしければお願いします

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )