独断偏見妄言録 China's Threat

中国は人類の命運を左右する21世紀最大の不安定要因



世紀の大発見か? 筑波大の石油藻類

2010年12月15日 22時15分37秒 | 日本
生産能力10倍 「石油」つくる藻類、日本で有望株発見

藻類に「石油」を作らせる研究で、筑波大のチームが従来より10倍以上も油の生産能力が高いタイプを沖縄の海で発見した。チームは工業利用に向けて特許を申請している。将来は燃料油としての利用が期待され、資源小国の日本にとって朗報となりそうだ。茨城県で開かれた国際会議で14日に発表した。

筑波大の渡邉信教授、彼谷邦光特任教授らの研究チーム。海水や泥の中などにすむ「オーランチオキトリウム」という単細胞の藻類に注目し、東京湾やベトナムの海などで計150株を採った。これらの性質を調べたところ、沖縄の海で採れた株が極めて高い油の生産能力を持つことが分かった。

 球形で直径は5~15マイクロメートル(マイクロは100万分の1)。水中の有機物をもとに、化石燃料の重油に相当する炭化水素を作り、細胞内にため込む性質がある。同じ温度条件で培養すると、これまで有望だとされていた藻類のボトリオコッカスに比べて、10~12倍の量の炭化水素を作ることが分かった。

 研究チームの試算では、深さ1メートルのプールで培養すれば面積1ヘクタールあたり年間約1万トン作り出せる。「国内の耕作放棄地などを利用して生産施設を約2万ヘクタールにすれば、日本の石油輸入量に匹敵する生産量になる」としている。

 炭化水素をつくる藻類は複数の種類が知られているが生産効率の低さが課題だった。

 渡邉教授は「大規模なプラントで大量培養すれば、自動車の燃料用に1リットル50円以下で供給できるようになるだろう」と話している。

 また、この藻類は水中の有機物を吸収して増殖するため、生活排水などを浄化しながら油を生産するプラントをつくる一石二鳥の構想もある。

http://www.asahi.com/science/update/1214/TKY201012140212.html

これはすごい。
天然物由来だから温暖化とは関係がない。
日本で石油の自給が可能になる。
コスト競争力は十分ありそう。

まさに革命的な大ニュースだ。
実用化されれば、世界のすべてが激変する。
経済的大ニュースであるだけでなく、
政治的にも大ニュースだ。

民主党の左翼脳では研究成果の意義が理解できないだろうな。
1000億円程度の研究補助金を出して、大規模な実用化研究を急ぐべきだが、
空き菅政権じゃ無理だろうな。

国民に大きな希望を与える明るいニュースだから、
全面的バックアップの意思を表明すれば
支持率回復の切り札になる。
だが、貧乏人に金をバラマク以外のことに興味のない左翼脳では、
そんなこと思いつかないだろうな。


なお、藻類から石油を作る研究は世界中で行われている。
日本の研究ははむしろ遅れていたが、有望株の発見により世界最先端に躍り出たとみられる。

世界の状況はこちらを参照されたい。

http://www.oilgae.com/
コメント

中国系日本人の増殖メカニズム

2010年12月14日 20時25分00秒 | 中国
2010年12月12日、NPO法人・日中韓経貿促進協会の専務で在日中国人のチュー・ジュエン(チュー=衣へんに「者」、ジュエン=娟)さんは、中国のブログサイトに「1万組結婚して半分近くが離婚、日中国際結婚の特徴」と題した記事を掲載した。以下はその内容。

1万組が結婚し、半分近くが離婚する」―。これは近年の日中国際結婚の大きな特徴だ。厚生労働省が発表した統計によると、2008年の日中国際結婚カップルは1万3223組だったが、昨年離婚した日中カップルも5946組に上り、離婚率は44.96%に達した。
日 中国際カップルの大半は「妻が中国人、夫が日本人」で、結婚相談所を介して結婚するケースがほとんどだ。中国人女性と結婚したがる日本人男性の特徴は、地方に住んでいる漁師や農民であるということ。こうした地方では若い女性の大半は都会に出て行ってしまい、40歳を過ぎても独身の男性が大勢いる。
(中略)
日本人男性との離婚歴がある黒龍江省出身の女性は、「資本主義の先進国に来れば苦労しなくて済むと思ったが、想像と全く違った。それに加え、日本人夫の『文化暴力』と『性暴力』に耐えられなかった」と話していた。
http://news.livedoor.com/article/detail/5207352/



