治しやすいところから治す--発達障害への提言

花風社・浅見淳子のブログ
発達障害の人たちが
少しでもラクになる方法を考える場です。

一段落として安全策

2017-04-30 09:45:55 | 日記
特別支援学校の教室が足りないんだってへー。

だってメジャーな親の会、たとえばエルデアスペの会(仮名)とかが「一段落として安全策」をさかんに勧めてきたもんね。支援の手厚い(と思われる)方に怖がりの親を誘導する。その結果最初は軽度だったはずのお子たちがどんどん障害児らしくなっていて作業所にたどりつき「障害にわたる支援」すなわち「ギョーカイの固定資産化」が完成する。ギョーカイ安泰。めでたしめでたし。もしかしたらもっと選択肢があったかもしれないけどギョーカイの生計の糧として一生を送るお子さんの気持ちは知りません。

その点、メジャーな親の会と同県内でもそういうのと無縁で来たこよりさんのおうちなどは、お子さんが「無理だ」と言われても高等支援学校行きたいと言ったらお受験に挑戦させる。知的障害のない同級生と肩を並べて心身共に切磋琢磨し、お母さんを楽隠居させるだけの賃金を手にする。これさあ、下手に親の会に入っていたらよその子と比べたりして挑戦させなかったりするんですよね。とくに空気読めちゃう人だとさ。

それもこれも「二次障害」を恐れてきたから。
でも私、最近この「二次障害」ってやつが実は幻想じゃないかと思うようになってきた。っていうか少なくとも一次障害と二次障害の分け方に疑問を持っています。

先日もある当事者の方が
「自分は二次障害で不登校になり」とさらっとメールをくださったのですが

それって「ああ二次障害で不登校になったんだね」ってギョーカイ人に言われているからそう思っているだけで、必ずしも二次障害じゃないんんじゃないんですかね。むしろ不登校は一次障害な気がするよ。一次障害って考えた方が治る方が近い気がするよ。

なんだっけ。

ああ、特別支援校の教室が足りない話ね。

私はこれ、モラルハザードだと思っていますから。
ベストを尽くすことを奨励しない社会の産物。

特別支援をなくせ、というのじゃないのよ。
本当に必要な人に回せ、という話なの。

そして資質を活かすことが治るにつながるのだから
一段落とした生き方は、治るにつながらないのよね。

このゴールデンウィーク私は

お花をたくさん見て
そして売れそうもない本を作っています。
三冊続けてヒットしてくれたのでそろそろ売れない本でも出せるなあ、と思ってね。





コメント (6)

身辺自立と主体性

2017-04-28 09:08:17 | 日記
いやあ、昨日の記事にいただいたこよりさんのコメントにはびっくりです。

自分の着る物を自分で準備できない人が、「支援ギョーカイ」のど真ん中で大御所として君臨していたんですね。
主体性は「治る」手段であり、「治る」目的でもありますが、
いくらそれなりのお年、そういう時代に育った方とは言え
そもそも自分で自分の着るものが決められない、管理できない人がカリスマのように慕われていたのが現実だったんですね。
最近、「人間脳の根っこを育てる」と「30歳からの社会人デビュー」を読んだ方からいただいたお便りを思い出しました。


=====
「当事者にも努力は必要」という藤家さんのお考えに、私も同意します。
約5年支援を受けましたが、私は支援者から離れました。
「社会に出ると、世界はぐっと広がる」ことを私は知っています。
福祉ギョーカイで有名な支援者を間近で見て思ったのですが、「長所も短所もある。特別な人ではない」んです。

=====

本当にそのとおりですね。

自己決定権とかを大事だとか声高に叫びながら一方では「ありのままでいいんだよ」が行きかうのは支援者の方が生活者として自立していないから、そしてそれが居心地いいからなのかもしれません。
だったら人を発達させるはずがないです。
そして「障害者」でいる以上、この人たちを飛び越えて成長することは難しいのかもしれませんね。

