ペパーミントの魔術師

ご挨拶が遅くなりました。
引っ越し先でも同じタイトルで
継続しております。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ヒョエ~~グロい。指の隙間からみてました。(;´∀`)~「アイアムアヒーロー」~

2016-05-21 14:53:36 | 映画


大泉洋ありきで見ています。(こんなんばっかしやな)
なんで、予告のあの盛り上げ方だと、キモイけど少しは笑わせてくれるのかと思いきや
大真面目なパニックホラーでした。



有村架純ちゃんのゾンビ化があまりに都合よすぎる。(わわわわわ)
あの子だけきれいなままって反則じゃね?(言うてもた言うてもた)
片目だけ変形しても、なんだかガラス玉みたいでむしろ綺麗だったりします。
でも、これはこれで「バイオハザード」のアリスじゃないけど
感染しても完全にゾキュン化しないことで人間の理性を僅かなりとも残していながら
パワーも持っているという、世界がゾキュン化したときの救いなんでしょうね。
映画はそこまでは描かれていませんが、なんていうかその、
かわいい旬の女優さんをゾンビにはできないよね~っていう裏事情に見えてしまいました。
(言うてもた言うてもた)
・・・・片瀬那奈さんがあまりにエクソシストみたいにすんごいことになってたから(わわわわわ)
どうなるのかと思ったら。


これがハリウッドのゾンビ映画だったら、街を逃げ回ってるうちに銃の店だってあるでしょう。
たまたま主人公の英雄が「クレー射撃が趣味」で銃を持っていたという設定になっているんですが
この「ゾンビと戦う武器がない」ことがまず怖い。
離れたとこからやっつけることができない以上恐怖がさらに増しますよね。
・・・余談ですが、昔「バイオハザード」のゲームで豆腐バージョンってのを見たことがあるんです。
本来逃げながら武器を調達していって最後はバズーカみたいな武器まで使うんですけど
この豆腐バージョン、最初から最後までナイフ一本でゲームをラストまでクリアするという
最難関パターンでした。日本でゾンビと戦うとなると「銃が使えない」ということが
そもそも恐怖感を煽ります。非現実のなかの日本ならではのリアリティ。
・・・このカオスな状況にあってまだ、銃刀法がどうのという英雄には笑っちゃいました。
この非常時にんなこというてられませんよね。


仕事もパッとせず、彼女にも見限られ、いつかはヒーローになることを夢見て
現実ではいくつになってもアシスタントで自分のマンガが書けないでいる主人公の英雄が
この異常事態に遭遇してホントにヒーローになっちゃうというお話。
原作は読んでいませんがかなりコミックのイメージに近い分、大泉洋はハマリ役らしいですね。
長澤まさみや有村架純はちょいセクシーすぎるのかわいすぎるのあるようですが
そのへんは実写版に華を添えたということで。ヾ(・∀・;)オイオイ


それにしても、あんなさえないオトコが、いくら極限状況に追い込まれたからって
百発百中てすごいな。そこは映画だよね。(わわわわわ)


予告でも一応グロいのはちょこっと出てましたけどここまですごいとは思ってなかったんで
文字通りぎゃ~~~~~で指の隙間から「収まった?いま、どアップじゃないよね?」ってな
そんな鑑賞で感想書くなよってくらいえげつなかったです。いや一応最後までちゃんといましたけど。
・・・ってくらい私にはハードル高かった。「目をみひらいて隅々までちゃんと見る」っていう
当たり前のことが。(爆)


いや~グロかった~~~。それに尽きる。
・・・って、これこのあとどこへ行くんだろうね。もろバイハじゃん。(^_^;)








ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (4)   トラックバック (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アナ雪のその向こう。~「ズ... | トップ | ポスターと予告に騙された。... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日本産ゾンビ (BROOK)
2016-05-21 15:33:19
日本産ゾンビ映画が一気にクオリティアップしたような作品でした。
たしかにグロかったですが…(汗)

終盤で最高潮を見せ、
あの銃撃は凄い!のひと言でした。
Unknown (Ageha)
2016-05-28 12:24:04
BROOKさん、どうも。
フツーに銃社会のアメリカとちがって
武器のない怖さがありましたね。
日本のゾンビ映画ももちろん今までにもそれなりにコワイのあったと思うけど
これ、なかなかすごかったのでは。
こんばんわ (にゃむばなな)
2016-07-22 00:55:03
百発百中って映画だからと思われがちですが、案外ここ一番で英雄化した男なら誰でもやってのけちゃうかも知れませんよ。
でも一番大事なところで失敗する人も多そうですけど、それを失敗しないのがこの作品の格好いいところ。
この役に大泉洋がホンマ似合ってましたよ。
Unknown (Ageha)
2016-07-22 17:22:52
にゃむばななさん、ご無沙汰してました。どもども。

うんうん、いざというときにキメてこそヒーローですよね。
ギャップに萌えるんです。(いや、聞いてない聞いてない)