日本人と結婚する中国人女性の目的は日本国籍取得だということがよくわかる記事だ。

帰化許可申請をするためには一定の条件を満たしてなければならない。
いくつかのケースごとに条件が定められているが、その中で、日本人と結婚した人の場合については、

○国籍法7条・・・日本人の配偶者への緩和規定
①日本国民の配偶者である外国人で引き続き3年以上日本に住所もしくは居所を有し、かつ、現に日本に居所を有する者
②日本国民の配偶者である外国人で婚姻の日から3年を経過し、かつ1年以上日本に住所を有する者


結婚仲介ブローカーが暗躍している可能性が高い。
法の盲点というやつだ。

貧乏な日本人独身男性を探し出し、少しばかりの金をにぎらせて結婚を承諾させ、1年間日本に暮らすだけで日本人になれるということだ。結婚相手の日本人男性と同居する必要さえない。

こうして日本国籍を取得した中国人女性は、中国人男性を呼び寄せて結婚し、3年待てば中国系日本人カップルが誕生することになる。

そして、すぐに離婚し、男女双方がそれぞれ中国人を呼び寄せて3年たてば2組の中国系日本人カップルが誕生する。

かくして、3年ごとに中国系日本人がネズミ算式に増えることになる。
出発点が1万人として、3年後に2万人、6年後に4万人、9年後に8万人、12年後に16万人、・・・・・。
30年後には1024万人の中国系日本人が誕生する
1組のカップルが2人の子供を産めば、30年で2000万人の中国人が日本国民になるわけだ。

あくまで計算上の話だが、恐ろしい。
実際問題としては、結婚と離婚を繰り返せば偽装結婚ということで逮捕されるかもしれないし、法務局の審査で帰化を拒絶されるかもしれない。
だからこんなに急速な増殖はあり得ないが、ニュースを読んで、つい計算したくなってしまった(笑)。

中国人が日本国籍を取得するための有力なルートは他にもある。
たとえば、

○国籍法5条
①引き続き5年以上日本に住所を有すること
②20歳以上で本国法で能力を有すること。
(成人の基準は各国まちまちです)
③素行が善良であること
(交通事故などを引き起こさないよう慎重にする必要があります。)
④自己または生計を一つにする配偶者その他の親族の資産または技能によって生計を営むことが出来ること。
⑤国籍を有せず、または帰化により日本国籍を取得したとき、従来の国籍を失うこと。
⑥政府に対し、破壊活動の企てや実行をしたことがない者。


中国人留学生数は、平成18年度で、7万4千人。
全留学生数は11万人だから、7割が中国人ということになる。

日本で就職すれば、来日してから5年後に日本国籍を取得できるわけだ。
就職先は日本企業である必要はなく、日本に進出した中国系企業であってもいい。

こうして、1000万人移民にいくら反対しても、別ルートでの人口侵略は加速する。

ここにも日本の危機があるが、それを認識する「純」日本国民は少数派だ。


コメント   トラックバック (1)

反左翼の風が日本を動かす

2010年12月02日 18時43分50秒 | 日本
12月1日の国会・首相官邸包囲 国民大行進に参加した。

11時30分、現場にたどり着いたとき、美しく色づいた銀杏並木の下に、すでに多数の日章旗がひるがえっていた。
最後尾に並んだ私に、係の人が日章旗を手渡してくれた。これで多数の日章旗の謎が解けた。中には靖国で買ったとか、ネット通販で買ったという人もかなりいたが。

平日にもかかわらず、参集した人数は2000人に達したそうだ。
オバチャンや若い女性が多数参加していることに意外さを感じた。1年前に熱狂的に民主党を支持したオバチャンたちが寝返ったのだろうか。着物姿の女性も何人か見かけた。
私と同年輩のオジチャンもたくさん参加しており、団塊世代がガンだというネット世論は必ずしも正しくないことが裏付けられた。

周囲の人々との会話から伝わってくるのは、民主党に対する強い不信感であり、民主党は左翼そのものだという確信であり、左翼政権に牛耳られた日本の未来への強い不安であった。
中国による侵略への不安や、皇室を平気で侮辱する民主党への不満も強烈だった。

このような日本崩壊への危機感こそが私たちをデモへと駆り立てた原動力だったのだ。
居ても立ってもいられず、一人ひとりがネット上の呼びかけに応える形ではせ参じたのだ。

こうした、いかなる組織にも属さない普通の人々が参加するデモが、かって日本で行われたことがあっただろうか。
学生や労働組合などに組織されたデモではないし、左翼の反基地闘争などの市民団体に動員されたデモとも異質である。

国民の心のなかに地殻変動が起きはじめている、と説明するしかない現象なのだ。









コメント (3)   トラックバック (3)