だからこそ治るが勝ち。
こういう支援者の価値観にのみこまれないために一番有効なのは
できるだけ早く支援から自立することなんです。
私なら、自分の出張の支度を自分でできない人の意見など聞きません。聞くに値しません。
自分も自分の夫も、自分の出張準備くらい自分でします。それが当たり前だからです。自分が着るものくらい自分で決めるのが当たり前だからです。
たまには失敗もあるでしょう。これまでも失敗は数多くありました。
でも失敗の責任は自分で取る。次は失敗しない工夫をする。それでもまた失敗したらまた工夫を考える。その試行錯誤。それが生活者としての修行です。おそらく一生続きます。一生続くことは、残酷でもなんでもありません。当たり前のことです。長所も短所もある人間なのですから。

自分の失敗は自分で責任を取る。
それが最高のソーシャルスキルトレーニングです。
自分がそれをやらないのなら、未来ある子どもからも修行の機会を奪うのはまあ、当たり前ですね。
コメント

関白宣言と「自閉症は心の病ではありません」

2017-04-27 09:26:37 | 日記
先日、ぼーっとテレビつけてたらなんか長崎の特集かさだまさしの特集かなんかやっていて、「関白宣言」が流れてました。流行っていたときには全然興味なかったんですが、改めてきいてみて本当に気色悪い歌詞だと思いました。ある意味、共依存のお誘いみたいな歌詞だなと思いました。そして長崎の人(さだまさしのお身内?)が弁明していました。「九州は男尊女卑だって言われるけど、女性は男を立てつつ実は掌で転がしているんですぅ」みたいなことを言ってました。あのさあ、それが男尊女卑っていうやつだよ。その手間をかけないでいい男は世のなか多いんだから。これが本当だとすると、めんどくせー生き物だな九州男児。そういうひと手間かけないでいい男子は世の中あふれていますし(たぶん九州にも)、婚活市場ではめんどくさくない人の方が有利でしょうよ。こんな九州男児の逆宣伝すると九州男児に迷惑なんじゃないの? ああでも世の中には共依存志望者も多いし、それなりにパートナーに求めるものもばらけるのかもしれません。

なんて言ってたら復興大臣の失言です。前の失言も九州選出。今度も九州。おそらく「男を立てているようで転がされている」というめんどくさいかかわりをされているうちに、ああいうことを平気で「思う」人たちに育ったのでしょう(問題は失言ではないと思います。ああいう考えを持っていたのが問題)。ていうかどうして復興大臣が九州選出なの? それぞれのお国を背負うバラバラな政治思想の集団である自民党において、なんで東北の人を大臣に据えないの? と思っていたら自民党内の友だち原理主義の作用で、当選何回とかの力学が働いて、「そろそろ大臣を回さなきゃ」みたいなタイミングに悪く二人九州男児が引っかかってしまったらしい。くだらねえ。私が「誰とも仲良くしたくないなあ」と思うのはこういう変なしがらみが心底嫌いだからです。著者だからセクハラ批判しないとか、著者だから猫烏賊批判しないとか、そういうことを単純に信じていると私の言動はショックだと思う。でも私は著者だから友だちだから同じギョーカイだから手控える方が卑怯だと思うの。著者だったり友だちだったりしてもダメなものはダメ。そこをみんな手控えるからギョーカイも誰も批判しない玉虫色の発言をくるくる回して結果社会的使命を果たさないんだよね。その「仲良し原理主義」が気持ち悪い。

まあ考えてみればうちの九州男児の著者さんたちは紳士ぞろいだけどね。だからまあ、九州も色々なんだろうよ。

佐々木先生は九州男児なのかしら。たぶん違うと思うけど、そういえば「自閉症は心の障害ではない」と必死にアピールしながら一方では「自閉症の人たちは心がきれいなのです」という宣伝もさかんにされていた時代もありましたね。そして「心はきれいなんだけど、周りが悪いと悪いことしてしまう」みたいな。めんどくさい生き物だよね。「立てて転がす」みたいにひと手間かかる。これも自閉症の人の宣伝してるつもりでむしろインクルージョンを遠ざけていた発言ですね。

