「見仏」と「聞き伝え法話」と「仏教少々」

仏像鑑賞と受け売りの仏教を少し

築地本願寺、法話2015.3.27

2015-03-27 21:58:04 | 仏教
神奈川県鎌倉のほうの住職。
30代だという。

最初に、あるお寺の掲示板の紹介。
「お念仏を学ぶのではなく、
お念仏に学ぶ。それが私の人生の
旅路。」

友人から、困った質問をされた。

阿弥陀さんは、どんな仏さん?
→どこでもいつでも私に働きかけ
てくれる仏さん。

では、阿弥陀さんはどこにいるの?
、、、

(話はそれて、)
20代のころ、イタリア料理店で、
コックをしていた。
忌野きょうしろうや、
広末涼子が来店。
が、自分が作ったパスタを
半分残した。

コックの駆け出しのころ、
オーナーシェフから、まかない料理として、
ペペロンチーノを作るように言われた。
そして同じものを2週間作るように
言われた。
できばえについて、うまいとも
まずいとも言われず、
とうとう1ヶ月続いた。そして、
「おいしい」。
ペペロンチーノはシンプルなだけに
難しい。ごまかしが効かない。
オーナーシェフに認められ、
ペペロンチーノだけでなく、
他のメニューもお客に
出してもいいと言われた。
(そのわりに、広末涼子に
半分残された。)

(話は戻って)
阿弥陀さんはいると思いますか?
浄土はあると思いますか?
、、、、、、


ウサギとカメのかけっこの話。

なまけや、油断はダメということ。

伝えたいことがあるから、
ずっと受け継がれている。

余談:外国の人にウサギとカメの話を
すると、カメは卑怯という見方。
ウサギが寝ている間に
追い越すなんて、、、という感想らしい。


仏典も同じ。伝えたいことがあるからこそ、
ずっと時間が経っても、伝わり続けている。


今回の法話はしゃべり口調は、
聞きやすい感じがしたが、
大事なところが、自分には
よく伝わらなかった。

コメント

築地本願寺、法話2015.3お彼岸、午後の部

2015-03-22 21:19:30 | 仏教

お彼岸のこの時期、忙しい。
昨日は、住職も、自分も午前中は留守。
ほんとうは、得度した16歳の長男に留守を
お願いしたいところだったが、
東南アジアのほうに修学旅行に行っていない。
仕方なく、
中学卒業したばかりの次男に留守を頼んだ。
しかし両親が戻ってきたら、次男はいなかった。
・・・いろいろ次男の言い分もあったようだが、
次男をしかった。

(話は、住職の妻になった経緯に・・・)

元は、曹洞宗の家系だった。
以前は、スチュワーデスをしていた。
ハワイ上空の飛行機の中で、住職である主人と出会う。
ちょうどサリン事件があった年。
主人と出会って20年、サリン事件から
20年ということになる。

(そして病気の話に)

お寺は、定期的な健康診断はしない。
会社員なら、会社で受けるが、
そういうものはない。
夫である住職も大学卒業依頼、
健康診断をしていない。

自分の乳がん。
乳がん検査はしたことがなかった。
あるとき、お風呂で、自分で異変に気づいた。
病院で検査し、がんと言われた。
自分の病に向き合った。
命の終わりを感じた。

でも、今までの教えが役に立った。

左側の手術をした。・・・


がんになったことをお寺の新聞に載せたら、
そこから、新しいご縁が発生した。
門徒さんから、私もがんなんですと、
打ち明けられることが多くなった。

がんになって、病、死に
向き合えるようになったら
がんになった人から、話しかけられることが
多くなった。
日々の暮らしの中で、聴聞をしなくても
つながりを感じられるようになった。

病は、人事(ひとごと)だと思っていたけど、
人事ではない。


(午前中でも言われていたこと)
浄土真宗のご利益は、死ぬことが心配でなくなる。


この命を、仏様にまかせることにした。
がん手術間際、気が楽だった。

アミダさん、仏さんにまかせる心境。

余談:麻酔というものは、疑り深い人には
効きにくいという。

麻酔もよく聞いたし、麻酔が切れても
痛みはさほどなかった。


他人の苦しみを、自分のことのように思いにくい。
人間の慈悲は、小慈悲。

それに対して、アミダさんの慈悲は、大慈悲。

なもあみだぶつのご縁。・・・

住職のお嫁さんだった自分、
門徒さんから育てられた。
そして布教師になった。





最後に、聴聞する堂の前にある標語を紹介します。

「得たからといって、得ではない。
 なくしたからといって、損ではない。」



コメント

築地本願寺、法話2015.3お彼岸、午前の部

2015-03-22 21:17:01 | 仏教
東京区内のお寺の僧侶。
住職ではなく、住職の妻だという。
妻でもあり、僧侶でもあり、布教使でもある。
お彼岸のこの時期、かなり忙しいとか。
それでも、昨日は、両国にあるじこう院という
お寺でお取次ぎ(法話)、
今日から3日は、築地本願寺で法話。