ほんとにこまったときの、3分間しか戦えないウルトラマンの
最後の最後でスぺシウム光線一回だけであっても
倒せばいいんです。(どんなたとえだ)

確かに大泉洋ハマり役でした。

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

17 トラックバック

劇場鑑賞「アイアムアヒーロー」 (日々“是”精進! ver.F)
俺が君を守る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604230000/ アイアムアヒーロー 公式映画原作本 終わりの始まりだ [ 花沢健吾 ]価格:699円(税込、送料無料) 【在庫あり/即出荷可】【漫画】アイアムアヒーロー...
アイアムアヒーロー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(10) 基本的に機敏なゾンビは認めたくないのだ^^;
アイアムアヒーロー (Akira's VOICE)
有村架純と長澤まさみがそばにいるだけで男は強くなれる!  
アイアムアヒーロー (あーうぃ だにぇっと)
アイアムアヒーロー@一ツ橋ホール
アイアムアヒーロー (だらだら無気力ブログ!)
テレ東がアニメ放送している間は問題無いってのは笑った。
「アイアムアヒーロー」DQNに追い込まれた先にみた自ら生き残るため誰かを救うために勇気をもって立ち上がった平凡な男のヒーロースト... (オールマイティにコメンテート)
「アイアムアヒーロー」(R15+指定)は花沢健吾原作の漫画を映画化した作品で、正体不明の感染によりゾンビと化した人間たちが街の人たちを襲いパニックになるなか生き延びようとする ...
『アイアムアヒーロー』を新宿ピカデリー6で観て、しょーがないじゃん有村架純がかわいいんだから★★★★ (ふじき78の死屍累々映画日記)
▲美女二人。映画の命題はこの二人と引き換えに世界を失ってもいいか、という気もするのだけど、それだったら答はYESでしょう。 五つ星評価で【★★★★虐殺されるゾンビよ ...
「アイ アム ア ヒーロー」 日常から非日常へのグラデーション (はらやんの映画徒然草)
さすがR15 指定、血みどろでしたねえ。 正直、血がたくさん出てくる映画は苦手な
日本発、ゾンビ映画 (笑う社会人の生活)
1日のことですが、映画「アイアムヒーロー」を鑑賞しました。 漫画家アシスタントの35歳 鈴木英雄 彼の恋人が謎のウイルスに感染して襲い掛かってくる 慌てて散弾銃を手に外に飛び出すが街はZQNと呼ばれる感染者であふれていた。出会った女子高生・早狩比呂美と逃げる....
「アイ アム ア ヒーロー」☆大泉洋と思って舐めたら危険! (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
あー、面白かった! あー、疲れた・・・・・ あー、マジ怖かった(;´д`) うー、グロかった・・・ これってゾンビが出てくるゆる~いコメディかと思っていたら大間違い!!!これはコメディだけどホラーだわ。 でも相当良くできていて、実に面白い!!!
アイアムアヒーロー ★★★★ (パピとママ映画のblog)
「ボーイズ・オン・ザ・ラン」などの花沢健吾の人気コミックを実写化したパニックホラー。突如として広まった原因不明の感染によって大パニックが引き起こされる状況で、決死のサバイバルに挑む者たちの姿を映す。メガホンを取るのは、『GANTZ』シリーズなどの佐藤信介。....
『アイアムアヒーロー』 (時間の無駄と言わないで)
いや~ナメてましたわ。 こりゃ凄い。 「邦画として」ではなく、「洋画邦画問わずゾンビモノとして」衝撃的だった。 予告編の段階では全く観に行く気が起きなかったけど、なん ...
『アイアムアヒーロー』 (beatitude)
漫画家アシスタントの鈴木英雄(大泉洋)は35歳で、彼女とは破局寸前。しかし彼の平凡な毎日は、ある日一変する。英雄が徹夜仕事を終えアパートに戻ると、彼女は異形の姿になってい...
アイアムアヒーロー〜安保法制発動! (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。花沢健吾原作、佐藤信介監督。大泉洋、有村架純、吉沢悠、岡田義徳、片瀬那奈、片桐仁、マキタスポーツ、塚地武雅、徳井優、長澤まさみ。感染するとゾンビ化するウィ ....
アイアムアヒーロー (映画的・絵画的・音楽的)
 『アイアムアヒーロー』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)話題のゾンビ映画(注1)ということで、映画館に行ってきました。  本作(注2)の冒頭では、TVで女子アナが「広島県で45...
『アイアムアヒーロー』 (こねたみっくす)
男はいつでもヒーローになれるのだ! 実に爽快なゾンビ映画だ。日本映画独自のゾンビ映画の誕生に心躍るではないか! 説明不足は甚だしいけれど、鈴木英雄が勇気を振り絞ること一 ...
No.544 アイアムアヒーロー (気ままな映画生活)
花沢健吾のベストセラーコミックを、大泉洋主演で実写映画化したパニックホラー。冴えない漫画家アシスタントの主人公・鈴木英雄が、謎のウィルスによって「ZQN(ゾキュン)」と呼 ....