こういうのにいちいち引っかかってた時代を経て私は、ギョーカイ人の発言は
・ポジショントーク
・負け惜しみ
がかなりの割合で入っているのでややこしいんだという結論に至りました。
ギョーカイ人が放つポジショントークと負け惜しみを真に受けるとおかしなことになるから皆さん注意してね。


*講演情報、自閉っ子スタンプ他については花風社HPのトップ「新着情報」に貼ってありますので時々チェックしてみてください。5月21日の栗本さんの熊本講演は残席僅かです。
コメント (2)

潰れろ就労支援事業

2017-04-26 08:42:36 | 日記
昨日はミーティングを二つしました。一つ目は治ると知っている人たちとのミーティング。二つ目は治ると知らない人とのミーティング。詳細は避けますが、一つ目は子ども事業、二つ目は大人事業の人たちです。

治ることの意義を新たに感じました。大人向けの支援は腐ってる(きっと重度の人向けはもっと方法論がよくも悪くもできあがっていると思いますが)。大人になってなるべく福祉の世話にならないですむという点だけでも、この人たちの食い扶持にならないですむだけでも、できるだけ治っておいて、福祉からできるだけ遠い位置に立つ意味はある。治るが勝ち。改めてそう思いました。

治ることを知っている人たちは、実際に試して治っている人たちを見ているから信じられる。治ることを知らない人は、みんな(ギョーカイの仲間やなんか)が「治らない」というから「治らない」と素直に思っている。そしてそれ以上追求しないまま、企業に「治りません」と広めている。

実は前日、非常に不適切なかたちでの当事者からの本を出したいという持ち込みがありました。断りました。内容にも興味がなければ持ち込む方法も不適切。そうしたら食い下がりの電話が別人からかかってきました。親御さん? 違います。就労支援者でしかも交際中だそうです。

まあこれは極端に腐った例だとは思いますが。

「発達障害者の自立支援」がうたわれ始めたとき、私は非常にまじめにそれをとらえました。ニキさんみたいに家でできる仕事だと感覚面に配慮できるので、そういう仕事もいいのではないかなどと会合で大真面目に話していました。実にKYでした。ギョーカイが考える「自立支援の強化」とは、当事者の資質を活かす仕事を探すことではないのです。そうではなく、「就労支援業者」に金が落ちる仕組みを作ることなのです。家でひっそりと翻訳やられると事業者に金は落ちません。事業所に通ってきてくれるから報酬が落ちるのです。だからどれだけ本人の資質に逢っていようと、そんな仕事は提案する気ないのです。この仕組みを皆さん知っておいた方がいいです。

これが就労支援の実態です。これが福祉業界の言う「発達障害者の就労支援」です。皆さんそれはよく知っておいた方がいいです。そこで資質を活かす仕事に巡り会えない人、いや、彼らが持っている枠にはめられて一生を棒に振る人も多いと思います。

「私は就労支援という事業を潰すための本を出し続けるから。潰れないように頑張って」

そう言って事業所をあとにしてきました。

「人間脳を育てる」のP13の図。

小学校入るまでに、ここまでできていればクラスについていける。その通りだと実感している人たちもいる新学期。治るが勝ち、です。
コメント

心の障害という誤解を解くためにやったこと

2017-04-25 08:51:35 | 日記
ギョーカイは「心の障害だ」という誤解を解くためにめちゃくちゃ変なことしてきました。
事件が起きて、加害者に診断がついたという報道があると「偏見を広める」と難癖つけたりね。
事件がある→加害者に診断がつく
という報道が広めるのは「偏見」ではなく「事実」です。事実の報道をするなというのですから「健常者に人権なし」を丸出しにしていますね。