彼岸の日を決めるのは、国立天文台。
(これは前に仏教講座で聞いた)
2年前に決める。
カレンダー作成の都合があるから。
真西に沈むお彼岸、でもインドや中国では
ないという。日本には、四季があるから。

仏典には、浄土の場所が具体的に書いてある。
西へ10万億仏国土。
1仏国土は、1人の仏が守っているとする。
1光年が10兆キロ。
これの137倍が1仏国土。
10万億仏国土なので、それの10万億倍。

再び、私的な話。
この本願寺での法話をするのは2年ぶり。
実は、乳がんにかかってそのため間があいた。
(前に法話で見たとき、もっとふくよかだったという
 気もしていたが、ちょっとやせられたなと思っていた。
 また、自死についての法話が印象的だったので、
 また聴聞したいなと思っていたが、
 そういえば、布教使の予定表に最近見ていなかった)

病と死を受け止めたら、食事が喉を通らなくなった。
病が見つかるまでは、教えは頭で聞いていた。
しかし、自分がその立場になると違った。

アミダさんの前で、涙を流した。
アミダさんもいっしょに、涙を流してくれるかなと
思ったが、笑顔で笑っていた。
心配ないよ。

浄土真宗の大きなご利益。
それは、死ぬことが心配なくなる。

先に往かれた人たちに導かれて、
自分たちも導かれていく。

浄土でまた会いましょうねという、
間柄であったらよいですね。
コメント

3/21お彼岸の見仏

2015-03-21 18:06:29 | 見仏(東京)
慈眼山 宝泉院 真言宗
聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩20分ほど。
お彼岸の今日は、
参拝の車が多いようだった。
慈眼観音と書かれている石仏大仏。(写真)
通称、多摩大観音?
やさしい顔立ち。石の宝冠をかぶっている。
体推定4m,左わきに何か抱えている。
蓮も持っているのだが、、、。
駐車場の整理をしている人にきいたが
わからなかった。左手が浮くので強度を
つけるための物体のような気がする。




観蔵院
聖蹟桜ヶ丘駅から徒歩5分ほど。
本来、こちらは予定していなかったが、
宝泉院への道の途中で、通ったので
拝観することにした。
前に来たことがあるお寺。
曹洞宗の寺院。
道元の青銅、人間大の7福神の石仏が見所。
ここも参拝の人の車が多かった。




高幡不動尊
同じ京王線という流れで、高幡不動尊へ。
本堂では、ゴマ法要が何度も行われていた。
今日はお彼岸ということもあり、
申し込みをした人でなくても参加できる。
できれば、寝そべって、
レプリカ不動明王を拝みたかったが、
ひっきりなしの法要で、そういう間はなかった。
法要の最後に
住職のえらい人らしき人の話も少しあったりした。
(法話という感じではなかったが)。
ひとりの赤ちゃんが、泣き出していたが、
住職の頭をなでるためのほうきのようなもので、
その赤ちゃんの頭をなでると、
赤ちゃんは何事かと振り返り、
なぜか泣き止んでいた。プチおもしろかった。
ゴマ法要に、日本人の友人とつれられて、
金髪女性が厄除けだろうか、参加していた。
興味深かった。

今日は、お彼岸でもあるし、北殿の有料の
レプリカでない不動明王を見ることにした。
お彼岸なので、特別に、お坊さんが解説を
していただいていた。
不動明王は、285cm座像。
お坊さんの話しによれば、
立ったら5mくらいだろうと言っていた。
脇時を含めた三像とも木製。
特に、不動明王の場合、
木製というと意外に思われるらしい。
青銅か何かと思われるらしい。
平安時代の仏で、京都で修理をしていた
とは言っていたが、
それでも、わりと肌質はよい。
当初は、色鮮やかに塗られていたというが、
今は、ゴマのすすがかぶって、お体全体が
黒々としている。
レプリカのほうが大きさ的には
小さいらしい。
コメント