そのころ私はまだギョーカイと表立って喧嘩はしていなかったけど、「へんなの~」とか思いながら見ていたわけです。そして自分は「身体障害だと思う」「別に社会性の障害なんか治らなくていいけどせめて週五日働けるようになるとつぶしがきく」と別方向で言論活動をしていたわけですね。そして感覚統合→神田橋先生→発達のヌケ→言葉以前のアプローチという風にたどって今ここがあるわけです。

一方で「心の障害ではないんです!」と口角泡を飛ばす人たちがどんな主張を繰り広げていたかというと

「叱ってはいけない」
「周囲の配慮で二次障害を防ぐ」

みたいなことばっかり。これって一般の人がきくと「やっぱり心の障害じゃないの?」としか思えないですよ。違います?

でもことここにきて発達障害は神経発達障害だとわかった。
だったら身体アプローチに効果あるの当たり前じゃん。
だからこういうコピーを帯に書いたんです。

=====

発達障害は、心の障害ではありません。
神経発達の障害です。

ならば

神経を育て直すため
進化と発達のプロセスをたどるのが、発達の近道です。

=====

さっそく読んでくださった心理士の方からの感想を抜粋させていただきます。

=====

この新刊はこれまで私の中で明確にならないまま、
違和感だけが残っていたところを非常に明確にしてくれました。

それは発達障害の子どもたちや大人と関わる中で、なんとなくやりとりが噛み合わない、無意識水準で相手に届いていない、相手が受け入れる体制がないというような感覚が生じることがしばしばあったことについてです。身体を扱う心理療法をする中ではその感覚に変化が生じることはあり、それが重要なところだろうとは感じていましたが、結局何が変化したのかは私の中では曖昧なままでした。
「人間脳の根っこを育てる」では、その曖昧模糊としていた無意識水準がどのようなものなのか、どのようにしていくことで育っていくのかを明確に示して頂きました。

この本を読んだことで、これまでの療育などの常識では言葉が優位になっている人々が、言葉以前の領域が未発達な相手に言葉で働きかけ続けることによるズレが、無意識水準の噛み合わない感じだったのだろうとはっきりとわかった気がしました。そう考えると、発達障害以外の場面でも心理学の世界では同じような状況がよくある気もします。この一冊をきっかけに言葉以前の水準を意識してそこが発達出来るよう働きかけるという新たなスタンダードが出来ていく。それは発達障害だけでなく色々な精神疾患などにも新たな改善の可能性を拓くものになっていくのではないかなという希望を持てる一冊でした。

=====

ギョーカイが「心の障害ではない」というときの「心」は
どのレベルの心だったのでしょうね?
大脳皮質だけ?
だったら「発達障害は治る」を信じられないのも当然かもしれませんね。
コメント (2)

人間脳の根っこを育てる身体育て講座@大阪のお知らせ

2017-04-24 08:27:33 | 日記




さて、栗本さんが新プログラムを伝えに大阪に行きます。
詳細、お申し込みは下記をごらんください。


<夏のコンディショニング講座@大阪~発達障害児・者が育つチカラの根っこを育てよう~>

春に引き続いて大阪での栗本先生をお呼びしての講座です。

今回の講座では、先生の新刊の内容を基にした「中枢神経を育てる」という視点から進化や発育発達の過程の動きを捉え直し、発達障害の人々の心身の成長や発達を促す方法について教えて頂きます。

家庭で過ごす時間も増える夏休みに向けて、お家で出来ることを学び、夏を成長の季節にしましょう。





日程:平成29年7月9日(日)

会場:剛斗館

弁天町駅(JR・大阪市営地下鉄)徒歩10分

内容:<午前の部>集団指導プログラム

<午後の部>夏のコンディショニング講座の二部構成となっております。

定員:午前の部、午後の部 各35名

参加費:午前の部 大人2500円 子ども(高校生未満)500円

午後の部 大人1500円 子ども(高校生未満)500円

午前午後両方参加される場合 大人3000円 子ども1000円



参加申し込み方法など、

詳しい内容はこちら

をご参照ください。
コメント

発達障害は心の障害ではありません。神経発達の障害です。

2017-04-21 13:16:24 | 日記

しばらくこのお知らせはトップにあります。
日々の更新はこの下をごらんください。

=====

お世話になっております。
花風社ではこのたび、栗本啓司さんの新作
「人間脳の根っこを育てる  進化の過程をたどる発達の近道」を発刊いたします。

発達障害は心の障害ではなく、神経発達障害だということが医学的に確認されました(DSM-5)。
神経発達障害ならば、身体へのアプローチが効果的なのは当然です。神経は身体中に張り巡らされていますから。

そして、認知的なアプローチに先立って、神経を育てるアプローチが大事なのは自明の理です。
中でも人間らしい活動をつかさどる中枢神経はどこにあるかというと、頭蓋骨の中と背骨の中にあります。
花風社はこれまで、『自閉っ子の心身をラクにしよう!』『芋づる式に治そう!』『人間脳を育てる』『愛着障害は治りますか?』などの著作を通じ、背中へのアプローチで人々がラクになっていくのを目撃してきましたが
発達障害が神経発達障害である以上、しかも中枢神経が人間らしい活動をつかさどっている以上、背中へのアプローチに効果があるのはいわば当たり前だったわけです。


発達障害=神経発達障害
ということがわかって、なぜ身体アプローチに効果があるのかはっきりしてきました。
そして
神経発達障害ならば、神経を育てればいい。
ならば神経がどう育つのか、たどってみよう。
と考え、シンプルな発達援助法に至りました。
その実践には、心身の苦痛が一切伴わず、誰でも取り組めることがわかりました。
一冊にまとめてみましたので、ぜひお読みになってみてください。

なお、このたび花風社はホームページをリニューアルいたしました

ホームはこちら



カテゴリーに分かれています。

発達を促そう


当事者の声を聴こう


社会とつながろう



支援と上手に付き合おう



新刊は「発達を促そう」で買えます。




新刊及び同時ご注文の既刊、すべて送料無料です。
ご注文の冊数だけ最新の自閉っ子通信(フルカラー)をおつけします。
テーマは「身体アプローチから言葉以前のアプローチへ」です。
この機会にどうぞ、お求めください。
新HPでは会員登録もできます。
登録しなくてもご購入は可能です。

今後とも花風社の本をよろしくお願いいたします。

浅見淳子


*アマゾンでご注文ご希望の方、こちらです。


コメント

「本の中の」栗本さんはステキ

2017-04-20 09:54:55 | 日記




ちゅん平さんが根っこ本、レビューを書いてくれました。



先日「つかまらないで立つ」についてこのブログでも触れましたが
先日ちゅん平さんが駆けつけてくれた講座でわかったのは
ちゅん平さんの場合、つかまるのも下手だということでした。
そういう身体でドラッグストアで働いているから、時々腰痛になってるね。

よく「治る」を被害的に取る人は
治る=完全に健常者になる と解釈してあれこれ難癖つけてきます。「治るなんてウソ!」と
「治った~」と喜んでいる親子をたしなめたりする。
たしかにちゅん平さんの身体をみていると栗本さんは「コタツの中の脚がないっていうのはこういうことか」と勉強になるみたいだし、ちゅん平さんは白衣着て働けるようになってもまだ腰痛が出る。でもこの先シップ貼りながらやっていくか腰痛の出ない身体にするコンディショニングをするかはちゅん平さんが主体的に決めるところです。とりあえず働いて、職場で評価されるところまではきた。そこに「治らないから無駄」と冷や水かけるやつらには「自分のけちくさい精神は自分で処理してね」と言ってやりたいですね。

ちゅん平さんはコンディショニングするほうを選ぶんじゃないかな。
それはちゅん平さんが根性あるから、だけじゃないですよ。
栗本さんが提唱している方法は、根性のない人でも取り組めるほど簡単だからです。
人間、易きに流れるでしょ。その性質を利用すると取り組めます。だってやるの大変じゃないし、やったらラクになるんだもん。

身体アプローチもコスパ感覚で見ると
感覚統合とかより相当栗本さんのやっている方法は「近道」です。
私が今回、「近道」という言葉をサブタイトルに入れたのは、「コスパがいいよ」っていう意味と、治らなくクラスタに対する挑発です。「健常者にはならないかもしれない。なる人も中にはいるかもしれないけどね。でも近道だよ」ってね。

ちゅん平さんは、本の中の栗本さんはかっこいいと言っていました。
余計な話しないからですね。長澤まさみと見合いした夢見たとかさ。

コメント (4)

聴覚過敏は治りますか?

2017-04-19 10:15:03 | 日記
という本は出ませんね。
なぜなら
聴覚過敏は治るものになりましたからね。

読者の方のツイート。



聴覚過敏を治したのは芋本と黄色本。

そして「なぜ治ったか」は根っこ本でわかります。

あともう一つわかること。

聴覚過敏が治ったっていうことは、治っているのは聴覚過敏だけじゃないんです。
よそも治っているはずなんです。
かつて耳あてしないと街を歩けなかった藤家さんが白衣を着てドラッグストアに勤務している。
その事実でもわかるでしょう。
聴覚過敏は治ります。
そして聴覚過敏が治れば
治るのは聴覚過敏だけではないのです。

コメント (1)

本気度

2017-04-18 07:52:08 | 日記




昨日根っこ本のレビューを書いてくださったねこ母さんが、「著者と編集者が本気で凸凹ちゃんたちを自立させたいと思っているのがわかって涙が出た」(大意)みたいなことを言ってくれました。
本当に本気なんですよ。
っていうかどうしてみんなそんなに本気じゃないの? って思う。

いや、自立するな、と思っている人は一部かもよ。
でも「実は無理だろう」といって「でも自立っていわないと金入ってこないし」みたいな感じでアリバイ的に自立自立言っている人が多いでしょ。
それか「誰かに依存していない人はいない」とか極論にすり替える。そんなの当たり前でしょ。ここで出す話ではない。

栗本さんは実のところ、「屈託がない人」じゃないかと思います。
灰谷さんと出会ったとき、灰谷さんの本が出たときとかは手放しで喜んでいたなあ。すごい本が出た、と。
そういう屈託のない人が自立を望むとね、本気になるんです。
なんで屈託がないかというと、神奈川県の県民性ですよ(暴論)。ソースは私。
おっとだいっきらいな血統主義に走ってしまった。
まあ県民性と関係あるかどうかわかりませんけど、栗本さんも私もその点単純にできてますよ。
「自立支援」と言われたら私たちにとっては「自立支援」なんです。

森嶋氏は違ったんだろうね。
「猛毒ブログや」と言いながら自分がイベント開くとこのブログで告知してほしがったし、私が何と戦っているか知らずにただ本を出してほしがった。そういうさもしさは嫌いなのね、私。このブログが嫌いなら私に本作らせるなよ、という。

あ、そうそう、昨日も栗本さんの講演の主催者さんから告知協力お願いきましたが
一応明記しておきます。
著者関係の告知はご協力します。
その際のお願い

・花風社のHPをリンクしていただくのは無断で結構です。
・載せてほしい内容はテキストファイルで、画像はJPEGでください。
・URLを教えてください。というか、URLは必ず設けてください。できればFB等閉じた場所じゃないほうがいいですね。

一応掲載をこちらがためらうものとしては
・参加費10000円以上
・猫烏賊系

です。

以上がガイドラインです。
よろしくお願いいたします。

コメント